マンスリーカラコンのおすすめ7選【2023年度最新版】

記事ID34206のサムネイル画像
目の印象を変えるのに役立つカラコン。SNSでは「韓国っぽ」なカラコンも話題です。マンスリーのカラコンはワンデーのカラコンより価格がリーズナブルなので、コスパを重視したい方におすすめ。本記事では、おすすめのマンスリーカラコンと選び方や気を付けたいポイントをご紹介します。

おすすめのマンスリーカラコンを選ぼう

目の印象をガラッと変えられるカラコン。カラコンにはワンデータイプやマンスリータイプなど種類があります。ワンデーは一度使ったら使用できないので購入費用がかさみます。そのため、コストを抑えたい方な長く使用できるマンスリーカラコンがおすすめです。

 

また、マンスリーカラコンなら使用できる期間が分かりやすいので、2ウィークのカラコンよりも使いやすいです。さらに、カラコンは目の黄金比率に合わせて選ぶと自分の目に合うカラコンを探しやすくなります。

 

今回は、おすすめのマンスリーカラコンを紹介します。マンスリーカラコンは、ワンデイ対ピのものと違って何回も購入する手間を省けるのでおすすめです。マンスリーカラコンを探している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

マンスリーカラコンのメリット・デメリット

ここからは、マンスリーカラコンのメリットとデメリットについて解説します。カラコンは「高度管理医療機器」であり、必ず眼科医の指示に従って正しく使う必要があります。また、適正に使用しなければ眼障害を引き起こす可能性があるので、必ず使用方法を守ってください。

価格がリーズナブル

マンスリーカラコンは、ワンデーのカラコンより価格がリーズナブルなのが特徴です。毎日カラコンを使う方は、できるだけコスパのいいカラコンを使いたいですよね。マンスリーのカラコンは1年間で計算するとワンデーより断然コスパがいいです。

 

度なしの場合だと2枚入りで1600円~2500円前後、度ありの場合は両目用に計2箱買ったとしても2500~3000円くらいが相場になっています。そのため、月に8回以上カラコンを使用する機会のある方は、マンスリーの方がお得です。

何回も購入する手間を省ける

ワンデーカラコンは1枚入りのものが多く、毎日使用する方は3箱も購入しなければなりません。一方、マンスリーのカラコンは、開封してから30日間使用できるためワンデーのように何度も購入する手間を省けます

 

また、ワンデーカラコンの中に価格が低い分、機能性に欠けているものもあります。カラコンは目に入れるものなのでとても繊細です。大容量で安くなっているからといって特に確認せずに通販で購入すると、目に異常が出る場合もあるので注意してください。

使用期間が分かりやすい

マンスリーのカラコンは開封してから30日間使用できるカラコンです。そのため、2ウィークカラコンよりいつから使い始めたのかを覚えやすいのが特徴です。カラコンには必ず決められた使用期間があり、使用期間を守らないと目に悪影響を及ぼすためしっかりと使用期間を守ってください。

 

しかし、マンスリーのカラコンであっても涙の量やアレルギー体質などが原因で連続装用できない場合もあります。そのため、カラコンを使用する前には必ず病院の診察を受け、アレルギーがある方は眼科医の指示をお守りください。

ワンデーより種類が少ない

マンスリーのカラコンは、ワンデーに対して種類が少ない傾向にあります。そのため、気に入ったからカラコンを続けたい方には問題ないですが、さまざまな種類のカラコンを試したい方には向きません。服やメイクに合わせて毎日変えたい方は、ワンデーの方が使いやすいです。

お手入れがめんどくさい

マンスリーカラコンは、ワンデーカラコンと違って毎日洗浄と消毒を行わなければなりません。洗浄保存液やレンズケースを用意して、カラコンに汚れが付かないように毎日お手入れしなければならないため、この作業が負担に感じる人は使い捨てられるワンデーのカラコンを選ぶといいです。

マンスリーカラコンの選び方

ここからは、マンスリーカラコンの選び方についてくわしく解説します。自分に合ったカラコンを選ぶために、はフチの有無やDIAの大きさをチェックするといいです。さらに、目やまぶたの形に合わせて選ぶと顔のイメージを変えられるので、イメチェンをしたい方にもおすすめです。

レンズのタイプや髪色で選ぶ

マンスリーカラコンを選ぶときは、レンズのタイプをチェックするといいです。ナチュラル系かハーフ系を使うかでかなり目の印象や顔全体のイメージが変わります。また、レンズのタイプはメイクやカラーに合わせて「なりたい自分」をベースにして考えると選びやすいです。

ナチュラル系は黒髪の方におすすめ

日本人の大半は濃いブラウン系の目の色をしており、肌の色が黄みがかっている人が多いので、ブラックのカラコンよりブラウン系のナチュラルなカラコンの方がなじみやすいです。また、髪の色に合わせて選ぶとよりナチュラルな印象を与えられます。

 

さらに、ブラウン系のナチュラルなカラコンなら瞳に自然な印象を与えられるため、オフィスや学校などでも使いやすいです。そして、ハーフ系のカラコンより裸眼に近い印象なので、カラコン初心者の方や黒髪の方にもおすすめです。

ハーフ系はハイトーンの方におすすめ

グレー系のカラコンは目の色素が薄く見えるようになるのできりっとしたハーフな雰囲気を与えられます。そして、ブルー系のカラコンは人形のような透明感のある瞳に慣れるので、少し派手な印象になりたい方におすすめです。

 

また、ハーフ系のカラコンはナチュラル系のカラコンより目の印象をガラッと変えられるので、コスプレを行うときに使う方も多いです。ハーフ系のカラコンは目鼻立ちがくっきりしてる方や髪の色がハイトーンの方に最適なので、ぜひ髪の色と合わせて楽しんでください。

フチの有無で選ぶ

カラコンを選ぶときは、フチの有無をチェックするのがおすすめです。一般的なカラコンはフチがあるタイプとフチがないタイプに分けられています。フチとはカラコンの一番外側に入っているラインのことであり、フチがあるかないかで目の印象がガラッと変わります。

 

また、カラコンのフチは瞳よりやや大きくサークル状に作られているので、目を大きく見せられます。そのため、目を大きく見せたい方や目の印象を強調させたい方はフチあり、カラコンを着用しているのがばれたくない方はフチなしを使うといいです。

DIAの大きさで選ぼう

カラコンを選ぶときは、DIAの大きさをチェックするのも重要です。DIAとはレンズ自体の大きさを示す値のことを言います。日本人の瞳のサイズは平均11.0~12.5mmと言われているため、瞳よりも少し大きめの14.0~14.2mmを選ぶのがおすすめです。

 

また、酸素透過率の高いカラコンを選ぶとDIAが大きいものでも瞳にかかる負担が少なくなります。酸素透過率とはカラコン装着時にどれだけ瞳に酸素を通せるかを示しているものです。化カラコンをしていると瞳が酸欠になりやすいので、できるだけ酸素透過率が高いものを選ぶといいです。

付け心地で選ぼう

カラコンを選ぶときは付け心地が良いかもチェックしてください。付け心地が悪いと目を傷つけてしまう場合もあるので、しっかり眼科で検査をしてもらってから選ぶといいです。また、高含水のカラコンは水分量が多いため、目に自然となじみやすくなります。

 

含水率とはレンズにどれくらいの水分が含まれているかを表した数値であり、含水率が50%以上のレンズは高含水レンズと言われています。特に、涙の量が多い方や初めてカラコンを使用する方は含水率の高いカラコンの方が使いやすいのでおすすめです。

目やまぶたの形で選ぶ

カラコンは自分の目やまぶたの形に合わせて選ぶのがポイントです。目やまぶたの形に合わないものを使っていると、良い印象を与えるどころかきつい印象に見られる場合があります。以下では、それぞれの目やまぶたの形に合わせたカラコンの選び方を改設するので、ぜひ参考にしてください。

一重の場合

一重まぶたの方にはサークル型のカラコンがおすすめです。サークル型のカラコンを使うと、黒目のふちを強調させられるので、瞳が目立ち明るい印象に変えられます。また、一重の方は目の面積が狭いので、着色直径が大きすぎるカラコンを使うと白目の部分が極端に少なくなり違和感が出ます。

 

そのため、一重の方は着色直径が黒目の境界部分と同じか少し小さいくらいのものを選ぶといいです。さらに、オーソドックスな黒いカラコンだと瞳がべったりとした印象になってしまうので、ブラウンやグレーなど少し明るめのカラーを選ぶのがおすすめです。

幅が狭い二重・奥二重の場合

幅が狭い二重の方や奥二重の方には膨張色のカラコンがおすすめです。目を大きく見せようとしてアイメイクを濃くしている幅が狭い二重の方や奥二重の方が多いですよね。しかし、カラコンを使った方がナチュラルな印象を与えられるので便利です。

 

また、幅が狭い二重だと二重のラインが目立ちにくいため、サークル径が14.5mm前後の大きめなものを選ぶと目の印象を強められます。さらに、黒やダークブラウンなどの濃い色のフチがあるカラコンだと瞳の印象がはっきりするのでおすすめです。

たれ目の場合

たれ目の場合は、落ち着いたブラウンやピンクなどの優しい暖色系カラーのカラコンを選ぶのがおすすめです。たれ目だと目元が幼く見えてしまったり、眠そうに見えてしまうことがあるので、大人っぽい印象を与えるためにもブラウン系のナチュラルなタイプを選ぶといいです。

 

反対に、ブルーやグリーン系のカラコンを選ぶとクールな印象を与えらえます。また、たれ目の場合は着色部分の直径が大きめのものを選んで黒目の比率を上げるのがポイントです。カラコンと合わせてアイラインの目尻を下向き伸ばしながら描き目尻を太めにすると、より目を大きく見せられます。

つり目・より目の場合

つり目の場合は、グレー系やアッシュ系のカラコンを使うのがおすすめです。つり目の方は目尻がつり上がっているためきつい印象に見られがちですよね。そんな方でも、ブラウン系やアッシュ系のカラコンを使えば目元にやわらかい印象を与えれます。

 

また、フチありよりフチがないカラコンを選んだ方が柔らかい印象を与えれるのでおすすめです。さらに、オレンジベージュなら目元を華やかにしてくれるため、クールな雰囲気になります。そして、より目の場合はふちが細い立体型でブラウン系のカラコンを選ぶと目が横に大きく見えます。

離れ目・まん丸目の場合

離れ目の場合は、奥行きを出すためにグラデーションのカラコンを使うのがおすすめです。濃い色やフチがはっきりしているカラコンを使うと離れ目を余計に強調させてしまいます。また、真っ黒のカラコンを使うと目が小さく見えてしまうのでおすすめしません。

 

そして、まん丸目の場合はフチがしっかりしているカラコンを使うといいです。黒目が大きい方は、直径が小さいものを買っても見えないのでつける意味がなくなってしまいます。そのため、もともと黒目が大きい方は直径が少し大きめのものから試していくと選びやすいです。

目の黄金比率に合わせて選ぶのもおすすめ

カラコンは、目の黄金比率に合わせて選ぶのもおすすめです。目の黄金比率とは目が最も美しく見える黒目と白目の比のことであり、白目:黒目:白目=1:2:1が最も美しいと言われています。これは、女性だけでなく男性にとっても好印象な比率です。

 

そのため、定規かメジャーを使って自分の目の横幅を測り、それを2で割って最適な着色直径を求めてください。しかし、フチにぼかしがあるカラコンだと着色直径通りの大きさの黒目にならないケースもあるのでぼかしの有無を確認するといいです。

マンスリーカラコンのおすすめ7選

ふんわりライトブラウンカラーで使いやすい

チョコレートは、カラーがふんわりライトブラウンになっており、まるで人形のようなくりっとした目を手に入れられます。また、ルムーン マンスリーにはチョコレートのほかにミルキーグレーやクリームナッツなどもあります。ミルキーグレーやクリームナッツは透け感のあるハーフ瞳になります。

直径 14.5mm 着色直径 13.8mm
含水率 38.0% BC(ベースカーブ) 8.6mm
カラー展開 チョコレート・クリームナッツ・ミルキーグレーなど 医療機器承認番号 22400BZX00278000

レディドール・レディジュエル・レディパールの3カラー

オトナマンスリーはUVカット機能や潤い成分が付いているのが特徴です。また、レディドール・レディジュエル・レディパールと3つのカラーを展開しています。中でも、レディードールは明るめのブラウンで裸眼に近いです。カラコンをしているのが目立たないため、仕事や学校でも使いやすいです。

直径 14.2mm 着色直径 13.6mm
含水率 38.5% BC(ベースカーブ) 8.6mm
カラー展開 レディドール・レディジュエル・レディパール 医療機器承認番号 22500BZX00066000

Wぼかしフチが付いている

ミスティブラウンはWぼかしフチが付いているので、限りなく瞳に溶け込みやすいです。そのため、学生の方や一般企業に勤めている方でも使いやすいです。また、非イオン性素材HEMAを採用しているため、長時間装用していてもクリアな視界を持続できます。

直径 ミスティブラウン:14.5mm、チャーミングブラウン・チャーミングヘーゼル:14.2mm 着色直径 ミスティブラウン:13.8mm、チャーミングブラウン・チャーミングヘーゼル:13.4mm
含水率 38.0% BC(ベースカーブ) 8.7
カラー展開 ミスティブラウン・チャーミングブラウン・チャーミングヘーゼル 医療機器承認番号 22600BZX0094A10

幅広いカラーを展開しているのが特徴

エンジェルカラーは、チェリーブラウン・シナモンラテ・メープルジャムなど幅広いカラーを展開しているのが特徴です。中でも、シナモンラテはフチは細いので目になじみやすいです。また、黒目とグラデーションがなじみやすいので、ナチュラルなカラコンとして使えます。

直径 ‎14.5mm 着色直径 13.7mm
含水率 38.5% BC(ベースカーブ) ‎8.7mm
カラー展開 シナモンラテ・ハニーミルクなど 医療機器承認番号 22300BZX00162000

色素が目に触れない仕組みになっている

ナチュラル ラブリー バイ アイリストは、オリーブグレー・モカブラウン・リッチブラウン・ハニーブラウンの4色を展開しています。また、タンパク質汚れに負けない非イオン性レンズであり、色素が目に触れない仕組みになっているので使いやすいです。

直径 14.2mm 着色直径 13.8mm
含水率 38.0% BC(ベースカーブ) 8.6mm
カラー展開 オリーブグレー,モカブラウン,リッチブラウン,ハニーブラウン 医療機器承認番号 22400BZX00253000

ドライアイでも使いやすいカラコン

TeAmo 1MONTHは細めのダークブラウンカラーのフチがあり、目に溶け込みやすくなっています。また、水分が蒸発しにくい低含水レンズを使用しているので、ドライアイの方でも使いやすいです。さらに、カラーはブラウン系やナチュラル系など全部で39種類もあります。

直径 14mm,14.2mm,14.5mm(カラー・タイプにより異なる) 着色直径 12.0mm,13.1mm,13.4mm,13.5mm,13.6mm,13.7mm,13.9mm,14.1mm(カラー・タイプにより異なる
含水率 38% BC(ベースカーブ) 8.5mm,8.8mm(カラー・タイプにより異なる)
カラー展開 ブラウン系,ナチュラル系,グレー系,ハーフ系,高発色系など全39種類 医療機器承認番号 22300BZX00181000

非イオン性のレンズを採用

#CHOUCHOU 1monthは、目に直接色素が触れないサンドイッチ製法で作られているのが特徴です。また、非イオン性のレンズを採用しているので、レンズ汚れの原因も吸収しにくいです。さらに、ミルキーピーチやフレッシュライムなどのパステルカラーも展開しているので、より透明感のある瞳になります。

直径 14.2mm 着色直径 13.2mm
含水率 38.0% BC(ベースカーブ) 8.8mm
カラー展開 ミルキーピーチ・ベイビーブルーなど 医療機器承認番号 22400BZX00457000

以下の記事では、ナチュラルカラコンの人気おすすめ15選【大人も使える】について紹介しています。ナチュラルカラコンを探している方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

カラコンを使用する際の注意点

ここからは、カラコンを使用する際に注意すべきことについてくわしく解説します。カラコンは正しく使わないと視力低下や感染症のリスクが高まってしまいます。さらに、目を傷つける恐れがあるため、破損等の不具合のあるレンズは絶対に使用しないでください。

装着期限や取り扱い方法を守る

カラコンを使用する際は装着期限や取り扱い方法を必ず守ってください。装着期限を守らないと目を傷つける原因になってしまいます。さらに、ワンデイ以外の2ウィークタイプやマンスリータイプのカラコンは毎日洗浄が必要です。

 

付着した汚れをそのままにしておくと、細菌やカビなどが繁殖して目の炎症を起こす原因になりかねません。また、カラコンを水道水で洗うと雑菌の付着したりレンズが変形したりする場合があります。そのため、カラコンを洗浄する場合は必ず洗浄液を使用してください。

定期検診を受ける

カラコンを使用する際は眼科の定期検診をつける必要があります。自分の目に合わないレンズを使い続けていたり、間違った使い方をしていると目に負担をかけてしまいます。目に負担をかけすぎると失明のリスクが高まるので、必ず定期検診を受けてください。

 

また、初めてカラコンを使用する場合は眼科での検査を受けてから作るのがポイントです。ドライアイやアレルギー体質の場合はカラコンを使うと悪化させてしまう恐れがあります。そのため、視力の測定や瞳に傷がないかを総合的に調べてから自分に合ったカラコンを購入するといいです。

違和感があったら使用を中止する

カラコンを使用していて違和感を感じる場合は、そのまま使い続けず使用を中止してください。違和感があるにも関わらず使い続けると目に負担がかかるため、失明や目のトラブルにつながります。カラコンを外しても違和感が残る場合はできるだけ早く眼科を受診してください。

 

さらに、カラコンを使っていて目がゴロゴロする場合はカラコンの表と裏が反対になっている可能性も考えられます。そのため、カラコンを指に乗せて横から見たときにフチがきれいなお椀型にカーブしているかを確認してから装着するといいです。

洗顔や夜間の運転時は外す

カラコンをつけたまま洗顔をしたりシャワーを浴びたりすると、眼球を傷つけてしまう恐れがあるのでとても危険です。洗顔料の中には火山灰由来の原料やスクラブなどの成分が含まれており、目に入ると充血の原因になりかねないので、必ずカラコンを外してから洗顔してください。

 

また、コンタクトを外さずに入浴するとコンタクトが変形する場合があるので、目に負担をかけないために外すことをわすれないでください。そして、瞳部分に過度なされているカラコンは視界が狭くなりがちなので、夜間の運転時には外しておくといいです。

安すぎる韓国カラコンにも注意が必要

韓国カラコンは価格のリーズナブルさから若い世代に人気を誇っています。しかし、海外通販サイトは日本で承認されていないカラコンが売られていないカラコンも多いです。そのため、安さだけでなく品質管理体制の認定や基準を満たしているかを確認してください。

マンスリーのカラコンを使ってイメチェンしよう

今回は、おすすめのマンスリーカラコンを紹介しました。マンスリータイプのカラコンは、価格がリーズナブルであり、何度も購入する手間を省けます。また、自分の目の形や髪色に合ったカラコンを選ぶと「なりたい自分」に近づけるのでおすすめです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】初心者にも盛れるカラコンの人気おすすめ11選

【2023年最新版】初心者にも盛れるカラコンの人気おすすめ11選

カラーコンタクトレンズ(カラコン)
安いカラコンの人気おすすめランキング20選【安く買う方法も】

安いカラコンの人気おすすめランキング20選【安く買う方法も】

カラーコンタクトレンズ(カラコン)
【2023年度最新版】メンズにおすすめの人気カラコン10選【青やグレーも】

【2023年度最新版】メンズにおすすめの人気カラコン10選【青やグレーも】

カラーコンタクトレンズ(カラコン)
一重さん向けの人気カラコンおすすめ15選【2023年最新版】

一重さん向けの人気カラコンおすすめ15選【2023年最新版】

カラーコンタクトレンズ(カラコン)
コスプレ向けカラコンの人気おすすめランキング16選【発色のいいものも】

コスプレ向けカラコンの人気おすすめランキング16選【発色のいいものも】

コンタクトレンズ
【2023年最新版】韓国カラコンの人気おすすめランキング15選

【2023年最新版】韓国カラコンの人気おすすめランキング15選

カラーコンタクトレンズ(カラコン)