防水タブレットの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID4502のサムネイル画像

お風呂の中で映画や動画を鑑賞したり、プールやマリンスポーツを撮影したりするときに役立つのは防水タブレットです。しかし、防水タブレットとはいっても種類が豊富すぎてどの端末がよいのか悩んでしまいますよね。そんな方のために、今回はランキングを制作しました!

防水タブレットはさまざまなシーンで大活躍する!

タブレットはタブレットでも、防水機能があるのかないのかによって、使い方は大きく変わります。防水タブレットのよい点は、電子機器の天敵である水辺でも気兼ねなく使用できるという点ですよね。

 

また、防水ならば誤って飲み物をこぼしてしまっても、急な雨に濡れてしまっても安心です!そのような理由から防水タブレットの需要は年々増え続けています。それと比例するようにさまざまなメーカーから、さまざまなタイプの防水タブレットが発売されているのです。

 

しかし、ズラリと並んだ端末の種類の多さにどれを選べばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は発売年、コスパ、大きさ、人気などを元にランキングを制作しました。防水タブレット選びに悩んでいる方は、ぜひご覧ください!

防水タブレットの人気おすすめランキング15選

15位

KEIAN

KWP10R AZ

価格:15,470円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく安価な防水タブレット

2万円前後の防水タブレットならばこちら!10インチでありながらこの価格、さらにはIPX5と防水等級も高めなのがおすすめ。動画を見るだけのタブレットがほしい、お風呂で楽しむだけの防水タブレットがほしい、機能にこだわりが特にない、お試しでタブレットがほしい、なんて方におすすめです。

インチ10インチ防水等級IPX5
OSAndroid発売年2017年
14位

Cube

iPlay 8 Android 6.0 タブレット

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強の防水機能搭載タブレット

とにかくコスパ最強の激安タブレットです。動画を見るのはもちろん、インターネットを楽しむことも可能な、とりあえず防水タブレットがほしい方には十分すぎるほどのアイテム。動画を見るようにはもちろん、子供用タブレットとしてもおすすめの低コストで手に入る防水タブレットです。

インチ8インチ防水等級記載なし
OSAndroid発売年2017年

口コミを紹介

通勤中だけ使おうと思いましたので、そんなに高いものじゃなくてもよかったと思いますから、この商品を決めました。この商品の画質はとても良かったです。なにより、明るくて、いいです。商品も軽くて、持ち出すことは便利です。今まで問題なく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Amazon

Fire HD 8 タブレット

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能かつ高性能なタブレット

動画を見ることに特化したタブレット。防水機能が搭載されているだけではなくアプリも使用できます。通常のタブレットのような使い方はできませんが、ただ動画を見るだけのタブレットとしては十分な防水端末です。

インチ8インチ防水等級記載なし
OSFireOS発売年2018年

口コミを紹介

古いiPadの動作が重くて購入しました。タイムセールで価格も安く、アプリ不足も google play導入(簡単にできました)で解決。 インターネットのスピードも5GwifiでUPもdown両方100Mbps以上で大満足です。 説明書にはwifiは、a/b/g/nのみでacがなく不安でしたが。このスピードなら満足です。 micro SIMがある為、アマゾンvideoをたくさんダウンロードして楽しみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

au

au Qua tab QZ10

価格:38,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お風呂で使うならこれ!

防水機能がついているだけではなく、お湯がかかってもへっちゃらというお風呂で使うためにあるような防水タブレット。防水タブレットでも、お湯がかかるのは対象外というものが多い中、お湯がかかっても大丈夫というお墨付きはとても安心、かつありがたいですね。

インチ10.1インチ防水等級IPX5
OSAndroid発売年2016年
11位

HUAWEI

dtab Compact d-01J

価格:16,400円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4つのスピーカーから聞こえる音声

IPX5に対応しているワンセグも見れる防水タブレット。4つのスピーカーから聞こえるHarman Kardon(ハーマンカードン)により奥行きのある音声を堪能できます。さらに指紋センサーもついていてセキュリティーも安心!普段用にはもちろん、子供用のタブレットとしてもおすすめです。

インチ8.4インチ防水等級IPX5
OSAndroid発売年2018年

口コミを紹介

予想より小さくて不安でしたが、片手で持てて、楽です。
機能も、十分かと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

KYOCERA

au Qua tab KYT31 White

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手通信会社auの防水タブレット

常温の水道水のみですが、それでも防水性のあるタブレットとして根強い人気を誇っているauのタブレットです。au のアプリがあらかじめ入ってはいますがもちろん除去することも可能。見た目も可愛いため女性に人気のタブレットです。

インチ8インチ防水等級記載なし
OSAndroid発売年2015年

口コミを紹介

新品で防水タブレットの部類でお値打ちですね。

販売時期が、新しいのでSIMフリー化できませんが、Wi-Fi経由で普通のタブレットとして利用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

NEC

LaVie Tab S PC-TS508FAM

価格:25,579円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭用で使える小さめの防水タブレット

IPX2と防水等級は控えめですが、8インチと大変使い勝手のよいサイズ感が大変人気を集めている防水タブレットです。高画質、高精細な画面は見ていても疲れることはなく、小さい画面でも快適に動画を見ることができます。4時間充電で最大8時間ネットサーフィンを楽しめるのもポイント。

インチ8インチ防水等級IPX2
OSAndroid発売年2016年

口コミを紹介

2台目のタブレット
前のよりも軽くてタッチの精度も良い。
液晶もきれいでネットも動画もスムーズに使える。
国産メーカーの方が信頼できるしコスパも良いと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Sony

Xperia Z2

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトかつ使いやすく完全防水

防水等級IPX5〜8という高い防水性を誇りながら10インチとかなり画面が大きく、426gと軽い防水性の高いタブレットとして人気を集めています。さらに画面が大変きれいで、音もハイレゾ音源に対応しているため、動画を高画質、高音源で見たい方におすすめです。

インチ10インチ防水等級IPX5〜8
OSAndroid発売年2014年

口コミを紹介

発売されてからだいぶ立つのですが、今でも十分使えます。Z2よりも性能がいいのがたくさんありますが、自分にはZ2でも十分な性能だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

レノボジャパン

Lenovo YOGA Tab 3

価格:23,490円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンド付きで使いやすい防水タブレット

キッチンや洗面台など、水回りで使用する程度であるならばこちらの防水タブレットがおすすめ。IPX2程度であるため、完全に浸水させることはできませんが、水が少々かかった程度であれば壊れることはありません。

 

こちらのよいところは壁掛け用のフックや、自立するスタンドが付属品としてすでに付いているというところ。動画を見ながら料理をしたり、壁掛けテレビのような使い方をしたいとお考えの方には断然おすすめです。お風呂の中でも浸水をさせたり、水をかけたりしなければある程度は大丈夫です。

インチ10.1インチ防水等級IPX2
OSAndroid発売年2016年

口コミを紹介

ヨガタブレット3台目。
今回は、ひかりTVを見る為に10インチにして、メモリーが倍の物を選びました。
アマゾンカードを作り、プレゼントの5000ポイントを使っての購入です。
安く購入出来て満足です。
まだ、そんなに使ってのいませんので詳しくレビューも出来ません。

出典:

6位

レノボ・ジャパン

Lenovo Tab4 10

価格:19,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンセグも楽しめる高品質タブレット

ワンセグも楽しみたい、とにかく解析度の高い大画面で動画を思う存分楽しみたい、レジャーに持っていくから防水性も諦めたくない!なんていう方におすすめの、大画面防水タブレットです。

 

IPX7の防水性があるため、普通に使う分にはもちろんのことレジャーシーンでありがちな水没事故にもある程度は対応できる安心の設計です。目安としては水深1mの場所に30分浸水していても大丈夫なのだとか。マリンスポーツ、川遊び、キャンプ、ハイキングなど、ちょっとした場所へ行くときから、普段使い用から、遠出をするときまで幅広く使えそうな防水タブレットです。

インチ10インチ防水等級IPX7
OSAndroid発売年2017年

口コミを紹介

あれこれとタブレットを使ってきましたが、性能、コスパで一番いいのはYogaTabet3 10だったと思っています。ただ気に入らなかったのは太いグリップが邪魔になる時があることと画質の粗さでした。今回、Lenovo Tab4 10を手にしてみると、この2点が解消されていると思いました。薄くて軽く画質もかなり良いです。当分これでいけそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Amazon

Kindle Paperwhite

価格:17,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電子書籍を読むことに特化したタブレット

お風呂の中やマリンスポーツをするときにゆっくりと電子書籍を読みたいとお考えの方に、ぜひおすすめしたい防水タブレット。読書専用のタブレットであるため、動画をみるのには向いていませんが、重さが182gしかなくなんと単行本よりも軽い!さらに防水等級もIPX8で、どれだけ水がかかっても問題ありません。

 

長時間お風呂で読書を楽しみたい方や、プールサイドで水濡れの心配をせずに楽しみたいという方にはうってつけのタブレット。ちなみに画面をタップすると辞書やWikipediaを見ることも可能なので、博学家の方にもおすすめです。参考書がわりに使う方も多いので、勉強を頻繁にするという方もぜひ持っていてほしい防水タブレットです。

インチ6インチ防水等級IPX8
OSFireOS発売年2018年

口コミを紹介

視力が非常に悪く、読書から遠ざかっていましたが、KINDLEの御蔭でフォントを調整し
また、読書が出来るようになった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

NEC

LAVIE Tab E TE508

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手頃なサイズ感がちょうどよい防水タブレット

8インチの手頃な大きさかつ、コスパのよい防水タブレットをお探しならばぜひおすすめしたいアイテム。IPX5の防水性を備えた製品で、防水機能も優秀なだけではなくIPSディスプレイが搭載されていることで、広視野角からの映像を楽しむことも可能。さらには音質にもこだわっているため、まさにお風呂で動画を楽しむのにうってつけな防水タブレットです。

 

さらにさらにアプリを使えば自宅のパソコンに保存しているテレビ番組を外出先で楽しむことも可能!コンパクトで使い勝手もよいタブレットをお探しなら断然こちらをおすすめします。

インチ8インチ防水等級IPX2〜5
OSAndroid発売年2017年

口コミを紹介

大きすぎず、小さすぎずでタブレットに色んなアプリが最初から搭載されインターネットを楽しむには十分な性能は備わっているかもしれません。ただ初期設定の際の取扱い説明書が付属されていないのと使用していて時々不安感を覚える変な機械音がたまにします。とはいえタブレットをお安く使ってみたいという方には楽しくインターネットできる価格かな、と思います。
追記ですが気になる機械音はウイルスソフト導入とアプリの更新で改善できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

富士通

arrows Tab WQ2

価格:73,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく丈夫なタブレット

水濡れを気にする事なくガンガン使える防水タブレットをお探しの方や、防水タブレットとしての機能だけではなくサブPC として買いたいと思っている方には、ぜひこちらのシリーズがおすすめです。

 

何かと丈夫なタブレットシリーズというイメージが高いタブレットではありますが、全体をガッチリとホールドされているタイプのタブレットであるため少々の水濡れならば浸水する心配はございません。さらに注目をしていただきたいのが、その使い勝手の良さです。

 

専用のペンやキーボードを使えばサクサクと直接入力することができます。外出先での業務や作業にも大活躍すること間違いなしの防水タブレットをぜひ試してはいかがでしょうか?

インチ10.1インチ防水等級IPX5〜8
OSWindows10発売年2019年
2位

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

XperiaTM Tablet Z SO-03E

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量タイプの防水タブレット

10.1インチの大画面タブレットのデメリットが重さがあるという点。しかし、こちらは10.1インチの大画面でありながらその重さはわずか495g!厚さは世界最薄の6.9ミリ!デザインもスタイリッシュで何かと使いやすそうな防水タブレットとして大注目を集めています。

 

さらにワンセグも対応をしているため、外出先でもテレビが見れると大変優秀なタブレットです。とにかくエンターテイメントを外出先で楽しみたいという方や、水辺を行き来するレジャースポットで楽しみたい方、幅広い使い方をしたいという方にぜひ試していただきたいタブレットです。

インチ10.1インチ防水等級IPX5〜7
OSAndroid発売年2013年

口コミを紹介

最近地震で1日停電になりました。ソニーの防災ラジオは大活躍しましたが「テレビからの地震情報」を知りたいと色々と探しても、馴染みのないメーカーばかりでしかも値段も2万以上するものばかりで、買う気もなくなってましたが、ダブレットでテレビ付きものを調べると「XperiaTM Tablet Z SO-03E」が2万以下で販売されてましたので即買いしました。どの部屋でもワンセグで見れるし、ゲームとか楽しめて、とても満足です。防災テレビで選択に迷っている方、TV付タブレットお勧めです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

HUAWEI(ファーウェイ)

MediaPad M3 Lite 10.1インチタブレット

価格:29,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質!コスパ!最強の防水タブレット

とにかくコスパのよい防水タブレットが欲しい、画面が大きくて使い勝手もよいものが欲しいというワガママな方に、断然おすすめしたいタブレットがこちら。中国製のタブレットでありながらそのコスパのよさと画面の大きさ、さらには高いパフォーマンス性の注目が集まっている今話題の防水タブレットです。

 

人気があるのはそのリーズナブルさだけではありません。なんと800万画素のカメラを搭載しているため、撮影もクリアで綺麗!防水等級もIPX6〜7基準値をクリアしていると、何かと言うことなしのもっともおすすめしたいタブレットです。どの防水タブレットを購入すればいいのか?とにかく防水タブレットデビューをしたい!なんていう方におすすめです。

インチ10.1インチ防水等級IPX6~7
OSAndroid発売年2017年

口コミを紹介

ローディング時間の短縮、高解像度モードでも処理落ちしない等、
見てわかるほど違います。画面も0.4インチ大きいので見易い。この価格でこの性能なら満足できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水タブレットの選び方

防水タブレットの人気ランキングを見てもどのタブレットが自分に適しているのか、なかなかわからない、どのタブレットにすればいいのか検討がつかない、なんて方も多いでしょう。そこで、防水タブレットを選ぶときに、ぜひ押さえておいてほしいポイントをいくつかご紹介します。

防水等級

防水タブレットであれば、どんな状況でも水没する心配はない!なんて思っている方は要注意です。実は防水タブレットにはそれぞれ防水投球が設けられており、どの程度防水してくれるのかがレベルで分けられているのです。

IPX8

最高レベルの防水性を誇る「IPX8」は、あらゆる方向からの水にも耐えられる高い耐水性があります。そのため、ある程度の時間水の中に水没していても大丈夫という大変優れた製品もあります。

 

お風呂での動画観賞用にはもちろんのこと、水に濡れやすいマリンスポーツやプールなどでも問題なく使用できます。

IPX7

IPX8ほどではないものの、高い防水性を誇っているのはIPX7です。一時的な水没をしても内部まで浸透することはないため、こちらもマリンスポーツやプール、お風呂などで十分使用できます。

 

ただし、長時間の浸水には耐えられませんので、防水タブレットだからと水の中に完全に沈めて動画や映画を鑑賞したり写真撮影をするような使い方はおすすめしません。

IPX6〜5

水辺でタブレットを使いたいだけであればIPX6〜5程度の防水等級で十分だといわれています。IPX7よりも劣る防水性ではありますが、それでも少々水がかかる程度ならば内部まで浸透することがないような作りになっています。

 

水没させないように注意をするのであればお風呂でも使用可能なだけではなく、キッチンや洗面台などでも使用可能。リーズナブルな値段のものもあるので、普通に使う分であればこちらくらいの等級のものがおすすめです。

IPX4〜

何らかの理由で水がかかってしまうかもしれない、万が一の事故に備えて普通のタブレットではなく防水タブレットを購入しておきたいという方はIPX4以下のものがおすすめです。水没をしてしまうと壊れてしまう可能性が高いですが、水がかかる程度であれば内部に浸水してしまうのを防いでくれます

 

普通に使用する中で起こりうる水の事故を防ぎたいという目的であれば、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

OSで選ぶ

防水機能だけではなく、ぜひ注目をしていただきたいポイントがOSです。タブレットのOSには主に3種類ございます。このうちのApple社が展開している「iOS」つまりiPadは防水非対応となりますので、防水タブレットのOSは2種類となります。

AndoroidOS

Google社が展開しているAndroidOSは安価なタブレットが多く、アプリも豊富に揃っているのが特徴です。家庭用タブレットとして使用するときや、ゲームや動画を見るためだけに使用したいと考えている場合にオススメです。

WindowsOS

お馴染みのMicrosoft社が開発しているWindowsOSのタブレットは性能が大変高くタブレットでありながらPCのように使えるのが特徴です。ミニノートPCとして使用している方が大変多いため、専用のキーボードが販売されていたり、エクセルやワードをサクサクと使えたりと、ビジネス用としても使えます。

 

動画を見るだけではなく、パソコンを見たり書類を編集したり、ビジネス用のタブレットとしても使用したいと考えている方や、ミニPCとしても使いたいと考えている方にぜひおすすめしたいモデルです。

ディスプレイサイズ

防水タブレットを選ぶ際にチェックをしていただきたいのが、どのような用途で使うのかということと、その用途に合ったディズプレイサイズはどれくらいかという点です。大きすぎても小さすぎても使いにくいタブレット、ぜひ使う用途について考えて大きさを決めてください。

7インチ

持ち運びに適しているものを選ぶのであれば、ちいさめのサイズである7インチの防水タブレットがおすすめです。7インチであれば片手操作が可能ですし、混雑する電車内でも楽に使えます。また小さいサイズですから鞄にもすぐに収まってくれるのがよいですね。

 

ただし、7インチとなると画面が小さすぎると感じる場合もあるため、使う人を選ぶ防水タブレットとも言えるでしょう。

8インチ

人気を集めている防水タブレットがこの8インチです。鞄にちょうど収まるサイズでありながら、画面も程よく大きくひとりで動画を鑑賞したり、読み物を読むのにちょうどよい大きさです。

 

お風呂でゆったりと動画をみたり、電子書籍を読みたいとお考えの方はぜひ8インチのタブレットを検討されてはいかがでしょうか?

9インチ以上

大画面で動画を楽しみたい!家族みんなでタブレットを使いたい!そんな方には9インチ以上の大きめの防水タブレットをおすすめします。画面が大きい分、本体も大変大きくなりますので持ち運びには少々向いてはいませんが、自宅だけで使うのであれば問題はありません

 

また、サブPCとしても使いたいと考えているのであれば、大画面のタブレットの方が後々使いやすく利便性が高いといえるでしょう。ご自宅だけでの使用や、決まった場所での使用などをお考えの場合は大きめのものを選んでみましょう。

通信方法

防水タブレットを購入するとき、どのような使い方をしたいのかによって選ぶべき通信方法が変わってきます。外出先で気兼ねなく使いたいのか、それとも自宅やWi-Fiスポットでのみ使いたいのか、そもそもネットに繋げる必要はあるのかなど、使い方や使うタイミングに合わせて選んでみましょう。

Wi-Fiモデル

ポケットWi-Fiなどとセットで使う場合や、Wi-Fiスポットのみで使う場合、さらにはネットに繋げずに使用したいと考えている場合は、Wi-Fiモデルがおすすめです。メリットとしては、SIMタイプよりも安価で手に入りやすく、Wi-Fiを使うだけなので月々の通信費がかからないという点です。デメリットはWi-Fi環境が無ければインターネットができないという点です。

SIMモデル

SIMタイプの防水タブレットはどこでも気兼ねなく使えるだけではなく、まるでスマホのように通信できるため、電波が届く場所であればネット通信ができるという点です。そのためプールや海の上などでも使えるのがとても便利。ただし、毎月の通信費が発生しやすく何かとコストがかかりやすいというデメリットもあります。

スペックで選ぶ

タブレットとして使うのであればやはりスペックは大切です。最後はスペックで選ぶべきポイントをご紹介しましょう。

ストレージ

パソコンのデータを長期間保管しておくために必要な補助記憶装置であるストレージ。オンラインストレージ、クラウドストレージ、内部ストレージ、外部ストレージがありますので好みに合ったものを選んでください。

メモリ

同時に作業できる値のことをいうメモリ。動画を見るくらいであれば、メモリがそこまで多くなくても問題はないでしょうが、同時に複雑な作業をしたいのであれば大きなものを買うようにしましょう。

バッテリー

バッテリー容量は外出先でどれだけ防水タブレットを使うかによって違いが出てきます。通勤時間程度の使用ならばバッテリー容量が大きくなくても問題はないでしょうが、レジャーなどで使うつもりならばやはり大きなものを購入する方がよいでしょう。

カメラの画素数

防水タブレットを使って写真撮影をする方はカメラの画素数も選ぶときのポイントにしてみてはいかがでしょうか?

 

写真の画質が良いほうが良い方は画素数が大きいものを選ぶと良いです。撮影した写真を印刷して保存したい方は1200万画素以上のものを選んでみてください!

防水タブレットと使うべきおすすめアプリ

防水タブレットがあればお風呂で入浴中にも読書や映画を見たりすることが可能になります。ぜひ、防水タブレットをゲットしたら、入浴タイムに至福の時間を過ごされてみてください!

Kindle

KindleアプリはAmazonで購入した電子書籍などをタブレット上で楽しむことが可能になります。一般的な書籍は紙でできているため、お風呂の中では読めないですよね。

 

お気に入りの本をタブレットにダウンロードすれば、お風呂以外でも通勤通学中に手軽に読書が楽しめます!

ネットフリックス(Netflix)

ネットフリックスはアメリカ合衆国のオンラインDVDレンタルや映像ストリーミング配信事業会社で、契約者数は世界で1億2500万人を誇ります。

 

映画やドラマ、ネットフリックス限定作品を月額料金で支払うことで、家の中でも外でも楽しむことができますよ!

防水タブレットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5049243の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • 2
    アイテムID:5049294の画像

    ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

  • 3
    アイテムID:5049380の画像

    富士通

  • 4
    アイテムID:5049410の画像

    NEC

  • 5
    アイテムID:5049452の画像

    Amazon

  • 6
    アイテムID:5049483の画像

    レノボ・ジャパン

  • 7
    アイテムID:5049506の画像

    レノボジャパン

  • 8
    アイテムID:5049522の画像

    Sony

  • 9
    アイテムID:5049527の画像

    NEC

  • 10
    アイテムID:5049547の画像

    KYOCERA

  • 11
    アイテムID:5049711の画像

    HUAWEI

  • 12
    アイテムID:5049723の画像

    au

  • 13
    アイテムID:5049759の画像

    Amazon

  • 14
    アイテムID:5049770の画像

    Cube

  • 15
    アイテムID:5049542の画像

    KEIAN

  • 商品名
  • MediaPad M3 Lite 10.1インチタブレット
  • XperiaTM Tablet Z SO-03E
  • arrows Tab WQ2
  • LAVIE Tab E TE508
  • Kindle Paperwhite
  • Lenovo Tab4 10
  • Lenovo YOGA Tab 3
  • Xperia Z2
  • LaVie Tab S PC-TS508FAM
  • au Qua tab KYT31 White
  • dtab Compact d-01J
  • au Qua tab QZ10
  • Fire HD 8 タブレット
  • iPlay 8 Android 6.0 タブレット
  • KWP10R AZ
  • 特徴
  • 品質!コスパ!最強の防水タブレット
  • 軽量タイプの防水タブレット
  • とにかく丈夫なタブレット
  • 手頃なサイズ感がちょうどよい防水タブレット
  • 電子書籍を読むことに特化したタブレット
  • ワンセグも楽しめる高品質タブレット
  • スタンド付きで使いやすい防水タブレット
  • コンパクトかつ使いやすく完全防水
  • 家庭用で使える小さめの防水タブレット
  • 大手通信会社auの防水タブレット
  • 4つのスピーカーから聞こえる音声
  • お風呂で使うならこれ!
  • 高機能かつ高性能なタブレット
  • コスパ最強の防水機能搭載タブレット
  • とにかく安価な防水タブレット
  • 価格
  • 29084円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 73480円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 17980円(税込)
  • 19580円(税込)
  • 23490円(税込)
  • 円(税込)
  • 25579円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 16400円(税込)
  • 38000円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 15470円(税込)
  • インチ
  • 10.1インチ
  • 10.1インチ
  • 10.1インチ
  • 8インチ
  • 6インチ
  • 10インチ
  • 10.1インチ
  • 10インチ
  • 8インチ
  • 8インチ
  • 8.4インチ
  • 10.1インチ
  • 8インチ
  • 8インチ
  • 10インチ
  • 防水等級
  • IPX6~7
  • IPX5〜7
  • IPX5〜8
  • IPX2〜5
  • IPX8
  • IPX7
  • IPX2
  • IPX5〜8
  • IPX2
  • 記載なし
  • IPX5
  • IPX5
  • 記載なし
  • 記載なし
  • IPX5
  • OS
  • Android
  • Android
  • Windows10
  • Android
  • FireOS
  • Android
  • Android
  • Android
  • Android
  • Android
  • Android
  • Android
  • FireOS
  • Android
  • Android
  • 発売年
  • 2017年
  • 2013年
  • 2019年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2014年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2018年
  • 2016年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2017年

まとめ

防水タブレットのおすすめランキングは参考になりましたか?コスパのよい商品であったとしても、決して安いものではありません。購入をするならば、失敗をしたくないと思うのは当たり前のことです。防水タブレットの購入を考えている方は、今回のランキングや選び方を参考にして自分に合った商品を選ぶようにしてくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ