【新宿】保育士転職サイト人気おすすめランキング10選【2023年最新版】

記事ID38957のサムネイル画像
自分が希望する条件を満たした保育園の見つけ方が分からないという人や、見つけることができても採用される自信がないと心配な人など、保育士転職を検討中の方は様々なお悩みがあるのでは。そんなお悩みに対して参考にしていただきたくおすすめの保育士転職サイトの選び方をランキング形式にて紹介します。

自分の求める探し方に合う転職サイトを見つけよう

人間関係、職場環境、給与面など、保育士の転職を考える人の悩みはたくさんあるかと思います。しかし、転職サイトや求人サイトは多くあり、どのサイトを頼ってよいものかも悩みどころですよね。

 

少しでも自分の希望の条件に見合った環境が整っている場所を見つけて気持ちよく働くためにも、「保育士転職サイト」の選び方のポイントと、おすすめのサイトをランキング形式にて紹介していきます。

保育士転職サイトの選び方

一口に保育士転職サイトといっても様々なサイトがあります。「最新の情報であるか不安......」「現場の環境や風景を詳しく知れるものはどれだろうか......」そんな不安を抱えている人も多いのでは。

 

そんな不安を少しでも解消していただくために、どのようなポイントをおさえてサイト選びをするのがよいか、選び方のポイントをまとめましたので参考にしてください。

サポート体制の充実度をチェック

転職サイトには大きく分けて2つの形式があります。自分の希望の探し方に見合った形式のサイトを選ぶとよいでしょう。

専門的な求人と手厚いサポート体制を希望するなら「エージェント型」をチェック

個別に専属のアドバイザーがつき、希望に合った求人を探すサポートをしてくれるのが「エージェント型」の求人サイトです。探す時間がない人やどの園が良いのか分からない人は特に、サポート体制が充実したエージェント型のサイトを選ぶとよいです。


さらに、面接の対策や応募書類の添削、就労条件の交渉といったサポートが受けられる点もおすすめのポイントです。職場の環境、雰囲気や人間関係などの具体的な情報を教えてくれるところもあるので、積極的に活用していくと希望の園を選びやすくなります。

 

また、求人サイトにない非公開求人を紹介してもらえる可能性もあるので、求人の幅が広がるメリットがあるのも嬉しいですね。

求人を自分自身で探したいなら「サイト型」をチェック

求人を自分で検索し、誰でも応募できる求人サイトを「サイト型」といいます。基本的に「サイト型」は、様々な業界の求人が掲載されている総合型の求人サイトです。人の手を借りず、自分だけで求人を探して採用まで達成したい人におすすめです。

最新の情報を掲載している転職サイトをチェック

最新の情報を常に更新し掲載しているかどうかはとても重要なポイントです。古い情報のままだと給与面などの待遇が変わっていたり様々な条件が変わっている可能性があるので、求人が常に更新されていて最新情報を手に入れられる「保育士転職サイト」を利用するのがおすすめです。

希望するポイントが多いなら検索のしやすさをチェック

「保育士転職サイト」には、サイトごとに様々な検索の方法があります。詳細条件を設定して検索ができる場合が多いですが、どのような条件を設定ができるかで、自分の希望に合った求人が探しやすくなります。

 

フリーワードの設定やどのような環境であるか、待遇面のこだわりなど、気になる面は人それぞれありますよね。それぞれのサイトに訪問し、どのような検索方法があるのかを事前に把握しておくとサイト選びの際に役立ちます。

【新宿】保育士転職サイト人気おすすめランキング10選

「転職サイトがたくさんあってどれを選んだらよいか分からない......」そんな人に参考にしていただくべく、おすすめの「保育士転職サイト」をランキング形式にて紹介します。

検索の利便性が高い

「ほいくジョブ」は、求人の検索が分かりやすいといった定評があり、環境や雇用形態、フリーワードでも求人を絞れるのでおすすめです。細かく詳細に検索条件を絞れるので、多すぎる選択肢や望まない求人に悩まされるのも回避できます。

 

新着求人をピックアップしてくれていたり、園名から探せるのも特徴で、求人を探しやすいサイトとして定評があるのも納得の転職サイトといえます。

型式 エージェント型 求人数 約7,000件

保育士に限定しない「園長」などの求人あり

「保育のお仕事」は、非公開求人を含めた豊富な求人と全国的な求人が揃っているのでおすすめです。「保育士」のみに限定されず、園長などの求人もあるので、保育士からステップアップし園長に挑戦してみたい人や、今までとは変わった刺激を受けられる役職につきたい人に嬉しいポイントとなっています。

 

全国的に求人があり、東京はもちろん地方の主要都市の求人も幅広く掲載されているのも特徴のひとつです。

型式 エージェント型 求人数 約11,000件

首都圏の求人が多い

転職に限定せず、学生など実務経験のない人でも利用できる点が特徴のサイトです。正社員・契約社員・派遣・パートなど、幅広い雇用形態の求人があるため、ひとりひとりの希望するライフスタイルに合わせた求人を探せるのでおすすめです。

 

首都圏の求人が強化されている傾向にあるため、関東で仕事を探している人には特におすすめのサイトです。サイトに登録をすれば、キャリアについて幅広い知見を持ったアドバイザーに相談ができて、自分の希望に合う働き方が見つけやすいのも嬉しいポイントです。

型式 エージェント型 求人数 約15,000件

都内に特化

「保育ひろば」は、一都三県、愛知にキャリアアドバイザーが駐在しているので、詳細な情報が入手できるサイトといえます。都内で求人を探している人にもおすすめです。

 

登録や相談、求人の紹介を受けるのにも全て電話やメールで完結ができて、余分な時間をかけずに転職活動ができるので忙しい人にも有難いですよね。登録から採用、入園まで最短で2週間と実績も持っているので急ぎの人にもおすすめです。

型式 エージェント型 求人数 約10,000件

無料登録で閲覧できる非公開求人多数

「ヒトシア保育」は転職のスピードに長けているサイトです。そのため、自分の希望を明確にし早く転職をしたい人におすすめです。履歴書の添削や面接の対策など、丁寧な転職サポートも期待できる嬉しいポイントもあります。

 

保育施設からのスカウト機能もあるので、一歩踏み出せないでいた人などによいシステムですね。

型式 エージェント型 求人数 約10,000件

取材した記事の閲覧ができる

「保育情報どっとこむ」は、関東を中心とした求人情報を掲載しています。実際に働く人の取材記事を閲覧できる大きな特徴があります。本来、職場の環境や雰囲気は、求人に掲載してある写真やコメントなどから判断するしか基本的にできませんよね。

 

こちらでは、実際に働いている人の様子を見れるため、職場の雰囲気が分かりやすくなっています。今まで職場の雰囲気に悩まされていた人には特に嬉しいポイントですね。

型式 エージェント型 求人数 約16,000件

関東の求人強化

「ほいく畑」の求人は全国が対象となっていますが、関東や関西など、主要都市の求人が強化されている傾向にあるサイトです。地方の求人が全くないわけではありませんが、関東や関西などの主要都市に比べると求人数が少なめとなっているので、関東や関西などでお仕事を探している人に特におすすめのサイトです。

 

正社員・契約社員・パートだけでなく、派遣や紹介予定派遣も紹介してくれるのも嬉しいポイントです。そこからも、自分に合った働き方ができる求人が見つかりやすいのも特徴です。

型式 エージェント型 求人数 約4,000件

分かりやすい情報

「マイナビ保育士」は、リクルートの大手転職サイト「マイナビ」が運営している転職サイトで、知名度が高く20代〜30代と比較的若い世代に人気があるサイトです。「サイト型」「エージェント型」の好きなタイプを選べるのでおすすめです。

 

実際の給与や離職率、職場の環境など、求人に記載のある情報だけでは分からない情報を提供してくれるのも嬉しいポイントです。担当者が直接訪問して現場の情報を入手し、求職者に情報提供をおこなってくれます。

型式 エージェント型/サイト型 求人数 約7,000件

詳細な検索の設定ができる

「保育士バンク」は、保育士転職サイトの中でも最大規模を誇っています。認知度も高く、公開求人数、非公開求人数も豊富なサイトです。エージェント型の転職サイトで、転職相談もできて、細かい条件に絞った詳細な求人の検索ができるのでおすすめです。

 

アドバイザーへ直接相談に行かなくても、電話などで直接相談ができる点も嬉しいポイントです。忙しくて相談に行く時間がとれない人も、電話で相談が可能なので家事や仕事をしながらでも転職活動がしやすくなります。

 

主要都市で合同説明会なども開催されています。説明会では、直接話を聞き質問ができるので、職場の雰囲気や環境が分かりやすく、事前に知っておきたい点が把握しやすいですね。

型式 エージェント型 求人数 約35,000件

求人の数が豊富

求人数が豊富で、利用者も多いおすすめのサイトです。「保育士ワーカー」では、転職サイトに公開されていない非公開求人も多数扱っています。

 

サイト型とエージェント型が融合した転職サイトで、転職サイトに掲載している求人を自ら探して求人を確認もできます。対象地域は全国各地で、求人数や情報量も豊富なのが特徴です。

 

公開している求人は、給与面や勤務体制などの基本情報に加え、特徴点やおすすめポイントなどアドバイザーからのコメントを閲覧もできるため、求人が選びやすくなっているのも嬉しいですね。

型式 エージェント型/サイト型 求人数 約45,000件

【新宿】保育士転職サイト比較表

商品 画像 商品リンク 特徴 型式 求人数
アイテムID:8883640の画像

公式サイト

求人の数が豊富

エージェント型/サイト型

約45,000件

アイテムID:8883648の画像

公式サイト

詳細な検索の設定ができる

エージェント型

約35,000件

アイテムID:8883654の画像

公式サイト

分かりやすい情報

エージェント型/サイト型

約7,000件

アイテムID:8883664の画像

公式サイト

関東の求人強化

エージェント型

約4,000件

アイテムID:8883676の画像

公式サイト

取材した記事の閲覧ができる

エージェント型

約16,000件

アイテムID:8883687の画像

公式サイト

無料登録で閲覧できる非公開求人多数

エージェント型

約10,000件

アイテムID:8883748の画像

公式サイト

都内に特化

エージェント型

約10,000件

アイテムID:8885577の画像

公式サイト

首都圏の求人が多い

エージェント型

約15,000件

アイテムID:8885581の画像

公式サイト

保育士に限定しない「園長」などの求人あり

エージェント型

約11,000件

アイテムID:8885589の画像

公式サイト

検索の利便性が高い

エージェント型

約7,000件

転職サイトを併用して希望の求人を見つけよう

保育士の転職を希望する際に大切なのは、サイト型とエージェント型を併用して転職活動する点です。限定された選択肢に縛られず、様々な園を見て決めていくと成功に繋がりやすくなります。

 

サイト型は、自分が希望する条件を検索し、自分自身が良いと思った求人に応募し選考を進められるのが特徴です。エージェント型は、自分で求人を選定できませんが、非公開求人を持っていて、求人票に掲載されていない情報も求職者に提供してくれる強みがあるのが利点です。

 

それぞれにメリットがあるため、転職活動をスムーズに友好的に進めていくために、エージェント型とサイト型の両方を併用するのがよいですね。

サイト型への登録の流れについて

難しいものはあまりなく、簡単に登録ができてワンクリックで応募が可能な場合もあります。登録への流れ、その後についてをまとめたので参考にしてください。

 

〇転職サイトの会員登録ページに進む

〇氏名、メールアドレスなど登録し会員登録をする

〇求人情報を検索する

〇自分の希望に合う求人に応募する

〇企業からメッセージが届く

〇選考のフロー(流れ)に従う

〇内定

 

このような流れが一般的となっていますが、サイト独自のシステムがある場合はその指示に従いましょう。

エージェント型への登録の流れについて

登録から応募までに少し時間は必要になりますが、求人探しを自分でする手間がないのが魅力です。登録への流れ、その後についてをまとめたので参考にしてください。

 

〇転職サイトの会員登録ページに進む

〇氏名、メールアドレスなど登録し会員登録をする

〇キャリアカウンセラーと面談の日程調整をする

〇キャリアカウンセラーと面談をする

〇求人を紹介してもらう

〇履歴書と職務経歴書の添削や面接対策をおこなう

〇キャリアカウンセラーの指示に従い面接に行く

〇内定

 

このような流れが一般的となっていますが、サイト独自のシステムがある場合はその指示に従いましょう。

保育士の転職を効率的に進めていくための5つのポイント

保育士転職の際に大切なポイントはいくつもありますが、その中から特に大切な5つのポイントについて解説しますので、求人を探す際にはおさえておきましょう。

希望する働き方の条件を明確にしておこう

保育士の転職をスムーズに成功させるための1つ目のポイントは、働く条件を明確にしておくです。近年保育士の求人は多い傾向にあり、正社員や契約社員、パートなど様々な雇用条件の求人があります。それに加えて、保育園や幼稚園に限らず、様々な職場環境を選べます。

 

どのような環境で働きたいか、どのような形態で働いていきたいか、自分の中でしっかりと整理し、その条件に合う求人を見つけて転職ができれば、後々にも繋がり自分にとってよい転職が可能になります。今後どうしていきたいか、どうなりたいか、意識して考えるようにすると明確な目標が見えます。

 

明確にしておくとよい一例

雇用形態・勤務場所・職務内容・希望給与・勤務時間・希望休日・職場環境・職場の雰囲気・将来どうありたいか、など

志望動機を明確にしておこう

保育士の転職をスムーズに成功させるための2つ目のポイントは、「志望動機をはっきりさせておく」です。志望動機は、園側が求職者とマッチングを図る上で重要視しているとても大切なものです。

 

例えば、「なんとなく保育士になりたい」理由だけでは、特定の園でなくとも、どの園でも実現ができてしまいますよね。「なぜその園を選んだのか?」といった明確な理由がないと志望動機としては薄く、園側からも志望する気持ちが低いと認識されてしまうので、自分の言葉でしっかりと志望動機をまとめておきましょう。

 

志望動機は書類選考の際はもちろん、面接でも聞かれる可能性が高い重要な内容です。形式的なものでなく、自分自身の言葉にするのは前提にありますが、不安な人はエージェント型の転職サイトに登録し、アドバイザーに相談しながら志望動機を作成すると自分以外からの意見も聞けるのでよいですね。

フェアやイベントの活用をしよう

保育士の転職をスムーズに成功させるための3つ目のポイントは、就職活動の際によく耳にするフェアやイベントの活用です。実は、就職活動だけでなく、転職活動でもフェアやイベントが定期的に開催されているのです。

 

このフェアやイベントに参加すれば、企業にエントリーしていなくとも、直接人事担当者や責任者に会えて話しを聞けるといった嬉しいメリットがあります。

 

イベントは無料で参加するができますが、イベントの主催が転職サイトを運営している企業である場合が多いため、会員限定であるなど参加条件が設けられている場合があります。イベントに多く参加したい人は、イベントを定期的に開催している転職サイトに登録しておくとよいですね。

キャリアコーディネーターの重要性

保育士の転職をスムーズに成功させるための4つ目のポイントです。「エージェント型」の転職サイトに登録すると、専任のキャリアコーディネーターが付いてくれます。登録後、キャリアコーディネーターとのやりとりが多くなるため、できるだけ円滑にコミュニケーションをとりたいものですよね。

 

コーディネーターと話をしても、伝えたい内容がうまく伝わらずに思い通りに進まない場合もあります。そんな際は、コーディネーターの変更を申し出れば担当を変更してくれるため、今後のためにも遠慮せずに申し出ましょう。また、キャリアコーディネーターによって得意な分野を持っている人もいます。

 

「保育士」の業界に詳しいキャリアコーディネーターを希望すると、より保育士の転職について詳しい話を聞けるのでおすすめです。以上を踏まえても、キャリアコーディネーターと求職者の相性は新たな職場を探す際にとても重要なものといえます。信頼のおけるコーディネーターとの出会いが転職への光になります。

スカウトシステムとは?

保育士の転職をスムーズに成功させるための5つ目のポイントは、「スカウトサービス」は、特定の求職者に興味がある場合に園側から求人の案内がメールで届くサービスをいいます。あらかじめ経歴などをサイトに公開して、そのサイトから求職者の経歴を見た園側の採用担当者が、直接コンタクトをとってくれるものです。

 

その求職者に興味があり、一度話をしたいと思っている園側からのアプローチになるため転職もしやすいのが特徴です。自分でも思いがけない所からスカウトが届く場合もあるため、求人の幅を広げたい人は登録しておくとよいですね。

保育士転職サイトの利用料

保育士転職サイトは、サイト型でもエージェント型でも無料で利用ができます。エージェント型は、求職者を縁側に紹介して紹介料をもらうビジネスモデルとなっているため、求職者自身は料金を支払わず、無料で転職サポートを受けられます。

 

また、転職サイトによっては説明会やセミナーなどを定期的に開催しているところもあり、説明会やセミナーも無料で参加できます。金銭面での心配は不要なので、積極的に色々な説明会などに参加するとよいですね。

他の仕事と掛け持ちで保育士になる道も

保育園で勤務したいけれど、週5日間・毎日8時間勤務だと厳しいと考える方も多いです。そんな方には空いた時間で少しだけパートの保育士として勤務したり、保育園の事務職として働いたりする道もあります。

パートや掛け持ちでの勤務が可能か確認する

様々な事情でフルタイムの勤務が厳しい場合は、パートなどで掛け持ちをする選択肢もあります。掛け持ち可能か否かも求人情報に記載がある場合が多いので、正社員ではなくパートで働くことはできるか、他の仕事と掛け持ちの勤務は可能か事前にチェックしましょう。

事務などの異業種も視野に入れる

保育士に限らず、異業種の求人の掲載も一緒にされているサイトもあります。また保育士としてではなく、保育園の事務職なども人気がある職種です。事務職は転職サイトへの掲載が多い傾向にあるので興味のある人は併せて閲覧することをおすすめします。

まとめ

転職はサイトへの登録から面談、そして面接を経て採用にたどり着くまでにたくさんの労力を使います。そのため、一度決まった職場はできるだけ長く続けたいものですよね。様々な職場環境を見るためにも最初からひとつには絞らず、サイトの併用をしながらいくつかの選択肢を持って転職活動をしていきましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【30代向け】保育士の転職サイト人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

【30代向け】保育士の転職サイト人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

その他
【福岡】保育士転職サイトの人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

【福岡】保育士転職サイトの人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】横浜の保育士転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】横浜の保育士転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
40代の保育士転職サイト人気おすすめランキング15選 【2021年最新版】

40代の保育士転職サイト人気おすすめランキング15選 【2021年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】仙台の保育士転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】仙台の保育士転職サイト人気おすすめ7選

その他
保育士の人気転職サイトおすすめランキング7選【2023年最新版】

保育士の人気転職サイトおすすめランキング7選【2023年最新版】

サービス