ゲーム業界におすすめの転職サイト5選|未経験者や年代ごとの転職の違いも徹底調査!

記事ID47843のサムネイル画像

年収アップやスキルアップのほか、異業種からゲーム業界への転職を希望している人も増えていますが、「どの転職サイトを利用したらいいのか分からない」と悩む方も少なくありません。この記事では、ゲーム業界に特化した転職サイトや、転職サイトの選び方、年代ごとや未経験者の転職の違いなどをご紹介します。

ゲーム業界に強いおすすめの転職サイトを徹底調査

「年収アップ」「スキルアップ」「ワークライフバランスの充実」など、転職によって得られるメリットは豊富であり、未経験からゲーム業界への転職者も増えていたり、転職以外にはフリーランスになる選択肢もあります。

 

いざ転職を考えたときに総合転職サイトを利用する方も多いですが、求人の質や量の違いから転職を成功させるためにも「ゲーム業界に特化した転職サイト」の利用がおすすめです。

 

この記事では、失敗しないゲーム業界に強い転職サイトの選び方、ゲーム業界に強いおすすめの転職サイト、ゲーム業界の転職を成功させるためのポイントなどを徹底調査しました。ぜひ参考にしてください。

失敗しないゲーム業界に強い転職サイトの選び方

転職活動を始めたけど「どれが本当に良い転職サイトがわからない」と悩む方も少なくありません。ここでは、失敗しないゲーム業界に強い転職サイトの選び方をご紹介します。

「ゲーム業界に特化した転職サイト」を選ぶ

さまざまな業界の求人を扱う総合求人サイトにもゲーム業界の求人が掲載されていますが、求人紹介をしてくれるアドバイザーがゲーム業界の知識がないケースがあったり、ゲーム業界の求人が少ない場合があります。

 

その点、ゲーム業界に特化した転職サイトでは、求人数が豊富であり、アドバイザーに知識があるため、転職活動へのアドバイスが期待できます。

 

ただし、総合系の転職サイトにしか掲載されていない求人もあるので、総合転職サイトも上手に活用しましょう。

「エージェント型」か「広告求人型」で選ぶ

ゲーム業界に特化した転職サイトは、担当のキャリアアドバイザーと転職活動を二人三脚で進められる「エージェント型」と、掲載されている求人情報から自分で探す「広告求人型」の2種類があります。

 

「まずは求人情報を見てから転職を決めたい」と考えている方は「広告求人型」を活用して企業の情報を収集しておくと、その後の活動もスムーズに進められます。

 

また、「初めての転職で何をしたらいいのか分からない」と悩んでいる方はゲーム業界への転職を成功させてきたキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けられる「エージェント型」がおすすめです。

「検索項目の豊富さ」で選ぶ

多くの求人の中から、希望条件にマッチした求人を見つけるためには、検索のしやすさも重要です。特にゲーム業界の場合は、さまざまな領域ごとに職務内容や使用言語が違うため、検索項目が豊富な転職サイトの方が、経験のある領域で転職活動を進められます。

 

使用言語で検索できる転職サイトも増えており、より精度の高い検索も可能なので、自分のスキルで求人を探している方はぜひ活用しましょう。

「サポート体制」や「便利機能」で選ぶ

ゲーム業界の転職活動は、企業に与えるイメージを大きく左右するポートフォリオの作成やスキルの登録などに手間がかかるため、アドバイザーによる「サポート体制」や自動作成機能などの「便利機能」があるとスムーズです。

 

サポート体制は転職サイトごとに異なるため、どのようなサポートが受けられるのかを事前に確認しておきましょう。

 

また、登録時に入力した個人情報・スキル・経験を、履歴書や職務経歴書に自動入力してくれる「書類の自動作成機能」や、スケジュール管理をしてくれる「応募管理機能」がある転職サイトも増えているので、積極的に活用しましょう。

ゲーム業界におすすめの転職サイトランキング5選

ここでは、求人の量や質、サポートの手厚さなどから厳選したゲーム業界に強いおすすめの転職サイトをご紹介します。未経験からゲーム業界へ転職される方向けの転職サイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

大手ならではの求人数・非公開求人数

☑︎大手ならではの求人数・非公開求人数

業界最大手の「マイナビグループ」が運営するIT・Web・ゲーム業界に特化した転職サイトです。大手ならではの求人数・非公開求人数を誇り、成長中のベンチャー企業から大手企業まで幅広い企業や職種を網羅しているのが特徴です。

 

☑︎独占求人も多数取り扱っている

マイナビITAGENTにしか掲載されていない独占求人も多数あるため、ゲーム業界で転職を検討している人は登録しておいて損のない転職エージェントです。

 

☑︎手厚いサポートで初めての転職にもおすすめ

マイナビITAGENTでは、ゲーム業界専門のキャリアアドバイザーも多いため、ゲーム業界の実態や仕事内容を理解したうえで、転職を支援してくれます。転職活動をするのが初めてで不安な方や手厚いサポートを受けながら転職したい方にもおすすめの転職サイトです。

求人数 非公開 取り扱い業界・職種 IT業界、Web業界、ゲーム業界
サービスの種別 エージェント型 おすすめの年代 20代〜30代

ゲーム業界の非公開求人が多い

リクルートエージェントは、人材大手のリクルートが運営する「IT・Web業界特化型」の転職エージェントですが、ゲーム業界も取り扱っています。また、ゲーム業界の好条件の非公開求人が多いのも特徴です。

 

求人数もトップクラスですが、職種もプログラマーから企画、マーケティング、営業・販売、ゲーム開発、デザイナーなどさまざまなので、これまでの経験を活かせる職種が見つかります。

 

土日・夜間の受付や電話・オンライン面談のほか、非対面での転職サポートを実施しているので、忙しくてなかなか転職活動を進められない方にも向いています。

求人数 120,000件以上 取り扱い業界・職種 IT業界・Web業界・ゲーム業界
サービスの種別 エージェント型 おすすめの年代 20代〜40代

さまざまな職種に対応

ワークポートはさまざまな職種に対応している転職サイトですが、ゲーム業界の案件も多く取り扱っています。在籍するコンサルタントもゲーム業界の転職を得意としているので、面接対策やキャリアプランの相談まで細かくサポートしてくれるのが特徴です。

 

また、ワークポートでは、転職のノウハウが学べる「すぐに転職講座」や、応募書類作成アプリ「レジュメ」、応募や選考のスケジュール管理ができる「eコンシェル」などの無料アプリを提供しているため、アプリを活用して転職活動をスムーズに進められます。

 

さらに、ワークポートが提供している未経験からエンジニアを目指す方向けのスクール「みんスク」では、PHP・Java・インフラの3つのコースから1つのコースを選択し、気軽に学習できる環境が整っています。未経験からエンジニアを目指す方にもおすすめです。

求人数 非公開 取り扱い業界・職種 IT業界・Web業界・ゲーム業界
サービスの種別 エージェント型 おすすめの年代 20代〜40代

ゲーム制作に関わるクリエイター・デザイナー求人が多い

dodaは幅広い業界と職種を取り扱う「総合型」の転職支援サービスです。ゲーム業界に特化している訳ではありませんが、ゲーム制作に関わるクリエイターやデザイナーなどの求人を多く保有しています。

 

ソーシャルゲーム、ゲームメーカーの求人や、大手の求人が豊富なので、未経験からゲーム業界への転職を考えている方にもおすすめです。

 

dodaは転職サイトと転職エージェントの両方を利用できるため、まずは求人を見てから、本格的に転職活動を始めるときにエージェントに相談できて、効率よく進められるのが特徴です。

求人数 非公開 取り扱い業界・職種 IT業界・Web業界・ゲーム業界
サービスの種別 エージェント・広告一体型 おすすめの年代 20代〜40代

利用者の60%以上が転職を機に年収UPを実現*

レバテックキャリアは15年以上にわたって、ITエンジニア・Webデザイナーの転職に特化して支援を行なっていますが、ゲーム業界経験者も対象としています。年収600万円以上のハイクラス案件や、ソーシャルゲーム開発会社の求人を多く保有しています。

 

また、レバテックキャリアは「エージェント型」の転職サイトなので、IT人材の転職を知り尽くしたキャリアアドバイザーから具体的なアドバイスをもらえたり、年収交渉にも応じてくれて、利用者の60%以上が転職を機に年収UPを実現*しています。

 

内定獲得までは早くても2~3週間かかるのが一般的とされていますが、レバテックキャリアでは最短1週間で転職先が決定した実績もあるため、短期間で転職先を決めたいと考える方にもおすすめです。

 

* 公式サイトより

求人数 非公開 取り扱い業界・職種 IT業界、Web業界・ゲーム業界
サービスの種別 エージェント型 おすすめの年代 20代〜40代

20代・30代・40代のゲーム業界の転職活動はどう違う?

「入社してすぐの20代では相手にされないかもしれない」「35歳を過ぎてからの転職は難しいかもしれない」など、ゲーム業界への転職を考える際に、年齢による不安を感じている方も少なくありません。

 

20代前半は伸び代重視の採用、30代からはスキルや即戦力重視の採用など、どの職業でも一般的には年齢が上がるにつれて転職は難しくなります。

 

しかし、ゲーム業界は学ぶ意欲さえあれば自力でスキルを高めていけるのがメリットで、スキルがあれば年齢にかかわらず転職をしやすい職種です。ここでは年代別にゲーム業界の転職活動ポイントを紹介します。

20代は伸び代(ポテンシャル)重視

どの職種でも20代の転職で期待されるのは将来的な伸び代(ポテンシャル)です。未経験でも20代であれば、将来性から採用に至るケースも多いです。

 

今の会社で実力を発揮できていない場合、20代のうちに転職活動をすれば、将来性を見出してくれた企業に採用されやすくなります。

 

また、仕事以外にも難易度の高い資格を取得していると、ポテンシャルだけでなく実力もアピールできるため、企業からの採用率が高まります。

30代はスキルと人柄を重視

スキルが同じ20代と30代の人がいたら、企業は年齢が若く吸収力と将来性のある20代を採用するため、30代からのゲーム業界転職には、ある程度のスキルや実績が必要です。

 

また、30代からはスキルと実績だけでなく、自分から学ぼうとする姿勢がないと採用されにくくなります。転職を考えている方は、自分の市場価値や求められているスキルを把握しながら行動に移しましょう。

40代は経験と積極性を重視

40代が持っている経験とスキルは、企業からしたら欲しくてたまらない人材です。

 

これまでの経験を活かせる企業を見つけて実績をアピールできれば、スムーズな転職も可能です。まずはアドバイザーに実績や経験を伝えて、企業が求める人物像が合致する案件を紹介してもらいましょう。

 

IT人材キャリアの選択肢は「管理職」か「技術職」の2パターンがあり、技術者として優秀であれば、マネジメント経験がなくても必要としてくれる企業が多いため、自分の強みを積極的にアピールしましょう。

未経験からゲーム業界への転職は難しい?

サイトに掲載されている求人には、ほとんどの場合「未経験歓迎」「未経験OK」のようなカテゴリがあるため、未経験からゲーム業界への転職も可能です。

 

しかし、ゲーム業界の企業で内定が取れたとしても、未経験からの場合は覚える量が多く、実務で戦力になるためには努力が必要です。経験を積んでステップアップするといった強い意志で取り組まないと、転職しても希望とは違う案件ばかりを任されたりして失敗に終わってしまいます。

 

また、未経験者の場合、会社側の研修体制が整っているかどうかは、成長していくうえでとても重要です。研修や教育に力を入れている会社があれば積極的に応募してみましょう。

ゲーム業界の転職を成功させるためのポイント

不況や環境変化などの外的要因に強いゲーム業界では、クリエイターやデザイナーの需要が高まっており、転職によって年収アップを実現している人も増えています。

 

しかし、準備ができていない方や、自身の強みが整理できていない方は、転職活動がなかなか進まないと悩む方も少なくありません。以下のポイントを参考にして、ゲーム業界の転職を成功させましょう。

ポイント①:自分の能力と市場価値を把握する

同じ企業で長く働くほど、自分のスキルを客観視できなくなります。いざ面接となると何を面接官にアピールすれば良いかが分からず、十分にアピールできないままチャンスを逃してしまう人もいます。

 

自分の行なっていた業務がどのような成果を残したのか、全体の中でどのような役割を果たしていたのか、また、これからどのような仕事をしたいのかをしっかりアピールするためにも、転職活動を始める前に、キャリアやスキルの棚卸しをしておきましょう。

 

ゲーム業界の仕事を正しく理解した転職アドバイザーなどに、自分の市場価値を正しく評価してもらうのもおすすめです。

ポイント②:転職する理由を明確にする

転職活動を始める前に、自分が転職する理由を明確にしておきましょう。曖昧な理由で転職活動を始めてしまうと、企業選びの軸や転職理由が上手く作れず転職活動が滞ってしまうためです。

 

給与・福利厚生・労働環境に対する不満など自分が当てはまっている転職理由を振り返り、ネガティブな理由を「ポジティブな目標」に変換して、企業側に向上心や明確な将来のビジョンが伝わるようにしましょう。

ポイント③:最新のスキルを常に把握しておく

ゲーム業界の技術は進歩し続けているため、ゲーム業界で仕事をする以上、状況に応じて新しい技術を吸収していく必要があります。

 

ゲーム業界に詳しいキャリアアドバイザーであれば、業界全体で求められているスキルを教えてくれます。積極的に相談して必要なスキルは習得し、ゲーム業界のトレンドを常に把握しておきましょう。

 

すぐに転職を考えていないとしても、求められているスキルを身につけておけば、転職活動を始めた際に有利になります。

今が狙い目のゲーム業界おすすめ転職先候補

ゲーム業界といっても、その仕事はさまざまであり、必要なスキルや関わる環境が大きく異なります。ここでは、転職しやすさなどから今が狙い目の職種をご紹介します。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、ゲームとサーバーの情報のやりとりを開発・保守する仕事です「縁の下の力持ち」のような存在であり、リリース時やイベントにユーザーが殺到しても耐えられるサーバー設計・実装を作り、ユーザーがノンストレスに遊べる環境を支えています。

 

ネットワーク・サーバーの概念理解、構築経験、サーバー言語(PHP、Rubyなど)経験などがあると転職先がスムーズに決まりやすいです。

UIデザイナー

UIデザイナーとは、ゲームの画面構成・レイアウト設計し、実装する仕事です。企業によってはUI/UXデザイナーとしているところもあるため、ユーザー体験までを担当できて、やりがいを感じられます。ユーザーから見えづらい部分でもあるため、希望者が少ないとされる職種です。

 

「UI」自体はゲーム以外のシステムやWebページなどにも存在していて、さまざまな理論があります。興味ある方は学んでおくと採用率もアップします。

2Dデザイナー(背景・エフェクト)

ゲーム内のキャラクターデザインを担当する2Dグラフィックデザイナー(イラストレーター)とは違い、背景やエフェクトを担当するお仕事です。

 

背景やエフェクトは企業ニーズが高いものの、実は希望者が少ないとされています。背景はそのゲームの世界そのものを、エフェクトはユーザーのワクワクドキドキを直接引き起こせる、ゲームならではの魅力的なお仕事です。

 

背景やエフェクトに興味のある方は、ポートフォリオやエントリーシートでそのスキルを積極的にアピールしましょう。

フリーランスを目指す

自分の持つスキルに自信がある場合は、フリーランスとして独立するのも選択肢のひとつです。

 

収入が不安定であったり、社会保険の支払いや確定申告を自分でしなければならないなどの手間は増えますが、時間や場所に縛られない自由な働き方を選択できます。

まとめ

市場規模が拡大しているゲーム業界では、企業側も積極的な採用を行っています。転職するかを迷っている場合でも、まずは転職サイトのキャリアコンサルタントに相談し、自身の市場価値を把握してみましょう。それぞれ特徴や強みが大きく異なるため、転職サイトは複数登録がおすすめです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2022年最新版】

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2022年最新版】

転職サイト
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2022年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2022年最新版】

転職サイト
【2022年最新版】フリーランスや副業の人気おすすめランキング15選

【2022年最新版】フリーランスや副業の人気おすすめランキング15選

その他
【2022年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

【2022年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

その他
エンジニア転職におすすめの転職サイト5選|未経験者や年代ごとの転職の違いも徹底調査!

エンジニア転職におすすめの転職サイト5選|未経験者や年代ごとの転職の違いも徹底調査!

転職サイト
【2022年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

【2022年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

転職サイト