【レトロな音楽】レコードプレーヤーの人気おすすめランキング15選

記事ID4144のサムネイル画像

今回は、レトロな音楽を楽しむことができるレコードプレーヤーをランキングで紹介していきます。音質や型式構成などで紹介していくので、参考にしてみてください。CD音源に加工すること、保存することもできる時代です。レコードプレーヤーを楽しんでみましょう。

雰囲気を楽しむことができるレコードプレーヤー

音楽の音盤を針を落として、音質として楽しむ、雰囲気として楽しむことができるレコードプレーヤーに、興味はありますか?音質を気にしたり、部品を変えるだけで聞こえ方が変わってくるレコードプレイヤーは一度ハマってしまうと楽しくなります。聞いて違いが分かると気分も上がってくるでしょう。

 

今回は、レトロな雰囲気を楽しむことができるレコードプレーヤーについて紹介していきます。おすすめや人気なものを、型式や構成・音質などを中心にランキングを作成していきます。参考にしてみてください。

レコードプレーヤーの人気おすすめランキング15選

15位

ティアック

アナログレコードプレーヤーTEAC TN-570

価格:116,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも扱いやすい

ティアックのアナログレコードプレーヤーは、ハイスペックとスタイリッシュさを兼ね備えたアナログターンテーブル型式になります。初心者でも簡単に扱うことができるので、人気です。ただ音盤を乗せるところのデザインが斬新なので、シンプルなものが好きだという方にはあまりおすすめできません。

型式ターンテーブルサイズ420 x 131.5 x 355mm
重量約9.0kg

口コミを紹介

音質はTN-350を大きくグレードアップしたものとなっており、低ノイズなクリアな音に加えてアナログレコードでしか出せない臨場感やムードを出してくれる、と感じました。TN-350の時は外付のフォノイコを通していしましたが、このTN-570は内蔵のフォノイコで充分に本格的な音を出してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ION Audio(アイオンオーディオ)

レトロ調 ミュージックプレーヤー Superior LP

価格:16,706円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロな雰囲気を楽しむ

見た目からしてレトロな雰囲気を楽しむことができます。このレコードプレーヤーは、サイズが少し大きいので場所も少しだけ取ります。Bluetoothの受信機能などのあるので、レコードの音質をヘッドホンやイヤホンなどで楽しむことができます。ラジオを聴くこともできるので、昭和の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

型式ベルトドライブサイズ約47 x 38.1 x 24.3cm(W x D x H)
重量約8.6kg

口コミを紹介

色々な種類が使用できて、この値段はお得です。
父親がクラッシックのレコードを聴くのに購入しました。
見た目も上品なので気に入っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ION Audio(アイオンオーディオ)

Vinyl Motion レコードプレーヤー スーツケース型

価格:6,663円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー内蔵レコードプレイヤー

スーツケースのような見た目をしたレコードプレーヤーになります。内蔵のステレオスピーカーがあるので、ヘッドホンやご自宅にあるコンポなどから出力することが可能になります。どんな場所でもレコードプレーヤーを持ち歩くことができ、どんな場所でも音楽を楽しむことができる画期的なアイテムです。

型式ベルトドライブサイズ約343 x 114 x 254mm
重量約2.7kg

口コミを紹介

トランク型の機種はいろいろ出ていますが、価格とバッテリー内蔵というところに惹かれて購入しました。
こういう持ち運びできるタイプで、コードレスで聞けるのはかなりのメリット。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

デノン(Denon)

アナログレコードプレーヤー DP-200USB-K

価格:22,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルオートで聞くことが可能

フルオート機能が付いているので、自動でトーンアームを戻してくれます。また、USB機能が付いているので、USBを差し込むだけでスタートボタンと録音ボタンを押し、レコードをデジタル音源として保存することが可能です。フォノイコライザーを内蔵しているので、音質を高めてレコードを楽しむことができます。

型式ベルトドライブサイズW360×H98×D358mm
重量3.2 Kg

口コミを紹介

たまりにたまったアナログレコードのデジタル化に購入しました。付属のソフトが今じゃ使い物にならない点以外は良いと思います。しかし、このお値段でプレーヤーが買えるとは!!驚きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

デノン(Denon)

アナログレコードプレーヤー DP-1300MK2

価格:192,455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木目スタイルのおしゃれなレコードプレイヤー

木目スタイルが美しい仕上がりになっています。天然素材の木を使っているので、ウッド調を楽しみたい方におすすめです。安定した回転を実現するために、ハイブリッド2重構造の大型ターンテーブルになっています。

 

カートリッジやトーンアームなどの周辺部品は、DENONにあったものを選ぶと良いです。DENONに合うものを選ぶことでより高音質を楽しむことが可能です。基本的にこのレコードプレイヤーは見た目を楽しみ雰囲気を楽しむことがメインなので、音質をクリアなものにしたい場合は、別のレコードプレイヤーを選びましょう。

型式DENONクォーツサーボ式ダイレクトドライブサイズ61.6 x 51.2 x 28.3 cm
重量17.9 Kg

口コミを紹介

30年近く使い続けたテクニクスのリニアトラッキング方式のSL-10からの代替えです。
驚くほどノイズがなくなり大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー(SONY)

ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB

価格:22,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レコードをCDに変更可能

ソニーのステレオレコードプレーヤーには、USB端子をつなぐことができるので、USBにレコードの音質をそのまま移すことが可能です。また、デジタル化した音質は、CDに残すこともできます。レコードならではの音質をCDとして保存することができるので、よりさまざまなところでレコードを楽しむことができます。

型式ベルトドライブサイズ420x95x360
重量3.1kg

口コミを紹介

パソコンに取り込んでのCD作りやオーディオで直接聴けるし音質も
特にこだわる人は別として問題ない良い音です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ダイレクトドライブターンテーブル AT-LP5

価格:42,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質を楽しめる

ダイレクトドライブ式になっているので、安定した回転を実現することができます。より高音質を楽しむことができるでしょう。こちらのレコードプレーヤーも、レコードの音質をCD化することが可能なので、CDとしてもレコードを楽しむことができます。ダイレクトドライブ式なので、初心者の方でも簡単に高音質を楽しむことができます。

型式ダイレクトドライブマニュアルターンテーブルサイズH157×W450×D352mm
重量8.5kg

口コミを紹介

シンプルで無駄のないデザイン。再生音の力強さなど全体的な質の高さを感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

デノン(Denon)

アナログレコードプレーヤー DP-29F-K

価格:11,079円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルオートで簡単操作

コンパクトサイズのレコードプレーヤーなので、部屋のどこにいてもレコードの音質を楽しむことができます。また、フォノイコライザーが入っているので、より高音質な音を楽しむことができるでしょう。フルオート機能も搭載なので、トーンアームが自動で戻ってくれます。

型式ベルトドライブサイズW360 x H97 x D357mm
重量約2.8kg

口コミを紹介

とても使いやすくて、重宝しています。
一時期レコードは無くなるんだろうと思ってしまい、かなり処分したのですが、こんなに安価にプレイヤーが手に入れるなら処分しなければ良かった

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ヤマダ電機 楽天市場店

マニュアルレコードプレーヤー CP-1050(D)

価格:40,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわり抜いた音質

ONKYOのレコードプレーヤーは、クリアな音質・ハイレゾ音質・アナログ音質・ステレオ音質、どの音質に対しても最高の状態で聞くことができるよう、徹底的に開発されたレコードプレーヤーなので、どの音盤でも音盤本来の音質をクリアに聴くことが可能です。

 

レコードがとても好きで、レコードを本来の音質を楽しみたいという方におすすめです。

型式ダイレクトドライブサイズ幅450×高さ158×奥行367.5mm
重量8.6kg

口コミを紹介

【デザイン】シンプルなデザインに好感が持てます
【機能性】必要にして十分な機能
【使いやすさ】シンプルイズベストの言葉通りです

出典:https://review.rakuten.co.jp

6位

ION Audio(アイオンオーディオ)

Max LP レコードプレーヤー

価格:8,632円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイドのスピーカーで立体感を

スピーカーが内蔵されているので、ご自宅のコンポなどにつなぐ必要がありません。レコードプレーヤー単体のみで、立体音質囲まれるような音質を楽しむことができます。また、USB端子も付いているので、レコードの音源を簡単にパソコンやスマートフォンなどに移動することができます。どこでもレコードを楽しむことが可能です。

型式ターンテーブルサイズ約418 x 103 x 387mm
重量約3.5kg

口コミを紹介

値段の割には高級感があり使い方も簡単でレコードプレーヤーが初めての方にはオススメです
木目調がかなりイイですね

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ソニー(SONY)

ステレオレコードプレーヤー PS-HX500

価格:49,977円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音源視聴可能

レコードの音質を、最高の音質で聞くことが可能です。また、ハイレゾ音源としてレコードの音源を保存することが可能です。ノイズが入ったような、古びたようなレトロな風合いがあるレコードの音質ですが、そのレコードの音質もハイレゾ化して、より高音質になった音楽をパソコンやスマートフォンで楽しむことができます。

型式ベルトドライブサイズ430x104x366
重量5.4kg

口コミを紹介

価格の割には高性能 カートリッチも素直な音質です。レコードをハイレゾ録音してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ティアック

アナログターンテーブル TN-350-CH

価格:29,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レコードプレイヤーならではの楽しみ方

ヘッドシェルやカートリッジなどを付け替えることで、自分好みのレコード音質を楽しむことができます。レコードならではの楽しみ方ができるレコードプレーヤーとして人気です。アナログレコード本来の音質を楽しむこともできますし、フォノイコライザーを通したクリアな音質を楽しむこともできます。

型式ベルトドライブサイズ420(W)×117(H)×356(D)mm
重量約4.9kg

口コミを紹介

いい音です。MFバリってゆうのかな?MMバリのようにハリをジョイントしてガタができることがなくMCバリに近いと思います。
将来MCバリに変えることもできますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

デノン(Denon)

アナログレコードプレーヤー DP-300F-SP

価格:30,572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質のレコードプレイヤー

フォノイコライザー、カートリッジとアーム全てにおいて、品質の高いものを扱っているので、音質をクリアの状態で楽しむことができます。またフルオートなので、再生し終わった後に自動でアームが戻るようになっております。ターンテーブル自体も回転の安定性が高いのでノイズなどの心配もありません。

型式ベルトドライブサイズW434×H122×D381mm
重量5.5kg

口コミを紹介

実際に届き、見た目も重量感もあり高級感もあって、部屋のインテリアとしても楽しめそうです。正解でした!
セッティングも簡単でした。
ボタン一つで再生でき、再生が終わると自動で元に戻るので、簡単操作です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ステレオターンテーブルシステム AT-PL300 BK

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単にレコードを楽しむことができる

日常生活に、レコードを自然と取り込むことができるレコードプレーヤーです。回転を安定させるための、アルミダイカスト仕上げになっているので、音質もクリアな状態で楽しむことができます。また、フォノ端子が付いていないアンプでも、変換器が付いているので、フォノイコライザーの音質を楽しむことが可能です。

型式ベルトドライブサイズH97×W360×D357mm
重量2.7kg

口コミを紹介

前に試しに買った別のメーカーのデジタル化できるやつが半年もたたないうちに壊れてしまい、こちらに買い換えました。もう2年以上経ちますが今もレコードを買って聴きまくってます。
普通のミニコンポなどにも繋げられるので手軽にレコードを聴けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

デノン(Denon)

アナログレコードプレーヤー DP-500-M

価格:77,269円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者からの人気ナンバーワン

ターンテーブルに、耐久性の高いダイレクトドライブを使っているので、高音質を楽しみたいの方におすすめです。大型ターンテーブルになっているので、回転もとても安定しています。ダイレクトドライブ式ですと、レコードを聴いている時の起動音なども少なく、メンテナンス回数も少なくて大丈夫というところが利点です。

型式クォーツサーボ式ダイレクトドライブサイズW450×H170×D370mm
重量10.1kg

口コミを紹介

30数年振りに段ボール箱からLPレコードを出してこのプレイヤーを購入して聴いています。スピーカーはJBL4429を使用していますが、CDと違い、長時間聴いていても疲れない。DENONのカートリッジが付属しているので費用対効果という意味ではお薦めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

レコードプレイヤーの選び方

レコードプレーヤーは、ターンテーブル式、モーターの部品やアームの種類、カートリッジなどで音質の変化を楽しむことができます。それぞれどのような選び方をしたらいいのか紹介していくので、よければ参考にしてみてください。

構成で選ぶ

まずは構成から選んでみましょう。ターンテーブル・トーンアームなど、それぞれの部品や構成などで音質が変わってきます。自分に合った音質、自分に合った再生出力などを選びましょう。

ターンテーブル

ターンテーブルには、アルミダイカスト仕様というものがあります。アルミダイカスト仕様を選ぶことにより、回転が安定してノイズなどの雑音が混じらない、音質の高いレコード音源を聞くことが可能になります。

 

ベルトドライブ式とダイレクトドライブ式などの形式もあるので、それぞれで音質の変化があります。メンテナンスの仕方なども変わってくるので、初めての方は扱いやすいダイレクトドライブ式をおすすめします。CD音源に変更したいと考える方は、ベルトドライブ式がおすすめです。

カートリッジ

カートリッジとは、レコードの音盤に直接触れる針のころです。種類によっては、MM型・MC型などがあります。針の先が丸いものから、尖っているものまであるので、それぞれ針の形により音質が変わってきます。自分好みに調整するために、カートリッジやカートリッジ押さえるヘッドシェルなどを選んでいきましょう。

 

カートリッジの形によって音質が変わるので、聞く音盤によってカートリッジを変更してレコードを楽しむこともできるので、カートリッジをいくつか所持していてもいいかもしれません。

トーンアーム

トーンアームは、カートリッジを支える部分です。形や形状によって、カートリッジの位置などは変わってきます。音盤にどのように触れるかによって、音質や音の出方なども変わってくるので、トーンアームの形や形状なども気にしながら選んでいきましょう。

 

マニュアル式とフルオートがあります。マニュアル式の場合は、曲を聴き終わったあとに自分でトーンアームを元に戻します。人の力が加わるので、場合によっては壊れやすくなる可能性もあります。フルオートの場合は、レコードが再生し終わったあと、自動でトーンアームを戻してくれるので、トーンアーム部分が壊れる可能性が少ないです。

フォノイコライザー

フォノイコライザーというのは、レコード本来の音質を、よりクリアなものに変えてくれます。レコードプレーヤー、もしくはご自宅にあるコンポなどに、この端子がついているかどうかを確認してみてください。

 

フォロ端子、フォノイコライザーを通して効く音質は、レコード本来のアナログ音質ではなく、ノイズに隠れてしまいそうな高音を大きく拾ってくれたり、振れ幅の多いブレがしょうじやすい低音をしっかりと拾うことが可能なので、フォノイコライザーが内蔵されているかどうかも確認しながら選びましょう。

型式で選ぶ

ターンテーブルには、ベルトドライブ式とダイレクトドライブ式があります。それぞれメリットになる部分が変わってくるので、自分が求めている性能に合うものを選びましょう 。

ベルトドライ

ベルトドライブ式は、レコードの音源をパソコンやスマートフォンに移すことができます。レコード音源をデジタル化することができるので、レコードの音楽をスマートフォンなどで持ち歩きたい方は、ベルトドライブ式をおすすめします。回転のムラなどをベルトに吸収させることで、音のノイズなどをなくしてくれます。

 

レコードプレイヤーでは基本的な形式になってますが、DJとして音盤を使う方は回しやすいダイレクトドライブ式をおすすめします。ベルトドライブ式はDJ用としては向いていません。

ダイレクトドライブ

ダイレクトドライブ式は、モーターの動きをベルトに介してレコードを回転させているのではなく、モーターの動きを直接使い、レコードを回転させています。

 

ベルトに吸収させて、回転のムラを少なくさせているベルトドライブ式と比べて、ダイレクトドライブ式は、クォーツクロックによって、高い回転精度を保つことができます。直接的な駆動で、音盤の回転が不安定になった時に、音の揺れなどを防いでくれます。

回転数で選ぶ

レコードには、33回転と45回転の二つの種類があります。もちろん回転数によって、音楽を聴ける長さ、収録されている音楽の数なども変わってくるので、自分の持っている音盤が33回転なのか、45回転なのかをしっかりと確認してから選びましょう。

プレイヤーの機能性で選ぶ

レコードプレーヤーには、USB機能が付いていたり、Bluetooth機能が付いていたりと、さまざまなデジタル機能が付いています。レコードの音をデジタル化して、より高音質を楽しみたい場合は、デジタル機能が付いているものを選びましょう。

デジタル機能の有無

デジタル機能がついているか、ついていないかによって、レコードの音源をパソコンやスマートフォンで保存することができるのか、持ち歩くことができるのか、レコードの音源をCD化することはできるのかなどが限られてきます。

 

レコードの音源をスマートフォンに移したい、パソコンに入れてCD化したいと思う方は、デジタル機能が備わっているレコードプレーヤーを選びましょう。基本的にUSB端子を繋ぐことができる場合は、デジタル機能が備わっています。レコードプレイヤーによっては、デジタル化した音源を加工する付属のアプリケーションが付いている場合もあるので、デジタル化した音源を加工したい方は、アプリケーションがあるのかどうかも気にしながら選んでみましょう。

USB

USB端子などが付いているレコードプレーヤーなら、レコードの音源をパソコンに保存して 、CD化することが可能です。また、USBに保存して、スマートフォンなどに移動することも可能になってきます。レコードの音源を、いつどこにいても楽しむことができるので、持ち運びたいと考える方は、USB端子がついているレコードプレーヤーも選びましょう。

 

デジタル化などには興味ないけれど、レコードプレイヤーを持ち運びたいと感じる方は、内臓スピーカーがあるものを選びましょう。スーツケース型のレコードプレイヤーなら、イヤフォンやヘッドフォンを繋いでレコードプレイヤー本体を持ち運ぶことができます。

Bluetooth

Bluetooth機能が付いていることにより、コンポなどにケーブルを使ってつなぐ必要がありません。また、邪魔なコードがないので、室内でも近所迷惑にならない音楽の音量で、ヘッドフォンなどを使い、移動しながらレコードの音を楽しむことができます。最近ではスピーカーでもBluetoothを対応しているものが多いので、コンポなどもBluetooth対応にして、より快適な音楽ライフを楽しみましょう。

 

最近では、USB端子などが付いていて、CD化することも可能になってきています。レコードの音源をCDやスマートフォンに移動して、持ち歩けるようにすることで、日常からレコードを楽しむことができます。コンポなどにつなげば、レコードの音質を室内で、より大きな音で楽しむこともできるので、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょう。

レコードプレーヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5022607の画像

    デノン(Denon)

  • 2
    アイテムID:5022602の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:5022594の画像

    デノン(Denon)

  • 4
    アイテムID:5022586の画像

    ティアック

  • 5
    アイテムID:5022579の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:5022575の画像

    ION Audio(アイオンオーディオ)

  • 7
    アイテムID:5022569の画像

    ヤマダ電機 楽天市場店

  • 8
    アイテムID:5022522の画像

    デノン(Denon)

  • 9
    アイテムID:5022504の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 10
    アイテムID:5022477の画像

    ソニー(SONY)

  • 11
    アイテムID:5022459の画像

    デノン(Denon)

  • 12
    アイテムID:5022429の画像

    デノン(Denon)

  • 13
    アイテムID:5022384の画像

    ION Audio(アイオンオーディオ)

  • 14
    アイテムID:5022368の画像

    ION Audio(アイオンオーディオ)

  • 15
    アイテムID:5022492の画像

    ティアック

  • 商品名
  • アナログレコードプレーヤー DP-500-M
  • ステレオターンテーブルシステム AT-PL300 BK
  • アナログレコードプレーヤー DP-300F-SP
  • アナログターンテーブル TN-350-CH
  • ステレオレコードプレーヤー PS-HX500
  • Max LP レコードプレーヤー
  • マニュアルレコードプレーヤー CP-1050(D)
  • アナログレコードプレーヤー DP-29F-K
  • ダイレクトドライブターンテーブル AT-LP5
  • ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB
  • アナログレコードプレーヤー DP-1300MK2
  • アナログレコードプレーヤー DP-200USB-K
  • Vinyl Motion レコードプレーヤー スーツケース型
  • レトロ調 ミュージックプレーヤー Superior LP
  • アナログレコードプレーヤーTEAC TN-570
  • 特徴
  • 初心者からの人気ナンバーワン
  • 簡単にレコードを楽しむことができる
  • 高品質のレコードプレイヤー
  • レコードプレイヤーならではの楽しみ方
  • ハイレゾ音源視聴可能
  • サイドのスピーカーで立体感を
  • こだわり抜いた音質
  • フルオートで簡単操作
  • 高音質を楽しめる
  • レコードをCDに変更可能
  • 木目スタイルのおしゃれなレコードプレイヤー
  • フルオートで聞くことが可能
  • バッテリー内蔵レコードプレイヤー
  • レトロな雰囲気を楽しむ
  • 初心者でも扱いやすい
  • 価格
  • 77269円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 30572円(税込)
  • 29890円(税込)
  • 49977円(税込)
  • 8632円(税込)
  • 40290円(税込)
  • 11079円(税込)
  • 42084円(税込)
  • 22500円(税込)
  • 192455円(税込)
  • 22365円(税込)
  • 6663円(税込)
  • 16706円(税込)
  • 116640円(税込)
  • 型式
  • クォーツサーボ式ダイレクトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ターンテーブル
  • ダイレクトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ダイレクトドライブマニュアルターンテーブル
  • ベルトドライブ
  • DENONクォーツサーボ式ダイレクトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ベルトドライブ
  • ターンテーブル
  • サイズ
  • W450×H170×D370mm
  • H97×W360×D357mm
  • W434×H122×D381mm
  • 420(W)×117(H)×356(D)mm
  • 430x104x366
  • 約418 x 103 x 387mm
  • 幅450×高さ158×奥行367.5mm
  • W360 x H97 x D357mm
  • H157×W450×D352mm
  • 420x95x360
  • 61.6 x 51.2 x 28.3 cm
  • W360×H98×D358mm
  • 約343 x 114 x 254mm
  • 約47 x 38.1 x 24.3cm(W x D x H)
  • 420 x 131.5 x 355mm
  • 重量
  • 10.1kg
  • 2.7kg
  • 5.5kg
  • 約4.9kg
  • 5.4kg
  • 約3.5kg
  • 8.6kg
  • 約2.8kg
  • 8.5kg
  • 3.1kg
  • 17.9 Kg
  • 3.2 Kg
  • 約2.7kg
  • 約8.6kg
  • 約9.0kg

まとめ

さまざまなレコードプレーヤーを紹介してきましたが、自分の好みに合ったレコードプレーヤーは見つかりましたか?機能性などを見ながら自分になったものを選び素敵なレコードプレイヤーライフにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ