wi-fi中継器の人気おすすめランキング15選【有線LANポート接続も可】

記事ID6661のサムネイル画像

wi-fi中継器は、ルータから離れいてwi-fiが使えない場所まで電波を届かせる便利な機器です。コンセントに差し込んで設定をするタイプであれば、ルータから有線でケーブルをつなぐ必要もありません。今回は、人気のwi-fi中継器をおすすめランキングにして紹介します。

自宅の隅にまで電波を飛ばすwi-fi中継器を活用しよう

wi-fi中継器は、wi-fiが届かない場所に電波を飛ばす機器です。自宅の隅のwi-fiが使えない場所でも、適切な場所に設置することで快適なネット環境を作ることができます。複数の中継器を使ってより快適な環境にすることもできます。

 

価格は3000円程度から手に入りますので、ひとつwi-fi中継器を設置しておくだけでストレスなくwi-fiが使える場合も多いです。難しい配線や工事などは不要なので、購入してすぐにコンセントに繋げば使えるのも魅力でしょう。

 

スペックは幅が広いので、色々な種類を見つつ用途に丁度良いものを選ぶのがおすすめです。今回は「速度」「通信規格」「機能」を基準に、人気のwi-fi中継器をおすすめランキングにして紹介しています。

wi-fi中継器の人気ランキング15選

15位

バッファロー

connectシリーズWEM-1266

価格:6,978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自メッシュ機能が搭載されたwi-fi中継器

バッファロー独自のメッシュ機能が搭載されています。親機(無線ルータ)とwi-fi中継器がお互いに通信しあうことで網目状にネットワークを構築し、入り組んだ場所にもwi-fiの電波を届きやすくします。複数台を組み合わせて使うのもおすすめです。

 

インテリアのような美しいデザインも魅力です。ルーターやwi-fi中継器などはインテリアの雰囲気を壊す場合がありますが、こちらのシリーズは親機・wi-fi中継器ともおしゃれなデザインで設置する場所を選びません。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度866+400Mbps ビームフォーミングなし

口コミを紹介

家の無線LAN環境(親機+中継機)で時々接続が切れ、その都度リセットしていました。
この機種(親機+中継機)に替えてからは接続が切れなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

エレコム

WTC-1167US-B

価格:5,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他メーカーのルーターとも接続可能

とても薄い形状でコンパクトなので省スペースできるのが特徴です。小さな隙間のような場所でもコンセントに繋いで使えるでしょう。ランプの指示に従いながら、適切な場所に設置できる機能もついています。

 

普通wi-fi中継器は同じメーカーの無線ルーターと接続しなければ使えないのですが、こちらは他メーカーの無線ルーターと接続可能です。自宅に設置されているルーターのメーカーに関わらず使えますので、互換性を気にする必要がありません。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300mbpsビームフォーミングあり

口コミを紹介

木造二階建てに住んでいます。二階にルーターがある為、一階で電波が届き難い状態でした。
しかし、この中継器のお陰でどこに居ても50Mbps(家の構造などによって変動します)は最低でも送受信できるのでサクサク動く様になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

WAVLINK

WiFi無線LAN中継器

価格:3,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

放熱性が強いコンパクトなwi-fi中継器

2.4Ghzと5Ghzのアンテナをそれぞれ180°調整できるようになっています。軽くコンパクトなサイズでコンセントに直挿しができますので、場所を取らず小さな隙間でも使いやすいでしょう。

 

有線LANポートが搭載されていて、無線機能がついていないパソコンにはケーブルで接続可能です。デスクトップはWiFi機能が搭載されていない場合がありますので、無線が使えないパソコンでネット接続したい時にも便利です。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

我が家では1F/2FにWi-Fiルーターを使用していますがどうしても私の部屋の電波の状況が悪く、インターネットが途切れてしまうこともしばしばありました。
何か良い方法がないかと考え中wifi中継器が目にとまり購入しました。
この中継器のおかげで、私の部屋まで受信が可能になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ネットギア

Nighthawk EX7300-100JPS

価格:9,907円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超高速デュアルバンドで最大2200Mbps可能

エクステンダーモード(wi-fi中継器モード)と、アクセスポイントモードの切り替えが可能な機器になっています。ゲーム機・テレビ・パソコンなど、有線ケーブルでしか使えない危機がある場合には有線LANポートで接続できます。

 

一般的な速度のwi-fi中継器モードと比べると、高速で利用ができて多機能です。他社ルータとの接続も可能なので、自宅に設置されているルーターがネットギア製のものでなくても使えます。

通信規格11ac周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度1,733+450 Mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

ネットギア製のWi-Fiルーターの中継に購入。
離れまで飛んでとても役立ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

バッファロー

WEX-1166DHP

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセントに直挿しできる高性能なwi-fi中継器

薄型でコンパクトなサイズになっていて、コンセントに直挿ししても上のポートを塞ぎません。シンプルなデザインで小さいので、インテリアの雰囲気を壊すこともないでしょう。有線ポートが搭載されていますのでテレビ・ゲームなども接続可能です。

 

設定が簡単で良かったというインターネットの感想が見られます。設定が難しいと接続までに時間がかかったり何度も説明書を確認しなければいけませんので、初心者の場合には設定が簡単なwi-fi中継器を選ぶのがおすすめです。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度866+300Mbpsビームフォーミング有り

口コミを紹介

すぐ上の寝室にほとんど届いていなかったのに、これを二階の別の部屋の床近くのコンセントに差したら、ちゃんと電波拾えるようになりました!!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

TP-LINK

Archer C50

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直感的な操作ができる専用アプリが特徴

外部アンテナが4つ付いていて、遠くまでwi-fiの電波が飛ばしやすくなっています。シンプルなデザインなので、リビングやキッチンの近くなどに設置していても目立ちにくいです。価格帯は低めなので手に入れやすいのも魅力でしょう。

 

TP-Link専用アプリが使えるようになっています。アプリの画面はシンプルで直感的に操作できて便利です。アクセスポイントモードが搭載されていますが、アプリを使って簡単に切り替えできます。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300Mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

3LDKマンション内で確実に繋がってくれればいいっていう程度の素人の私には充分ですね。コスパも最高です。安すぎるくらいですかね。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

TP-LINK

RE205

価格:2,791円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクセスポイント機能が搭載されたコンパクトなwi-fi中継器

WPSボタンで簡単に設定可能で、wi-fi中継器の初心者でも使いやすいでしょう。スマホアプリ・ブラウザを使っての設定も可能になっています。接続台数は32台以上で、パソコン・スマホ・タブレットの台数が多くてもネット接続がスムーズです。

 

WiFiルータと有線接続すれば、アクセスポイントとしても使えます。有線ポートもついていますので、テレビやゲームなどのケーブルが必要な機器とも接続可能になっています。コンパクトなサイズですが、快適に使える便利な機能が豊富です。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度433+300Mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

実家のWiFiルータのある部屋からトイレの窓付近にこれを置き、合計二度中継させて、離れ部屋にも届かす事ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

NEC

Aterm W1200EX PA-W1200EX

価格:5,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他社のルータでも接続可能なNEC製のwi-fi中継器

wi-fiの電波を360°全方位に飛ばす技術の「μ(マイクロ)SRアンテナ」が使われています。NEC独自の技術で、wi-fiが飛びやすくなるのが特徴です。電波の強度を三段階の色で表示するため、電波状態がわかりやすい仕様になっています。

 

WPS機能がついているルータであれば、他社性でも接続可能です(動作が限定されている場合有り)。利用する機器ごとに利用期間を設定できる「こども安心ネットタイマー」機能など、家族で安心して使える機能もついています。

 

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300Mbps ビームフォーミングなし

口コミを紹介

中継機無しの状態でも2階の一番近い部屋は電波がきていましたが、1階はスマホやパソコンの強度表示は1本あるかないかで、同じく1階テレビゲームのオンライン(スプラトゥーンなど)は通信が切れまくって出来ませんでした。
こちらを取り付けて通信状況が復活。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アイ・オー・データ

WN-AC1167EXP

価格:4,315円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでハイパワーなwi-fi中継器

小さなサイズですが、電波の届きにくい場所でも飛ぶようになるwi-fi中継器です。電波の強さがランプの状態ですぐにわかるようになっています。他社のルーターでも接続可能で、簡単に設定きるので初心者にも安心です。

 

とてもコンパクトなサイズの、コンセントに直挿しするタイプです。隣のコンセントも使えるように設計されていますので邪魔になりません。スペースをほとんどとりませんので、狭い場所でも設置しやすいです。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300Mbps ビームフォーミングなし

口コミを紹介

1台目のルーターをリビングに置いて使っていたのですが寝室で寝る前にスマホを使っていると少し弱い感じだったのでコンセントに繋ぐだけのこちらの中継器を購入しました。結果はアンテナMAXになりスピードもリビングにいる時とほとんど変わらないので大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TP-LINK

RE650

価格:9,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MU-MIMOが搭載されていてwi-fi通信がスムーズ

複数の端末(パソコン・スマホ・タブレットなど)を同じwi-fi帯で接続しても、同時通信が可能になるMU-MIMOが搭載されています。複数の端末を同時に使っても、スムーズにネットが使えて快適です。

 

インテリジェント処理エンジンの搭載・クアッドアンテナ設計により更にネット環境が快適に使えます。ビームフォーミング機能もあります。アクセスポイントモードもあるので、中継器モードと切り替えて使うことができます。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度1733+800Mbpsビームフォーミング有り

口コミを紹介

ルータからRE650の距離直線10M(実家と自宅、別棟)、RE650からPC距離5M(1階と2階)
RE450と比べ電波強度もスピードもアップしたので、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

TP-LINK

有線LAN・APモード付きイーサネットコンバーター

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イーサネットコンバーターとしても使えて便利

コンパクトなサイズで速度が速いです。有線ポートもついていますので、ケーブルでしか繋げない端末とも接続可能です。有線と無線を変換できるイーサネットコンバーターとしても使えます。

 

アクセスポイントモードに切り替えて使うこともできます。こちらの商品は中継器のほかにもインターネットを利用する環境によって使い分けられるので便利です。本体についているランプの色で、接続状態が一目でわかるようになっています。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300Mbps ビームフォーミングなし

口コミを紹介

TPーLINK社製のwifiルータと一緒に使用しております。2階にルータが設置してあるので1階へは隅々まで電波が届きにくくなっていましたがこちらを使用してからは問題なくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

TP-LINK

RE200

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般機種のwi-fiルーターであれば連携が可能

最大250m²の範囲で通信が可能になります。とても小さなサイズですが、広い範囲に電波を飛ばしますので、電波が届きにくい場所の中継になる箇所に設置することで接続状況が改善するでしょう。

 

互換性がある機器が豊富で一般的なwi-fiルーターであれば接続して使えます。設定も簡単なので、wi-fi中継器の初心者にもおすすめです。小さなサイズですが有線ポートが1つ付いていて、ケーブルでネット接続もできます。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度433+300Mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

設定のページのUIも簡単かつ見やすいので気に入ってます。
また、有線で1口出せるのも使い勝手がよく助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エレコム

WTC-F1167AC

価格:4,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4パターンの中継モードが搭載されている

中継モードが4つあり、電波の良い方を自動切り替えで中継するオプティマイズモード・2つの周波数帯をそのまま中継するデュアルモード・1つの周波数帯をそのまま中継するシングルモード・別の周波数帯に変換して中継するクロスバンドモードがあります。

 

状況に合わせて4つのうち都合の良いモードを選んで使えて便利です。またユニバーサルリピーター方式が採用されていて、接続する無線ルータに制限がありません。シンプルで小さなサイズなので、場所を選ばす設置しやすいでしょう。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300Mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

無駄なSSIDが増えずに電波エリアが広がる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TP-LINK

RE300

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュwi-fi環境が作れる中継器

TP-Link独自のメッシュWi-Fi技術「OneMesh」に対応しています。網目状に電波を飛ばしてwi-fiが使える環境になりますので、より快適なネット接続ができるでしょう。広い家や入り組んだ構造の家は、wi-fi中継器を複数台設置して使うのもおすすめです。

 

アダプティブパスセレクション機能が搭載されています。自動的に最速のWiFi接続経路へと切り替える機能がありますので、常にトップスピードでインターネットが楽しめます。デュアルバンドバックアップで通信の安定性も向上しています。

通信規格11ac/n/a/g/b 周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度867+300mbpsビームフォーミングなし

口コミを紹介

一軒家ですが、wifiルーターが2階の端にあるため、1回のリビングまで届きにくかったのが、リビングにこれを設置したことで解決しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

WEX-1166DHPS

価格:4,054円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デュアルバンド同時接続でスムーズな通信が可能

デュアルバンド同時接続か可能なので、5GHz・2.4GHzの周波数帯が同時に接続できます。切り替え式の機能が搭載されているwi-fi中継器と比べると、ネッツ接続がスムーズで快適に使えます。

 

最適な設置場所を見つけることができる、中継器設置ガイドに対応しています。スマホにアプリをインストールして設置したい場所を探せます。ビームフォーミング機能・中継器用SSID対応など、快適にネット利用できる機能が豊富です。

通信規格11ac/n/a/g/b周波数帯2.4Ghz/5Ghz
速度866+300Mbpsビームフォーミング有り

口コミを紹介

大きさもコンパクトで、出っ張りもさほどないので生活の邪魔にはなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

wi-fi中継器の選び方

wi-fi中継器を設置する場合は、自宅のルーターと互換性のあるものを選ぶ必要があります。そのため通常はルーターと同じメーカー製のwi-fi中継器を選びましょう。他社製ルーターに対応しているwi-fi中継器もありますので、チェックしておくのがおすすめです。

形状で選ぶ

wi-fi中継器の形状にはいくつかのタイプがあります。床や棚などに据え置きして使う設置タイプと、コンセントなどに直挿しして使うタイプです。環境に合わせて使いやすい形状を選びましょう。

設置式

床や棚の上などに据え置きして使うタイプのwi-fi中継器は、付属されているケーブルからコンセントに繋いで電源をとるようになっています。サイズは大きめでコンセントから離れている場所に設置できるのがメリットでしょう。

 

wi-fi中継器のボタンを押して操作をすることが多かったり、wi-fi強弱状況がわかるランプをぱっと見て確認したい時などには、見えやすく手に取りやすい場所に置いておくと便利です。

直挿し式

直挿しタイプのwi-fi中継器は、ケーブルが付いていなくて直接コンセントに接続するタイプになります。サイズがコンパクトで省スペースで使えるのがメリットでしょう。wi-fi中継器を目立たない場所に設置したい場合にもおすすめです。

 

コンセントに接続するタイプに加えてUSB接続で電源を取るタイプもあります。パソコンなどのUSBポートに繋いで充電を取りますので、コンセントに直挿しするタイプよりも更に省スペースで利用できます。

通信規格で選ぶ

wi-fiの通信規格にはいくつかの種類があります。なるべく新しい規格が使えて広い範囲に対応しているものが良いでしょう。一般的に広く普及している規格に対応しているかは、必ずチェックしておくのが大切です。

IEEE802.11

IEEE802.11は無線規格のことで、11ac・11n・11a・11g・11bなどの種類があります。現在広く普及しているのは11acになります。次に普及しているのは11nになりますが、現在では11acの方が用途が広くておすすめです。

 

最新の無線規格には、11axがあります。ただ11axに対応している機器は、ルーター・中継器・パソコン・タブレット・スマホを含めて現在とても少ないです。そのため一般的なネット利用をするだけであれば、今はまだ11axのwi-fi中継器を探さなくても良いでしょう。

周波数帯

現在wi-fiで使われている周波数帯は2.4Ghzと5Ghzです。2.4Ghzと5Ghzのどちらにも対応しているものと、2.4Ghzのみ対応しているものがあります。おすすめなのは2.4Ghzと5Ghzのどちらにも対応しているwi-fi中継器です。

 

2.4Ghzと5Ghzの2種類の電波が使えるwi-fi中継器であれば、 デュアルバンド対応モデルを選ぶのがおすすめです。5Ghzと2.4Ghzの2つの電波を同時に使えるデュアルバンド対応機器の方が、通信が安定するからです。

スペックで選ぶ

wi-fi中継器を選ぶ時には、スペックも確認しておきましょう。スペックが高いとそのぶん価格が上がっていきますので、オーバースペックにならないように環境と用途に応じたwi-fi中継器を探すのが大切です。

速度

wi-fi中継器は、環境に応じた仕様になっているものを選ぶのがおすすめです。モデム・ルータ・契約会社の料金コースなどによっても最大の通信速度は違っていますので、十分チェックしておきましょう。

 

将来的にモデムやルータなどの機器を変更したり、契約会社のコースを変更する可能性があるなら、なるべく速度が速いwi-fi中継器を選んでおくと安心です。

アンテナ数

wi-fi中継器の広告やスペック表などによく載っている、2×2・3×3・4×4などの説明がされているのがアンテナ数です。2×2の場合は送信と受信のアンテナが2つづつ搭載されているという意味で、3×3の場合はそれぞれのアンテナが3つづつあるという意味です。

 

アンテナ数が多ければ多いほど、wi-fi接続ができる端末が増えます。ただ接続する端末(パソコン・タブレット・スマホ)の数が少ないのに、アンテナの数を多くする必要はありませんので、世帯人数や利用端末の数に合わせて選びましょう。

機能で選ぶ

wi-fi中継器には色々な機能が搭載されています。モデルによって個性がありますので、どんな機能がついているのかを確認しておきましょう。初心者の場合は過度に機能がついているものよりも、シンプルで操作が簡単なものの方が良いかも知れません。

ビームフォーミング

ビームフォーミングは、wi-fi中継器から端末(パソコン・タブレット・スマホ)の位置に向かって電波を飛ばす機能です。効率的にwi-fi電波を飛ばしますので接続が切れにくく、スムーズで快適な環境でネットが使えます。

 

快適なwi-fi環境を作る機能は、ほかにもMU-MIMO・メッシュ機能などがあります。搭載機能が充実していると、よりスムーズでストレスのない接続ができます。自宅の形状や広さに応じて使ってみるのがおすすめです。

有線LANポート

wi-fi中継器はもともと無線の電波を飛ばすための機器ですが、有線ポートが搭載されているものがあります。テレビ・ゲーム・デスクトップパソコンなど、ケーブルでなければネット接続できないスペックの端末を接続する時に便利です。

 

有線ポートを使う機会がない場合には、敢えて有線ポートが搭載されているwi-fi中継器をえらばなくても良いのですが何かと便利に使えることもあります。有線ポートを良く使うという場合には、搭載されているものを選ぶのがおすすめです。

wi-fi中継器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5213648の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5213679の画像

    TP-LINK

  • 3
    アイテムID:5213672の画像

    エレコム

  • 4
    アイテムID:5213664の画像

    TP-LINK

  • 5
    アイテムID:5213698の画像

    TP-LINK

  • 6
    アイテムID:5213708の画像

    TP-LINK

  • 7
    アイテムID:5213718の画像

    アイ・オー・データ

  • 8
    アイテムID:5213725の画像

    NEC

  • 9
    アイテムID:5213739の画像

    TP-LINK

  • 10
    アイテムID:5213754の画像

    TP-LINK

  • 11
    アイテムID:5213759の画像

    バッファロー

  • 12
    アイテムID:5213770の画像

    ネットギア

  • 13
    アイテムID:5213791の画像

    WAVLINK

  • 14
    アイテムID:5213806の画像

    エレコム

  • 15
    アイテムID:5213832の画像

    バッファロー

  • 商品名
  • WEX-1166DHPS
  • RE300
  • WTC-F1167AC
  • RE200
  • 有線LAN・APモード付きイーサネットコンバーター
  • RE650
  • WN-AC1167EXP
  • Aterm W1200EX PA-W1200EX
  • RE205
  • Archer C50
  • WEX-1166DHP
  • Nighthawk EX7300-100JPS
  • WiFi無線LAN中継器
  • WTC-1167US-B
  • connectシリーズWEM-1266
  • 特徴
  • デュアルバンド同時接続でスムーズな通信が可能
  • メッシュwi-fi環境が作れる中継器
  • 4パターンの中継モードが搭載されている
  • 一般機種のwi-fiルーターであれば連携が可能
  • イーサネットコンバーターとしても使えて便利
  • MU-MIMOが搭載されていてwi-fi通信がスムーズ
  • コンパクトでハイパワーなwi-fi中継器
  • 他社のルータでも接続可能なNEC製のwi-fi中継器
  • アクセスポイント機能が搭載されたコンパクトなwi-fi中継器
  • 直感的な操作ができる専用アプリが特徴
  • コンセントに直挿しできる高性能なwi-fi中継器
  • 超高速デュアルバンドで最大2200Mbps可能
  • 放熱性が強いコンパクトなwi-fi中継器
  • 他メーカーのルーターとも接続可能
  • 独自メッシュ機能が搭載されたwi-fi中継器
  • 価格
  • 4054円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 4125円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 9049円(税込)
  • 4315円(税込)
  • 5555円(税込)
  • 2791円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 9907円(税込)
  • 3998円(税込)
  • 5440円(税込)
  • 6978円(税込)
  • 通信規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 周波数帯
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 2.4Ghz/5Ghz
  • 速度
  • 866+300Mbps
  • 867+300mbps
  • 867+300Mbps
  • 433+300Mbps
  • 867+300Mbps 
  • 1733+800Mbps
  • 867+300Mbps 
  • 867+300Mbps 
  • 433+300Mbps
  • 867+300Mbps
  • 866+300Mbps
  • 1,733+450 Mbps
  • 867+300mbps
  • 867+300mbps
  • 866+400Mbps
  • ビームフォーミング
  • 有り
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 有り
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 有り
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし

まとめ

wi-fi中継器は、無線電波を遠くまで飛ばすことができる便利な機器です。コンセントに繋いで設定を済ませるだけで使えるようになります。自宅でwi-fiが使えない場所がある場合には、環境と用途にぴったり合ったwi-fi中継器を使って、ネット環境を改善しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ