【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

記事ID34640のサムネイル画像
仮想通貨としてビットコインが登場し、今やさまざまな仮想通貨が誕生しています。これらの仮想通貨は売買でき投資できます。儲けるために投資するならば、どの仮想通貨が良いのか?いくつもある仮想通貨の中から、おすすめの仮想通貨をご紹介します。

自分にあった仮想通貨を探そう!

仮想通貨は、株式やFXと同じように投資できます。チャートもあるので、投資する仮想通貨が上がるか下がるかも予想できるのです。通常は仮想通貨取引所を使用して売買しますが、投資タイミングで儲かるか損するか決まります。

 

すでに何千もの仮想通貨があり、それぞれで特徴が違います。取引量は多いのか、将来有望なのかなどと、どの仮想通貨を選ぶかで、儲かるかどうかも決まります。この記事で、いくつもある仮想通貨の中から、おすすめの仮想通貨をランキング形式でご紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨のはじまりはビットコインです。今や500万円以上の価格になっているビットコインですが、それ以外の仮想通貨も続々誕生しています。すでに10000種類以上の仮想通貨があると言われており、日々新しい仮想通貨が誕生しています。

ブロックチェーン技術を使った通貨

デジタル通貨の一種が仮想通貨です。インターネットを使用して商品やサービスの購入でき、取引所を通じて円やドルなどの法定通貨と交換できます。

 

公開鍵暗号や把手関数などを用いると、安全性を確保します。取引はブロック単位にまとめられています。この取引の連続した情報をブロックチェーンと言います。仮想通貨のほとんどがブロックチェーン技術を用いており、取引情報は公開され共有される仕組みです。

仮想通貨の開発目的

仮想通貨は決済に使いますが、それぞれの仮想通貨で開発目的が違います。主な開発目的は以下の通りです。

 

・非中央集権型の決済
・取引や契約の自動実行
・オンラインゲームのプラットフォーム
・トークン
・ファンの交流のためのトークン

 

ひとえに仮想通貨といっても、様々な目的で開発されます。トークンとは、既存の仮想通貨をのシステムを使った通貨で、独自のブロックチェーンを持ちません。資金調達のための手段として、トークンは使われます。

法定通貨や電子マネーとの違い

法定通貨は、公的な発行機関の信用に基づいて発行して管理しており、紙幣や硬貨の実体を持ちます。日本円であれば、日本銀行が発行し政府が管理し、価値は日本銀行や政府が保証します。法定通貨と同じく仮想通貨も決済や送金機能を持ちますが、国家による保証はなく、実体を持ちません。

 

電子マネーはデジタル通貨と似ているので混同するかもしれません。電子マネーは第三者機関によって、電子的に決済を可能にするサービスです。法定通貨を使用して電子決済を行います。電子決済を可能とするのは、仮想通貨も電子マネーも同じですが、仮想通貨は第三者機関を通じずに決済や送金を行います。

仮想通貨の選び方

仮想通貨は何千とあり、日々新しい仮想通貨が誕生しています。投資して儲かるかどうかは、仮想通貨の選び方にかかっています。仮想通貨の選び方のポイントをご紹介します。

取引量が多いかどうか

取引量が多いかどうか、つまりは流動性があるかどうか確認します。流動性が低く取引量の少ない仮想通貨は、価格変動がほとんどなく、差益を狙いにくいです。売買注文を行っても、約定しにくくすべりやすいです。さらには、大きな資金が少し入るだけで一気に値が動くので、損失を被りやすいです。

 

流動性が低いと、取引の機会も少なく設けにくいです。そのために取引しやすく、ある程度値が動く、流動性の高い仮想通貨を選びましょう。その仮想通貨の取引量や値動きを参考に、流動性があるかどうか判断します。時価総額が大きいほど、流動性が高くなる傾向にあります。

価格変動があるかどうか

仮想通貨を選ぶときは、価格変動があるかどうかも確認しておきましょう。価格変動がボラリティと言われており、値動きが大きいほど大きな利益を見込めます。ただし価格変動が大きいと、含み損も多くなりやすいリスクはあります。

 

価格変動が大きいかどうかは、チャートを見てみましょう。1年や5年単位で見るのも良いですが、1日や1週間など最近のチャートの値動きを見て、価格変動があるかどうか確かめます。値上がりを続けていれば、上昇トレンドになっており、今後も値上がりが見込めます。

 

ただし、仮想通貨は一気に値下がりするときも多いので、価格変動には常に気を配った方が良いです。初心者は値動きの少ない仮想通貨から投資していき、売買に慣れたら値動きの大きい仮想通貨に投資するのも1つの方法です。

仮想通貨の金額にとらわれない

金額の安い仮想通貨は、少ない資金でも沢山買えるので、一時的に取引量が多くなるときがあります。草コインに金額の安い仮想通貨が多いですが、通貨として安いのではなく単価が低いだけであり、大きく値上がりするかどうかは不明です。

 

安くて沢山購入できるかどうかで仮想通貨を選ぶのではなく、通貨として良いのかどうかを見ていきましょう。ビットコインにしても、0.001BTCから購入可能なので、少額からでも購入できます。安くて買いやすいので投資する考え方は止めた方が良いです。

信頼できる運営会社かどうか

仮想通貨には、詐欺コインと呼ばれている実態のない仮想通貨もあります。資金を集めるためだけの仮想通貨もあり、ある程度資金が集まったら運営会社は姿をくらますのです。詐欺コインはスキャムと呼ばれています。何十倍にも値上がりを期待して、マイナーな仮想通貨に投資するのは悪くありません。

 

ただし、運営会社はしっかりしているのか、仮想通貨を盗まれないシステムを導入しているのかは確認しておきましょう。初心者はマイナーな仮想通貨よりも、ある程度有名な仮想通貨に投資した方が無難です。情報収集をしっかりと行いましょう。

投資スタイルにあった通貨を選ぶ

仮想通貨は、FXと同じように通貨ごとに特徴が違います。一気に値上がりする通貨や、徐々に値上がりする通貨、ほどんど値動きのない通貨などがあります。最初は仮想通貨に投資する予算を決めましょう。

 

次にハイリスクハイリターンか、ローリスクローリターンか、どのようなトレードスタイルにするか決めます。投資する仮想通貨を選んでから、その通貨の特徴に合わせてトレードスタイルを決めても良いです。

 

どの仮想通貨に投資するか迷っているならば、トレードスタイルを決めると、投資先の通貨を決めやすいです。

仮想通貨おすすめランキング15選

おすすめの仮想通貨をランキング形式でご紹介します。

JavaScriptで開発可能

コンチェックに上場したので、日本でも注目を集めています。シンガポールの非営利団体が開発しました。JavaScriptでスマートコントラクトなどの開発ができます。そのために、開発しやすい仮想通貨です。様々なプロジェクトで活用されており、今後の値上がりも期待できます。

通貨名 IOST 単位 IOST
取引開始日 2018年1月 発行上限 900億IOST

手数料無料で決済できる仮想通貨

手数料無料の決済が可能となっており、IoTに由来した仮想通貨です。名前もIoTにちなんでします。IoTによって、通信を効率化し、リアルタイムの支払いができ手数料無料を実現しました。大手企業が高く評価し、何社かと提携を結んでいます。ただし、現在は技術開発途中なので、世界に広まるには時間がかかります。

通貨名 アイオタ 単位 MIOTA
取引開始日 2015年11月 発行上限 27.8億MIOTA

バイナンス発行のトークン

仮想通貨取引所であるバイナンスが発行するIOCトークンです。バイナンスで基軸通貨になっています。有名な仮想通貨取引所のトークンなので、将来性が期待でき、徐々に値が上がってきています。成長している仮想通貨取引所であり、バイナンスコインの値上がりも期待できます。

通貨名 バイナンスコイン 単位 BNB
取引開始日 2017年7月 発行上限 2億BNB

ビットコインキャッシュのハードフォークで誕生

ビットコインキャッシュがハードフォークしたときに誕生した仮想通貨です。ビットコインキャッシュよりも安全でシンプルに使用するために作られました。ビットコインの抱えるスケーラビリティを解決するためにビットコインキャッシュが誕生し、さらにそこからビットコインSVが誕生しています。ブロックサイズが128MBであり、スムーズな取引を可能とします。

通貨名 ビットコインSV 単位 BSV
取引開始日 2018年 発行上限 2,100万BSV

システムが安定して軽量な仮想通貨

Qtum財団のオープンソースプロジェクトで誕生した仮想通貨です。ビットコインとイーサリアムの両方の良い部分を取り入れました。ビットコインの安定して軽量な部分と、イーサリアムのスマートコントラクトを取り入れています。軽量ながら安全な取引が可能です。ただし中国の取引所で扱っているので、中国経済に値が左右される可能性があります。

通貨名 クアンタム 単位 Qtum
取引開始日 2016年12月 発行上限 なし

個人で独自トークンを発行できる

ロシア発のICOプロジェクトであり、2016年に最も多くの資金を集めました。独自トークンをポイントカード代わりに使うなど、キャッシュレスで期待されている通貨です。トークン名、総発行量、追加発行などを自分で決められます。匿名機能導入など、開発すべき課題は多々あり、これからの発展に期待です。

通貨名 Waves 単位 WAVES
取引開始日 2016年4月 発行上限 1億WAVES

もとはネタコイン

ネットで有名な犬の画像を元にして、ビットコインを真似て作った仮想通貨です。そのために、機能はビットコインと同じです。発行上限がないですが、処理スピードが速いです。有名投資家の発言によって、一気に値上がりしました。これから伸びる仮想通貨として期待できます。

通貨名 ドージコイン 単位 DOGE
取引開始日 2013年12月 発行上限 なし

仮想通貨の中で有名なコイン

モネロはエスペラント語でコインや硬貨の意味があります。BitMoneroの呼び名でしたが、後にMoneroに変更されます。匿名性の高いCryptonoteの技術を使っています。早くに誕生した仮想通貨であるので有名で、価格が高いです。日本の取引所での取り扱いはなく、海外の取引所でのみ扱っています。

通貨名 モネロ 単位 XMR
取引開始日 2014年4月 発行上限 なし

2ちゃんねるで誕生した仮想通貨

ライトコインのシステムをベースにして開発しました。初めて日本で生まれた仮想通貨です。トランザクションデータを圧縮するSegWitを初めて搭載しました。個人同士での売買にも対応しています。投資はもちろん、投げ銭や決済にも使われています。日本で有名な仮想通貨です。

通貨名 モナコイン 単位 MONA
取引開始日 2014年1月 発行上限 1億512万MONA

セキュリティ対策を施している

イーサリアムと同じくスマートコントラクトを実装済みです。サイドチェーンと呼ばれるシステムを採用しており、セキュリティ対策を施しています。新しく記録を作り、ブロックチェーンの記録とは別にしておき、問題が発生しても元の状態に戻せます。セキュリティが高いために、マイクロソフトと提携しました。

通貨名 リスク 単位 LSK
取引開始日 2014年1月18日 発行上限 なし

日本で人気のある仮想通貨

日本で人気があり、日本の仮想通貨取引所で取り扱いがあります。決済スピードが早く、セキュリティが高いです。取引量が増えると、送金での処理スピードが遅くなります。その点を改良し、処理速度を重視している仮想通貨です。取引量が多くても素早い送金を行えます。

通貨名 ネム 単位 XEM
取引開始日 2015年3月 発行上限 90億XEM

ビットコインを改良した仮想通貨

ビットコインを元に改良を行い、取引処理スピードを速くして、送金手数料を安くしました。ゲーム配信サービスのSteamで決済に使えます。決済方法に使う企業が増えていけば、ライトコインの価値も上がっていく可能性があります。ブロック生成時間がビットコインの4分の1の2.5分です。

通貨名 ライトコイン 単位 LTC
取引開始日 2011年10月 発行上限 8400万枚

時価総額の一番高いアルトコイン

ビットコイン以外をアルトコインと呼び、アルトコインの中で一番時価総額が高いです。アルトコインの中で一番値が高く、仮想通貨の価格としてはビットコインの次です。契約を自動化するスマートコントラクトと呼ばれるシステムを採用しています。アルトコインの中で有名な仮想通貨なので、投資しやすいです。

通貨名 イーサリアム 単位 ETH
取引開始日 2015年8月7日 発行上限 1年間に1800万枚

国際送金に使う仮想通貨

リップル社の発行する仮想通貨です。時価総額は7位と有名な仮想通貨です。国際送金に使うと手数料は数円と安く、送金には数秒しかかかりません。国際送金を大きく変えるシステムと期待されています。期待されている仮想通貨なので、今後値上がりする可能性があります。

通貨名 リップル 単位 XRP
取引開始日 2013年9月 発行上限 1000億XRP

もっとも有名な仮想通貨

安く速く決済するために開発され、最初に誕生した仮想通貨です。今や世界中で導入が進んでおり、日本でもネットサービスの決済に利用できます。通販サイトでの利用も可能です。時価総額も価格も一番高いです。ビットコインで他の仮想通貨を購入でき、仮想通貨の中の基軸通貨としての役割もあります。年々値上がりしている仮想通貨です。

通貨名 ビットコイン 単位 BTC
取引開始日 2009年1月 発行上限 2100万BTC

仮想通貨の購入方法と売却方法

仮想通貨に投資するならば、最初に購入しないとなりません。仮想通貨の購入は仮想通貨取引所を通じて行います。日本にもいくつか取引所はあるので、どの取引所を利用するか決めましょう。

①仮想通貨取引所で口座開設

利用する仮想通貨取引所を決めたら、その取引所で会員登録して口座開設します。口座開設方法は以下の通りです。

 

1、会員登録
2、SMS認証
3、個人情報入力
4、本人確認書類提出

 

個人情報を入力し、SMS認証したら口座開設完了です。取引所によって、上記の流れは前後するときがあります。仮想通貨を購入するために入金しますが、入金するには本人確認を終わらせないとなりません。そのために、先に本人確認を終わらせておきましょう。

 

本人確認するには身分証明書を提出します。提出する書類は顔写真付きの身分証明書であり、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどから1つ提出します。パソコンでもスマホでも本人確認はできますが、スマホを使った方が手軽です。

②口座に入金

仮想通貨取引所の口座を開設したら、その口座に入金します。入金方法は、主に以下の3つです。

 

・銀行振込
・コンビニ入金
・クイック入金

 

銀行から入金する方法や、コンビニで入金する他に、クイック入金もあります。クイック入金はネットバンクやATMから入金する方法です。コンビニ入金とクイック入金は24時間利用できますが、手数料が高いです。銀行振込は、振込手数料を振込者が負担します。

③仮想通貨を購入する

口座に入金した後は、仮想通貨を購入します。仮想通貨取引所では、販売所と取引所があります。販売所は仮想通貨取引所を通じて購入する方法であり、取引所はユーザー同士で取引する方法です。販売所よりも取引所の方が取り扱い銘柄が少ないですが、手数料を抑えて購入できます。

 

販売所はあらかじめ決められている価格で、仮想通貨を購入します。買値と売値の差額であるスプレッドが、取引コストとして発生します。取引コストが高いので、購入して利益を出すには、スプレッド以上の値上がりがないとなりません。

 

取引所は板取引とも言われており、仮想通貨の購入希望者と売却希望者の値がマッチしないと、売買が成立しません。この値で仮想通貨を買いたいと注文を出すと、その値で売りたいユーザーが現れれば売買成立です。取引手数料が安く、板取引ならば手数料無料の仮想通貨取引所もあります。

④仮想通貨を売却する

購入後に仮想通貨の値が上がり利益が出たときや、値が下がって損切りするときは売却します。仮想通貨の売却は、仮想通貨取引所で行い、購入と同じく販売所か取引所で売却します。

 

販売所は仮想通貨取引所に対して売却し、取引所は板取引とも呼ばれており、ユーザーに対して売却します。購入時と同じく、取引所を使った売却はコストが高いです。

⑤現物取引と信用取引

仮想通貨の購入は、現物取引とレバレッジ取引のどちらかで購入できます。現物取引とは、口座の資金内で仮想通貨を購入して、差益で稼ぎます。それに対して、レバレッジ取引は、口座資金の2倍や3倍分の仮想通貨を購入できる方法です。

 

国内の仮想通貨取引所だと、レバレッジは最大2倍です。口座の資金である証拠金を元に売りポジションでも仮想通貨を保有できます。買いでも売りでも、ポジションを保有して日を跨ぐと、レバレッジ手数料が発生します。どちらの取引方法が良いかは、トレードスタイルで変わってくるものです。

まとめ

仮想通貨はいくつも種類があり、FXや株と同じく投資できます。投資したい仮想通貨を見つけたら、取り扱っている仮想通貨取引所を通じで売買します。おすすめの仮想通貨をランキング形式でご紹介しました。購入する仮想通貨を探すときの参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

その他のサービス
仮想通貨ウォレットアプリの人気おすすめランキング11選

仮想通貨ウォレットアプリの人気おすすめランキング11選

その他記事
【初心者向け】仮想通貨の銘柄人気おすすめランキング5選!取扱取引所も紹介

【初心者向け】仮想通貨の銘柄人気おすすめランキング5選!取扱取引所も紹介

その他のサービス
【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

その他記事
イーサリアムの管理におすすめな仮想通貨ウォレット人気ランキング11選

イーサリアムの管理におすすめな仮想通貨ウォレット人気ランキング11選

その他記事
初心者に使いやすい仮想通貨取引所とチャート分析5選【2023年最新版】

初心者に使いやすい仮想通貨取引所とチャート分析5選【2023年最新版】

その他のサービス