スマートウォッチの人気おすすめランキング15選【2019年最新】

記事ID5040のサムネイル画像

スマホと連動して使えるウェアラブル端末、スマートウォッチは腕時計としての役割も果たしながら、スマホに着た通知を確認したり、健康管理にも活用することが出来ます。今回はおすすめのスマートウォッチをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スマートウォッチをつけるメリットとは?

スマートウォッチを購入した人が口を揃えて言う、スマートウォッチの代表的なメリットの一つがスマホを取り出す回数が減ることです。スマートフォンを持って歩くのは手がふさがって不便な上、歩きスマホでの事故や落下破損の要因にもなります。

 

また、スマートフォンと連動させることができます。スマートウォッチとスマートフォンを連動させると、スマートフォンに来た情報を通知するだけではなく、スマートウォッチのバッテリー管理を行うこともできる良さと実用性があります。

 

また、万歩計やランニングした際の走行距離、カロリー消費量などを計測してくれる製品も販売されています。ランニング時の負担や違和感を減らすこともできるという利点があり、非常に便利です。今回はメリットいっぱいのスマートウォッチを機能性、デザイン、満足度を基準に商品を選び、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スマートウォッチおすすめランキング15選

15位

Oaxis

myFirst Fone キッズスマートウォッチ

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保護者も安心!子供用にピッタリ!

緊急SOSアラームはとっさのタイミングでもすぐに起動できる長押し式で、起動と同時に保護者に通知が届き、その時の音声も録音されるので何があったか確認できます。SIMカード対応なので単独での通信や通話が可能です。子供のSNSの使用が心配という保護者の方で、スマホの代わりに持たせているという方も多いです。

 

腕に身に着ける以外にも首から下げるホルダーやベルトに引っ掛けるカラビナとしても使用できるので、服装や持ち物に合わせた使いまわしができるというのも人気のアイテムです。「本当に便利」と口コミでも好評です。

タイプタッチディスプレイタイプ重量141g
機能GPS、ビデオ音声通話、アラーム機能など

口コミを紹介

子供は携帯を無くしたり壊したりするのが嫌で欲しがりませんでしたが腕時計型だと安心して使えるようです。
私も安心です^^

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ganzhou

GanRiver スマートブレスレット

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で提供してくれるウエアラブルウオッチ

ガンリバーというメーカーの製品は比較的低価格のスマートウォッチが多数登場しています。この紹介するスマートウォッチもその1つなのですが、3000円を切るのはやはり魅力的です。初めての購入にも向いています。

 

メール通知には対応していませんが、電話やLINEをはじめとするSNS通知には対応してくれます。通知の際には、スクリーンを下向きにスライドすることでメールの全文を確認することもできます。

 

また、健康状態を把握する基本的な機能は網羅しているので、日々のトレーニングの参考にすることもできます。コストパフォーマンスのいいスマートウォッチです。「デザインもスタイリッシュな感じ」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量25g
機能活動量計、心拍計、歩数計、着信電話通知、SMS通知、カロリーなど

口コミを紹介

40歳へ向けて健康が気になり始めたので、健康管理にと購入しました。
歩数や、心拍数を日常的に意識をすることができて、自分の体に気を使ってる感じがでます。
座りっぱなしにしていると通知がくるというちょっとおもしろい機能もあり、デスクワークなどしていると気分転換の目安になります。
機能ではありませんが、デザインもスタイリッシュな感じでとっても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

CASIO(カシオ)

プロトレックスマート WSD-F20-BK

価格:42,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア用Gショックスマートウォッチ

Gショックで有名なCASIO製のアウトドアでも使えるスマートウォッチです。CASIO製ならではの抜群の耐久性が最大の特徴です。Gショック特有のガッチリとしたデザインですが、見た目とは裏腹に重量感を感じない構造になっています。「製品の完成度が高い」と口コミでも好評です。

タイプアナログタイプ重量92g
機能GPS、移動軌跡、メモ記録、活動量など

口コミを紹介

3つ目のスマートウォッチです。4年前中国製、2年前ASUSの角型、そして今回に至ります。製品の完成度が高いのは流石CASIO!!
毎日装着し、楽しんでいます。!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

HUAWEI(ファーウェイ)

Band 2 Pro スマートウォッチ メタルボディ

価格:8,876円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1回の充電で可動日数21日のパワフルさが魅力

スリムな形状とは思えないスペックを秘めており魅力あるスマートウォッチです。防水機能は5気圧まで対応してくれ、GPS機能を搭載、睡眠時間の把握、心拍数の自動測定、ランニングコーチなど様々なスペックを備えています。

 

また、独立したGPS機能を備えているのでスマートフォンが無くてもランニングコースや距離、ペースなどを正確に測定してくれます。サイクリングやランニングで使用したい方におすすめです。「健康管理に本当に役に立ちました」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量21g
機能GPS機能、睡眠時間の把握、心拍数自動測定

口コミを紹介

屋外ラン用に購入。非常に気に入っています。GPSを使わなければ、電池の持ちがすさまじい。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

HUAWEI(ファーウェイ)

Band 2 Pro 0.95インチスマートウォッチ

価格:8,121円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Band 2 Proをより改良した最新モデル

Band 2 Proの新機種です。これまでの機能は伝承して更にカラーが付いたり画面の視認性能が向上しています。また、スマートフォンのシャッターの代わりにもなってくれる機能も付いています。さらにスマートフォンが検索する機能も付いています。スマートフォンが見つからず焦る時にもこのスマートウォッチが活躍してくれます。「活動量計等色々ついておりコスパはいい」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量25g
機能GPS内蔵、消費カロリー計測、心拍数計測など

口コミを紹介

健康のために、日々の生活の中で、毎日12,000歩歩くことを習慣化したかったことと、睡眠の質を良くしたいという、2つの目的で購入しました。

トップ画面で常に歩数が表示され、歩く毎にリアルタイムでカウントされるので、モチベーションが上がり、毎日12,000歩のウォーキングを習慣化できるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

GARMIN(ガーミン)

スマートウォッチ

価格:28,717円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクティブなスポーツマン向けスマートウォッチ

ステンレスのフレームがかっこいいスマートウォッチで、アウトドアな機能が揃っています。スーツよりカジュアルな洋服に似合うデザインです。お財布を出さなくてもスマートに飲み物を購入することができる「GARMIN Pay」という非接触型の決済ソリューション機能も付いています。「充電時間も短く、バッテリー持ちも良いです」と口コミでも好評です。

タイプタッチディスプレイタイプ重量40.8g
機能VO2Max、15種類以上のスポーツアプリなど

口コミを紹介

心拍数を測ってトレーニングの負荷を最適化する目的だけで買いましたが、いざ装着してみると、腕時計だけでほとんどのワークアウトを記録できる手軽さに驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

WERPOWER

スマートブレスレット

価格:1,143円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなのに多機能!

日本語対応のアプリなので英語が苦手な人でも安心です。データが表示されるので運動やスポーツが楽しくなるスマートウォッチとなっています。自動睡眠計が付いているので、入眠から起きるまでの眠りの深さを記録することもでき、健康なからだ作りに役立てることができます。カメラの遠隔操作も可能なので旅行に持っていけば活躍すること間違いなしです。「非常に軽くて着けてることすら忘れる」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量99.8g
機能歩数計、心拍計、睡眠検測、カメラ遠隔操作、音楽再生、紛失防止

口コミを紹介

非常に軽くて着けてることすら忘れるくらいフィット感も良く、疲れることがないです。
またランニングを趣味としているので測定や消費カロリーも表示されるの
とても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Unomad

EdwayBuy Xiaomi Mi band 3 スマートブレスレット

価格:3,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスは最高クラス

歩数計や心拍数、睡眠の質を管理することもできて20日間近く稼働してくれます。SNS通知があったらすぐに知らせてくれ、天気予報の表示も行ってくれます。5気圧の防水機能も付いています。「付け心地もよく快適」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量81.6g
機能通話、歩数、運動時間、距離など

口コミを紹介

とても軽く、つけ心地もよくつけているのを忘れるほどです、
画面の反応も良くこの値段にしてはとてもコストパフォーマンスは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

by Galaxy

Galaxy Gear S3 Frontier

価格:27,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4GBの大容量ハイブリッドスマートウォッチ

スーツスタイルにもフィットするハイブリッドスマートウォッチです。バッテリーの持続も充電なしで数日間持つという高寿命が長期間使用できるので長く愛用できます。スマホのように長時間の使用で電池が熱くなってしまうこともなく、腕に着けていても安心して長時間の使用に耐えることができるように設計されています。

 

また、ディスプレイ画質に定評のあるGalaxyシリーズならではの、高画質で非常にきれいな画面が特徴です。屋外使用で日光の反射に負けることのない見やすいディスプレイで高評価を受けているので、ビジネスシーンでの使用を考えている方におすすめです。「素晴らしいバッテリー持ち」と口コミでも好評です。

タイプアナログタイプ重量59g
機能GPS、心拍数センサー、高度計、気圧計など

口コミを紹介

スマートウォッチには否定的でしたが、これは間違いなく買いです。
滑らかな操作性。見やすい画面。素晴らしいバッテリー持ち(3日は余裕です)
普通の腕時計は付けなくなりました。みんなからも、お、なにそれと話題にあげてもらえるのでそういった意味でもおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Mobvoi

TicWatch E スマートウォッチ

価格:17,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直感的な操作でSNSも楽しめる

手持ちのスマホと連携させれば、スマホを取り出すことなくほとんどの操作が可能です。スマホを持っていることを忘れてしまうほどの快適さが人気のスマートウォッチです。これまでのスマートウォッチは本体スマホを経由してネット通信を行っていましたが、スマートウォッチからダイレクトなネット通信が可能となっています。

 

また、普段使いの機能が盛り込まれた本格派のスマートウォッチとしては、非常にコスパが高いアイテムです。美しい画面グラフィックの効果も相まって、1.4インチの大画面もより見やすくなっているため屋外の使用にも向いています。「大満足の製品」と口コミでも好評です。

タイプタッチディスプレイタイプ重量40.8g
機能心拍計、歩数、距離、消費カロリー、音声認識機能など

口コミを紹介

音楽コントロールと Lineの通知、応答で主に使ってます。
たまに勝手に再起動したり、勝手に接続が切れたりしますが、まあこんなものでしょう。
常時スマホを見る人ではないので バッグやリュックに入れているときにとても重宝します
おそらくですが 万歩計機能をOFFにすると電池が持ちやすいみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

itDEAL

スマートブレスレット

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性にうれしい機能付き!

スマートウォッチでは珍しい「生理周期計測」のできる商品です。女性はアプリで記録している方がいるかもしれませんが、スポーツやランニングをしている女性はまとめて記録できるので良いですね。他にもスマートフォンを探すことのできる機能も付いています。

 

また、 アプリはiOS・Androidに対応しており、シンプルなデザインなのでファッションの邪魔にもなりません。「シリコン製のベルトや金具は厚みがあり、しっかりしている」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量68g
機能歩数計、消費カロリー、睡眠検測、心拍計、生理周期計測など

口コミを紹介

携帯との連携で通知を見ることができれば十分と思っていましたが、それ以上に役立つ機能がたくさんありました!価格もお手頃なので、正直あまり期待はしてませんてましたが、大満足の買い物になりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

mobvoi

TicWatch Pro スマートウォッチ

価格:22,124円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートウォッチのジャンルでは人気が高い「Ticwatch」シリーズ

スマートウォッチのジャンルでは人気が高い「Ticwatch」シリーズですが、スタンダードな「Ticwatch」に比べて「Ticwatch Pro」は価格も倍以上の違います。それでも価格以上のクオリティや機能以外にもパワーアップしている点は、構造が大きく違います。

 

スタンダードなタイプだと固めのプラスチックのような素材で衝撃に難ありのイメージが強かったですが、「Ticwatch Pro」はガッシリとしたメタル構造で頑丈性が増しているイメージです。実際に使用してみて電池の持ちの良さが予想以上と驚かれる評価も多いです。公式説明では2日~最大30日間の使用に耐えられるというずば抜けた長寿命です。「満足度が高い」と口コミでも好評です。

タイプタッチディスプレイタイプ重量
機能電話着信、LINE通知、心拍計、歩数計など

口コミを紹介

仕様から少し厚みがありそうで心配をしていましたが、実際につけてみるとそこまで違和感はないですね。ベルトは、表面が革で内側がシリコン。見た目も安っぽくなくいい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ganzhou

スマートブレスレット

価格:3,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能や使いやすさのバランスで選べばコレ

全体的なバランスの高さが特徴のスマートウォッチです。外観にはボタンらしいボタンがなく、タッチパネルのみでシンプルに操作できることが人気の理由です。ゴム製のバンドのフィット感が良く細長い形状のため、寝ているときに着けていても邪魔にならないデザインで体調管理や計測の目的で長時間身に着けていても疲れにくいのが特徴です。「防水なので汗なども気兼ねなく使うことができます」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量
機能歩数記録、カロリー消耗表示、心拍測定、音楽再生、紛失防止など

口コミを紹介

運動するときにすぐに時間を確認できるし心拍数まで測ることができます。しかも、防水なので汗なども気兼ねなく使うことごできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

yamaytech

スマートウォッチ

価格:3,390円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用アプリを利用して快適なスマートウォッチ生活に

健康面をサポートするスペックが満載のスマートウォッチです。健康面に気を使いたくて、運動に取り組みたいと思っているのになかなか重い腰が上がらない方におすすめです。毎日の生活の中に、こちらのスマートウォッチが参加すれば歩数や消費カロリー、移動距離までしっかりと把握でき、カラダの数値から健康状態を分析してくれて、トレーニング方法を提案までしてくれるのです。

 

また、睡眠の質を把握することができる睡眠診断機能が付いていて、深い眠りに入っている時間と浅い眠りの時間までの記録ができます。健康面の協力なサポートアイテムになってくれそうです。「値段は高すぎないので、プレゼントにもいい」と口コミでも好評です。

タイプリストバンドタイプ重量
機能歩数計、消費カロリー、移動距離、着信、電話通知など

口コミを紹介

商品自体は軽くて、ベルトもサラッとしてしていて柔らかくつけやすいし、画面が見やすくていいです。また初期の設定がつまずくことなく簡単に設定ができたので良かったです。日常の生活に加え、仕事、散歩、ジムへいくことなど全ての活動に利用できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

iYaSu

スマートブレスレット

価格:4,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台3役をこなす優秀なスマートウォッチ

マルチにこなす優秀なスマートウォッチです。心拍数モニター、スポーツウオッチ、活動量計、スマートフォンに着信が着た際は名前が表示され、振動でも通知してくれます。電話に今すぐ出られない時には着信拒否をスマートウォッチからもできます。

 

また、新着メッセージに関しては3通まで保存することもできます。容量の大きいバッテリーを搭載しているので、長時間の稼働が行えるのも魅力の1つです。「画面も大きくて文字も見やすい」と口コミでも好評です。

タイプタッチディスプレイタイプ重量118g
機能活動量計、歩数計、GPS、血圧計、心拍計、睡眠検測など

口コミを紹介

画面も大きくて文字も見やすいです。
画面を指でたたいたり、横に動かすと血圧計だけでなく万歩計やストップウォッチとしても使えるようです。
機能が多すぎて血圧を測るだけでやっとです。
測ったあとも心拍数をずっと測っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチをこれから購入する初心者の方は、スマートウォッチが対応している機能や仕様について知っておく必要があります。スマホと連動することが出来る腕時計と言った印象かもしれませんが、実際にはそれぞれのモデルで使える機能に違いがあります。

タイプで選ぶ

スマートウォッチは、身体に装着して使う電子機器のなかでも腕時計タイプの製品です。腕時計として機能するわけですが、実際には、腕時計タイプ、リストバンドタイプ、タッチディスプレイタイプに分かれています。それぞれの特徴をご紹介します。

アナログタイプ

アナログタイプは、ディスプレイではなく文字盤が搭載されているアナログ時計のように見えるタイプです。「コネクテッドウォッチ」や「ハイブリッドウォッチ」とも呼ばれています。

 

Bluetoothでスマホと連動することによって、たとえば歩数、歩行距離、走行距離、消費カロリーなどのデータをスマホ側に伝えることが出来ます。残念ながらスマートウォッチの醍醐味でもある「ラインの通知」や「着信の通知」などには対応していないことが多いです。腕時計にオマケ機能が付いていると言った感じです。

リストバンドタイプ

リストバンドタイプは、見て分かるように細長いリストバンドのようなタイプです。こちらもまたスマホと連動していろいろな心拍計などの健康管理、運動データ、睡眠データなどをスマホで管理することが出来ます。アナログ時計と同様に通知は対応していないものが多いです。

 

特徴としてはこういった健康管理に特化していることによって余分な機能が省かれておりバッテリー持ちが良かったり、運動用として割り切って使うことが出来るところです。またアナログタイプやタッチディスプレイタイプと比べて価格が安いのもメリットと言えます。

タッチディスプレイタイプ

タッチディスプレイタイプは、いわゆる一般的に言われている「スマートウォッチ」がこのタイプです。アップル、ソニー、ギャラクシー、モトローラなどの名だたるメーカーから販売されており、対応した機能が多くあります。

 

このデバイス自体にアプリが導入されるので、ディスプレイを好みのデザインに替えたり、メールや着信の通知だけでなくTwitterやFacebookなどの通知に対応しているものもあります。もちろんモデルによって対応機能に違いがあり、価格もピンキリです。スマートウォッチでいろいろな機能を使いたいと言う方はこのタイプを選ぶべきでしょう。

対応機種や好みで選ぶ

それぞれのライフスタイルによって、おすすめすることのできるスマートウォッチは変わってくるはずです。自分に合ったおすすめのスマートウォッチを選ぶための重要な要素でもあるポイントについてご紹介します。

OS

スマートウォッチは、スマホと連携していないと使えないので、スマホのデバイスを調べる必要があります。スマホには、iphoneとAndroidがあります。両方のデバイスで利用できるスマートウォッチもありますが、一方しか連携できない端末もあります。スマートウォッチがどのOSに連携しているかをまず調べましょう

 

iphoneを使っている方はアップルウォッチなど、iphoneと連携している商品を選ばないと連携ができません。Androidを使っている方は、Androidスマホと連携しているAndroid Wearスマートウォッチなどの商品を選びます。iphoneとAndroidを両方使えるスマートウォッチも、OSに○○以上という制限があるので必ず確認しましょう。

デザイン

おすすめできるデザインは一人一人の好みによって変わってきます。大きく分けると二つのタイプがあります。一つ目はスマートウォッチ独特のデザインです。多くの人はスマートウォッチと言えば、四角い形をした液晶画面を思い浮かべるかもしれません。スマートウォッチをつけている感覚を強く持ちたい人には、おすすめのデザインと言えます。

 

二つ目は、自然に溶け込むデザインです。腕時計と同じような丸型のアナログタイプの形がおすすめです。日常に溶け込みビジネスシーンでもスーツに合い、使いやすいデザインのスマートウォッチです。

機能で選ぶ

スマートウォッチには様々なセンサーが搭載されています。自分が使う目的に合った機能がついているか、事前にチェックしておきましょう。

ヘルスケア機能

健康管理をしたい方は、ヘルスケア機能が付いているか確認してください。ダイエットや健康維持、ワークアウトが目的なら歩数計心拍センサー加速度センサー睡眠検知機能などがついているものがおすすめです。日々の移動距離や、ランニング時の走る速度などを測ることができ、ウェアラブル活動量計(アクティブトラッカー)のような働きをします。他のアプリと連携させて、消費カロリーを記録できる機種もあります。

GPS機能

アウトドア目的で使う場合は、気圧高度計GPS機能のある機種がおすすめです。他にも「ジャイロセンサー」と呼ばれる向きや角度を調べるための機能や、歩数計機能などもあると便利です。

防水・防塵機能

スマートウォッチは常に腕に着けて使用するため、日常生活に耐えうる防水、防塵機能が必要です。防水・防塵性能の等級は、日本工業規格(JIS)が採用しており、「IP〇〇」と表されます。IPに続く最初の数字が防塵等級を表し、最後の数字が防水性能を表します。数字の数が大きいほど効果が高いです。雨の日はIP56以上あるものが好ましいですが、日常使用ではIPX4以下でも問題ないと言われています。

Bluetooth機能

スマートウォッチとスマホとの接続には、Bluetoothが使われています。Bluetooth機能があると、楽曲データを本体にダウンロードし、本体とつないだBluetoothイヤホンで音楽を聴くことができます。古いモデルのスマホだと、最新のBluetoothの性能が発揮できない場合があります。古いスマホを使っている方は、どのバージョンのBluetoothに対応しているか確認しましょう。

スマートウォッチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5087478の画像

    iYaSu

  • 2
    アイテムID:5087472の画像

    yamaytech

  • 3
    アイテムID:5087504の画像

    ganzhou

  • 4
    アイテムID:5087510の画像

    mobvoi

  • 5
    アイテムID:5087349の画像

    itDEAL

  • 6
    アイテムID:5087485の画像

    Mobvoi

  • 7
    アイテムID:5087480の画像

    by Galaxy

  • 8
    アイテムID:5087477の画像

    Unomad

  • 9
    アイテムID:5087353の画像

    WERPOWER

  • 10
    アイテムID:5087344の画像

    GARMIN(ガーミン)

  • 11
    アイテムID:5087473の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 12
    アイテムID:5087479の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 13
    アイテムID:5087499の画像

    CASIO(カシオ)

  • 14
    アイテムID:5087474の画像

    ganzhou

  • 15
    アイテムID:5087488の画像

    Oaxis

  • 商品名
  • スマートブレスレット
  • スマートウォッチ
  • スマートブレスレット
  • TicWatch Pro スマートウォッチ
  • スマートブレスレット
  • TicWatch E スマートウォッチ
  • Galaxy Gear S3 Frontier
  • EdwayBuy Xiaomi Mi band 3 スマートブレスレット
  • スマートブレスレット
  • スマートウォッチ
  • Band 2 Pro 0.95インチスマートウォッチ
  • Band 2 Pro スマートウォッチ メタルボディ
  • プロトレックスマート WSD-F20-BK
  • GanRiver スマートブレスレット
  • myFirst Fone キッズスマートウォッチ
  • 特徴
  • 1台3役をこなす優秀なスマートウォッチ
  • 専用アプリを利用して快適なスマートウォッチ生活に
  • 機能や使いやすさのバランスで選べばコレ
  • スマートウォッチのジャンルでは人気が高い「Ticwatch」シリーズ
  • 女性にうれしい機能付き!
  • 直感的な操作でSNSも楽しめる
  • 4GBの大容量ハイブリッドスマートウォッチ
  • コストパフォーマンスは最高クラス
  • シンプルなのに多機能!
  • アクティブなスポーツマン向けスマートウォッチ
  • Band 2 Proをより改良した最新モデル
  • 1回の充電で可動日数21日のパワフルさが魅力
  • アウトドア用Gショックスマートウォッチ
  • 低価格で提供してくれるウエアラブルウオッチ
  • 保護者も安心!子供用にピッタリ!
  • 価格
  • 4650円(税込)
  • 3390円(税込)
  • 3590円(税込)
  • 22124円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 17600円(税込)
  • 27700円(税込)
  • 3400円(税込)
  • 1143円(税込)
  • 28717円(税込)
  • 8121円(税込)
  • 8876円(税込)
  • 42500円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 18800円(税込)
  • タイプ
  • タッチディスプレイタイプ
  • リストバンドタイプ
  • リストバンドタイプ
  • タッチディスプレイタイプ
  • リストバンドタイプ
  • タッチディスプレイタイプ
  • アナログタイプ
  • リストバンドタイプ
  • リストバンドタイプ
  • タッチディスプレイタイプ
  • リストバンドタイプ
  • リストバンドタイプ
  • アナログタイプ
  • リストバンドタイプ
  • タッチディスプレイタイプ
  • 重量
  • 118g
  • 68g
  • 40.8g
  • 59g
  • 81.6g
  • 99.8g
  • 40.8g
  • 25g
  • 21g
  • 92g
  • 25g
  • 141g
  • 機能
  • 活動量計、歩数計、GPS、血圧計、心拍計、睡眠検測など
  • 歩数計、消費カロリー、移動距離、着信、電話通知など
  • 歩数記録、カロリー消耗表示、心拍測定、音楽再生、紛失防止など
  • 電話着信、LINE通知、心拍計、歩数計など
  • 歩数計、消費カロリー、睡眠検測、心拍計、生理周期計測など
  • 心拍計、歩数、距離、消費カロリー、音声認識機能など
  • GPS、心拍数センサー、高度計、気圧計など
  • 通話、歩数、運動時間、距離など
  • 歩数計、心拍計、睡眠検測、カメラ遠隔操作、音楽再生、紛失防止
  • VO2Max、15種類以上のスポーツアプリなど
  • GPS内蔵、消費カロリー計測、心拍数計測など
  • GPS機能、睡眠時間の把握、心拍数自動測定
  • GPS、移動軌跡、メモ記録、活動量など
  • 活動量計、心拍計、歩数計、着信電話通知、SMS通知、カロリーなど
  • GPS、ビデオ音声通話、アラーム機能など

まとめ

スマートウォッチには、ブランドやメーカーによって機能やデザインが様々です。いろんなスマートウォッチを比較して、自分の欲しい機能のスマートウォッチを選んでみてください。今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ