おすすめライブ配信アプリ10選!人気のライブ配信アプリも徹底解説!

記事ID43183のサムネイル画像

スマートフォンやSNSの普及とともに人気が上昇中のライブ配信アプリ。しかし、ライブ配信アプリを詳しく知らない方も少なくないのでは。そこで当記事では、ライブ配信アプリの情報やおすすめのアプリを紹介します。「ライブ配信アプリに興味がる!」そんな方はぜひ目を通してくださいね。

ライブ配信アプリとは?

「ライブ配信アプリ」とは、スマホひとつでリアルタイムの配信やライブの視聴ができるサービスを示します。誰でもリアルタイムでの配信が可能なので、知名度アップを望む方や視聴者との交流を楽しみたい方に人気のサービスです。

 

最近では芸能人もライブ配信を始めています。自分自身が書き込んだコメントを読んでもらえる可能性、会話ができるかもしれない可能性に期待を寄せて、好きな芸能人の配信を見にくる方も増えています。普段はテレビの中の存在を近くに感じられるのが魅力的なポイントでもあります。

 

また、ライブ配信では視聴者の評価による「投げ銭」でお金を稼げる場合もあるので、収益を得る手段としても注目を集めています。金銭面以外でも、自分のしているパフォーマンスなどがどのくらい評価されているかを知れる手段のひとつでもあります。

ライブ配信アプリの選び方のポイント

一口に「ライブ配信アプリ」といっても様々なアプリがあるので、どのアプリを選んだらよいか分からない方も多いのでは。そこで、「ライブ配信アプリの選び方のポイント」を解説します。ライブ配信アプリを利用してみたい方、ぜひ参考にしてくださいね!

ライブ配信アプリを利用する目的に合わせて選ぼう

まず最初に重要なのが、「どんな目的でライブ配信アプリを利用したいか」といった点です。目的別に解説しますのでご覧ください。

人気を得たいなら「登録者数が少ないアプリ」をチェック

ユーザーの数が多いと人気が分散されがちになってしまったり、数が多すぎて見てもらえないといったケースもあります。その点、少ないユーザー数であれば目に留めてもらう可能性が上がり、人気を得やすくなります。

 

「人気を得たい」それを目的にライブ配信アプリを利用したいならば、ユーザー数のあまり多くないアプリをおすすめします。

収入を得たいなら「登録者数が多いアプリ」をチェック

「収入が欲しい」これを目的にライブ配信アプリを利用したい場合は、ユーザー数が多いアプリを選ぶのがおすすめです。人が集まれば集まるほど収入を得られる可能性もアップします。ライブ配信でたくさん収入を得るためには、投げ銭の還元率が重要になります。

 

還元率とは、視聴者から投げ銭をしてもらった金額から運営の手数料を引いた額を指します。例えば、千円投げ銭をしてもらったときに300円手数料を引かれた場合の還元率は70%です。

 

たくさん投げ銭をしてもらっても還元率が低いと収入に繋がりにくくなってしまいます。その点もしっかりと事前にチェックしておくのが大切です。ライブ配信アプリによって収益の還元率は異なりますので、分かりやすくまとめておきました。

 

ライブ配信アプリ名 還元率
HAKUNALIVE(ハクナライブ) 82%-100%
ふわっち 約50%
LIVE812(ライブハチイチ) 20%-40%
17LIVE(イチナナライブ) 約20%
Pococha(ポコチャ) 非公開

※都度変わる可能性がありますので、リアルタイムの情報は公式サイトにて確認してください。

画質や不具合の頻度で選ぼう

どんなに視聴者数が多い配信者の場合でも、利用しているライブ配信アプリの画質が悪かったり不具合の発生頻度が多かったりすると、ユーザーが離れが起きてしまう恐れがあります。

 

基本的に、知名度のあるライブ配信アプリの環境は良いものが多いですが、ユーザーからの不具合への不満の声が多いアプリはあまりおすすめできません。実際に利用している方の口コミなどを参考にしながら選ぶとよいですね。

 

しかし、口コミはさくらの可能性や主観が強く出る傾向にあるので、口コミだけで決めずに自分で見極めるのも大切なポイントです。

おすすめのライブ配信アプリ10選

日常的な近さを感じられる

アットホームな雰囲気で配信者と視聴者との距離の近さを感じられるのが特徴で、ライブ配信アプリでの交流を楽しみたい方におすすめのアプリです。ポコチャは、気軽に利用できる点が魅力で、なにげない暇つぶしのような感覚で集まるユーザーが多い傾向にあります。

 

また、ライバルが多いと見てもらえる確率も下がってしまい人気を獲得するのが困難になってしまう場合もありますが、その点ポコチャはライバルが少なめなので、人気も獲得しやすく知名度を上げるのにもおすすめのアプリです。

ユーザー数 ユーザー層 幅広い 若年層の女性多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

最大9人での同時配信可能

ビゴライブは、シンガポール発祥のライブ配信アプリで、東南アジアを中心に世界で3億人を超えるユーザー数を誇ります。※2022年調べ 多くのユーザー数がいてファンクラブ機能やファミリー機能などのファンを獲得しやすい機能が充実しているのが魅力的なポイントです。

 

「世界に挑戦してみたい」「世界の人の配信を観てみたい」そんな方におすすめです。世界中の動画を無料で観られるのは嬉しいですよね。また、同時での配信が最大9人まで可能なので、自宅にいながら人との交流を楽しみたい方にも魅力的なアプリです。

ユーザー数 3億人超 ユーザー層 外国人ユーザー多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

芸能人のユーザー多め

2015年に台湾でリリースされて以来、多くのユーザーを獲得し人気を得ているライブ配信アプリです。日本のライブ配信アプリの中でも高いシェア率を誇っていて、人気も知名度もダントツといえます。ユーザーには芸能人も多いため、人気のライブ配信が多数あるのが特徴です。

 

また、視聴回数に応じた報酬システムがあるため分かりやすく収入を得られるのも魅力的なポイントです。加工機能で綺麗な姿での配信が叶うのも嬉しいですね。

 

芸能人や人気の配信者が多いためライバルは多いですが、人気や知名度はダントツであるため、人気を獲得できれば収入を得やすい環境といえるのでおすすめです。

ユーザー数 約5000万人 ユーザー層 幅広い 若年層の女性多め 
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

物販が可能な新しい形のアプリ

2020年に配信された新しいライブ配信アプリです。ライブコマース機能(ライブ中の通販機能)が搭載されていて配信中に物販が可能な新しいスタイルのアプリです。まだ新しいアプリなのでライバルが少なく、人気を獲得したい方にもおすすめです。

 

LIVE812は、ライブ配信中に商品を販売できたり投げ銭のアイテムが豊富であるという点からも収益化に関して特化しているライブ配信アプリだと分かります。

 

そのため、自分でグッズなどの物品を用意している方など、商品の販売によって収益化を目指したい方には特に魅力的なライブ配信アプリといえます。

ユーザー数 ユーザー層 幅広い 若年層多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

顔出しなしでも配信可能

ハクナライブは日本での配信を開始してからまだ1年ほどですが、海外では高い人気を誇っているライブ配信アプリです。顔出ししなくてもライブ配信ができるのが魅力的なポイントです。また、ライバルが少ないので人気を獲得できる可能性もアップ。

 

投げ銭の還元率が82%-100%と高めのため、収入を得たい方にもおすすめです。24時間の監視体制があるためのびのびと配信がしやすく、人気も収入も得やすいといった点から多くのユーザーの希望が叶いやすいサービスを提供しているライブ配信アプリです。

ユーザー数 約500万人 ユーザー層
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

使いやすいサービス

ふわっちは、利用可能な年齢が13歳以上のライブ配信アプリです。投げ銭システムの先駆けといわれているアプリで、ユーザー層も20代~40代が多く大人のライブ配信なだけに投げ銭も高めな傾向にあります。

 

配信環境がよいのも特徴のひとつで、過去の録画配信が見放題、ライブ配信と視聴も高画質で楽しめるのが魅力的なポイントなのです。また、ライブ配信は24時間監視体制で管理されています。

 

ふわっちの視聴方法や配信方法は簡易的なため、使いやすい点も魅力といえます。ライブ配信アプリに不慣れな方にも利用しやすいサービスです。

ユーザー数 ユーザー層 幅広い タレント志望者等
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

音声のみの配信に特化

スプーンは、音声のみの配信に特化したライブ配信アプリで、投げ銭機能によって声だけで収入を得るのが可能です。そのため、身元が知られてしまうリスクが低いので、顔出しをしたくないといった方から特に人気のアプリです。

 

3つの機能が搭載されており、リアルタイム配信、収録配信、音声掲示板が利用可能です。ちょっとした世間話しや恋愛相談などのトークに加えて、近年話題の環境音を楽しむ「ASMR」を配信しているのも特徴のひとつです。

 

配信者は「DJ」と呼ばれていて、視聴者から投げ銭の「スプーン」をいただくとそれが収益になります。配信者への還元率は約40%と平均より高いのが魅力的なポイントです。

ユーザー数 2300万(世界ダウンロード数) ユーザー層 幅広い 若年層多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

バーチャルキャラクターを作れる

ピカピカは、現在人気上昇中の音声ライブ配信アプリです。アプリの操作が分かりやすく、初心者でも音声ライブ配信ができるのでおすすめです。写真や動画のシェア機能があるのも特徴のひとつ。

 

また、オリジナルのバーチャルキャラクターの作成ができます。バーチャルキャラクターを使ってライブ配信ができるのも嬉しいですね。

 

ピカピカ内で「サークル」と呼ばれるコミュニティを作ってオリジナルイベントの開催ができるのが新鮮で魅力的なポイントです。人気の声優事務所や、会社との公式番組、企画などに出演できるチャンスもあるなど、可能性が広がるライブ配信アプリでもあります。

ユーザー数 ユーザー層 若年層多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

仮想ライブ空間の実現

ショールームは、日本のライブ配信アプリ市場を盛り上げる基礎となったライブ配信アプリです。高画質でライブのような空間を演出できるのが魅力的なポイントです。また、夢を叶えたい方が集まる傾向にあるので、モチベーションが上がりやすいのも嬉しい点です。

 

ショールームは歴史も長めでアイドルや有名人が多く利用しているため、常に盛り上がっているライブ配信アプリでもあります。アプリ内では頻繁にオーディションが開催されていて、アーティストやタレントの卵が多いのも特徴といえます。

ユーザー数 15万人(2018年) ユーザー層 幅広い タレント志望者等
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

世界85ヵ国1億人超のユーザー数

世界85ヵ国1億人以上のユーザー数を誇り、日本でも注目度が集まってきているライブ配信アプリです。男性の配信者が多めなのも特徴のひとつです。ライブミーは20代〜30代のユーザーが多く、世界各国で利用させているため、24時間体制でセキュリティには力を入れています。

 

高校生などの若者よりも大人の配信を観たい方や、セキュリティ面に気を使っている方におすすめのライブ配信アプリです。また、インフルエンサーやYouTuber、声優など有名人の配信者が多い点が魅力的な点でもあります。

ユーザー数 1億人超 ユーザー層 年齢層高め 海外ユーザー多め
投げ銭 あり 対応OS iOS Android

おすすめのライブ配信アプリ10選一覧表

商品 商品リンク 特徴 ユーザー数 ユーザー層 投げ銭 対応OS
アイテムID:9578388の画像
Pococha(ポコチャ)

公式サイト

詳細を見る

日常的な近さを感じられる

幅広い 若年層の女性多め あり iOS Android
アイテムID:9578409の画像
BIGOLIVE(ビゴライブ)

公式サイト

詳細を見る

最大9人での同時配信可能

3億人超 外国人ユーザー多め あり iOS Android
アイテムID:9578438の画像
17LIVE(イチナナライブ)

公式サイト

詳細を見る

芸能人のユーザー多め

約5000万人 幅広い 若年層の女性多め  あり iOS Android
アイテムID:9578510の画像
LIVE812(ライブハチイチニ)

公式サイト

詳細を見る

物販が可能な新しい形のアプリ

幅広い 若年層多め あり iOS Android
アイテムID:9578516の画像
HAKUNALIVE(ハクナライブ)

公式サイト

詳細を見る

顔出しなしでも配信可能

約500万人 あり iOS Android
アイテムID:9578535の画像
ふわっち

公式サイト

詳細を見る

使いやすいサービス

幅広い タレント志望者等 あり iOS Android
アイテムID:9578544の画像
Spoon(スプーン)

公式サイト

詳細を見る

音声のみの配信に特化

2300万(世界ダウンロード数) 幅広い 若年層多め あり iOS Android
アイテムID:9578782の画像
ピカピカ

公式サイト

詳細を見る

バーチャルキャラクターを作れる

若年層多め あり iOS Android
アイテムID:9578803の画像
SHOWROOM(ショールーム)

公式サイト

詳細を見る

仮想ライブ空間の実現

15万人(2018年) 幅広い タレント志望者等 あり iOS Android
アイテムID:9578813の画像
Live.me(ライブミー)

公式サイト

詳細を見る

世界85ヵ国1億人超のユーザー数

1億人超 年齢層高め 海外ユーザー多め あり iOS Android

フォロワー数の増やし方

ライブ配信アプリを利用している方の中には、知名度を得たい方、人気をアップさせたい方、収入を多く得たい方など様々な目的の方がいます。どのような目的の場合であってもとても大切なのが「視聴者の数」です。

 

ここからは、ライブ配信アプリでフォロワー数を増やすためのポイントを解説します。少しでも自分のパフォーマンスを見ていただけるように参考にしていただければと思います。

毎日配信をする

視聴者側に立ってライブ配信アプリを観察していると、毎日配信している方は自然と目に入るようになります。それを踏まえると、毎日配信しているほうが目に入りやすく、観てもらえる確率が高くなります。

 

さらに、すでにフォロワーになってくれている方と、頻繁にコミュニケーションをとれて仲もよくなっていくため、フォロワーが減りにくくなるメリットもあります。

 

自信があるパフォーマンスができない方でも、「毎日配信する」といった努力がフォロワー数に繋がっているケースもあるのです。継続は力なりといいますが本当にその通りで、日々続けていく配信が結果的にフォロワー数を増やしてくれる可能性があります。

声かけをする

自分の配信を観に来てくれている方に声かけをするのが大切です。声をかけてもらうと嬉しい気持ちにもなり、心理的に退出しにくくなる傾向にあります。それがフォロワー獲得のきっかけにもなり得るのです。

 

交流を楽しみにライブ配信アプリを利用している方も多いので、声かけによって視聴者の期待に応えられる可能性もあり一石二鳥なケースもあります。視聴者の期待に応えつつ、自分の配信をきちんと観ていただくといった基本を大切にするとよいですね。

 

また、ストレートに「フォローをお願いします」といった声かけも大切です。この言葉ひとつでフォローしようと思ってくれる方はいますので、ストレートなお願いの言葉も大切にしていただければと思います。

ユーザープロフィールをチェックする

声かけをして観てもらえたら、さらなるコミュニケーションをとっていくのがおすすめです。まず、視聴者のプロフィール欄をチェックして、そのプロフィールに関連した話題を提供するのがおすすめです。

 

例えば、好きなスポーツが記載されていれば、その好きなスポーツに関して質問したり、真剣に相手の話しを聞く姿勢でいると喜ばれる傾向にありフォローにも繋がります。

 

自分に興味がない人物よりも、自分の趣味などを知ろうとしてくれる方と交流したいと思う方は多いです。事務的でなく、相手を思いやった姿勢で交流をして、お互いに楽しめる環境づくりをするのが大切なポイントになります。

ほかの配信者のライブに参加する

あくまでも、ライブ配信を楽しみにいく姿勢を大切に参加をします。そこで不自然ではない投稿をして場を盛り上げていくと、自分もライブ配信者である旨を伝えてもよい自然なタイミングが訪れやすくなります。

 

そのタイミングが来たら、ライブ配信者であるとコメントで伝えて認知してもらうとよいですね。伝えた後も、あくまでもひとりの視聴者としてライブ配信に参加し、盛り上げ役に徹して存在を嫌味なくアピールしていくと声をかけてもらえる可能性もアップします。

 

そこで好感を得られると、今度はその配信者が自分のライブを見に来てくれたり、その時にいた視聴者の方々がフォロワーになってくれたりして可能性も広がります。自分のフォロワー数を考えつつも、周りを楽しませようとする姿勢はとても大切です。

ライブ配信アプリでの副業

近年多様な働き方で副業をする方も増えています。そんな中で注目を集めているのがライブ配信ですスマホひとつあれば自宅で気軽に始められる副業なので、徐々に人気を集めてきているのです。

 

しかし、ライブ配信でどのくらい稼げるのか分からないといった方も少なくないのでは。そこでここからは、ライブ配信の収入や内容について解説します。

ライブ配信の収入

まず、ライブ配信で得られる金額やそのしくみについて解説します。これからライブ配信を始めようと考えている方は参考にしてください。

ライブ配信で得られる金額

スマホひとつで手軽に始められるので、初期費用やランニングコストもほとんど必要ないのが特徴のライブ配信。うまく配信を続けていければ、副業といいながらも本業よりも収入が多くなるケースもあります。

 

ただ、ライブ配信での収入はの人気や経験の差などによりとても個人差があります。基本的に、多くの配信者はひと月の収入が数千円~数万円が相場です。トップクラスになるとひと月50万円前後稼ぐのも夢ではありません。

 

なかには月収100万円を超える配信者もいます。安定した収入を得られるようになると、ライブ配信を本業として生計を立てていく考えに移行する方も出てきます。しかし、数千円程度でとどまる可能性もしっかりと視野に入れて考えるのがよいですね。

ライブ配信で収入を得るしくみ

ライブ配信での収入のメインは、視聴者からいただく「投げ銭」と呼ばれるものです。投げ銭が収入に直結するため、魅力的なパフォーマンスを配信できればできるほど収入も上がりやすくなります。

 

また、投げ銭にプラスして配信する時間に応じた時給制を取り入れているアプリもあり、時給の金額は配信者のランクにより変動します。ランクの高い人気の配信者になれると時給もアップしていきます。

 

アプリによってはイベントを企画しており、ミッションをクリアすると運営からギフトが贈られる場合もあります。そのギフトは投げ銭として加算されるため、ライブ配信で収入を得たいと思うならば積極的にイベントに参加するとよいですね。

ライブ配信の仕事内容

では次に、ライブ配信の仕事内容を解説します。「ライブ配信をしたいけれど何をすればよいか分からない」といった方はぜひ参考にしてください。

企画の立案

ライブ配信とはリアルタイムでの動画配信を示し、生放送での配信をおこなうものです。生放送なので動画編集の作業がないため、動画編集スキルや編集に使用する機材は必要ありません。はじめに、配信する動画の企画を立てるのが重要な仕事です

 

企画の内容によって視聴者数が大幅に変動する可能性があるので、自分の収入にも大きな影響を与えかねない大切な仕事です。他の配信者には真似できない独自の企画や新しい企画を考えて企画を練っていきます。

 

多くの方から魅力的だと感じてもらえる動画コンテンツを配信し続けるのが重要なポイントといえますので、企画を考えるときは、トレンドやほかの配信者をお手本にしつつもオリジナリティのある配信ができるとよいですね。

撮影と配信

企画ができあがったら実際に動画を撮影しながら配信も同時におこなっていきます。スマホのマイクとカメラを使えばスマホひとつで配信が可能です。音声や画質などのクオリティを求める場合は、スマホと接続して使用できる専用機材を用意するのもおすすめです。

 

ライブ配信でよく使用される機材は、スマホスタンド・マイク・照明などです。必要に応じて機材を用意して、視聴者が見やすく魅力を感じやすい演出ができるとよいですね。

視聴者との交流

副業としておこなっていく上で大切なのが、「視聴者やほかの配信者との交流」です。投げ銭をしてくれる視聴者は配信者を応援したいと思ってくれているファンと呼べる存在なので、視聴者のその気持ち次第で投げ銭の金額も変動します。

 

ライブ配信中に視聴者とコミュニケーションをとるだけでなく、SNSやブログを通じた交流や発信も大切になります。ライブ配信を観てもらうのはもちろん大切ですが、まずは存在を知ってもらうのがはじめの一歩です。

 

また、ほかの配信者との交流でよりよい配信のヒントをもらえたり、あたえたり......持ちつ持たれつな関係性でお互いのモチベーションを上げていくのも配信アプリの楽しみ方といえます。

ライブ配信が向いている人

誰でも気軽におこなえるライブ配信ですが、どんな方が特にライブ配信に向いているかまとめました。参考にしていただければと思います。

人との交流が好きな人

基本的に、人と交流するのが好きな方は、ライブ配信が向いているといえます。ライブ配信は自分だけで完結できるものではなく、観てくれている視聴者に向けて配信していくものです。

 

視聴者の方により楽しんでもらえるような声かけをしたり、視聴者からの声に返事をしたり、コミュニケーションがとても大切になるものです。そのため人と話すことが好きな方や人の期待に応えたいと思える方は、ライブ配信に向いています。

 

声色や文面などから相手への気遣いや思いも伝わるので、業務的なものではなく相手を思いやったコミュニケーションをとれる方がより向いているといえます。

ストレスをためずに自己管理ができる人

ライブ配信ではアンチコメントを目にしたり耳にしたりする可能性があるため、時にはつらいコメントも受け流せる方でないとライブ配信を続けるのは難しいかと思われます。悲しいですが、よい評価がある一方で反対の評価も出てきてしまうものなのです。

 

また、視聴者層に合わせて夜遅い時間帯や早朝などにライブ配信をする可能性もありますので、自分の生活サイクルが変わってしまう場合もあります。

 

どちらの場合でも、心身のストレスに耐えられなければいけないので、ストレスをためないように上手にバランスをとれる方が向いているといえます。

【まとめ】自分に合ったライブ配信アプリを見つけよう!

今回はおすすめのライブ配信アプリや選び方などを紹介しましたが、いかがでしたか?「何を目的としてライブ配信アプリを利用したいか」その理由を再度考えて、自分に合ったライブ配信アプリを見つけて楽しく配信や観覧をしてくださいね!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

配信用マイクのおすすめ人気ランキング16選【ゲーム配信用も!】

配信用マイクのおすすめ人気ランキング16選【ゲーム配信用も!】

楽器
【2022年最新版】動画配信サービスの人気おすすめランキング11選【徹底比較】

【2022年最新版】動画配信サービスの人気おすすめランキング11選【徹底比較】

趣味
ライブ配信向けビデオカメラの人気おすすめランキング10選【YouTubeの配信にも】

ライブ配信向けビデオカメラの人気おすすめランキング10選【YouTubeの配信にも】

カメラ
おすすめ映画見放題配信サービス人気ランキング10選!【選び方も】

おすすめ映画見放題配信サービス人気ランキング10選!【選び方も】

趣味
ダイナミックマイクの人気おすすめランキング15選【コンデンサーマイクとは?配信におすすめ!】

ダイナミックマイクの人気おすすめランキング15選【コンデンサーマイクとは?配信におすすめ!】

楽器
ドラマ見放題動画配信サービスの選び方と人気おすすめランキング10選

ドラマ見放題動画配信サービスの選び方と人気おすすめランキング10選

趣味