【2023年最新版】京都で人気の薬剤師転職サイトおすすめランキング5選

記事ID38958のサムネイル画像
「希望する条件の職場に転職できるか不安」そんな京都の薬剤師に薬剤師転職サイトはおすすめです。薬剤師転職サイトを利用すると有利に転職を進められますよ。今回は薬剤師転職サイトの選び方と、京都で人気のおすすめ薬剤師転職サイトをランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。京都府の薬剤師求人動向などもお届けします。

京都で転職を考えている薬剤師の方に薬剤師転職サイトはおすすめ

京都で転職を考えている薬剤師の方に薬剤師転職サイトはおすすめです。薬剤師転職サイトは、働きながら行う転職活動の負担を減らしてくれますよ。担当のエージェントは希望する条件の求人紹介はもちろん、求人先と年収や条件の交渉もしてくれます。

 

実際に担当エージェントのサポートを受け転職に成功した薬剤師も数多くいます。薬剤師転職サイトで転職を成功させて、仕事もプライベートも充実させたいと考えている方もたくさんいるはずです。

 

しかし、薬剤師の転職を支援してくれる会社は数多く、どこに登録すればいいのかは迷ってしまいますね。そこで今回は、京都で人気のおすすめ薬剤師転職サイト10選をランキング形式でご紹介します。京都における薬剤師の求人動向など、転職に有益な情報もあわせてお届けします。

京都府の薬剤師求人動向

京都府における薬剤師の転職市場の動向を確認しておきましょう。薬剤師の求人にまつわる情報は京都での転職活動に役立つはずです。

京都府で働く薬剤師の平均年収

2019年厚生労働省が実施した調査「賃金構造基本統計調査」から年収を求めると、京都府で働く薬剤師の平均年収は約527.31万円で、近畿地方2府4県では中位あたりに位置しています。

 

同じ近畿地方に属する府県では平均年収が一番高いのは三重県の600.6万円、平均年収が一番低いのは奈良県の506.73万円です。

 

  きまって支給する現金給与額
【千円】
年間賞与その他特別給与額
【千円】
薬剤師のおおよその
平均年収
三重県 418.4 985.2 606.6万円
滋賀県 389.2 968.5 563.89万円
京都府 376.1 759.9 527.31万円
大阪府 401.7 768.5 558.89万円
兵庫県 358.4 969.1 526.99万円
奈良県 348.9 880.5 506.73万円
和歌山県 398.2 850.6 562.9万円

2019年厚生労働省が実施した調査「賃金構造基本統計調査

人口10万人あたりの薬剤師数は全国比を下回り人手不足

京都府の人口10万人あたりの薬剤師数は81.02人で全国平均108.34を下回っており、京都府内の薬剤師数は不足しています。また、都市部の薬剤師数は多く地方部の薬剤師数は少ないという偏りもあります。


このため、転職前に自分が転職したい地域の薬剤師数が充足しているのか確認しておいたほうがよさそうです。薬剤師数が少ないと対応する患者さんの数が増え、その分仕事の量は増加し、業務はスピーディーかつ効率的に行う必要があります。

 

転職を希望する地域の薬局やドラッグストアが取り扱う処方箋数から、おおよその患者数も把握しておいたほうがいいです

医師・薬剤師の有効求人倍率は下落傾向で転職の難易度は高め

京都府における医師・薬剤師等の有効求人倍率は下落傾向にあります。京都府労働局の求人・求職バランスシート&グラフ平成30年度3月は5.39だったものが、2021年10月は2.09と半分以下にまで落ち込んでいます。

 

医療系の職種は景気に左右されにくいものですが、医師・薬剤師等の有効求人倍率は低い数値に留まったままです。数値を見ると京都府で薬剤師が転職をする難易度は上がっていると言えます

  京都府における医師・薬剤師等の有効求人倍率
平成28年度 3.64
平成29年度 3.47
平成30年度 5.39
令和元年度 2.78
令和2年度 2.49
令和3年10月 2.09

平成28年度~令和3年10月までの京都府労働局「求人・求職バランスシート&グラフ

※年度末の数値を年ごとに比較・2021年は10月の数値を採用

京都府は全国平均よりも薬局・薬剤師数が少なく求人は増加を見込める

医師・薬剤師等の有効求人倍率は下落傾向ではあるものの、京都府における薬剤師の求人は今後増加するとも予想できます。日本医師会の提供する地域医療情報システムのデータによると、京都府の人口10万人あたり薬局数は全国平均の46.68よりも少ない40.72。

 

人口10万人あたりの薬剤師数も81.02と、全国平均108.34を下回っているのが現状です。しかし、京都府の医療計画ではかかりつけ薬剤師によるプライマリ・ケアの推進と在宅医療体制の整備を目標に掲げています

 

薬局と薬剤師数の数は不足気味で、医療の充実を図るための施策を行政が行おうとしているため、今後薬剤師の需要は高まると考えられます

  京都府 京都府(人口10万人あたり) 全国(人口10万人あたり)
薬局数 1,063施設 40.72施設 46.68施設
薬剤師数 2,115人 81.02人 108.3人

地域医療情報システム

年齢が高くなると薬剤師の転職は厳しい?何歳まで転職できる?

50歳を越えると薬剤師の求人も少なく転職は厳しくなりま。国家資格を持つ薬剤師は転職しやすい職業ではありますが、求人数が多いのは40歳代までです。

 

転職を考えている50歳を超える薬剤師の方は、マイナビ薬剤師・薬キャリ・ジョブバディなど、ミドル世代以上の転職成功者も多い薬剤師転職サイトを利用してみてください

第二新卒も薬剤師転職サイトで転職できる

入社3年以内に退職した第二新卒の薬剤師の中には、薬剤師転職サイトで転職を成功させた方が数多くいます。人手の不足している調剤薬局やドラッグストアなども多く、最低限のスキルを持ち、年齢も若く将来性のある第二新卒を積極的に採用している職場もあります

未経験者は薬剤師転職サイトを使える?

薬剤師未経験者は薬剤師転職サイトの利用をおすすめしません。未経験者の方も薬剤師転職サイトを利用できますが、薬剤師未経験者歓迎の求人はほぼありません。薬剤師転職サイトの求人は、経験を積みスキルを身に付けた即戦力の人材を募集するものが大半です。

 

実務経験がない方は、総合的に仕事を紹介している転職サイトをおすすめします

薬剤師が転職先を探す方法

薬剤師の転職方法は、転職サイト・ ハローワーク・ 求人広告サイト・ 知人の紹介・ 求人に直接応募する、の5種類がありますここではそれぞれの特徴をご紹介します。

転職サイトを利用する

転職サイトは、求職者に希望する条件の勤務地を紹介する転職支援サービスを言います。転職サイトは担当コンサルタントのサポートを受けられる点が特徴的です。

 

エージェントサービスを提供しており、担当のコンサルタントは求人の紹介から転職後のアフターフォローまで転職活動をしっかり支えてくれます。どのような職場に転職したいか明確でない場合は、キャリアプランの相談もできますし、アドバイスも受けられます。

 

無料で利用できる点も特徴です。求人を募集している会社が人員を採用した際に転職サイトは報酬を受け取れるシステムになっており、利用者に費用は発生しません。

ハローワークで求人を探す

ハローワークで薬剤師の求人を探す方も多いです。こんな薬剤師転職サイトを選ぶなの例に挙げられている会社のように求人応募を強く迫られず、ハローワークは自分のペースで転職活動を進められる点がメリットです

 

しかし、ハローワークの求人は玉石混交のため選考には気を使います。好条件の求人ももちろんありますが、虚偽の労働条件を提示するなど、怪しい求人も紛れ込んでいます

求人広告サイトで転職先を探す

求人広告サイトでも薬剤師の転職先を探せます。求人サイトには多くの企業とともに薬局やドラッグストアの求人も掲載されており、検索して条件に合う職場を探せるようになっています。

 

ハローワークと同様に自分のペースで転職活動を進められますが、自分一人で転職活動を進めなければいけない点はデメリットです。

知人の紹介で就職する

友人、知人や元同僚の紹介で転職先を見つけた薬剤師の方もいます。知人の紹介での転職は紹介する方に対する信頼もあり、詳しい人となりも紹介する方から聞けるため、まったく会社と接点のない方よりも採用される確率が高い点が特徴です

 

事前に勤務地について詳しい情報が聞けるため、入社後のミスマッチが起こりにくいのもメリットです。しかし、知人の紹介のため面接や見学で職場の印象が違い辞退しようにも断りにくかったり、入社早期に退職しづらかったり、デメリットも持っています

求人に直接応募する

企業や薬局、ドラッグストアなどが、公式サイトで募集している求人に直接応募してみる方法もあります。薬剤師転職サイトや求人サイトに求人を掲載していない会社でも、公式サイトでは人材を募集しているケースも見られます。

 

気になる会社がある方は、公式サイトに薬剤師の募集が掲載されていないか確認してみてください。転職サイトや求人サイトで求人募集をしてない場合、応募する人の数も少なく、競争率も低く応募する価値は十分にあります

 

転職サイトを経由するように仲介料が不要でコストが発生せず、採用率も高くなると考えられます。

薬剤師転職サイトがおすすめ

薬剤師が転職する方法を紹介しましたが、おすすめは薬剤師転職サイトです。働きながら一人で転職活動をするのは時間もかかりますし、多大な労力が必要です。しかし、薬剤師転職サイトを利用すると転職活動の負担を負いに軽減できます

 


薬剤師転職サイトは薬剤師の転職にサービスを特化しており、経験を積んだ専任のエージェントを担当に選び、求人の紹介はもちろん見学や面接の日程調整、履歴書の添削、年収の交渉など、転職活動を手厚くサポートしています

 

給与や通勤時間、休日など、担当コンサルタントに条件を伝えると希望に沿った求人を紹介してもらえますよ。求人に応募する前に職場環境の情報提供もあり、職場のミスマッチも防げます

京都で人気の薬剤師転職サイトおすすめランキング5選

京都で転職を考えている薬剤師の方におすすめの薬剤師転職サイト5選をご紹介します。転職を有利に進めたい方は参考にしてください。

複数のサイトに登録するのが面倒な方におすすめ

薬キャリは、複数のサイトに登録するのが面倒な方におすすめの薬剤師転職サイトです。薬キャリは全国の提携コンサルタント企業26社の薬剤師求人を一括で探せます

 

全国39,639件(2021年12月24日時点)と求人数も多く、地域業種、雇用形態から希望の求人を探せるようになっています。薬キャリは高収入の職場、病院勤務を望む方にもおすすめです

 

薬キャリは全求人の80%以上を非公開求人が占め、好条件の求人や薬剤師に人気のある病院の求人も多数あります

求人数 39,000件以上 対応地域 全国
雇用形態 正社員・契約社員・派遣・パート エージェントサービスの有無 無(提携コンサルタント企業の エージェントがサポート)

オーダーメイドの求人を提供

ファーマキャリアはオーダーメイドの求人を提供し、質の高いコンサルタントが在籍している点が特徴です。オーダーメイド求人では、希望するエリアから一番良い条件を提示できる求人を選び求職者に紹介もらえます。

 

コンサルタントは大手人材紹介会社に勤めていた優秀な人材を採用し、担当する求職者数を限定し高品質のサポートを提供しています

 

素早く転職ができる点もファーマキャリアの特徴です。最短面接から内定まで2日、平均1か月ほどで内定をもらえる方が多いそうです。

求人数 約22,000件 対応地域 全国
雇用形態 正社員・契約社員・パート・アルバイト エージェントサービスの有無

転職に際してのさまざまなニーズに応えてくれる

リクナビ薬剤師は、人材派遣のパイオニアリクルートが提供する薬剤師に特化した転職支援サービスです。リクナビ薬剤師は転職に際してのさまざまなニーズに応えています

 

年収アップ、キャリアアップ、仕事と家庭の両立、近くの職場を希望など、その人のニーズに沿う好条件の求人を求職者に紹介しています。スピーディーに転職できる点も特徴です。登録翌日から平均5件の求人紹介があり、最短3日の転職も可能です。

 

キャリアアドバイザーはヒアリングをきめ細やかに行い、親身になって転職活動をサポートしています

求人数 35,000件以上 対応地域 全国
雇用形態 正社員・アルバイト・パート エージェントサービスの有無

薬剤師の転職を手厚くサポート

ファルマスタッフは、薬剤師の転職を手厚くサポートしている点が特徴です。担当のスタッフと面談の機会を設けており、個別の面談では丁寧に聞き取りをして希望に適う職場を紹介しています

 

ファルマスタッフは全国に12拠点を構え調剤薬局・病院・ドラッグストアを直接訪れて、情報を集め、戦略的に転職活動ができるように日々努めている薬剤師転職サイトです

 

転職先の情報は詳しく知りたいものですが、求人に応募する前に職場の雰囲気や慣行、経営者の考え方など詳細な情報を届けてくれます

求人数 40,000件以上 対応地域 全国
雇用形態 正社員・パートアルバイト・派遣・紹介予定派遣 エージェントサービスの有無

初めて転職をする薬剤師の方におすすめ

マイナビ薬剤師ははじめて転職をする薬剤師の方におすすめです。担当に付くキャリアアドバイザーは、あなたをしっかり支えてくれますよ。

 

キャリアアドバイザーとの面談では、はじめての転職で抱く不安や悩みを相談できますし、「年収〇〇円以上の転職先」「土日休みの職場」など、希望する勤務先の条件もしっかり伝えらえます

 

面接への同行もあり、転職後の悩み相談も受け付けています。マイナビ薬剤師は求人数約63,000件(2021年5月)と求人数が豊富な点も特徴です。登録をすると好条件の非公開求人も多数閲覧できます

求人数 56,000件以上 対応地域 全国
雇用形態 正社員・契約社員・パート・アルバイト・業務委託その他 エージェントサービスの有無

京都で人気の薬剤師転職サイト比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 求人数 対応地域 雇用形態 エージェントサービスの有無
アイテムID:8888969の画像

公式サイト

初めて転職をする薬剤師の方におすすめ

56,000件以上

全国

正社員・契約社員・パート・アルバイト・業務委託その他

アイテムID:8888968の画像

公式サイト

薬剤師の転職を手厚くサポート

40,000件以上

全国

正社員・パートアルバイト・派遣・紹介予定派遣

アイテムID:8888966の画像

公式サイト

転職に際してのさまざまなニーズに応えてくれる

35,000件以上

全国

正社員・アルバイト・パート

アイテムID:8888960の画像

公式サイト

オーダーメイドの求人を提供

約22,000件

全国

正社員・契約社員・パート・アルバイト

アイテムID:8888959の画像

公式サイト

複数のサイトに登録するのが面倒な方におすすめ

39,000件以上

全国

正社員・契約社員・派遣・パート

無(提携コンサルタント企業の エージェントがサポート)

京都で薬剤師が転職をする際の注意点

京都で薬剤師が転職する際に気を付けておきたいポイントをご紹介します。働き始めてから転職しなければよかった、と後悔しないようにポイントを確認しておきましょう

通勤時間と通勤手段を確認する

通勤時間と通勤手段は確認しておきたいポイントです。勤務地が地方部の場合、鉄道はあるものの本数が少なく、1時間に1本程度の路線や駅から徒歩30分以上かかるなど、アクセスが悪く通勤に時間がかかってしまう職場もあります。

 

通勤には電車やバスではなく車が必要な勤務地も。通勤で疲れて業務に集中できなかったり、休日を楽しめなかったりすると転職した意味がなくなってしまうので、常識的に考えて許容できる通勤時間の転職先、自分が考えている手段で通勤できる勤務地を選んでください

職場見学をする

転職するときは職場見学を必ずするようにしてください。地域によって薬局やドラッグストアは店舗の雰囲気や職場の人間関係も違いますし、訪れる患者さんの年齢層も異なります。

 

求人票や会社の公式サイト、口コミを見ただけでは実情はつかめないので、実際に転職先を直接目で見て確かめてみましょう
 

他の都道府県から京都府に転職する際の注意点

他県から京都府に引っ越して薬剤師として働こう、と考えている方もいるはずです。ここでは、他県から京都府に薬剤師が転職する際に気を付けるべきポイントをご紹介します

転職先は引っ越しをする前に決める

他県から京都府に移り住んで薬剤師として働きたい方は、引っ越しをする前に転職先を決めておくのがおすすめです。引っ越しをしてから転職先を見つけるとなると、仕事にブランク期間ができますし、転職がうまくいかないと生活にも支障をきたします。

 

家族で転勤の多い方は、派遣やパートの働き方も検討しましょう。転職して正社員になったとしても、すぐに転勤になると退職手続きも大変ですが、派遣やパートの場合は退社は正社員よりもスムーズにできます。 

保険薬剤師登録を変更する

同一地方厚生(支)局内の異動なら構いませんが、薬剤師の勤務地が転職・引っ越し・転居で同一地方厚生(支)局外の都道府県に変わるときは、保険薬剤師の変更手続きをしなくてはいけません

 

30日以内の期限があるので遅れないように、地方厚生(支)局の事務所等、変更手続きのできる窓口で手続きを済ませてください。

京都でスムーズに薬剤師の転職をする手順

転職の際はポイントをおさえて転職活動を始めましょう。転職する手順をつかんでスムーズに京都での転職を進めましょう。

準備は入念に

まず転職の理由をハッキリさせましょう。収入アップのため、キャリアアップのため、ワークライフバランス重視のため、それぞれ理由はあるはずです。

 

そして、譲れないポイントと妥協できるポイントを決めます。給与〇万円アップ、残業なし、通勤時間20分以内、など譲れる部分と譲れない部分はそれぞれあるでしょう。

 

次にいつまでに転職を成功させるか転職のスケジュールを決めます。長すぎずると転職活動に疲れてしまいますし、短すぎると準部不足で上手くいかない可能性もあります。転職のスケジュールは、長すぎず短すぎない1か月~3か月ほどの期間設定がおすすめです。

転職活動は複数の経路を用意する

転職活動の経路は複数用意するのをおすすめします。薬剤師転職サイトを利用するなら複数の会社に登録して転職活動を進めましょう。

 

薬剤師転職サイト独自の求人もあるため、複数社登録すると転職先の選択肢も広がります。薬剤師転職サイトに登録しつつ、ハローワークを併用するのもおすすめです。

応募書類の作成は事前に

求人を探しつつ履歴書の作成も進めます。これまでのキャリアは正確に、志望動機は自己アピールできる内容を記入しましょう。職務経歴書も求められる企業や法人が運営する施設もあるので、調剤薬局以外の転職先を検討している方はこちらも用意しておいてください。

 

PCでも書けますが、履歴書は好印象を持つ方も多い手書きをおすすめします。薬剤師転職サイトを利用すると、履歴書の添削も受けられます。 

面接の下準備をしておく

面接を受ける前に下準備をしておくと、緊張して上手く受け答えできなかった、なんて失敗も防げます。面接ではよく尋ねられる提携の質問分があるので、事前に調べて回答を用意しておきましょう

  • 前職ではどのような働き方をしていましたか?
  • 転職理由は何ですか?
  • 当社を志望する理由は?

 

などは採用面接でよく尋ねられる質問です。薬剤師転職サイトは面接対策も一緒に考えてくれますよ。

京都府における薬剤師転職で高収入求人を探す方法

京都で高収入の職場に転職したい薬剤師の方は、地方部の求人・公立病院・在宅医療を提供している機関・管理薬剤師の4つのポイントに注目してください

地方部の求人を探す

高収入の転職先を探している方におすすめなのは、京都府地方部の求人です。地方部は都市部と比較すると薬剤師数が少なく、人材を集めるために高収入で薬剤師を募集しています。

 

地方部の調剤薬局やドラッグストアのこまめに求人票を見ておくと、高収入の案件にも出会えます

病院薬剤師を目指しているなら公立病院を探す

病院薬剤師を目指している方は公立病院がおすすめです。国立病院・公立病院・一般病院の中で一番平均年収が高いのは公立病院の薬剤師になります。公立病院は全国に1227施設あり、国立病院329施設に比べると病院数もおおく、国立病院よりも転職が成功する確率も高いです。

 

公立病院は安定した職場を求める方にもおすすめします。通勤・不要・業績・住宅・地域手当の付加や定期昇給もあり福利厚生も充実しています

在宅医療を提供している機関に転職する

患者さんに在宅訪問薬剤師管理指導を提供している調剤薬局もおすすめです。在宅訪問薬剤師管理指導は、患者さんの自宅に薬を届け薬の正しい飲み方の指導・副作用や相互作用の確認・薬の保管方法の説明などを行う在宅訪問サービスです。

 


在宅訪問サービスを提供する調剤薬局の数は増加しており、一般の薬剤師よりも在宅訪問薬剤師管理指導をしている薬剤師の年収は高い傾向にあります

管理薬剤師の求人に応募する

管理薬剤師も高収入の求人です。管理薬剤師は薬局や医薬品を取り扱う店舗に最低1名配置しなければいけない責任者を言います。管理薬剤師は一般の薬剤師よりも年収は高く、転職が成功すると年収アップを望めます。

 

しかし、管理薬剤師の求人は一定以上の実務経験を条件にしているケースが大半で、誰でも応募できるわけではありません。特別な資格は必要ありませんが、管理薬剤師の求人では3年以上の実務経験を条件にしているケースが多いです。

 

高収入の職場を探している経験を積んだ薬剤師の方は、転職先の候補として検討してみてください

薬剤師の求人が増える時期

薬剤師の求人が多くなる時期は4月と9月です。4月は年度末にあたり退職する方も多く、求人は増加します。調剤薬局やドラッグストアは7月や8月に退職者が増え、9月にも求人数が多くなる傾向があります。

 

京都で転職を考えている薬剤師の方は、転職する時期も考慮した方がよさそうです。求人が増える時期に転職先を探すと、希望する条件に合致する職場に転職できる可能性も高まります

薬局・ドラッグストア・病院以外でも薬剤師は活躍できる

薬剤師は調剤薬局・ドラッグストア・病院で仕事をしている方が多いですが、薬剤師が活躍できる職場はまだまだ数多くあります。ここではその中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

企業で働きたい薬剤師の方

企業で働きたい方は以下の求人を探してみましょう。

  • 製薬会社や医薬品卸のコールセンター
  • 化粧品メーカー
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発モニター(CRA)
  • MR

 

製薬会社や医薬品卸では顧客からの問い合わせが多く、医師や薬剤師などからの質問に正確な情報を提供できる薬剤師を求めています。化粧品メーカーも新素材の開発や有効成分の研究、薬事法規をチェックする業務など薬剤師を募集しています。

 

治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)・MRもやりがいのある仕事です

公務員として仕事をする選択もあり

薬剤師には公務員として働く選択肢もあります。

  • 公務員(国家公務員薬剤師・地方公務員薬剤師・麻薬取締官など)
  • 公務員薬剤師
  • 食品衛生監視員
  • 薬剤官

 

公務員になるには公務員試験、食品衛生監視員は食品衛生監視員採用試験、薬剤官は自衛隊幹部候補生採用試験をそれぞれ受験して合格しなければいけませんが、世の中の役に立つ仕事に従事できます

まとめ

今回は京都で転職をする薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトをランキング形式でご紹介しました。転職を考えている方は好条件の求人を紹介し、サポートも手厚い薬剤師転職サイトを有効活用してみてください

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他