ジャパニーズウイスキーの人気おすすめランキング15選【2019年】

記事ID5893のサムネイル画像

朝ドラの影響で話題になったジャパニーズウイスキーですが、数多くの銘柄から自分の舌に合うウイスキーを選ぶのは至難の技です。失敗しないウイスキーの選び方・人気メーカーの銘柄から選りすぐりのジャパニーズウイスキーをご紹介します。お気に入りの1品を見つけましょう。

秋の夜長にジャパニーズウイスキーで特別な時間を!

洋酒のイメージが強いウイスキーですが、日本で製造されているジャパニーズウイスキーが国内のみならず海外でも多くの愛好家から支持されていることをご存知でしょうか?日本でウイスキーが生産されるようになってから100年もの長い歴史があるのです。

 

豊かな香りと多彩な飲み方が楽しめるウイスキーですが、どこか初心者には敷居の高いアルコールであることも否めません。数ある銘柄の中から、ウイスキーの種類味や特徴醸造メーカーを選択基準とし、多くの人から愛されているジャパニーズウイスキーを15商品選んでご紹介致します。

ジャパニーズウイスキーのおすすめランキング15選

15位

サントリー

トリス クラシック

価格:697円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史の長いジャパニーズウイスキーの銘柄

日本が終戦を迎えた1年後の1946年にサントリーのトリスウイスキーは誕生しました。トリスクラッシックは、その歴史を引き継ぎ現代に合わせて誕生した銘柄になります。サントリーの角瓶と同じ様にハイボールのベースになるウイスキーとしても馴染みのあるウイスキーです。

 

甘くて芳醇な香りで飲み飽きることがないすっきりとした飲み口が特徴なので、ハイボールの他にロックや水割りなどでも楽しむことができます。他のウイスキーと比較するとアルコール度数は37%と低めなので、ウイスキー初心者の方でも飲みやすいのが特徴です。

メーカーサントリータイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)37

口コミを紹介

値段が安いのでよく飲んでいるのですがとても美味しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

サントリー

サントリーオールド

価格:1,710円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダルマの愛称で親しまれているジャパニーズウイスキー

サントリーオールドは、その独特な瓶の形からダルマという愛称で長年愛されているウイスキーです。1950年に発売されてから現在まで、サントリーが製造するウイスキーの代名詞的な存在になっています。

 

シェリー樽で仕込まれた原酒の深い味と香りを楽しむことができるのが特徴のウイスキーですが、長年愛されてきたウイスキーだけあり、多くの愛飲者達の舌で鍛えられてきました。かつてのキーモルトだったシェリー樽を強化することで、まろやかな味わいに変わっています。

 

瓶のデザインは守りつつ、ウイスキーの味わいは現在に通用する上質で高級感を追求しています。ロック・水割り・ハイボールなど好みの飲み方ができるウイスキーです。

メーカーサントリータイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)43

口コミを紹介

ちょっときつい味だが、昔と変わってないのが嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

アサヒビール

ブラックニッカ リッチブレンド

価格:1,140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲み方次第で様々な味わいが堪能できるウイスキー

ニッカウヰスキーと言えば、ラベルに描かれているヒゲの男性ですよね。象徴的とも言えるヒゲの男性がラベルになっているジャパニーズウイスキーです。シェリー樽で熟成したモルト酒と樽で熟成したグレンウイスキーをブレンドして造られたブレンデッドウイスキーになります。

 

フルーティーな香り樽の香ばしさを同時に楽しむことができるのが特徴です。ウイスキーが持つ深みのある味わいを楽しみたいときはロックで、爽やかな味わいを楽しみたいときはハイボールがおすすめです。飲み方次第で様々な味わいを堪能することができるウイスキーです。

メーカーニッカウヰスキータイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)40

口コミを紹介

NIKKA 伝統の飲みやすく深みのあるウイスキーを代表。丸みのある瓶と渋いブラックラベルが好きだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

サントリー

サントリー ホワイト

価格:1,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産ウイスキー第一号

サントリーホワイトは、国産ウイスキーの第一号として誕生しました。シャープな味わいのウイスキーなので、すっきりとした口当たりを楽しむことができます。香りも軽やかでクセもなくため、ウイスキー特有のピート香が苦手な方にもおすすめのウイスキーです。

 

昔から長く愛されているサントリーのウイスキーで贅沢な大人の時間を堪能するのもいいかもしれません。

メーカーサントリータイプブレンデッドウイスキー
内容量640ml度数(%)40

口コミを紹介

手ごろな値段で美味しく飲めます。以前はプレミアム角を飲んでいましたが、終売になってしまったのでこちらに切り替え。毎日のようにハイボールにして飲んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

キリンビール

オークマスター樽薫る

価格:1,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイボールにぴったりのウイスキー

キリンのオークマスター樽薫るは、豊かな樽の香りを堪能することができるジャパニーズウイスキーです。香薫とクセのない飲みやすさを両立させたウイスキーです。味にクセがなく飲みやすさが特徴のウイスキーなので、ハイボールがおすすめの飲み方です。

メーカーキリンビールタイプブレンデッドウイスキー
内容量640ml度数(%)40

口コミを紹介

多少の荒削り感はありますが、同じ御殿場蒸留所での製造、すかり気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

10位

アサヒビール

余市

価格:4,367円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複雑で深みのあるシングルモルトウイスキー

余市はウイスキーの父と呼ばれた竹鶴政孝が、サントリーの山崎蒸溜所を開いた後に開設した蒸溜所です。重厚力強く複雑で深みのあるシングルモルトウイスキーです。

 

やわらかな樽熟成香と麦芽の甘み、豊かな果実香の調和、ピート香も強めで味わいも香ばしく仕上がっています。ニッカのウイスキーはサントリーと比較するとアルコール度数が高めなのも特徴です。

メーカーアサヒビールタイプモルトウイスキー
内容量700ml度数(%)45

口コミを紹介

知多よりちょっと高いだけなのに、しっかりたるの香がしてパンチのあるウイスキーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

サントリー

響 JAPANESE HARMONY

価格:8,347円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サントリー最高峰のウイスキー

サントリーが造るウイスキーの中でも最高峰と言われている銘柄になります。ウイスキーのボトルを見てもわかりますが、24面カットになっており、1日24時間・24節季を表現しているとされています。

 

フローラルな香りが特徴で樽の香りも引き立ち、とても華やかな味わいに仕上がり、これぞジャパニーズウイスキーと言える上品な一品で、贈り物にも最適です。余韻が穏やかに続くため、飲んだ後の香りと味をじっくり楽しむことのできる銘柄です。

メーカーサントリータイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)43

口コミを紹介

以前に比べると高くなってしまいましたが、久しぶりに飲んでみるとやはりおいしい・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

キリンビール

富士山麓

価格:2,730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

樽出しの状態に近いアルコール度数のウイスキー

富士山麓にあるサントリーの蒸溜所、富士御殿場蒸溜所モルトとグレーンの2つの原酒を蒸留する世界でも珍しい蒸溜所になります。富士御殿場蒸溜所には富士山からの良質な水が集まっており、また自然も豊富なのでウイスキーを造るには最適な環境と言えるでしょう。

 

サントリーの富士山麓は、蔵出しの状態に近いアルコール度数50%という他のウイスキーより高めの度数になっており、濃厚で深みのある味わいを楽しむことができるのが特徴です。鼻に余韻が心地よく抜けていくので、後味も堪能することができるジャパニーズウイスキーです。

メーカーキリンビールタイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)50

口コミを紹介

20代からウイスキー、スコッチ党で会社役員やってた事もあり接待などで随分昔から飲んで来ました。60を超えまた少し飲んでみるかと思い度数50と高いのが珍しいと思い買ってみたら・・・これはウマイ!少し辛口で、是非ウイスキー党には試して頂きたい一本です!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

サントリー

白州

価格:6,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルプスの天然水から生まれたモルトウイスキー

サントリーの白州は、アルプスの天然水がマザーウォーターになっているモルトウイスキーです。世界でも珍しい豊かな緑に囲まれた森の中にある蒸溜所で製造されています。ほのかに香るスモーキーさを感じさせつつ、爽やかで甘みのある味わいを楽しめるウイスキーです。ウイスキー初心者の方におすすめの銘柄です。

 

白州はシンプルな風味と思わせつつ、複雑に絡む合う香味と心地よく奥行きのある余韻を残してくれる上品なウイスキーです。ストレートで楽しめる他、水割りやハイボールでも十分に堪能できます。

メーカーサントリータイプモルトウイスキー
内容量700ml度数(%)43

口コミを紹介

ロックや水割りよりも白州の特徴が一番感じられる飲み方ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アサヒビール

ブラックニッカ スペシャル

価格:1,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングセラーウイスキー

1965年に発売された新ブラックニッカを全面改良し、1985年に発売されたロングセラーのウイスキーです。カフェ式連続式蒸留機で造られており、カフェグレーンが配合されています。甘さの中にスモーキーさも兼ね備えている味わいで、ウイスキー愛好者から高評価を得ている商品でもあります。

メーカーアサヒビールタイプブレンデッドウイスキー
内容量720ml度数(%)42

口コミを紹介

ウイスキー通ならば必ず飲まないとね!ジャパニーズウイスキーの原点だね""あまりのおいしさにまたリピします^^

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

アサヒビール

竹鶴

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランス良く仕上げられているピュアモルト

複数の蒸溜所で製造された原酒をブレンドして造られているウイスキーをピュアモルトと言います。竹鶴ピュアモルトは、ニッカウヰスキーが所有している余市蒸溜所宮城峡蒸溜所で製造された原酒をバランス良く合わせて造られています。

 

ウイスキーの父とも呼ばれているマッサンの愛称でもお馴染みの、竹鶴政孝の名を取って名付けられたウイスキーでもあります。ネーミングからもニッカウヰスキーの商品に対する自信が伺える商品でもあります。

メーカーアサヒビールタイプモルトウイスキー
内容量700ml度数(%)43

口コミを紹介

コク、香り、うまさ、値段、すべてにわたって納得できるウイスキー。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サントリー

知多

価格:3,652円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山崎・白州と並ぶサントリーの人気ウイスキー

知多はサントリーから11年ぶりに誕生した新ブランドとして話題になったウイスキーです。爽やかな風をイメージしてグレーン原酒から造られています。クリアな味でとても飲みやすいウイスキーなので、ロックやソーダ割りで楽しむことをおすすめします。ウイスキーが苦手な人も楽しむことができますよ。

メーカーサントリータイプグレーンウイスキー
内容量700ml度数(%)46

口コミを紹介

味も香りも良いので、お酒が弱い私でもつい進んでしまいます。週末は知多ハイボールの日にしています(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Whisky Boutique Claude

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2006年に稼働したベンチャーウイスキー

イチローズモルトは、ベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所を所有しているメーカーです。当初は原酒のみ販売をしていましたが、2006年にイチローズモルト&グレーンホワイトラベルの製造を始めました。

 

サントリーやニッカとは違い、創業からまだ日の浅い製造メーカーなのでキーとなるモルトは秩父醸造所のものですが、日本を合わせた五大ウイスキーをブレンドして販売しています。

 

9蒸溜所のモルト原酒2蒸溜所のグレーンウイスキーをブレンドしています。クセのない素直なやさしい味わいと、麦本来の上品な甘みが特徴で、ソーダ割りやストレートがおすすめの飲み方です。

メーカーイチローズモルトタイプブレンデッドウイスキー
内容量700ml度数(%)46

口コミを紹介

テレビでイチローズモルトの存在を知り、注文してみました。久々に美味いウィスキーにあたり、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

サントリー

角瓶

価格:1,406円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイボールでお馴染みの角瓶

日本人の舌に合うウイスキーとして造られた角瓶は、今やハイボールでお馴染みのウイスキーとして多くのサラリーマンに愛されています。クセのない味で誰もが飲みやすいテイスティーに仕上がっています。家飲みをされる方も増えているので、角瓶と炭酸水をご自宅に常備されている人も多いのではないでしょうか。

タイプブレンデッドウイスキー 内容量700ml
度数(%)40

口コミを紹介

白、黒、黄色ラベルがあります。黄色は昔からあるウィスキーの味わいです。飲み比べての結論は、端麗で少し辛めの白がおいしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サントリー

山崎

価格:7,865円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャパニーズウイスキーと言えば山崎!

京都郊外にある山崎蒸溜所は1923年に日本で初めて開設されたモルトウイスキー蒸溜所です。名水の里としても有名な山崎は、茶人である千利休も愛したと言われている所縁の場所でもあります。フルーティーな口当たりが特徴でサントリーのモルトウイスキーの代名詞的な存在でもあります。

 

 

メーカーサントリータイプシングルモルトウイスキー
内容量700ml度数(%)43

口コミを紹介

甘い香りで、とても美味しく飲んでいます。ハイボールで飲むとこの時期は爽やかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャパニーズウイスキーの選び方

ジャパニーズウイスキーの選び方をいくつかご紹介します。各メーカーから色々な銘柄が発売されていますが、その中から自分の舌に合う好みのウイスキーを探し出すのは至難の技です。

 

深く知る必要はありませんが、ちょっとだけ頭の中にウイスキーについての知識を入れておくだけで、自分好みの美味しいウイスキーに巡り会える確率も高くなります。ウイスキーを選ぶときのポイントをご紹介しますので参考にされてください。

ジャパニーズウイスキーの種類から選ぶ

ジャパニーズウイスキーには原材料や蒸留方法などで大きく3つの種類に分類されます。お気に入りのウイスキーを見つける前に分類されている3つの種類のウイスキーの特徴や蒸留方法・原材料などについて知っておきましょう。

モルトウイスキー

ジャパニーズウイスキーにおいて、モルトウイスキーとは大麦麦芽だけを使用し、単式の蒸留方式で製造されたウイスキーを指しています。単一の原料でシンプルな蒸留方法で製造されているウイスキーなので、濃厚で力強い風味を味わうことができるのが特徴です。

 

日本のモルトウイスキーには2種類あり、ひとつの蒸留所で製造されたものをシングルモルト。複数の蒸留所でモルトウイスキーを混ぜ合わせ製造されたものをピュアモルトと呼んでいます。

グレーンウイスキー

ジャパニーズウイスキーにおけるグレーンウイスキーは、トウモロコシ・ライ麦・小麦などの雑穀(グレーン)と大麦麦芽(モルト)を主として使用して連続蒸留されて造られているウイスキーを指しています。

 

連続蒸留は、単式の蒸留とは違い効率的な蒸留をなんども繰り返すことにより、余計な手間をかけることなく高アルコールを生み出すことができるのが特徴の蒸留手法です。しかし、複数回蒸留を繰り返すことでウイスキー特有の雑味が薄れてしまいます。そのため、口当たりが良く飲みやすいのですが、無個性のウイスキーになり物足りなさが生まれてしまいます。

 

本来、グレーンウイスキーは単体で飲まれることがなく、モルトウイスキーと合わせて飲むのが日本におけるグレーンウイスキーの飲まれ方でした。近年では、知多カフェグレーンなど単体で楽しめるウイスキーが登場し、ウイスキー愛好家の間でも人気になっています。

ブレンデットウイスキー

ブレンデットウイスキーは、複数のウイスキー原酒をブレンドして造られています。基本の製造方法は、モルトウイスキー原酒にグレーンウイスキー原酒をブレンドしています。

 

数十種類のモルトウイスキーに複数種類のグレーンウイスキーを混合することにより、複雑でバランスのとれた香味をもつウイスキーが生み出されます。ブレンデットウイスキーの重要なポイントは、個性の強いモルトウイスキーに、味わいがクリアなグレーンウイスキーを加えて製造されているところでしょう。

 

強い個性のモルトウイスキーと透明感のあるグレーンウイスキーが混ざり合い、より万人受けのする美味しいウイスキーに仕上がっています。高アルコールを飲み慣れていない日本人に合わせてブレンドされているので、全体的に飲みやすいウイスキーになっています。

その他の選び方

ウイスキー独特の味や香りから選ぶこともできます。各メーカによっても味や香りが違いますし、同じメーカー内でもウイスキーの種類や蒸溜所によっても味や香りが変わってきます。ウイスキー初心者の方も飲み慣れている方でも自分好みの味や香りを選ぶ方法をご紹介します。

ピート香の強さで選ぶ

ウイスキー特有のスモーキーな香りピート香と言いますが、ピート香が強いとクセのある味わいになります。ウイスキーを飲み慣れている中級者・上級者の方は是非、ピート香の強いウイスキーにチャレンジしてみてください。ウイスキー初心者の方にはピート香が比較的弱い飲みやすいウイスキーの銘柄がおすすめです。

蒸留所やメーカーの銘柄の特徴で選ぶ

シングルモルトウイスキーの場合、蒸留所によって味に個性が現れるのが特徴です。伝統的なモルトを使用しているサントリーの山崎蒸留所で製造されたウイスキーは、華やかな香りに仕上がっており、多くの愛好者から飲まれている人気のウイスキーです。

 

モルトウイスキーに限らず、グレーンウイスキーやブレンデットウイスキーでも銘柄やメーカーによって味わいが大きく違います。度数によっても変わってきますので、自分の舌にあうウイスキーを探すのも楽しみのひとつです。

アルコール度数で選ぶ

一般的なウイスキーのアルコール度数は40%ですが、銘柄によっては50%と高い度数のウイスキーもあります。スコットランドやアメリカ・カナダなどの海外メーカーのウイスキーは、アルコール度数40%以上のものという定義が定められていますが、日本では度数の制限は設けられていません。

 

そのため、銘柄によっては40%以下のウイスキーもありますので、アルコールに弱い方やウイスキー初心者の方は低めのアルコール度数のウイスキーを選ぶことをおすすめします。

飲み方で選ぶ

ジャパニーズウイスキーを飲み方に合わせて銘柄を選ぶのもおすすめです。ウイスキーを炭酸水で割って飲むハイボールがお好みの方は、クセが少ないブレンデッドウイスキーグレーンウイスキーをチョイスするのがベストです。

 

ロックストレートでウイスキーを楽しみたい人におすすめなのが、味の個性が強いシングルモルトウイスキーを選ぶと美味しく飲むことができます。

製造会社で選ぶ

ジャパニーズウイスキーは色々な飲料メーカーが、各地に蒸溜所を設け美味しいウイスキーを製造しています。製造メーカーによってウイスキーの味わいも変わってきますので選び方として飲み比べてみるのもいいかもしれません。ここでは代表的な製造メーカーをいくつかご紹介します。

サントリー

サントリーが製造するジャパニーズウイスキーは、世界でも愛されている日本が誇る美味しいウイスキーです。山崎蒸溜所白州蒸溜所で製造されるウイスキーはプレミアムが付くほど人気になっています。ハイボールに適しているブレンデットウイスキーの角瓶や、ロックに適しているシングルモルトの山崎などが有名です。

ニッカウヰスキー

ニッカウヰスキーはNHKの朝ドラ「マッサン」でも取り上げられた竹鶴政孝が創業したウイスキーメーカーです。余市蒸溜所宮城峡蒸溜所の2箇所を所有しています。特に高品質のシングルモルトウイスキーを製造しているメーカーで、リーズナブルな値段と飲みやすさが人気のウイスキーです。ヒゲの男性のロゴでも馴染みのあるウイスキーです。

 

竹鶴政孝が開設した大日本果汁株式会社をニッカウヰスキーに社名変更した2年後、朝日麦酒(現在のアサヒグループホールディングス)のグループ会社に入っています。2001年にアサヒビールの完全子会社となり現在はウイスキーのブランド名はニッカウヰスキーになっていますが、アサヒビールが販売を行う形になっています。

キリン

ビールメーカーとして有名なキリンですが、製造している銘柄は少ないですがウイスキーも製造しているんです。キリンのウイスキーの特徴は、旨み重視であることです。また、飲みやすさと味わいを両立させた商品が揃っています。

ジャパニーズウイスキーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5160111の画像

    サントリー

  • 2
    アイテムID:5160131の画像

    サントリー

  • 3
    アイテムID:5163347の画像

    Whisky Boutique Claude

  • 4
    アイテムID:5160174の画像

    サントリー

  • 5
    アイテムID:5160177の画像

    アサヒビール

  • 6
    アイテムID:5160164の画像

    アサヒビール

  • 7
    アイテムID:5160450の画像

    サントリー

  • 8
    アイテムID:5160460の画像

    キリンビール

  • 9
    アイテムID:5160555の画像

    サントリー

  • 10
    アイテムID:5160614の画像

    アサヒビール

  • 11
    アイテムID:5163412の画像

    キリンビール

  • 12
    アイテムID:5163455の画像

    サントリー

  • 13
    アイテムID:5163535の画像

    アサヒビール

  • 14
    アイテムID:5163612の画像

    サントリー

  • 15
    アイテムID:5163647の画像

    サントリー

  • 商品名
  • 山崎
  • 角瓶
  • イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル
  • 知多
  • 竹鶴
  • ブラックニッカ スペシャル
  • 白州
  • 富士山麓
  • 響 JAPANESE HARMONY
  • 余市
  • オークマスター樽薫る
  • サントリー ホワイト
  • ブラックニッカ リッチブレンド
  • サントリーオールド
  • トリス クラシック
  • 特徴
  • ジャパニーズウイスキーと言えば山崎!
  • ハイボールでお馴染みの角瓶
  • 2006年に稼働したベンチャーウイスキー
  • 山崎・白州と並ぶサントリーの人気ウイスキー
  • バランス良く仕上げられているピュアモルト
  • ロングセラーウイスキー
  • アルプスの天然水から生まれたモルトウイスキー
  • 樽出しの状態に近いアルコール度数のウイスキー
  • サントリー最高峰のウイスキー
  • 複雑で深みのあるシングルモルトウイスキー
  • ハイボールにぴったりのウイスキー
  • 国産ウイスキー第一号
  • 飲み方次第で様々な味わいが堪能できるウイスキー
  • ダルマの愛称で親しまれているジャパニーズウイスキー
  • 歴史の長いジャパニーズウイスキーの銘柄
  • 価格
  • 7865円(税込)
  • 1406円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 3652円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 1240円(税込)
  • 6798円(税込)
  • 2730円(税込)
  • 8347円(税込)
  • 4367円(税込)
  • 1045円(税込)
  • 1125円(税込)
  • 1140円(税込)
  • 1710円(税込)
  • 697円(税込)
  • メーカー
  • サントリー
  • イチローズモルト
  • サントリー
  • アサヒビール
  • アサヒビール
  • サントリー
  • キリンビール
  • サントリー
  • アサヒビール
  • キリンビール
  • サントリー
  • ニッカウヰスキー
  • サントリー
  • サントリー
  • タイプ
  • シングルモルトウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • グレーンウイスキー
  • モルトウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • モルトウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • モルトウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • 内容量
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 720ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 640ml
  • 640ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 度数(%)
  • 43
  • 40
  • 46
  • 46
  • 43
  • 42
  • 43
  • 50
  • 43
  • 45
  • 40
  • 40
  • 40
  • 43
  • 37

まとめ

世界中の人に愛されているジャパニーズウイスキーを15商品ご紹介しました。ウイスキー愛好家の方も初心者の方も、色々な楽しみ方ができるウイスキーを試されてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ