simフリーモバイルルーターの人気おすすめランキング10選【2019年最新】

記事ID6612のサムネイル画像

外出先でもインターネットを楽しみたい、月々の通信料を節約したい、海外でも端末を使いたいなどの悩みを解決出来るのがsimフリーモバイルルーターです。simフリーモバイルルーターを選び方とは、どのようなことでしょうか。おすすめランキングと合わせて紹介します。

simフリーモバイルルーターとは?

生活の中でインターネットを便利に利用することは、もはや当たり前のこととなりました。でも、便利な反面で月々の通信料が負担になっている人はいらっしゃいませんか。そこでおすすめしたいのがsimフリーのモバイルルーターです。

 

simフリーとは、どのキャリアであっても使用が出来る通信機のことです。キャリアから発売されているモバイルルーターは、simロックが付いているのでそれぞれのキャリアのsimしか使えません。

 

格安simで通信料を抑えたい人、外出先でもインターネットが使いたい人、自分に合わせたプランが選びたい人など、simフリーモバイルルーターを使ってみてはいかがでしょうか。simカードを差し込むだけで、通信が可能になるので簡単ですね。

simフリーモバイルルーターのメリットとデメリット

simフリーモバイルルーターを使用するためには、メリット・デメリットを知っておくことが大切です。自分に合わせたsimフリーモバイルルーターの選び方の前にメリット・デメリットを解説しましょう。

メリット

simフリーモバイルルーターのメリットは「月額料金を安くできる」「解約時に違約金が発生しない」「プランが自由に選べる」の3つです。それぞれを詳しく解説します。

月額料金を安くできる

simフリーモバイルルーターでは、キャリアを自由に選べます。そのため、格安simを利用できるようになり、月額使用料が抑えられます。大手キャリアと比較すると、かなり安くなります。

解約時に違約金が発生しない

2つめのメリットは、解約時に違約金が発生しないことです。月額費用が高額でも、高額な違約金が発生することがネックとなり、現在のキャリアを乗り換えられない人も多いのではないでしょうか。

 

その点、simフリーモバイルルーターには違約金が発生しません。短期間で他のキャリアに乗り換えることが可能で、自分のタイミングで解約が出来ます。これで、自分のライフスタイルに合ったキャリアを見つけることが出来ます。

プランが自由に選べる

プランとは、各社が設定した月額プランのことです。simフリーモバイルルーターでは、契約したキャリアでしか選べない場合と違い、数ある格安simからプランを選ぶことが出来ます。そのため、豊富なプランから自分に最適なプランを選べます。

デメリット

simフリーモバイルルーターのデメリットとはどのようなことでしょうか。メリットばかりでは無いと知っていることも大切ですね。

端末やカードを自分で購入しなければならない

キャリアからモバイルルーターを購入した場合、simカードは付いてきます。しかし、simフリーモバイルルーターの場合、端末やカードは自分で購入する必要があります

キャリアサポートが受けられない

simフリーモバイルルーターでは、キャリアサポートが受けられないため、設定や問題解決を自分ですることになります。大手キャリアを例にとると、店頭や電話などで問題を解決してくれますね。

 

simフリーモバイルルーターでなにか問題が起きると、すべて自分で調べて解決することになります。苦手意識がある人には、面倒だと感じるかも知れませんね。

simフリーモバイルルーター人気おすすめランキング10選

ここからはsimフリーモバイルルーターの人気おすすめランキング10選を紹介します。おすすめポイントは「種類」「バッテリー容量」「通信方式」「simサイズ」「デュアルsim」に絞りました。数ある中から自分に最適な端末とはどれでしょうか。

10位

富士ソフト

+F FS030W

価格:13,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーが長持ちする

連続通信時間が最大20時間なので安心して外出先でも使えます。また、電池パックを抜いても、USB電源に接続して使用出来るという特徴があります。電源が近くにある場合なら、バッテリーを気にしないで通信が可能になります。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量3060mAh
通信方式LTE・3GsimサイズmicroSIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

格安SIMと組み合わせて使用しています。
スペック通り連続使用で20時間程度持ちました。あと、外出時しか使わないので、スリープ機能ONにしておけば2〜3日は鞄にいれっぱで大丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

uCloudlink

GlocalMe G4

価格:18,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

simカードが不要

海外に出かけることが多い人におすすめするsimフリーモバイルルーターは「GlocalMe G4」です。 simカードが不要で、アプリの設定を行うだけで、世界140以上の国と地域で使用出来ます

 

端末利用地域に合わせて、最高速のキャリアーのネットワークに接続してくれます。SIMカードを挿入すれば、一般的なモバイルWiFiルーターとしても利用が可能になることもおすすめポイントです。3900mAHバッテリーで約13時間の使用出来ます。

 

また、スマホへ給電も出来るので、災害時にも便利なモバイルルーターです。インターネット速度は、「50Mbps上り/150Mbps下り」です。通信デバイスが最大5台までの接続が可能で、ビジネスでも充分に使用出来ますね。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量3900mAH
通信方式LTE・3GsimサイズNano SIMカード
デュアルsim対応可能

口コミを紹介

思ったより簡単に初期設定できました。アップデートの時の為に、Wifiのある環境で初期設定を始めた方がよいです。本体に翻訳機能(google?)とグーグルマップ、通貨換算機能があります。データパックなどの選択肢も色々あり、どれを使用するか切り替えもできますので、今のところとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ZTEジャパン

MF920S

価格:10,978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重量106gで携帯性抜群!

厚さ14.8mm、重さ106gという携帯性が非常に高いsimフリーモバイルルーターとしておすすめします。本体デザインも鞄やポケットから出し入れしやすいラウンドシェイプなので、かさばらないで使いやすいですね。

 

通信速度は「下り最大150Mbps/上り最大50Mbps」です。連続通信は約14時間可能で、無線LANオフ時なら、連続待受は約575時間と驚きの長さが持続します。さらに1.44インチのカラーディスプレイを搭載していて、室外での画面操作が見やすいことも特徴です。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量2300mAh
通信方式LTE・3Gsimサイズ標準SIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

パソコン関連のショップへ足を運んで説明を少し聞いてから購入しました。初めて持つので設定などが出来るのか不安でしたが、楽天SIMを本体に挿入しただけで自動にセットアップ完了してすぐに使えました。大きさも手のひらサイズで軽量です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ネットギア

AirCard AC785-100JPS

価格:10,032円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大15台のWiFiデバイス

本体デザインがスタイリッシュで、コンパクトなsimフリーモバイルルーターです。バッグの中で場所を取らないので、荷物の多い人におすすめです。

 

コンパクトな本体でも、データ使用量が表示される液晶ディスプレイ、デュアルバンドWiFi対応などパワフルな機能を搭載しています。LTE速度は、「受信最大150Mbps/送信最大50Mbps」です。

 

連続通信時間は10時間、連続待機時間は300時間です。外出先のどこにいても、最大15台のWiFiデバイスに最高のパフォーマンスとスピードを提供してくれます。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量2000mAh
通信方式LTE・3GsimサイズmicroSIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

香港、上海、台湾、シンガポール、タイ、アメリカ(ロス)、ロシア(ウラジオストク)で使いましたが、全ての国でちゃんと動作して、特にトラブルもないので星5です。iPadやiPhone用アプリもあって、設定も簡単でいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

FREETEL

ARIA 2

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

QRコード読取りで 簡単接続

新しい機器の扱いに不安のある人におすすめするsimフリーモバイルルーターが「FREETEL ARIA 2」です。液晶にQRコードが表示され、読み取るだけで簡単ににネットワークに接続できます。

 

軽量でコンパクトなボディは、マットな質感のラバーコーティングが施されているので、手から滑り落ちにくいですね。さらに擦り傷や、汚れにも強いのでお手入れも簡単です。通信速度は「下り最大150Mbps・上り最大50Mbps」です。

 

microSDカードが使用できるので、ファイルストレージとしても使えます。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量2300mAh
通信方式LTE・3Gsimサイズ標準SIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

特に問題なく使用しています。OCNモバイルONEのデータSIMですが、初期設定にあったのであっさり繋がりました。
共通データSIMを増やして家族と共有するなど、簡単にモバイルルーターを持ちたい人には安くて良いものだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

NEC

Aterm MR05LN 3B

価格:24,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用クレードルでホームルータに早変わり

6位の「Aterm MR05LN 」は、通信費を抑えても、快適な通信をしたいそんな人におすすめします。操作性が向上した「デュアルSIM」により2枚のSIMが利用出来るようになりました。

 

1枚の設定値を超えるともう一方のカードに自動的で切り替わったり、時間指定の切り替えが出来ます。2枚のSIMカードを使い分けたい人には、これ以上ないと言える高機能を備えています。

 

専用クレードルにセットしておくと、Giga対応のホームルータにもなるため、外出先でも自宅でも、機能を発揮してくれるお得なモバイルルーターです。通信速度は受信最大「下り最大150Mbps・上り最大50Mbps」です。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量2500mAh
通信方式LTE・3GsimサイズnanoSIM
デュアルsim対応

口コミを紹介

simカードが2枚差しできるのもよいですが、非常に感度が良いルーターだと思います。
新幹線や地方の山奥でも、他のルーターを使っている人(同じdocomo回線)が不通になるエリアでも、私の1台だけはアンテナがたっていることもしばしば。安心してチョイスできる1台です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

NECプラットフォームズ

PA-MP01LN-SW

価格:9,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最小&最軽量

「PA-MP01LN-SW」は72.6 gという最軽量で最小、カードサイズより小さくなって持ち運びがとにかく楽々になりました。バッグの中でモバイルルーターの存在が気になっていた人には嬉しいサイズではないでしょうか。

 

カードサイズほどのコンパクトなボディでありながら、最大約10時間の通信が可能です。そして一番のおすすめポイントは10台までWi-Fi機器を同時接続が出来ることです。また、LTEオート接続機能も付いて、APNを自動で選択して接続してくれます。

 

ルーターの切り替えや設定作業に自信のない人に特におすすめします。通信速度は「下り最大150Mbps・上り最大50Mbps」です。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量1620mAh
通信方式LTEsimサイズnanoSIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

とにかく小さくて可愛い!大きくて重いルーターを持ち歩く必要がありません。
流石NECプラットフォームズ、使い心地がいいです。気が利いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ピクセラ

PIX-MT100

価格:13,567円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコン・コンセントどちらにもつなげて使用出来る

USBスティックタイプのルーターでありながら、機能は多彩です。外出先でパソコンにセットすれば、LTE通信しながら無線LANアクセスポイントにもなります。手持ちの他のモバイル端末でのWi-Fi通信が同時に利用出来ます。

 

自宅で市販のUSBアダプターを用いてコンセントにつなげれば、スマートフォン・タブレットやゲーム機など、家族でWi-Fi通信が楽しめます。最大8台まで接続が可能なので、楽しみ方はそれぞれではないでしょうか。

 

また、自動車のシガーポケットにもセット出来ます。移動中の車内でWi-Fiが利用出来るので、災害時にも役立ちます。面倒な操作が苦手な人におすすめです。データ通信速度は「下り 最大 150Mbps上り 最大 50Mbps」です。

種類USBスティックタイプ・ワイヤレスタイプバッテリー容量
通信方式LTEsimサイズmicroSIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

有線のネットワークがない祖母の家用に買いました。
格安SIMで運用ができ、簡単にインターネットに接続できるネットワークを構築できます。
設定画面も簡単にできるUIでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ZMI

Battery Wi-Fi MF855

価格:8,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリーを搭載

2位でおすすめする「Battery Wi-Fi MF855 」は大容量のバッテリーが搭載されているため、連続通信約18.5時間が可能です。

 

また「バッテリー機能」も備えているので、USB端子を搭載するスマートフォン・ノートパソコンなどのモバイル端末へ急速充電も可能です。さらに、本体充電とモバイル端末の充電が同時にできる「おっかけ充電」も出来ます。

 

高速4G LTEや3Gに対応しているので、国内外問わず幅広いエリアで高速通信が楽しめます。海外出張が多い人におすすめです。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量7800mAh
通信方式LTE・3GsimサイズmicroSIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

モバイルルータ+バッテリーは便利。
海外渡航時、これだけ持っていって現地SIMを入手するだけ、日本で使っているスマホをそのまま使えるのは便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

HUAWEI(ファーウェイ)

E5577S-324

価格:13,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなボディに大容量バッテリー

simフリーモバイルルーターランキング1位のおすすめは「HUAWEI E5577S-324 」です。国内の主要なバンドをカバーしているので、広いエリアで安定した快適通信が利用出来ます。

 

クレジットカードサイズのコンパクトなボディでも、3000mAhの大容量バッテリーが搭載されています。専用アプリを使えばスマホやタブレットからバッテリー残量や、データ通信量、ネットワーク状態などが確認出来ます。

 

さらに、モバイルバッテリーとしても使用出来ます。初心者でも操作が簡単で、最大10台の端末と接続できるので、面倒な操作が苦手な人におすすめします。

種類ワイヤレスタイプバッテリー容量3000mAh
通信方式LTE・3Gsimサイズ標準SIM
デュアルsim対応不可

口コミを紹介

3回目購入、設定は簡単、使いやすいです、yモバイルのsimカードはAPN設定なしで使えます!

出典:https://www.amazon.co.jp

simフリーモバイルルーターの選び方

simフリーモバイルルーターは豊富な種類が販売されています。数あるsimフリーモバイルルーターの中から、自分に合った1台を選ぶには何をポイントにすればいいか悩みますね。特に初心者で端末に詳しくない人にとっては、どれも同じような機能です。

 

そこで、ここからはsimフリーモバイルルーターの選び方を紹介していきます。

対応バンドで選ぶ

対応バンドとは、端末やSIMカードが対応している周波数帯のことです。通信会社の使用しているバンドは、各社割り当てがあります。そのため、ルーターと対応バンドが適合している必要があります。

 

国内で使う場合、「ドコモ系:バンド1・3・19」「au系:バンド1・18・26」「ソフトバンク系:バンド1・3・8」に対応しているものを選ぶと通信がスムーズに行えます。

 

また、対応バンド数が多いルーターを選ぶと、それだけ使えるsimカードの数も多くなります。購入前に対応バンドの確認をしておきましょう。キャリアの乗換を短期間で検討したい人には、対応バンドが複数あるルーターをおすすめします。

通信速度で選ぶ

外出先で通信速度が遅いと感じたことはありませんか。インターネットの閲覧程度の使用であればあまり問題はありませんが、ビジネスでファイルなどを提供する場合などは、通信速度が遅いと影響が出ますね。

 

そこでsimフリーモバイルルーターを購入する時に、最大通信速度がどの位なのか、数字で通信速度を確認することをおすすめします。

LTE対応で選ぶ

LTEとは、高速回線のことです。3Gは従来から使用されている回線のことで、端末によっては、3Gにしか対応していないものがあります。より高速な通信をしたい人にとっては、LTEに対応したものがおすすめです。

 

また、広いエリアでインターネットを使用したい人なら、LTE・3Gのどちらにも対応しているsimフリーモバイルルーターをおすすめします。

 

種類で選ぶ

simフリーモバイルルーターを種類で選ぶ場合、「USBスティックタイプ」「無線タイプ」の2種類から選びます。それぞれを詳しく紹介しましょう。

USBスティックタイプ

USBスティックタイプとは、パソコンのUSB端子に挿して使用するものです。そのため、バッテリー切れの心配がありません。コンパクトで持ち運びにも便利ですね。無線タイプに比べると、通信速度も速いというメリットがあります。

 

注意点としては、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などのUSB端子が無い端末機器では使用できないこと、1つの機器しか接続出来ないことです。

無線タイプ

無線タイプは、パソコンを始めスマートフォンやタブレット、ゲーム機などあらゆる機器に接続が出来ます。さらに、複数の機器との接続も可能ですね。無線タイプが1台あれば、様々なシーンで活躍してくれます。

 

ビジネスや海外で使用する機会が多い人におすすめします。注意点は、バッテリーで作動させるため、残量時間の確認が必要なことです。

バッテリーの持ちで選ぶ

無線タイプの場合、バッテリーの持ち時間も重要です。バッテリーの容量は「mAh」という単位で記載されています。この単位が大きい数字ほど稼働時間が長いるーたーということです。

 

外出先で使うことが多いsimフリーモバイルルーターですから、出来るだけバッテリーの持ちが長いものを選ぶことをおすすめします。

デュアルSIM対応で選ぶ

デュアルSIM対応とは、1台のルーターに2枚のSIMカードが入れられることです。SIMカードを2枚挿入することで、複数の通信回線が使用できるようになります。そのため、回線の切り替えで、SIMカードを抜き差しする必要がなくなります。

 

特に小さいSIMカードの抜き差しに、てこずっていた人にはデュアルSIM対応のルーターをおすすめします。

SIMカードについて

simフリーモバイルルーターでは、SIMカードを自分で用意する必要があることはデメリットで紹介してあります。それぞれのルーターによって、対応しているSIMカードのサイズがあります。

 

現在のSIMカードの種類は、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類があります。サイズが適合していないSIMカードを誤って購入しないように、ここからはSIMカードの種類について解説していきましょう。

標準SIM

標準SIMは、「25mm×15mm」サイズで3種類の中では一番大きいSIMカードです。ガラケーなど比較的初期タイプの端末に多く使われています。

microSIM

microSIMは、「15mm×12mm」サイズです。2010年から発売された端末や、少し前に発売された格安スマホなどに多く使われています。

nanoSIM

nanoSIMは、「12.3mm×8.8mm」サイズで、最近の主流となっているSIMカードです。近年発売された端末のほとんどがnanoSIMサイズを使用しています。

simフリーモバイルルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5209898の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 2
    アイテムID:5209905の画像

    ZMI

  • 3
    アイテムID:5209901の画像

    ピクセラ

  • 4
    アイテムID:5209900の画像

    NECプラットフォームズ

  • 5
    アイテムID:5209899の画像

    NEC

  • 6
    アイテムID:5209896の画像

    FREETEL

  • 7
    アイテムID:5209892の画像

    ネットギア

  • 8
    アイテムID:5209890の画像

    ZTEジャパン

  • 9
    アイテムID:5209844の画像

    uCloudlink

  • 10
    アイテムID:5213288の画像

    富士ソフト

  • 商品名
  • E5577S-324
  • Battery Wi-Fi MF855
  • PIX-MT100
  • PA-MP01LN-SW
  • Aterm MR05LN 3B
  • ARIA 2
  • AirCard AC785-100JPS
  • MF920S
  • GlocalMe G4
  • +F FS030W
  • 特徴
  • コンパクトなボディに大容量バッテリー
  • 大容量バッテリーを搭載
  • パソコン・コンセントどちらにもつなげて使用出来る
  • 最小&最軽量
  • 専用クレードルでホームルータに早変わり
  • QRコード読取りで 簡単接続
  • 最大15台のWiFiデバイス
  • 重量106gで携帯性抜群!
  • simカードが不要
  • バッテリーが長持ちする
  • 価格
  • 13200円(税込)
  • 8199円(税込)
  • 13567円(税込)
  • 9460円(税込)
  • 24380円(税込)
  • 円(税込)
  • 10032円(税込)
  • 10978円(税込)
  • 18990円(税込)
  • 13700円(税込)
  • 種類
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • USBスティックタイプ・ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • ワイヤレスタイプ
  • バッテリー容量
  • 3000mAh
  • 7800mAh
  • 1620mAh
  • 2500mAh
  • 2300mAh
  • 2000mAh
  • 2300mAh
  • 3900mAH
  • 3060mAh
  • 通信方式
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • LTE
  • LTE
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • LTE・3G
  • simサイズ
  • 標準SIM
  • microSIM
  • microSIM
  • nanoSIM
  • nanoSIM
  • 標準SIM
  • microSIM
  • 標準SIM
  • Nano SIMカード
  • microSIM
  • デュアルsim
  • 対応不可
  • 対応不可
  • 対応不可
  • 対応不可
  • 対応
  • 対応不可
  • 対応不可
  • 対応不可
  • 対応可能
  • 対応不可

まとめ

おすすめsimフリーモバイルルーターランキングはいかがでしたか。外出先でインターネットに接続出来る、便利なsimフリーモバイルルーター購入の際に参考にして頂ければ幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ