ナンプラーの人気おすすめランキング15選【いつもの料理にひと工夫】

エスニック料理に欠かせないナンプラー。タイのイメージが強い方も多いと思いますが、実はナンプラーは世界各地に存在します。今回は原産国がタイ・ベトナム・日本の3か国に絞って香りの高いおすすめのナンプラーをランキングしてみました。

ナンプラーの魅力

ナンプラーはタイで使われている調味料です。タイの家庭にはどこにでも置いてあるようなタイ料理には絶対に欠かせない、日本でいうと醤油のような存在なのです。最近はエスニック料理も広く知られ、日本でもナンプラーの存在は大分知られてきています。

 

ナンプラーは青魚のイワシをたっぷりの塩につけこみ、イワシの肉や内臓のタンパク質が分解されて発酵・熟成されて作られる調味料です。加熱すると香ばしくなり、そして独特の強い香りを持つのが特徴です。

 

タイのナンプラーが最も有名ですが、実は名称は異なりますが多数の国でナンプラーは作られています。今回はタイのナンプラーだけでなく、他の国でも作られているナンプラーも織り交ぜ、容量・名称・原産国・原材料の4点も考慮してランキングしてみました。

ナンプラーの人気ランキング15選

無添加のナンプラー

魚と天然海塩を自然発酵させた伝統的な調味料です。この特徴は濃厚なうま味と、ミネラル・ビタミン・を含んでいる点です。料理に塩味を加えたいときに使ってみるのがおすすめ。また醤油や塩の代わりに使ってみると本格的な味わいになります。

 

原材料にかたくちいわしと食塩だけを使った無添加のナンプラーだから安心して使用できます。また容器は簡単に開けられるワンタッチキャップで料理しながらでも使いやすいように工夫されています。

 

 

 

容量 150ml 名称 魚醤・ナンプラー
原産国 タイ 原材料 かたくちいわし・食塩

口コミを紹介

いろいろなナンプラーを買っては捨て、ようやくこちらのナンプラーにたどりつきました。
我が家ではこのナンプラーを買ってから、使用頻度がぐっとあがりました。
美味しいですよ

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

エスビー食品

S&B 李錦記 魚醤(ナンプラー)

原産国は中国のナンプラー

アンチョビー(カタクチイワシ)のうまみがたっぷりとつまったエスニック料理の基礎調味料。チャーハン・ビーフン・炒め物の隠し味にも最適です。

 

このナンプラーの原産国は中国で原材料に砂糖を加えてありますので、少し甘みがありそうです。エスニック料理以外にも中華系のメニューをよく作る方にもおすすめのナンプラーです。

容量 130g 名称 魚醤・ナンプラー
原産国 中国 原材料 アンチョビー・食塩・砂糖
13位

オーバーシーズ

メガシェフ プレミアムフィッシュソース(ナンプラー) l

じっくり熟成させた高級ナンプラー

高級で新鮮なイワシを発酵させて作られたプレミアムなナンプラーです。タイの伝統的な製法によって老舗メーカーが作っていたものを、高級タイレストランのシェフが発売したのがきっかけで人気になりました。

 

通常はイワシを12カ月ほど発酵させますが、このナンプラーはその倍の24カ月じっくり熟成させた高級ナンプラーです。そのため力強い味と香りが奥深く広がります。

容量 200ml 名称 フィッシュソース・ナンプラー
原産国 タイ 原材料 カタクチイワシ・食塩

口コミを紹介

とにかく美味しいです!!!!
調味料にはもちろん、カリッと焼いた厚揚げ豆腐にそのままかけて食べても最高でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

プラスティック容器のかわいいナンプラー

使いやすいプラスティック容器のタイ産のナンプラーです。アンチョビに塩を加えて12カ月発酵させた天然の調味料。醤油と同じように炒め物や煮込み料理、つけタレに加えるだけで、東南アジア料理の雰囲気が味わえます。

容量 200ml 名称 ナンプラー
原産国 タイ 原材料 いわしエキス・食塩・砂糖

口コミを紹介

お気に入りでよく購入しています。ボトルの本場感が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

絶対試したい鮎の魚醤

伝統あるおいしい醤油を作り続けながら、最新の製造技術・機械を導入し、時代に合った新しい醤油関連の商品を開発していこうと考えて作られたのがこの鮎魚醤です。商品の味・香り・品質のいづれも世界一と自信たっぷり。

 

琥珀色の摩訶不思議なエッセンス。素材そのものにかければ持ち味を生き生きと生かし、お料理の途中で使えば万能な隠し味として活躍。盛り付ける直前に一振りすると、その味わいを一層深く仕上げます。あらゆるタイミングで使える、まさに不思議なほどの万能なエッセンスとなっています。

 

 

容量 200ml 名称 魚醤
原産国 日本 原材料 鮎・食塩

口コミを紹介

旨味がとにかく濃いです。最高です。
私は、塩焼きそばに少し足していますが、食べれば食べるほど食欲が増します。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Hanh Phuc

ハンフック ヌックマム(魚醤) カーコム 60°

ベトナムの高級ブランド

原産国がベトナムの本格的な魚醤です。ベトナムで高級ブランドのハンフックの魚醤で60度の濃い口の魚醤です。お好みの味に調整しながらいろいろな料理に使うことができます。

 

原材料のカタクチイワシ・食塩の他に調味料として含まれている核酸とは鰹節・煮干し・肉などに含まれているうま味成分として知られている5’イノシン酸ニナトリウムやシイタケのうまみ成分として知られている5’グアニル酸ニナトリウムなどの核酸と呼ばれる物質のことです。

容量 250ml 名称 ヌックマム・魚醤
原産国 ベトナム 原材料 カタクチイワシ・食塩・調味料
9位

小浜海産物株式会社

雲丹醤(うにひしお)

雲丹を使った魚醤

醤油のルーツをたどると魚醤にたどり着くといわれているそうです。日本海の水産品の宝庫である福井県若狭小浜では、古くより濱醤油と呼ばれる魚醤が作られてきました。雲丹ひしおはうにをたっぷり使った贅沢な魚醤です。

 

コクのある力強い風味には、うにの旨みがたっぷりと含まれています。薄めないでそのままタレ・ドレッシングとして使えます。また日本料理はもちろん、フランス料理のソースのベースに、シーフードスパゲティの調味にも活躍します。

容量 140g 名称 雲丹醤((うにひしお)
原産国 日本 原材料 うに

口コミを紹介

ウニパスタが好きでよく作りますが、これさえあれば本当に手軽につくれます!
おすすめは、雲丹魚醤に卵黄を混ぜてソースをつくり、万能ネギとのりをトッピングしたパスタ。
市販のソースを購入するより、コスパもいいです。
これだけで本格的なおいしさです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

プッシュ式ボトルでいつでも新鮮

新鮮なカタクチイワシを12カ月以上発酵させ、一番搾りだけを使った高級ナンプラーです。フレッシュな香りが特徴のナンプラーで、酸化防止効果のある密閉ボトルに入っていて、空気や日光に直接触れない工夫がなされています。

 

使いたい分だけをプッシュして使うタイプなので、新鮮なまま保存することができます。フレッシュな香りと味わいを長期間楽しむことができるのがうれしいところ。

容量 100ml 名称 ナンプラー
原産国 日本 原材料 カタクチイワシ・食塩・砂糖

口コミを紹介

容器がビンじゃないし、美味しいのでいつもコレ買ってます。瓶じゃない!のが私の中でかなりの高ポイント。

出典:https://www.amazon.co.jp

贈り物としても最適な魚醤

うにそぼろや塩うになどが入って、雲丹の放縦な香りが漂うナンプラーです。イワシではなく雲丹を使っているので、香り立ちもおだやかでまろやかな深みのある味わいです。お刺身につけていいし、卵かけご飯などにも最適です。

 

雲丹の香りが普段のレシピもぐっとグレードアップして感じられます。家庭に1本置いておくと強い味方になること間違いなし。また普通のスーパーではなかなか手に入らないのでお取り寄せとして贈り物としても喜ばれる逸品です。

容量 120ml 名称 雲丹醤油
原産国 日本 原材料 雲丹そぼろ・食塩・砂糖

口コミを紹介

これをかけると 何もかもが一味上になります。
美味しいです。是非お試し下さい。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ユウキ食品

ユウキ食品 ラヨン・ナンプラー 700ml

お醤油代わりに使えるナンプラー

タイで人気のラヨンブランドの発酵度の高いナンプラーです。クセの少ない味わいが特徴となっています。また原材料に砂糖が使用されているためマイルドな仕上がりになっています。

 

タイ料理のイメージの強いナンプラーですが、カタクチイワシの出汁がしっかり効いているので、スープのベースや唐揚げの下味などお醤油の代わりとして使ってみてもOK。少し大きめの瓶タイプのナンプラーです。

容量 700ml 名称 ナンプラー
原産国 タイ 原材料 魚エキス・食塩・砂糖

口コミを紹介

前回小瓶を買って大失敗したので今回はデカイのを コストパフォーマンス最高

出典:https://www.amazon.co.jp

ベトナムのプレミアム商品

ベトナムの最も南の島、フーコック島。潮風の中にもニョクマムの香りを感じさせるほど、高級品の産地として有名な島生まれのフンタンブランド。日本名で魚たまり醤油と呼ばれるように小魚を塩漬けに熟成、約1年ほど発酵して作られたナンプラーです。

 

この発酵の長さがタイのナンプラーと比較してうま味とコクの深さを生み出しおいしさの秘訣となります。またフーコックのナンプラーは稚魚の割合が低く、ベトナムでもプレミアム商品として有名です。

容量 200ml 名称 ニョクマム・魚醤
原産国 ベトナム 原材料 カタクチイワシ・食塩

口コミを紹介

瓶のプラスチックの蓋の口を開けようとして驚いた。どうやって開ける?苦し紛れにちょっと飛び出してる部分をハサミで切って穴を開けたら使えるようになった。味は期待した通りとても良い!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

日本のタイレストランでお馴染み

日本のタイ料理レストランでもよく使われているのがティパロスのナンプラーです。小魚を塩漬けして1年半もの長期間発酵と熟成をさせて、上澄みだけをろ過しています。

 

タイカレーには欠かせません。またベトナムフォーやライスヌードル、タイの焼きそばパッタイなどに一振りすると奥深い味へと変わります。

容量 700ml 名称 ナンプラー
原産国 タイ 原材料 カタクチイワシ・塩水・砂糖

口コミを紹介

タイ料理をよく作るので、こちらは大きくて安く大変助かります。
味も問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

諸井醸造

秋田しょっつるハタハタ100%

無添加のしょっつる

日本三大魚醤の一つであるしょっつるです。昔から秋田の漁村では、ハタハタなど大量に水揚げされる魚を樽に放り込んで塩漬けにし、じっくり発酵させてしょっつるを作っていました。火を通すと甘みとコクがでるのが特徴です。

 

この秋田しょっつるは代替原料を一切使用することなく、ハタハタと天日塩のみで発酵させ、2年にも及ぶ熟成期間をえて経て作られています。一般的なイワシを原料にしたものは香りや色味が強くなりがちですが、ハタハタは香りがおとなしく、琥珀のような色合いで上品な味わいになっています。クセのない味が秘められています。

容量 130g 名称 しょっつる
原産国 日本 原材料 ハタハタ・食塩

口コミを紹介

我が家は煮物に使ってます。時々イワシも使うこともありますが、秋田育ちはハタハタですね。
たけのこを始め煮物は白だし、みりんと煮込み終わりのほうにショッツル一振りで美味しい煮物ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

チョイ足しにぴったりのサイズ

タイの醤油だから色々な料理に使って気軽にエスニック気分を味わえる手軽なサイズのナンプラーです。カタクチイワシえを発酵・熟成させたうま味に強いナンプラーです。

 

タイカレーに入れればうま味を含んだ出汁として活躍し、卵かけご飯にかければ、醤油を使わずにタイ風卵かけご飯としていつもとはちょっと違った味が楽しめます。ナンプラーを料理に使うことになれていない人はまずはこのサイズで一振りから楽しんでみてはいかが。

容量 70g 名称 ナンプラー
原産国 タイ 原材料 魚エキス・食塩

口コミを紹介

このナンプラーは70gとミニタイプなので、初めてタイ料理を作ってみるなという人や、年数回使ってみるよという人には向いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アライドコーポレーション

アライド バランス フィッシュソースゴールド 200ml

本場タイ料理で使われる定番ナンプラー

1位に輝いたアライドコーポレーションはタイ料理を一般的に食べてもらうように、本場タイ料理の調味料から日本人にあわせた調味料まで幅広く取り扱っています。

 

そしてこのバランスフィッシュソースは上質な塩と油がのったカタクチイワシにこだわり、24カ月と他のナンプラーと比べると長期熟成しています。そのため香りが高く、クリアな味わいが広がります。味も香りも最高級のタイ製ナンプラーです。

容量 200ml 名称 ナンプラー
原産国 タイ 原材料 アンチョビ・食塩・砂糖

口コミを紹介

タイ料理が好きで、ナンプラーもいろいろ買って試しましたが、これは独特の嫌な臭みもなく、いい所だけをとっていて、ナンプラー初心者でも料理の幅が広がると思います。
私はこれにあって、ナンプラーのおいしさに目覚めて常に置いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ナンプラーの選び方

ナンプラーは名称は異なりますが様々な国で作られている調味料でもあります。今回のランキングではタイ・ベトナム・日本の3か国に絞ってランキングしましたが、やはり国によって少しづつ違いがあります。属性の4点と共に違いをみていきます。

ナンプラーの容量について

ナンプラーの容量は70mlから700mlくらいまで幅広く用意されています。まずは用途によって容量を確認してからナンプラーを選ぶとよいでしょう。

70ml~200ml程度のナンプラー

ナンプラーは発酵食品ですので保存状態によっては開封後、時間が経つと発酵がさらに進んでしまいます。腐るわけではありませんが、独特の魚のニオイがきつくなってしまったり、辛みが増したりすることがあります。

 

ナンプラー初心者でまずは何かにチョイ足しするような使い方をする場合70ml~200ml程度の容量の小さなものから使い始めるのがよいでしょう。

200ml~700ml程度のナンプラー

タイ料理を自分で作る方や、料理が得意でナンプラーを料理としてスープのベースにしたり、料理の隠し味にナンプラーを使うような上級者の方は、勿論容量の大き目のナンプラーがおすすめです。

 

容量の小さなものに比べてコスパが断然高くなります。

ナンプラーの名称について

今回のランキングではタイ・ベトナム・日本の3か国に絞ってナンプラーをランキングしましたが原産国によって名称が変わり、名称からもどこの国のナンプラーなのかもわかります。

ナンプラー

ナンプラーと商品名に書かれているものは主に原産国がタイであるものがほとんどです。日本のメーカーの名前が書かれているものであっても、輸入業者が日本のメーカーであり原産国はタイであることもあるので、気にする方は注意してみてみてください。

ニョクマム・ヌックマム

ニョクマム・ヌックマム・ヌクマムなどの名称で書かれている場合主に原産国がベトナムであるであるものがほとんどです。特にベトナム料理が好きでナンプラーに興味を持った方はベトナム産のニョクマムから試してみるのがおすすめです。

魚醤・しょっつる

ナンプラーを日本語にしたら魚醤という程度に思ってください。また魚醤と書かれているものはやはり原産国が日本の製品であることが多いです。

 

また日本の三大魚醤の一つであるしょっつるは特に秋田の名産ハタハタを原材料に使った魚醤です。ハタハタで作った魚醤は、イワシ系で造った魚醤に比べると、若干甘みが少ないという特徴があります。

原産国の違いについて

ナンプラーのそれぞれの原産国について、やはり場所が変われば味の特徴も少しずつ異なってきます。その原産国による味の違いをみておきましょう。

原産国がタイ

タイが原産国のナンプラーは原料にカタクチイワシを使い塩漬け・熟成発酵させた調味料です。タイのナンプラーは若干塩味が強めとされています。

 

グリーンカレーやパッタイなどタイ料理がお好きな方はやはり原産国がタイであるナンプラーが本場の味に近づけるでしょう。

原産国がベトナム

ベトナムが原産国のニョクマム(ナンプラー)も原料にカタクチイワシを使い塩漬け・熟成発酵させた調味料です。タイのナンプラーは塩味が強めといわれているのに対して、ベトナムのニョクマムは魚の香りが強めといわれています。

 

こちらもフォーなどのベトナム料理がお好きな方は原産国がベトナムのニョクマムをまず試してみるのがおすすめです。

原産国が日本

国土が北から南まで縦に長く様々な海の幸に恵まれる日本では魚醤の原料も様々です。その原料はハタハタ・鮎・雲丹などとバラエティーに富んでいます。原産国が日本の魚醤の場合は合わせて原料に目を通すことをおすすめします。

 

魚介の個性がハッキリしているので原材料により鍋料理に合わせたり、卵かけご飯にかけてみたりと料理との相性が想像しやすくなります。

 

また原産国が日本のものは私たちが普段食べなれている家庭料理に合わせやすく、日本人が好む味付けに調整されていると思います。

原材料について

ナンプラーの原材料は主にカタクチイワシですが、その他の原材料についての違いを見ておきます。

原材料がカタクチイワシ・食塩のもの

ナンプラーでもニョクマムでも原材料がカタクチイワシと食塩だけで作られていて、砂糖が使用されていないものがあります。原材料に砂糖が入っていないものの特徴としては味がキリッと立っています。

 

どちらかといえば少し塩辛いのでつけダレやドレッシングなどに使い、そのままの味わいを楽しむときに適しています。

原材料がカタクチイワシ・食塩・砂糖のもの

原料にカタクチイワシ・食塩それに砂糖が入っているものがあります。砂糖が入っているナンプラーはカドが取れたマイルドなうま味が魅力になります。スープなどどんな料理も数滴で味が決まる優れものです。

 

原材料のカタクチイワシと食塩は必ず入っているものですから、砂糖が入っているかいないかでお好みがわかれるところなので、自分好みのナンプラーをお探し中の方は砂糖の有無を確認してみましょう。

調味料入りのナンプラー

カタクチイワシと食塩に化学調味料が原材料に入っているものもあります。化学調味料というと、少しマイナスのイメージがわく方もいると思いますが、比較的に長期保存ができたり、味が整えらているなどのメリットがあるのも確かです。

化学調味料不使用・無添加のナンプラー

無添加のものや化学調味料不使用であることにこだわるかたは、必ず原材料をチェックしてみてください。少し割高にはなりますがちゃんと無添加であることや化学調味料が不使用であることが明記されているナンプラーがあります。

 

無添加のナンプラーはありのままのナンプラーが味わえるのが魅力の一つでありますが、発酵が進みやすいナンプラーですので消費期限も併せて使いきれる量のナンプラーを選びましょう。

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 名称 原産国 原材料
アイテムID:5032689の画像

楽天

Amazon

ヤフー

本場タイ料理で使われる定番ナンプラー

200ml

ナンプラー

タイ

アンチョビ・食塩・砂糖

アイテムID:5028409の画像

楽天

Amazon

ヤフー

チョイ足しにぴったりのサイズ

70g

ナンプラー

タイ

魚エキス・食塩

アイテムID:5028399の画像

楽天

Amazon

ヤフー

無添加のしょっつる

130g

しょっつる

日本

ハタハタ・食塩

アイテムID:5028395の画像

楽天

Amazon

ヤフー

日本のタイレストランでお馴染み

700ml

ナンプラー

タイ

カタクチイワシ・塩水・砂糖

アイテムID:5028388の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ベトナムのプレミアム商品

200ml

ニョクマム・魚醤

ベトナム

カタクチイワシ・食塩

アイテムID:5028383の画像

楽天

Amazon

ヤフー

お醤油代わりに使えるナンプラー

700ml

ナンプラー

タイ

魚エキス・食塩・砂糖

アイテムID:5028374の画像

楽天

Amazon

ヤフー

贈り物としても最適な魚醤

120ml

雲丹醤油

日本

雲丹そぼろ・食塩・砂糖

アイテムID:5028366の画像

楽天

Amazon

ヤフー

プッシュ式ボトルでいつでも新鮮

100ml

ナンプラー

日本

カタクチイワシ・食塩・砂糖

アイテムID:5028362の画像

楽天

Amazon

ヤフー

雲丹を使った魚醤

140g

雲丹醤((うにひしお)

日本

うに

アイテムID:5028357の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ベトナムの高級ブランド

250ml

ヌックマム・魚醤

ベトナム

カタクチイワシ・食塩・調味料

アイテムID:5027811の画像

楽天

Amazon

ヤフー

絶対試したい鮎の魚醤

200ml

魚醤

日本

鮎・食塩

アイテムID:5027790の画像

楽天

Amazon

ヤフー

プラスティック容器のかわいいナンプラー

200ml

ナンプラー

タイ

いわしエキス・食塩・砂糖

アイテムID:5027761の画像

楽天

Amazon

ヤフー

じっくり熟成させた高級ナンプラー

200ml

フィッシュソース・ナンプラー

タイ

カタクチイワシ・食塩

アイテムID:5027740の画像

楽天

Amazon

ヤフー

原産国は中国のナンプラー

130g

魚醤・ナンプラー

中国

アンチョビー・食塩・砂糖

アイテムID:5027720の画像

楽天

Amazon

ヤフー

無添加のナンプラー

150ml

魚醤・ナンプラー

タイ

かたくちいわし・食塩

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天 「魚醤・ナンプラー」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

まとめ

いかがでしたか?ナンプラーの人気ランキング15選。独特の香りの強いナンプラーですが最近はパクチーも手に入れやすくなり、タイやベトナムなどのエスニック料理の人気も高まってきています。ご家庭でもより本格的なエスニック料理、または普段の料理にナンプラーを取り入れて、豊かなうま味・コク・香りを堪能してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【最新型も】翻訳機のおすすめ人気ランキング15選【ベトナム語対応モデルも紹介!】

【最新型も】翻訳機のおすすめ人気ランキング15選【ベトナム語対応モデルも紹介!】

翻訳機・通訳機
【2023年最新版】エスニック系レトルトカレーの人気おすすめランキング10選

【2023年最新版】エスニック系レトルトカレーの人気おすすめランキング10選

レトルト・惣菜
【プロ監修】カレールーのおすすめ人気ランキング26選【2023年版・美味しい!】

【プロ監修】カレールーのおすすめ人気ランキング26選【2023年版・美味しい!】

調味料
横浜の料理教室の人気おすすめランキング11選【2023年最新】

横浜の料理教室の人気おすすめランキング11選【2023年最新】

教室・スクール・習い事
【これぞ最強】おつまみのおすすめ人気ランキング30選【美味しい酒のつまみも】

【これぞ最強】おつまみのおすすめ人気ランキング30選【美味しい酒のつまみも】

その他食品
DMM英会話のメリットって何?実際に受講してみた感想

DMM英会話のメリットって何?実際に受講してみた感想

その他