【初心者向け】仮想通貨の銘柄人気おすすめランキング5選!取扱取引所も紹介

記事ID33709のサムネイル画像
仮想通貨に興味があるが、種類が多過ぎて判断に迷う方が少なくありません。「とりあえずはビットコイン」「ビットコイン以外の種類から」という方も、まず銘柄のメリット・デメリットを確認して購入しましょう。その判断材料として仮想通貨の種類、おすすめの銘柄をご紹介します。

仮想通貨は初心者でも稼げる?

経験のない方は「仮想通貨取引」と聞くと、難しいと感じる人が多いのではありません?実際にやってみると、実は株式の取引よりも簡単かもしれません。では、初心者でも仮想通貨で儲けられるのかの疑問にお答えします。

 

答えは『YES』です。やり方さえ間違えなければ儲けるのは、さほど難しくないかもしれません。一時期、投資の経験がない方まで仮想通貨で大儲けした時期がありました。しかし、それに触発されて大損をした人がいたのも事実です。

 

投資は儲かる人もいれば、損をする人もいます。しかし、なるべく損をする確率を下げ、儲かる確率を上げるのは可能です。ここでは、仮想通貨でなるべく損を減らし、儲けを増やす取引方法や、有望な仮想通貨銘柄を紹介していきます。

仮想通貨は何種類ある?

仮想通貨の正確な数は分かりませんが、把握されているだけで2,000種類以上はあると言われています。また一部には実態がないにも関わらす、ICO(新規仮想通貨公開)を利用して、単に資金集めのためだけに開発された仮想通貨もあります。

 

何となく儲かりそうだと、目新しい仮想通貨に手を出すのは危険です。仮想通貨は選び方を間違えなければ、大損をするリスクはある程度回避できますので、正しい選び方を覚えおきましょう。

ビットコインとアルトコインを理解しておこう

仮想通貨を「ビットコイン」だと思い込んでいる方がいますが、間違いではありませんが正解ではありません。最初に誕生した仮想通貨は「ビットコイン」ですが、「ビットコイン」に続いて、次々と誕生したのが「アルトコイン」です。

 

「アルトコイン」はAlternative Coin(代替コイン)の略語で、「ビットコイン」の代替的な仮想通貨ですが、中にはビットコインの存在を脅かすほど成長している銘柄もあります。

 

ビットコインは1単位が数百万円と非常に大きくなり、手が出しにくい仮想通貨となってしまいましたが、アルトコインにはまだ1単位の金額が小さいものが多くあり、将来大きな値上がりが期待されるものもありますので、選択肢に入れてみる価値はあります。

仮想通貨の3つの取引方法

仮想通貨にはさまざまな取引方法がありますが、ここでは代表的なものを3つ挙げておきます。どれを選ぶかは皆さんの自由ですが、投資は儲けるため、資産を形成するために行います。ギャンブルになってしまわないよう、自己責任で行ってください。

長期トレード

初心者におすすめの仮想通貨取引の方法は、この長期トレード』です。まだ価格が低い時に購入し、ある程度価格が上がった時に仮想通貨を売る方法です。預金でも、長期の金利が高いように、仮想通貨も数ヶ月から数年保有すると利益が出やすいと言えます。

 

投資としての面白みには欠けるかもしれませんが、価格が上昇するまで待つだけなので、選ぶ銘柄を間違えなければ、損をするリスクは低いのです。無難な銘柄を購入し、保有している間に仮想通貨をじっくり研究してみるのもおすすめです。

短期トレード

数カ月から数年保有する長期トレードに対し、短期トレードは数時間〜数週間のサイクルで取引を行う方法です。長期トレードよりも取引リスクは高まりますので、仮想通貨のチャート分析、経済情勢の分析力などが問われます。

 

初心者が手を出すとヤケドを負う可能性がありますので、仮想通貨を勉強し、取引にもある程度慣れてから始める方法をおすすめします。テキストを購入するまでもなく、ブログやYoutubeなどでも仮想通貨を学べますので、まずはスキマ時間に少しずつ勉強してみましょう。

 

また、短期で売買を繰り返すと、取引手数料もかさみます。短期トレードが主となる方は取引所を選ぶ際には、取引手数料が無料、もしくは安い取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨FX

「仮想通貨FX」とは、実際に仮想通貨を売り買いをするのではなく、今後の値上がりや値下がりを見込み、買い注文(ロングと呼ぶ)または売り注文(ショートと呼ぶ)によって保有した「建玉」を決済し、その売買差額分を得る証拠金取引です。


現物取引では、買った金額以上に価格が上がらないと利益が出ませんが、「仮想通貨FX」将来価格を予想して注文だけをしておき、「買建」(買いポジション)では買いと売りの差額、「売建」(売りポジション)では売りと買いの差額が利益になる仕組みです。

 

つまり、上げ相場、下げ相場に左右されずにそれぞれで儲ける事が可能なのが「仮想通貨FX」なのです。さらに仮想通貨FXでは、『レバレッジ』取引といって、実際の資金の2倍や3倍で取引が可能な取引所があり、少額資金でも大きな取引が可能なのです。

 

このように仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターンの方法のため、初心者にはおすすめできません。しっかり勉強してから、仮想通貨FXを始めるようにしましょう。

仮想通貨を選ぶポイント

仮想通貨の種類は2,000種類を超えると言われており、その中から良い銘柄を選ぶのは至難の技と思われがちですが、実はそれほど難しくはありません。次に挙げる2つのポイントを押えておけば、失敗する可能性はほぼありません

将来性がありそうな銘柄か

仮想通貨にはさまざまな銘柄がありますが、初心者の方は値動きの少ない銘柄から選ぶようにしましょう。値動きを「ボラリティ」とも呼びますが、「ボラリティ」の小さい銘柄(安定銘柄)を選び、長期保有で長い目で見ていきましょう。

 

また仮想通貨は未来の基軸通貨となる可能性を秘めています。大きな企業が実際に利用を始めているのも、投資目的以外に決済コストの削減、合理化を狙っているからです。また日本政府も仮想通貨の呼称を暗号資産に統一し、本格利用に備えて法整備を行っています。

 

ビットコインは既に仮想通貨における実質的な基軸通貨ですが、第2のビットコインを探しをすると仮想通貨取引が楽しくなります。

安定した銘柄か

仮想通貨は厳しい審査を経て取引所に上場します。すなわち、メジャーな取引所で取り扱っている仮想通貨は審査に合格した銘柄なのです。銘柄を選ぶ際は、取引所も併せて選ぶようにしましょう。

 

ほかに着目しておきたいのは、流動性の高さです。流動性が高い仮想通貨は「取引量が多い証」です。流動性が高いと買いやすく、売りやすいので初心者には向いています。流動性は取引高で分かりますので、取引状況を見て、注文価格と注文量から判断できます。

 

ほか、仮想通貨の選択ではありませんが、仮想通貨の取引所は複数取引所の登録をおすすめしますリスクヘッジの意味合いもありますが、それぞれの使い勝手を試しながら、自分に合った取引所に絞るのも快適な取引を行う1つの方法です。

仮想通貨の銘柄人気おすすめランキング5選

仮想通貨の種類は多くあり、どの銘柄を選ぶか迷うところです。ここでは口コミや客観的数字などから、編集部で選定したおすすめの仮想通貨を5つ紹介します。それぞれの特徴を挙げながら紹介していきますので、銘柄選択の参考にしてください。

 

また各銘柄の紹介には、併せてその銘柄を取り扱っている取引所の中から、おすすめの取引所を載せていますので、ぜひ取引所選びにもお役立てください。

「PayPal」が採用した決済能力の高い仮想通貨

ライトコイン(LTC)は最も歴史のあるアルトコインです。元々はビットコインの欠点を補うために開発された仮想通貨で、決済能力の高さを特徴としています。オンラインの決済サービスの「PayPal」が仮想通貨市場に参入した際に、取扱通貨として、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに加えて、このライトコインを採用しました。

 

「PayPal」がライトコインを採用したのは、その決済能力の高さを買ったからです。そして、「PayPal」は2021年3月に米国市場から「PayPal」を使ったライトコイン決済を開始しています。今後、世界に波及し、ライトコインが決済や送金手段として広く利用される可能性があります。

 

以上、ライトコイン(LTC)をおすすめの仮想通貨として紹介しました。

通貨名 ライトコイン(LTC) 発行開始年月 2011年10月
現在のレート(1通貨) 15,655円 時価総額 1.24兆円
時価総額ランキング 13位 おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、BITPOINT、bitbank

※現在のレート及び時価総額は2021年9月24日現在の数字です。

人気のビットコインから派生した期待の仮想通貨

その名前からも分かるように、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから機能強化を目的にハードフォーク(分岐)で誕生した仮想通貨です。ビットコインは巨大になり過ぎ、手数料高騰や送金遅延などさまざまな問題を抱えるようになりましたが、その解決策としてビットコインキャッシュが生みだされました。

 

ビットコインキャッシュはビットコインを超える性能や機能を持つため、決済通貨として普及する可能性があります。また、ビットコインが半減期を迎えて発行量が半減すると、価格の上昇傾向が見られますが、それに呼応して、ビットコインキャッシュも価格上昇の可能性が高まります

 

またビットコインキャッシュはイーサリアムと同様のスマートコントラクト(自動契約技術)を実装しており、今後ビジネス領域での活用が期待されています。こうした点からも、ビットコインキャッシュ(BCH)は将来性の高い銘柄と言えます。

 
通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH) 発行開始年月 2017年8月
現在のレート(1通貨) 60,460円 時価総額 1.14兆円
時価総額ランキング 14位 おすすめの取引所 bitFlyer、Coincheck、DMMBitcoin、GMOコイン

※現在のレート及び時価総額は2021年9月24日現在の数字です。

国際送金システムの実現を目指す人気のアルトコイン

リップル(XRP)はリップル社によって運営されており、他の非中央集権型システムとは異なっています。優れた送金システム(リップル・トランザクション・プロトコル)によって、国際送金がスピーディに安く行える点がリップルの最大の特徴です。

 

これまでの国際送金は、SWIFTと呼ばれる国際銀行間のルールによって、送金に時間が掛かる、手数料が高い問題などがありましたが、RTXPによって僅か数秒で送金が完了し、しかも手数料が掛からない、素晴らしい送金システムが整ってきたのです。

 

このようにしてリップルは国際送金システムの実現を目指しており、これからも期待の大きな仮想通貨として注目されます。

通貨名 リップル(XRP) 発行開始年月 2013年9月
現在のレート(1通貨) 109.25円 時価総額 10.94兆円
時価総額ランキング 3位 おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン

※現在のレート及び時価総額は2021年9月24日現在の数字です。

ビットコインに次ぐメジャーなアルトコイン

イーサリアム(Ethereum)は、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の中で最も時価総額が大きく、注目度の高い仮想通貨の1つです。イーサリアムには「スマートコントラクト」機能が搭載されている点が大きな特徴です。 スマートコントラクトはブロックチェーン上で自動的に契約を実行してくれる機能です。

 

 

スマートコントラクトでは当事者の間で契約書締結が不要になるメリットがあり、不動産売買などですでに利用されています。「スマートコントラクト」の透明性、信頼性は高く、今後さらに企業間の契約やサービス売買での利用の広がりが期待されています。



また一般的な仮想通貨では、価格変動に影響がある「発行上限」と「半減期」(新規発行される通貨が減少するイベント)が設けられていますが、イーサリアムには、発行上限と半減期が設定されておらず、今後も安定した供給が見込まれています

通貨名 イーサリアム(Ethereum) 発行開始年月 2015年8月
現在のレート(1通貨) 342,637円 時価総額 40.19兆円
時価総額ランキング 2位 おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン、SBICTrade、BITPoint、Zaif

※現在のレート及び時価総額は2021年9月24日現在の数字です。

仮想通貨の代名詞、実質的な基軸通貨

ビットコインは2009年に誕生した、世界で初めての仮想通貨です。暗号資産の中で最も知られた通貨であり、1通貨単位のレート、時価総額ともに最高値となっています。ビットコインの価格が仮想通貨全体の相場に大きな影響を与えている状況などから、基軸通貨と見なされています。

 

ビットコインは、金融機関を通さない分散型の決済システムを構築し、参加者が全員で管理する形式を採用している点が大きな特徴です。この仕組みはブロックチェーンとして広く知られています。

 

仮想通貨=ビットコインとして定着しており、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれています。ビットコインは初めて仮想通貨を取引する人には外せない銘柄と言えます。

通貨名 ビットコイン(BTC) 発行開始年月 2009年1月
現在のレート(1通貨) 4,923,815円 時価総額 92.69兆円
時価総額ランキング 1位 おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン、SBICTrade、BITPoint

※現在のレート及び時価総額は2021年9月24日現在の数字です。

仮想通貨の銘柄人気おすすめ比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 通貨名 発行開始年月 現在のレート(1通貨) 時価総額 時価総額ランキング おすすめの取引所
アイテムID:8199801の画像

公式サイト

Coincheck

bitFlyer

DMMBitcoin

GMOコイン

SBI VC Trade

BITPoint

仮想通貨の代名詞、実質的な基軸通貨

ビットコイン(BTC)

2009年1月

4,923,815円

92.69兆円

1位

Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン、SBICTrade、BITPoint

アイテムID:8199800の画像

公式サイト

Cioncheck

bitFlyer

DMM Bitcoin

GMOコイン

SBI VC Trade

BITPoint

Zaif

ビットコインに次ぐメジャーなアルトコイン

イーサリアム(Ethereum)

2015年8月

342,637円

40.19兆円

2位

Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン、SBICTrade、BITPoint、Zaif

アイテムID:8199799の画像

公式サイト

Coincheck

bitFlyer

DMM Bitcoin

GMOコイン

国際送金システムの実現を目指す人気のアルトコイン

リップル(XRP)

2013年9月

109.25円

10.94兆円

3位

Coincheck、bitFlyer、DMMBitcoin、GMOコイン

アイテムID:8199798の画像

公式サイト

bitFlyer

コインチェック

DMM Bitcoin

GMOコイン

人気のビットコインから派生した期待の仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)

2017年8月

60,460円

1.14兆円

14位

bitFlyer、Coincheck、DMMBitcoin、GMOコイン

アイテムID:8199797の画像

公式サイト

コインチェック

ビットフライヤー

GMOコイン

BITPoint

bitbank

「PayPal」が採用した決済能力の高い仮想通貨

ライトコイン(LTC)

2011年10月

15,655円

1.24兆円

13位

Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、BITPOINT、bitbank

仮想通貨取引で知っておくべき税の知識

ここまでおすすめの仮想通貨について紹介してきましたが、仮想通貨を始める前に知っておくべき税金関係の知識について解説します。これから仮想通貨取引を始める方は、知らないと損をしますので、ぜひ最後までお読みください。

仮想通貨の利益は確定申告する

仮想通貨の取引で利益が出たら、その利益に対して税金がかかります。仮想通貨取引の利益は「雑所得」となります。給与所得者は給与以外で年間20万円以上の利益があると、確定申告をしなければなりません。

 

雑所得は「総合課税」の対象となるため、給与所得者は給与所得分と合算した上で税率が計算されます。「数十万万円程度の利益なら申告しなくても見つからない」と言う人がいますが、これは脱税行為ですので、きちんと申告しましょう。

 

仮想通貨取引は日本国内の取引所、販売所を利用する限りは、その取引は国税庁にトレースされます。確定申告を怠ると、追徴課税されます。また仮想通貨の銘柄の乗り換えで生じた含み益も課税対象です。

株式投資と比べて税金面で不利

仮想取引の利益に関わる税計算が「総合課税」となる点は、株式投資の「申告分離課税」に慣れた方には違和感を覚える点です。株式売却益は、所得税税率が15%と定められていますが、「総合課税」ではトータル所得で税額計算され想定以上に税額が大きくなる場合があります

 

一例ですが、年間給与所得額が500万円、所得控除が150万円の人のケースでは、給与所得だけで所得税の税率が20%になります。ここに仮想通貨の利益が総合課税されると、年間給与所得額が500万円以上では仮想通貨の利益に対する税率は必ず20%以上です。

 

例えば、課税所得が1,000万円の人が仮想通貨で3,000万円の利益を上げると、4,000万円の所得になり、所得税率45%の1,800万円が徴収されます。更に住民税10%の400万円が上乗せされると、併せて納税額は55%の2,200万円です。

仮想通貨の損失は繰越控除できない

株式取引を行っている方はご存知ですが、上場株式の売買で生じた損失は3年の繰り越しが認められており、翌年以降に利益が発生しても、損失分の控除ができます。しかし、仮想通貨取引で発生した損失は翌年以降への繰り越しができず、繰越控除ができません。

仮想通貨取引の節税を考える

仮想通貨取引はまだ新しい取引のため、税制面での優遇措置がありません。そのため、仮想通貨取引においては、トレーダー自身が節税策を講じる必要があります。仮想通貨の節税に関してはせっかくの利益が帳消しにならないよう以下挙げる対策をしっかり行いましょう。

取引額の大きい人は法人化を検討してみる

仮想通貨の取引額が多い人は、法人化で節税メリットを得られます。法人税は最大でも23%、所得税の最高税率45%の約半分です。経費控除の範囲も広く、損益通算も適応され、繰越控除ができる点でも大きなメリットがあります。

確定申告では経費も申告しよう

仮想通貨の利益が20万円以上の場合は確定申告が必要ですが、必要経費の計上も忘れないようにしましょう。「仮想通貨の売却譲渡原価」や「売却手数料」以外に「インターネット回線利用料」「パソコン購入費用」も必要経費にできます。

 

ただし、仮想通貨取引に利用した分の経費の範囲に限られるため、例えばパソコンを実際に取引に利用した時間、インターネット回線を取引に利用した時間など、合理的な根拠として認められるのが前提になるので、不安がある人は税理士への相談するをおすすめします。

年間20万円以下の利益に抑える

年間20万円以上の所得は確定申告が必要ですが、20万円以下であれば申告不要です。売却益が20万円を超えそうなときは、20万円以下に抑え、残りを翌年以降に売却する方法をおすすめします。これは脱税ではなく、節税です。

まとめ

ここまで、仮想通貨を選ぶポイント、おすすめの仮想通貨、仮想通貨取引で知っておくべき税の知識などについて解説してきました。仮想通貨は将来有望な新たな通貨ですが、思わぬ落とし穴もあります。

 

納税に関する正しい理解、正しい知識が無かったばかりに、せっかくの儲けを失う人もいます。リスクやデメリットも認識した上で、堅実な取引をして頂くようおすすめします。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

【2023年最新版】仮想通貨おすすめ15選|選び方や注意点も紹介

その他
【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

【2023年最新版】仮想通貨の購入におすすめの取引所7選

その他のサービス
仮想通貨ウォレットアプリの人気おすすめランキング11選

仮想通貨ウォレットアプリの人気おすすめランキング11選

その他記事
【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

【ビットコイン管理】仮想通貨ウォレット人気おすすめランキング11選

その他記事
初心者に使いやすい仮想通貨取引所とチャート分析5選【2023年最新版】

初心者に使いやすい仮想通貨取引所とチャート分析5選【2023年最新版】

その他のサービス
イーサリアムの管理におすすめな仮想通貨ウォレット人気ランキング11選

イーサリアムの管理におすすめな仮想通貨ウォレット人気ランキング11選

その他記事