ミニプロジェクターの人気おすすめランキング20選【2019年最新版】

記事ID5044のサムネイル画像

ミニプロジェクターを「必要ないから」という理由で購入していない方は多いのではないでしょうか。でもミニプロジェクターがあれば、毎日の生活に刺激が生まれます。今回は人気でおすすめのミニプロジェクターをランキング形式でまとめました。ぜひチェックしてくださいね。

ミニプロジェクターで映像を大画面にしよう

ミニプロジェクターは通常のプロジェクターよりも小型で、持ち運びが簡単にできるタイプのものです。「小型プロジェクター」や「モバイルプロジェクター」とも呼ばれ、ビジネス用の他、家庭用にも使えるタイプがあります。

 

主にノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末の画面を多くの人と共有したい場合に使われ、屋内での使用だけでなく、キャンプなど屋外で使用する機会も多くなりました

 

そこで今回は、ミニプロジェクターの「明るさ」、「本体の重さ」、「バッテリーの容量」、「稼働時間」でランキングを作成しました。まだ購入していない方はもちろん、ミニプロジェクターの買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

ミニプロジェクターの人気ランキング20選

20位

FunLogy

小型プロジェクター

価格:64,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大3000ルーメンの明るさ

ミニプロジェクターを選ぶときに気になるのが、映像を投影した際の明るさです。このミニプロジェクターは厚さが3cmという薄型にも関わらず、コンセントに繋いで使用すると3000ルーメンの明るさで映像が見られます。コンセントに接続していない状態でも2500ルーメンの明るさが90分続きます。リュックなどの鞄にも入るコンパクトサイズなので、ミニプロジェクターを頻繁に持ち運びたいという方におすすめです。

明るさ3000ルーメン重さ900g
バッテリー3000mAh稼働時間90分

口コミを紹介

モバイル型で、バッテリー内蔵で、明るくて、小さくて申し分ないプロジェクターです。夜間屋外映画会を開いても問題なく観れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

ソニー

ポータブルスマートプロジェクター

価格:125,164円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁やテーブルをスマートスクリーンに変える

ミニプロジェクターの用途といえば、写真や動画をスクリーンに投影するのが主です。しかし、ソニーが販売しているこのミニプロジェクターには、壁やテーブルに投影した画面に触って操作ができる「スマートスクリーン」機能が搭載されています。壁やテーブルに投影された画面は投影者だけでなく他の人も操作できるため、情報も簡単に共有できます。ビジネスシーンの会議におすすめのミニプロジェクターです。

明るさ100ルーメン重さ932g
バッテリー1200mAh稼働時間60分

口コミを紹介

Android端末とプロジェクターを合体させたわくわくする商品でした。半信半疑でテーブルに投影したスクリーンをタッチすると本当にさわれるのに感動しました。部屋が暗いほうが見やすいですが、直接光があたらない限り認識できます。リビングで家族とさわってワイワイいうのが楽しいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

エプソン

プロジェクター

価格:125,715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面を簡単にセッティング

ミニプロジェクターを使う際に気をつかうのが、スクリーンに画面を合わせるセッティング作業です。このセッティングがうまくいかないと、せっかくの映像もゆがんで見えてしまいます。このミニプロジェクターは「ピタッと補正」機能が搭載されているので、ボタン1つで映像が見やすく補正されます。また、狭い環境でも大画面を実現する「短焦点レンズ」も搭載しているので、セッティングが苦手という方におすすめです。

明るさ3200ルーメン重さ1800g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

コンパクトですが、明るさ、解像度ともに必要充分な性能を持ってるので、買って正解でした。1つ上の機種と迷いましたが、価格差考えてもこっちで良かったと思います。短焦点なので、小さい応接とか場所を選ばないのもgood!!

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

ソニー

モバイルプロジェクター

価格:41,306円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンサイズのミニプロジェクター

ミニプロジェクターを持ち運ぶ機会が多く、できるだけ軽いタイプがほしいという方には、このミニプロジェクターがおすすめです。大きさはスマートフォン程度、重さは約280gとYシャツの胸ポケットにも入るサイズが大きな特徴。機能面も優れていて、プロジェクターの電源を入れてから約5秒で立ち上がります。稼働時間も2時間程度で長く使用できます。出張先や取引先でも気軽に使えて、荷物にもなりません。

明るさ105ルーメン重さ280g
バッテリー5000mAh稼働時間120分

口コミを紹介

6~8畳程度の広さでスマホの写真を白壁に旅行の写真を投影して使用しましたが、他のポータブルプロジェクターより色が忠実に再現でき、画質もそれほど悪くない。そして、持ち歩きがかさばらず軽いので重宝します。とてもコスパの良い買い物をさせてちただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

サンワダイレクト

モバイルプロジェクター

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名刺入れサイズのミニプロジェクター

17位のミニプロジェクターよりもさらに小さいものを探しているという方には、このミニプロジェクターをおすすめします。サイズはスマートフォンよりもさらに小さい名刺入れサイズ、重さも約128gしかありません。

 

稼働時間も2時間程度で、出張先や取引先などでのプレゼンテーションに活躍します。別売りの変換アダプタを使えばスマートフォンとも接続でき、プレゼンテーションの幅も広がります。USBケーブルで充電しながらの投影も可能です。

明るさ30ルーメン重さ128g
バッテリー不明稼働時間120分

口コミを紹介

バッテリー&スピーカー内臓ですので、出張時には欠かせないアイテムです。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

サンワダイレクト

モバイルプロジェクター 200ANSIルーメン

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投影時に便利な三脚つき

16位のミニプロジェクターでは明るさが物足りないという場合は、こちらのミニプロジェクターを試してみてください。明るさが200ルーメンあるので、薄暗い室内でも画像がはっきり見えます。

 

また、ボタン1つで斜めに投影した時のゆがみを補正できる「台形補正機能」もあります。水平角度で40度まで補正できるので、幅広いシーンでの使用が可能。三脚もついているので、段差や斜めになっている場所でも安定して投影できます。

明るさ200ルーメン重さ300g
バッテリー6000mAh稼働時間120分

口コミを紹介

予想以上に小さかったけど、画像は細かく鮮明でした。音声もあのサイズを考えると音質も良く言うことがありませんでした。充電できるので、どこでも使えるのがありがたいです。授業で利用したとき、手軽に準備できて鮮明な画像を写すことができました。生徒に大受けでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ASUSTek

LEDプロジェクター

価格:27,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高水準な映像と音

150ルーメンの明るさがあるので、コントラストが高く、明るい映像を楽しめます。また投影サイズも最大120インチと大きいので、迫力のある映像を楽しめます。

 

さらにASUS独自のサウンド機能を搭載しているので、原音に忠実なサウンド再生が可能です。そのためビジネスシーン以外でも、家でのホームシアター用やキャンプなどのアウトドア用としても活躍します。ビジネスでもプライベートでもミニプロジェクターを使いたいという方におすすめです。

明るさ150ルーメン重さ307g
バッテリー6000mAh稼働時間300分

口コミを紹介

仕事で使うつもりで買ったのですが、買ったら使う機会がなくなりまったく使っていませんでした。しかし、別の用途で購入した無線ディスプレイアダプタでタブレットと接続しホームシアター代わりに使用してます。毎日手軽に大画面で映画やドラマを楽しんでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

AODIN

ミニプロジェクター

価格:25,994円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-FiやBluetooth接続が可能

専用のアプリをスマートフォンやタブレット端末にダウンロードすることで、Wi-Fiと接続し、ワイヤレスでの投影が可能です。またBluetooth接続にも対応しているので、ワイヤレスキーボードやマウスを接続して、手軽にホームシアターが楽しめます。

 

さらにUSBメモリをプロジェクターに直接接続できるので、パソコンを介さないプレゼンテーションも可能です。身軽にプレゼンテーションを行いたいという方におすすめです。

明るさ50ルーメン重さ240g
バッテリー5000mAh稼働時間120分

口コミを紹介

パソコンやスマホを持たずに、USBメモリーに映したいファイルを格納して本機と共に持ち歩くだけで、どこでもファイルを開いて投射できます。ここまでとは思いませんでした。プロジェクターというよりは簡易スマホみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

IFLYING

ミニプロジェクター

価格:6,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DVD再生のプロジェクターとしても使える

1000ルーメンの明るさと、USBやAV&TV入力インターフェースなどの接続方式を備えているので、DVD鑑賞に適したミニプロジェクターとなっています。投影画像のサイズも最大130インチまで可能なので、迫力ある映像を楽しめます。サイズもコンパクトなので屋内での持ち運びも簡単です。テレビで見るよりも大画面でDVD鑑賞をしたいという方は、ぜひこのミニプロジェクターを検討してみてください。

明るさ1000ルーメン重さ1280g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

もともとロールカーテンがあったので、そこを使ってますが画像も綺麗で、自宅で使う分には何も問題がありません。価格もお手頃で、大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

GooDee

ミニプロジェクター

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映像再生用ミニプロジェクター

このミニプロジェクターは、ビジネスシーンでのプレゼンテーション用ではなく、家庭でDVD映像などを楽しむために特化しています。新型の冷却システムを採用しているため、ファンの動作音が小さく、動画やゲームの音に集中できます。また別売りのHDMI変換アダプタを購入すれば、iPhoneやiPadとも接続が可能。動画サイトの動画やゲームをより大画面で楽しみたいという方におすすめのミニプロジェクターです。

明るさ1200ルーメン重さ268g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

小さい子にアニメを見せるときに使います。冷却機能が付いているので、火事の心配をしなくて済むところが良いです。本体が熱くなると長時間使えないので、この機能は絶対あった方が良いです。デザインが可愛いので、子供も私もとても気に入っています。しばらくの間はこれを使い倒します。アマゾンで注文してよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ASUSTek

プロジェクター

価格:33,259円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メンテナンスフリーの設計

「せっかくミニプロジェクターを買ったのに、数年で使えなくなってしまった」という経験がある方もいますよね。こちらのミニプロジェクターは経年劣化が非常に少なく、メンテナンスフリー設計となっています。特別なメンテナンスをしなくても、30000時間以上使用できます。また2年の保証期間もついているので、長くミニプロジェクターを使いたいという方は、ぜひこちらを検討してみてください。

明るさ200ルーメン重さ342g
バッテリー6000mAh稼働時間180分

口コミを紹介

天井に映して家族で見てます。十分キレイな動画が見られました。子供が大興奮です!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

iOCHOW

ミニプロジェクター

価格:35,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズカメラが90度回転

通常プロジェクターの角度を合わせるには、三脚を別で購入したり本などを積んで高さを調整したりします。この作業が面倒だという方には、こちらのミニプロジェクターがおすすめです。レンズカメラ部分が90度回転するので、水平から真上まで好きな角度で映像を投影できます。また付属のケーブルでの接続はもちろん、Wi-Fi接続にも対応しているのでDVDプレイヤーやゲーム機など様々な機器と接続できます。

明るさ1400ルーメン重さ250g
バッテリー5000mAh稼働時間90分

口コミを紹介

まずはデザインとコンパクト、スマートな作りが一番お気に入りです。これまでの中でもトップクラス。艶があり、光沢感があり、かなり良いデザインですね。機能面も良好。画質も良く、明るいので鮮明に映像を写せました。バッテリー持ちが少し気になりますが、デザイン性と機能面で概ね満足。良い買い物ができたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

エプソン

プロジェクター

価格:61,554円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るい部屋でも鮮明に映る

遮光カーテンが無い明るい部屋でプレゼンテーションをすることになった時、ミニプロジェクターの明るさが低いとほとんど画像が映りません。そんな時はこちらのミニプロジェクターを使ってみましょう。明るさを表すルーメン数が3300と高い値なので、遮光カーテンやブラインドを閉めなくてもプロジェクターが使用できます。やや重いミニプロジェクターですが、明るい部屋でプレゼンテーションをする機会が多い方におすすめです。

明るさ3300ルーメン重さ2500g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

プレゼンで、部屋の照明もそのままにして使ってます。色合い、細かな文字、台形補正も問題ありませんでした。プレゼン終了後、レンズの冷却時間について説明書には説明もないので、最速で撤収してますが今の所、故障なく稼働しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Vamvo

モバイルプロジェクター

価格:21,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンと簡単接続

多くのミニプロジェクターは、専用のケーブルを介してスマートフォンやタブレット端末と接続します。しかし専用のケーブルを別に買わなければいけないこともありますよね。このミニプロジェクターはUSBケーブルだけでスマートフォンと接続できるため、専用ケーブルや変換アダプタ、難しい設定も必要ありません。ビジネスシーンでのプレゼンテーション用としては向いていませんが、家庭での動画再生用としては優れています

明るさ100ルーメン重さ274g
バッテリー5000mAh稼働時間150分

口コミを紹介

Wi-FiやBluetooth接続だと結構音声の接続設定や映像の接続設定がめんどくさいけど、この機種はとても簡単。すぐスクリーンに映せます。機械操作が苦手な人には最適です。しかも、リモコンも付いてこの価格。オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

YABER

プロジェクター小型

価格:13,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投影画面の縮小も可能

プロジェクターの多くには、投影画面の拡大機能がついています。しかしこちらのミニプロジェクターは、投影画面の拡大機能の他に縮小機能もついています。投影画面は25%分縮小が可能なので、投影する壁やスクリーンが小さくても対応できます。

 

また360度反転機能もついているので、テーブルに置く以外にも天井から吊り下げての使用も可能です。明るさも3600ルーメンと高く、家庭用のミニプロジェクターとして1台は持ちたい一品です。

明るさ3600ルーメン重さ1450g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

何か問題がある場合は、36ヶ月メーカー保証安心です。使い方易い。内蔵のスピーカーのもので十分満足できますし。映像が綺麗、夜に暗い部屋で映画を見る分には、特に問題ないです。値段相応という感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

iOCHOW

ミニプロジェクター

価格:55,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneとも簡単接続

ズボンのポケットに入るサイズでありながら、3000ルーメンという明るさと自動焦点・自動台形補正機能を備えた高機能ミニプロジェクターです。バッテリー容量も7800mAhあり、90分も使用できます。

 

またiPhoneと接続する場合は、ケーブルを介さない「Airplay」機能で簡単に行えます。さらにAndroidシステムにも対応しています。もちろんWi-Fiにも対応しているので、写真や動画の共有も簡単です。

明るさ3000ルーメン重さ450g
バッテリー7800mAh稼働時間90分

口コミを紹介

お盆のグーたら生活の為に購入しました
着いて早々につけてみましたが明るい中でも充分使用できます
また天井に傾斜がある部屋ですがバランスよく投影できます
この小さなサイズでこれだけの性能は満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

GooDee

プロジェクター

価格:19,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つの投影方法に対応

やや大きめのミニプロジェクターですが、その分安定性が高いので投影された画面もしっかり見えます。画像を360度反転する機能がついているので、正面からの投影はもちろん、背面からの投影や天井から吊り下げた状態での投影も可能です。

 

DVDなどの映像を楽しむ家庭用としても、プレゼンテーションを行うビジネスシーン用としても使え、様々な場所に対応できます。また3年間の保証期間もあるので、万が一動かなくなったとしても安心です。

明るさ4000ルーメン重さ3100g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

細かな文字も表示されます。HD解像度のテストパターン画像をネットで探しUSBメモリーに入れ表示して、三脚(他のレビューにあったプロジェクター台を利用)を上下左右にふり4隅がボケないセッティングを行うことで解像度の高い迫力の大画面を味わえます。Perfumeのライブがセンター3列目ぐらいの臨場感になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Anker

Nebula Capsule

価格:32,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度のスピーカーで音楽を楽しめる

5200mAhという大容量バッテリーを搭載しているので、一度の充電で動画なら約4時間の再生が可能です。また本体には360度スピーカーが搭載されているので、迫力ある音楽を楽しめます。大容量バッテリーもあるので、音楽の再生だけなら約30時間の連続再生も可能です。

 

屋内で使うのはもちろん、キャンプなどの屋外で音楽や映像を楽しみたい場合にも活躍します。周囲の迷惑にならない程度に音量を調整して、屋外で音楽や映像を満喫しましょう。

明るさ100ルーメン重さ470g
バッテリー5200mAh稼働時間240分

口コミを紹介

結構きれいに映ります。
スピーカーからの音声もよい。
スマホの映像も写せ…便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

QKK

小型プロジェクター

価格:7,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて家で使うミニプロジェクターとして

明るさが2600ルーメンあり、LEDランプの寿命は50000時間と長寿命なので、初めて家で使うミニプロジェクターとしては最適な一品です。電源は電源アダプタをコンセントに挿すことで供給するので、動画の再生中に電源が突然切れるといった心配もありません。また冷却ファンの動作音が小さいので、動画の音声を邪魔しません。ただ、写真にある三脚は付属していないので、必要な場合は別途購入するようにしましょう。

明るさ2600ルーメン重さ1650g
バッテリーコンセントタイプ稼働時間-

口コミを紹介

気軽に大画面で映画やゲーム、動画を楽しむには十分ですね!
この価格でミニ三脚、HDMIケーブル付き、3年保証はコスパの高い商品だと思いました。
またカスタマーにメールを送っても1日以内に返答があり、対応もよさそうです。買ってよかった商品です!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

iCODIS

ミニプロジェクター

価格:29,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながら高機能なミニプロジェクター

コンパクトな本体ですが、明るさは2000ルーメンあるのでホームシアターのような映像を投影できます。ノートパソコンはもちろん、iPhoneやタブレット端末などとも接続ができるので、様々なシーンで使用できます。

 

スクリーンサイズも20インチから120インチまで対応し、自動台形補正機能も搭載しています。コンパクトで高機能なミニプロジェクターを探しているという方は、ぜひこちらのミニプロジェクターを検討してみてください。

明るさ2000ルーメン重さ380g
バッテリー4200mAh稼働時間120分

口コミを紹介

プロジェクターは思ったよりもっといいです、機体は小さくて、細工もよくて、画面もはっきりしています、三種類の入力方法で、読み取り速度がとても速いです、動画は何の遅延もありません、とても好きです。今毎日家族一緒に使って映画を見ました、とても楽しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニプロジェクターの選び方

ここからは、具体的なミニプロジェクターの選び方を紹介します。同じように見えるミニプロジェクターでも、投影画面の明るさや本体の重さ、バッテリー容量などによって使い勝手が変わります。自宅用かビジネス用か、使用するシーンも考えて選んでみましょう。

ミニプロジェクターの「明るさ」で選んでみる

ミニプロジェクターを選ぶ上で大切になるのが、映像を投影した際の「明るさ」です。明るさは「ルーメン」という単位で表し、この値が高いほど投影された映像も見やすくなります。使うシーンに合ったルーメン数のミニプロジェクターを選びましょう。

暗い部屋で使う時は100ルーメン程度で

ミニプロジェクターを狭く、暗い部屋で使うことが多いという場合は、100ルーメン程度の明るさでも問題ありません。またルーメン数が高くなるほどバッテリーの消費も早いので、稼働時間を長く持たせたいという場合も、ルーメン数が低いものを選びましょう。

もう少し明るさがほしい時は1000ルーメン程度で

ミニプロジェクターをもっと広い部屋や薄暗い中で使用する場合は、1000ルーメン程度の明るさを選びましょう。1000ルーメン程度であれば、多少光が射し込んでいても投影された映像は見られます。家庭用としてのミニプロジェクターにおすすめです。

より明るく見たい場合は2000ルーメン以上で

ブラインドやカーテンを閉めてもやや明るい場所で映像を楽しみたいという場合は、2000ルーメン以上の明るさがあるミニプロジェクターを選びましょう。2000ルーメン以上があれば、やや明るい場所でも映像が楽しめます。ただバッテリーの消費も早いので気をつけましょう。

ミニプロジェクターの「重さ」で選んでみる

ミニプロジェクターを選ぶ上では、ミニプロジェクター本体の「重さ」も重要になります。重さが軽いほど持ち運びしやすく、重いほど映像のブレが抑えられます。持ち運ぶのか固定するのか、使用シーンに合った重さのミニプロジェクターを選びましょう。

頻繁に持ち運ぶ場合は200g程度で

取引先や出張など、出先でミニプロジェクターを使うことが多いという方は、重さが200g程度の軽量ミニプロジェクターを検討しましょう。軽い分、明るさが低いものもありますが、ミニプロジェクター専用のバッグを持たなくていいので荷物の削減に繋がります。

社内で移動させる場合は500g程度で

ミニプロジェクターを主に社内で使うという場合は、少し重めの500g程度でも問題ありません。移動時は軽く、設置の際はしっかり置けるので、プレゼンテーション用として1台あると非常に便利です。まだ会社用のプロジェクターが無い場合はぜひ検討してみてください。

据え置きにしたい場合は1000g程度で

ミニプロジェクターをほとんど移動させず据え置きで使いたいという場合は、1000g程度のものを選んでも大丈夫です。1000g以上のミニプロジェクターであれば、投影した映像もブレにくく、ルーメン数も高いタイプも多いので、明るく見やすい映像品質になります。

「バッテリー容量」で選んでみよう

さらにミニプロジェクターを選ぶ基準として「バッテリーの容量」が挙げられます。持ち運んで使用する際は、よりバッテリー容量が大きいタイプを選ぶと充電切れの心配をせず使用できます。特に出先で使う場合は、バッテリー容量を基準に選んでみましょう。

短時間の使用の場合は5000mAh程度で

ミニプロジェクターを使う時間が短い場合、バッテリー容量は5000mAh程度あれば問題ありません。バッテリー容量が大きいほど長く使用できますが、その分本体が重くなったり明るさが低くなったりします。使用時間も考えながらバッテリー容量を決めてみましょう。

長時間の使用の場合は7000mAh程度で

ミニプロジェクターを電源接続なしで長時間使用する場合、7000mAh程度のバッテリー容量があれば安心して使えます。この程度のバッテリー容量があれば、投影された画面の明るさも高く、稼働時間も長いので持ち運んで使うには十分な容量となります。

充電切れが心配な場合は「コンセントタイプ」で

ミニプロジェクターの充電切れがどうしても心配という場合は、電源をコンセントから供給する「コンセントタイプ」のミニプロジェクターを選びましょう。電源コードなどの持ち運びが必要ですが、充電切れの心配が無いため家で使うホームシアター用に最適です。

「稼働時間」で選んでみる

最後にミニプロジェクターを選ぶ基準として「稼働時間」が挙げられます。稼働時間はルーメン数やバッテリー容量に影響されますが、電源接続なしで5時間使用できるタイプもあります。特に持ち運んで使用する場合は、稼働可能な時間にも注目して選んでみましょう。

ミニプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5090795の画像

    iCODIS

  • 2
    アイテムID:5090768の画像

    QKK

  • 3
    アイテムID:5090745の画像

    Anker

  • 4
    アイテムID:5090720の画像

    GooDee

  • 5
    アイテムID:5090695の画像

    iOCHOW

  • 6
    アイテムID:5090680の画像

    YABER

  • 7
    アイテムID:5090654の画像

    Vamvo

  • 8
    アイテムID:5090628の画像

    エプソン

  • 9
    アイテムID:5090615の画像

    iOCHOW

  • 10
    アイテムID:5090611の画像

    ASUSTek

  • 11
    アイテムID:5090602の画像

    GooDee

  • 12
    アイテムID:5090568の画像

    IFLYING

  • 13
    アイテムID:5090544の画像

    AODIN

  • 14
    アイテムID:5090526の画像

    ASUSTek

  • 15
    アイテムID:5090514の画像

    サンワダイレクト

  • 16
    アイテムID:5090495の画像

    サンワダイレクト

  • 17
    アイテムID:5090471の画像

    ソニー

  • 18
    アイテムID:5090451の画像

    エプソン

  • 19
    アイテムID:5090421の画像

    ソニー

  • 20
    アイテムID:5090398の画像

    FunLogy

  • 商品名
  • ミニプロジェクター
  • 小型プロジェクター
  • Nebula Capsule
  • プロジェクター
  • ミニプロジェクター
  • プロジェクター小型
  • モバイルプロジェクター
  • プロジェクター
  • ミニプロジェクター
  • プロジェクター
  • ミニプロジェクター
  • ミニプロジェクター
  • ミニプロジェクター
  • LEDプロジェクター
  • モバイルプロジェクター 200ANSIルーメン
  • モバイルプロジェクター
  • モバイルプロジェクター
  • プロジェクター
  • ポータブルスマートプロジェクター
  • 小型プロジェクター
  • 特徴
  • コンパクトながら高機能なミニプロジェクター
  • 初めて家で使うミニプロジェクターとして
  • 360度のスピーカーで音楽を楽しめる
  • 3つの投影方法に対応
  • iPhoneとも簡単接続
  • 投影画面の縮小も可能
  • スマートフォンと簡単接続
  • 明るい部屋でも鮮明に映る
  • レンズカメラが90度回転
  • メンテナンスフリーの設計
  • 映像再生用ミニプロジェクター
  • DVD再生のプロジェクターとしても使える
  • Wi-FiやBluetooth接続が可能
  • 高水準な映像と音
  • 投影時に便利な三脚つき
  • 名刺入れサイズのミニプロジェクター
  • スマートフォンサイズのミニプロジェクター
  • 画面を簡単にセッティング
  • 壁やテーブルをスマートスクリーンに変える
  • 最大3000ルーメンの明るさ
  • 価格
  • 29900円(税込)
  • 7180円(税込)
  • 32999円(税込)
  • 19999円(税込)
  • 55100円(税込)
  • 13999円(税込)
  • 21999円(税込)
  • 61554円(税込)
  • 35000円(税込)
  • 33259円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 6799円(税込)
  • 25994円(税込)
  • 27580円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 41306円(税込)
  • 125715円(税込)
  • 125164円(税込)
  • 64800円(税込)
  • 明るさ
  • 2000ルーメン
  • 2600ルーメン
  • 100ルーメン
  • 4000ルーメン
  • 3000ルーメン
  • 3600ルーメン
  • 100ルーメン
  • 3300ルーメン
  • 1400ルーメン
  • 200ルーメン
  • 1200ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 50ルーメン
  • 150ルーメン
  • 200ルーメン
  • 30ルーメン
  • 105ルーメン
  • 3200ルーメン
  • 100ルーメン
  • 3000ルーメン
  • 重さ
  • 380g
  • 1650g
  • 470g
  • 3100g
  • 450g
  • 1450g
  • 274g
  • 2500g
  • 250g
  • 342g
  • 268g
  • 1280g
  • 240g
  • 307g
  • 300g
  • 128g
  • 280g
  • 1800g
  • 932g
  • 900g
  • バッテリー
  • 4200mAh
  • コンセントタイプ
  • 5200mAh
  • コンセントタイプ
  • 7800mAh
  • コンセントタイプ
  • 5000mAh
  • コンセントタイプ
  • 5000mAh
  • 6000mAh
  • コンセントタイプ
  • コンセントタイプ
  • 5000mAh
  • 6000mAh
  • 6000mAh
  • 不明
  • 5000mAh
  • コンセントタイプ
  • 1200mAh
  • 3000mAh
  • 稼働時間
  • 120分
  • -
  • 240分
  • -
  • 90分
  • -
  • 150分
  • -
  • 90分
  • 180分
  • -
  • -
  • 120分
  • 300分
  • 120分
  • 120分
  • 120分
  • -
  • 60分
  • 90分

まとめ

ここまで、ミニプロジェクターのおすすめランキング20選を紹介しました。ビジネス用あるいは家庭用として使いたいミニプロジェクターは見つかったでしょうか。ミニプロジェクターは映像を大画面にして、その場にいる人全員で共有できる便利な道具です。ぜひ生活に取り入れて、刺激的な毎日を送ってみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ