【音質向上!】人気のバナナプラグのおすすめランキング10選

記事ID671のサムネイル画像

音質に大きな影響を与えるバナナプラグですが、材質や構造によって音質に違いが出ます。つまり、あなたの好み次第で、おすすめできるバナナプラグが違うということです。そこで今回は、バナナプラグ自体やおすすめのバナナプラグ10選などについて、詳しく紹介していきます。

そもそもバナナプラグとは?

そもそもバナナプラグとは、アンプとスピーカーをつなぐケーブルに使われる端子のことです。取り付けはさほど難しくなく、それでいて音質に大きな影響を与えるのが特徴です。

 

しかし、その価格のわりに音質に与える影響の大きさから、たくさんの商品がそろえられているので、選ぶのがなかなか大変なのが現状です。さらに、材質や構造も複数あり、それぞれに特徴があるので、音質に違いが出てきます。

 

そこで今回は、バナナプラグで人気の10商品をご紹介していきます。ぜひ、ご自宅のオーディオをステップアップさせるのお役立てください。

バナナプラグの人気ランキング10選

10位

ヴィボーオーディオ

24K 金メッキ バナナプラグ BFA

価格:1,050円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道24k金メッキバナナプラグ

24金メッキ仕上げの王道のバナナプラグです。円筒波型スリット構造を採用しており、金属の本体を絶縁するチューブもついていながら、リーズナブルな価格です。

 

メーカー名の色が赤と黒で塗り分けられているのが便利で、接続する際に、+と-で使い分けると後々便利です。ちなみに、それぞれ4本の計8本セットになっています。

 

初心者から上級者まで評判の高い製品で、入門用やカスタマイズ用にたくさんつかえる価格も魅力的です。ちなみに対応線径サイズは4mmまでとなっています。

材質24K金メッキ構造円筒波型構造
9位

ノーブランド

4mm バナナプラグジャック

価格:177円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これ以上ないくらいの破格!

ノーブランドならではの10個入りで数百円という、非常に良心価格でお得感のあるバナナプラグです。本体は合金製となっており、その上にニッケルメッキが施されています。

 

もちろん、高価格帯のバナナプラグの性能と比べてはいけませんが、それでも初心者の方がとりあえずバナナプラグを試してみるには、十分な性能です。とりあえず、バナナプラグというものを経験してみたいという人に、おすすめできます。材質で音質がどう違うのかという聴き比べにも使えます。

 

線径は4mmまでに対応しており、絶縁もプラスチックカバーで安全性は実用性は十分です。構造は、一応板バネ構造ですが、ハンダ付けができる余地があります。確実に接続をしっかりさせたいのであれば、ハンダ付けを試してみるのも良いでしょう。

材質ニッケルメッキ構造板バネ構造
8位

MG-MART

MG-Mバナナプラグ

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知る人ぞ知る高コスパのバナナプラグ!

1つあたり500円程度というリーズナブルな価格ながら、24K金メッキが施されています。しかも、プラグ同士を連結できるジョイント構造のねじ式で、コスパに優れます。知る人ぞ知る海外メーカーの高コスパバナナプラグといえるでしょう。

 

ケーブル線径も7mmと比較的太いケーブルにも対応しているのがうれしいところです。また、奥行きが小さいデザインなので、設置場所の融通もききやすく、キレイに見せることもできます。

 

全体的にバナナプラグ上級者もうならせるクオリティで、期待以上の価値を提供してくれます。安価ながら高クオリティで、貴重なバナナプラグといえるでしょう。

材質24K金メッキ構造ねじ式
7位

Postta

バナナプラグ スピーカーケーブル用

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オール金属でクールなバナナプラグ!

オール金属製でクリアな信号伝送を実現し、見た目も美しいバナナプラグです。材質は24K金メッキを採用しており、ケーブルの線径は4mmまでに対応できるようになっています。

 

ここまで見た目に配慮したバナナプラグも珍しく、散らかりがちなプラグ周りをキレイに演出することも可能になっています。音質自体もオール金属によるクリアさが感じられ、よどみのないクリアな音が、室内に響き渡らせてくれます。

 

ちなみに、Posttaはいろいろなオーディオや映像関連のケーブルやパーツを製造販売しているメーカーです。製品クオリティの信頼性という面でもおすすめできる商品です。

材質24K金メッキ構造板バネスリット構造
6位

JVCケンウッド

X4 AP-SC100

価格:1,498円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工具無しのお手軽バナナプラグ!

オーディオ関連の有名メーカーケンウッドが作るバナナプラグが、『X4 AP-SC100』です。24金メッキ仕上げで、安定して高音から低音まで出してくれるのが特徴です。

 

構造自体はねじ式になっているのですが、他と一風変わってスピーカーケーブルの線を中で挟む構造になっています。とはいえ、簡単に取り付けができるようになっており、固定もグラついたりといった問題ないので、音質的にも有利です。

 

ちなみに、工具無しで取り付けられ、ねじ式で安定もしてるので、初心者の人にもおすすめしやすいバナナプラグです。さらには、価格もリーズナブルで手軽なバナナプラグですので、入門用としても優秀です。

材質金メッキ構造ねじ式
5位

audio-technica

AT6301

価格:2,303円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から上級者までつかえる王道バナナプラグ

オーディオ関連の有名メーカーであるオーディオテクニカがつくるバナナプラグの王道モデルです。本体は真鍮製で、金メッキが施されています。構造は、板バネスリット構造になっており、プラグ同士の接触によるショートを防止する工夫もされています。

 

他のバナナプラグに比べて、重量が軽いという特徴もあり、プラグに負担がかからないので音の劣化が少ないメリットもあります。リーズナブルな価格でもあるので、初心者からベテランユーザーにもおすすめしたい一品です。

 

ただし、対応しているケーブルの線径は2mmまでと比較的細めです。使いたいケーブルが、このバナナプラグで本当に使えるかの確認だけは必ずしておきましょう。

材質金メッキ構造板バネスリット構造
4位

KRYNA

BA7G

価格:5,370円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道仕上げに、色々な配慮を追加!

真鍮製の本体に、24k金メッキ仕上げの王道なバナナプラグです。音質も安定しており、価格と性能がつりあっていると言う意味では、コストパフォーマンスに優れる商品といえるでしょう。

 

このバナナプラグのユニークなところとして、後部のキャップを外すと、プラグ同士をジョイントすることもできるようになっていることが挙げられます。つまり、ほか製品とのカスタマイズも可能というわけです。また、対応線径7mmまでに対応しており、太めのケーブルにも使用できるのがうれしいところです。

 

構造はねじ式になっており、端子内にしっかりと固定できます。ちなみに、はんだ付けすることで、よりしっかりと固定すると音質面の向上にも期待できます。設置場所の融通がきくようにガンタイプの形状になっているのも気が利いています。

材質24k金メッキ構造ねじ式
3位

オヤイデ

4個1組 OYAIDE SRBN

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗会社が世に送り出す名機!

オーディオ業界では知名度の高いオヤイデ電気紹介が製造する、高品質なバナナプラグが『OYAIDE SRBN』です。本体は、高級ケーブルにも使われるリン青銅を削り出し、その上に銀メッキ、ロジウムメッキがが施されています。なお、対応している線径は4mmまでとなっています。

 

シルバーの見た目から、クールで硬派な印象を持ちがちですが、音質はいたってナチュラルに聞こえます。特徴としては、フラットな音になっており、特に苦手な音域も見当たらず、繊細な音を忠実に再現してくれます。特にクラシック音楽などにおすすめといえるでしょう

 

構造はねじ式になっており、錆びにくくもありますので、長く付き合えるバナナプラグといえるでしょう。それだけに、引っ越しや模様替えなどで、プラグの抜き差しを頻繁に行わないようにしたいところです。

材質ロジウム構造ねじ式
2位

ダブリュー・ビー・ティー

WBT-0610 AG

価格:12,800円(税込)

Amazo で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊な技術で、高音質!

本体は純銅で、ピュアマテリアルnextgenテクノロジーという技術を採用した特殊なバナナプラグです。ほか製品と比べて、価格が高いのがネックですが、それに見合った音質が手に入るので、納得のバナナプラグです。

 

また、構造もおもしろく、本体を三叉上にパンチングし、さらに折り曲げて3分割して、弾力性が付与されています。これにより、過電流発生などの悪影響を排除し、信号減衰もおさえた上での高品質な音質を実現してくれます。

 

さらには、ねじ込み式で固定力も高く、音質の安定性も高く、幅広い周波数帯域に対応しています。色々な音楽において自然でリアルなサウンドを作り出してくれるため、知る人ぞ知る優れたバナナプラグです。

材質純銅構造ねじ式
1位

audio-technica

AT6302

価格:1,497円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルながら、ハイクオリティで使いやすい!

世の中にたくさんあるバナナプラグの中で、今一番人気といえば、オーディオテクニカのAT6320です。リーズナブルな価格ながら、バランスの良い音質と使い勝手の良い、王道の製品です。ちなみに、ケーブルの対応線径は3.7mmまでになっていますので、そこだけ注意しましょう。

 

本体は真鍮製で、それに金メッキが施されています。また、構造は板バネスリットで、2つに分けたプラグ内にケーブルを入れて、元に戻すだけで固定することができます。特に技術もいらないので手間もかからず、しかも音質が良いので大人気となっています。

 

音質は接触する面積が比較的少ないからか、クリアで響きがよく、室内に豊かに広がっていく印象を持ちます。というわけで、クラシックからハードなロックまで、幅広い音楽を手軽に楽しめるバナナプラグです。

材質金メッキ構造板バネスリット構造

バナナプラグの選び方

バナナプラグを選ぶ基準としては、構造の種類や材質、そして価格が挙げられます。ひとつずつ紹介していきますので、ぜひ参考にして納得のいく音質を手に入れてください。

ライフスタイルに合わせて、構造でバナナプラグを選ぶ

バナナプラグの構造をライフスタイルに合わせて選ばないと、後悔する可能性が出てきます。構造が違うと、抜き差しに弱かったり、より音質の向上が期待できたりするのです。

一番基本的な板バネスリット式

バナナプラグの中で、一番基本的な構造をしているタイプです。薄い金属に切れ込みを入れて、結果的にバナナのような形になっているのが特徴です。

 

差し込んだ時に、プラグの薄い板がバネの力で内部で広がる構造になっており、簡単に抜き差しできるのが大きなメリットです。一方で、耐久性がやや弱いのがデメリットですが、安価なので、買い替えることで十分に補うことができます。

 

また、プラグが360度ピッタリと接触してくれる構造なので導電性がよく、安定した音を作り出すのにも向いています。その一方で、抜き差しのしやすさから、引っ越しや模様替えなどで、頻繁にプラグを抜き差しする人にもおすすめできます。

振動に強く音質が安定する、円筒波型スリット構造

金属の薄板を円筒形にし、波型のスリットも入っている構造のバナナプラグです。差し込んだ時に、内部の接触面積が広いのが特徴となっています。

 

一つ上でご紹介した板バネスリット構造よりも、さらにスピーカーの振動に強く、音質が安定するのがメリットです。ただし、繰り返し抜き差ししてしまうと、ゆるくなって音質が劣化してしまいますので、注意しましょう。

ねじをしめて強固に固定する、ねじ込み式

プラグ自体は円筒形で先端にスリットが入っているのですが、差し込んだ後にねじも締め込むのが、特徴の構造です。差し込んだ時に、プラグ自体も内部で広がりますし、ねじ(またはピン)でしっかりと固定することができるのが強みです。

 

また、その構造から振動にとても強く、接触面積も十分に広いので、音質の安定性が大きなメリットです。その音質重視の構造から、価格は基本的に高くなっている商品が、ほとんどです。

 

ほとんど抜き差しをすることがなく、音質に妥協したくない人におすすめです。バナナプラグにこだわりたくなった場合に、選択肢に入れていくと良いでしょう。

バナナプラグとケーブルの取り付け方を確認

バナナプラグとケーブルの取り付け方の確認も重要です。というのも、明確に初心者向けと上級者向けとに別れているからです。詳しくみていきましょう。

初心者向けのソルダーレス方式

ねじなどでケーブルを固定するタイプなのが、ソルダーレス方式です。ハンダ付けなどが必要なく、簡単に使えますし、見た目も簡単にキレイにできるので、初心者におすすめです。

 

なお、今のバナナプラグの主流は、ソルダーレス方式となっています。特に意識して選ばずとも、結果的にはソルダーレス方式のバナナプラグを選んでいることが多いです。

 

ただし、雑音や音のゆらぎをより排除して音質にこだわり抜きたいなら、ソルダーレス方式は決して良くない、という意見もあることを知っておきましょう。バナナプラグでもより音質にこだわりたいという場合には、次に紹介するハンダ付け方式も視野に入れましょう。

より音質にこだわれるハンダ付け方式

バナナプラグとケーブルの接触をより確実にできる方法が、ハンダ付け方式です。読んで時のごとく、ハンダ付けをしてケーブルとバナナプラグを強固に固する方式となっています。

 

当然、ハンダやハンダゴテといったものが必要になりますし、さほど難しくないとはいえ、技術も必要になってくるのがデメリットです。しかしその分、音質的には有利なのが、大きなメリットとなっています。

 

基本的には、高額なバナナプラグにおいて、見られる固定方式ですので、あえて選ぼうとしなければ見かけることは少ないです。バナナプラグ自体にこだわりたくなった時に、選択肢に入れていくと良いでしょう。

好みの音質のために、材質でバナナプラグを選ぶ

バナナプラの材質選びは、音質に大きな影響をおよぼす可能性があります。あなた好みの音質を目指せるところでもありますので、詳しくみていきましょう。

クセのない万能選手の金メッキ

金は電導率が高い性質がありますから、音もしっかり伝えてくれるとされています。アクセサリーなどと同様に24kメッキなどの少し高価なラインナップも用意されています。

 

次にご紹介するニッケルメッキ以外の製品は、だいたい金メッキの製品です。音質としては、クセがなく、柔らかで万人向けなのが特徴です。

 

特に中低音の表現に優れる一方で、他の音域の分離もさほどなく、特に不得意なジャンルがないので、幅広く音楽を楽しむ人におすすめです。

高温がキレイに出る、ニッケルメッキ

安価なニッケルをメッキに使用したバナナプラグです。材料費が安いので、安価な製品はニッケルメッキなことが多く、入門用にするのも悪くないでしょう。

 

音質は、硬派でキレや華やかさのある高音を出すのが得意です。荒さや派手さを楽しみたい方におすすめです。

 

高音が得意な一方、中域層の表現は一つ上で紹介した金メッキにも劣ります、もちろん音楽の全体的なバランスを壊すほどではありませんが、得意不得意がはっきりと出るバナナプラグといえるでしょう。

音の解像度にこだわれるロジウム

まず、ここまで紹介してきた金やニッケルよりもかなり高いです。そのかわり、音のロスが少なくクリアで、解像度にとにかく優れているのが、ロジウム製のバナナプラグです。

 

特に、中域層の音の変化の再現率はピカイチで、じっくりと音楽を楽しみたい方は、ロジウムを選ぶことが多いです。最も自然なサウンドを楽しむことができるでしょう。

 

ただし、解像度が高い分、繊細なプラグでもあります。例えば、ケーブルとの相性なども出てきますので、手持ちのパーツや経験の差が出てきます。したがって、初心者の人は避けたほうが良いかもしれないことを覚えておきましょう。

コスパ重視で、バナナプラグを選ぶ

バナナプラグの価格は、性能次第でいくらでも変わります。コスパでバナナプラグを選びたいなら、外せない条件がありますので、詳しくみていきましょう。

コスパ最強は、ノーブランドのニッケルメッキのバナナプラグ

コスパを一番重視したいなら、おすすめなのは、ノーブランドのニッケルメッキのバナナプラグです。構造は、板バネ構造のものが多く、基本的に複数個がセットになっているものが多く、お得感があります。

 

特に、オーディオ初心者の人で、入門用に安いバナナプラグをまず試してみたいという場合におすすめです。また、カスタマイズに興味がある人も、失敗を恐れずにハンダ付けなどができるので、経験を積んでいくのにも便利で、おすすめです。

 

具体的な価格としては数百円程度となります。とりあえずバナナプラグを使ってみて、どんな音質になるのか、聴き比べをしてみるのに使うのも良いでしょう。

ロジウムメッキや銀メッキのバナナプラグは、選択肢から外す

銀メッキやロジウム製のバナナプラグは、コスパを重視するなら、選択肢からは外しましょう。価格と性能はつりあっていますが、とにかく高額になっています。

 

また、もともと伝送ロスが少なく、完成形といえるので、カスタマイズに使うのもあまりおすすめではありません。バナナプラグ自体を試してみて経験を積み、より良いものが欲しくなった時に、選択肢に入れると良いでしょう。

バナナプラグのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4811639の画像

    audio-technica

  • 2
    アイテムID:4811630の画像

    ダブリュー・ビー・ティー

  • 3
    アイテムID:4811613の画像

    オヤイデ

  • 4
    アイテムID:4811602の画像

    KRYNA

  • 5
    アイテムID:4811593の画像

    audio-technica

  • 6
    アイテムID:4811577の画像

    JVCケンウッド

  • 7
    アイテムID:4811568の画像

    Postta

  • 8
    アイテムID:4811556の画像

    MG-MART

  • 9
    アイテムID:4811526の画像

    ノーブランド

  • 10
    アイテムID:4811516の画像

    ヴィボーオーディオ

  • 商品名
  • AT6302
  • WBT-0610 AG
  • 4個1組 OYAIDE SRBN
  • BA7G
  • AT6301
  • X4 AP-SC100
  • バナナプラグ スピーカーケーブル用
  • MG-Mバナナプラグ
  • 4mm バナナプラグジャック
  • 24K 金メッキ バナナプラグ BFA
  • 特徴
  • リーズナブルながら、ハイクオリティで使いやすい!
  • 特殊な技術で、高音質!
  • 老舗会社が世に送り出す名機!
  • 王道仕上げに、色々な配慮を追加!
  • 初心者から上級者までつかえる王道バナナプラグ
  • 工具無しのお手軽バナナプラグ!
  • オール金属でクールなバナナプラグ!
  • 知る人ぞ知る高コスパのバナナプラグ!
  • これ以上ないくらいの破格!
  • 王道24k金メッキバナナプラグ
  • 価格
  • 1497円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 5370円(税込)
  • 2303円(税込)
  • 1498円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 177円(税込)
  • 1050円(税込)
  • 材質
  • 金メッキ
  • 純銅
  • ロジウム
  • 24k金メッキ
  • 金メッキ
  • 金メッキ
  • 24K金メッキ
  • 24K金メッキ
  • ニッケルメッキ
  • 24K金メッキ
  • 構造
  • 板バネスリット構造
  • ねじ式
  • ねじ式
  • ねじ式
  • 板バネスリット構造
  • ねじ式
  • 板バネスリット構造
  • ねじ式
  • 板バネ構造
  • 円筒波型構造

まとめ

バナナプラグのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?お好みの音質に近づけるには、材質や構造について理解することが大切です。納得のいく音質が手に入れるために、ぜひ今回紹介したおすすめのバナナプラグの情報をお役立てください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ