東京の薬剤師転職サイト人気おすすめ9選【2023年最新版】

記事ID38627のサムネイル画像
薬剤師は転職率が高く、今よりも条件のいい職場を選んだり、キャリアアップのために転職する人が増えています。東京で失敗のない転職を行うには、薬剤師転職サイトがおすすめです。今回は、東京の転職先の選び方や、おすすめの薬剤師転職サイトのランキングをご紹介します。

薬剤師の転職は本当に多いの?

医療従事者は転職が多いイメージですよね。薬剤師の全体の離職率は10%*ですが、実は離職率を細分化すると店長職9%に対し、パート薬剤師は21%**と開きがあります。未経験や高年齢でも転職できる場合もあり、薬剤師は転職しやすい職種ともいえます。

 

東京でも薬剤師の転職は活発に行われています。転職理由や転職先、どの転職サイトを使えばいいかなど、迷う点も多く存在します。今回は、そんなつまずきやすいポイントを踏まえて、特徴や選び方をわかりやすくご紹介します。

 

*平成30年雇用動向調査結果より

**メディカルマーケティングプロモーションリサーチ「薬局経営者・経営幹部アンケート」より

薬剤師の転職理由は主にこの4つ

職場の不満や収入アップなど、薬剤師が転職する理由はさまざまですが、重要なのはビジョンをしっかり展望しつつ転職に臨む点。転職は人生のターニングポイントです。後悔のない選択肢を選びましょう。

 

また、転職理由をハッキリと言語化するのも重要で、明確な的意識は転職時の面接の際にも求められます。自分の気持ちをいったんきちんと整理して、「本当に転職すべきか」を考えるのは大事です。代表的な「薬剤師の転職理由」を挙げてみましょう。

年収アップのため転職する

いちばん多い理由が収入の不満です。「仕事内容が収入と見合っていない」と考える人は多く、不満を抱えたまま働き続けるよりすぐ転職を決断したほうが精神衛生上もいいといえます。

 

転職は年収を上げるきっかけのひとつになります。薬剤師の年収は全国平均で約544万円です(厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」より)。

 

全職種の平均が約497万円なので高い水準といえ、転職によって収入を上げるのは十分可能です。管理薬剤師や薬局長、新店の立ち上げ経験も評価に影響します。また、かかりつけ薬剤師経験や在宅医療の経験も評価対象になる場合があります。

人間関係の悩みで転職する

薬剤師だけに限りませんが、仕事場の人間関係で悩んでしまう人は多く、仕事の能率が低下してさらに職場での立場が悪くなる悪循環にもなりかねません。近年では、人間関係は抽選購入式のカプセルトイに例え、「人間関係ガチャ」とも呼ばれます。それくらい、運任せな部分もあります。

 

自分の能力とは関係なく、人間関係によって不合理な状況を押し付けられ、虐げられている場合、転職を考えるのは決して悪い選択ではありません。

労働環境を変えるために転職する

人間関係の悩みに通ずるところもありますが、労働時間が長く休みが取れないなど、実態がブラックな職場の場合も転職を考える大きな理由になります。まず、最初に挙げられやすいのが「サービス残業」。当たり前になっている職場もあり、用心が必要です。

 

続いて、多いのが「イジメ」。どの職場でもあるとはいえ、職場の規模が小さいと人間関係の軋轢が生まれやすくなります。また、教育制度が整っていなかったり、有給を取りづらいなど、さまざまな理由で労働環境の良し悪しは変化します。

キャリアアップのため転職する

薬剤師の一般的なキャリアアップとしては、「一般薬剤師」から「管理薬剤師(薬局長)」に、そして「エリアマネージャー」の流れです。キャリアを積み管理職として働きたいと考えるなら、

 

また、キャリアアップには、「がん専門薬剤師」や「スポーツファーマシスト」など専門性を高めていく道もあります。薬剤師のキャリアをベースとして、さらなる夢にチャレンジする場合としての転職です。

薬剤師の主な転職先4つ

ここからは、具体的に薬剤師の転職先を見ていきましょう。主な4つの転職先です。一般的に見かける薬剤師のイメージはこの4つで、目指す人も多い転職先になります。同じ業種に転職する場合から、違う業種に転職する場合もありますが、どちらの場合も転職後のイメージをしっかり持っておくのが大事です。

調剤薬局は完全週休二日制が多い

病院やクリニックの近くにある門前薬局を始め、ドラッグストアに併設される調剤薬局や、街にある地域の薬局、在宅訪問が主となる調剤薬局など、多岐に渡ります。患者と直接触れてコミュニケーションし、薬の服用方法をしっかり教えたり、質問に答えます。

 

また、かかりつけ薬剤師としての役割も増えています。医療用医薬品を扱うので、スキルアップに直接繋がります。完全週休二日制や残業なしのクリーンな薬局も多く、働きやすい職場が多いといえます。

ドラッグストアはOTC医薬品の販売も行う

ドラッグストアでの勤務は、調剤を仕事としつつも、レジ業務、ポップや売り場作りなどを行います。ただ商品を並べるだけでなく、お客さんにきちんとわかりやすく説明し、商品アピールを行います。季節なども考慮に入れ消費行動などを計算しつつ、より売上を伸ばすために努力しなくてはいけません。

 

また、OTC医薬品の販売も行います。OTC医薬品とは、一般用医薬品の名称であり、薬剤師などのアドバイスを元に、一般の人が自分で選択して購入する薬です。症状を聞きつつ、しっかり適切な薬を選ぶ判断力が問われます。

病院は患者さんと身近に接せる

病院への転職は、幅広い薬の知識を得られます。薬局では取り扱わない薬も多く調剤するので、そのまま経験として積み重ねられます。患者が身近にいるので、病状の経過を見られます。やりがいやモチベーションの意味では、かなり有意義な職場です。

 

ただ、転職自体の難易度が高い部分は気をつけなくてはいけません。病院薬剤師は調剤薬局など他の転職に対して求人数が少なく、希望に合いづらい場合があります。業務内容も幅広いので、覚える仕事が多く判断や対応力を求められる仕事です。

 

緊急外来への対応など夜勤が体力負担になるので、不規則でハードな面があります。

製薬会社、企業はスキルが必要だが高収入

製薬会社の薬剤師は、高年収で知られます。従業員や医薬品の管理を行う「管理薬剤師」、病院や診療所に情報を提供する医薬情報担当者の「MR」、治験コーディネーターの「CRC」、品質を確認したりデータ解析を行う「品質管理・品質保証」、創薬研究部門である「研究開発」です。

 

社会貢献や自分の力を最大限活かす点ではこれ以上ない転職であり、魅力的な選択肢です。スキルアップのほか、福利厚生の面でも充実していて休暇も豊富です。専門性が高いのである程度スキルを積んでからの転職のほうが優位に臨めます。

薬剤師の転職サイトの選び方

薬剤師に転職するうえで、とても頼りになるのが転職サイトです。転職のプロである転職エージェントの力を借りればより広い視野で選べます。しかし、もちろんどの転職サイトでもいいわけではなく、選び方のコツが存在します。ポイント別にわけてご紹介します。

担当エージェントの質は重要

まず、「薬剤師業界のくわしさ」です。当たり前ですが情報はできるだけ最新の情報のほうがよく、それが有利な転職を進めるカギとなります。そして転職希望者のキャリアをきちんと考慮したうえでの助言の有無も大事です。

 

求人を紹介してくれるほか、応募書類の添削や面接対策も行ってくれます。また、給与面での条件交渉も行ってくれるので、ひとりで転職を決断するときよりも年収面の条件が良くなる場合があるのです。

 

アドバイザーとしての経験が浅いと、十分な交渉を行ってくれない場合や、転職に失敗する確率も上がります。合わないと思ったときは担当者の変更も重要です。

求人数は選択肢の幅そのもの

せっかく転職サイトを利用したのに、転職の選択肢が狭くては意味がありません。転職先が見つかったとしても、自分に合わない条件の場合もあります。「大手だから大丈夫」と思い込まず、しっかり求人数をチェックしましょう。

 

また、数が多ければ多いほどいいわけでもありません。むしろ、極端に多いところは条件を確認して下さい。質の悪い求人を多く掲載して水増しを行っている場合もあります。求人内容の確認はもちろん、職場の雰囲気や企業の目指す将来像などを見て検討してください。

非公開求人は条件がいいものが多い

非公開求人の割合が多いサイトは、転職希望者にとって狙い目です。公開すると応募者が殺到してしまう求人を非公開求人にする場合が多く、それだけ条件が良かったり理想の転職先である可能性も高くなります。また、事業戦略に直結していたり、効率を求めたりと、企業によって独自の理由もあります。

 

ただ、当然ですが非公開求人をどれだけサイトが保有していたしても、自分に紹介してもらえなくては意味がありません。経験やスキルによってはエージェントの紹介してもらえないうえに、求められる職務のハードルが高い場合もあります。

東京の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

ここからは、東京の薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選をご紹介していきます。求人数や、特徴などをまとめました。

自分の可能性を広げる転職を行える

27年もの歴史を誇る薬剤師転職サイトです。新着求人は毎日更新されており、見やすいトップページに設置してあります。スキルアップや子育て、ワークライフバランスを考えた働きやすい職場から未経験者まで、テーマ別に自分の求める転職先を見つけられるサイトです。

 

現場まで足を運んで薬局長から社長までヒアリングしてくれるコンサルタントが適切な相性を見極めてくれます。職種から雇用形態にいたるまで、可能性の幅を広げる選択肢を提案してくれます。履歴書などの作成から面接対策まで、フォローは万全です。

求人数 約36,000件 相談方法 対面、電話
特徴 登録者限定求人、無料個別相談会

ヒアリングから入職まで適切サポート

登録は3ステップで済み、わずか1分ほどで完了する手軽さが魅力のJobBuddy薬剤師。キャリアアドバイザーは採用情報に精通していて、求人ヒアリングや入職まで行っているので薬剤師の転職に必要なものがすべて集約されています。

 

しっかりビジョンを展望しつつ転職を行え、面談では具体的な要望を聞きつつ薬剤師にとって大事な次のステップをサポートしてくれます。ウェブ面談も可能ですが、直接会って相談できるため、些細な内容でも相談しやすい点も魅力です。

求人数 非公開 相談方法 対面、電話
特徴 面談、入職までワンストップ

60,000件以上の求人

求人保有数が多く、60,000件以上の求人を保有している業界最多級のサイトです。20年の歴史があり、何人もの薬剤師の転職や就職活動に助力して来ました。給与交渉や面接対策なども細やかなところまで配慮が行き届いています。

 

入職日の細かな調整も行ってくれるので、スケジュールが立てやすくなる部分も魅力的です。うまく合意に至らなかった場合でも、そこで打ち切るわけではなく、引き続いて転職情報を用意してくれます。アフターフォローの気配りもあり、電話やメールで簡単に相談を行えます。

求人数 約63,000件 相談方法 対面、電話
特徴 非公開求人、アフターフォロー

オーダーメイド求人で質の高い転職

オーダーメイド求人が特徴的なファーマキャリア。年収アップを目指す場合はもちろん、交渉力があり、好条件の転職をたぐり寄せられます。また、コンサルタントの育成にも力を入れており、優秀な人材揃いです。ヒアリング・交渉力など、コンサルタントの力がダイレクトに影響する部分で特に質の高さを感じられます。

 

コンサルタントが一度に担当できる薬剤師は限られており、集中してひとりひとりに対して向き合ってくれます。また、転職の際には退職手続きが大事ですが、もちろん退職の仕方に関しても細かなアドバイスをもらえます。引き止めにあった場合など、トラブルにも備えられます。

求人数 約22,000件 相談方法 対面、電話
特徴 オーダーメイド求人

高い交渉力

高い知名度と薬剤師転職で最大級の規模を誇るサイトです。キャリアアドバイザーとは直接面と向かって相談できるので、自分の求める転職条件をより明確に導き出せます。薬剤師専任のキャリアアドバイザーが、直接現場に担当者が向かい、ヒアリングを行ってくれます。鮮度が高く密度の濃い情報なので、自分ひとりで転職を考える場合とは大違いです。

 

また、交渉力そのものも高い技術を持っています。面接では直接尋ねにくい職場の雰囲気などの情報も手に入りやすく、働いてから一番気になるポイントをすべてカバーしています。アフターフォローに関しても満足度が高く、総合的なバランスがいいサイトです。

求人数 約56,000件 相談方法 対面、電話
特徴 面接同行・会員限定コンテンツ

定職率95.6%※の高水準

マッチング精度が高いお仕事ラボ。コンサルタントは薬剤師に特化しているので、レベルの高い転職サポートを行ってくれます。職場を逆指名してくれる場合もあり、積極性のあるサービスがウリです。利用満足度は9割と高く、実際に使われ評価されている転職サイトです。

 

転職後の定職率の高さも重要なポイントですが、95.6%の高水準※を誇っていて、面談時間を重視しています。また、転職後の不安も払拭でき、専任コンサルタントに悩みや疑問を相談できます。面談も可能なので、新天地で戸惑っているならサポートを受けましょう。

求人数 約30,000件 相談方法 対面、電話
特徴 専任のコンサルタントによる逆指名

※自社調べ「求職者への3ヶ月間定着確認」2018年2月現在

薬剤師登録者数が多い

エムスリーキャリアが運営している薬キャリエージェントは、薬剤師登録者数がNo.1(2015年3月自社調べ)で、高い満足度も誇る人気転職サイトです。内定をもらっても辞退が可能で、強制されず、自分が最も望む転職を行えます。

 

また、未経験やブランクありなど、個々の事情にも配慮して条件を汲んだうえで適切な転職先を見つけてくれます。情報管理は厳重に行われており、個人情報は適切に守られています。在職中からでも転職活動を始められるので、スムーズに転職し人生プランを建てられます。

求人数 約28,000件 相談方法 対面、電話
特徴 非公開求人

業界の動向にくわしい

転職サポート歴は21年のファルマスタッフ。業界動向を意識して、変化に適応した転職サポートを実現しています。直接個別相談し、丁寧に向き合って理想の職場を見つけ出します。全国に12拠点を構えており、コンサルタントが足を運んで地道に情報を集めてくれます。もちろん相談だけでも可能です。

 

転職先に直には聞きにくい内容でも、代わりにコンサルタントが聞いてくれるのが便利です。条件交渉から、細かな調整、アフターフォローまで充実しています。また、大手薬局チェーンや調剤会社とグループ企業であるため、教育ノウハウをそのまま活かしスキルアップに役立てられます。

求人数 約40,000件 相談方法 対面、電話
特徴 スマホアプリ、WEB転職相談会

最短3日での転職

確かな実績があり、支援実績トップクラスのアドバイザーが転職サポートしてくれるリクナビ薬剤師。求人件数は約35,000件で、最大級の規模を誇る転職サイトです。専任のアドバイザーがつき、最短3日での転職を実現してくれます。

 

職務経歴書の作成の手伝いから面接の調整など、面倒なものを代わりに行ってくれるので、何かと慌ただしい転職前後をプロの手でスムーズに行えます。在職中でも登録ができ、個人情報も厳守しているので周囲に知られずに転職活動を続けられます。

求人数 約35,000件 相談方法 対面、電話
特徴 非公開求人、最短3日

東京の薬剤師の転職サイトの人気おすすめ9選

商品 画像 商品リンク 特徴 求人数 相談方法 特徴
アイテムID:8873417の画像

公式サイトで詳細を見る

最短3日での転職

約35,000件

対面、電話

非公開求人、最短3日

アイテムID:8873416の画像

公式サイトで詳細を見る

業界の動向にくわしい

約40,000件

対面、電話

スマホアプリ、WEB転職相談会

アイテムID:8873415の画像

公式サイトで詳細を見る

薬剤師登録者数が多い

約28,000件

対面、電話

非公開求人

アイテムID:8873414の画像

公式サイトで詳細を見る

定職率95.6%※の高水準

約30,000件

対面、電話

専任のコンサルタントによる逆指名

アイテムID:8873413の画像

公式サイトで詳細を見る

高い交渉力

約56,000件

対面、電話

面接同行・会員限定コンテンツ

アイテムID:8873412の画像

公式サイトで詳細を見る

オーダーメイド求人で質の高い転職

約22,000件

対面、電話

オーダーメイド求人

アイテムID:8873411の画像

公式サイトで詳細を見る

60,000件以上の求人

約63,000件

対面、電話

非公開求人、アフターフォロー

アイテムID:8873410の画像

公式サイトで詳細を見る

ヒアリングから入職まで適切サポート

非公開

対面、電話

面談、入職までワンストップ

アイテムID:8873409の画像

公式サイトで詳細を見る

自分の可能性を広げる転職を行える

約36,000件

対面、電話

登録者限定求人、無料個別相談会

薬剤師って誰でも目指せるの?

薬剤師は未経験でも大丈夫なのか、何歳まで転職できるのか、第二新卒でもOKかは気になるところです。幅広い人材を受け入れている職種とはいえ、それぞれに条件があります。くわしく見ていきましょう。

未経験でも転職できる?

薬剤師の求人には「未経験歓迎」や「未経験OK」のような言葉がよく見受けられます。職種にもよりますが、一般的には未経験でも薬剤師の転職は可能です。ただ、未経験転職は転職する職場によっても難易度が異なってきます。

 

ドラッグストアや調剤薬局は転職しやすく、中途採用者への教育体制もしっかり整っています。医療や福祉関係者は転職者が多く、転職が受け入れられやすいとも言えます。

 

もちろん理由もなく何度も転職している場合はマイナス評価をされやすくなりますが、目標をきちんと持って働こうとする人には道が開けやすい世界です。

年齢制限はある?何歳まで?

薬剤師の転職の年齢の目安は、職場によっても異なります。例えば、調剤薬局やドラッグストアは年齢が高い方でも転職できます。ただ、大手の調剤薬局の場合新卒採用の傾向があるので周囲して下さい。高齢の方は中小や個人が狙い目です。

 

病院も、規模によって異なります。大学病院や総合病院はほぼ新卒採用するので厳しく、中途採用でも30代後半~40代前半までです。中小規模の病院やリハビリを行う慢性期病院の場合、薬剤師の数が足りない場合が多く、需要が存在する場合があります。

第二新卒は厳しい?

結論から言うと、第二新卒の薬剤師の転職は可能です。卒業後3年以内の方を第二新卒と言いますが、大手製薬会社を狙うなど、条件を絞っていなければ普通に転職できます。第二新卒のアピールポイントは社会経験があると、この点は新卒よりもむしろ優れた点といえます。

 

社会人としての常識を身につけている人材なので、現場には教育の手間がかかりづらいメリットがあります。ただ、調剤未経験の場合は、新卒同様の扱いになるので気をつけてください。即戦力を求められるので、力にならなければ当然評価は低くなります。

 

若い人材のため、長期活躍と将来性も求めらます。そこが中途採用とは違う部分で、受け入れられやすい理由でもあります。

まとめ

薬剤師の転職は、転職サイトを活用すると効率よく行えます。薬剤師の転職事情を知り尽くしたプロのエージェントなら経験も豊富で、理想の職場に出会える確率そのものもアップできます。求職者と企業を繋げるキューピッドが転職サイトの存在です。

 

ひとりだけだと迷ってしまいがちな転職でも、味方がいれば心理的な面でも有利に立てます。困ったときにはアドバイスを聞けるのも利点です。収入面や労働環境など、妥協できない部分の条件交渉をサポートしてもらい、薬剤師の転職を成功させましょう!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他