さらにおいしく!精米機の人気おすすめランキング15選【2019最新版】

記事ID6078のサムネイル画像

お米も野菜と同じで鮮度が食味を左右します。唯一野菜と違う処は、お米は玄米を精米した時点で劣化が速まる点です。品種、保存方法、炊飯の仕方それぞれ大事ですが、やはり精米したてのお米の美味しさは格別です。そんな精米機をランキングで紹介します。

精米仕立ての「新鮮なお米」を食べる贅沢

お米は野菜と一緒で鮮度があります。特に白米は玄米と違い、精米をした時点で酸化作用が働き、食味も時間と共に下がっていきます。産地の農家のお米が美味しいのは、実は精米したてのお米を食べていることもあるんです。

 

ほんとうに美味しいお米を食べたい人は、ひと手間かけて玄米を自分で精米してみましょう。健康志向の昨今、手軽に少量から精米できる家庭用の精米機が多数あります。今回はそのなかから、人気の家庭用精米機を精米量精米コースの種類消費電力などを比べてランキングしました。毎日美味しいお米を食べれる精米機、ぜひご参考になさってください。

精米機おすすめランキング15選

15位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

BT-AF05-HA   

価格:28,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧力をかけてじっくり循環

本格的なお米屋さんの大型精米機の方式に近い、圧力循環式の精米機で、2合から5合と丁度良い量の白米ができます。つき方も3分づきから5分、7分と段階を選べ、古くなったお米や、市販のお米でも表面を軽く削る「白米フレッシュ」で旨味も再生します。また、本体の押しボタンで操作も簡単にできます。

 

5合の玄米を白米にするのに約6分、玄米から無洗米までを約8分と速いスピードで仕上げます。何度もゆっくりと循環して精米するために、お米の温度が上がりにくく酸化せずに、割れ米も少ないのが特徴です。お手入れも付属のブラシで隅々まで掃除ができます。

 

 

精米量2~5合無洗米対応
精米方式圧力循環式幅×高さ×奥行150×380×405mm
重量10.5kg消費電力290W

口コミを紹介

3代目の米ひき機です。ご飯を炊く前に玄米をひくと、とてもおいしいです。精米を買うと米本来のおいしさが日とともに味が落ちていきます。玄米さえあれば何時でもつきたてが食できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

タイガー魔法瓶(TIGER)

RSE-A100-CU

価格:15,129円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

羽を増やし精米時間がアップ

タイガー魔法瓶のかくはん式精米機です。1~5合を精米でき、以前のモデルに比べ、かくはんする際の羽の枚数を4枚に増やしたため、玄米から白米へが約3分、白米から無洗米へは約5分と精米スピードがアップしました。

 

また、つまみを左右に動かすだけで3分、5分、7分つきの微調整ができるほか、胚芽米無洗米にも対応し健康志向の方には、毎日栄養満点のお米が食べられ人気があります。本体には取っ手も付いていて、持ち運びも便利にできます。

精米量1~5合無洗米対応
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行282×240×226mm
重量3.4kg消費電力(50/60Hz) 260W

口コミを紹介

思っていたより、静かです!しかし、ぬかがこんなに出るとは思いませんでした!総合的には、引き立ての米で美味しいので100点です
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

RCI-A5

価格:12,165円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自開発の特殊な形状の網でぬか切れ抜群

こしひかり、あきたこまち、ゆめぴりか、ひとめぼれなどの皆さんも一度は名前を聞いたことのある、日本の代表なお米を精米ごとに微調整する銘柄指定機能のついた、アイリスオーヤマの精米機です。精米方式もかくはん式で、お米に熱が加わらず美味しさが長持ちします。

 

また、独自開発の特殊な形状の網により糠を残さずしっかり磨き上げます。操作もワンタッチで簡単に3分、5分、7分づきを選べ胚芽米純白米にも対応、そして無洗米にも加工ができます。さらに、古いお米も軽く削り再び旨味を取り戻す「白米磨きモード」も付いていて、日にちの経ったお米も旨味がよみがえります。

精米量1~5合無洗米対応
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行212×223×287mm
重量3.4kg消費電力330W

口コミを紹介

何時も農家の方から30キロ6千円で買ってました。米を引きに行くのが大変なので、食べる分だけ精米出来るので、買って良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

山善(YAMAZEN)

YRP-51

価格:12,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善の圧力式精米機 簡単ダイヤル付き

山善の圧力式精米機です。シューターに投入された玄米を圧力をかけ一気につき上げます。そのため、お米に負荷が掛かりにくく砕米が少なく綺麗なお米ができます。操作も簡単にできるダイヤル調整で3~7分づきを段階的に選べます。

 

 

白米を綺麗に精米や分づき米のほかに、古くなったお米の表面を磨くリフレッシュ機能も付いていて、いつでも新鮮なお米が食べられます。特殊な工具やメンテナンスはいらず、お手入れも簡単にできます。重量は7kgとやや重めですが、その分しっかりと美味しいお米に仕上がります。

 

 

 

精米量5合無洗米-
精米方式圧力式幅×高さ×奥行160×344×324mm
重量7kg消費電力(50/60Hz) 210/220W

口コミを紹介

糠と精米が、別々の容器に出て来るので使用後の手入れが簡単なのがポイントです。
値段も、他と比べ廉価なのも嬉しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

サタケ

RSKM5D

価格:25,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お米設備専門メーカーの精米機

業務用の精米機、色彩選別機、湿式無洗米機等の製造製造販売を手掛ける、業界大手のサタケの家庭用の精米機です。お米に拘った大手専門メーカーの信頼できる技術を発揮し、精米も丁寧に旨味を上手に残して仕上げます。

 

かくはん式の精米機で、1~5合まで細かく分けて精米でき、好みに応じて3,5,7分つきを選べます。さらに美味しくお米を精米する技が、精米スクリーンといわれる筒にもあり、下の部分が狭く上にかけて広がっているため、圧力が掛かりやすく綺麗に仕上がります。また、ボタンも精米量白米分づき米の選択ON/OFFの3つとシンプルで簡単に操作がきます。

精米量1~5合無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行190×300×210mm
重量3.4kg消費電力400W

口コミを紹介

以前使っていた某メーカーのものが壊れたので求めました
よく考案されて使い勝手良い精米機です
重宝しています

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

山本電気

YE-RC41W  

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで11種類の精米モード

山本電気かくはん式精米機の改良型です。新型のはねで、5合の精米を2分30秒で実現できるようになりました。気になる精米時の音も遮音パッキン振動吸収設計で軽減されているので、置く場所を選ばずいつでも精米できます。

 

精米も2分~8分づき胚芽米に上白米無洗米まで合計11種類のつき方が、ワンタッチボタンで細かく設定できます。前回の精米設定を記憶するメモリー機能は毎回設定をせずにすぐにいつもの精米ができとても便利です。さらに分つき米、胚芽精米、ぬかなどのレシピも付いていて、初めて精米機を使う方にもおすすめです

 

 

精米量1~5合無洗米対応
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行200×235×307mm
重量3.7kg消費電力250W

口コミを紹介

いつも30キロ抱えて精米に行ってましたが、必要な分だけ、わずか2分ほどで精米できるのでとても楽ちんです。
買ったのが、ちょうど筍シーズンでぬかもでき、購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

タイガー魔法瓶(TIGER)

RSF-A100 

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かくしカットで美味しいやわらか玄米

炊飯器でも有名なタイガーの精米機です。お米のことにより詳しいメーカーならではの、工夫のされた4枚はねのついたかくはん式です。DCモーターを使った「変則かくはん式」は3段階の速度調整でお米への負荷を軽減します。

 

もち米古米みがきやわらか玄米など10種類の精米コースを選べ、特にやわらか玄米コースは玄米の表面に細かいキズをつけ「かくしカット」を入れることにより、浸水効率を高め栄養価は玄米と同じでより美味しいお米が出来上がります。

 

お手入れもしやすい工夫がされていて「一体取出しぬかボックス」でお掃除も簡単にできます。また、持ち運びが便利な取っ手が付いている他にもコードが本体に収納でき邪魔になりません。

精米量1~5合無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行227×236×301mm
重量3.6kg消費電力300W

口コミを紹介

操作は簡単ですし使用後の機械の洗浄も苦になりませんでした。
まだ古代米の磨きしか使ってませんが美味しく感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ツインバード工業(Twinbird)

MR-D572W

価格:8,434円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツインバード工業のシンプル精米機

ツインバード工業のシンプルなタイプの精米機です。方式はかくはん式で、2枚のはねを使用してゆっくと精米します。そのため精米時のお米同士の摩擦が抑えられ熱が少なく、酸化がしにくいお米が出来上がります。

 

精米モードも白米と、栄養価の高い胚芽部分を残した胚芽米、古くなったお米を磨き鮮度を蘇らせる白米みがきモードとさらに、白度の調整ができる追加精米モードの4種類あり好みに合わせて選べます。精米量も1~4合と他の精米機より若干少ない分コンパクトで、消費電力も175Wと電気代も掛かりません。 

精米量1~4号無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行195×240×260mm
重量3.0kg消費電力175W

口コミを紹介

入金して速攻の到着でした。
すぐに使ってみました。
音も小さいし、ほんと購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

サタケ

RSKM300

価格:11,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お米専門メーカー サタケの精米機

業務用の大型精米機、色彩選別機から無洗米機まで、一式全てを扱う大手専門メーカー「サタケ」の家庭用精米機です。お米専門メーカーの製品だけに、家庭用といえども本格に近い性能と品質が味わえます。

 

かくはん式の精米方式で、玄米1~5合を白米から胚芽米までの「量」「白さ」を調整しながらワンタッチっで精米できます。設定も簡単で音でお知らせする機能が付いていたり、点字表示もされていたりと使いやすい設計がされています。また、精米部分の取り外しができ持ち運びもできます。

 

 

精米量1~5合無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行177×239×287mm
重量3kg消費電力280W

口コミを紹介

低価格で玄米が、白米&胚芽米が1合~5合が、およそ5分で精米出来て、毎日美味しい

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

BR-WA10

価格:26,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1升まで精米可能 大容量を一気に精米

本格精米の圧力式でお米を擦りながら、傷を付けずにぬかを取り除く精米機です。3分付きから上白米まで15段階から選べ、設定もタイマーで簡単にでき、センサーで自動に精米終了してくれるとても便利な機能が付いています。

 

また、古くなったお米を表面を軽く削り、再び鮮度を蘇らせる「白米フレッシュ」コースもついています。1合から10合(1升)まで精米できる大型タイプで、お米をたくさん消費する方にピッタリの精米機です。

精米量1~10合(1升)無洗米-
精米方式圧力式幅×高さ×奥行210x400x435 mm
重量11kg消費電力255W

口コミを紹介

以前使っていた 山本電気製の精米機が突然故障し 急遽 機種選定し 購入
大きさは 一升まで可能という事で 以前のものより一回りおおきいですが 2〜3週間に1度 5kgをまとめて精米するので その時だけ出してきて使用するため問題なし
音は以前のものより若干静か 動作させながらどうにか会話が出来る程度
糠の取り出しはカップから回収するため 随分楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

山本電気

MB-RC52B

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和の有名料理人監修の精米機

あの和食の有名料理人監修の精米機です。方式はかくはん式で特許技術「モータのマイコン制御」による特殊な方法で、始めに高速で一気に玄米からぬかを落とし、つぎにモーターの速度を中速にゆるめ最後は低速で丁寧にお米を仕上げます。こうすることで、お米に余分な負荷が掛からず劣化しにくい高品質なお米が出来上がります。

 

好みに応じて白米胚芽米そしてみがき米2~8分米までモードが選べます。さらに精米時間も速く、4枚のはねを使い、玄米5合を2分30秒であっという間に白米にできます。透明の蓋で精米の様子が分かり、好みに応じて目で見てつき具合も調整できます。

精米量1~5合無洗米対応
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行 200×238×274mm
重量 3.1kg消費電力300W

口コミを紹介

精米器はどれも同じと思っていました。その認識を大きく覆してくれました。米自体に熱を持たず、白米も胚芽米も大変美味しくいただいています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

RCI-B5 

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の代表的なお米40銘柄を指定して精米

家電から生活雑貨など様々な製品を製造販売するアイリスオーヤマの精米機です。1~5合までを精米できるかくはん式で、日本の代表的なお米40銘柄を指定して、そのお米の特徴に合った精米が個別にできる画期的な精米機です。

 

精米コースも白米純白米白米みがき3,5,7分づきが可能で、無洗米もできます。さらに、精米かごにはお米工場でも使用されている「ディンプルメッシュ」構造の特殊な加工がされていて鮮度と旨味を保つ工夫がされています。

 

 

精米量1~5合無洗米対応
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行210×226×308mm
重量3.6kg消費電力250W

口コミを紹介

思ったより静かで、精米が終わると自動で止まります。
つきたてのお米だとおかずも美味しく感じられます!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エムケー精工株式会社

SMH-200W 

価格:7,465円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

0.5合から精米できる超小型精米機

0.5合から精米ができる超小型の精米機です。小型タイプの精米機はMK工業の製品が多く、細かい機能も工夫され使いやすくなっています。0.5合~2合までの玄米を3分~上白米まで0.5刻みにダイヤルで調整できます。

 

また、精米量も自動にセンサーで認識して精米するので、軽量の手間も省けます白米リフレッシュ機能で古くなったお米を削り、風味と旨味を再生します。毎日つきたてのお米を食べたい方に、ちょっとひと手間掛けるだけでつきたての新鮮なお米が食べられます。

精米量05~2合無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行135×30×175mm
重量 2kg消費電力190W

口コミを紹介

毎日土鍋で2合のご飯を炊くので、少量サイズのこの精米機がぴったりです。
無農薬の玄米を使っているので、出た糠を糠床に使っています。とても美味しい糠床になりこちらも大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

BT-AG05

価格:30,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格により近い圧力循環式

お米屋さんの本格的な精米機により近い「圧力循環式」です。お米同志をすり合わせ、抵抗棒を出し入れし、圧力を掛けながら精米を繰り返しより上質なお米が出来上がります。また、精米度センサーによって精白の度合いを感知し、より正確に設定されたつき具合に仕上げます。

 

精米コースも豊富で、上白米白米3~7分胚芽米に古くなったお米を再度磨き上げる白米リフレッシュや、玄米白米どちらからでもできる無洗米コースがワンタッチで選べす。特徴の一つにサイクロン方式が採用されていて、精米しているときに出るぬかを強制的に吸引し、出来上がりのお米もぬか切れの良い美味しいお米になるようにひと手間掛かっている点が挙げられます。

   

精米量2~5合無洗米対応
精米方式圧力循環式幅×高さ×奥行155×380× 405mm
重量10kg消費電力310W
1位

ツインバード工業(Twinbird)

MR-E520W

価格:8,570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて精米機を使う方におすすめ

シンプルで使いやすい点が人気の、ツインバード工業のかくはん式精米機です。アナログダイヤルでモードで設定がしやすく、初めて精米機を使う方でも簡単に操作ができます。精米コースも白米に、3,5,7分づき胚芽米に古くなったお米の表面を削る白米みがきコースと種類も好みに合わせて選べ、玄米4合を約5分で白米に仕上げます。

 

また、ぬかボックス付け忘れ防止構造で蓋を付けないと作動しなかったり、ふたを外すと自動停止したりと安全面での機能も充実し、お手入れもぬかボックスと精米かごが一緒に取出せるので分解清掃が手軽にできます。

精米量1~4合無洗米-
精米方式かくはん式幅×高さ×奥行195×235×265mm
重量3.3kg消費電力175W

口コミを紹介

簡単に精米できるので満足しています。通販で30kgまとめて購入するので、白米だと味が落ちてしまい今回思い切って購入しました。大正解です。うるさいとのコメントがありましたが、4分ぐらいですのであまり気にならないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

精米機の選び方

小型で便利な精米機ですが大きさ精米量、精米できるお米の種類など細かく分かれており、しかもメーカーによっても違いがあります。ここでは、より使いやすい精米機を選ぶための目安となるポイントをご紹介します。

精米方式の違い

小型の精米機も精米の方式によって違いがあります。部品が少なく手入れもしやすかったり、複雑な造りでより本格的なタイプだったりと、それぞれの精米機の特徴を良い点と悪い点を含めて説明します。

かくはん式

価格帯は1万円前後のものが多く、種類もいろいろとあり構造もシンプルで比較的部品が少ないのが特徴です。精米方法は、羽根の付いたかくはん棒を回転させて、玄米同士の摩擦によって表面のぬか層を取り除く精米方式です。

 

メリットは、お米の温度上昇が抑えられることによって、酸化がしにくくお米の劣化を抑えられる点と部品が少ないので、分解清掃が容易にできる点が挙げられます。また、比較的コンパクトで軽量なものが多く、値段も手ごろなところが人気です。

 

デメリットとしては、摩擦により砕米といったお米が砕けてしまう点があります。砕米は炊き上がりがベシャっとしがちで上手くふっくらと炊けません。また、精米中の音が大きいものもあり、時間帯に気を付けなければならない場合もあります。

 

 

 

 

圧力式

圧力式の精米機も、かくはん式に比べて数は少ないですが人気はあります。精米の方法も、お米をシューターという筒状の部分に投入し、内部の回転軸によって米を移動させお米の摩擦によってぬかを取り除きます。

 

メリットとしては、シューターに1回通すだけなので、お米が割れにくく砕米が少なく正粒の割合が多い点と、ぬかをキッチリ取り除きくぬか切れの良さが挙げられます。また、精米時の音も静かなモデルが多いのが特徴です。

 

デメリットとしては、精米時間が5合で約10分と時間が掛かる点と、精米する際の摩擦熱による酸化が挙げられます。また、構造上部品が多めで複雑な分お手入れの手間が掛かります。値段も2万円前後のものが多く高めです。

圧力循環式

圧力式の中でも一度精米したお米を、さらに循環させる精米機です。圧力ゆっくりと掛けることにより、お米が割れる砕米が少なくぬか切れも良く熱もそれほど上がらないため、お米の酸化を防げるといったメリットがあります。

 

ただ、その分精米時間が長く、仕組みもより複雑で分解清掃に手間が掛かります。機械自体も大型のものが多く値段も2,3万円~と高額になります。より美味しいお米を追求したい方などにはおすすめの精米機です。

精米量で選ぶ

精米機を選ぶ際には、一度に精米できる量にも注目しましょう。一日および一週間でどの位お米を食べるのか、どの位の頻度で精米をするかを考慮して選んでみて下さい。精米機で多いのは1~5合を一度に精米できるタイプです。中には1升を精米できるタイプもあり、たくさんお米を消費する方にはおすすめです。

精米コースの種類で選ぶ

昨今の健康ブームで玄米を食べる人も増えてきていますが、健康は気になるけれどもう少し食感のある柔らかいご飯が食べたい、といった人に人気のあるのが分づき米(3~7分づきなど)胚芽米です。家庭用の小型精米機は好みに合わせてつき加減も調整でき、機種によっては精米の状態を透明な蓋で見ながら精米できとても便利です。

 

また、古くなったお米の表面を薄く削り鮮度を蘇らせるコースや、もう一度つきたいときに再度精米できる機能もあると助かるります。さらに無洗米コースは、最近ブームのお米を洗わずに軽くゆすぐだけで手間が掛からず炊飯ができとても便利です。精米機によっては、これらの精米コースが細かく設定できますので選ぶ際のポイントにしてみてください。

 

その他のポイント

精米機を選ぶ際の主なポイントをご紹介しましたが、その他にも気を付けておきたいポイントはいくつかあります。これから精米機の購入をご検討のかたはこちらもご参照に。

大きさ

基本的にかくはん式は小型のものが多く重量も3Kg前後の精米機が殆どです。コンパクトな精米機はキッチンにも置くことができ、手軽にいつでも精米ができます。一方で圧力式または圧力循環式は、複雑な仕組みで部品も多く重量も7~10Kgと重いのが特徴です。

精米時の音

かくはん式はお米同志を摩擦させるため音が大きくなる傾向があります。もちろん最近では様々な工夫がされ、音の小さいかくはん式精米機もあります。また、圧力式や圧力循環式精米機は比較的に音が静かなものが多いとされています。性能や外観などは目に見えて分かりやすく、判断しやすいのですが、実際の精米時の音は分かりにくいものです。購入の際は、できれば精米を実演しているものを見て判断したいですね。

美味しいお米を食べるコツ

精米したての美味しいお米を食べるためのポイントはいくつかあります。まず、精米したてのお米は熱がありますので、しっかりと冷ましてから炊飯しましょう。内部の熱によってふっくらとしたご飯になりにくく、美味しいご飯ができません。

 

精米機のお手入れはこまめにしましょう。特にぬかボックスや、網に付着したぬかは丁寧に取り除くことによって、精米の度合いが高まりぬか切れの良い綺麗なお米に仕上がります。また、玄米には石が混入している場合もあるので、はねや、網など機械内部が損傷する場合もあるのでマメに分解して点検もしましょう。

精米機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5162201の画像

    ツインバード工業(Twinbird)

  • 2
    アイテムID:5162273の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • 3
    アイテムID:5162211の画像

    エムケー精工株式会社

  • 4
    アイテムID:5163646の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:5162181の画像

    山本電気

  • 6
    アイテムID:5162287の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • 7
    アイテムID:5164331の画像

    サタケ

  • 8
    アイテムID:5165990の画像

    ツインバード工業(Twinbird)

  • 9
    アイテムID:5163662の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 10
    アイテムID:5163672の画像

    山本電気

  • 11
    アイテムID:5163676の画像

    サタケ

  • 12
    アイテムID:5164363の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 13
    アイテムID:5168937の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 14
    アイテムID:5164371の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 15
    アイテムID:5163655の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • 商品名
  • MR-E520W
  • BT-AG05
  • SMH-200W 
  • RCI-B5 
  • MB-RC52B
  • BR-WA10
  • RSKM300
  • MR-D572W
  • RSF-A100 
  • YE-RC41W  
  • RSKM5D
  • YRP-51
  • RCI-A5
  • RSE-A100-CU
  • BT-AF05-HA   
  • 特徴
  • 初めて精米機を使う方におすすめ
  • 本格により近い圧力循環式
  • 0.5合から精米できる超小型精米機
  • 日本の代表的なお米40銘柄を指定して精米
  • 和の有名料理人監修の精米機
  • 1升まで精米可能 大容量を一気に精米
  • お米専門メーカー サタケの精米機
  • ツインバード工業のシンプル精米機
  • かくしカットで美味しいやわらか玄米
  • ワンタッチで11種類の精米モード
  • お米設備専門メーカーの精米機
  • 山善の圧力式精米機 簡単ダイヤル付き
  • 独自開発の特殊な形状の網でぬか切れ抜群
  • 羽を増やし精米時間がアップ
  • 圧力をかけてじっくり循環
  • 価格
  • 8570円(税込)
  • 30300円(税込)
  • 7465円(税込)
  • 10584円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 26873円(税込)
  • 11916円(税込)
  • 8434円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 25960円(税込)
  • 12900円(税込)
  • 12165円(税込)
  • 15129円(税込)
  • 28980円(税込)
  • 精米量
  • 1~4合
  • 2~5合
  • 05~2合
  • 1~5合
  • 1~5合
  • 1~10合(1升)
  • 1~5合
  • 1~4号
  • 1~5合
  • 1~5合
  • 1~5合
  • 5合
  • 1~5合
  • 1~5合
  • 2~5合
  • 無洗米
  • -
  • 対応
  • -
  • 対応
  • 対応
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 対応
  • -
  • -
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 精米方式
  • かくはん式
  • 圧力循環式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • 圧力式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • 圧力式
  • かくはん式
  • かくはん式
  • 圧力循環式
  • 幅×高さ×奥行
  • 195×235×265mm
  • 155×380× 405mm
  • 135×30×175mm
  • 210×226×308mm
  • 200×238×274mm
  • 210x400x435 mm
  • 177×239×287mm
  • 195×240×260mm
  • 227×236×301mm
  • 200×235×307mm
  • 190×300×210mm
  • 160×344×324mm
  • 212×223×287mm
  • 282×240×226mm
  • 150×380×405mm
  • 重量
  • 3.3kg
  • 10kg
  • 2kg
  • 3.6kg
  • 3.1kg
  • 11kg
  • 3kg
  • 3.0kg
  • 3.6kg
  • 3.7kg
  • 3.4kg
  • 7kg
  • 3.4kg
  • 3.4kg
  • 10.5kg
  • 消費電力
  • 175W
  • 310W
  • 190W
  • 250W
  • 300W
  • 255W
  • 280W
  • 175W
  • 300W
  • 250W
  • 400W
  • (50/60Hz) 210/220W
  • 330W
  • (50/60Hz) 260W
  • 290W

まとめ

最近では健康ブームから自分でお米を精米する人が増えています。その時の体調や気分で精米具合を微調整でき、精米したての新鮮な美味しいお米がいつでも食べれるます。ただ、ご紹介したとおり精米機と言っても精米方法精米量や、精米コースなど色々とあります。精米機ランキングなどご参考に、ぜひ自分に合ったベストな精米機を選んでみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ