【2023年最新版】仙台の薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング5選

記事ID39245のサムネイル画像
仙台で薬剤師の転職したいと思うけれど、どの薬剤師転職サイトがいいか分からない、ということはありませんか?転職で失敗しないためにも、間違いないサイトを選びたいものです。ここでは、仙台でおすすめの薬剤師転職サイトの選び方やランキングについて紹介しています。

仙台市の薬剤師求人は競争が厳しい?

宮城県は、エリアが広い割には薬局が少なく、求人も全国に比べて少なめです。その中で仙台市は県庁所在地であり、宮城県の中では比較的薬局数が多いです。そう考えると、求人も多くて転職もしやすいと思いますよね。

 

けれども実は、仙台市の平均年収は他の地域よりも低く、年収が高いなど条件がいい求人は求職者が集中しがちで、競争が厳しい状態なのです。そのため、仙台市で求人を探す際、数多くある中から好条件の求人を見つけ出さなくてはなりません。

 

そこで今回は、仙台市の薬剤師転職サイトの選び方やおすすめランキングをご紹介します。ランキングは、求人数・転職実績・コンサルタントの質を基準に作成しました。薬剤師転職サイト選びに迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

病院への薬剤師転職は公立病院がおすすめ

薬剤師が病院へ転職する場合、国立病院か公立病院、もしくは開業医への選択肢があります。このうち、国公立病院は、福利厚生などの待遇も良く、安定しているので、転職するにはいい職場です。ただ、両者を比べる際、国立病院は公立病院よりもはるかに少ないです。

 

つまり、国立病院は競争率が高くなるので、それよりは、数が多い公立病院の方が競争率も低く、転職先におすすめです。

薬剤師転職サイトは複数登録した方がいい

薬剤師転職サイトを登録する際、1つのサイトに絞らない方がいいです。まず、複数の転職サイトに登録すると、選択の幅が増えて、自分の理想とする転職先を見つけやすくなります。また、複数のコンサルタントを比較して見極められます。

 

そればかりか、その転職サイトの独占求人を紹介してもらえるメリットもあります。独占求人は、ほかの転職サイトと差別化させる求人のため、求人の条件がいいものが多くあります。しかもその転職サイトでしか扱っていない求人なので、競争率が低く内定が出やすくなります

薬剤師の転職は未経験の職場でも転職できる

例えば薬局から病院への転職など、経験のない職場は仕事の内容が大きく変わって今までやってきた業務が通用しないか不安になりますよね。しかし、薬剤師の業務内容は重複する内容も多いので、未経験でも転職は可能です。

未経験から調剤薬局への転職

調剤薬局での主な業務は調剤業務で、ほかの職場に比べて業務の種類が限られているため、慣れやすいです。例えば病院勤務やドラッグストア勤務からの転職であれば、調剤業務は共通しているので、働きやすい職場と言えます。

 

また、開店時間が決まっているので、残業もほとんどなく、土日祝日もカレンダー通り休めます。さらに、調剤薬局の数は、コンビニの店舗数よりも多く、働く場所を見つけやすいです。

未経験からドラッグストアへの転職

ドラッグストアは、調剤薬局や病院と同じ業務内容もあるので転職しやすく、高い年収も狙いやすい職場です。主な特徴としては、医師の処方箋なしに購入できるOTC医薬品の販売や説明を行うOTC業務では、薬剤師としての知識や経験が活かしやすいです。

 

また、現在、拡大中のドラッグストアは、人手不足になりやすく薬剤師の需要が高くなりやすいので、好待遇になりやすいです。なお、薬剤師の業務以外にも、品出しやレジ業務など、業務の幅が広くなるので注意が必要です。

未経験から病院への転職

未経験から病院への転職には、慢性期病院がおすすめです。なぜなら慢性期病院は、容体が安定している患者に継続的に治療を行う病院のため、比較的落ち着いて業務を行えるからです。一方、急性期病院の場合、救急患者の対応や急変しやすい患者の治療を行うため、常に忙しく、未経験者への研修が十分に行われない場合もあります。

 

なお、病院薬剤師の業務内容は、調剤業務以外にも薬剤管理指導や治験、チーム医療への参加など幅広く、業務に慣れるまでに時間がかかる点には注意が必要です。

未経験から企業への転職

製薬企業は、平均年収が1000万円を超える企業も多く、大幅に年収アップを見込めます。ただ、製薬企業は、新薬開発から自社の医薬品の営業までさまざまな仕事があり、薬剤師の資格は必須ではないので、転職先の職場としても非常に人気が高く、転職には厳しい職場です。

薬剤師は何歳まで転職できる?

薬剤師のように国家資格を保有していると、一般の職種に比べて転職しやすいですが、年齢が高くなると、転職を受け入れてくれる職場も少なくなってきます。ただ、職場によっては、豊富な知識と経験を持つミドル世代を求めるところもあります。

調剤薬局へ転職する場合

調剤薬局は、比較的年齢の高い方でも転職しやすい職場です。ただし、業界大手の調剤薬局と、中小または個人の調剤薬局とでは転職事情が変わってきます。まず、業界大手の調剤薬局は、新卒などの若い人材を求める傾向が強く、40代後半からの転職はやや不利な傾向にあります。

 

それに対して、中小または個人の調剤薬局は、50歳以上でも求人が出る場合があります。例えば管理薬剤師の欠員を補うために、若手でなく知識と経験が豊富な人材を求めるケースもあります。

ドラッグストアへ転職する場合

ドラッグストアも、年齢の高い方でも転職できる可能性がある職場です。ドラッグストアは、現在も成長を続けている業界で、全国各地への出店が増え続けています。そのため、管理薬剤師などのポジションの求人が出る場合もあり、年齢が高くても、これまでの経験を活かせる可能性があります。

病院へ転職する場合

病院への転職の場合、病院の規模や専門領域によって事情が異なります。まず、大学病院や大規模な病院への転職は、非常に厳しいです。規模の大きい病院では、急性期疾患を取り扱う場合が多く、急患対応の夜間シフトもあるので、若くて体力のある人材が優先的に採用されやすいからです。

 

一方、高齢者のリハビリテーションなどを専門に行う慢性期病院や、中小規模の病院では、40代以上でも転職できる可能性があります。大学病院などの規模の大きい病院に比べ、薬剤師が不足しているため、即戦力になる人材を求めている傾向にあるからです。

企業へ転職する場合

企業で働く薬剤師には、さまざまな勤務形態があります。医療品卸業や医薬品の物流センター、製薬会社から委託を受けて治験業務を行うCRO等、薬剤師を必要としている企業であれば、年齢制限なく転職を受け入れる傾向にあります。

 

それに対し、いわゆる製薬会社への転職は厳しい年齢制限があります。例えば、製品開発や治験を行うCRA(臨床開発モニター)やMRは、企業の薬剤師の中でも人気のある業種ですが、特別なスキルや実績がある場合を除いては、CRAは50歳未満、MRは40歳未満でないと転職が難しいです。

第二新卒は転職に有利?

学校を卒業後、一度就職をしたものの数年のうちに退職し、転職活動をする第二新卒を求める企業は多いです。その理由としては、第二新卒は、キャリアのある転職希望者に比べ、社会経験が少ない分柔軟性に優れ、若いために企業風土に染まりやすく、能力開発の余地も大きいからです。

 

また、社会人としての経験があるため、新卒者に比べて社会人としての常識やある程度のビジネススキルを備えており、ミスマッチのリスクも軽減できる点もあります。

薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトを選ぶ際、多くのサイトがあり、どのサイトがいいか迷ってしまう場合もあるかもしれません。そこで、ここでは、薬剤師転職サイトを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

覚えておきたい選ぶポイント

薬剤師転職サイトを選ぶ時に、まずこれだけは覚えておきたいポイントについて紹介していきますので、忘れないように何度も読んで記憶しておいてください。

「求人数」が多いサイトであれば希望の求人を見つけやすい

薬剤師転職サイトを選ぶ際、公開されている求人数の多さをチェックしましょう。公開されている求人数が多いサイトは、非公開求人も多いと推測できます。チェックの際、以下の点にも注意しましょう。

  • 希望エリアの求人数
  • 希望条件に合う求人数
  • 勤務先ごとの求人数
  • 派遣の求人の有無
  • 求人内容の掲載日や更新日
  • 検索項目の充実度

公開求人数が多くても、希望するエリアや勤務先の求人数が少なくては、いい求人も見つけられません。自分の求めている求人が多いかどうか、しっかりチェックしましょう。

好条件の求人を見つけるためには「求人の質」がいいサイトを選ぶ

薬剤師転職サイトを選ぶ際、求人数だけでなく求人の質にも着目しましょう。求人内容が詳細に掲載されているかどうか、また好条件の求人が多いかどうかに注意しながら、細かくチェックしましょう。求人内容を見て、分かりやすく、知りたい内容が書かれているサイトであれば、求人の質が高いと言えます。

 

また、非公開の求人が多いサイトには、好条件の求人が多いため、判断基準の1つにできます。

転職活動をスムーズに行うために「フォロー・サポートが充実している」サイトを選ぶ

薬剤師転職サイトを選ぶ際、コンサルタントのフォローやサポートが充実しているかどうかもチェックしましょう。フォローやサポートが充実していれば、転職活動もスムーズに行えますし、自分の希望に近い職場を紹介してもらえます。

 

コンサルタントのフォローやサポートが充実しているかどうか判断する基準は、以下のとおりです。

  • 面接・相談方法や拠点数が充実している
  • サポート力に強みがある
  • コンサルタントの対応が丁寧である

相談方法には対面と電話がありますが、対面の方が密なコミュニケーションが取れるので、信頼関係を築き上げやすいです。対面での相談を採用しているサイトは、効率性よりも安心感を重視している傾向があるため、初めて転職する方にはおすすめです。

薬剤師転職サイト選びに迷ったら「大手が運営している」サイトがおすすめ

大手の薬剤師転職サイトは、サービスが充実しており、好待遇の求人も集まりやすい傾向にあるため、もし、薬剤師転職サイト選びに迷った場合は、大手の薬剤師転職サイトに登録しておくと無難です。

 

大手のサイトはコンサルタントの人数が多く、1人に割ける時間も長くて丁寧なサポートを受けられます。経営も安定しているため、初めての転職にもおすすめです。

利用しながら「担当者との相性がいい」サイトを見つける

薬剤師転職サイトを利用する際、担当コンサルタントとの相性はとても重要です。これについては、実際に利用してみないと分からないので、やり取りをしながら判断しましょう。コンサルタントの見極め方については、以下を参考にしてください。

  • 電話やメールの対応が早く丁寧
  • 面接対策をしっかりしてくれる
  • アドバイスが的確で分かりやすい
  • 傾聴してくれる

丁寧な対応をしてくれる人は、仕事も丁寧なため、条件交渉などもうまくいきやすいです。なお、担当コンサルタントには情を持たないようにしましょう。情を持つと冷静な判断ができず、また相性が悪いのに、お世話になっているから、と我慢してしまいがちです。

転職の希望別で選ぶ

転職する際、どんな希望があるのか、把握するのは重要です。そのうえで、その希望条件に合致する薬剤師転職サイトを探しましょう。

「高収入を得られる」年収600万円以上の求人が多くあるサイトがおすすめ

高収入な職場に転職したい方は、年収600万円以上の求人が多数ある薬剤師転職サイトを選びましょう。高収入の求人で内定を得るには、コンサルタントの提案力も重要になってきますので、提案力の高いサイトを選ぶようにしましょう。

「人間関係がいい」職場で働きたいなら就職後の定着率がいいサイトがおすすめ

人間関係がいい職場に転職したい方は、就職後の定着率がいい薬剤師転職サイトを選びましょう。人間関係のいい職場を見つけるには、訪問調査をしっかりと行っているかも重要です。職場に関する細かい質問にも答えてくれて、担当コンサルタントへの相談方法も充実しているサイトを選ぶようにしましょう。

「残業がない」職場で働きたいなら訪問調査が行われているサイトがおすすめ

残業がない職場に転職したい方は、残業なしの求人が多い薬剤師転職サイトを選びましょう。働き始めた際のミスマッチを防ぐためには、コンサルタントが訪問調査をしっかり行っているかどうかにも着目したいところです。

働く場所別で選ぶ

働く場所が異なっても、薬剤師転職サイトの選び方は変わってきます。サイトごとにどの職場が強いか変わってくるからです。それぞれの職場別の選び方のポイントについて解説していきます。

「薬局」で働く場合は求人数と年収の高さなどに注目

薬局で薬剤師として働きたい場合は、薬局の求人数と、年収が高かったり求人の詳細について書かれているなど質の高さの両方が大事になるので、これらの点に着目して薬剤師転職サイトを探してみましょう。

「ドラッグストア」で働く場合は業務内容が詳細なサイトを選ぶ

ドラッグストアで薬剤師として働きたい場合も、求人の数と質の高さが大事になってきます。なお、ドラッグストアの求人で注意すべきは、OTC(一般医薬品)と調剤の割合などが異なる点です。そのため、業務内容が詳細になっている薬剤師転職サイトを探しましょう。複数のサイトを同時に登録して、最も条件のいいサイトを選ぶ方法もあります。

「病院」で働くなら面接対策や書類添削をしてくれるサイトがおすすめ

病院で薬剤師として働きたい場合は、病院の求人数の多さだけでなく、面接対策や書類添削をしっかり行っているサイトかどうかもチェックしましょう。病院の求人は、ほかの職場と比べると、内定までが厳しめなので、手厚いサポートを受けられる薬剤師転職サイトを選びましょう。

 

中でも、医師の転職支援も行っているサイトは、病院とのつながりが強い傾向にあるため、優先的に選んでいきましょう。

「企業」で働く場合はなるべく求人数の多いサイトを

企業の薬剤師求人は、求人数自体が少ないため、なるべく求人数が多い薬剤師求人サイトを選びましょう。求人数が少ないので、面接の難易度も高くなるものと考えられます。厳しい中での内定を獲得するためにも、コンサルタントのフォロー体制が充実しているサイトを選びましょう。

 

面接対策や書類添削のほかにも、対面での面接練習や面接同行にも対応しているサイトであれば心強いです。

転職の状況別で選ぶ

初めての転職など、転職の状況別によっても強いサイトが異なるので、自分の状況を確認のうえで、以下に説明するうち、あてはまる状況について確認してみましょう。

「初めて転職する」場合はサポートがしっかりしているサイトがおすすめ

初めて転職する場合は、求人数と、給与が高かったり求人の詳細について書かれているなど質の高さも重要ですが、担当コンサルタントのサポート体制の方がとても重要です。優秀で丁寧なコンサルタントが多く、面接同行サービスもある薬剤師転職サイトであれば、安心して転職活動ができます。

「ブランク」がある場合は「ブランクOK」の求人が多いサイトを選ぶ

ブランクのある状態から転職する場合は、「ブランク可」の求人が多い薬剤師転職サイトを選びましょう。また、コンサルタントのサポート力も重要になってくるので、サポート体制のしっかりした薬剤師転職サイトを選ぶようにしましょう。

「主婦」で薬剤師になる場合は「主婦薬剤師OK」なサイトがおすすめ

主婦で薬剤師として働きたい場合は、「主婦薬剤師可」の求人が多く、サポートも充実している薬剤師転職サイトを選ぶようにしましょう。また、子供が居るママの場合、託児所がある職場など、配慮のうえでサポートしてくれる体制が肝心です。

 

こういった状況にも理解のある職場を紹介してくれるサイトを選びましょう。また、求人内容とのミスマッチを防ぐために、コンサルタントが直接職場に訪問しているかどうかにも重点を置きましょう。

早めに転職したい場合は「スピード転職」が得意なサイトがおすすめ

なるべく早く転職したい場合は、スピード転職が得意な薬剤師転職サイトを選びましょう。早く転職先を決めるには、担当コンサルタントにも、早く転職したい旨を伝えるのはもちろんですが、それを受けて、担当コンサルタントがいかに早く対応してくれるかがカギとなります。

「派遣」で転職する場合は同時に複数のサイトに登録がおすすめ

派遣で薬剤師として働きたい場合、スピード転職と同様に、コンサルタントの対応の早さが重要になってきます。派遣の求人は、もともと数が少ないうえに、人気があるため、すぐに枠が埋まってしまうからです。そのため、複数の薬剤師求人サイトに登録し、いい求人を逃さないようにしましょう。

仙台でおすすめの薬剤師転職サイト5選

ここでは、仙台市で取り扱っている薬剤師転職サイトの中で、おすすめのサイトを5件厳選し、ランキング形式で紹介します。

オーダーメイド求人が特徴的

ファーマキャリアは、オーダーメイド求人が特徴的な薬剤師転職サイトです。利用者の希望に合わせた好条件の求人を、キャリアコンサルタントが提案してくれます。求人数よりも、条件のいい求人など質を重視したい方におすすめです。

 

優秀なキャリアコンサルタントが、より満足のいく転職を実現するために、親身になってサポートを行います。

運営会社 エニーキャリア株式会社 利用料 無料
利用可能地域 全国 求人数 約4,000件

数多くの転職実績あり

リクナビ薬剤師は、人材紹介大手のリクルートが運営する薬剤師転職サイトです。サービスの規模も大きく、数多くの転職実績があります。ドラッグストアの求人や、600万円以上の高年収の求人も多いです。

 

日本一の人材紹介会社としてのノウハウが豊富であり、優秀なコンサルタントがいます

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア 利用料 無料
利用可能地域 全国 求人数 -

調剤薬局や病院の求人数1位

運営会社のエムスリーキャリアは、長年医療業界に特化したビジネスを行っており、サポート力や薬剤師の転職ノウハウには定評があります。また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位です。

 

正社員だけでなく、パートや派遣の求人もあります。会員登録すると、会員限定の非公開の求人も紹介してくれます。また担当コンサルタントの電話やメールの反応が速く、スムーズに転職活動できます。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社 利用料 無料
利用可能地域 全国 求人数 約26,000件

調剤薬局の求人がトップクラス

ファルマスタッフは、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。特に調剤薬局の求人は、数・量ともにトップクラスです。薬局への転職を検討している方にはおすすめのサイトです。

 

正社員の求人だけでなく、派遣の求人も多く取り扱っています。20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られます。

運営会社 株式会社メディカルリソース 利用料 無料
利用可能地域 全国 求人数 約46,000件

業界トップクラスの求人数

マイナビ薬剤師は、転職業界大手のマイナビグループが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。マイナビグループの知名度と営業力を活かし、全国の求人情報を網羅しており、業界トップクラスの求人数を掲載しています。

 

また、転職サポート力があり、利用者との面談に力を入れています。親身にアドバイスをしてくれるため、初めての方でも安心して転職活動を進められます。

運営会社 株式会社マイナビ 利用料 無料
利用可能地域 全国 求人数 約60,000件

仙台でおすすめの薬剤師転職サイト比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 運営会社 利用料 利用可能地域 求人数
アイテムID:8939861の画像

公式サイト

業界トップクラスの求人数

株式会社マイナビ

無料

全国

約60,000件

アイテムID:8939860の画像

公式サイト

調剤薬局の求人がトップクラス

株式会社メディカルリソース

無料

全国

約46,000件

アイテムID:8939858の画像

公式サイト

調剤薬局や病院の求人数1位

エムスリーキャリア株式会社

無料

全国

約26,000件

アイテムID:8939855の画像

公式サイト

数多くの転職実績あり

株式会社リクルートメディカルキャリア

無料

全国

-

アイテムID:8939854の画像

公式サイト

オーダーメイド求人が特徴的

エニーキャリア株式会社

無料

全国

約4,000件

仙台の薬剤師転職を成功させるための手順

仙台で薬剤師の転職を成功させるために、いくつかのステップを踏んでいく必要があります。それぞれのステップについて、順に解説していきます。

入念な事前準備を行う

転職活動をするにあたって、準備を入念に行う必要があります。やるべき準備は、以下のようなものです。

  1. 転職の理由をはっきりさせる
  2. 譲れない点と妥協できる点を決める
  3. 大まかにスケジュールを立てる(おおむね1~3カ月)

上記のうち、1と2を入念に行うと、どんな職場で働きたいか明確になってきます。この手順を飛ばして求人探しをすると、なんとなくで職場を決めてしまい、入職後に後悔することになりかねませんので注意しましょう。

求人探しは複数の手段を使う

求人探しを行う際は、複数の手段を用いたり、薬剤師転職サイトを複数登録することをおすすめします。1つの手段だけで進めると、好条件の求人を見逃してしまう可能性があります。複数の手段とは、例えば、薬剤師転職サイトで求人を探しつつ、ハローワークの窓口でも相談する、などです。

応募書類を作成する

気になる転職先があれば、履歴書を作成して応募します。履歴書では、これまでのキャリアを書いていくのがメインですが、志望動機などのアピール要素を魅力的に記載すると、選考に通りやすくなります。

採用面接を受ける

書類選考が通過すると、採用面接を受けます。面接は、通常、1回です。面接では、以下のように必ず聞かれる質問があります。

  • 転職理由を教えてください
  • 志望動機を教えてください
  • 前の職場ではどんな経験をしましたか?
  • 残業や休日勤務はどの程度可能ですか?

上記のような質問に対する回答を事前に考えておくと、面接での成功率が上がります。

まとめ

仙台では、給与などの条件のいい薬剤師転職求人は競争が厳しいです。そのため、薬剤師転職サイトを利用して、コンサルタントのサポートを受けるのが有効な方法です。ここで紹介した薬剤師転職サイトを参考に、自分に合ったサイトを見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他