【2023年最新版】名古屋市の薬剤師転職サイト人気おすすめ5選

記事ID38708のサムネイル画像
名古屋市で薬剤師の転職をしたいけれど、転職未経験でどの病院や企業を選べばいいかよく分からない、ということはありませんか?ここでは、薬剤師転職サイトの選び方などについて解説しつつ、名古屋市でおすすめの薬剤師転職サイトのランキングを紹介します。

名古屋市の薬剤師転職は競争が厳しい?

愛知県内の主要都市の薬剤師求人数を比較すると、他の都市に比べて名古屋市が圧倒的に多くなっています。これは、名古屋市が交通の便が良く、調剤薬局やドラッグストアの数も多いので、求人も集まりやすいためです。

 

また、名古屋市の薬剤師求人の時給は、東京23区よりも高いところが多いと言われています。これは、名古屋市所在である愛知県の人口10万人に対する薬剤師数が約190人で、平均を下回っており、薬剤師が不足しているためです。

 

このような傾向から見ると、名古屋市の薬剤師求人は条件が良く、求人にも余裕があるように見えますが、その中でも特に好条件の求人に対しては、他の転職希望者からの応募も多く、素早く面接までこぎつけないと、すぐに募集が終了してしまう事態になりかねません。

転職先病院はどこが良い?

病院に転職する場合、国立病院か公立病院、民間病院のうち、どこを選べばよいのでしょうか。国公立病院は、どこも初任給が同じで、福利厚生も、通勤・住宅・扶養などの手当てのほか、定期昇給もあります。

 

また、民間に比べて国立病院や公立病院の方が年収が高くなる傾向にあります。国立か公立の病院を選ぶ際、施設数でみると、公立の方が圧倒的に多いので、国立病院よりも就職しやすくなります。このように見ていくと、転職先病院は公立病院がおすすめです。

同じ案件に複数の転職サイトから応募する際の注意点

複数の転職サイトに登録している場合、注意すべき点があります。1つの案件に、複数の転職サイト経由で応募すべきではありません。応募先から、他の転職サイトからも応募されていると担当コンサルタントに連絡されてしまうからです。

 

そうなると、応募先・担当コンサルタントの両方に不信感をもたれ、せっかくうまくいきかけても破談となってしまう恐れもあります。

転職未経験の場合は転職サイトを利用するのがおすすめ

今まで転職をした経験がない人にとっては、転職先を探すのは手探り状態で不安なものです。転職先を見つける手段として最もポピュラーな方法としては、ハローワークで探す方法があります。その他、転職サイト、求人広告サイトなどで探す方法もあります。

 

まず、ハローワークで探す方法ですが、ハローワークは国の機関なので、失業保険をもらいながら、中立公正な立場で求人の紹介や転職アドバイスをしてもらえます。しかし、肝心の転職先は、ブラックな求人や嘘の求人が紛れ込んでおり、安心して転職先を見つけられません。

 

次に求人広告サイトは、自分のペースで転職先を探せますが、アドバイスやサポートが受けられません。そこで転職サイトですが、求職者一人ひとりに担当がついて求人探しから選考対策までサポートしてもらえてとても心強いので、初めての転職にはおすすめです。

企業薬剤師は年収が高い

薬剤師の転職先には、企業もあります。企業へ転職するメリットとしては、土日休みが確保されていたり福利厚生が手厚く、また給与以外でも扶養手当や住居手当、通勤手当などのほかに、退職金制度のある企業もあります。

 

企業で働く薬剤師の業務内容にはさまざまなものがあり、例えば創薬の分野では、研究職として医学部出身者らとともに研究に携わったり、開発・治験の分野では、病院における治験業務をサポートしたり、医薬品卸会社では、各支店における管理薬剤師を任されたりなど多岐にわたります。

 

企業に勤める場合、その年収は、企業規模にもよりますが、初年度はおよそ450万円で、大手企業になると1000万円を超えるところもあり、高い年収を見込めます。

薬剤師の転職は何歳まで可能?

薬剤師が転職するにあたり、その転職先が年齢制限を設けている場合があります。また、職場によってその制限年齢が変わってきます。ここでは、各職場における転職の年齢について説明していきます。

50代でも転職できる調剤薬局

調剤薬局は、比較的年齢が高くても転職しやすい職場です。ただし、調剤薬局の規模によって若干事情が変わります。大手の調剤薬局では、新卒などの若い人材を積極的に採用する傾向が強いため、年齢が上がってくると採用されにくくなります。

 

一方、中小や個人経営の調剤薬局は、比較的年齢が高くても採用されやすく、50代でも採用される可能性があります。特に、管理薬剤師の欠員を補充する必要が生じた調剤薬局では、経験と知識が豊富な人材を求めるケースもあるからです。

年齢が高くても転職できるドラッグストア

ドラッグストアも、年齢が高くても転職できる可能性がある職場です。現在も成長を続けているドラッグストアは、全国各地への出店がまだまだ多く、それに伴い、管理薬剤師などの求人が出る場合もあり、経験豊富な人材が求められる場合もあるからです。

40歳以上でも転職できる病院

病院へ転職する場合、病院の規模や専門領域によって変わります。大学病院や大規模な総合病院の場合、急性期疾患を取り扱う場合が多く、シフトも夜勤があるなど、若くて体力のある人材が優先されます。また、大学病院では新卒採用が多く、中途採用の求人は競争率が高くなります。

 

一方、高齢者のリハビリテーションなどを専門に行う慢性期病院や、中小規模の病院では、薬剤師が不足しがちで、即戦力を求められるので、40歳以上でも転職できるチャンスはあります。

年齢制限が少ない企業への転職

企業で働く薬剤師の勤務形態はさまざまで、医薬品卸業や医薬品の物流センター、製薬会社からの委託を受けて治験業務を行うCROなど、薬剤師を必要としている企業であれば、比較的年齢制限がなく転職しやすいです。

 

一方、製薬会社への転職はやや年齢制限が厳しい傾向にあります。例えば、製品開発や治験を行うCRA(臨床開発モニター)やMRは、企業薬剤師の中でも人気がある業種ですが、特別なスキルや実績がなければ、CRAは50歳未満、MRは40歳未満でないとなかなか転職が難しいです。

第二新卒は転職に有利

学校を卒業後、一度就職をして数年の後に離職し、転職活動をする第二新卒の採用ニーズは、年々増えてきています。新卒者は社会経験が全くない状態で採用されますが、第二新卒は、社会人として基本的なビジネスマナーを身につけているからです。

 

また、企業での業務経験が少なく、即戦力とはならなくても、中途採用者に比べて柔軟性に優れ、若いために企業風土に染まりやすく、能力開発の余地も大きいのが第二新卒です。こういった面から、第二新卒は転職に有利に働く可能性があります

名古屋市の薬剤師の転職を成功させる手順

名古屋市で薬剤師の転職を成功させるためには、ある程度の手順を踏んで行っていく必要があります。順番に説明していきます。

事前準備を入念に行う

転職活動をする前に、入念な事前準備を行います。まず初めに、転職の理由をはっきりさせます。そもそも、なぜ転職をしたいのか、しっかりと考え直します。そして、転職にあたって、譲れない点と妥協できる点を決めます

 

これらの準備を入念に行えば、どんな職場で働きたいのかが明確になってきます。この手順を飛ばして、いきなり求人を探し始めると、なんとなくで転職先を決めてしまい、転職後に後悔する可能性もあるので注意しましょう。

名古屋市内の良質な求人を集める

まず、名古屋市内の求人情報をなるべく多く集めましょう。選択肢が多いほど、細かい希望条件に合致する求人を見つけやすくなり、その結果、自分の希望にぴったり合う求人を見つけられる確率が高くなります。情報収集には、薬剤師転職に特化した転職サイトを利用しましょう。

 

求人を探す場合は、なるべく複数の手段を利用しましょう。失業保険受給中の方は、ハローワークで毎月の手続きを行う際に、窓口で相談しつつ、転職サイトからも応募しましょう。そうでない方は、複数の薬剤師転職サイトに登録し、検索して探すと、選択肢が増えるのでおすすめです。

転職先が自分に合っているかを検討する

転職先の候補にしている職場が、本当に自分に合っているのかどうか見極めるのも重要です。職場内部の情報を得る手段は、以下の方法があげられます。

  • 面接時に採用担当者に質問する
  • 転職サイトのキャリアコンサルタントから情報を聞く
  • 知人の紹介で転職する場合は、事前に聞く

上記の方法のうち、面接時に採用担当者に質問するのが最も確実ですが、状況によっては質問しづらい場合もあります。また、知人の紹介で転職するケースもあまり多くはありません。したがって、転職サイトのキャリアコンサルタントから情報を聞くのが、最も現実的な方法です。

応募書類の作成を並行する

気になった職場があれば、できれば複数の職場について、履歴書を作成して応募します。複数に応募する理由は、1つの職場だけでは、採用されなかった場合に、また最初から履歴書を作成したり応募しなければならないので、タイムロスになる可能性が高いからです。

 

履歴書には、これまでのキャリアを形式的に書くのがメインとなりますが、志望動機などのアピール要素を魅力的に記載すると、選考に通りやすくなります。なお、薬剤師の場合、職務経歴書が必要なケースはあまりありませんが、企業や法人運営の施設の場合は提出を求められる場合があります。

採用面接を受ける

書類選考が通過したら、採用面接を受けます。面接は、通常は1回のみです。採用面接では、以下のように必ず聞かれる質問があります。

  • 転職理由を教えてください
  • 志望動機を教えてください
  • 以前の職場ではどんな経験をしましたか?
  • 残業や休日勤務はどの程度可能ですか?

これらの質問に対して事前に答える内容を考えておくと、面接もうまくいきやすくなります。なお、転職サイトでは、転職のプロによる面接対策も受けられます。よくある質問に対する最適な答え方もアドバイスしてくれるので、面接が苦手な方には心強いです。

名古屋の薬剤師転職サイトの選び方

名古屋の薬剤師転職サイトを選ぶ際、いくつかのポイントがあります。そのポイントについて押さえておくと、転職にも役立ちます。それぞれのポイントについて説明していきます。

条件別で選ぶ

転職サイトを選ぶ際、どんな条件で選ぶかによって、見るサイトが変わってきます。それぞれについて説明していきます。

「高収入」の求人で選ぶ

高収入の求人サイトを探している場合は、年収600万円以上の求人が多くある薬剤師転職サイトを利用しましょう。高収入の求人で内定を獲得するには、コンサルタントの提案力も大きく関わってきます。提案力のあるサイトを選ぶようにしましょう。

「人間関係のいい」求人で選ぶ

人間関係のいい職場への転職を希望する場合、就職後の定着率がいい薬剤師転職サイトを選びましょう。人間関係のいい職場で働くには、訪問調査をしっかり行っているのが重要になってきます。

 

職場に関するささいな質問にも、詳しく答えられるコンサルタントがいる薬剤師転職サイトが望ましいです。

「残業のない」求人を選ぶ

残業のない職場で働きたい場合は、残業無し求人を多く取り扱っている薬剤師転職サイトを選びましょう。ただし、残業無しの求人でも、実際には残業をしている職場もあるので、訪問調査をしっかり行っている薬剤師転職サイトの方がいいです。

働く場所別で選ぶ

転職先をどこにするかで、選ぶ薬剤師転職サイトも変わってきます。各職場には、それぞれ異なった特徴がありますので押さえておきましょう。それぞれの職場について説明していきます。

「薬局」の求人が多いサイトを選ぶ

薬局で働きたい場合は、薬局の求人数と、職場環境や待遇などの質の高さとの両方が大事です。求人が多いだけでは、薬局の質が伴っていない場合もあるからです。

「ドラッグストア」の求人が多いサイトを選ぶ

ドラッグストアで働きたい場合も、薬局と同様、求人数と職場環境や待遇などの質の高さが重要です。ドラッグストアの求人で注意すべきは、OTC(一般医薬品)と調剤の割合が異なる点です。業務内容が詳細になっている薬剤師転職サイトを選ぶようにしましょう。

「病院」の求人が多いサイトを選ぶ

病院へ転職したい場合、病院の求人数の多さだけではなく、面接対策や書類添削をしっかりと行っているかどうかも重要になります。病院の求人は、他の職場と比べると、内定までが厳しめなので、手厚いサポートを受けられる薬剤師転職サイトを選びましょう。

 

医師の転職支援も行っている転職サイトは、病院とのつながりが強い傾向にあるため、積極的な利用をおすすめします。

「企業」の求人が多いサイトを選ぶ

企業の薬剤師求人は、求人数自体が少ないため、なるべく求人数が多い薬剤師転職サイトを選びましょう。求人数が少ないとはつまり、面接の難易度も高くなると考えられるので、コンサルタントのフォロー体制が充実している薬剤師転職サイトを利用しましょう。

 

病院求人のように、面接対策や書類添削があるのに加え、対面での面接練習や面接同行も対応している薬剤師転職サイトであれば心強いです。

転職の状況別で選ぶ

転職の状況によっても、選ぶ薬剤師転職サイトは変わってきます。どの点に着目すればいいのか、それぞれ説明していきます。

初めての転職

初めて転職する場合、求人数と質の高さの他に、担当コンサルタントのサポート体制はとても重要になってきます。優秀で丁寧なコンサルタントが多く、面接同行サービスもある薬剤師転職サイトであれば、安心して転職活動に取り組めます。

ブランクが空いた転職

ブランクのある状態で転職する場合は、ブランク可の求人が多い薬剤師転職サイトを選びましょう。ブランクありからの転職では、コンサルタントのサポート力も大事です。サポート力の高い薬剤師転職サイトであれば、心強いです。

主婦薬剤師

主婦薬剤師として働きたい場合は、主婦薬剤師OKの求人が多く、サポートも充実している薬剤師転職サイトを選びましょう。特に、小さい子供を抱えているママの場合は、理解のある職場であるのが必須となります。

 

求人内容とのミスマッチを防ぐためには、コンサルタントが直接職場に訪問しているのも重要になってきます。

スピード転職

なるべく早く転職を決めたい場合には、スピード転職に定評のある薬剤師転職サイトを選びましょう。早く転職先を決めるには、担当コンサルタントが、いかに早く対応してくれるかがポイントになってきます。

派遣で転職

派遣薬剤師として働く場合も、スピード転職と同様、コンサルタントがいかに早く対応できるかが重要になってきます。派遣求人を扱っていて、スピード転職にも適している薬剤師転職サイトを選びましょう。

 

薬剤師の派遣求人は、数が少ないうえに人気があるため、すぐに枠が埋まってしまいます。複数の薬剤師求人サイトを同時進行で利用し、いい求人を逃さないようにしましょう。

名古屋でおすすめの薬剤師転職サイト5選

名古屋の地域を取り扱っている薬剤師転職サイトは多くありますが、その中でも、サポート力があったり求人数が多くて人気があるなど、おすすめの転職サイトを5つ紹介します。

オーダーメイド求人を行っている

ファーマキャリアは、他とは違ったオーダーメイド求人を行っている薬剤師転職サイトです。希望に合わせた好条件な求人を、キャリアコンサルタントがつくりあげて提案してくれます。週休3日で働きたいなど、細かい希望条件のある方におすすめです。

 

ファーマキャリアでは、コンサルタントの教育を徹底しているため、ヒアリング力や交渉力は一流です。求人の紹介だけでなく、求職者の希望に沿うように条件交渉もしてくれます。

運営会社 エニーキャリア株式会社 対応地域 全国
料金 無料

スピード感のある転職

薬キャリの運営会社であるエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っているため、サポート力があり、薬剤師の転職ノウハウにも精通しています。求人件数は、常時40,000件と豊富にあります。

 

電話やメールのみで、最短即日最大10件の求人を紹介してくれて、登録から内定まで最短3日とスピード感があります。加えて、病院や医療施設などに強いコネクションがあるので、心強いです。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社 対応地域 全国
料金 無料

優秀なコンサルタントが多い

リクナビ薬剤師は、人材紹介最大手のリクルートが運営する、薬剤師を専門とした転職サイトです。サービスの規模も大きく、転職実績は数多くあります。ドラッグストアの求人や、600万円以上の高収入の求人も多くあります。

 

日本でもトップクラスの人材紹介会社であるリクルートが運営するため、転職のためのノウハウも豊富で、また優秀なコンサルタントも多くいます

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア 対応地域 全国
料金 無料

正社員の他に派遣社員も取り扱う

ファルマスタッフは、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職サイトです。調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスなので、調剤薬局への転職を検討している方にはおすすめの転職サイトです。

 

正社員の求人だけでなく、派遣社員の求人も取り扱っている点が特徴的です。転職支援の実績は20年以上にもおよび、転職を成功させるための蓄積されたノウハウを得られます。

運営会社 株式会社メディカルリソース 対応地域 全国
料金 無料

転職サポート力が優れている

マイナビ薬剤師は、転職業界で大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。マイナビグループの知名度を生かして、全国の求人情報を網羅しており、求人件数は60,000件近くあります。

 

転職サポート力は業界でもトップクラスで、応募者との面談にも力を入れています。相談にも親身になってくれるので、初めて転職活動を行う方でも安心して利用できます。

運営会社 株式会社マイナビ 対応地域 全国
料金 無料

名古屋でおすすめの薬剤師転職サイト比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 運営会社 対応地域 料金
アイテムID:8851890の画像

公式サイト

転職サポート力が優れている

株式会社マイナビ

全国

無料

アイテムID:8851903の画像

公式サイト

正社員の他に派遣社員も取り扱う

株式会社メディカルリソース

全国

無料

アイテムID:8851918の画像

公式サイト

優秀なコンサルタントが多い

株式会社リクルートメディカルキャリア

全国

無料

アイテムID:8852030の画像

公式サイト

スピード感のある転職

エムスリーキャリア株式会社

全国

無料

アイテムID:8852048の画像

公式サイト

オーダーメイド求人を行っている

エニーキャリア株式会社

全国

無料

まとめ

名古屋市の薬剤師求人については、薬剤師の数が全国的に見ても不足がちな一方、交通の利便性の良さから求人が多くありますが、好条件の求人には転職希望者が集中しやすい傾向にあります。ここで紹介した薬剤師転職サイトを参考に、自分に合った転職先を見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他