【失敗しない】初心者にもおすすめできるfx会社人気ランキング4選

【失敗しない】初心者にもおすすめできるfx会社人気ランキング4選
会社勤めの副業として人気が高いfxを始める場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です。fx会社によって取引ルールが異なるため、よく考えずに選ぶと損をします。この記事では、これからfx会社を選ぼうとしている方向けに選び方やおすすめのfx会社を紹介しています。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

fx会社選びで検討すべきポイントは多い

副業でfxを始めたいと考えている会社勤めの方は結構多いものです。副業とはいってもfxは投資にあたり、金融商品を購入することで利益が得られます。当然、儲かることもあれば損をしてしまうリスクも含んでいます。

 

投資の中でfxは比較的少ない資金でも始められるため、始めようと思う方が多いようです。また、手法によっては、常時相場を見張らなくても取引を自動化する方法があるため、日中は拘束時間が多い会社勤めの方でもやりやすいという面もあります。

 

そんなfxですが、始めるときはサービスを提供する会社選びが重要になります。会社によって取引条件が異なるため、自分に合ったfx会社を選べば、手数料などで損をせずにすみます。ぜひこの記事を参考にfx会社を選んでみてください。

fx会社の選び方

fx会社を選ぶ上で見るべきポイントをご紹介します。

手数料で選ぶ

fxでかかる手数料は基本的に損になるものです。できるだけ手数料が安いfx会社を選びましょう。次では、fxの手数料に関する部分を説明します。

「スプレッドが狭い」fx会社がおすすめ

スプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことです。たとえば、米ドル/日本円のレートで考えたとき、買値が1ドル100.8円で売値が1ドル100.5円だったとします。この場合、スプレッドは0.3銭です。

 

1ドルだけ買って、レートが変わらないうちにすぐ売った場合、100.8円で買ったものを100.5円で売っているので、0.3銭のスプレッド分を損しています。そのため、fxをするときは、スプレッドが広いほど買うときの損が多く、狭いほど利益が出やすいわけです。

 

とはいえ、単位が「銭」なので大したことがないと感じる方もいるでしょう。しかし、実際にfxをするときは、通貨をロット単位でまとめて購入するため、意外と費用がかさみます。スプレッドが広いと損になるのは間違いないです。

 

スプレッドをもっと詳しく知りたい方は以下のリンクも参考にしてみてください。

入出金や取引の手数料が無料

fxをするときにかかる手数料は、安い方が手元に残るお金が多くなります。fxでかかる主な手数料は、スプレッドを除けば取引手数料と入出金手数料の2つです。売買のときに発生する取引手数料は、無料にしている会社が多いため、基本的にはあまり気にする必要はありません。

 

入出金手数料は銀行口座とfx口座の間でお金を移動させるときに発生する料金です。銀行振込でfx口座に入金した場合、基本的には振込手数料が発生します。さまざまなfx会社がありますがスプレッド以外の手数料はかからないところは多いので、始めるなら手数料が無料のfx会社を選んだ方がお得です。

クイック入金に対応している

クイック入金に対応しているfx会社を利用すれば、大抵の場合は手数料無料かつ即日入金が可能なので便利です。また、オンラインで入金手続きができるメリットもあり、入金作業が簡単になるため売りどき・買いどきのチャンスも逃しにくいです。

 

銀行振込との違いは入金までにかかる時間と手数料の有無です。基本的に銀行振込の方が支払う手数料が多いので損になります。また、機能を利用する際はfx会社が提携している銀行の口座を持っている必要があります。

取り扱う通貨ペアで選ぶ

通貨のペアごとに特徴が異なります。通貨の中には初心者には向かないものもありますので、どの通貨で取引を始めるかは大切です。次ではそんな通貨ペアごとの特徴を解説します。

米ドル/円

fxで最も代表的な通貨ペアです。メジャー通貨に分類され、流通量が多く相場情報が入手しやすいため、初心者の方でも取引しやすい特徴があります。ほとんどのfx会社ではスプレッドが低く設定されており、利益を出しやすいです。

 

世界における基軸通貨でもあるため、安定性に優れており値動きは穏やかな傾向があります。しかし、経済にダメージを与えるような出来事が世界で起きると値動きが激しくなります。

ユーロ/米ドル

世界で一番取引量が多い通貨ペアです。流通量の多さ・安定性の高さ・スプレッドの低さが魅力で取引しやすい特徴がそろっています。しかし、ユーロをドルで買うというペアであるため、取引を始めるにはまず日本円をドルに換える必要があります。

 

実質、米ドル/日本円とユーロ/米ドルの2通貨ペアを購入しているのと変わりません。ドルとユーロ両方の為替の影響を受けるため、購入するときの考え方が複雑になります。取引しやすい通貨ですが、fxに慣れてから手を出した方がいいです。

ユーロ/円

合成通貨、クロス通貨とも呼ばれる特殊なペアです。購入時は「(ユーロ/米ドル)×(米ドル/日本円)」で計算されます。つまり、ユーロ/日本円は、2つの通貨ペアを掛け算した架空の通貨です。

 

そもそもユーロを日本円で購入する取引が少ないため、取引量の多い2つの通貨ペアを使った架空のレートで計算しています。そのため、売買をするときは、ユーロ/米ドルと米ドル/日本円両方の通貨ペアのレートを見て判断しなければなりません

 

通貨の特徴としてはスプレッドが低く、安定性に優れます。しかし、複数の通貨レートの影響を受けることから、分析すべき情報量が多いです。また、値動きが激しくなったときに予測するのが難しい面があります。

GBP系(ポンド)

ポンド/米ドルは世界で3番目に取引が多い通貨ペアです。値動きが激しい特徴があり、うまく取引できればハイリターンを望めます。もちろん、失敗すれば大きな損失を被るハイリスクさも含んでいる通貨です。

 

価格の変動が大きいため、主にfxトレーダーが好んで取引を行っています。間違いなく言えるのは、上級者が選ぶ通貨だということです。経験と知識に欠ける初心者が手を出すと、大きなダメージを負ってしまう可能性があり、おすすめできません。

 

ポンド/日本円の通貨ペアも同様で、ポンド/米ドルよりは動きに穏やかさがあるものの、値動きが激しいです。ある程度値動きの予測ができるレベルに達してから選んだ方がいいです。

AUD系(豪ドル)

オーストラリアドルは、高スワップ通貨(高金利)として知られており人気があります。先進国の通貨なので安定性は高く、値動きはありますがそれほど激しくはありません。そのため初心者の方でもまだ手を出しやすい通貨と言えます。

 

しかしほかの先進国と違い、オーストラリアは資源国であるため世界の景気が悪くなると相場が下落する傾向があります。特に主な輸出先である中国の景気を受けやすいです。もし豪ドルを購入するなら、中国の景気も気にした方がいいです。

取引の条件で選ぶ

fx会社ごとに取引ルールが異なります。次では、fx会社選びで主に見るべきである2つの取引ルールについてご紹介します。

スワップポイントの高さ

日本円のような低金利の通貨でトルコやメキシコなどの高金利の通貨を購入すると、金利差分によって発生するスワップポイントという利益が毎日得られます。得られる期間はポジションを決済するまでです。

 

スワップポイントはFX会社によって設定されている数値が異なります。そのため、スワップ収益目的でFX会社を選ぶという考え方もアリです。スワップ目的で取引されることが多い通貨は、トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランド・豪ドルの4種類です。

 

スワップ収益を目的にするなら、次の2つのことも気にしてみましょう。1つ目はポジションが未決済でもスワップポイントが得られること。2つ目は未決済のスワップポイントが非課税なことです。条件がそろうと運用上都合がよいので頭に入れておくといいです。

 

スワップポイントをより詳しく知りたい方は下記のページも参考にしてみてください。

通貨単位

通貨単位とは取引するための最低数量のことです。ほとんどのFX会社では、1000通貨単位や1万通貨単位を取引の最低数量としています。1ドルずつのバラ買いではなく、ロット単位での購入と考えれば分かりやすいです。

 

例を出して説明すると、1ドルが100円として、設定された最低数量が1000通貨単位なら、最低資金10万円からが取引のスタートラインです。通貨単位が高いほどFXを始める資金が多く必要ですし、1回で取引する金額が大きくなります

 

これから始めるという方は最低の通貨単位が低いFX会社を選ぶ方がいいでしょう。FX会社の中には100通貨単位・1通貨単位から取引できるところもあり、高くても1000通貨単位までです。初心者の方はできるだけ低い通貨単位で取引して慣れていくことをおすすめします。

取引ツールで選ぶ

いくら条件がいいfx会社でも、ツールが使いにくければ操作するたびにストレスがかかります。次ではfxの取引ツールの面で確認しておくべき部分を解説します。

使いやすさ

FXを始めたらFX会社が提供する取引ツールを利用して売買を行います。取引を始めるには注文を出す必要がありますが、使いにくいツールだと注文を出したいときにすぐに出しにくいです。ツールの使い方に手間取って絶好のチャンスを逃しては意味がありません

 

そのため、FX会社のツールの使いやすさは選ぶ上で重要なポイントです。登録する前にデモ取引を使ってみると、ツールの使いやすさを確かめられます。デモ版がない場合は実際に使ってみるか、ネットの評判を確認してみるといいです。

自動売買

fxの取引をツールで自動化できるサービスがあります。自動売買ツールは、fx会社が提供しており、自分が見ていないタイミングでチャンスが巡ってきたとき、取引を自動で行えるのがメリットです。

 

自動売買は損切りが必要な場面でも活躍します。手動だと損切りに迷いが出る方は多いです。しかし、ツールであれば、定めた損切りラインになったら機械的に結果を確定できます。感情に邪魔されず、迷いなく損失を抑えられる点も自動売買のメリットです。

 

ほかには、ツールが常に相場を監視して相場の変動をこまかく拾い、小さい利益をコツコツと積み立てる使い方もできます。決まった取引ルールに従い売買を自動で行うため、難しい分析スキルもいりません。判断に迷いがちな初心者の方にも自動売買はおすすめです。

口座開設キャンペーンの有無を確認

FX会社では、新規に口座を開設する方に向けて口座キャンペーンを行っていることがあります。現金でキャッシュバックをしているケースが多く、初期費用を抑えられる点が魅力です。このようなキャンペーンが実施されているか、事前に確認しておきましょう。

初めての方にもおすすめなfx会社人気ランキング4選

これから始めてfxを始める方にもおすすめできる人気のfx会社を5つご紹介します。

4位

ひまわり証券株式会社

ひまわり証券(ひまわりFX)

fxを日本に持ち込んだパイオニア会社で信頼性が抜群

ひまわり証券は、日本で初めてFXを始めたパイオニア的老舗会社です。20年以上の運営実績があります。さらに、会社の安全性を示す指標である自己資本規制比率も1266.9%(2020年3月時点)と高く、非常に信頼性が高い会社です。

 

手動で行う裁量取引のほか、自動売買(ループイフダン)にも対応しています。そして、ユーザー向けコンテンツとして、FXのスキルが学べるコンテンツを会社独自で提供しており、参考になる情報が多いのも当会社の魅力です。

 

ほかのFX会社と比較したときに気になる点としては、スプレッドが1.0銭固定で広い点です。取引回数が多いほどスプレッドの費用がかさむため、短期取引目的の利用は向かないでしょう。

スプレッド(米ドル/円) 1銭 取引・入出金手数料 取引無料・銀行振込有料・出金無料
クイック入金 〇(手数料無料) 最低取引単位 1万通貨単位
通貨ペア数 24種類 スワップポイント 未決済での出金不可
自動売買 対応
3位

インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券(トライオートFX)

機能性に優れた自動売買システムが魅力

インヴァスト証券は、自動売買に強みがあるfx会社です。自動売買のツールが豊富で、一流のアナリストが考えた高度な自動売買ロジックを利用した取引もできます(シストレ24の場合)。ツールは便利ですが、取引数量が少ないと手数料がかかる点はネックです。

 

ほかには、米ドル/円、ユーロ/円など複数の主要通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準という部分も当fx会社の魅力の1つと言えるでしょう。通貨ペア数の多さやスワップの高さについては物足りない面があり、ほかのfx会社の方が優れています。

 

自動売買ツールの使い方はシンプルで、初心者から上級者の方までが扱いやすいような形で提供されています。相場をこまめに確認するひまがない方や損切りに自信がなくてなかなか決断できない方におすすめなfx会社です。

スプレッド(米ドル/円) 0.3銭(固定制) 取引・入出金手数料 取引2.0pips(新規/決済)・銀行振込有料・出金無料
クイック入金 〇(手数料無料) 最低取引単位 1000通貨単位
通貨ペア数 17種類 スワップポイント 未決済受け取り可(ただし未決済でも課税対象)
自動売買 対応

口コミを紹介

スプレッドは狭いですし、1000通貨単位での取引が可能なので初心者の少額取引やスキャルピングなどのトレードスタイルにも対応可能です。
ツールはWEB、スマホともにオーソドックスな取引ツールなので、直感的でわかりやすい操作性ですね。自動売買の機能なども充実しているので、初心者や忙しい人でもしっかりとトレード出来ると思います。
オリジナルのシステムであるレンジ追尾はリスクを低減するシステムとして十分つかえますね。

出典:https://fx.kakaku.com

2位

SBI FXトレード株式会社

SBI FXトレード

通貨ペアの多さと1通貨単位からの取引が強み

大手ネット証券会社SBIが運営するfx会社です。当会社の特徴は、通貨ペア34種類、1通貨単位から取引可能なところです。通貨ペアに関しては、通常20種類程度の会社が多いのですが、当会社は取り扱う通貨ペアが多いため、会員登録をすればいろんな通貨を扱えます。

 

最低取引単位は、ほとんどのfx会社では1万通貨単位の場合が多いです。しかし、当会社は1通貨から取引可能です。つまり、1ドルが100円なら、最少額でもワンコインからfxを始められます。まずはどんなものか試してみたいという方が気軽にスタートしやすいFX会社です。

 

ほかのサービスと比べるとサポート体制がやや不十分な印象があります。また、取引する通貨単位が1万などを超えてくるとスプレッドが広がってきます。少額で取引したい方には向きますが、本格的に運用していくとなると使いにくい可能性があります。

スプレッド(米ドル/円) 0.09銭(1~1000通貨単位) 取引・入出金手数料 取引無料・銀行振込有料・出金無料
クイック入金 〇(手数料無料) 最低取引単位 1通貨単位
通貨ペア数 34種類 スワップポイント 未決済受け取り可
自動売買 -

口コミを紹介

興味本位でFXを始めてまだ1月程度ですが、微々たるものですがコツコツ利益があがってきました。
他のFX会社にも口座は開設しているのですがSBI FXトレードは謳い文句の1通貨からの取引が可能ということで
本当に気軽に取引することができます。少額取引であればバーチャル取引をリアルでできる感覚になります。

出典:https://fx.kakaku.com

1位

株式会社DMM.com証券

DMM FX

最大級の口座開設数と充実したサポート体制

大手企業DMM.comが運営するFX会社で、口座開設数は約70万(2020年時点)を突破しています。企業のネームバリューや口座開設数の多さから、信頼性はどのFX会社よりも高いと言えるでしょう。

 

DMMFXでは、入出金や取引にかかる手数料は無料です。また、スプレッドを狭く抑えているという特徴もあり、取引にかかるコストが安くすみます。取引ツールはスマホとパソコンの両方に対応しており、様々なシーンで利用しやすいです。

 

ツールの使いやすさはもちろん、サポート体制も充実しています。初心者から上級者まで利用しやすいfx会社です。

スプレッド(米ドル/円) 0.2銭 取引・入出金手数料 取引無料・銀行振込有料・出金無料
クイック入金 〇(手数料無料) 最低取引単位 1万単位
通貨ペア数 20種類 スワップポイント 未決済受け取り可
自動売買 -

口コミを紹介

最高です!
速度もツールも一級品です。サポートも24時間対応しているのでかなり安心して取引ができます。
また、スマホなのでアプリを通してみることができるのでかなり便利です!

出典:https://fx.kakaku.com

初めての方にもおすすめなfx会社比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 スプレッド(米ドル/円) 取引・入出金手数料 クイック入金 最低取引単位 通貨ペア数 スワップポイント 自動売買
アイテムID:13779608の画像

公式サイト

最大級の口座開設数と充実したサポート体制

0.2銭

取引無料・銀行振込有料・出金無料

〇(手数料無料)

1万単位

20種類

未決済受け取り可

-

アイテムID:13779602の画像

公式サイト

通貨ペアの多さと1通貨単位からの取引が強み

0.09銭(1~1000通貨単位)

取引無料・銀行振込有料・出金無料

〇(手数料無料)

1通貨単位

34種類

未決済受け取り可

-

アイテムID:13779599の画像

公式サイト

機能性に優れた自動売買システムが魅力

0.3銭(固定制)

取引2.0pips(新規/決済)・銀行振込有料・出金無料

〇(手数料無料)

1000通貨単位

17種類

未決済受け取り可(ただし未決済でも課税対象)

対応

アイテムID:13779598の画像

公式サイト

fxを日本に持ち込んだパイオニア会社で信頼性が抜群

1銭

取引無料・銀行振込有料・出金無料

〇(手数料無料)

1万通貨単位

24種類

未決済での出金不可

対応

FXで利益を出すコツ

FXで利益を出すためには、いくつかのコツを知っておく必要があります。ここからは、FXで利益を出すコツについてご紹介します。

操作方法・注文方法を覚える

FXの操作方法や注文方法を体系的に覚えるには、FX会社が提供するデモトレードを活用するのがおすすめです。デモトレードで取引の練習を行うことで、ボタンの押し方や注文をする場面などを習得しやすくなります。

損切りラインの設定

大きな損を防ぐために、損切りラインを明確に設定するのがポイントです。損切りは「使用できる資金を増やす」役割も持っており、絶好のトレードチャンスをつかみやすくするためにも重要といえます。

 

損切りラインの設定に迷ったら、入金額の2%分の損失を抱えたタイミングで設定するのがおすすめです。

トレードの振り返りと分析をする

FXで継続的に利益を出すためには、トレードの振り返りと分析をすることが大切です。利益や損失が出たときには、必ず理由があります。どうして稼げたのか、稼げなかったのかを理解することで、着実に力がついていくはずです。

勤務先の会社にばれないでfxをする方法

会社勤めの方が副業でfxを始めると、勤務先にばれることがあります。なぜばれるかというと、確定申告の際に住民税の金額が多くなるからです。会社は、社員の年収から住民税を把握しています。そのため、住民税が多いときはすぐに分かるのです。

 

副業のfxを知られないようにする対処法は、実は簡単にできます。やり方は、住民税の納付方法を普通徴収にするだけです。市区町村からの通知は給与に関係する分のみなので、納付方法を変えたことは会社から見て分かりません。

 

fx関係の納付書は自宅へ届くようになるので、自分で支払いましょう。

fx初心者なら投資本で勉強するのもおすすめ

fxなどで投資を始めてお金を増やすことを考えているなら、投資本でお金の知識をつけてみてはいかがでしょうか。お金に対する考え方を深めることで毎日のお金の使い方が変わり、よりリターンの高いお金の使い方、効率的な貯蓄ができる可能性が高まります

 

私たちの生活で身近なところにあるお金ですが、使うことはあっても増やし方や守り方を知っている人は少ないものです。せっかくfxを始めるのですから、人よりも知識をつけて賢いお金の運用法を学び、よりよい生活を目指してみましょう。

 

知識を得るために一番始めやすい行動は、本を読むことです。下記のページでは、お金のプロが書いたfx含む投資に対する考え方がわかる本やお金に対する考え方を学べる本を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

fx会社を選んだあとは、いきなり大金を使って取引するのではなく、慣れてない方は少額からやっていくことをおすすめします。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年09月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事