【2023年度最新版】イラストレーターの就職・転職におすすめの人気サイトランキング6選【未経験や在宅も】

記事ID35122のサムネイル画像
最近人気のイラストレーター。目指してみたいけれど実際のなり方が分からないという方も多いのでは。本記事ではそんな方におすすめの人気サイトをランキングでご紹介します。メリットやサイトの選び方も解説。是非参考にしてください。

未経験・在宅でもできる?イラストレーターへ転職したい!

イラストレーターとしてもっと活躍したい人や未経験でこれからイラストレーターとして働きたい初心者は求人サイトを1度は調べたことがあるかもしれません。様々な職種の求人が掲載されている求人サイトはたくさんあります。また、イラストレーターはスキルが高ければ在宅勤務などの働き方も選ぶことができます。

 

ただ、様々な求人サイトの中でイラストレーターになりたい人に向いている求人を探すのは大変なことです。今回は未経験だけどイラストレーターになりたい人やスキルが高く新しい働き方をしたい人たちがどこの求人サイトを利用すれば良いのか悩んでいる方におすすめな求人サイトを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

イラストレーターの求人に特化した求人サイトの選び方

様々な職種が掲載されている求人サイトは多いです。しかし、イラストレーターという専門的な職種を掲載している求人サイトは他の職種より少ないことは確かです。ただ、イラストレーターという専門的な職種を掲載しているかつ信用性の高い求人サイトはあります。

 

また、求人サイトで就職をすることはたくさんのメリットがあることなのです。例をあげると、プロフィールを登録しておくだけでスカウトを受けることができる求人サイトがあることやハローワークとは違い自分の好きなように、自分が働いてみたい場所に応募できることなどがあります。

 

今回はイラストレーターへの就職を目指しやすい求人サイトを紹介します。求人サイトを利用することで、自分のペースで就職活動ができるので、ぜひこの記事を参考にイラストレーターを目指してください。

求人サイトとハローワークの違い

そもそもハローワークとは何かと思う人もいるかもしれません。ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれる、国が運営する就職支援のことです。

 

では、求人サイトとハローワークの違いを説明していきます。まず求人サイトは民間が運営していて、ハローワークは国が運営しているというところです。このことによってハローワークの方が求人数は多いのですが企業の情報を得ることが難しいことと求人数が多すぎて職種を絞り込みにくいことも特徴です。

 

ですが、求人サイトの方は、企業の雰囲気などを知ることもでき専門的な技術がある方などは求人サイトがおすすめですが、大企業の募集は競争力が高いことも忘れずにいましょう。また、転職などでも求人サイトを利用できます。

イラストレーターの平均年収

イラストレーターの平均年収は約350万円です。日本の平均年収より少し低くなっていますが、イラストレーターとして働き続けている人の多くは求人サイトなどを利用し転職など経験して8~9割の人が年収をアップしています。

 

未経験の場合は平均よりねんしゅうは下がります。また、イラストレーターは条件によっては、在宅勤務などの働き方ができます。

イラストレーターの求人に求人サイトを使用するメリット・デメリット

ここからは、イラストレーターの求人を探す際に求人サイトを使用するメリットとデメリットについてくわしく解説します。

 

求人サイトの仕組みを理解しておくことで、自分に合った企業を選ぶことができるようになるのでしっかりと理解することをおすすめします。未経験でイラストレーターになりたいという人やスキルが高く今以上の働き方をしたい人はぜひ参考にしてください。

メリット1 全国の企業の求人が見られる

求人サイトは、全国の企業の求人がいつでも見られるところが1番のメリットです。インターネットが利用できるスマートフォンやパソコンがあればいつでも求人サイトを検索でき応募することが可能です。また、掲載されている求人は全国の中小企業から大企業まで多く掲載されています。

 

イラストレーターという専門的な職種でも条件を入力すれば瞬時に全国の中小企業から大企業までのイラストレーターが必要な企業を見つけることができます。なので、イラストレーターという専門的な職種ほど求人サイトを利用した方が仕事を見つけることを簡単にできるようになります。

 

未経験や在宅勤務で働きたい人にもおすすめです。

メリット2 企業の求人担当の方と直接連絡が取れる

メリットの2つ目は、企業の求人担当と直接連絡が取れるということです。分からないことや質問したいことに対応してもらえるので、その企業が必要としているスキルなどが明確に分かることは転職や就職を考えている人にとってはとても良い情報になります。

 

また、求人担当に未経験でも働けるかや、スキルが高ければ在宅勤務をなどをすることができるかなどのことも聞けます。

メリット3 自分のペースで就職・転職活動ができる

3つ目のメリットは、自分のペースで就職・転職活動ができるところです。イラストレーターとしてのスキルが身についてから就職することもできますし、自分のペースで応募することができるので準備が整ってから就職・転職することができます。

メリット4 求人サイトによってはスカウトされることもある

4つ目のメリットは、求人サイトによってはプロフィールを登録しておけば企業側からスカウトされるサイトもあるということです。自分のプロフィールが充実していて、企業がこの人材が欲しいと思ったときにスカウトされることがあります。

 

また、企業からのスカウトの場合は年収の交渉などもできる場合があるので、プロフィールを充実させることが大事です。ラストレーターはスキルがとても重要な職業ですのでプロフィールを充実させることはとても大事なことです。

デメリット1 書類選考の合格率が下がりやすい場合も

デメリットの1つ目は、書類選考の時点で不合格になってしまうことがあることです。企業側も毎日多くの応募を受けていて、書類選考の時点でスキルが足りていないと判断された場合は不合格になってしまします。

 

イラストレーターという職業はスキルがとても重要な職業なので書類選考のプロフィールを充実させていなければ企業によっては不合格になってしまうことを知っておくことが必要です。

 

イラストレーター未経験の人は自分をアピールできるように準備が大事です。

デメリット2 有名な企業は競争力が高いので採用されるか分からない

2つ目のデメリットは、有名な企業は競争力が高いので採用される可能性が低いことです。誰もが知っているような企業は応募の倍率が高いのでスキルがなければ採用されることはないです。

 

有名企業でイラストレーターとして働くためには高いスキルが必要です。なので、イラストレーターとしてのスキルを磨き続けることがとても重要です。

求人サイトを賢く使用する方法4選

ここからは、イラストレーターとして求人サイトを賢く使用する方法を4つ紹介していきます。参考にしてください。

1 3種類以上の求人サイトを利用する

1つ目は、3種類以上の求人サイトを利用することです。多くの求人サイトがあるので最低3種類の求人サイトに登録しておくことをおすすめします。求人サイトによって特徴があり、登録する種類を増やすことによって就職・転職率が上がります。

2 良いポートフォリオを作る

2つ目は、良いポートフォリオを作ることです。ポートフォリオとは日本語に直訳すると書類入れという意味で、クリエイターが実績をアピールするための成果物などのことをいいます。

 

イラストレーターはスキルが需要な職業なので、企業の目にとまるような良いポートフォリオを作ることが求人サイトを賢く利用する方法です。

3 求人が更新されるタイミングを確認する

3つ目は、求人サイトの情報が更新されるタイミングを確認することです。先ほど述べたように多くの求人サイトに登録しておいた方が就職・転職率があがります。ですが、求人サイトの一つ一つが特徴があり、この特徴を理解し利用することがとても大事です。

 

求人が更新されるタイミングを理解することによって、効率的に就職・転職活動ができます。イラストレーターとしてのスキルを磨きつつ就職・転職活動をすることはとても時間管理が大切になるのでぜひ参考にしてください。

4 求人の募集期間を把握する

4つ目は、先ほどと似ていますが求人の募集期間を把握することです。求人の募集期間を把握することで無駄な時間をなくせます。無駄な時間を省くことでイラストレーターとしてのスキルを磨く時間を増やすことができます。

自分に合った求人サイトの選び方

ここでは、自分に合った求人サイトの選び方を紹介します。自分に合う求人サイトを見つけることによって時間を有効に使えるのでイラストレーターへの就職・転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

初心者向けからスキルの高い人向けまであります。

1 求人サイトのタイプで選ぶ

1つ目は、求人サイトのタイプで選ぶことです。自分に合ったタイプを選ぶことによって時間の有効活用ができます。有効活用できる時間でイラストレーターとしてのスキルを磨きましょう。

自分から応募するタイプ

1つ目のタイプは、自分から応募するタイプです。このタイプのメリットは、自分が働いてみたい企業を選べることです。自分が働いてみたい企業で働ければモチベーションの維持にもつながります。イラストレーター初心者の人はこちらのタイプの求人サイトで応募することをおすすめします。

 

デメリットは、応募した企業を書類選考などで不合格になることがあることです。自分が働いてみたい企業だとしても、企業側が必要ではないと判断した時点で不合格になってしまうことです。なので、プロフィールを充実させるこがイラストレーターとして働くためには必要不可欠です。

企業からスカウトが来るタイプ

2つ目のタイプは、企業からのスカウトが来るタイプです。このタイプで就職・転職する場合はメリットの方が多いです。在宅勤務などの働き方や給料などの交渉もできる場合があります。イラストレーターのスキルが高い人はこちらをおすすめします。

 

ですがデメリットもあり、スカウトを受けた企業のことしっかりと調べていなければ思っていた働き方と違う場合もあります。

2 イラストレーターとしての今現在のスキルで選ぶ

2つ目は、イラストレーターとしての今現在のスキルで選ぶことです。自分のスキルと見合っていないところに応募しても書類選考で不合格になってしまうことが多いからです。イラストレーターという職業はスキルがとても重要な職業なので、自分のスキルに見合っているところで働きながらスキルに磨きをかけて、イラストレーターとして成長していきましょう。

3 給料や福利厚生で選ぶ

3つ目は、給料や福利厚生で選ぶことです。求人サイトで募集している企業の給料や福利厚生が見れるので自分に合った企業を選ぶこともできます。給料や福利厚生が良ければ他の心配をすることなくイラストレーターとしてのスキルを磨き続けられます。

4 公開している求人の数で選ぶ

4つ目は、公開している求人の数で選ぶことです。求人の数が多い方が自分に合った企業を探すことがしやすいです。また、公開している企業が多いということは、その求人サイトの信用性も高いことにつながります。

イラストレーターへの就職・転職におすすめな求人サイト6選

シリコンスタジオエージェント

シリコンスタジオエージェントは、最先端の技術を使用している企業が多い求人サイトです。ゲーム業界や映像業界のイラストレーターになりたい人におすすめの求人サイトです。また、クリエイター職の人ならではの悩みも知っている求人サイトなのでイラストレーターにおすすめの求人サイトです。

 

未経験の求人もあるところもおすすめです。

求人数 2500以上 年代 20~40歳
年収 600万未満600万以上 エリア 全国

ギークリー

ギークリーは、IT業界、WEB業界、ゲーム業界の企業が多い求人サイトです。取り扱っている非公開の求人は国内トップクラスです。ギークリーはギークリー独占の求人があることもおすすめなところです。

求人数 1万3千件以上 年代 20~40歳
年収 600万未満600万以上 エリア 首都圏

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、首都圏の大手企業や有名企業の求人が多いクリエイター向けの求人サイトです。サービスが充実しているところもおすすめな求人サイトです。

求人数 3500件以上 年代 20~40歳
年収 600万未満600万以上 エリア 首都圏

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職サービス実績日本1位の求人サイトです。全国対応していてイラストレーター関連の求人も多く条件なども高いこともおすすめです。また、求人業界最大手のため色々な企業に就職・転職することも可能です。

求人数 10万件以上 年代 20~50歳
年収 600万未満600万以上 エリア 全国

dodaクリエイター

dodaクリエイターは、クリエイター職特化の求人サイトです。東京、名古屋、大阪の三大都市圏の企業の求人が多い求人サイトです。また、若手のイラストレーターなどもサービスを受けられるところはおすすめです。

求人数 10万件以上 年代 20~40歳
年収 600万未満600万以上 エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチは、クリエイター職に特化したサービスがあり就職・転職などもしやすい求人サイトです。大手企業からベンチャー企業まで様々な求人があるので、自分のスキルに合った企業を選びやすいです。また、ヘッドハンティングサービスがあるので、イラストレーターとしてのスキルが高ければスカウトされることがあるところはおすすめです。

求人数 1万件以上 年代 20~50歳
年収 600万未満600万以上 エリア 全国

イラストレーターへの就職・転職におすすめな求人サイト6選一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 求人数 年代 年収 エリア
アイテムID:8380006の画像

公式サイト

ビズリーチ

1万件以上

20~50歳

600万未満600万以上

全国

アイテムID:8379989の画像

公式サイト

dodaクリエイター

10万件以上

20~40歳

600万未満600万以上

全国

アイテムID:8379974の画像

公式サイト

リクルートエージェント

10万件以上

20~50歳

600万未満600万以上

全国

アイテムID:8379954の画像

公式サイト

マイナビクリエイター

3500件以上

20~40歳

600万未満600万以上

首都圏

アイテムID:8379938の画像

公式サイト

ギークリー

1万3千件以上

20~40歳

600万未満600万以上

首都圏

アイテムID:8379912の画像

公式サイト

シリコンスタジオエージェント

2500以上

20~40歳

600万未満600万以上

全国

求人サイト利用する上での注意点

ここでは、求人サイトを利用する上での注意点を4つ紹介します。イラストレーターへの就職・転職をしようとしている人は参考にしてください。

1 情報を全て信用しすぎないこと

1つ目は、情報を全て信用しすぎないことです。求人サイトの情報はたくさんあります。全ての情報を鵜呑みにせず、1度考えてから行動することがとても大事です。

 

現代は情報を得ることはとても重要ですが、中には良くない情報もあることを忘れてはいけないことを理解してください。

2 希望条件にこだわりすぎてしまうこと

2つ目は、希望条件にこだわりすぎてしまうことです。確かに自分の希望条件に合っている企業で働けるのならば、その方が良いです。ただ、スキル不足などで自分の実力に見合っていない企業に応募し続けても不合格の通知が来る可能性が高く、モチベーションも下がってしまうし、時間も有効に利用することができなくなってしまいます。

 

まずは、イラストレーターとしてのスキルを磨き続けられるような企業の求人を探してみましょう。

3 有名な企業ばかりに応募しないこと

3つ目は、有名企業ばかりに応募することです。有名企業となると応募の総数がとても多いので書類選考で不合格になってしまうことが多いので、色々な企業に応募していく方がモチベーションを保ちやすいのでおすすめです。

4 自分のプロフィールをしっかりと確認すること

4つ目は、自分のプロフィールをしっかりと確認することです。誤った情報を書いていたり、ポートフォリオがなかったりすると、企業からのスカウトや合格の確立が下がってしまいます。

 

イラストレーターへの就職・転職活動の重要なところはスキルです。スキルを企業に見てもらうものがポートフォリオなので良いポートフォリオを作ることで周りとの差を広げ、イラストレーターへの就職・転職をやりやすくしましょう。

イラストレーターへの就職・転職の求人サイトの利用の流れ

ここでは、イラストレーターへの就職・転職の求人サイトの利用の流れを紹介します。ぜひ参考にしてください。

まずイラストレーターへの就職・転職の求人サイトに登録

まずはイラストレーターへの就職・転職の求人サイトに自分のプロフィールを登録しましょう。転職サイトの公式ページに会員登録をする箇所があるのでそこから登録します。自分の連絡先などを入力するだけなのですぐ完了します。

自分の興味のある求人を探し応募する

登録が完了したら、自分の興味のある求人を探しましょう。たくさんの求人があるので自分に合った企業を探しましょう。次に興味のある求人に応募しましょう。書類選考をする企業もあり、書類選考の合否などの連絡や面接の日程を合わせる連絡などがきます。

内定が決まったら手続きを行う

企業への内定が決まったら、企業からお願いされた手続きを行います。このときに分からないことがあったら担当の方に連絡してみましょう。優しく教えてもらえますので質問しましょう。

求人サイトを上手に使用しイラストレーターへの就職・転職を目指そう

今回紹介した求人サイトを上手に使用してイラストレーターへの就職・転職を目指しましょう。最初は難しことばかりかもしれませんが、慣れてきたら自分に合った求人サイトを上手に使用しイラストレーターへの就職・転職を成功させやすくなります。

 

ここまでに紹介したことを利用してイラストレーターへの就職・転職活動を成功させましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【イラストレーター監修】色鉛筆の人気おすすめランキング18選

【イラストレーター監修】色鉛筆の人気おすすめランキング18選

画材
トレース台のおすすめ人気ランキング15選【どこに売ってる?子供向けも】

トレース台のおすすめ人気ランキング15選【どこに売ってる?子供向けも】

画材
【プロ監修】液タブのおすすめ人気ランキング12選【Wacomの製品や比較も!】

【プロ監修】液タブのおすすめ人気ランキング12選【Wacomの製品や比較も!】

ペンタブレット
求人サイト人気おすすめランキング7選!選び方を徹底解説

求人サイト人気おすすめランキング7選!選び方を徹底解説

その他
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
ボカロ小説の人気おすすめランキング15選【おすすめ小説の一覧も】

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選【おすすめ小説の一覧も】

本・雑誌