メガネケースの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース】

記事ID6173のサムネイル画像

メガネを購入したら必要になるのがメガネケースです。お手頃価格のものから、本格的な革で出来たブランドもののメガネケースもあります。また、おしゃれでかわいいデザインのものや、ハードタイプやソフトタイプといった材質の種類も様々。そこで今回はメガネケースの選び方と人気でおすすめのメガネケースを15選ランキング形式で紹介します。

お手頃価格から革製のブランドものまで種類が豊富なメガネケース

メガネを購入するとメガネケースがセットで付いてくることが多いです。その場合無地でハードタイプの頑丈なメガネケースが多いですが、実は材質やタイプの種類も色々あります。

 

お手頃価格で安いものから、革製の高級ブランド品、おしゃれでかわいいデザインのもの等、様々な種類があります。そのため、どのようなメガネケースを選べばよいか迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回はメガネケースの選び方と、サイズ、素材、タイプを基準に人気でおすすめのメガネケースを15選ランキング形式で紹介します。記事の最後にはメガネケースの取り扱い方の注意点についても解説しているので、ぜひとも最後までお読みください!

メガネケースの人気おすすめランキング15選

15位

Buttero(ブッテーロ)

メガネケース 円柱型

価格:10,963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とってもおしゃれな筒型のメガネケース

筒型のメガネケースがとってもおしゃれ!Butteroは、世界的に有名なイタリア伝統レザーの名称で、生産数が限られているとっても貴重なアイテムです。

 

メガネケースとしての、活用術はもちろんのこと、個性的なデザインであるため、人と被る心配もありません。個性的なメガネケースをゲットしたいという方は、ぜひチョイスしてはいかがでしょうか?

サイズ横約15.5cmm 縦約4.9cm 高さ約3.8cm素材レザー
タイプハードタイプ

口コミを紹介

出来上がりと彼の喜んだ顔を見て、本当にココでこの商品にして良かったと思いました!

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

14位

KKD

三角折りたたみデニム調

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デニムタイプのとってもかわいいメガネケース

とってもかわいいデニム生地のメガネケースです。三角形の形で使いやすいだけではなく、デニム調なのでカジュアルに使いやすいのが男女を問わずに人気を集めているポイントです。Amazonや楽天などの通販サイトでも評価が大変高いメガネケースです。

 

折り畳み式なので、使っていない時はコンパクトに折りたたむことが可能です。普段からメガネケースを持ち歩いているという方は、ぜひ折りたためるおしゃれなメガネケースをチョイスしてはいかがでしょうか?

サイズ縦約67mm 横約160mm 厚さ約15mm素材デニム
タイプソフトタイプ

口コミを紹介

可愛いです。クローバーのメガネ拭きも気に入ってます。
重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ブリットハウス

メガネケース

価格:29,700円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級コードバンを使用したメガネケース

1頭の馬からわずかしか取れないコードバンを使用している大変高級なメガネケース。上質な素材であるため、地位の高い人でも愛用しているのだとか。

 

使い込むことで色づやがとても良くなり、使うほど徐々にしなやかな革の質感になっていきます。高級なメガネを購入したら、合わせてゲットしたいアイテムです。自分用としてだけではなく、目上の方へのプレゼントとしても人気を集めていますよ。

サイズ横165 x 縦80 x 厚さ35mm素材コードバン
タイプソフトタイプ
12位

メイガン(Meigan)

メガネケース ウレタン

価格:299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウレタン素材のメガネケース

カジュアルに使えるウレタンのメガネケース。ファスナータイプなのでしっかりと閉められます。また小物入れとして活用することもできます。カバンを持たずにメガネを持ち歩きたい方のためにジーパンやベルト通しに使えるようになっています。

 

フックがついているメガネケースだから、持ち歩くときだけではなくお部屋の中にちょっと引っ掛けるだけでも使えそうです。

サイズ178×62×53mm素材ウレタン
タイプセミハードタイプ

口コミを紹介

細身の割にそこそこのサイズのメガネ、サングラスが収納できます。
軽い割には丈夫なので、バッグに杜撰な入れ方をしても問題ありません。
コストを考えたら充分なケースですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

メイガン(Meigan)

MOSSA

価格:460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高見えメガネケース

とってもリーズナブルなお値段なのに高く見えるお得なメガネケースがこちら。シンプルなデザインであるからこそ、洗練されたおしゃれさが際立ちます。

 

スーツの内ポケットなどにも収まるスリムデザインなので、プライベートやオフィスシーンなど時間と場所を選ばずに使えるのも嬉しいポイントです。また機能性の良さと優れたデザイン性からプレゼントとしても人気です。

サイズW180×D3×H82素材ポリウレタン、内張:PVC、ポリエステル
タイプソフトタイプ

口コミを紹介

横も縦も十分な幅、長さがあり余裕で入ります。全体の堅さも良く、めがねをいれて安定して保持しています。でも眼鏡を折りたたんで厚みが大きくなるタイプはちょっと注意かも。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

茶谷産業

メガネスタンド

価格:2,813円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅で使うのにおすすめ!

とっても高級感のあるメガネを2本収納できるメガネスタンドです。フサフサの毛が付いているため、大切なメガネも大切に守ってくれます。さらにスリムタイプなので、場所も取らずにデスク周りにもスッキリと収めることができます。

 

また他のタイプを選べばさまざまな小物を収納することも可能。自分の好みのデザインのメガネスタンドを選んでくださいね。

サイズ約W14.5×D6×H11cm素材-
タイプスタンドタイプ

口コミを紹介

作りもしっかりしており、メガネに傷がいく心配もなさそうです☆
いい買い物ができました♪

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

メイガン(Meigan)

メガネケース

価格:676円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザー風のセミタイプケース

レザー調のものが欲しいけれど、ハードタイプのメガネケースが欲しいという方におすすめのメガネケースです。

 

見た目はとてもシックなデザインですが、ハードタイプでメガネをしっかりと保護してくれます。本物のような高級感のあるレザー調だから、大人でも使いやすいですね。

サイズW15.6×D6.2×H3.9cm素材合革
タイプセミハードタイプ

口コミを紹介

超お気に入りです。コンパクトで使いやすく、生地、縫製もしっかりしていて大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

RONGUI

木目調のメガネケース

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とってもシンプルでおしゃれなメガネケース

落ち着いた木目調のメガネケースが欲しいという方にオススメのアイテムです女性、男性問わずに使いこなせるだけではなく、ビジネスシーンでも最適なアイテムと言えるでしょう。

 

ただ置いておくだけでインテリアとして大活躍してくれるかもしれませんね。女性へのプレゼントや、おしゃれなあの人へのプレゼントとしてもいかがでしょうか?

サイズ長さ約160mm、幅約52mm、高さ約35mm素材-
タイプハードタイプ

口コミを紹介

カバンの中でごつごつしないし、色目が明るく見つかりやすい。
レイバンの度付きグラスのケースがこわれたのでこれを買った。
オシャレ感は特にないが以前のものに比べて、使いやすくなった。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

EndMark

革職人がつくるソフトメガネケース

価格:3,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格レザー袋タイプのメガネケース

本革を使っているとってもおしゃれな本格仕様のメガネケース。両サイドを押すだけで開閉できるので、片手でも簡単にメガネを出し入れできるのです。

 

メイドインジャパンであるのと同時に、プロの革職人が作っているタイプでもあります。ちょっといいものをプレゼントしたいときにもおすすめですね。

サイズ横幅約8cm×縦17cm+入口マチ1.5cm素材本革
タイプソフトタイプ

口コミを紹介

3年使っていて、革が柔らかく使い勝手が良く耐久性も全く問題がなかったので、同じ色のグレーをもう一つ購入しました。私のように老眼鏡を着けたり外したり頻繫に行う人には良いと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BRUSH UP STANDARD(ブラッシュアップスタンダード)

コンパクト収納メガネケース

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とってもおしゃれなコルクタイプ

コルクタイプのメガネケースはおしゃれな方に大変おすすめしたいアイテムです。さらに大変スリムに収納ができるのも人気の高い理由の一つです。その薄さは驚異的で、折り畳めば厚さ1cmという驚異的な薄さになります!

 

さらに立体的な三角柱型なのでメガネを壊すことなく簡単に収納できるのです。またリーズナブルなお値段であるため、おしゃれなメガネケースをお得にゲットしたい方にも大変おすすめです。

サイズW12×H21素材コルク
タイプソフトタイプ

口コミを紹介

あまりの安さに、偽物だったらどうしよう…と思いましたが、頑丈かつ、ハゲる等の心配はなさそうです!とても安く購入できて嬉しく思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ZLYC-JP

ZLYCサングラスホルダー

価格:2,599円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とってもおしゃれなレザーのメガネケース

とってもおしゃれでハイクオリティなレザーのメガネケースです。サイズがゆったり目なので、サングラスケースとしても活用できます。お気に入りのメガネやサングラスを、レザーのアイテムで包んでおしゃれかつスタイリッシュに持ち歩きましょう。

 

自分用にはもちろん、ご友人や知人へのプレゼントとしても大変おすすめです。革の風合いが時間によって変化していくのを心ゆくまでお楽しみくださいね。

サイズ約17.5cm幅:約 7.5cm 高さ:約 5cm素材レザー
タイプソフトタイプ

口コミを紹介

色合いも良く,さりげなく使っていても注目度抜群です
強いて言わせて頂けるなら,レンズ保護の観点から,中に内張りがあった方が良いかもしれません

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

テーシーケース(Tccase)

メガネケース

価格:473円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とってもスリムで使いやすい

ハードタイプのメガネケースがほしいけれど、かさばるのはちょっと・・・とお悩みの方に大変おすすめな、スリムかつ頑丈なメガネケース。大き目のメガネでも斜めにすれば入りやすいとのこと。

 

丸みの帯びたシンプルなデザインであるため、女性はもちろん、大人の男性でも使いやすいと評判です。

サイズ高さ38×幅155×奥行き48mm素材スチール、ポリウレタン
タイプハードタイプ

口コミを紹介

男用メガネですが、小さくて入らない。と思ったら、斜めに入れると入りました。結果的に非常にコンパクトなのでお気に入りに。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

メイガン(Meigan)

メガネ屋さんが作ったこだわりメガネケース

価格:1,812円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロが考案したメガネケース

メガネを日頃から扱っているメガネ屋さんが作ったこだわりのメガネケース。シンプルなデザインと、大きな取り出し口、さらには上質な合成皮でステッチを施しているため、上品な仕上がりとなっています。

 

さらにはメガネに負担をかけないために、インナーには鼻あてをつけています。大切なメガネを守りたいと思っている方にはもちろんのこと、普段使っているメガネケースに何らかの不満があるならばぜひ試してはいかがでしょうか?

サイズW159×D62×H31素材アルミ・パルプ・ポリウレタン
タイプソフトケース

口コミを紹介

「ソフトケースはメガネを傷めやすいので」って事でした。自分の眼鏡がデカいので、電話の子機ぐらいある!我慢して使っていたが、コレを見つけました。大きさも問題ないし、鼻あて部分(真ん中)に芯があり、つぶれないように出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Meigan(メイガン)

メガネケース

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メガネが2本収納できるメガネケース

メガネが2本も収納できるとっても機能性の高いメガネケースですシーンによってメガネを使い分けたい方や、予備のメガネを持ち歩きたい方にも大変おすすめです。

 

メガネケースを何個も持ち歩くのが億劫だという方や、スペアを収納するためのメガネケースを探しているという方に大変おすすめです。磁石でくっつくタイプなので、きっちりと閉まるのも大変おすすめのポイントです。

サイズ157×82×41mm素材アルミ・ポリウレタン
タイプハードタイプ

口コミを紹介

思ったより小さくて良い。車にサングラスと度入り眼鏡を置いていますがケースが一つになり場所が節約できます。今度はPC用の度入りと無し用、度入り眼鏡とサングラス用に追加購入予定。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

テーシーケース(Tccase)

メガネケース

価格:382円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパもデザインも大満足!

あまりメガネケースにお金はかけたくないけれど、購入時のメガネケースではちょっと味気ない。なんて思っている方に大変おすすめなメガネケースがこちら。とてもシンプルでスタイリッシュなデザインのため、年齢を問わずに持ち歩けそうです。

 

本体の材質は丈夫なスチール製。開閉もバネ式でしっかりとメガネを保護してくれます。また、デザインもカラーバリエーションが豊富で自分の好みに合わせてチョイスできるという点も選ばれている大きなポイントだと言えそうですね。

サイズ高さ3.9×幅16.0×奥行き6.2cm素材ポリウレタン、スチール
タイプハードタイプ

口コミを紹介

シンプルなデザインですが、しっかりしてます。大満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

メガネケースの選び方

ランキングを参考にしても、自分に合ったメガネケースの選び方がわからないという方も多いのではないでしょうか?そこで最後はメガネケースの選び方をご紹介します。選び方のポイントや、選び方の基準を知れば、きっと理想的なメガネケースに出会えるはずですよ。

形状で選ぶ

まずはメガネケースの形状で選んでみましょう。メガネケースにはさまざまな形のものがあり、使い勝手も違ってきます。どのメガネケースが自分にとって使いやすいのか、考えながら確認してみましょう。

種類やデザインが豊富な定番の「ふた式タイプ」

使いやすいのはふた式タイプのメガネケースです。メガネを購入したときにも付いてくる一般的なタイプのメガネケースであるため、ビジネスシーンでもおしゃれなシーンでも使い勝手が良いようです。

 

そんなメガネケースであるため、販売されている品数も多く、バラエティもとっても豊か。ふた式タイプのメガネケースは使いやすいだけではなく、幅広い世代に人気であるため、プレゼントとしてもおすすめです。

メガネの出し入れが簡単な「オープンタイプ」

スムーズに眼鏡を出し入れできるものが欲しいのであれば、片手で左右を押すだけで開けられるメガネケースがおすすめです。

 

ワンタッチで開けられるため使い勝手もよく、作業中でもストレスなく眼鏡を出し入れできるのも、とってもおすすめなポイントです。さらにオープンタイプのメガネケースはスリムなタイプであるため、カバンの中にもスムーズに入れられます。

おしゃれなデザインが好きな方は「ロールタイプ」

おしゃれなデザインのメガネケースが欲しいならば、ロールタイプのメガネケースがとってもおすすめです。

 

眼鏡をくるくると巻くタイプのメガネケースは、出し入れはしにくくても、スタイリッシュでとってもおしゃれです。またシンプルデザインのものが多いので、大人な印象を与えてくれます。

あまり持ち運ばない方は「スタンド式」

メガネをあまり持ち運ばず、家やオフィスなどに置いておくことが多いという方は、スタンド式のメガネケースがおすすめです。立てた状態で置いておけるので、スペースをあまり必要としません。

 

また、ペンなども一緒に収納できるタイプが多いので、ペン立てや小物入れにも非常に役立ちます。

材質で選ぶ

続いてチェックをしていただきたいのは材質です。使い勝手や、どのようなシーンで使うメガネケースなのかをしっかりと確認することで、最適なメガネケースを選ぶことができます。ぜひご自身に合ったメガネケースを選ぶようにしましょう。

メガネをしっかりと保護したい方は木やアルミなどの「ハードタイプ」

丈夫なメガネケースを選びたいのであれば、ハードタイプのものがおすすめです。硬い材質でできており、衝撃に強く、落としてしまった場合でも傷がつくにくいです。また、外出先で使う場合や、カバンの中でぐちゃぐちゃになるのが嫌だという方にもおすすめです。

コンパクトに収納したい方は革などの「ソフトタイプ」

柔らかい素材でできたソフトタイプのケースのメリットは、軽くて持ち運びがしやすいという点にあります。外出先でも気軽に使えるため、おしゃれでスマートなアイテムが欲しいという方に大変おすすめです。

 

また、メガネを普段はかけているけれど、念のためにケースを持ち歩きたい!なんていう方にも、カバンの中でコンパクトに収まるソフトケースがとてもおすすめです。

デザインで選ぶ

普段持ち歩くのであれば、デザイン性を重視するのは大切なことです。とてもスタイリッシュなものでもいいですし、かわいいものでもいいでしょう。中にはおもしろいデザインのものもあります。どれがいいか、よく考えてチョイスしてみましょう。

ビジネスシーンにも使用したい方は「スタイリッシュ」

おしゃれに持ち歩きたいのであれば、スタイリッシュなメガネケースがとってもおすすめです!大人ならば、落ち着いたシックなデザインのものがいいでしょう。ソフトタイプのものであれば、スタイリッシュで持ち運びもしやすいのでおすすめです。

 

さらにメガネの取り外しを頻繁にする、ビジネスシーンでも使いやすいタイプと言えるでしょう。

おしゃれさもかわいさも重視したい方には「かわいい」タイプ

デザイン性に優れたかわいいタイプのメガネケースもあります。アンティーク風の柄や、アニマル柄などどれにしようか迷ってしまいますね。中には形自体がとてもおしゃれなものもあります。自分にあったデザインや絵柄を選ぶのも楽しいですね。

個性的なメガネケースが欲しい方は「おもしろい」タイプ

ウケを狙うのであればおもしろいデザインのメガネケースを選んではいかがでしょうか?学校や会社で使えば注目のまとになること間違いなしです。

 

おもしろいデザインのメガネケースの他にも、思わず二度見してしまうような驚愕のデザインまで。さまざまなシリーズを揃えても楽しいかもしれませんね。

付属機能で選ぶ

せっかくメガネケースを購入するのであれば、そこに付いている付属機能で選んではいかがでしょうか?機能性をしっかりと重視することでとても良い買い物ができるはずです。メガネケースの機能以外の点を一度考えてみましょう。

オフィスなどにメガネを置いておく方は「ペン立て」付き

メガネをあまり持ち歩かないという方は、ペン立て付きのメガネケースがおすすめです。持ち運びには不便かもしれませんが、オフィスやデスクに収納するメガネケースとしては十分な機能を発揮してくれます。

 

メガネも収容できるペン立てについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、こちらも併せてご覧ください。

汎用性が高い「小物入れ」にも使えるタイプ

メガネケースだけではなく小物入れとしても活用できるものがおすすめです。メガネケースだけではなく、小物入れやペンケースとして活用できればとてもいいですよね。メガネケース選びに悩んでいる方は、他の使い方もできないか考えてはいかがでしょうか?

水場に持っていくことが多い方には「防水機能」

メガネケースには防水機能がついているものもあります。メガネ自体は水に濡れてもほとんど問題はありませんが、メガネケースは素材によっては濡れてしまうと耐久力が落ちてしまう場合もあります。

 

最近のメガネケースは、完全防水機能が付いているものだったり、水を弾く素材が付いていたりします。自分の使い勝手や、どのようなシーンで持ち運ぶのかを考えながら選ぶと良いでしょう。

メガネの保護を重視したい方はアルミ製など「衝撃に強いタイプ」

高級なメガネを守りたいのであれば、とても衝撃に強いタイプのものを選んではいかがでしょう。ハードタイプのものであっても、さらに強固な衝撃に強いタイプのものもあるのです。

 

ただのハードタイプのメガネケースでは不安という方や、大切なメガネをなんとか守りたいという方は、衝撃に強いタイプやアルミ製のしっかりとしたタイプを選んではいかがでしょうか?

メガネケースの「サイズ」はメガネに合わせて選ぼう

メガネケースを選ぶ際には、ケースのサイズもしっかりとチェックしましょう。ケースが小さすぎると、収納したときにメガネが変形してしまう恐れがあります。また、サイズがあまりにピッタリすぎると、出し入れの際に傷つけてしまう可能性もあります。

 

そのため、メガネケースのサイズはメガネを出し入れしやすいように、少しゆとりがあるサイズを選ぶことをおすすめします。

「高級ブランド」のメガネケースもおすすめ

メガネケースは安くて使いやすいものもありますが、本格的な革でできた高級ブランドのメガネケースもあります。高級ブランドのメガネケースであれば、長く愛用できるだけでなく、おしゃれアイテムやプレゼントにも使えます。

 

この記事でもButtero(ブッテーロ)やブリットハウスといった、1万円以上する高級ブランドのメガネケースを紹介しているので、ぜひブランド名もチェックしてみてください。

メガネケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5171114の画像

    テーシーケース(Tccase)

  • 2
    アイテムID:5670803の画像

    Meigan(メイガン)

  • 3
    アイテムID:5171227の画像

    メイガン(Meigan)

  • 4
    アイテムID:5171249の画像

    テーシーケース(Tccase)

  • 5
    アイテムID:5171292の画像

    ZLYC-JP

  • 6
    アイテムID:5171327の画像

    BRUSH UP STANDARD(ブラッシュアップスタンダード)

  • 7
    アイテムID:5171376の画像

    EndMark

  • 8
    アイテムID:5171404の画像

    RONGUI

  • 9
    アイテムID:5171451の画像

    メイガン(Meigan)

  • 10
    アイテムID:5171484の画像

    茶谷産業

  • 11
    アイテムID:5171507の画像

    メイガン(Meigan)

  • 12
    アイテムID:5171528の画像

    メイガン(Meigan)

  • 13
    アイテムID:5171536の画像

    ブリットハウス

  • 14
    アイテムID:5171723の画像

    KKD

  • 15
    アイテムID:5171742の画像

    Buttero(ブッテーロ)

  • 商品名
  • メガネケース
  • メガネケース
  • メガネ屋さんが作ったこだわりメガネケース
  • メガネケース
  • ZLYCサングラスホルダー
  • コンパクト収納メガネケース
  • 革職人がつくるソフトメガネケース
  • 木目調のメガネケース
  • メガネケース
  • メガネスタンド
  • MOSSA
  • メガネケース ウレタン
  • メガネケース
  • 三角折りたたみデニム調
  • メガネケース 円柱型
  • 特徴
  • コスパもデザインも大満足!
  • メガネが2本収納できるメガネケース
  • プロが考案したメガネケース
  • とってもスリムで使いやすい
  • とってもおしゃれなレザーのメガネケース
  • とってもおしゃれなコルクタイプ
  • 本格レザー袋タイプのメガネケース
  • とってもシンプルでおしゃれなメガネケース
  • レザー風のセミタイプケース
  • 自宅で使うのにおすすめ!
  • 高見えメガネケース
  • ウレタン素材のメガネケース
  • 高級コードバンを使用したメガネケース
  • デニムタイプのとってもかわいいメガネケース
  • とってもおしゃれな筒型のメガネケース
  • 価格
  • 382円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1812円(税込)
  • 473円(税込)
  • 2599円(税込)
  • 790円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 676円(税込)
  • 2813円(税込)
  • 460円(税込)
  • 299円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 680円(税込)
  • 10963円(税込)
  • サイズ
  • 高さ3.9×幅16.0×奥行き6.2cm
  • 157×82×41mm
  • W159×D62×H31
  • 高さ38×幅155×奥行き48mm
  • 約17.5cm幅:約 7.5cm 高さ:約 5cm
  • W12×H21
  • 横幅約8cm×縦17cm+入口マチ1.5cm
  • 長さ約160mm、幅約52mm、高さ約35mm
  • W15.6×D6.2×H3.9cm
  • 約W14.5×D6×H11cm
  • W180×D3×H82
  • 178×62×53mm
  • 横165 x 縦80 x 厚さ35mm
  • 縦約67mm 横約160mm 厚さ約15mm
  • 横約15.5cmm 縦約4.9cm 高さ約3.8cm
  • 素材
  • ポリウレタン、スチール
  • アルミ・ポリウレタン
  • アルミ・パルプ・ポリウレタン
  • スチール、ポリウレタン
  • レザー
  • コルク
  • 本革
  • -
  • 合革
  • -
  • ポリウレタン、内張:PVC、ポリエステル
  • ウレタン
  • コードバン
  • デニム
  • レザー
  • タイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ソフトケース
  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ
  • ソフトタイプ
  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ
  • セミハードタイプ
  • スタンドタイプ
  • ソフトタイプ
  • セミハードタイプ
  • ソフトタイプ
  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ

メガネケースの取り扱いには気を付けよう!

メガネはメガネケースに入れることで、ほとんどの傷や汚れから防ぐことができますが、メガネケースの取り扱い方によっては、入れているメガネまで影響が及ぶ可能性があります。

 

まず、ソフトタイプのメガネケースを使っている方は、移動中などにうっかりつぶしてしまわないように注意する必要があります。また、メガネケースを火のそばや車内に放置することは控えましょう。メガネケースだけでなく、メガネまで変形する恐れがあります。

 

以上のように、メガネケースに入れているからといって安心せず、メガネケースの取り扱いにも気をつけてくださいね

まとめ

おすすめのメガネケースについてご紹介しましたがいかがでしょうか?メガネケースはたくさんの種類がありますので、どれがいいのか悩んでしまいますよね。自分の好みや使い勝手に合ったメガネケースをぜひ選んで、眼鏡ライフを満喫してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ