【池袋】薬剤師に人気おすすめの転職サイト・エージェントランキング10選!薬剤師の転職は厳しいって本当?

記事ID38829のサムネイル画像
薬剤師の転職サイトを選ぶときに「一見似たように見えてどれが自分に合っているのか分からない」と悩んではいませんか?この記事では、求人数・サポート力などから、薬剤師に人気おすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介いたします。職業別に転職先を選び方や内定をもらうテクニックなどもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【池袋】薬剤師におすすめの転職サイト・エージェント|選び方や疑問も徹底調査!

薬剤師は年々求人数が少なくなる傾向にあり、併せて昨今のコロナウイルスによる調剤薬局などの売上低下が大きく影響して、薬剤師の求人は売り手市場から買い手市場に変わりつつあります。

 

今まで薬剤師は人手不足で売り手市場だと言われ続けていましたが、薬剤師の売り手市場は過去であり、これから転職を考えるとなると「希望の転職先が見つからないかも......」「今よりも条件が悪くなるのでは?」と不安に思う方も少なくありません。

 

そこで今回は、薬剤師の理想の転職先を選ぶポイント、薬剤師の転職サイト・エージェント人気おすすめランキング、転職が難しくなる状況と解決策をご紹介していきます。転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

 

【薬剤師】転職活動の流れ

転職サイトを利用した場合の薬剤師の転職活動の流れは以下の通りです。

 

  1. 転職サイトへ登録
  2. 転職アドバイザーと面談
  3. 求人紹介・応募
  4. 書類作成・面接対策
  5. 面接
  6. 内定後の手続き

 

いざ転職活動を始めようと流れを意識した時、「薬剤師の転職に最適な時期はいつだろう?」「転職活動はどのくらいかかるだろう?」と疑問に思う方も少なくありません。ここでは薬剤師の転職に適した時期や期間をご紹介いたします。

薬剤師が転職するまでの準備期間

昨今のコロナウイルスの影響で低下した医療系職種の求人倍率は、2021年になってからも変わらず、薬剤師の転職難易度は高いままとされています。そのため、転職活動は長期化前提で、在職中の早い段階から少しずつ行っておくと焦らずに希望の転職先を見つけやすくなります。

 

繁忙期などを避けて問題なく退職できそうな時期を選んだら、その2か月前を転職活動スタートの目安にしましょう。いずれにしても、転職を決めたら薬剤師向け転職サイトへの登録を早めにしておけば、情報を逃さず効率的に転職先が探せます。

薬剤師の転職に最適な時期

一般的には最も求人の多い1月~3月が、薬剤師の転職活動に適していると言われていますが、求人が多いと競争率も高くなるため、その時期をあえて外す考えもあります。

 

また、薬剤師の転職に最適な時期は、実は転職先によってさまざまで、時期も大きく異なります。転職を意識し始めたら、まずは以下の転職理由をよく考えてみましょう。

 

  • なぜ転職したいのか
  • 希望の転職先はどんな業種・職種なのか(病院、薬局、ドラッグストア、企業)
  • 今後のキャリアプラン

 

募集期間が限られている職種に就きたい人や、ボーナス後に転職したい人など、希望の転職先や状況により、タイミングを見計らって活動を始める必要があります。転職理由が定まったら、職業別の薬剤師向け理想の転職先の探し方を参考にして転職時期を決めましょう。

【職場別】薬剤師向け理想の転職先を選ぶポイント(ベストな転職時期)

薬剤師の就職先は調剤薬局だけではありません。一般用医薬品すべてを扱える薬剤師は、さまざまな職種で重宝される存在であり、希望職種によって転職に適した時期や転職先の選び方が変わってきます。

 

ここでは薬剤師の職業別に理想の転職先を選ぶポイントと転職に適した時期をご紹介します。希望職種ではなくても他の職種の方が条件が合う場合もあるので、広い視野で転職先を探してみてください。

1:調剤薬局・ドラッグストア(1月〜3月)

薬剤師の転職先として一番多い調剤薬局ですが、クリニックのドクターが何時まで診察するのか、何曜日が休診なのかで労働環境が大きく異なります。また、ドラッグストアも営業日と営業時間によってシフトが変わるため、希望の勤務条件とかけ離れていないかをしっかり確認しましょう。

 

【転職先を選ぶポイント】

  1. 営業時間・休診日
  2. シフトは固定か申告制か
  3. クリニックのドクターによる残業がないか

 

大手の調剤薬局やドラッグストアでは、4月からの教育体制を整えているケースがほとんどで求人数の多くなる1月〜3月の転職がおすすめです。ただ、求人数が多いと競争率も激しくなる可能性もあるので、応募書類の作成や面接には十分な対策が必要です。

2:病院(1月〜3月・7月〜10月)

病院・診療所の薬剤師採用は欠員募集が多い印象ですが、平成24年の診療報酬改定により新卒採用の活発化と就職者の増加がみられ、転職者も受け入れやすくなっています。

 

さらに、病棟は平日8:30〜17:30までの定時通りで終わる場合がほとんどで、調剤薬局やドラッグストアよりも働きやすいとされています。ただし、病院によっては土日祝の勤務や夜勤が入る可能性もあるため、希望しない場合は要チェックです。

 

【転職先を選ぶポイント】

  1. 土日祝の勤務の有無
  2. 夜勤の有無
  3. 勤務時間と残業時間

 

調剤薬局やドラッグストアと同様に、求人数の多くなる1月〜3月と、繁忙期である冬季に備えて求人を増やす7~10月の転職がおすすめです。4月入社の研修が落ち着く7月になれば、しっかり研修が受けられます。

 

そもそも病院の求人数が少ないため、希望する場合は余裕を持って転職サイトに登録したり、転職エージェントへ相談しましょう。また、選考基準も厳しくなるので面接対策も力を入れる必要があります。

3:MR(1月〜4月・7月〜10月)

MRは、医療機関に対して自社の医療用医薬品の情報提供をしたり、実際に使用された医薬品の有効性や安全性をヒアリングするのがお仕事です。医師に対して商品を売り込む「営業職」でもあるので、円滑な人間関係を築くコミュニケーション能力が求められます。

 

調剤薬局やドラッグストアでは面接が1回の場合がほとんどですが、MRの面接は3回あったり求人数が少ないため転職は難関とされています。しかし、高給が期待されるお仕事なので、キャリアアップをしたい方には特におすすめします。

 

【転職先を選ぶポイント】

  1. 求人数が少ないので早くから転職先を探しておく
  2. 企業方針
  3. 営業ノルマや転勤の有無

 

新薬メーカーは、新薬の発売に合わせて多くのMRを採用したい時期があります。狙っている企業があれば、新薬の発売がいつ頃なのかを事前に調べておくと求人を逃さずに済みます。企業が特に決まっていなければ、一般的に求人が増える1月〜4月・7月〜10月がおすすめです。

4:CRO・SMO(1月〜3月・9月〜10月)

CRO(医薬品開発・治験サポート)は他にもCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)がありますが、医療機関や製薬会社などで関係各所と連携し、新薬開発を進める役割があります。SMO(治験施設支援機関)は治験を円滑に進行させるために、医療機関側の治験業務をサポートするお仕事です。

 

どちらも求人数は少ないですが、医療現場への貢献度も高く、とてもやりがいのあるお仕事と言えます。薬局でも病院でもない職場をお探しの方は、医薬品開発の最前線に関われるお仕事への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

【転職先を選ぶポイント】

  1. 求人数が少ないので早くから転職先を探しておく
  2. 企業方針
  3. 残業の有無

 

一般的に求人が増える1月〜3月・7月〜10月がおすすめですが、8月のボーナス後に転職する人が多いため、ライバルを避けたい方は9月〜10月が狙い目です。

5:製薬会社の研究・開発(1月〜3月・7月〜10月)

企業に努める研究職は、市場のニーズに沿った商品を実用化に向けて研究・開発しています。勤務地は研究所が多くなりますが、本社勤務や地方研究所、海外赴任の場合もあります。

 

国内での研究は減少傾向ですが、研究職は企業が競争を勝ち抜くためにも重要な存在で将来性もあります。とてもやりがいのあるお仕事ですが、長時間働いて当たり前と言われるようなブラック経営の企業もあるので、離職率が高い企業は避けるのが無難です。

 

【転職先を選ぶポイント】

  1. 求人数が少ないので早くから転職先を探しておく
  2. 海外赴任の可能性・研究所の所在地
  3. 離職率
  4. 残業の有無

 

研究職は長期スパンで活躍できるお仕事なので、一般的な求人が増える1月〜3月・7月〜10月がおすすめですが、業績の良い中小企業ほど人手不足になり時期関係なく求人を出す場合があります。チャンスを逃さないよう常に求人情報を気にしておきましょう。

薬剤師転職サイトの選び方

いざ転職活動を始めようとしたとき、「どの転職サイトも同じようにみえる」「自分に合った転職サイトが分からない」と悩んだら、以下の3つのポイントを参考にしてください。

「目的」に合った転職サイトを選ぶ

理想の職場を見つけるためには、自分がどんな職場環境を望んでいるのかを明確にしていく必要があります。

 

例えば、初めての転職であれば求人数が多く手厚いサポートがある転職サイトにしたり、キャリアアップを目指す方は、非公開求人や高収入の求人が多い転職サイトを選ぶなど、まずは自分の「目的」のためにはどの転職サイトが合っているのかを考えてみましょう。

「求人数」と「求人の質」で選ぶ

「求人数」が多い転職サイトは、細かく条件を絞り込んで検索してもヒットしやすいです。それだけ希望にぴったりの求人に出会える可能性があり、さまざまな業界・業種を網羅しているため、どの業種に就こうか迷っている方にもおすすめできます。

 

また、「非公開求人」や「独占求人」を多く取り扱う転職サイトもあるため、高収入やライバルの多そうな求人を狙う方は早めに転職サイトに登録し、求人情報を逃さないようにしましょう。

転職前と転職後の「サポート体制」で選ぶ

転職サイトは「対面」「電話・メール」の2種類があり、「対面」ではプロが直接アドバイスをくれたり、「電話・メール」は迅速なサポートを受けられるなど、それぞれのメリットがあります。

 

初めて転職をする人は、転職に詳しいプロのアドバイスを受けながら転職活動を進められる「対面」がおすすめです。スピード転職を希望する方は、時間に左右されずに迅速なサポートを受けられる「電話・メール」であれば仕事の合間でも効率的に転職活動を進められます。

 

中には、面接にエージェントが同行してくれる転職サイトや、転職が成功したときにお祝い金をもらえる転職サイトもあります。独自のサポートをしている転職サイトもあるので、自分に合ったサポートがある転職サイトを選ぶと失敗しにくいです。

【池袋】薬剤師の転職サイト・エージェント人気おすすめランキング10選

ここでは【池袋】で転職先をお探しの方におすすめしたい薬剤師向け転職サイト・エージェントを、使いやすさや求人数などから、ランキング形式でご紹介していきます。転職サイトへの登録がまだの方はぜひ参考にしてみてください。

病院の求人も多い!丁寧なサポートが受けられる

☑︎病院・企業への転職に強い!

ファゲットは、20年以上薬剤師の転職支援サービスを行っている転職サイトです。「丁寧にゆっくりとやさしい相談をする」がモットーの丁寧なコンサルティングにより、最適な求人紹介をしてくれます。

 

☑︎きめ細やかなサポート!

ファゲットは、病院・企業への転職に強く、特に病院の求人数は業界トップクラスを誇ります。転職未経験者の方、病院や企業に転職を考えている薬剤師の方には、ぜひ登録をおすすめします。

 

 

>>ファゲットで詳細を見る!

 

求人数 約38,000件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア
主な雇用形態 正社員, 派遣 スカウト機能 あり
対応方法 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調べ

独占求人も多数!専門コンシェルジュによるサポート

☑︎優良・独占求人が多数!

ヤクジョは、薬剤師の転職・派遣専門の人材紹介サービスです。ヤクジョでは、転職先との関係性をしっかり構築しているため、ヤクジョでのみ取り扱っている優良・独占求人が多いとされています。また、正社員だけでなく、派遣・パート・アルバイトなど多様な働き方の求人も取り扱っています。

 

☑︎転職者の低い離職率

ヤクジョでは、転職者と就業先とのマッチングを重視した求人紹介を得意としており、転職者の希望に合わせた転職活動をサポートしているため、転職者の離職率が低いです。サポートを受けつつ、長く続けられる転職先を探す方にもおすすめです。

 

 

>>ヤクジョで詳細を見る

 

 

求人数 約14,000件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア
主な雇用形態 正社員, パート スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ なし

※2021年12月調べ

8位

希少な求人も多数!

☑︎業界でも珍しいマンツーマンサポート!

薬剤師ワーカーでは、業界でも珍しいとされるマンツーマン体制を取っており、1人の担当アドバイザーが転職者と企業の双方を管理します。担当者がマンツーマンで転職サポートしてくれるので、転職に不安を感じている方や、初めての方にもおすすめできます。

 

☑︎40代〜50代の薬剤師転職にも強い!

薬剤師ワーカーは、一般的に転職が難しいとされる、40代〜50代の転職にも対応してくれます。転職サポートのみならず、入職後のサポートまで手厚いので、職場に不満を感じた場合でも親身に対応してくれるありがたい転職サイトです。

 

 

>>薬剤師ワーカーで詳細を見る

 

求人数 約30,000件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア
主な雇用形態 正社員, パート・アルバイト スカウト機能 なし
対応方法 電話 スマートフォンアプリ なし

※2021年12月調べ

7位

希望条件から求人をオーダーメイドで作成!

☑︎転職者だけのオーダーメイド求人!

ファーマキャリアでは、転職者に合わせたオーダーメイド型の転職サービスを行っており、経験を積んだ専任コンサルタントが、転職者に最もマッチした求人を厳選して紹介してくれます。無駄がない転職活動を進められるので、忙しい方などスピード感を重視する方におすすめです。

 

☑︎コンサルタントの質が高い!

ファーマキャリアのコンサルタントは、大手人材紹介会社で売り上げトップを誇る優秀な人材を中心に構成されており、とても質が高いと言えます。また、コンサルタント一人当たりの担当人数を限定しているため、納得できるまで手厚いサポートが受けられます。

 

 

>>ファーマキャリアで詳細を見る

 

求人数 約46,900件* 主な勤務先 調剤薬局, 一般企業
主な雇用形態 正社員, 契約社員 スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ なし

※2021年12月調べ

6位

薬剤師に特化したコンサルタントによるサポート!

☑︎薬剤師に特化したコンサルタントのサポート!

お仕事ラボでは、細かくヒアリングをしてから求人紹介を行ってくれます。コンサルタントが薬剤師に特化しているので相談しやすく、丁寧にヒアリングしてくれるので後悔の少ない転職活動を進められます。

 

☑︎マッチ率の高いお仕事探し!

専任コンサルタントがついてくれて、細かいヒアリングから企業とのマッチング精度を高め、真剣な面接のみを組んでくれます。余分な体力を使う必要がないので、効率的にお仕事探しをしたい方にもおすすめです。

 

 

>>お仕事ラボで詳細を見る

 

求人数 約27,000件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業
主な雇用形態 正社員, 契約社員, パート・アルバイト, 派遣 スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ なし

※2021年12月調べ

5位

リクルートメディカルキャリア

リクナビ薬剤師

非公開求人が多い!企業への転職におすすめ

☑︎企業への転職におすすめ!

リクナビ薬剤師は、大手人材会社リクルートが運営している、薬剤師特化型の転職サイトです。約70%以上が非公開求人とされており、大手優良企業の求人や幹部ポジションの求人も多く存在するので、企業への転職が希望の方には特におすすめしたい転職サイトです。

 

☑︎キャリアアップ・年収アップが期待できる!

非公開求人には優良企業の求人も多いため、好条件の求人に出会える可能性も高く、採用されればキャリアアップや年収アップが期待できます。

 

☑︎スピード転職が可能!

リクナビ薬剤師では、最短3日でスピード転職が可能です。急な転職が必要な場合も対応してくれるので、ストレスなくスピード転職できます。

 

 

>>リクナビ薬剤師で詳細を見る

 

求人数 約35,000件* 主な勤務先 病院, 製薬会社, 調剤薬局, ドラッグストア
主な雇用形態 正社員, アルバイト スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調査

薬剤師専門の転職コーディネーターに相談できる!

☑︎薬剤師転職業界で最大級!

ヤクジョブ.comは、薬剤師転職業界で最大級の転職サイトです。数多くの調剤薬局・ドラッグストア・病院との取引を行っており、独占・非公開求人も豊富です。

 

☑︎ママ薬剤師でも転職先を見つけやすい!

子育てと仕事の両立を考えるママ薬剤師などの子育てニーズにも対応しているため、子育てで両立が難しくなり転職を考えている方にもおすすめできる転職サイトです。

 

 

>>ヤクジョブ.comで詳細を見る

 

求人数 約63,500件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業
主な雇用形態 正社員, 派遣 スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ なし

※2021年12月調べ

他職種にチャレンジできる!収入・キャリアアップしたい方向け

☑︎薬剤の知識を生かして他職種にチャレンジ!

dodaでは、薬剤師の知識を生かせるお仕事の紹介も可能で、一般企業への転職は、薬剤師の資格が有利になり高待遇を得られるケースもあり、収入・キャリアアップも望めます。

 

☑︎総合転職大手ならではの豊富な求人数!

総合転職大手だからこそ、他職種でありながら薬剤師の経験を生かせるお仕事も豊富です。薬剤師以外のキャリアを歩んでみたい方や、薬学の知識を生かした職に就きたい方には特におすすめします。

 

>>dodaで詳細を見る

 

求人数 約114,000件* 主な勤務先 一般企業ほか
主な雇用形態 正社員, 派遣 スカウト機能 あり
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調べ

3位

メディカルリソース

ファルマスタッフ

キャリアアップも狙える!希望条件で見つけやすい

☑︎希望条件で見つけやすい!

ファルマスタッフは、年収600万円以上など希望に合った好条件求人も見つけやすいので、キャリアアップ・年収アップを目指す20代後半~30代の方にもおすすめできます。

 

☑︎派遣やパート・アルバイトにも対応!

ファルマスタッフでは正社員向けの転職案件だけでなく、派遣・パート・アルバイトとして働きたい薬剤師向けの求人案件も多く取り揃えており、ライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を選べます。

 

☑︎転職相談満足度が96.5%!(2021年11月ブランドイメージ調査より)

薬剤師の転職支援で21年の実績を誇るファルマスタッフは、「転職相談満足度が96.5%」(2021年11月ブランドイメージ調査より)と満足度の高さに自信を持っています。実績重視で選びたい方にもおすすめです。

 

 

>>ファルマスタッフで詳細を見る

 

求人数 約60,000件* 主な勤務先 病院, 調剤薬局, 一般企業
主な雇用形態 正社員, パート・アルバイト, 派遣 スカウト機能 なし
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調べ

2位

大手の知名度から全国の薬剤師求人が掲載!

☑︎大手マイナビだからこそ独占・非公開求人も多数!

マイナビ薬剤師は、大手人材会社のマイナビが運営している、薬剤師向け転職サイトです。広い繋がりを持つ大手マイナビだからこそ、独占・非公開求人も多いです。幅広く求人情報を見たい方は登録して情報を逃さないようにしましょう。

 

☑︎質の高いコンサルタントによる手厚いフォロー!

マイナビの求人紹介から面接対策、入社後サポートまで、コンサルタントによる手厚いフォローが受けられます。マイナビは転職に不安や疑問を抱いた時にすぐに相談できる環境があります。

 

☑︎初めての転職におすすめ!

大手人材会社のマイナビだからこそ、流れなどが掴みやすい仕組みになっており、転職までがスムーズです。サポート体制も整っているので、初めて転職をされる方にもおすすめです。

 

 

>>マイナビ薬剤師で詳細を見る

 

求人数 約58,000件* 主な勤務先 調剤薬局, 一般企業
主な雇用形態 正社員, パート・アルバイト スカウト機能 あり
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調べ

1位

エムスリーグループ

薬キャリエージェント

病院・製薬会社へ転職したい人には特におすすめ!

☑︎病院・製薬会社へ転職したい人におすすめ!

薬キャリエージェントは、国内最大級の薬剤師転職専門の転職サイトと言われており、求人数や職種も豊富なので、病院や製薬会社を狙っている人にもおすすめできます。登録しておいて損はない転職サイトです。

 

☑︎子育てママでもお仕事が見つかる!

薬キャリエージェントには産休・育休のあるお仕事も豊富です。アルバイトやパートなど、働き方によって求人を選べるので、産後にブランクがあっても探しやすいです。

 

☑︎薬剤師転職に特化した担当アドバイザーがサポート!

薬剤師転職に特化した専門性の高い担当アドバイザーがサポートしてくれるので、初めての転職にもおすすめです。1日に最大10件以上もの求人紹介を行ってくれるため、スピード感のある転職活動が可能です。

 

 

>>薬キャリエージェントで詳細を見る

 

求人数 約40,000件* 主な勤務先 製薬会社, 病院, 調剤薬局
主な雇用形態 正社員, パート スカウト機能 あり
対応方法 対面, 電話 スマートフォンアプリ あり

※2021年12月調べ

【池袋】薬剤師の転職サイト・エージェント人気おすすめランキングまとめ

商品 画像 商品リンク 特徴 求人数 主な勤務先 主な雇用形態 スカウト機能 対応方法 スマートフォンアプリ
アイテムID:8887293の画像

公式サイト

病院・製薬会社へ転職したい人には特におすすめ!

約40,000件*

製薬会社, 病院, 調剤薬局

正社員, パート

あり

対面, 電話

あり

アイテムID:8887298の画像

公式サイト

大手の知名度から全国の薬剤師求人が掲載!

約58,000件*

調剤薬局, 一般企業

正社員, パート・アルバイト

あり

対面, 電話

あり

アイテムID:8887468の画像

公式サイト

キャリアアップも狙える!希望条件で見つけやすい

約60,000件*

病院, 調剤薬局, 一般企業

正社員, パート・アルバイト, 派遣

なし

対面, 電話

あり

アイテムID:8887663の画像

公式サイト

薬剤師専門の転職コーディネーターに相談できる!

約63,500件*

病院, 調剤薬局, 一般企業

正社員, 派遣

なし

対面, 電話

なし

アイテムID:8887676の画像

公式サイト

非公開求人が多い!企業への転職におすすめ

約35,000件*

病院, 製薬会社, 調剤薬局, ドラッグストア

正社員, アルバイト

なし

対面, 電話

あり

アイテムID:8887693の画像

公式サイト

薬剤師に特化したコンサルタントによるサポート!

約27,000件*

病院, 調剤薬局, 一般企業

正社員, 契約社員, パート・アルバイト, 派遣

なし

対面, 電話

なし

アイテムID:8887791の画像

公式サイト

希望条件から求人をオーダーメイドで作成!

約46,900件*

調剤薬局, 一般企業

正社員, 契約社員

なし

対面, 電話

なし

アイテムID:8887798の画像

公式サイト

希少な求人も多数!

約30,000件*

病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア

正社員, パート・アルバイト

なし

電話

なし

アイテムID:8887802の画像

公式サイト

独占求人も多数!専門コンシェルジュによるサポート

約14,000件*

病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア

正社員, パート

なし

対面, 電話

なし

アイテムID:8887824の画像

公式サイト

病院の求人も多い!丁寧なサポートが受けられる

約38,000件*

病院, 調剤薬局, 一般企業, ドラッグストア

正社員, 派遣

あり

電話

あり

第二新卒は転職に有利

第二新卒とは卒業後3年以内の場合であり、社会人経験があるので即戦力が期待され、求人数も多いと言われています。受け入れ先も教育がスムーズなので歓迎されやすく転職後も馴染みやすいので転職時期としては最適です。

 

ただし、転職先が決まりやすいとは言え、企業側は面接時に「新卒時と同様にまたすぐに辞めてしまうのではないか」と不安を感じているため、短期間で辞めた原因を追究し、今後はどのように成長していきたいかを明確に伝えてネガティブなイメージを払拭する必要があります。

 

また、大手製薬会社・公的病院・大学病院等に転職先を限定して探している方と、転職回数が多い方は決まりづらい可能性があります。

急性期病院や企業への転職は厳しい

急性期病院や企業は新卒を採用するのが一般的です。大きな病院や企業は、求人に力を入れなくても一定数の応募があるため、薬剤師であっても中途採用の枠は少なく、転職活動は難しくなります。

 

慢性期病院への転職は十分に可能性がありますが、病院未経験で急性期病院への転職は難しいです。もし急性期専門を望むのであれば、慢性期と急性期の両方を兼ね備えた病院を探してみましょう。両方ある病院であれば、入社後にキャリアを積んで急性期に異動を願い出る方法も可能です。

年齢が高くて未経験だと求人が少ない

年齢が高くて未経験の場合、極端に求人数が少なくなります。特に、大きな総合病院や企業の薬剤師は一般的に30代までの募集がほとんどで、40代以上は求人がほぼ無いに等しいです。

 

調剤薬局やドラッグストアは調剤未経験でも40代までは転職しやすいとされていますが、50代になると受け入れ先が少なくなり、パート・アルバイト勤務を勧められる可能性もあります。人手不足だと考えられている薬局も、年齢が高くて未経験だと転職先を見つけるのは難しいと思っておきましょう。

 

例外として、慢性期病院や物流センターの管理薬剤師などは定期的に求人が出され、年齢や経験を問わない場合が多いですが、給与はあまり期待できない可能性があります。

何歳まで?薬剤師の転職に適した年齢

薬剤師の転職は、一般的には20代が最適であり、30代から求人が少なくなる傾向です。40代以上だと希望条件の求人はほぼ無くなるので、転職するなら30代までと思っておきましょう。

 

また、20代であっても大学病院・公的病院・管理職などのハイクラス求人は非常に少ないため、希望の求人に出会うまでに時間がかかります。早めに薬剤師向けの転職サイトに登録し、厳選された求人を紹介してもらいましょう。

内定をもらえる!面接時のテクニック

転職が成功する薬剤師にはテクニックがあります。以下の3つのポイントは転職が難しい薬剤師も成功率を上げられる方法です。転職を考え始めたら、参考にして目標を明確にみましょう。

ポイント①:転職理由・志望動機をポジティブに述べる

これは基本ではありますが、転職理由はネガティブな印象を持たれる場合が多いので、どう伝えるかが重要なポイントです。何を訊かれても受け答えができるよう、事前に明確なキャリアプランを立てるのがおすすめです。

 

また、転職理由は志望動機にも繋がります。例えば「前職はキャリアアップが出来ない会社だったため、きちんと評価してくれる職場で働きたい」など、求人側が納得できる志望理由を述べて、後ろ向きな表現を避けましょう。

ポイント②:自分の強みから、相手に利益のある人材だと証明する

今まで経験してきたスキルや実績をしっかり見つめ直し、薬剤師として会社に貢献できるであろう自分の強みを伝えましょう。

 

基本的な部分で言うと「土日勤務や残業が可能」「夜22:00の終業でも構わない」など柔軟な働き方ができる人材は、求人側にとって貴重な人材だと判断され、採用されやすくなります。調剤未経験の人でも転職成功率が上がるので、面接官に伝えてみましょう。

ポイント③:年収が下がる場合もあると受け入れる

転職は新卒と同じゼロからのスタートです。前職で華々しい経歴があったとしても、それが転職先の会社でも通用するとは限らないと思っておきましょう。

 

求人側としては、どんなに経歴が華々しくても「高給に見合った仕事をこなしてくれるのか分からない」と不安に思っているので、不採用にする可能性もあります。転職で年収が下がったとしても、実績に伴って上がっていけば良いと考えておくと転職先が決まりやすいです。

まとめ

薬剤師の転職は、希望条件が特に無い場合を除いて、簡単とは言えない状況であるとわかりました。転職を考え始めたら転職サイトへの登録をするなど早めに行動に移すのがおすすめです。転職サイトはそれぞれに特徴や強みがあるので、違いを知って複数の転職サイトを利用し、理想の転職先を見つけましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

転職サイト
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他