女性に人気のおすすめ引越し業者ランキング5選【2023年度最新版】

記事ID35133のサムネイル画像
一人暮らしの女性は引っ越し業者が男性ばかりだと不安になることもあります。最近では一人暮らしの女性向けに女性スタッフを派遣してくれる引っ越し業者もあります。今回は女性におすすめの引っ越し業者ランキングと防犯対策などを紹介します。

女性の一人暮らしは引っ越しにも防犯対策が重要

転勤や転職、進学などで女性が1人で引っ越しをするというのは珍しくない話です。しかし女性1人での引っ越しは、男性との体力の差があり荷造りの段階で心配や不安が出てきます。何をどこまで引っ越し業者にお願いしたらいいのか、どの引っ越し業者なら安心して任せられるのかなど業者選びも大切です。

 

 

また女性が一人暮らしを始める際に、防犯対策にも気をつけてほしいことがあります。これから住む部屋での防犯対策だけでなく、引っ越しをする時にも防犯意識を持つことが大切です。今回は一人暮らしの女性が引っ越しをする際に注意すべき点や備えておきたいことを紹介します。

女性専用引っ越しプランの特徴

女性が引っ越しをする場合、自分の部屋に男性が入ることに抵抗を感じる人もいます。そうした女性の要望に応えるために「女性のためのサービス」が始まりました。「女性のための引っ越しサービス」は従業員数の多い大手の引っ越し業者を中心に展開しています。

 

引っ越し完了まで女性スタッフがおこなってくれるため安心です。また、パソコンの接続や盗聴器の調査もサービス内容として含まれている引っ越し業者もあります。「女性の一人暮らし」を快適にスタートできるサービスが充実しているのも特徴です。

 

ただし、女性スタッフの人数は少ないため、1日で対応できる件数に限りがあります。できるだけ早めに予約を取り、希望する日程に合わせて女性スタッフを配置してくれる業者を選びましょう。

 

女性の引っ越しサービスを安く利用したいのなら、単身者専用のプランを参考にしてください。作業員が女性スタッフに変更したものとなるだけなので、追加料金は発生しません。

女性の引っ越しポイント

一人暮らしの女性の引っ越しはプライバシーを隠すことが重要です。少し手間をかけるだけで、引っ越した途端に「女性が引っ越してきた」とわからないような防犯対策ができます。

引っ越し業者のスタッフを女性にしてもらう

一人暮らしの場合は荷物も少なく、引っ越し業者の作業員は2名ほどです。作業員を女性だけにする「女性専用パック」は、現在の引っ越し業界ではたくさんあります。見積もりも女性スタッフに依頼することもできます。そのため今住んでいる住居はもちろん、新居への引っ越しまで「全てを女性スタッフだけ」という依頼も可能です。

引っ越し当日は男性に立ち会ってもらう

引っ越し当日は、新居へ着いてからできるだけ知り合いや家族の男性に立ち会ってもらってください。本人が外に出たり入ったりするよりも、知り合いの男性が引っ越し業者に指示を出し、あなた自身は部屋の中で荷ほどきや家具の配置をお願いしましょう。

 

引っ越しは意外と目立つものです。引っ越し業者のトラックが停めてあるだけで「引っ越ししてきた」とわかります。できるだけどんな人が引っ越してきたのかを分からないようにしましょう。

荷物の中身が見えない荷造りをする

一人暮らしでよく使われている透明の衣装ケース。洋服はもちろん、下着や靴下などの小物も見えて、さっと使えるのが便利です。引っ越しの際は手間になりますが、紙袋や段ボールに衣類を入れてしまいましょう。

 

とくにワンルームマンションでは「一人暮らし」だとすぐにわかります。丸見えの衣装ケースのまま持ち込むと、「女性」だと気がつかれることもあるのです。このようにちょっとした工夫で「女性の一人暮らし」を隠せます。

表札の出し方

マンションやアパートに住むと、表札も必要となります。部屋番号が書かれていない部屋であれば郵便物の配達に表札は不可欠です。女性専用のワンルームマンションであれば、かわいらしい表札もいいと思います。しかし、誰もが入れる住宅では「苗字」だけの表札が無難です。

引っ越しのあいさつ

一人暮らしになると隣にあいさつするかどうか迷うと思います。以前は一人暮らしでも引っ越しのあいさつをするのが礼儀とされていましたが、今ではあいさつはしないと言う人が増えています。

 

隣がどんな人かもわからず、女性の一人暮らしということがわかってしまうのも心配です。防犯対策のためにも引っ越しは大家さんにあいさつする程度にしてください。

引っ越し費用を安くする方法

引っ越し費用はできるだけ抑えたいものです。引っ越しの時期はいつでもいいと思うなら、安い時期に引っ越しましょう。ここではできるだけ費用を抑える方法を紹介します。

繁忙期を避ける

3~4月は引っ越し業者がもっとも忙しい時期です。この期間は割引サービスもありません。繁忙期以外の時期となると5~翌年2月くらいとなります。しかし9月は転勤が多くなる時期なので避けた方がよいでしょう。

 

引っ越し業者のサイトでは安くなる時期を紹介しているものもあります。お得に引っ越しができる日をチェックしてみるのもおすすめです。このように引っ越し業者の繁忙期を避けると引っ越し費用が安くなります。

引っ越しの作業開始時間は業者にお任せ

引っ越し業者に作業開始時間を任せることで、費用が安くなります。時間帯を引っ越し業者に任せることで作業開始時間が思うような時間にはなりませんが、一円でも安く引っ越したい人にはおすすすめの方法です。

 

時間帯がフリーと言っても、前日に「何時ごろに伺います」という連絡がきます。また当日も「今から伺います」という連絡もあるので、待ちぼうけになることはありません。

見積もりを複数の業者に依頼する

1つの業者の見積もりで即決しないことで引っ越し費用を抑えることができます。3~4社ほどの見積もりを取ると料金の差がわかります。「見積もり当日に契約したら、この値段でややります」という業者は多いのですが、やはりここは他の業者と見比べたいところです。

 

また「他の業者にも見積もりを取る予定がある」と伝えると、更に値引きをしてくれる業者もあります。しかし複数社の見積もりで内容と料金が適正であるかどうかなどもわかるので、即決しない方が無難だと言えます。

女性におすすめの引っ越し業者ランキング5選

顧客満足度ランキング第3位

2018年のオリコン顧客満足度提案プラン第3位を受賞した引っ越し社です。スタンダードプラン・エコノミープラン・パーフェクトプラン・エクセレントプランが用意されています。エクセレントプランではハウスクリーニングもお任せのプランとなっており、ニーズに合わせたプランが選択できます。

女性スタッフ対応 不明 見積もり 携帯・オンライン
費用 30,000円前後~

節約プランからすべてお任せのフルプランを用意している

単身者にはお得で経済的な「ミニ引っ越しプラン」なら、1R~1LDK規模の少ない荷物、近距離移動でお得な引っ越しができます。特典も多く段ボール最大50枚無料・布団袋・ハンガーボックスもついています。これだけ用意されていると、あとは荷物を詰めるだけなので、簡単に荷造りが終わりそうです。

女性スタッフ対応 不明 見積もり メール・電話
費用 30,000円~

運搬の手伝いは不要!

アリさんマークの引っ越し社では単身者には嬉しい「ミニ引っ越しプラン」があります。荷造りから新居での荷ほどきまでが作業プランとなっています。段ボールのみ10個までの「超ミニ引っ越しプラン」から、段ボール20個までとテレビ・洗濯機などの家電を運んでくれる「ミニ引っ越しプラン」が用意されているので、自分に合ったプランがチョイスできます。

女性スタッフ対応 不明 見積もり ネット・電話
費用 30,000円~

「レディースパック」にお任せ!

女性の声から生まれた「レディースパック」なら安心して任せることができます。女性の引っ越しは女性スタッフが対応してくれ、デリケートな荷物の配慮もおこなってくれます。また「レディースパック」にも3つのプランが用意されており、基本コース・ハーフコース(基本コース+荷造り)・フルコース(基本コース+荷造り・荷ほどき)が選べます。

女性スタッフ対応 可能 見積もり ネット・電話
費用 30,000円前後~

女性特有の引っ越しの不安を解消

パンダのマークでおなじみのサカイ引越センターでは「単身者専用のプラン」が用意されています。中でも「エコノミープラン」なら荷造りや荷ほどきを自分自身で行うため、リーズナブルな引っ越しができます。時間に余裕のある人におすすめのプランです。女性スタッフが対応してくれるため、単身者の女性も安心できます。

女性スタッフ対応 可能 見積もり オンライン可能
費用 50,000円~

女性におすすめの引越し業者比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 女性スタッフ対応 見積もり 費用
アイテムID:8426600の画像

公式サイト

女性特有の引っ越しの不安を解消

可能

オンライン可能

50,000円~

アイテムID:8426606の画像

公式サイト

「レディースパック」にお任せ!

可能

ネット・電話

30,000円前後~

アイテムID:8426612の画像

公式サイト

運搬の手伝いは不要!

不明

ネット・電話

30,000円~

アイテムID:8426621の画像

公式サイト

節約プランからすべてお任せのフルプランを用意している

不明

メール・電話

30,000円~

アイテムID:8426634の画像

公式サイト

顧客満足度ランキング第3位

不明

携帯・オンライン

30,000円前後~

犯罪被害を防ぐ対策

空き巣などの犯罪被害は年々増加傾向にあります。またストーカー被害の事例もあり、一人暮らしの女性が簡単に引っ越しをおこなえないこともあるのです。発生場所は一戸建て住宅の侵入が最も多いのですが、マンションやアパートなどの共同住宅でも被害は多発しています。

 

とくに一人暮らしの女性が住む住宅であれば、犯人はすぐに見破ることができます。こうした犯罪被害の実情を認識しつつ、被害を未然に防ぐためには自分自身の防犯意識がとても重要になってきます。

 

金品目当ての場合は、留守中に侵入することが多いのですが、女性を狙う犯罪行為もあります。一人暮らしを始める場合に必要な防犯対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

女性の一人暮らしがばれない対策

最も重要なことは「女性の一人暮らし」がばれないようにすることです。引っ越し当日、新居が丸見えだとどのような人が引っ越してきたのかすぐにわかります。「新居にあったカーテンを後日購入しよう」と思っていたら大間違いです。

 

たった一日でもカーテンがつけられていないのは、犯罪を防ぐことができません。カーテンはサイズが違っても引っ越し前のカーテンを捨てずに、新居に持ちこんでください。部屋の内部が見られないようにするには、カーテンが必須アイテムです。

 

新居に引っ越してからまずはカーテンを取りつけることから始めましょう。もし、カーテンがない場合はシーツや毛布などで目隠しをします。

カーテンは遮光性の高いものを購入

遮光性の高いカーテンは光をさえぎるだけでなく、室内が見えない利点もあります。デザインはできるだけシンプルなものを選んでください。とくにワンルームマンションでは女性の一人暮らしとわかるようなデザインは避けるのが無難です。

洗濯物は室内干し

基本的に洗濯物を干すのは室内がいいと思います。しかし、天気の良い日は外に干したくなる人もいるでしょう。外へ干す時は男性ものの衣類も一緒に干すことで、一人暮らしをごまかすことができます。

 

ワンルームマンションやアパートの低層階に住む場合は洗濯物はできるだけ室内に干すことをおすすめします。外へ干してる場合は、取り込み忘れなどで「数日間帰っていない」と思われることもあります。帰ってきたらすぐに洗濯物を室内に取り込んでください。

 

低層階に住んでいる人はベランダに目隠しをして、その高さに合わせた物干しスタンドを使うのもいいでしょう。最近ではタオルで目隠しができる洗濯物干しも販売されています。

プライバシーを守る対策

玄関ドアに設置されているドアスコープは外部からの訪問者を確認するのに役立ちます。しかし、ドアスコープから室内を覗かれてしまう可能性もあるのです。部屋の間取りが玄関から直線状に配置されていればプライバシーを盗み見される危険性もあります。

 

室内からドアスコープにカバーをつけるのも対策の一つです。その他にも盗聴器や盗撮カメラが設置されている場合もあります。コンセントやスイッチ、照明器具、排気口などに設置されているケースが多く、不安があれば「盗聴器サービス」を利用してください。

 

女性専用の引っ越しプランでは盗聴器探しがサービスの中に入っているものもあります。盗聴器は以前住んでいた住人の知り合いがつけている場合もあるので、注意が必要です。

引っ越し先の物件選び

女性の一人暮らしは物件選びも大切です。室内だけでなく防犯設備が整っているのかも確認してください。女性専用のマンションであれば防犯設備はかなり整っているはずです防犯対策がしっかりととられているような物件を探したいのなら、女性専用マンションを選ぶ方法もあります。

 

気をつけたいのはどんなに防犯設備が整っていても、防犯対策は完全ではないということです。マンションによっては非常階段があり、そこはロックされていないことも多く侵入しやすい場所です。このようにどこからでも侵入できる可能性があります。

オートロック

エントランスはオートロック付きの物件がおすすめです。誰でも侵入できるようなマンションやアパートより防犯の安全性はアップします。オートロックはドアが開いた時に物件の住民でない人も入ってくる可能性があります。

 

オートロックがついているからと安心してはいけません。部屋のインターホンが鳴った場合はチェーンをかけたまま対応しましょう。女性専用のマンションには管理人を配置しているところもあります。

防犯カメラ

オートロックだけでなく防犯カメラがついていると、より安心感があります。犯罪の被害確率は防犯カメラが設置しているかどうかで大きく変わってきます。エントランスだけでなく、エレベーターにも防犯カメラがついている物件がおすすめです。

耐ピッキング性能の鍵

セキュリティー対策をしっかりしている物件は防犯性の高い鍵が使われています。使用されている鍵がマグネットシリンダーやピンシリンダーなど耐ピッキング性能が高いものかどうか確認してみましょう。

 

また、以前に住んでた住人が使っていた鍵をそのまま使用することがあります。中には「すでに犯罪者が侵入した」物件もあります。できればドアノブは交換してもらい、新しい鍵をもらいましょう。

TVモニター付きインターホン

現在ではほとんどの物件にモニター付きのインターホンがついています。最近では宅配を装った犯罪が増えているので、宅配業者やセールスが来た際にも安易にドアを開けたりしないことが防犯対策の一つです。また、玄関先で対応する場合はチェーンをかけたままでも防犯率が上がります。

防犯グッズも効果あり

「セキュリティーがしっかりとしているマンションは家賃が高く払えない」と言う人もいるでしょう。最近ではさまざまな防犯グッズが販売されています。防犯ブザーやダミーの防犯カメラを利用するのもよいでしょう。

 

また出張や旅行に行くことが多い人には照明器具も防犯対策の一つになります。照明器具にはタイマー付きのタイプがあります。設定時間に電気がつき、消灯もおこなってくれるので留守にしがちの部屋でも「人がいる」ようにも見せかけられます。

まとめ

今回は「一人暮らしの女性におすすめの引っ越し業者」を紹介しました。一人暮らしの女性の引っ越しは「防犯意識」が大切になります。ちょっとしたことで女性の一人暮らしだとばれてしまうのです。引っ越し業者のスタッフが女性なら細かいところにも配慮してもらえそうです。

 

過敏になることはありませんが、「自分の身は自分で守る」ことです。ちょっとした工夫をするだけで防犯対策にもつながります。新しい場所でのスタートは女性スタッフが対応してくれる引っ越し業者がおすすめです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

表札のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものも紹介】

表札のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものも紹介】

エクステリア・ガーデンファニチャー
神戸で人気のおすすめ引越し業者ランキング9選

神戸で人気のおすすめ引越し業者ランキング9選

住まい
安い引越し業者の人気おすすめランキング15選【2023年度最新版】

安い引越し業者の人気おすすめランキング15選【2023年度最新版】

その他のサービス
引っ越し業者の人気おすすめランキング5選【2023年最新版】

引っ越し業者の人気おすすめランキング5選【2023年最新版】

その他
近距離の引越し業者おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

近距離の引越し業者おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

その他
家族での引越しにおすすめの人気引越し業者ランキング9選【2023年度最新版】

家族での引越しにおすすめの人気引越し業者ランキング9選【2023年度最新版】

その他