【2021年最新版】真空管アンプの人気おすすめランキング25選【日本メーカーも】

記事ID4487のサムネイル画像

真空管アンプは通常のアンプと比べて柔らかく、ギターの温かい音を再現できると人気です。日本メーカーを始め、ラックスマンやトライオードなどの有名メーカーからも発売されています。今回は、真空管アンプの選び方やおすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。

真空管アンプで柔らかく温かみのある音を楽しもう

真空管アンプは通常のアンプよりも柔らかく温かみのある音を再現することができ、専門家からも高い評価を得ています。寿命は約6年程度だとされており、価格はほかのアンプよりも少し高いとされていますが、なかには安くコスパのよい真空管アンプもあります。

 

実は、そんな真空管アンプは使用している真空管によって音が大きく変わるのです。特に出力管は同じ型番でもものによって音が変わり、そこから自分好みに仕上げていくこともできるので音にこだわりのある方にはたまらないアンプなんです!

 

そこで今回は真空管アンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは人気度・タイプ・アンプの数・管の種類・出力を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

真空管アンプのメリット・デメリット

真空管アンプには、柔らかくて温かい音質を楽しめるというメリットがあります。音の生々しさや魅力的な音色を、より追求したい方に向いています。楽器の溶け合いや場の雰囲気の再現に優れるので、音楽をリラックスして聴きたい方におすすめです。

 

真空管アンプは、真空のガラス管の中で、ヒーターを暖めた電極が動作します。ガラス管の外見とほんのりと明るく光る様子は、レトロ感がありノスタルジックです。真空管が前面に露出していて、独特な音とおしゃれで魅力的な見た目を楽しめます。

 

真空管アンプには、真空管の消耗でランニングコストが掛かるというデメリットもあります。真空管の耐用年数は5年から7年で、音が変調すると交換する必要があります。また、一般的なアンプより電力効率が悪く、低出力という特徴があります。

真空管アンプの選び方

真空管アンプには様々な種類があり、どれを選べばいいのかわからないという方もおられるでしょう。ここでは、真空管アンプの選び方のポイントをご紹介したいと思います。

アンプ形式で選ぶ

真空管アンプには、大きく分けてプリメインアンプとセパレートタイプがあります。使いやすさや音質を比較して、真空管アンプの形式で選ぶようにしましょう。

初心者には「プリメインタイプ」がおすすめ

プリメインアンプとは、プリアンプとパワーアンプが一体化した真空管アンプのことです。再生機器とスピーカーがあれば音が出るので、使いやすいのが特徴です。真空管アンプの商品では、プリメインアンプが主流です。

 

プリメインタイプは真空管アンプの主流で、メーカーや価格の選択肢が豊富にあります。機器を2つ購入する必要がないので、コストを抑えることができます。プリメインタイプは、手軽に使用できるものが多く初心者の方におすすめです。

 

以下の記事では、プリメインアンプの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

音量や音質にこだわるなら「セパレートタイプ」

セパレートタイプは、プリアンプとパワーアンプが分かれている真空管アンプです。大出力を発することが可能で、音量や音質にこだわって使いたい方におすすめです。ハイクラスの真空管を使用した、上級者向けの真空管アンプも販売されています。

 

セパレートタイプは、真空管アンプで高度な再生を目指す方におすすめです。ただし細かい設定が必要で、知識や経験も要求されることがあります。性能の高いものになると、高価格の商品も販売されています。

回路方式で選ぶ

真空管アンプの回路方式には、シングルアンプとプッシュプルアンプがあります。目的や好みに合わせて、真空管アンプの回路方式で選ぶようにしましょう。

音質を重視するなら「シングルアンプ」がおすすめ

シングルアンプは出力管を左右1本ずつ使用した回路です。シングルアンプはプッシュプルアンプよりも出力が劣りますが、真空管アンプ特有のやわらかで高音質なサウンドを楽しむことができます。音質を重視したい方には、シングルアンプがおすすめです。

出力を重視する方は「プッシュプルアンプ」がおすすめ

プッシュプルアンプは出力管を左右2本ずつ使用した回路です。出力はシングルアンプの2倍以上になるため、出力を重視したいという方におすすめです。アンプは増やせば増やすほど出力は上がりますが、真空管らしい音質が出せなくなるので注意が必要です。

システム構築が不要な「ステレオ内蔵形式」

真空管アンプは、ステレオシステムに内蔵されていることがあります。オーディオからスピーカーまで一式がセットなので、システム構築が不要なタイプを選びたい方におすすめです。届いたそばから、真空管アンプの良さを味わうことができます。

 

ステレオシステムではあっても見える位置に真空管があり、雰囲気などは壊していません。エントリー用やインテリアとしておすすめのモデルです。そのシステムでしか使えないアンプですが、お手頃価格で全てが揃うのもメリットでしょう。

管の種類で選ぶ

真空管には、MT管・GT管・ST管の3つの種類があります。こだわって真空管アンプを選びたい方は、真空管の種類に着目して選ぶのがおすすめです。

一般的なタイプなら「MT管」がおすすめ

現在多くの真空管アンプに使用されているのが、MT管です。MT管は、全体的に高性能で安全性が高いので、安心して使用することができます。まずは、一般的なものを使いたいという方におすすめです。

機能性を求めるなら「GT管」がおすすめ

GT管は、出力が高い真空管アンプに使用されており、高機能な種類です。多極管のアンプはエッジが効いているので、鮮明な音が持ち味の近代音楽におすすめです。電子音に少し近づくイメージで、ロックなどギターアンプにも使われています。

レトロ感を味わうなら「ST管」がおすすめ

ST管は、サイズが大きい真空管で、大型のアンプに使用されています。ST管はレトロで味があるので、クラッシック音楽や古いヴォーカル曲におすすめです。柔らかく優しい音が広がるのが特徴で、ひと味違ったアンプを使いたいマニアにも人気があります。

出力や音質で選ぶ

真空管アンプには、出力の大きさが異なる商品が販売されています。音楽を聴く環境に合わせて、出力の大きさや音質で選ぶようにしましょう。

狭い範囲で聴く方は「数ワット」がおすすめ

狭い個室で音楽を聴く場合には、数ワットの出力の真空管アンプがおすすめです。手頃な価格や大きさで選ぶなら、数ワットの出力しかないシングルアンプが多く販売されています。1m以内に近づいて聴いたり、少し大きめの音でスピーカーを鳴らしたりできます。

ギターなどを弾きたいなら「10ワット以上」がおすすめ

少し大きめの部屋で離れた場所から再生する場合には、10ワット以上の出力がおすすめです。出力の大きな真空管アンプなら、パワフルなサウンドを楽しむことができます。ギタリストなどのライブハウスで演奏したい人にもおすすめです。

 

ただし出力が大きすぎると、真空管アンプの味わいが後退するという特徴もあります。

高音質を楽しむなら「ハイレゾ対応」がおすすめ

高音質な音楽を楽しみたいという方は、ハイレゾ音源に対応した真空管アンプがおすすめです。ハイレゾとは、原音に限りなく近い音をデジタル化した高音質音源のことです。コストは多少かかりますが、真空管アンプならではの温かい音を高音質で楽しめます。

接続機器に合わせて選ぶ

真空管アンプには、BluetoothUSB端子・デジタル端子など、様々な接続方法があります。ライフスタイルや使い方を考えて、接続機器に合わせて選ぶようにしましょう。

コードレスで聴くなら「Bluetooth」がおすすめ

Bluetooth対応の真空管アンプは、コードレスに音楽を楽しみたい方におすすめです。コードレスのヘッドフォンでじっくり聴いたり、音楽をかけながら掃除したりできます。多彩な聴き方に対応してくれるので、あらゆるシーンで使いやすい真空管アンプです。

スマホやPCには「USB・デジタル端子」がおすすめ

スマホやPCの音楽ファイルを聴く場合は、USBやデジタル端子が付いたモデルがおすすめです。真空管アンプの仕様にCDという説明がある場合も、デジタル端子を使用できます。光や同軸のデジタル端子が付属しているなら、DAPモデルにも接続できます。

レコードプレーヤーには「フォノ端子」がおすすめ

真空管アンプはレトロな雰囲気から、レコードプレーヤーに接続することが多くあります。レコードプレーヤーに接続する場合は、フォノ端子付きを使用するのがおすすめです。入力端子にPHONO(フォノ)と書いてあれば、性能は間違いありません。

安い費用で買える「自作キット」は愛着を感じられる

真空管アンプを一から自分で組み立てることができる自作キットがあります。キットは初心者にはハードルが高いですが、組み立てた後の達成感や音を聞いたときの満足感は最高です。詳しい説明書が付属されていれば、初心者でも簡単に組み立てができます。

 

半完成状態のものを組み立てる自作キットは、安い費用で購入したい方にもおすすめです。少し手間はかかりますが、完成状態のものよりも低価格の商品を見つけることができます。自分で組み立てるのが好きな方には、自作キットがおすすめです。

「スピーカーとの組み合わせ」は能率をチェックする

真空管アンプを選ぶ際は、スピーカーとの組み合わせもチェックポイントです。中にはセットで売られている場合もありますが、それぞれ別々に購入することもできます。各組み合わせにより、音がクリアになったり、音に奥行きが出たりするのが魅力です。

 

自分の好きな音に応じて組み合わせを考え、サイズなども考えたほうがいいでしょう。それぞれの好みにもよりますが、スピーカーはデシベルで表記される能率が高いタイプがおすすめです。真空管アンプは音質が好みかを確認するといいでしょう。

 

以下の記事では、オーディオのプロによるスピーカーの選び方などを紹介しています。

ブランド・メーカーで選ぶ

人気の真空管アンプには、様々なブランドメーカーの商品がラインナップしています。ブランドメーカーの真空管アンプを選ぶことで、音質や機能性に優れた商品を見つけやすくなります。

透明度の高い音色なら日本メーカー「ラックスマン」

ラックスマンは日本の音響機器メーカーで、1925年にNHKラジオ放送開始と同時期に操業しました。アンプなどのピュアオーディオ製品分野で、強いブランド力を誇っています。最新の技術を搭載した設計で、透明度の高い音色を楽しみたい方におすすめです。

高品質と低価格を両立した「トライオード」

埼玉県に本社を置くトライオードは、真空管オーディオアンプなど音響製品を製造しています。オーディオは万人の楽しみと考え、多くの人が魅力的な音を味わえる製品を販売しています。高品質と低価格を両立した真空管アンプが欲しい方におすすめです。

おしゃれなデザインなら「キャロットワン」

キャロットワンは、音楽が盛んなイタリアのナポリに拠点を置く企業です。キャロットワンの真空管アンプは、ヴィンテージ調のおしゃれなデザインが好きな方におすすめです。5万円前後で購入できるモデルが多く、雰囲気を楽しみたい方に人気があります。

ジャズが好きなら「マッキントッシュ(McIntosh)」がおすすめ

マッキントッシュは1949年に創設されたアンプメーカーで、「マッキントーン」と呼ばれるほどに艶やかな音を出すのが特徴。特にジャズ好きから熱く支持されていて、ピアノの音なども躍動感溢れる音に。真空管アンプMC275とC22は歴史に残る逸品という声もあります。

アーティストなら「マーシャル」がおすすめ

マーシャルは世界を代表するイギリスのギターアンプメーカーで、40年以上も前からギターアンプを開発しています。多くのアーティストから支持されているのが特徴で、ギタリストやロックバンドメンバーなどにおすすめですね。

安い真空管アンプの人気おすすめランキング5選

入門機におすすめ

サウンドが心地良く耳に入ってくる真空管アンプで、使用方法も非常にシンプルです。価格もリーズナブルで、入門機としても人気の高い商品。メタリックなデザインで、高級なアンプにも匹敵する音質を楽しみたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 12W

口コミを紹介

Mrantzのアンプのインプットの前段に入れてMacの出力を受け、DENONとSONYのスピーカをツインで鳴らす構成です。いずれも安物ですが、トータルなサウンドが複雑、新鮮で懐かしい柔らかい音を再現してくました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ユニークな小型アンプ

本商品はミニサイズでユニークなデザインが特徴で、手軽に持ち運べるのも大きな魅力。トランジスタよりも温かく柔らかいサウンドが好きな人におすすめで、特に昔の音楽を聴く際に心地よい音を提供してくれるのも魅力です。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 4.5W

口コミを紹介

昔の曲を聞いているとなぜかこれを使いたくなる。なぜかわからないが、それが真空管の魔法なのだろうと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

Bluetooth接続可能で便利

様々なシーンで自由に音楽を楽しめる多用途な真空管アンプです。Bluetooth接続やUSB接続で音楽を聴くことができ、手軽に使用することができます。YouTubeやMP3の音楽も遜色なく聴けるので、価格も手頃で多機能なプレゼントを買いたい方にもおすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 50W+50W

口コミを紹介

ここまでの性能を持つアンプを、この価格で実現していることに驚愕した。重量級のアナログアンプは何だったのかと思わざるを得なかった。ビデオのダブルウーハーのスピーカーを余裕で鳴らしてくれた。

出典:https://www.amazon.co.jp

値段以上の音質

パッシブスピーカーやヘッドホンと接続でき、Bluetoothにも対応している多機能な真空管アンプです。自由に交換することができるので、真空管にこだわりたい方にもおすすめです。音質は全域にわたって原音を重視している綺麗なサウンドです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 50W+50W

口コミを紹介

高音の静寂さと歪みがなくなりこれこそ真空管の美音となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Douk Audio

Douk Audio P1

価格: 9,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナルのサウンド

高音と低音のコントロールノブを使って、織細なサウンドを調整したい方におすすめです。バイパススイッチは、トーンコントロールをオンオフするように設計されています。Windows、Mac、Linuxシステムと互換性があって便利よく使えます。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 1.6W

口コミを紹介

マランツpm7005のチューナー入力端子に接続して本機をプリアンプとして使用しています。PCにダック接続して聞いた結果、マランツ単体使用時の低音よりも本機プリ+マランツメインの方が低音が良くでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い真空管アンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6859759の画像

    Douk Audio

  • 2
    アイテムID:6859756の画像

    Dilvpoetry

  • 3
    アイテムID:6859753の画像

    ELEGIANT

  • 4
    アイテムID:6859684の画像

    Little Bear

  • 5
    アイテムID:6859681の画像

    Nobsound

  • 商品名
  • Douk Audio P1
  • R50
  • 真空管アンプ
  • B4-X
  • NS-10P Mini Hi-Fi AUX
  • 特徴
  • オリジナルのサウンド
  • 値段以上の音質
  • Bluetooth接続可能で便利
  • ユニークな小型アンプ
  • 入門機におすすめ
  • 価格
  • 9,980円(税込)
  • 6,999円(税込)
  • 6,880円(税込)
  • 12,480円(税込)
  • 4,780円(税込)
  • タイプ
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • アンプの数
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • プッシュプル
  • シングル
  • 管の種類
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • 出力
  • 1.6W
  • 50W+50W
  • 50W+50W
  • 4.5W
  • 12W

高音質な真空管アンプの人気おすすめランキング5選

躍動感溢れるサウンド

低音・高音のバランスのつけ方が自然な真空管アンプです。上級モデルと同じ電子制御アッテネーター搭載で、力強く躍動感溢れるサウンドを求めている方におすすめです。重量はありますが、低音から高音までしっかりサポートしてくれます。

タイプ プリメインアンプ アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 100W+100W

口コミを紹介

手持ちのLPレコードをMCカートリッジで再生したときの音が大変気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

トーンコントロール機能を搭載

高音と低音のノブを調整することにより、簡単に滑らかで繊細なサウンドを得られるのが特徴です。また最大出力が160Wに達するTDA7498EアンプICを採用しているため、パワフルな音も楽しめます。スタイリッシュなデザインも魅力です。

タイプ - アンプの数 -
管の種類 - 出力 160W+160W

口コミを紹介

このアンプから出る音は良いです。柔らかく、暖かく,透明感がある。

出典:https://www.amazon.co.jp

滑らかな音を味わいたい人向け

AndroidやiPhoneなどとペアリングできる真空管アンプで、滑らかな音を楽しみたい人におすすめです。すべて足場溶接を採用しており、シックなデザインも魅力でしょう。プラグイン真空管保護カバーの取り付けを簡単にできるのも魅力です。

タイプ - アンプの数 プッシュプル
管の種類 - 出力 8W+8W

口コミを紹介

この値段でこの音なら大満足です。クラシック音楽をゆっくりと聴くには最高かも。今までのデジタルアンプでは聞こえなかった残響なども聞き取ることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイナミックな音を楽しめる

ボーカルやストリングスなどの音楽を聴くのに適した真空管アンプです。ダイナミックな音を楽しむことができ、見た目も重厚感溢れるデザインに仕上げています。オーケストラの演奏を聴きたい人にもおすすめです。

タイプ - アンプの数 -
管の種類 - 出力 40W+40W

口コミを紹介

なかなか、良いと思います。この価格帯では、ダントツの性能です。分解能、押出、イメージをうまく再現してくれます。コストパフォーマンス 最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパに優れたアンプ

高精度のチップ抵抗器を使用した真空管アンプで、マシン全体の信号対雑音比を維持しています。オリジナルの北京6J1電子管を使用し、Bluetoothに対応しているのも特徴です。入力・出力部分には、耐久性が高く美しい金メッキRCAロータスシートを採用しています

タイプ - アンプの数 -
管の種類 - 出力 100W+100W

高音質な真空管アンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6935449の画像

    AIYIMA

  • 2
    アイテムID:6935443の画像

    Willsenton

  • 3
    アイテムID:6935433の画像

    RFTLYS

  • 4
    アイテムID:6935427の画像

    Nobsound

  • 5
    アイテムID:6859710の画像

    ラックスマン(LUXMAN)

  • 商品名
  • T2 PRO
  • R8
  • EA1A
  • Douk Audio X1 GE5654
  • L-505uX
  • 特徴
  • コスパに優れたアンプ
  • ダイナミックな音を楽しめる
  • 滑らかな音を味わいたい人向け
  • トーンコントロール機能を搭載
  • 躍動感溢れるサウンド
  • 価格
  • 7,540円(税込)
  • 119,999円(税込)
  • 36,449円(税込)
  • 15,299円(税込)
  • 229,148円(税込)
  • タイプ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • プリメインアンプ
  • アンプの数
  • -
  • -
  • プッシュプル
  • -
  • プッシュプル
  • 管の種類
  • -
  • -
  • -
  • -
  • MT管
  • 出力
  • 100W+100W
  • 40W+40W
  • 8W+8W
  • 160W+160W
  • 100W+100W

シングルの真空管アンプの人気おすすめランキング5選

初心者にもおすすめのキット

机の上にも置けるコンパクトサイズが魅力の、真空管アンプのハンダ付けキットです。面倒なシールド配線やワイヤー配線をなくし、真空管工作が初めての方でも組み立てできます。半導体アンプでは味わえない、真空管の暖かく澄んだ音を楽しみたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 2W+2W

口コミを紹介

はんだごてを本格的に握ったのは何十年ぶりか。というレベルの初心者ですが、問題無く組み上げる事が出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

レトロなデザインと音質

手動溶接が採用されている真空管アンプで、少し懐かしく感じるようなサウンドを楽しむことができます。抗磁力トランスカバーを使用しているので、低ノイズで音楽を聴けるのもポイントです。デザインもレトロで、昔ながらの雰囲気を味わいたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 6.8W

口コミを紹介

子供のころステレオセットを買ってもらった時のアンプのボリュームのカチカチ音やVUメーターがすごく懐かしい気がしました。スピーカーとスピーカーの間から音がしているようで比較的癖がない気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

透明感のあるサウンド

ヘッドホンで真空管サウンドを楽しみたい方におすすめのアンプです。オリジナル設計の大型出力トランスを搭載し、ミニサイズながら本格的な真空管サウンドを再現します。シンプルでコンパクトなデザインながらも高級感があり、インテリア性も高いです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 3.5W+3.5W

口コミを紹介

小型スピーカーで鳴らし、10畳間の小部屋にはちょうどいい感じで使えました。いい雰囲気で10Mがなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

女性にもおすすめ

小型で白色の可愛い真空管プリメインアンプで、女性からも高評価を得ている製品です。パールホワイト塗装とブルーLEDの照明で、クールでスタイリッシュなデザインが好きな方におすすめです。小型ながら駆動力があり、バランスが良いのも魅力です。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 3W+3W

口コミを紹介

ベットサイドに置きたくて購入しました。二重の箱で丁寧に梱包されて送られてきました。白いボディに青い光はとても幻想的で、パールの名に恥じない外観です。

出典:https://www.amazon.co.jp

過程も楽しめるアンプキット

トランジスターアンプとは異なるアナログ感、作り上げたときの達成感を味える真空管アンプキットです。真空管を交換して、カスタマイズする楽しみを味わいたい方におすすめです。電源ボタンやボリュームなど、しっかりとした作りで十分な操作感があります。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 7W+7W

口コミを紹介

キットで、自分で半田付けですが、完成した時の達成感は、ひとしお。各抵抗やダイオード等も半田付けとなりますが、説明書が分かりやすいので慎重にやれば、初心者でも作れると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シングルの真空管アンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6859699の画像

    トライオード

  • 2
    アイテムID:6859696の画像

    トライオード(TRIODE)

  • 3
    アイテムID:6859693の画像

    バトラー BUTLER

  • 4
    アイテムID:6859690の画像

    Nobsound

  • 5
    アイテムID:6859687の画像

    イーケイジャパン

  • 商品名
  • TRK-3488キット
  • Pearl
  • Vacuum 6W MK2
  • 6P1
  • パワーアンプキット
  • 特徴
  • 過程も楽しめるアンプキット
  • 女性にもおすすめ
  • 透明感のあるサウンド
  • レトロなデザインと音質
  • 初心者にもおすすめのキット
  • 価格
  • 94,050円(税込)
  • 75,240円(税込)
  • 47,600円(税込)
  • 30,700円(税込)
  • 20,770円(税込)
  • タイプ
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • アンプの数
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • 管の種類
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • 出力
  • 7W+7W
  • 3W+3W
  • 3.5W+3.5W
  • 6.8W
  • 2W+2W

プッシュプルの真空管アンプの人気おすすめランキング5選

本格派アナログアンプ

剛性とデザイン性を併せ持ったステンレス製で、美しさ際立つ鏡面加工で仕上げています。回路のパーツには、クオリティの高い厳選した部品が使われています。真空管ならではの柔らかいサウンドや、真空管の灯りの癒し効果を楽しみたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 15W+15W

口コミを紹介

評判通りのアンプでした。真空管ならでわの音に厚みが出る感じと柔らかさがあります。今まで使っていたアンプと比べて、低音もしっかり出るようになり、改めてアンプの違いも大きい事を実感しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノイズレスのクリアな音質

美しくシンプルなデザインで、不要振動を効果的に遮るので、より純粋な音が出力できます。低ノイズ電源回路を採用したモデルで、静かな環境で音楽を存分に楽しみたい方におすすめです。高温部分を機械の内部に置いているので、安全性が高く安心して使用できます。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 5.5W

口コミを紹介

シンプルなライン入出力のヘッドホンアンプです。一応一台で完結するので、別途パワー・アンプなどを噛ませる必要は無いので、省スペースで楽しめるのは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

最高峰の音質

安定した動作と特性に優れるP-K分割位相反転回路を搭載したアンプです。低音域がふくよかで厚く、なめらかで艶やかな中音域や、自然に伸びて癖のない高音域を楽しみたい方におすすめです。真空管アンプ独特の空間にふわっと広がる適度なリヴァーブ感が特徴です。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 80W

口コミを紹介

自分のお気に入りのスピーカーFAL Supreme-s C60を最高峰の音で聴かせてくれる素晴らしい真空管アンプです。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質が良く使いやすい

柔らかく繊細で温かみのある音をできる限り壊さない音質重視の設計です。真空管アンプの入門機として、ベッドサイドや書斎などで上質の音楽を気軽に楽しみたい方におすすめです。フォノ端子付きなのでアナログレコードプレーヤーも使用可能です。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 50W

口コミを紹介

まだ使い始めてトータルで100時間も行ってないと思いますが、音楽がいきいきと鳴ってくれます。久しぶりに音楽を聴くのが楽しくて、あっという間に時間がたってしまう日々です。

出典:https://www.amazon.co.jp

プッシュプルのアンプ

TRV-88SEからさらに改良が加えられたプッシュプルタイプの真空管アンプです。リモコン対抗付属で、MMフォノイコライザーが内蔵されています。プリ入力が可能なので、パワーアンプとして使いたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 70W

口コミを紹介

ジャンルを問わず色々と聴いているところです。聴き疲れしないのが、良いかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

プッシュプルの真空管アンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6859728の画像

    トライオード(TRIODE)

  • 2
    アイテムID:6859725の画像

    LUXMAN

  • 3
    アイテムID:6859722の画像

    LUXMAN(ラックスマン)

  • 4
    アイテムID:6859719の画像

    Shenzhen Dahao Technology Co., LTD.

  • 5
    アイテムID:6859713の画像

    RADIUS(ラディウス)

  • 商品名
  • プリメインアンプ
  • MQ-88uC
  • Neo Classico
  • PHA3
  • RA-VT11
  • 特徴
  • プッシュプルのアンプ
  • 音質が良く使いやすい
  • 最高峰の音質
  • ノイズレスのクリアな音質
  • 本格派アナログアンプ
  • 価格
  • 180,500円(税込)
  • 370,000円(税込)
  • 225,720円(税込)
  • 6,819円(税込)
  • 88,000円(税込)
  • タイプ
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • アンプの数
  • プッシュプル
  • プッシュプル
  • プッシュプル
  • プッシュプル
  • プッシュプル
  • 管の種類
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • 出力
  • 70W
  • 50W
  • 80W
  • 5.5W
  • 15W+15W

MT管の真空管アンプの人気おすすめランキング5選

楽器練習におすすめ

出力が1Wとなっているので、自宅でギターを練習したい方にもおすすめの真空管アンプです。1Wでも音が大きいので、歪んだ音を再現することができ、パワフルなサウンドを奏でることが可能です。ロック向きの製品となっており、かっこいいデザインも人気です。

タイプ プリメイン アンプの数 プッシュプル
管の種類 MT管 出力 1W

口コミを紹介

今まで使っていたアンプで弾いたときに途切れてしまうような弱い弦の振動でもかなり拾ってくれます。これまで使ったアンプの中では最も弾き易く気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

聴いて良し、見て良し

しっかりとした作りで、入力端子やスピーカー端子は金メッキが施されています。分厚い低域、澄んだ中高域、真空管ならではの奥行き感で音質も高評価な製品です。ボーカルの響きも良く、高級感溢れる重厚なデザインを選びたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 10W ×2

口コミを紹介

同社のNS-08Eヘッドホンアンプを介してみると音の厚みが出てきたように感じます。もしかしてスピーカーやプリアンプによって音がいろいろ変化するのではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクト+シンプルデザイン

古き良き時代の真空管と現代の技術を駆使したClassDアンプを搭載しています。新旧の技術が絶妙に融合したヘッドフォンアンプ機能付きプリメインアンプです。珍しいキューブタイプのデザインで、モダンな雰囲気の部屋にマッチさせたい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 35W+35W

口コミを紹介

パープルを選択しましたが、深みのあるシックな色合いで好感がもてます。
真空管用LED?のほのかな2色が切り替わる灯りもロマンチックで味があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

つややかでキレのある音

イタリアCarot One社のデビュー作で、世界中から絶賛されたアンプです。真空管プリ部とデジタルパワーアンプ部を持ったハイブリッドプリメインアンプ。小型で真空管の艶やかさと駆動力の高さを併せ持ったアンプが欲しい方におすすめです。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 6W x2、15W x2

口コミを紹介

色もオレンジでキュートで、小さくて、真空管の周囲のブルーのイルミネーションも素敵。お部屋をムーディーに演出するにはもってこい。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質・デザイン共にトップクラス

Rubyは小型でオシャレなデザイン感覚で設計された真空管アンプです。暖色系の柔らかな音色がとても心地良く、レッドを基調としたカラーとクラシカルなデザインが好きな方におすすめです。高域の伸びと緻密さはデジタルを超える音質です。

タイプ プリメイン アンプの数 シングル
管の種類 MT管 出力 3W+3W

口コミを紹介

真空管らしい艶のある鳴りっぷり。3wの出力も家では十分過ぎるくらい。安心の国産ブランド。買ってよかった。満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

MT菅の真空管アンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6859748の画像

    トライオード(TRIODE)

  • 2
    アイテムID:6859745の画像

    CarotOne

  • 3
    アイテムID:6859742の画像

    ORB

  • 4
    アイテムID:6859739の画像

    Nobsound

  • 5
    アイテムID:6859707の画像

    ブラックスター

  • 商品名
  • Ruby
  • ERNESTOLO
  • JADE Soleil
  • Mini 6N6+6N2
  • HT-1R
  • 特徴
  • 音質・デザイン共にトップクラス
  • つややかでキレのある音
  • コンパクト+シンプルデザイン
  • 聴いて良し、見て良し
  • 楽器練習におすすめ
  • 価格
  • 75,240円(税込)
  • 87,163円(税込)
  • 63,962円(税込)
  • 18,725円(税込)
  • 56,200円(税込)
  • タイプ
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • プリメイン
  • アンプの数
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • プッシュプル
  • 管の種類
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • MT管
  • 出力
  • 3W+3W
  • 6W x2、15W x2
  • 35W+35W
  • 10W ×2
  • 1W

真空管アンプの歴史とトランジスタアンプとの違い

1904年にフレミングが、白熱電球のエジソン効果をもとに二極真空管を発明しました。1906年には、リー・ド・フォレストが三極真空管を発明しています。1960年代にトランジスタアンプが流行するまで、真空管アンプは多くの人に愛用された歴史があります。

 

真空管アンプとトランジスタアンプとの違いには、増幅素子の振動があります。トランジスタ素子には個体の金属が使われているため、簡単に共振は起こりません。真空管アンプはガラスに金属線と金属板が入っているため、共振が起こりやすいという特徴があります。

 

真空管アンプは、トランジスタアンプと比べて、柔らかくて温かい音が出るのが特徴です。信号増幅時に偶数倍の歪みが付加されて、人間が好む音を増加できます。以下の記事では、トランジスタアンプの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひご覧ください。

真空管アンプの使い方や使用上の注意点

真空管アンプには使用上の注意点がいくつか存在します。使用する前に必ず真空管アンプを利用する際の注意点を理解してから使用するようにしましょう。

真空管は消耗品なので定期的な交換が必要

真空管アンプの真空管部分は消耗品なので、ある一定の期間使用すると交換をするようにしてください。製品にもよりますが、真空管は5~7年が寿命と言われています。音が小さくなったり歪みが少なくなったりするので、音が違うなと感じたら真空管を変えましょう。

ほかのオーディオ機器に近づけると発火の危険も

空管アンプは使用するとともに熱を発します。そのため、ほかのオーディオ機器と近づけすぎて置いたり、カーテンやテーブルクロスなどの燃えやすいものの近くに置いたりすると発火してしまう危険性もあるので、置き場所には十分注意しましょう!

古いモデルのアンプであるため使い方が複雑

最新のアンプは多少手順を間違えてもすぐに壊れることはありません。しかし真空管アンプは作りが古いですので、使い方も現代のアンプに比べて難しいですし、慎重に使わないと消耗が早くなってしまいます。

 

まず電源を入れる際はボリュームが0になっていることを必ず確認してください。ボリュームがある状態ですと、過大に電流が流れてしまい内部組織を傷めてしまいます。また電源投入後すぐにはCDを再生させないでください。真空管が温まるのをじっくり待ちましょう。

 

使い方の手順や注意点はほかにも様々あります。以下の記事では使い方の手順について詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

安い値段で高音質を実現するなら中華アンプも

音楽プレーヤーなどから出力される微小な信号を増幅して大電流に変え、スピーカーなどに出力するアンプ。なかでも中国や台湾で製造されている「中華アンプ」には、日本製や欧米ブランドよりもリーズナブルな商品が揃っています。

 

また、中華アンプには価格のわりに、音質にも優れた製品が多いため、コスパ重視の方に特におすすめです。こちらの記事では、そんな中華アンプを始めとしたパワーアンプについて紹介しています。よかったら併せてチェックしてみてくださいね。

まとめ

ここまで真空管アンプのおすすめランキング25選をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。真空管アンプには、タイプや管の種類など色々な選び方がありましたね。ランキングを参考にして、自分好みの製品を見つけて頂ければと思います。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ミニアンプの人気おすすめランキング15選【練習や持ち運びに最適】

ミニアンプの人気おすすめランキング15選【練習や持ち運びに最適】

楽器
2021年最新版!DAPの人気おすすめランキング15選【高音質を楽しもう】

2021年最新版!DAPの人気おすすめランキング15選【高音質を楽しもう】

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
【2021年最新版】パッシブスピーカーの人気おすすめランキング25選【高音質なサウンドを!】

【2021年最新版】パッシブスピーカーの人気おすすめランキング25選【高音質なサウンドを!】

スピーカー
【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選【高級モデルもご紹介】

【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選【高級モデルもご紹介】

カー用品
【2021年最新版】パワーアンプの人気おすすめランキング15選【関連商品もご紹介】

【2021年最新版】パワーアンプの人気おすすめランキング15選【関連商品もご紹介】

AVアンプ
ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水