一般教育訓練給付制度対象コースのある英会話スクールの人気おすすめランキング11選

記事ID36863のサムネイル画像
一般教育訓練給付制度は給付金を受け取ってお得に英会話スクールにも通える制度。会社員なら活用しない手はありませんね。そこで、今回は一般教育訓練給付制度対象コースのある人気おすすめの英会話スクールをランキング形式でご紹介します。あわせて、一般教育訓練給付制度の内容なども解説しています。

英語力の強化に一般教育訓練給付制度を有効活用しよう

英語力を磨きたい社会人の方は、一般教育訓練給付制度を有効活用して英会話スクールに通いましょう。一般教育訓練給付制度は、資格やスキルの取得のために専門学校や各種スクールに通うと受講料の20%まで、最大10万円の給付金を受給できるお得な制度。

 

最大10万円受け取れると、英会話スクールの高額な費用の負担もずいぶん軽くなります。英語力がアップすると転職や昇進にも有利に働き、好条件の職場に転職できたり、収入アップにつながったり、やりがいのある仕事に出会えたりするかもしれません。

 

しかし、一般教育訓練給付制度を利用できる英会話スクールは数多くどこを選べばいいものか。そこで本記事では、一般教育訓練給付制度対象コースのあるおすすめの英会話スクールをランキング形式でご紹介します。一般教育訓練給付制度の詳細や英会話スクールの情報など、有益な情報もあわせてお届けします。

一般教育訓練給付制度とは?

一般教育訓練給付制度は、働いている人の能力向上・スキル取得を支援して、雇用の安定と促進を図るため国の作った制度です。受給条件のある方が、厚生労働大臣指定の一般教育訓練給付制度の対象コースを受講し修了後、ハローワークで申請を行うと給付金が支払われます

 

給付金は受講費用の最大20%まで。金額では最大10万円までです。英会話スクールの開講しているコースにももちろん一般教育訓練給付制度の対象コースがあり、費用をおさえて語学力を磨けるようになっています。

一般教育訓練給付制度が適用される条件は?

一般教育訓練給付制度の対象者は以下のとおりです。

 

  1. 初めて制度を利用する人:雇用保険への加入期間が通算1年以上
  2. 2回目以降制度を利用する人:雇用保険加入期間が通算3年以上で、前回の一般教育訓練給付金制度の支給決定日翌日から3年以上

 

この条件を満たしている方は、厚生労働大臣指定の一般教育訓練給付制度対象コースを受講し修了後、給付金を受給できます。

転職していても利用できる

一般教育訓練給付制度は転職していても利用できます。転職をしたとしても、

 

  • 雇用保険の空白期間が1年以内、前職と現職を合わせた雇用保険加入期間が3年以上

 

の方なら、一般教育訓練給付制度を利用して英会話スクールに通えます。

離職者でもOK

離職中にスキルを磨きたい方にも、一般教育訓練給付制度は非常に有用です。離職者の場合も

 

  • 雇用保険加入期間が3年以上、離職日から1年以内

 

なら、一般教育訓練給付制度を利用できます。一般教育訓練給付制度を利用すると、離職中でも英語力を磨いてより好条件の職場に転職することも不可能ではありません。

英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースの特徴

英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースは、マンツーマンと少人数制、グループ制のレッスンがあります総費用は3か月間英会話スクールに通った場合、受講料と入学金、テキスト代などを含めて30万円~60万円ほどになります

 

ちなみに、一般教育訓練給付制度の給付金対象は受講料のみで、入学金やテキスト代は対象外です。英会話スクールに通うとなると費用はかなり高額になりますが、一般教育訓練給付制度を利用すると負担も軽くできますね。

受講期間は3か月以上

一般的に、英会話スクールが提供する一般教育訓練給付制度対象コースの受講期間は3か月以上です。一般教育訓練給付制度の訓練期間は、厚生労働省の「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定基準」によると

 

  • 公的職業資格に関する試験の受験資格を取得できる課程と公的職業資格に関する試験の一部免除となる課程は3年以内
  • 通学制:訓練期間が1か月以上1年以内であり、かつ、受講時間が50時間以上であること
  • 通信制:訓練期間が3か月以上1年以内であること

 

と定められています。しかし、現実には英語コーチングスクールは最短3か月、英会話スクールは6か月から1年の受講期間で生徒を募集しています。1か月から2か月の受講期間で給付金を受け取れるところはありません

通学制と通信制を選べる

英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースは通学制と通信制の2種類。一般教育訓練給付制度対象コースに通信制があるのは、うれしいポイントです。

 

社会人になると仕事が忙しく時間が取れない方も多いですが、オンライン講座なら英会話スクールに通う時間を英語の勉強に充てられますね。

対象コースの種類は?TOEIC®L&Rテスト対策のコースはあるの?

英会話スクールの提供する一般教育訓練給付制度対象コースには、英会話・ビジネス英語などの会話に重点を置いたものと、TOEIC®L&Rテスト、TOEFLなどの英語能力試験に向けたコースがあります

 

TOEIC®L&Rテストのスコアアップを目指している方にも、英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースがおすすめです。一般教育訓練給付制度を利用すると、費用をおさえてTOEICテストに向けた準備ができます。

 

TOEIC®L&Rテストのスコアが700点以上、800点以上を中途採用や昇進の基準としている企業も増えてきていますが、一般教育訓練給付制度を英語のスキルアップのために有効活用してみましょう。

一般教育訓練給付制度で英会話スクールを選ぶときの注意点

一般教育訓練給付制度は非常に有用な制度なのですが、利用にあたっての注意点もあります。ここでは、一般教育訓練給付制度を利用するときの注意点を3つ挙げておきます

スクールごとに修了資格が異なる

一般教育訓練給付制度の給付金を受け取るためには、修了資格を満たしていなくてはいけません。しかし、英会話スクールごとに一般教育訓練給付制度対象コースの修了終了資格は異なるため、この点には注意が必要です。

 

受講コースの修了資格は、一般的にコース期間が終了した際の出席率が80%以上。さらに、修了前にテストを受ける必要があるところや終了前のテストで正答率70%以上、TOEICの指定スコア以上を獲得することなど、修了条件には違いがあります。

 

修了資格を満たしていないと給付金は受け取れないため、英会話スクールを選ぶときに条件をしっかり確認してください

対象コースが定期的に変わる

英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースは、年ごとに変更がある点にも注意が必要です。前年には一般教育訓練給付制度対象コースとして生徒を募集していたとしても、翌年にはその対象コースが廃止されてしまっているということもあります。

 

厚生労働省のホームページには記載があっても、一般教育訓練給付制度対象講座はすでに廃止されているといったことも。一般教育訓練給付制度を利用する際は、念のために英会話スクールの最新情報をチェックしておきましょう

対象スクールも入れ替わる

一般教育訓練給付制度の対象英会話スクールも定期的に替わります。以前は一般教育訓練給付制度対象コースを設けて生徒を募集していた英会話スクールが、対象スクールから外れていることもあります。

 

例えば、一般教育訓練給付制度の対象スクールであったシェーン英会話やEnglish Villageは、現在対象スクールではありません。対象スクールも対象コースの場合と同様に、英会話スクールの公式サイトで最新情報を入手するようにしましょう

一般教育訓練給付制度対象コースのある英会話スクールの人気おすすめランキング11選

英語能力試験を受けたい方におすすめ

Liberty English Academyは英語能力試験を受けたい方、英語能力試験のスコアアップを狙いたい方におすすめですTOEIC、TOEFL、IELTSなどのテストで高得点獲得者を多数輩出しています。

 

生徒が英語能力試験で好成績を収めているのは、独自の学習メソッド グラマーテーブルによるところが大きいです。Liberty English Academyは、グラマーテーブルで英語の基盤を一から作りあげる指導をしています

 

一般教育訓練給付制度対象コースは、TOEFLコース・IELTSコース・TOEICコース3種類。転職や昇進のために英語のスキルアップを考えている方は、こちらのコースを受講してみてはいかがでしょう。

対象コース TOEFLコースベーシックプラン(48回)・ IELTSコースベーシックプラン(48回)・ TOEICコースベーシックプラン(48回) 受講料 各コースともに528,000円
その他費用 入学金55,000円 スクール校舎 東京都港区に1校
オンライン受講

一般教育訓練給付制度対象コースが豊富

日米英語学院は、一般教育訓練給付制度対象コースが豊富な点が特徴です。幅広い対象コースから学習期間・目的に合わせてコースを選択し、英語学習に励めます。

 

レッスンはグループレッスンとマンツーマンレッスンの2種類。英会話・ビジネス英会話・英検対策・TOEICテスト対策などのジャンルがあり、学習期間によりさらにコースに分かれています。

 

日米英語学院は、適材適所に講師を配置してレッスンの質も高めています。原則資格取得クラスは日本人講師、会話のクラスは外国人講師がレッスンを担当。コーディネーターも生徒が無理なく学習を継続できるように親身にサポートしていますよ。

対象コース 英会話コースA(6ヶ月)・ ビジネス英会話コースA(6ヶ月)・ TOEIC®テスト650点コース(12ヶ月) など、全14コース 受講料 英会話コースA(6ヶ月)総費用394,000円・ビジネス英会話コースA(6ヶ月)総費用394,000円・TOEIC®テスト650点コース(12ヶ月)総費用355,300円
その他費用 受講料は入学金・教材費を含んだ金額を掲載 スクール校舎 東京・神奈川・大阪・京都・兵庫
オンライン受講 -

実戦的な英語トレーニング

ベルリッツは、学ぶ言語のみでレッスンを行う実戦的なトレーニングをしている語学学校。英語のプログラムなら英語だけレッスンは進行します。学習プログラムは英語を使いたい状況やニーズなど、目的に合わせて作成。

 

レッスンは実際のシチュエーションを想定し、話す・聴くに焦点をあてたトレーニングで英語力を向上させていきます。実際の状況を想定して、生きた英語を使いトレーニングすることで堂々と話せる会話力を身に付けられるように指導しています

 

ベルリッツは、時間をかけてじっくり英語を学びたい方、仕事が忙しく通信制の英会話スクールを探している方にもおすすめです。一般教育訓練給付制度対象コースは10ヵ月と12ヵ月のコースがあり、通信制のレッスンも選べます。

対象コース ビジネス英語 マンツーマンコース・ビジネス英語 少人数レッスンコース 受講料 ビジネス英語 マンツーマンコース:1レッスン40分通常 約6,000円台~・ ビジネス英語 少人数レッスンコース:1レッスン40分通常 約4,000円台
その他費用 入学金33,000円・教材費10,000円~ スクール校舎 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・ 静岡・大阪・京都・兵庫・広島・ 岡山・福岡
オンライン受講

初心者の方も安心して通える

イーオン英会話は、初心者の方も安心して通える英会話スクールです。イーオンオリジナルのL&Aメソッドで効果的に学習指導。文法やルールを学ぶLearningと英語を話すAcquisitionで効率よく英語を身に付けられます。

 

レッスンは細かくレベル分けされており、英語のレベルに合わせて講義を受けられますよ。レッスンは「ゆっくりなスピードなら挨拶や単語で対応ができるレベル」から「交渉や堂々と意見を述べることができるレベル」まで11のレベルに分類されています。

 

ネイティブの自然な言い回しやニュアンスを教えられる外国人教師と、日本人が英語学習でつまずくポイントを実体験で知っている日本人教師がバランスよく指導している点も特徴です。

対象コース 英会話スキルUPコース・英会話ビジネスコース ・TOEIC L&Rテスト10ヶ月対策コースなど12コース 受講料 1か月あたり12,375円~(週1回:45回/1年の場合)
その他費用 入学金32,4000円・システム管理費月額1,650円・教材費41,148円~ スクール校舎 全国対応251校
オンライン受講

短期集中して英語力向上

ENGLISH COMPANYは、短期集中して英語力向上を目指したい方におすすめの英語コーチングサービスです。第二言語習得研究をベースに「基本文法・基本語彙学習」の学習フェーズ0から「複雑に話し、書くことができる」学習フェーズ8まで学習フェーズを設定。

 

学習フェーズに合わせた最適な英語学習のレッスンを提供しています。指導にあたるのは、短期間で英語を身に付ける方法を熟知したプロのパーソナルトレーナー。

 

レッスンや定期的なテストで課題を洗い出して最適なトレーニングメニューを作成し、生徒が効率的に英語力向上できるように指導しています。

対象コース パーソナルトレーニングコース 90日間集中プログラム (週2回トレーニング) 受講料 544,500円
その他費用 入会金55,000円 別途教材費が必要 スクール校舎 東京・大阪・京都・兵庫
オンライン受講

主体性を引き出すELICITメソッドで指導

ECC外語学院はイード・アワード2020 総合満足度第No1を受賞した生徒から高く支持されている英会話スクール。ECC独自の主体性を引き出すELICITメソッドで学習指導をしています。

 

レッスンは、ELICITメソッドで自己主張をしっかりするコミュニケーションの訓練を行い、ビジネスシーンにも役立つ英語スキルを身に付けていきます。バイリンガル講師と外国人講師が協力して指導をしている点も特徴です。

 

バイリンガル講師は英語習得までの学習経験をベースに初心者にもわかりやすく指導外国人講師はネイティブの特性を活かしてレッスンを行います。ニュアンス、表現などネイティブスピーカーならではの英語のエッセンスを教えています。

対象コース 通学制英語コース:英会話コース・ビジネスイングリッシュ英会話など、19コース 通信制英語コース:ECC オンラインビジネス英会話(ネイティブ講師/5ヶ月コース)・ ECC オンライン日常英会話 (ネイティブ講師/3ヶ月コース) 受講料 通学制:274,960円~ 通信制:ECC オンラインビジネス英会話 (ネイティブ講師/5ヶ月コース)79,200円・ ECC オンライン日常英会話 (ネイティブ講師/3ヶ月コース)47,520円
その他費用 入学金22,000円 ・テキスト代 コースにより異なる スクール校舎 首都圏・関東エリア/ 東海エリア/関西・中国・九州エリア に168校
オンライン受講

マンツーマン指導で質の高いレッスンを提供

Gabaマンツーマン英会話はマンツーマン指導で質の高いレッスンを提供している英会話スクール。使える英語を指導している点が特徴です。例えば、ビジネスシーンで使える英語を学びたいなら、ミーティング/オンライン会議・交渉などのシチュエーションを設定。

 

会話相手との関係性や状況に応じて適切な表現を選択し、自然な会話がでいるように指導しています。個人の目的に合わせた実戦的なプログラムを作成し、効率よく英語を学習できる点もポイントです。

 

レッスンカルテで学習の進捗具合を見てレッスンを改善し、英語上達をサポートしています。24時間ネットで予約・キャンセルが可能。オンラインでも講座を受けられるようになっています。

対象コース 一般教育訓練給付制度対象プラン 受講料 561,000円
その他費用 入学金33,000円・テキスト代も必要 スクール校舎 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・ 大阪・京都・兵庫
オンライン受講

マンツーマンとコーチングで生徒をフルサポート

ワンナップ英会話は英会話力を磨きたい方におすすめです。レッスンは長めの1コマ50分間。ネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンで、濃密な英語のスピーキング学習を提供しています

 

濃密なマンツーマンレッスンとともに生徒をフルサポートしている点も特徴です。TOEIC900点を取得したアドバイザーが生徒をフォロー。悩みに対して生徒の目線から適切なアドバイスを受けられます。

 

コーチングプログラムでは、専任のコーチ2名が英語学習の習慣化に向けて手厚いサポート。ワンナップ英会話は、マンツーマンの英会話スクールの中では料金が比較的安くコスパにも優れています

対象コース レギュラーマンツーマン70回コース12ヶ月・レギュラーコーチングプログラム3ヶ月・ハイブリッドコーチングプログラム50回コース10ヶ月 受講料 レギュラーマンツーマン70回コース12ヶ月461,538円・レギュラーコーチングプログラム3ヶ月297,000円・ハイブリッドコーチングプログラム50回コース10ヶ月618,750円
その他費用 入会金33,000円・教材費8,800円・ カリキュラム作成費5,500円 スクール校舎 新宿・品川・銀座・恵比寿・ 日本橋八重洲・横浜
オンライン受講

短期間で英会話力アップを目指せる

ライザップイングリッシュは、短期間で英語を話せるようになりたい方におすすめの英会話スクール。英会話コースでは、アウトプットを重視したトレーニングを行い英語を英語として理解できる英語脳に脳を切り替え、短期間の英語力アップを目指します。

 

トレーニングは6STEPS・クイックレスポンス・実践スピーキングの3種類。6stepはディクテーション・スラッシュリーディング・オーバーラッピング・意味音読・シャドーイング・リピーティングを行います。

 

さらに、スピーディーに英文を組み立て発話するクイックレスポンスと、スピーキングネイティブ講師と英会話を行う実践スピーキングをあわせて行い英語脳を強化。専属トレーナーが終始担当し、手厚いサポートが受けられる点も特徴です。

対象コース TOEIC®スコアアップコース(24回)・ TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(32回) 英会話コース(24回)・英会話コース(32回) 受講料 全24回コース税込 580,800円・全32回コース税込 723,800円
その他費用 入学金55,000円 スクール校舎 銀座・池袋・新宿・渋谷・新橋
オンライン受講

ライフスタイルに合わせて受講スタイルが選べる

【オーダーメイドスタイルの英会話スクール】

ミライズは「英語を教えるプロ講師」「日本人の英語学習トレーナー」が在籍するオーダーメイドスタイルの英会話スクールです。トレーナー満足度95%*、レッスン満足度94%*、サポート満足度97%*と高い評価を得ています。

 

【実践で使える英語力を向上させる】

ミライズ英会話では、受講スタイルを選べる「通学型」「オンライン型」で外国人講師とのレッスンに加え、英語学習トレーナーのコーチングを組み合わせて「実践で使える英語力」を向上させます。ライフスタイルに合わせて受講スタイルが選べるのも嬉しいポイントです。

 

【総受講費用の20%(最大10万円)が支給される】

ミライズでは総受講費用の20%(最大10万円)が支給される「一般教育訓練給付制度対象プラン」があります。無料カウンセリングでは、プロ講師と50分間のマンツーマンレッスンがついているので、迷っている方はお得なこの機会にぜひ、無料カウンセリングを受けてみてはいかがですか?

 

 

無料カウンセリングを申し込む

公式サイトはこちら

対象コース ビジネス英語コース 受講料 12ヶ月356,400円(税込)
その他費用 教科書代(5,000円)と事務手数料 スクール校舎 渋谷・新宿・八重洲・横浜
オンライン受講

短期集中で英語力向上

プログリットの受講生は94%がビジネスパーソン。短期集中で英語力の向上を目指す社会人に人気の英会話スクールです。専属コンサルトの手厚いサポートと個人に合わせた英語コーチングを提供している点が特徴です。

 

専属のコンサルタントが担当に付き、生徒の能力に合わせた教材を選びカリキュラムを作成し提案。教材は400種類の中から最適なものを厳選。カリキュラムは、英語力アップに向けて独自理論 英会話の5ステップに基づいた専用のカリキュラムです

 

専属のコンサルタントは英語力向上の目標に向けて伴走してくれますよ。専用の学習アプリも便利です。英語の添削を受けられたり、コンサルタントとチャットができたり、充実した機能が実装されています。

対象コース ビジネス英会話コース(3ヶ月、6ヶ月)・TOEIC L&Rコース(3ヶ月、6ヶ月) 受講料 ビジネス英会話コース 3ヶ月544,500円、6ヶ月1,069,200円 / TOEIC L&Rコース 3ヶ月544,500円、6ヶ月1,069,200円)
その他費用 入学金55,000円 スクール校舎 東京・神奈川・愛知・大阪
オンライン受講

一般教育訓練給付制度対象コースのあるおすすめ英会話スクールの比較一覧

商品 画像 商品リンク 特徴 対象コース 受講料 その他費用 スクール校舎 オンライン受講
アイテムID:8600467の画像

公式サイト

短期集中で英語力向上

ビジネス英会話コース(3ヶ月、6ヶ月)・TOEIC L&Rコース(3ヶ月、6ヶ月)

ビジネス英会話コース 3ヶ月544,500円、6ヶ月1,069,200円 / TOEIC L&Rコース 3ヶ月544,500円、6ヶ月1,069,200円)

入学金55,000円

東京・神奈川・愛知・大阪

アイテムID:9483412の画像

公式サイト

ライフスタイルに合わせて受講スタイルが選べる

ビジネス英語コース

12ヶ月356,400円(税込)

教科書代(5,000円)と事務手数料

渋谷・新宿・八重洲・横浜

アイテムID:8600476の画像

公式サイト

短期間で英会話力アップを目指せる

TOEIC®スコアアップコース(24回)・ TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(32回) 英会話コース(24回)・英会話コース(32回)

全24回コース税込 580,800円・全32回コース税込 723,800円

入学金55,000円

銀座・池袋・新宿・渋谷・新橋

アイテムID:8600470の画像

公式サイト

マンツーマンとコーチングで生徒をフルサポート

レギュラーマンツーマン70回コース12ヶ月・レギュラーコーチングプログラム3ヶ月・ハイブリッドコーチングプログラム50回コース10ヶ月

レギュラーマンツーマン70回コース12ヶ月461,538円・レギュラーコーチングプログラム3ヶ月297,000円・ハイブリッドコーチングプログラム50回コース10ヶ月618,750円

入会金33,000円・教材費8,800円・ カリキュラム作成費5,500円

新宿・品川・銀座・恵比寿・ 日本橋八重洲・横浜

アイテムID:8600472の画像

公式サイト

マンツーマン指導で質の高いレッスンを提供

一般教育訓練給付制度対象プラン

561,000円

入学金33,000円・テキスト代も必要

東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・ 大阪・京都・兵庫

アイテムID:8600471の画像

公式サイト

主体性を引き出すELICITメソッドで指導

通学制英語コース:英会話コース・ビジネスイングリッシュ英会話など、19コース 通信制英語コース:ECC オンラインビジネス英会話(ネイティブ講師/5ヶ月コース)・ ECC オンライン日常英会話 (ネイティブ講師/3ヶ月コース)

通学制:274,960円~ 通信制:ECC オンラインビジネス英会話 (ネイティブ講師/5ヶ月コース)79,200円・ ECC オンライン日常英会話 (ネイティブ講師/3ヶ月コース)47,520円

入学金22,000円 ・テキスト代 コースにより異なる

首都圏・関東エリア/ 東海エリア/関西・中国・九州エリア に168校

アイテムID:8600473の画像

公式サイト

短期集中して英語力向上

パーソナルトレーニングコース 90日間集中プログラム (週2回トレーニング)

544,500円

入会金55,000円 別途教材費が必要

東京・大阪・京都・兵庫

アイテムID:8600474の画像

公式サイト

初心者の方も安心して通える

英会話スキルUPコース・英会話ビジネスコース ・TOEIC L&Rテスト10ヶ月対策コースなど12コース

1か月あたり12,375円~(週1回:45回/1年の場合)

入学金32,4000円・システム管理費月額1,650円・教材費41,148円~

全国対応251校

アイテムID:8600475の画像

公式サイト

実戦的な英語トレーニング

ビジネス英語 マンツーマンコース・ビジネス英語 少人数レッスンコース

ビジネス英語 マンツーマンコース:1レッスン40分通常 約6,000円台~・ ビジネス英語 少人数レッスンコース:1レッスン40分通常 約4,000円台

入学金33,000円・教材費10,000円~

東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・ 静岡・大阪・京都・兵庫・広島・ 岡山・福岡

アイテムID:8600477の画像

公式サイト

一般教育訓練給付制度対象コースが豊富

英会話コースA(6ヶ月)・ ビジネス英会話コースA(6ヶ月)・ TOEIC®テスト650点コース(12ヶ月) など、全14コース

英会話コースA(6ヶ月)総費用394,000円・ビジネス英会話コースA(6ヶ月)総費用394,000円・TOEIC®テスト650点コース(12ヶ月)総費用355,300円

受講料は入学金・教材費を含んだ金額を掲載

東京・神奈川・大阪・京都・兵庫

-

アイテムID:8600478の画像

公式サイト

英語能力試験を受けたい方におすすめ

TOEFLコースベーシックプラン(48回)・ IELTSコースベーシックプラン(48回)・ TOEICコースベーシックプラン(48回)

各コースともに528,000円

入学金55,000円

東京都港区に1校

一般教育訓練給付制度の申請方法

英会話スクールが提供する一般教育訓練給付制度対象コースの受講から給付金申請までの流れをここではまとめています。一般教育訓練給付制度の給付金をしっかり受け取るために、申請方法を把握しておきましょう。

自分が一般教育訓練給付制度受給資格者か確認する

上述した

  1. 初めて制度を利用する人:雇用保険への加入期間が通算1年以上
  2. 2回目以降制度を利用する人:雇用保険加入期間が通算3年以上で、前回の一般教育訓練給付制度の支給決定日翌日から3年以上
  3. 雇用保険の空白期間が1年以内、前職と現職をあわせて雇用保険加入期間が合計して3年以上
  4. 雇用保険加入期間が3年以上、離職日から1年以内

 

の条件を自分が満たしているか確認しましょう。転職をされている方など、雇用保険加入期間の記憶があいまいな方はハローワークで照会してみてください。照会は直接ハローワークで教えてもらうか郵送を選べます。

英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースを申し込み支払いをする

給付金受給資格があるのを確認できたら、英会話スクールの一般教育訓練給付制度対象コースに申し込みましょうそして、受講するコースの支払いを済ませます。英会話スクールのレッスンの受講料支払い時に給付金の支給はなく、コース修了後に給付金を受け取ることになります。

 

支払いのときは領収書は必ず保管しておいてください。領収書は給付金の受給申請をするときに必要になります。

対象コースの修了資格を満たす

対象コースを受講して修了資格を満たしてください。英会話スクールにより一般教育訓練給付制度対象コースの修了資格の条件は異なります。

 

  • 一般的に出席率は80%以上
  • 修了前のテストを受ける
  • 修了前のテストの正答率70%以上
  • TOEICのテストを受ける
  • TOEICのテストで及第点をクリア

 

など、各スクールで修了資格は定められています。

対象コース受講終了から1カ月以内にハローワークに給付金を申請

一般教育訓練給付制度の給付金申請は、英会話スクールが提供する対象コースの全講義終了後、1カ月以内に所轄のハローワークで行います。このときに必要な書類は

 

  • 教育訓練給付金支給申請書(英会話スクール発行)
  • 教育訓練終了証明書(英会話スクール発行)
  • 領収書本人・住所確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民票の写し、雇用保険受給資格者証、国民健康保険被保険者証、印鑑証明書のいずれか)
  • マイナンバー確認書類
  • 金融機関の通帳・カード雇用保険被保険者証

 

です。教育訓練給付金支給申請書と教育訓練終了証明書は英会話スクールが発行してくれます。給付金の申請には1か月以内の期限があるため、遅れないように気をつけてください。

給付金を受け取る

申請が完了すると指定の口座に給付金が振り込まれます。英会話スクールに支払った受講料の20%まで、最大10万円までの入金があります。

まとめ

今回は、一般教育訓練給付制度で利用できるおすすめの英会話スクールをランキング形式でご紹介しました。英会話コース・ビジネス英語コース・TOEICテスト対策コースなど、バラエティに富んだプログラムの中から、目的に合ったコースを選んで英語スキルをアップさせましょう

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

マンツーマンの英会話スクール人気おすすめランキング11選

マンツーマンの英会話スクール人気おすすめランキング11選

教室・スクール・習い事
初心者向けのオンライン英会話スクール人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

初心者向けのオンライン英会話スクール人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

サービス
ビジネス英会話スクール人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

ビジネス英会話スクール人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

サービス
プログラミングスクールのおすすめ10選【失敗しにくいスクールの選び方を解説】

プログラミングスクールのおすすめ10選【失敗しにくいスクールの選び方を解説】

教室・スクール・習い事
【2023年最新版】初心者におすすめの人気英会話教室11選

【2023年最新版】初心者におすすめの人気英会話教室11選

その他
英会話本の人気おすすめランキング20選【英語が話せるようになる!】

英会話本の人気おすすめランキング20選【英語が話せるようになる!】

本・雑誌