自己破産の相場費用はいくら?自己破産が得意な人気おすすめ弁護士事務所ランキング5選も紹介!

記事ID35730のサムネイル画像
借金の返済ができずに苦しんでいる人を助けるには自己破産という救済方法があります。ここでは自己破産の手続きに必要となる費用の相場や自己破産の費用が払えない場合の対処法を紹介します。また、自己破産を依頼する場合におすすめの弁護士事務所もランキング形式で紹介しますので参考にしてみてください。

自己破産とは

自己破産とは財産や収入が足りずに多くの借金を抱えてしまって返済ができなくなってしまった債務者が、裁判所で手続きをして借金を返済する義務が免除される債務整理の方法です。借金を抱えてしまってどうしようもなくなった時の最終的な手段といえます。

自己破産をするのに可能な条件とは

自己破産は借金を抱えて返済できない人を救済する制度ですが、どんな人でもできるわけではありません。裁判所で免責が認められると借金返済をする義務がなくなります。免責とは、自己破産の手続きを行った際、裁判所が破産にふさわしいかどうかを判断するためのものです。ここでは、自己破産ができる条件について解説していきます。

借金の返済が不可能な場合

免責となる条件のひとつが借金の返済が現状では不可能な場合です。債務者当人が返済できないと思っているだけでは免責決定がされません。本人の主観的な判断ではなく、客観的に返済が不可能だど判断された場合のみ適用されます。例えば、元金だけを返済できるのであれば、任意整理といった債務整理の方法もあります。返済できるかわからない場合は弁護士に相談してみましょう。

借金の内容がギャンブルや浪費によるものでない場合

借金の内容が「ギャンブルなどでの借金」「浪費による借金」「換金するためのカード払い」などの理由で自己破産を申請した場合に、免責不許可で自己破産にはならないケースがあります。

 

他にも免責不許可になる場合として財産があるのにもかかわらず隠して財産を少なく装う」「本人ではなく、噓の債務者名簿を提出する」「自己破産の申し立ての際に虚偽の説明や申請をする」などがあります。

 

ただし、ギャンブルで多額の借金を背負ってしまった場合などに、返済能力がないと裁判所で判断されると債務者の事情を踏まえて免責許可を下すケースもあります。

返済が必要な借金が残っていない場合

借金には自己破産をしても返済をしないといけない「非免責債権」があります。たとえ自己破産をしたとしても以下の借金の場合には返済義務の免除にならない可能性があります。

返済の義務がある借金には「税金」「社会保険料」「重過失損害賠償金」「違反をした場合などの罰金」「従業員への給料」「子どもへの教育費」「DV行為への慰謝料」などがあります。他にも「過去7年の間で免責を受けていない」などの条件もあります。

自己破産の費用相場とは?

自己破産をする場合には手続きなどで費用が発生します。では、自己破産の際に必要な費用の相場はどのくらいかかるのかについて解説をしていきます。

自己破産にかかる金額や目安は?平均的な費用相場を解説

自己破産にかかる費用には「同時廃止」「管財事件」「少額管財」の3つのタイプがあります。所有している財産の状況などで、どの種類の手続きをするか異なってきます。また、種類によって費用が変わります。

同時廃止

同時廃止をする際に必要となる費用の総額は30万円くらいからです。同時廃止とは経済的に余裕がない場合に破産手続きと同時に管財事件も終了するタイプです。同時廃止となるかは「処分するほど財産がない」「手続き費用を支払う余裕がない」「ギャンブルなどの浪費による借金ではない」などのような条件に当てはまるかどうか裁判所で判断されます。

 

個人で自己破産をする場合には処分をする財産を所有していない場合が多いので、ほとんどが同時廃止で進めるようになります。

管財事件(通常管財)

少額管財の費用総額は70万円くらいから必要になります。自己破産などの破産申し立てをした後に行う財産処分の手続きを管財事件(通常管財)といいます。管財事件の場合には裁判所から破産管財人が選出され、財産や借金について調査、管理や処分などの手続きをしていきます。

 

破産管財人にかかる費用(予納金)は申し立てをした本人が支払いをするようになり、手続きを行う前に裁判所に費用を納める必要が生じます。管財事件は「多額の資産がある」「大企業の代表」「ギャンブルなどの浪費による借金の可能性がある」などの場合です。

 

管財事件は扱われる資産の状況などからすると大企業などの場合が多く、個人が自己破産をするときに管財事件になるケースはほとんどありません。

少額管財

少額管財の費用総額は50万円ほどからです。少額管財は管財事件ほどの大きな財産や資産ではない場合に自己破産がしやすいように予納金を安く設定した手続きです。

 

財産を保有している個人や自営業者、中小企業などは少額管財のケースとして扱われます。ただし、少額管財は法律で定められた制度ではないので、地方裁判所によっては適用されなかったり、金額の幅も大きいので事前に確認が必要です。

裁判所への手続きに必要な費用

自己破産をする際に裁判所に収めるために必要となる費用には「申立手数料」「予納金」「郵券(切手)」の3種類があります。

収入印紙代

裁判所への申し立てをする際の手続きで必要な費用の一つが収入印紙代です。自己破産を裁判所に申立てをする際には収入印紙代として1,500円が費用として必要になります。

予納郵券代(切手代)

2つ目に必要になる費用が予納郵送代です。郵券代(切手代)は1,000円~15,000円ほどかかります。金額は借金をしている会社の数によって違ってきます。借金のある会社の数が多いほど金額も増えます。また、裁判所によっても金額や内訳が異なります。

予納金

3つ目に裁判の手続に必要な費用が予納金です。裁判所に収めるための予納金の金額は、申し立てをする際の手続きの方法によって大きく変わってきます。同時廃止で行う場合には予納金は10,000円~30,000円ぐらいですが、少額管財で行う場合、予納金は20万円以上となります。管財事件(通常管財)での予納金は50万円以上になります。

自己破産で弁護士に支払う費用の相場は?

自己破産の手続きを弁護士に依頼する際には費用が発生します。支払いが必要になる費用は「着手金」「実費」「成功報酬」の3つに分けられます。3つの種類について詳しく見ていきます。

着手金

着手金とは弁護士に手続きを依頼した際に発生する費用です。着手金は裁判の成功や失敗に関係なく発生します。着手金の相場は、10万円~50万円ぐらいです。多くの弁護士事務所では自己破産の依頼に対して着手金が決められています。

 

着手金が安く抑えられている場合でも成功報酬が高めに設定してい事務所もあります。弁護士事務所によっては着手金のみ必要の場合と着手金と成功報酬の2本立てにしている場合があります。

実費

実費はおもに自己破産のために実際に必要になった費用として請求される場合がほとんどです。弁護士が裁判所に行った際にかかった交通費や裁判所に申立てをする際など手続きで発生した諸費用が実費になります。

成功報酬

成功報酬は自己破産の申請や免責が裁判所で認められたときに支払われます。自己破産が完了した後に、弁護士には成功報酬を支払います。成功応酬の一般的な相場は0円~30万円ほどです。弁護士事務所によっては着手金を事前に請求している場合には成功報酬は請求をしないところもあります。逆に着手金が低い場合には成功報酬を請求している弁護士事務所もあります。

自己破産で必要になる費用の目安や相場

自己破産の申し立てをする際に必要になる費用の目安を自己破産の種類でまとめてみました。種類ごとに平均的な金額を調べた内容になっています。自分がどの種類の手続きなのかまた、相場はどのくらいなのかを知るための目安として参考にしてみてください。

 

自己破産の種類 裁判所へ必要な費用 弁護士費用 免責許可になるまでの期間
同時廃止 2万円 20万円〜30万円 2ヶ月〜6ヶ月
管財事件

50万円〜

50万円〜80万円

6ヶ月〜12ヶ月

少額管財事件 20万円〜 30万円〜50万円 3ヶ月〜6ヶ月

弁護士と司法書士で依頼した場合に総額で安いのは?

司法書士に自己破産の依頼をした場合にしてもらえるのは書類作成までとなります。裁判所に自己破産の申し立てを行うのは依頼した本人になるので、一般的な傾向では弁護士よりも司法書士に依頼した方が費用が安くなります。

 

理由のひとつに弁護士は自己破産の代理を行えますが、司法書士は代理として自己破産ができません。ただ、司法書士は自己破産のための準備や申し立て、免責までのサポートなどをしてもらえます。自己破産を弁護士に依頼した場合、少額管財とした扱えるので、予納金は20万円くらいとなります。

 

司法書士に依頼すると書類作成までは司法書士が対応してもらえますが、申し立てについては申請者本人が行うので予納金は50万円程度かかってしまいます。自己破産の際に、管財事件が明らかな場合には弁護士に依頼した方が安くなります。

自己破産費用が払えないときの対処法は?

自己破産をするにも手続きや弁護士などの費用が必要になります。自己破産には手続き費用などを含めて数十万円ほどかかってきます。費用が払えない、なるべく安く抑えたい場合の対処方法について紹介しますので参考にしてみてください。

着手金が無料や分割支払いが可能な事務所を選ぶ

自己破産をしようかと検討している場合に気になるのは着手金などの弁護士に依頼する場合の費用です。本来はまとまった金額を一括で支払うものです。しかし、借金を抱えていて返済ができない状態の中で、弁護士にまとまった金額を支払うのは大変厳しいものです。

 

事務所によっては着手金を無料にしているところや分割での支払いが可能な事務所もあります。まとまった金額を一括で支払うのが厳しい場合は着手金が無料や分割払いが可能な弁護士事務所を選びましょう。

法テラスを利用する

自己破産の費用を安く抑えるために法テラスを利用する方法があります。法テラスの正式名称は「日本司法支援センター」です。法テラスは同じ相談であると3回まで無料法律相談を受けられます。

法テラスで自己破産をした場合の相場

法テラスを利用するためには一定の条件が必要になりますが、法テラスを経由して弁護士に自己破産を依頼すると弁護士費用の立て替えや分割払いも可能になる「民事法律扶助」といった制度の利用ができます。この制度を利用すると費用を安く抑えられる可能性があります。

 

法テラスを利用して自己破産をする場合の費用は護士事務所に直接依頼をした場合よりも約3分の1程の費用で依頼ができます。法テラスで実際にかかる費用の相場は、一番安い費用では法テラスが155,000円、弁護士事務所は50万円となります。

 

ただ、法テラスに相談に行った場合には弁護士を選べません。弁護士を選びたい場合には弁護士に自分で直接相談をして法テラスに持ち込む「持ち込み方式」もあります。弁護士事務所によっては対応をしていないところもあるので確認するようにしましょう。

生活保護受給中に法テラスを使う

生活保護受給者の場合、法テラスを経由して自己破産の申し立てをすると弁護士費用や予納金が免除してもらえる場合もあります。ただし、自己破産の手続きが終了した後も引き続き生活保護受給者といった条件があります。

司法書士に相談・依頼をする

自己破産の手続きを相談や依頼をしたい場合に弁護士の他には司法書士に依頼する方法があります。かかる費用は弁護士よりも全体的に安くなる可能性もあります。ただし、司法書士は行なってもらえる仕事の範囲が限られているのでどこまで依頼するのか決める必要があります。

 

弁護士の場合は依頼者の代理人となって自己破産の手続きを依頼者の代わりにしてもらえますが、司法書士の場合には代理人として裁判所に申し立てなどの活動が認められていません。司法書士にしてもらえるのは裁判所に提出するための書類作成をしてもらい、手続きをする際のアドバイスだけになります。

 

実際の手続きは依頼者本人がしないといけません。司法書士に依頼する場合は書類作成やアドバイス以外は自分で手続きをする必要がある点を留意しておきましょう。

アース法律事務所

自己破産と生活保護の関係とは?

生活ができないほど困窮してしまい、生活保護を受けたい場合には生活保護の申請と自己破産を同時に手続きができます。ただし、借金が残っていたり返済が滞っていると生活保護を受けられない可能性があります。受給開始から、早い段階で自己破産を行なうようにしましょう。

 

法テラスで指定の弁護士を紹介してもらい、弁護士事務所で自己破産の手続きを行います。生活保護の申請の時点でほぼ財産がないと判断されると自己破産が受けられます。生活保護の受給をしている状況ではほぼ財産がないとみなされるので、財産処分の必要はないはずです。

 

手続きはほとんど弁護士が対処をしてくれます。通常では自己破産手続きが完了すると生活保護受給あてに書類が届きます。

自己破産を自分で全て行う場合のデメリットは?

自己破産は弁護士や司法書士に依頼しなくても裁判所に申し立てなどを自分で行えます。ただし、自分で全て行うには手続き上などの課題も多くデメリットもあります。ここでは自己破産の手続きを全て自分で行う際のデメリットについて紹介をしていきます。

手間がかかる

裁判所に申し立てをする場合には提出するために用意する必要書類が多く、記入ミスや書類の提出漏れなどがあると都度、修正や再提出などに手間や時間がかかってしまいます。なるべくスムーズに手続きを進めて自己破産をしたい場合にはデメリットになります。

少数管財ができない

少額管財が行えるのは弁護士に依頼をした場合だけになります。少数管財のケースの場合には弁護士に依頼する必要があります。財産が一定以上ある場合だと自分で自己破産をするよりも弁護士に依頼をした方が安く抑えられる場合があります。

 

自分で管財事件の手続きをする場合だと予納金は50万円以上になるのですが、弁護士に依頼をして少額管財として手続きをしてもらった場合、予納金は20万円ほどになります。また、債権者から一括返済などの訴えをされてしまった場合に自分だけで債権者と対応や交渉をするのは難しく自分だけで自己破産をする際の大きなデメリットになります。

弁護士に依頼した方が免責になりやすい

ギャンブルや浪費によって借金をしてしまった場合には免責不許事由の扱いになります。裁判所では裁量によって自己破産ができるかできないかケースによって異なります。しかし、護士に依頼をした場合は依頼者に少しでも有利になるような手続きや対策などをしてもらえる可能性があります。

 

自分だけで全て行うデメリットを考えると、弁護士に相談をして自分に有利な自己破産を選択するメリットの方が大きくなります。

自己破産を得意とする債務整理事務所の人気おすすめランキング5選

5位

弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士法人アディーレ法律事務所

何度も相談ができ自己破産の実績も豊富な法律事務所

弁護士法人アディーレ法律事務所は国内で60箇所に拠点がある日本でも有数の大手法律事務所です。債務整理の依頼について一部例外を除いて「相談が無料」「目標が未達成な場合は弁護士費用の返金保証」「成功報酬は後払い」といった特徴があります。

 

過払い金の請求や債務整理といった依頼の解決を得意としていて、自己破産の相談についての実績や経験も豊富です。また、自己破産について無料で何度でも相談ができます。自分で納得ができるまで相談をしてから手続きをしたい人におすすめの弁護士事務所です。

着手金 基本費用として36万3,000円~(税込) 報奨金
相談料 無料 対応業務 任意整理、自己破産、過払い金請求等
4位

弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

月に600件以上の債務整理の相談を受けている法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は月に600件を超える債務整理の相談に応じて解決に導いている実績がある法律事務所です。弁護士法人サンク総合事務所は料金は着手金が30万円からとなっているので相場よりも若干高めなのですが、総費用で換算すると相場よりも安く依頼できる可能性があります。

 

相談の受付は24時間365日対応していますが、実際に面談して相談をしたい場合は10時から18時の間での対応になります。夜間や土日にも予約が可能なので大きなデメリットにはならないはずです。初回相談が無料で契約を結ばない限り費用が発生しません。また、現金の手持ちがない場合にも分割での支払いに対応しているのでまとまったお金がない人も心配する必要もなく依頼ができます。

着手金 自己破産の場合、要相談 報奨金 自己破産の場合、要相談
相談料 無料 対応業務 任意整理、自己破産、過払い金請求等
3位

元裁判官の弁護士が対応してくれる法律事務所

アース法律事務所は自己破産などの債務整理の他にも相続や労働問題などさまざまなトラブルや問題を解決している法律事務所です。元東京地方裁判所や東京簡易裁判所で実務を行っていた弁護士が親身に向き合ってくれます。

 

万が一、債権者との間でトラブルや訴訟が起きた場合も適切に対処してもらえるので不安なく任せられます。アース法律事務所は受任件数が3500件を超える債務整理に対応した実績を持つ経験が豊富な法律事務所です。自己破産の場合の着手金は33万円~となっていて、減額報酬が発生せず相場よりも安い価格に設定になっています。また、分割の支払いも可能なので無理のないように依頼ができます。

着手金 22,000円~(税込) 報奨金 22,000円~(税込)
相談料 無料 対応業務 債務整理・債務回収・詐欺被害・不動産問題・労働問題・相続・遺言・遺産分割協議・家事(離婚等)・その他(民事)
2位

弁護士法人東京ロータス法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所

借金問題や債務整理が得意の法律事務所

東京ロータス法律事務所は受注件数が7,000件以上の経験と実績をもつ弁護士法人事務所です。借金問題の相談費用は無料なので気軽に問い合わせできる仕組みになっています。電話での問い合わせや相談にも対応していて電話代もかかりません。土日・祝日にも対応しているので相談しやすいといったメリットがあります。

 

また、全国対応も可能なので、近くに相談できる弁護士事務所がない人にもおすすめです。昭和41年から弁護士業を続けている経験と実績も兼ね備えており、借金で苦しんでいる人に一人ひとり親身になって相談やアドバイスをしている弁護士事務所です。借金問題や債務整理で困っている人はまずは電話で無料相談をするようにしましょう。

着手金 220,000~(税込) 報奨金 220,000~(税込)
相談料 無料 対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件等
岡田法律事務所
1位

弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所

相談料が無料で着手金分割が可能

弁護士法人ひばり法律事務所は全国対応している法律事務所です。ひばり法律事務所の魅力のひとつはなんといっても相談を何度しても相談料が無料なところです。懇切丁寧に依頼者一人ひとりの悩みに相談に乗ってもらえるので、自己破産や借金返済などで相談したい人におすすめの事務所です。依頼をしたときにだけ発生する費用も明確なので依頼がしやすい事務所です。

 

ひばり法律事務所は費用も分割払いが可能なのでまとまったお金を用意できない場合でも対応してもらえます。東大法学部を卒業し弁護士歴が25年以上の経験豊富な弁護士も在籍しているので不安なく依頼ができます。また、女性の弁護士も在籍していて、女性に相談や依頼をしたい人も利用しやすい事務所です。ひばり法律事務所は自己破産などの債務整理やネットトラブルの対応も得意としている法律事務所です。

着手金 0円~(税込) 報奨金 0円~(税込)
相談料 無料 対応業務 任意整理、自己破産、過払い金請求等
名村法律事務所

自己破産を得意とする債務整理事務所一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 着手金 報奨金 相談料 対応業務
アイテムID:8461811の画像

公式サイトで詳細を見る

相談料が無料で着手金分割が可能

0円~(税込)

0円~(税込)

無料

任意整理、自己破産、過払い金請求等

アイテムID:8461693の画像

公式サイトで詳細を見る

借金問題や債務整理が得意の法律事務所

220,000~(税込)

220,000~(税込)

無料

債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件等

アイテムID:8461646の画像

公式サイトで詳細を見る

元裁判官の弁護士が対応してくれる法律事務所

22,000円~(税込)

22,000円~(税込)

無料

債務整理・債務回収・詐欺被害・不動産問題・労働問題・相続・遺言・遺産分割協議・家事(離婚等)・その他(民事)

アイテムID:8461640の画像

公式サイトで詳細を見る

月に600件以上の債務整理の相談を受けている法律事務所

自己破産の場合、要相談

自己破産の場合、要相談

無料

任意整理、自己破産、過払い金請求等

アイテムID:8461606の画像

公式サイトで詳細を見る

何度も相談ができ自己破産の実績も豊富な法律事務所

基本費用として36万3,000円~(税込)

無料

任意整理、自己破産、過払い金請求等

自己破産の相談や申請は弁護士などへの依頼がおすすめ!

ここまでは自己破産の申立てをする場合に可能な条件やかかる費用の相場や費用を安くしたい場合の方法などについて紹介をしてきました。また、自己破産の依頼をする際におすすめの弁護士事務所もランキングで5つ選びました。ほとんどの事務所は無料で相談が可能です。自己破産を検討している人はまずは無料相談のできる事務所にメールや電話で相談してみましょう。借金の返済などは一人で悩まずに相談ができる自分に合った事務所が見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
自己破産しても生活保護は受けられる?どっちが先?流れや注意点も解説

自己破産しても生活保護は受けられる?どっちが先?流れや注意点も解説

債務整理
借金が返せないとどうなる?国が認めた借金救済制度「債務整理」について紹介

借金が返せないとどうなる?国が認めた借金救済制度「債務整理」について紹介

債務整理
借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

債務整理
自己破産後に車のローンは組める?連帯保証人はどうなるの?

自己破産後に車のローンは組める?連帯保証人はどうなるの?

債務整理
【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

債務整理

債務整理のおすすめ記事

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較のサムネイル画像

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較

債務整理
はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査のサムネイル画像

はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】のサムネイル画像

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】のサムネイル画像

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】

債務整理
【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】のサムネイル画像

【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】

債務整理
愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】のサムネイル画像

愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】

債務整理
札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】のサムネイル画像

札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】

債務整理
仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】のサムネイル画像

仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】

債務整理
【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。