【1454票の頂点は?】格ゲーの人気おすすめランキング10選!

記事ID6729のサムネイル画像

最近人気が再燃している格ゲーですが、どの作品が一番面白いのか興味ありませんか?ここでは1,454票のアンケート結果をもとにした一番面白い格ゲーランキングを紹介しています。後半では格ゲーの選び方も紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

アンケートで選ばれた一番面白かった格ゲーは?

e-スポーツが盛り上がりを見せる中で、格闘ゲームが再度脚光を浴びています。プロプレイヤーなども登場し、これからますます注目されるであろう格闘ゲームで、どのシリーズが一番面白いのか、気になりませんか?

 

そこでgooランキングではどの格ゲーが一番面白かったのかというアンケートを実施しました。投票総数はなんと1,454票で、ここではそのアンケート結果をもとにしたランキングを紹介したいと思います。

アンケート結果一覧

順位 作品名 タイプ 対戦形式 得票数
1位 ストリートファイター 2D格闘 1対1 441票
2位 THE KING OF FIGHTERS 2D格闘 3対3 120票
3位 鉄拳 3D格闘 1対1 115票
4位 バーチャファイター 3D格闘 1対1 82票
5位 ジョジョの奇妙な冒険 3D格闘 1対1 61票
6位 餓狼伝説 2D格闘 1対1 31票
7位 ペルソナ4 ジ・アルティメット 2D格闘 1対1 30票
8位 DEAD OR ALIVE 3D格闘 1対1 27票
9位 BLAZBLUE 2D格闘 1対1 25票
10位 ヴァンパイア 2D格闘 1対1  22票

ランキング結果は以上のようになりました!皆さんのお気に入りの格ゲーはランクインしていましたか?

 

まずは1位~3位の商品を見ていきましょう!

まずは1〜3位を紹介!

1位

カプコン

STREET FIGHTER V ARCADE EDITION

価格:8,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

格ゲーブームの火付け役

アンケートで441票を集めて1位になったのは、元祖対戦格闘ゲームのストリートファイターです。初代ストリートファイターが稼働したのは1987年。続編で1991年に稼働した「ストリートファイターII」は累計で630万本も売れており、社会現象になりました。

 

現在でも新作がリリースされていて、最新作の「STREET FIGHTER V ARCADE EDITION」はPCやPS4、ゲームセンターなどでプレイする事が出来ます。新キャラクターが加わり、総勢37人の中から好きなキャラクターを選び対戦します。

 

ストリートファイターシリーズはe-スポーツ競技としても注目のタイトルです。ストリートファイターをプレイするプロプレイヤーも登場し、これからさらに人気になるのではないかと予想されています。

発売日2018/1/18対戦形式1対1
タイプ2D格闘キャラクター数37キャラクター

口コミを紹介

アラフォーの親父ですが、動画見て懐かしくなりアケコンと一緒に購入。ゲーセン行かないで手軽に対戦できて大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

SNKプレイモア

THE KING OF FIGHTERS XIV

価格:5,130円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チームを組んで対戦する

ランキングで2位になったのは、チーム対戦という形式の先駆けとなったTHE KING OF FIGHTERS。昔から1対1形式の格ゲーは多くありましたが、3対3の形式の格ゲーが一般的になったのはこの作品が発表されてからです。

 

THE KING OF FIGTERSシリーズの登場キャラクターはSNKというゲーム会社のキャラクターが中心です。人気格ゲーシリーズだった餓狼伝説シリーズや龍虎の拳シリーズのキャラクターが登場するという事でも話題になりました。

 

最新作の「THE KING OF FIGHERS XIV」では初代から出ているキャラクターたちだけでなく、新キャラクターも加えられた48人が登場します。もちろん3対3の対戦形式は変わらないので、昔プレイしていた方も違和感なくプレイする事が出来ますよ。

発売日2016/8/25対戦形式3対3
タイプ2D格闘キャラクター数48キャラクター

口コミを紹介

2D格闘ゲームが好きな人には、オススメです。登場キャラとかも、かなり多いので、いろんなキャラを使えば、かなり長期的に楽しめる作品になってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

バンダイナムコエンターテインメント

鉄拳7

価格:3,617円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で盛り上がっている話題作

現在最も勢いのある3D格ゲーと言っても過言ではない鉄拳が、ランキングの3位に入りました。鉄拳は1994年にゲームセンターで1作目が稼働し、それから25年の間に様々なゲーム機などで新作がリリースされ続けてきました。

 

最も新しい作品である「鉄拳7」はこれまでの作品の良い部分を残しつつ、他社作品のキャラクターを登場させるという新たな試みも行っています。これによって他社作品をプレイしていたプレイヤーも獲得し、ファン層は更に拡大しています。

 

e-スポーツ競技としても話題を集めており、長らく日本や韓国が強豪国と言われてましたが、ここにきてパキスタンが世界で最も強いと言われるようになりました。そのため作品だけでなくプレイヤーにも注目が集まっている作品です。

発売日2018/9/6対戦形式1対1
タイプ3D格闘キャラクター数46キャラクター

口コミを紹介

キャラ、背景のグラフィックだけ見ても、買って損はないと感じました。私はライトユーザーの部類に入ると思いますが、暇な時間があるとストレス解消に楽しんでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

続いて4〜10位を紹介!

4位

セガ

バーチャファイター5

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界初の3D格ゲー

ストリートファイターシリーズやKOFシリーズなど、格闘ゲームと言えば2D格闘ゲームが当たり前の時代に、3D格闘ゲームという新たなジャンルを生みだしたのがバーチャファイターシリーズです。

 

縦と横だけの世界に奥行きが加わり、戦略の幅が大きく広がりました。さらに当時としては珍しいリングアウトというシステムも採用。相手をノックアウトできなくても、上手く立ち回る事で勝利出来るというシステムは非常に新鮮なものでした。

 

現在では新作が開発される事はなくなってしまっていますが、最後にリリースされた「バーチャファイター5」は今でもプレイされる名作です。他の作品に同シリーズのキャラクターが登場することもあるほど、未だに根強い人気があります。

発売日2007/2/8対戦形式1対1
タイプ3D格闘キャラクター数18キャラクター

口コミを紹介

格闘ゲームなので、ストレス発散やそう言う人には、楽しめると思います。
バーチャフアィターシリーズ物では、シリーズ5でゲームの進化はあると思います。よって星五つです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

バンダイナムコゲームス

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

価格:1,236円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンガのキャラクターを動かせる

ランキングの5位に入ったのは「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの格ゲーです。「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズは累計発行部数が1億部以上の説明するまでもない大人気作品ですが、格ゲーとしても非常に高い人気を誇ります。

 

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの対戦ゲームはこれまでに数作がリリースされています。中でもストリートファイターシリーズでおなじみのカプコンが作った作品と、ここで紹介している「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」がよく話題になる作品です。

 

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」では第1部から第8部までの総勢41ものキャラクターが登場します。キャラクターやスタンドが3Dで再現されていて、格ゲーとしてだけでなくファングッズとしても人気です。

発売日2013/8/29対戦形式1対1
タイプ3D格闘キャラクター数41キャラクター

口コミを紹介

グラフィック、演出などは格ゲーでもトップレベルだと思います。個人的にはスタイリッシュムーブ?がとても好きですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

SNK

餓狼伝説 スペシャル

価格:8,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数ラインを持つ珍しい格ゲー

SNKは格闘ゲームで有名なメーカーにですが、SNK=格ゲーと印象付けたのがこの「餓狼伝説」シリーズではないでしょうか。カプコンの「ストリートファイター」シリーズとほぼ同時期に人気だった作品で、今回のランキングでも6位にランクインしました。

 

この「餓狼伝説」シリーズの特徴は、複数のラインで戦えるという点です。初代「餓狼伝説」では手前と奥の2ラインがあり、どちらでも戦闘が可能でした。超必殺技を有名にしたのも「餓狼伝説」シリーズで、「餓狼伝説2」の隠し技として登場しています。

 

ここで紹介している「餓狼伝説SPECIAL」では最初から使用可能な15キャラクターの他に、SNKの格ゲー「龍虎の拳」シリーズからリョウが参戦し話題になりました。「餓狼伝説SPECIAL」は現在でも大会が行われており、昔からのファンに愛されています。

発売日1994/9/9対戦形式1対1
タイプ2D格闘キャラクター数16キャラクター

口コミを紹介

餓狼スペシャルと2が餓狼の中で一番スキです。色々コッテルのがいいですね。横に移動して攻撃避けたりしたり連続技などストゼロみたいに色々技を組み合わせて使えるのも楽しみの一つです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アトラス

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ

価格:2,760円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気RPGペルソナが格闘ゲームに

アトラスの人気RPG「ペルソナ」シリーズが、「GUILTY GEAR」シリーズでおなじみのアークシステムワークスの協力を得て格ゲーになりました。それがこの「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」です。

 

「ペルソナ」シリーズの格ゲーはこの1本だけですが、格ゲーとしての完成度や、原作の再現度などが高く評価されているため、今回のランキングでも7位に入りました。タイトルは「ペルソナ4」となっていますが、他作品からもキャラクターは登場します。

 

初心者でもプレイしやすいよう、ボタンひとつを連打するだけで派手なコンボを繰り出せるのがこの作品の特徴です。さらに強力なコンボを出したい時は練習が必要なため、やりこみ要素も十分にあり、格ゲー初心者から上級者まで満足の出来る作品になっています。

発売日2012/7/26対戦形式1対1
タイプ2D格闘キャラクター数13キャラクター

口コミを紹介

大満足です。画面は綺麗だし、キャラが壊れることもなく
世界観も壊さず。まさにお祭り騒ぎ!華やかでよく作りこまれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

コーエーテクモゲームス

DEAD OR ALIVE 6

価格:3,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他にはないホールドシステムで対戦に深み

ランキングの8位は、コーエーテクモゲームスの「DEAD OR ALIVE」シリーズです。同シリーズは3D格闘ゲームとしては比較的長い歴史をもっており、1996年に第1作目がリリースされています。

 

このシリーズ最大の特徴は、ホールドというシステムを採用している点です。これは相手の打撃技に対してダメージを与えたり受け流したりするものです。これによりホールドは打撃に勝ち、打撃は投げに勝ち、投げはホールドに勝つという3すくみの関係になっています。

 

とてもわかりやすい関係ですが、これが対戦に深みを生みだしていて、どんな方でも格闘ゲームの読みあいをすることが出来るようになります。魅力的な女性キャラクターが多いのも特徴のひとつで、コスチュームを着せかえて楽しむという方も多いようです。

発売日2019/3/1対戦形式1対1
タイプ3D格闘キャラクター数29キャラクター

口コミを紹介

コンボなどが1キャラ100種類位あるのでとてもやり込み要素があります。初心者でもコンボを覚えれば勝てるのでとっても楽しいです。購入して良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

アークシステムワークス

BLAZBLUE CENTRALFICTION

価格:2,505円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アニメのような綺麗なグラフィック

9位にランクインした「BLAZBLUE」シリーズは、アークシステムワークスが製作している格ゲーです。この作品の素晴らしい点は、やはり美麗なグラフィックではないでしょうか。

 

「BLAZBLUE」では、アニメ作品かと思わせるようなグラフィックのキャラクターを、自分の思った通りに動かすことが出来ます。もちろん格闘ゲームとしても完成度が高く、練習した必殺技やコンボなどを対戦で決められると爽快感抜群です。

 

ここで紹介している「BLAZBLUE CENTRALFICTION」は、「BLAZBLUE」のキャラクターだけが出るシリーズとしては最も新しい作品です。ストーリーモードも充実しているので、対戦だけでなく、そちらのモードも楽しんでみて下さい。

発売日2016/10/6対戦形式1対1
タイプ2D格闘キャラクター数36キャラクター

口コミを紹介

予想してたより内容が良かった(  ̄▽ ̄)
操作やシステムに慣れるまでに時間がかかるけど慣れてしまえばとても楽しいですよ

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

カプコン

ヴァンパイア リザレクション

価格:7,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝説の生き物たちを使い対戦

10位に入った「ヴァンパイア」シリーズは、伝説の生き物たちを使用する格ゲーです。タイトルにあるヴァンパイア、全身毛だらけのビックフット、そして男たちを魅了するサキュバスなど、20以上の伝説の生物が登場します。

 

格闘ゲームとしては、非常にゲームスピードが速いのが特徴です。戦闘時だけでなく1ラウンドが終わった後にすぐ次のラウンドが始まるのも「ヴァンパイア」シリーズの特徴で、サクサクと試合を終わらせる事が出来ます。

 

ここで紹介している「ヴァンパイア リザレクション」では「ヴァンパイアハンター」と「ヴァンパイアセイヴァー」を収録。現在でも十分に楽しめる作品なので、プレイした事がないという方も、一度触ってみてはいかがでしょうか。

発売日2013/3/14対戦形式1対1
タイプ2D格闘キャラクター数-

口コミを紹介

ゲーム性、グラフィックの美しさ、今でも十分通用するゲームです。キャラがぬるぬると綺麗に動く。初めてこれをゲーセンでプレイしたときの感動が甦ります。名作です。格ゲーの歴史に残るべきです。

出典:https://www.amazon.co.jp

格ゲーの選び方

人気の格ゲーを紹介してきましたが、どれも面白そうな作品ばかりでしたね。この中からどれかをプレイしたいと思った方も多いと思いますが、選ぶのは大変だと思います。そこでここからは格ゲーの選び方を紹介してみたいと思います。

タイプで選ぶ

格ゲーには大きく分けて2Dタイプの格ゲーと3Dタイプの格ゲーの2種類があります。同じ格ゲーと言っても戦い方が大きく異なるので、どのような違いがあるのかチェックしてから選ぶようにしましょう。

2D格闘

「ストリートファイター」シリーズや「THE KING OF FIGHTERS」シリーズのように、キャラクターを縦方向と横方向にのみ動かせるものを2D格闘ゲームと言います。2D格闘ゲームは3D格闘ゲームに比べるとシンプルで、キャラクターを動かすだけなら比較的簡単です。

 

その一方でコマンド入力が難しい事が多く、複雑なコマンドを入力しなければ必殺技が出ないという作品がほとんどです。最近は簡単なコマンドで必殺技が出せるようになっている作品もあるので、初心者の方はそういった2D格闘ゲームを選んでみると良いでしょう。

 

2D格闘ゲームの中には3Dのキャラクターを動かす作品もありますが、縦と横にしかキャラクターを動かせないものは2D格闘ゲームと言われます。

3D格闘

2D格闘ゲームが縦と横にしかキャラクターを動かせませんでしたが、3D格闘ゲームは奥行きも使う事が出来ます。そのためキャラクターを動かせる自由度が高く、よりリアルに近い対戦を行える作品も多いです。

 

コマンド入力も2D格ゲーに比べると簡単な場合がほとんどで、格闘ゲーム初心者の方はそういった理由もあり3D格闘ゲームを選ぶ事が多いようです。3D格闘ゲームの代表的な作品には「鉄拳」「バーチャファイター」「DEAD OR ALIVE」などがあります。

対戦形式で選ぶ

格闘ゲームはキャラクターを1人選ぶ1対1の対戦形式のものが多いですが、なかには複数対複数で戦うチーム戦のような作品もあります。どちらにも良い点と悪い点があるので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

1対1

ほとんどの格ゲーはこの1対1の対戦形式です。好きなキャラクターを1人選び、そのキャラクターを使って対戦します。使用するキャラクターは1人なので、そのキャラクターさえ動かせればいいため必殺技などを練習する時間が少なくて済むというメリットがあります。

 

その一方で同じキャラクターを使い続けていると飽きてしまう事もあるため、飽きっぽいという方にはあまり向かないかもしれません。

複数対複数

2対2や3対3のように、複数人のチームを組んで戦う格闘ゲームもあります。このタイプのゲームは使用するキャラクターが多いため、練習時間が長くなってしまうという欠点があります。

 

ですがチームを組むキャラクターの相性を考えたりする事ができるため戦略の幅が広く、他の人が考えつかないような自分だけのカラーを出しやすいという特徴もあります。キャラクターも多いため、飽きずに続けやすいのも特徴のひとつです。

その他で選ぶ

他にも細かなチェックポイントはたくさんあります。細かな点ではありますが、しっかりとチェックしておくことをおすすめしますよ。

オンライン機能

ゲームセンターが少なくなってきているため、オンライン機能の有無は非常に大切です。オンライン機能さえあれば24時間いつでも対戦相手を見つける事ができるからです。身近に同じレベルのプレイヤーがいないという場合でも、ネット上ならすぐに見つけることも出来ます。

 

話題作などでは特にプレイヤーの数が多いので、オンライン機能で自分と同じくらいのプレイヤーを探しやすくなっています。

発売日

あまり重要なポイントには思えないかもしれませんが、発売日もかなり大切なチェックポイントです。というのも、新しい作品であればあるほどプレイヤーが多い可能性が高いからです。

 

格闘ゲームは対戦相手がいるかいないかが非常に重要になってきます。いくら面白いゲームがあったとしても、対戦相手がいない作品はプレイされなくなっていきます。そのため発売日をチェックして、プレイヤーの多い新しい作品をプレイするのがおすすめです。

プレイ人数

友人同士で集まってプレイしようと考えている方は、プレイ人数もチェックしてみましょう。多くの作品は2人で対戦しますが、作品によっては4人対戦が出来るものもあります。

シリーズ、知名度

格ゲーを楽しくプレイしたいなら、有名なシリーズの作品を選ぶと良いかもしれません。というのも、有名な作品であればあるほど攻略情報が多くなるからです。気になったところはネットですぐに調べられるので、有名な作品ほど様々な情報を調べやすいですよ。

格ゲーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5217052の画像

    カプコン

  • 2
    アイテムID:5217054の画像

    SNKプレイモア

  • 3
    アイテムID:5217055の画像

    バンダイナムコエンターテインメント

  • 4
    アイテムID:5217056の画像

    セガ

  • 5
    アイテムID:5217060の画像

    バンダイナムコゲームス

  • 6
    アイテムID:5217066の画像

    SNK

  • 7
    アイテムID:5217067の画像

    アトラス

  • 8
    アイテムID:5217068の画像

    コーエーテクモゲームス

  • 9
    アイテムID:5217069の画像

    アークシステムワークス

  • 10
    アイテムID:5217070の画像

    カプコン

  • 商品名
  • STREET FIGHTER V ARCADE EDITION
  • THE KING OF FIGHTERS XIV
  • 鉄拳7
  • バーチャファイター5
  • ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
  • 餓狼伝説 スペシャル
  • ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
  • DEAD OR ALIVE 6
  • BLAZBLUE CENTRALFICTION
  • ヴァンパイア リザレクション
  • 特徴
  • 格ゲーブームの火付け役
  • チームを組んで対戦する
  • 世界中で盛り上がっている話題作
  • 世界初の3D格ゲー
  • マンガのキャラクターを動かせる
  • 複数ラインを持つ珍しい格ゲー
  • 人気RPGペルソナが格闘ゲームに
  • 他にはないホールドシステムで対戦に深み
  • アニメのような綺麗なグラフィック
  • 伝説の生き物たちを使い対戦
  • 価格
  • 8280円(税込)
  • 5130円(税込)
  • 3617円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 1236円(税込)
  • 8600円(税込)
  • 2760円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 2505円(税込)
  • 7750円(税込)
  • 発売日
  • 2018/1/18
  • 2016/8/25
  • 2018/9/6
  • 2007/2/8
  • 2013/8/29
  • 1994/9/9
  • 2012/7/26
  • 2019/3/1
  • 2016/10/6
  • 2013/3/14
  • 対戦形式
  • 1対1
  • 3対3
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • 1対1
  • タイプ
  • 2D格闘
  • 2D格闘
  • 3D格闘
  • 3D格闘
  • 3D格闘
  • 2D格闘
  • 2D格闘
  • 3D格闘
  • 2D格闘
  • 2D格闘
  • キャラクター数
  • 37キャラクター
  • 48キャラクター
  • 46キャラクター
  • 18キャラクター
  • 41キャラクター
  • 16キャラクター
  • 13キャラクター
  • 29キャラクター
  • 36キャラクター
  • -

まとめ

アンケートをもとにした格ゲーの人気ランキングと選び方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。これらを参考に、自分に合った格ゲーを選んでみて下さいね。

 

gooランキング調査概要

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケート行いその結果を集計したものです。

投票数合計:1,454

調査機関:2019年3月19日~2019年4月02日

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ