icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所11選

記事ID34992のサムネイル画像
トークンを投資家に仮想通貨によって購入してもらい資金調達するico。少額から利用でき、大きなリターンが得られるのでおすすめです。今回は、icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所について紹介します。icoに興味がある方はぜひこの記事を参考にしてください。

icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所を選ぼう

トークンを投資家に仮想通貨によって購入してもらい資金調達する方法である「ico」。Icoは銀行やベンチャーキャピタルから融資や出資をうけるよりも自由度が高いため、取り入れている企業が増えています。また、icoは返済義務がないのも魅力の一つです。

 

さらに、投資家から見た場合には少額から利用できるほか、大きなリターンが得られるのがメリットです。興味のあるicoの募集が始まったときに間に合うように、早めに口座を開設して主要な仮想通貨を保有しておくと取引がスムーズに行えます。

 

今回は、icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所を紹介します。ico には複雑な手続きが必要ないので、企業や団体の方でも使いやすいです。icoに興味がある方や始めようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

そもそもicoとは?

icoは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の頭文字をとった言葉であり、企業や団体が資金調達を行う目的で仮想通貨を新規公開することです。資金調達を行いたい企業が「トークン」という仮想通貨を発行し、出資者はお金と引き換えにトークンを得ます。

 

しかし、引き換えに使われるお金は現金ではなくビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨です。そして、トークンを発行した企業は出資者から得た仮想通貨を事業の資金にします。トークンは仮想通貨取引所で売買されるので、売買のタイミングによっては出資者側も大きな利益をもたらします。

icoに参加する方法と手順

icoに参加する方法と手順は以下の通りです。

 

  1. 情報収集を行う
  2. 特定の投資家を対象としたプレセールを行う
  3. 一般の投資家向けにクラウドセールを行う
  4. トークンを販売する
  5. プリジェクトを展開する

 

一般の投資家向けにアナウンスを行う前に、特定の投資家を対象としたプレセールを行う場合が多いです。また、一般の投資家向けに行うクラウドセールではホワイトペーパーを使って具体的なプロジェクトの説明を行います。

 

さらに、仮想通貨取引所の口座開設にはさまざまな手続きがあります。そのため、興味のあるicoの募集が始まったときに間に合うように早めに口座を開設して、主要なコインを保有しておくといいです。

ビットコイン取引所の選び方

ここからは、ビットコイン取引所の選び方についてくわしく解説します。取引所によって流動性の高さやスプレッドの安さは異なるので、事前に確認しておくといいです。また、ハッキングの被害に遭うリスクを減らすためにもセキュリティー対策の有無をチェックしてください。

手数料やスプレッドの安さで選ぶ

取引所を選ぶときは手数料やスプレッドの安さをチェックするといいです。取引所によっては仮想通貨取引所が公開している手数料のほかにスプレッドがかかる場合もあります。また、保有している仮想通貨を個人ウォレットに送金する際にかかる手数料も確認してください。

流動性の高さで選ぶ

取引所を選ぶときは、取引量が多くて板が厚い取引所かどうかを確認してください。流動性が低い取引所だと取引の際に損をしやすいです。取引所の流動性は板を見ればわかるので、取引所の取引板を見て注文量や注文価格をチェックしておくといいです。

ツールやアプリの使いやすさで選ぶ

仮想通貨の取引所はツールやアプリの使いやすさで選ぶのがおすすめです。スマートフォンアプリに対応しているものなら外出先でも使いやすくなります。さらに、自分に合った仮想塚取引所を探すためにも複数の仮想通貨取引所で口座を開設するといいです。

セキュリティーの対策で選ぶ

仮想通貨取引所はセキュリティーの高さで選ぶのがおすすめです。出金や暗号資産送金の際には2段階認証がある取引所なら不正アクセスの被害を抑えられます。また、インターネットから隔離されたウォレットで管理するコールドウォレットに対応してるかも重要です。

icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所11選

11位

bitbank’(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)

レンディングシステムを導入

bitbankには、保有している仮想通貨を貸し出すと最大年率3%で暗号資産が増えていく仕組みであるレンディングシステムがあります。また、スマートフォンからでも簡単に取引を行えます。さらに、2段階認証やコールドウォレットを取り入れているので、セキュリティ対策も万全です。

ビットコインの最低投資金額 0.001BTC 取扱仮想通貨数 9種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証
10位

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE Payと連携している

LINE BITMAXは、LINE 内のサービスとして提供されているので、LINE を持っている方なら簡単に始められます。また、LINE Payと連携しているので、入出金が行いやすいです。さらに、他のサービスに比べて高い金地でレンディングが可能なので、レンディングを行いたい方にもおすすめです。

ビットコインの最低投資金額 - 取扱仮想通貨数
スマホアプリ セキュリティ対策 -
9位

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

暗号資産入出庫手数料や販売所手数料が無料

OKCoinJapanは、口座開設手数料・暗号資産入出庫手数料・販売所手数料が無料です。また、ビットコインの自動売買が利用できるサービスを展開しています。また、OKCoinJapanは国内で唯一OKBを取り扱っている取引所です。OKBはさまざまな決済手段としても使われており便利です。

ビットコインの最低投資金額 0.001BTC 取扱仮想通貨数 5種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, 2段階認証
8位

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

即時入金を反映するサービスを展開

BITPOINTは、取引手数料・送金手数料・入金手数料などさまざまな手数料が無料です。また、提携している特定の銀行口座から入金した場合において即時入金を反映するサービスも展開しています。さらに、2段階認証や携帯番号によるSMS認証があるので、セキュリティー面も安心です。

ビットコインの最低投資金額 0.00000001BTC 取扱仮想通貨数 7種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, SSL通信, 2段階認証
7位

Huobi Japan(フォビジャパン)

Huobi Japan(フォビジャパン)

板取引に力を入れている

Huobi Japanは板取引に力を入れており、少額から取引できるのが特徴です。また、コールドウォレット・2段階認証・マルチシグを採用しているので、セキュリティが心配な方も安心です。さらに、Huobi Japanでは「フォビトークン(HT)」というオリジナルの通貨を取り扱っています

ビットコインの最低投資金額 0.001BTC 取扱仮想通貨数 9種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証
6位

BTCBOX(BTCボックス)

BTCBOX(BTCボックス)

スマートフォン用の取引ツールが充実

BTCBOXはスマートフォン用の取引ツールが充実しており、LINEでの問い合わせにも対応しているのが特徴です。また、サーバーの安定性が高いため、取引の途中でサーバーが落ちる心配がありません。さらに。コールドウォレットやマルチシグを採用しているので、セキュリティも高いです。

ビットコインの最低投資金額 0.001BTC 取扱仮想通貨数 4種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, SSL通信, 2段階認証

ICOトークンが充実している

Zaifは他の取引所に比べて手数料が安く、チャートが見やすく使いやすいです。また、カウンターパーティートークンやカイカコインなど、ICOトークンが充実しているのも特徴です。さらに、チャート画面をSNSで発信したり描画したチャート画面を保存したりする機能もあります。

ビットコインの最低投資金額 0.0001BTC 取扱仮想通貨数 13種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, 2段階認証
4位

Liquid(リキッド)

Liquid(リキッド)

レバレッジ取引のサービス内容が充実している

Liquidはレバレッジ取引のサービス内容が充実しており、キャッシュを国内で唯一取引できるのが特徴です。また、取引画面を自由にカスタマイズできるので、初心者の方でも取引しやすいです。さらに、通貨ペアが豊富に揃っているので仮想通貨や海外の通貨との取引も行えます。

ビットコインの最低投資金額 0.001BTC 取扱仮想通貨数 5種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証

口座開設が最短即日で行える

GMOコインは、顧客資産の分別管理・コールドウォレット管理・マルチシグ・2段階認証などセキュリティ対策が万全です。また、入金手数料や送金手数料などさまざまな手数料が無料なので手軽に始めやすいです。さらに、口座開設が最短即日で行えるので取引をスムーズに行えます。

ビットコインの最低投資金額 0.0001BTC 取扱仮想通貨数 12種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証
2位

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

取り扱い通貨数が国内第1位

Coincheckは、取り扱い通貨数が国内第1位であり、すっきりと見やすいデザインなのが特徴です。また、メールアドレスの入力ですぐにアカウントを作成できます。さらに、「Google Authenticator」という認証アプリや2段階認証を採用しているので、セキュリティ対策も万全です。

ビットコインの最低投資金額 500円 取扱仮想通貨数 16種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証, ハッキング時の補償
1位

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

友だち招待でビットコインがもらえるサービスがある

bitFlyerはアカウントロック機能や自動タイムアウト機能が搭載されているのが特徴です。また、ビットコインの積み立てや友だち招待でビットコインがもらえるサービスもあります。さらに、メールアドレスの登録と本人確認書類の提出だけで簡単に取引できるので、初心者の方も始めやすいです。

ビットコインの最低投資金額 0.00000001BTC 取扱仮想通貨数 12種類
スマホアプリ セキュリティ対策 コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証, ハッキング時の補償

icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所比較

商品 画像 商品リンク 特徴 ビットコインの最低投資金額 取扱仮想通貨数 スマホアプリ セキュリティ対策
アイテムID:8375832の画像

公式サイト

友だち招待でビットコインがもらえるサービスがある

0.00000001BTC

12種類

コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証, ハッキング時の補償

アイテムID:8377133の画像

公式サイト

取り扱い通貨数が国内第1位

500円

16種類

コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証, ハッキング時の補償

アイテムID:8377134の画像

公式サイト

口座開設が最短即日で行える

0.0001BTC

12種類

コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証

アイテムID:8377327の画像

公式サイト

レバレッジ取引のサービス内容が充実している

0.001BTC

5種類

コールドウォレット, SSL通信, マルチシグ, 2段階認証

アイテムID:8377419の画像

公式サイト

ICOトークンが充実している

0.0001BTC

13種類

コールドウォレット, 2段階認証

アイテムID:8377369の画像

公式サイト

スマートフォン用の取引ツールが充実

0.001BTC

4種類

コールドウォレット, SSL通信, 2段階認証

アイテムID:8377423の画像

公式サイト

板取引に力を入れている

0.001BTC

9種類

コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証

アイテムID:8377450の画像

公式サイト

即時入金を反映するサービスを展開

0.00000001BTC

7種類

コールドウォレット, SSL通信, 2段階認証

アイテムID:8377493の画像

公式サイト

暗号資産入出庫手数料や販売所手数料が無料

0.001BTC

5種類

コールドウォレット, 2段階認証

アイテムID:8377502の画像

公式サイト

LINE Payと連携している

-

-

アイテムID:8377514の画像

公式サイト

レンディングシステムを導入

0.001BTC

9種類

コールドウォレット, マルチシグ, 2段階認証

以下の記事では、【2021最新】草コインの人気おすすめランキング5選【将来期待】を紹介しています。草コインに興味がある方は、こちらの記事も参考にしてください。

IPOやクラウドファンディングとの違い

ここからは、icoとIPOやクラウドファンディングとの違いについてくわしく解説します。IPOやクラウドファンディングはicoと似ていますが、決定的な違いもいくつかあります。それぞれの特徴を把握しておくと、資金調達を行う際の最適な方法を見つけやすいのでおすすめです。

IPOとは

IPOとは、企業が資金調達を目的として株式を新規公開することを言います。Icoではトークンを用いますが、IPOでは投資家に支払う対価が株式です。IPOでは株式を用いるため、icoとと違って議決権や株主優待を得られるのも特徴です。

 

さらに、IPOは事業者の公式サイトからでも購入できます。また、IPOで株式を発行するためには証券取引所に上場する必要があります。証券取引所に上場するためには審査があるため、icoに比べて参入するハードルが高いです。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは、インターネットのサイトでやりたいことを提示し、賛同してくれた人から資金を集める仕組みです。プラットフォームとなっているサイトの審査さえ通過できれば、個人や団体を問わずに誰でも簡単にプロジェクトを立ち上げられます。

 

また、クラウドファンディングでは同じ興味を持つ人たちとのつながりが生まれやすいのが特徴です。そして、クラウドファンディングには寄付型・投資型・融資型・購入型の4つのタイプがあります。資金や支援者へのリターンを自由に選べるので、企業だけでなく個人にも広く用いられています。

icoのメリット・デメリット

ここからは、icoのメリットとデメリットについてくわしく解説します。Icoは返済義務がなく世界中から資金調達が可能ですが、国によって運営する制度が異なる場合があります。また、タイミングによっては投資家に大きな損失が出る場合もあるので、デメリットもしっかり把握してください。

企業や団体から見た場合

以下では、企業や団体から見た場合のメリットとデメリットを紹介します。企業側が得るメリットと投資家側が得るメリットは異なるので、立場による違いを把握しておくといいです。また、ico はIPOと違って流動性が低い場合があるので、取り扱う前には必ず確認してください。

返済義務がない

金融機関からの融資による資金調達の場合は資金を借りていることになるため、返済が義務付けられています。一方、icoは投資家が出資したい企業のトークンを購入しているので、返済する義務がありません。さらに、株式投資のように配当を行う義務もないのが特徴です。

 

icoは投資家が企業のトークンを購入することで投資を行い、事業が成功した場合にのみ購入分が投資家へ支払われる仕組みになっています。そのため、icoを利用して資金調達する際に企業側に大きな損失を被ることはありません。

複雑な手続きが必要ない

icoには厳選な審査や返済が必要ありません。また、第三者の仲介などがなく、企業プロジェクトの魅力やicoへの参加の意図などをまとめたホワイトペーパーを使用した手続きを行うだけで利用できます。また、IPOと違って上場に関する準備も必要ありません

 

さらに、入念な事業計画書の作成や株式の用意が必要ないので、株式を保有したまま世界中に向けて資金調達を行うこともできます。投資家とは仮想通貨のやり取りだけで済むので、資金調達の際のコストを抑えられるのも特徴です。

世界中から資金調達が可能

icoは世界中から資金調達が可能です。また、icoは海外でも注目されており、北米を中心に短時間で巨額の資金調達を行っている企業も多いです。わずか30秒で約40億円を調達して注目を集めた企業や、3時間で約300億円を調達した企業もあります。

 

IcoはIPOに比べて迅速な資金調達が可能なので、市場の流れに乗ったプロジェクトをすぐに立ちあげることにも役立ちます。さらに、サービスを開始する前の段階から世界中に向けて事業展開を使えられるのもメリットです。

参入するにはライバルが多い

参入する企業が多いとその分ライバル企業も多くなるので、ライバル企業とうまく差別化を図らないと出資してもらえません。また、icoのライバルは日本国内だけでなく世界中にいます。ライバル企業との差別化をうまく図っておかないと目標の額に達せない場合もあるので、注意してください。

国によって運営する制度が異なる

Icoは国によって運営する制度が異なる場合や、国ごとに違う制度の内容を把握しておかないと法律に触れてしまう場合があります。また、世界中でicoを使った詐欺が起きているので、投資者からの信頼を集めるためにも事業の描いているビジネスプランの伸びしろをしっかりと使えましょう。

投資家から見た場合

以下では、投資家から見た場合に得られるメリットとデメリットについてくわしく解説します。Icoは気軽に参加できる反面、詐欺も多く出回っているので、公式のものを見抜けないと大きな損害を被ってしまいます。そのため、多くの情報を集めて信頼できるicoかどうかを見極めてくIPOではださい。

少額から投資できる

Icoは少額から投資できるのが特徴です。最低出資額によって異なりますが、IPOは数十万円から数百万円くらいのまとまった資金が必要な場合が多いです。また、トークンによっては企業のサービスや商品の購入にも利用できる場合があるので、賢く買い物をするためにも見極めて投資してください。

大きなリターンが得られる

企業から受け取ったトークンが値上がりすれば大きな利益を得られます。トークンを受け取ったときよりも価格が上昇したタイミングで売却すれば、かなり大きなリターンが期待できます。そのため、トークン価値が上がることが予想できる企業のトークンを購入しておくといいです。

詐欺の可能性がある

IcoはIPOのように運営のルールが決められていないので、詐欺に利用されるケースも増えています。詐欺のトラブルに巻き込まれると投資した資金がすべて奪われる可能性もあります。そのため、投資する前にはホームページを見て信頼できる企業かどうかをしっかりと確認してください。

大きな損失が出る場合もある

Icoでは企業から受け取ったトークンが値上がりすれば大きな利益を得られますが、売買のタイミングを間違えると大きな損害が出る場合もあります。また、新規に発行されたとしても取引所で扱われることなく消えてしまう可能性もあります。そのため、あらかじめ失うリスクも把握してください。

icoに参加するときの注意点

ここからは、icoに参加するときの注意点についてくわしく解説します。Icoは詐欺に引っ掛かってしまう場合もあるので、信頼できる企業に投資するためにも情報収集を必ず行ってください。また、ICOの資金調達後の明確な動向の説明があるかどうかもチェックするといいです。

 

ネット上の公式コミュニティを必ず確認しよう

icoに参加するときは、ネット上の公式コミュニティを必ず確認してください。チャットに参加できるところなら情報を集めやすいのでおすすめです。また、公式で事業者と直接やりとりができるかどうかも重要です。もし、投資に対しての疑問や不安がある場合は企業に質問をするのもおすすめです。

セミナーや口頭での勧誘に気を付けよう

icoに参加するときはセミナーや口頭での勧誘に気を付けてください。魅力的なプロジェクトなようのセミナーでも、デメリットの説明がない場合は怪しいです。そのため、説明を聞いていて少しでも怪しいと感じた場合には手を出さないでください。企業情報が本物かどうかも調べておくといいです。

怪しいメールは開かないようにする

Icoへの参加方法や送金についてなどは公式ホームページに表記されていることが多いです。そのため、送金用のアドレスをメールの本文に記載されている場合はすぐに返信せず、公式ホームページを確認してください。怪しいURLが載っている場合もクリックしないでください。

信頼できる情報を集めて詐欺を見抜こう

icoに参加する際には、企業の描いているビジネスプランの伸びしろやICOの資金調達後の明確な動向の説明があるかをチェックしてください。また、ホワイトペーパーに書いてある内容を確認しないとトラブルに巻き込まれてしまう場合もあるので、あらかじめしっかりと確認していくといいです。

icoの仕組みを理解して取引をスムーズに行おう

今回は、icoの募集前の開設におすすめなビットコイン取引所を紹介しました。Icoには複雑な手続きが必要ないため、手軽に始めやすいのが特徴です。また、投資家から見た場合には大きなリターンが得られるのがメリットです。資金調達を考えている企業は、ぜひicoをして事業を展開させましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【1コインから】ビットコイン積立投資の人気おすすめ取引所ランキング3選

【1コインから】ビットコイン積立投資の人気おすすめ取引所ランキング3選

その他のサービス
ビットコイン取引所の人気おすすめランキング9選【2023年度最新版】

ビットコイン取引所の人気おすすめランキング9選【2023年度最新版】

その他記事
【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

その他
ビットコインと何が違う?アルトコインの中の人気おすすめのコイン7選【2023年度最新版】

ビットコインと何が違う?アルトコインの中の人気おすすめのコイン7選【2023年度最新版】

その他のサービス
【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

その他記事
【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

その他のサービス