薬剤師の人気転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

記事ID31503のサムネイル画像
転職サイトを活用して、新しい環境で働きたいと考えている薬剤師の方もいるのではないでしょうか。複数の企業の情報や仕組みを網羅したエージェントを選べば、スムーズに転職活動が行えます。本記事では薬剤師転職サイトの選び方やおすすめサイトをランキング形式でご紹介します。

転職サイトで納得の転職先を見つけよう

転職サイトを通して新しい環境で働きたいと考えている薬剤師の方もいるのではないでしょうか。転職を決意してから新しい職場が決まるまで、なるべく短期間で済ませたいものです。多くの企業情報を網羅するエージェントを選べばスムーズに活動できます。

 

薬剤師の転職となると、薬剤師の経験がないと厳しいと思われがちです。しかし、近年では未経験から薬剤師として活躍できる企業の情報を扱う転職エージェントも登場しています。畑違いの業種で働いている方でも、薬剤師としての活躍の場が模索可能です。

 

そんな転職サイトですが、サイトによって強みや特徴が異なるため、どこを選べばよいか迷いがちです。そこで今回は、薬剤師転職サイトの選び方やおすすめサイトをランキング形式でご紹介します。転職を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

編集部おすすめの転職サイトはここ!

全国15拠点でサービスを展開する転職サイト

全国15拠点でサービスを展開している転職サイトです。求人総数は2021年5月時点で約63,000件。豊富な求人から自分に合った活躍の場が探せます。不慣れな土地での転職相談もでき、アフターフォローも充実しているのが特徴です。

 

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、直接会って年収やキャリアの悩みなどが相談できます。また、履歴書・職務経歴書の添削や面接の練習を行ってくれるのも魅力です。加えて、年収の交渉を代わりに行ってくれます。

転職サイトを活用するとメリットがたくさん

薬剤師転職サイトの選び方やおすすめサイトの紹介に先立ち、まずは転職サイトを活用することのメリットを紹介します。転職サイトを介して、スムーズに活動を行いましょう。

希望の転職先が見つけられる

転職サイト最大のメリットは、さまざまな企業の情報を取り扱っていることです。転職サイトを利用せず独自に転職活動をする場合、企業を一つずつ自分で調べなければなりません。しかし、転職サイトを利用すれば、欲しい情報がスムーズに手に入ります。

 

また、職場の雰囲気や就業時間など、新しい職場に求めたいこだわりや条件がある方も多いのではないでしょうか。さまざまな企業の情報がある転職サイトを活用すれば、希望の転職先が見つけやすくなります。

書類の添削や面接の練習を助けてもらえる

書類の添削をしてもらえるのも転職サイトを活用するメリットのひとつです。独自に履歴書や職務経歴書を作成しても限界があります。しかし、転職サイトにはその道のプロがおり、企業に刺さるような履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらえます。

 

また、一人で転職活動を行う場合、面接の練習をする機会があまり確保できません。しかし、転職サイトを活用すればプロを相手に面接の練習が行えます。加えて、受け答えの良し悪しをはじめとしたフィードバックが受けられるのも魅力です。

非公開求人に応募できる

企業のなかには、求人を公にしていないところもあります。転職サイトを活用すれば、非公開求人に応募することも可能です。非公開求人も探すことで、これまでに出会えなかった求人が見つかる可能性もあります。

 

企業が求人を非公開にする理由は、応募が殺到するのを防ぐためです。つまり、公にすれば多くの求職者が集まるような好待遇の求人である可能性があります。一方、経験やスキルによっては紹介してもらえないことがある点には注意が必要です。

エージェントが待遇面の交渉をしてくれる

待遇面の交渉を一人で企業と行うのは難しいもの。そもそも交渉自体が苦手という方も多いのではないでしょうか。転職エージェントを利用すれば、待遇面もしっかりと企業とすり合わせしてもらえます。より満足のいく結果を期待できるのが魅力です。

転職サイトの選び方

続いて、転職サイトの効率的な選び方を紹介します。よい転職サイトを選択することで、転職活動がスムーズに行えます。また、転職活動に伴ったトラブルに遭う可能性が低減できるのも魅力です。

「実績」を見てみよう

転職サイトを選ぶ際、実績を事前に確認するのが重要です。なかには「転職成功事例一覧」のような形で、サイト内に実績を掲載している転職サイトもあります。実績を確認すれば、具体的な活動の内容や転職までの流れを大まかに掴むことが可能です。

「求人数」を確認

転職サイトを選ぶ際、求人数も事前に確認しましょう。求人数が多い転職サイトはその分選択肢が多く、条件に合った企業を探しやすいのが魅力です。企業同士を比較検討しながら転職活動を進めることもできます。

 

一方、求人数が多いかどうかだけで転職サイトを決めるのは得策とは言えないので注意が必要です。なかには、求人数をあえて絞り、求人の質で勝負している転職サイトもあります。何に重きを置いているのかを見極めることが重要です。

面談形式で選ぶ

求人サイトにおける面談には「オンライン」と「対面」の2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、この項目で押さえておきましょう。

手軽に転職活動をしたい方は「オンライン」

手軽に転職活動をしたい方には、オンラインによる面談形式がおすすめです。転職エージェントのある場所まで赴く必要がないので、立地的に遠い方でも活用できます。また、移動に伴う時間や労力を割く必要がないのも魅力です。

 

一方、表情やしぐさがオフラインよりも読み取りにくいことや、通信速度をはじめとする環境の変化を受けやすい点には注意が必要です。環境に左右されず、じっくりと円滑に面談したい方は対面形式を選択しましょう。

じっくりと面談したい方は「対面」

スタッフとじっくり話をして、密に連携を取りながら転職活動をしたい方には対面による面談形式がおすすめです。対面には自分の雰囲気がスタッフに伝わりやすいことや、通信障害をはじめとした環境の影響を受けないというメリットもあります。

 

一方、対面で面談をする場合、転職エージェントのある場所まで行かなければならない点には注意が必要です。自宅の近くにあるかどうかをはじめ、交通機関が使えるか、営業時間は何時までかを事前にチェックしておきましょう。

希望する勤務先で選ぶ

一口に薬剤師と言っても、活躍の場は病院や薬局など多岐に渡ります。そのため、希望する勤務先の取り扱いがあるかどうかも確認しましょう。中小規模の転職サイトを選ぶと、希望する勤務先の取り扱いがない場合があるので注意が必要です。

「有料職業紹介事業免許」があるか確認

「優良職業紹介事業免許」は、雇用関係の成立を斡旋する事業を行ってもよいと認められたものです。そのほか、厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定」や「優良派遣事業者認定」を取得している転職サイトもあります。

 

免許の取得や認定を受けているかどうかは、転職サイトのホームページに記載されているケースがほとんどです。そのため、転職サイトを選ぶ際に優良職業紹介事業免許を取得しているか、そのほかの認定を受けているかを事前に確認しましょう。

口コミや顧客満足度の高さを確認

転職サイトのホームページに記載されているメリットは、あくまで転職サイト側から見た強みでしかありません。そのため、口コミや顧客満足度の高さもチェックしましょう。口コミでは、実際にサービスを利用したユーザーの生の声が確認できます。

薬剤師の転職サイトおすすめ7選

全国15拠点でサービスを展開する転職サイト

全国15拠点でサービスを展開している転職サイトです。求人総数は2021年5月時点で約63,000件。豊富な求人から自分に合った活躍の場が探せます。不慣れな土地での転職相談もでき、アフターフォローも充実しているのが特徴です。

 

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、直接会って年収やキャリアの悩みなどが相談できます。また、履歴書・職務経歴書の添削や面接の練習を行ってくれるのも魅力です。加えて、年収の交渉を代わりに行ってくれます。

求人数 約63,000件(2021年5月時点) 職種 調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストアなど
所在地 東京、埼玉など15拠点 雇用形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他

医療機関へのパイプが強い転職サイト

長年に渡り医療機関へのコンサルティング事業を行う「エムスリーキャリア株式会社」が運営している転職サイトです。病院や製薬会社へ転職したい人に適しています。また、生活状況やニーズに応じて雇用形態を選択できるのが特徴です。

 

コンサルタントとの面談はすべて電話とメールのみで行うため、日程調整の手間がかからないメリットがあります。また、未経験でもブランクがある場合でも求人を提案してくれるのもポイント。スピーディな対応と細かいサポートを受けたい方におすすめです。

求人数 約40,000件 職種 調剤薬局、病院、企業
所在地 - 雇用形態 正社員、契約社員、派遣、パート

満足できる職場に巡り合える転職サイト

一人ひとりと向き合う個別相談で、転職活動をサポートしてくれます。また、アプリをリリースしており、スキマ時間で求人情報を確認できるのが特徴です。

 

「職業紹介優良事業者認定」や「優良派遣事業者認定」を取得しているのもポイント。加えて、プライバシーマークも取得しており、現職場に知られることもありません。アドバイザーと密に連絡を取りながら転職活動を行いたい方におすすめです。

求人数 53,997件 職種 調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア
所在地 東京、北海道など12拠点 雇用形態 正社員、パート・アルバイト、派遣

求人をオーダメイドで作成してくれる転職サイト

希望条件をヒアリングし、求人をオーダメイドで作成してくれる転職サイトです。希望条件に合わせ、該当するエリアで条件の良い職場を優先的に紹介してくれます。さらに、調剤薬局や病院で働いたことがなくても求人を紹介してもらえるのが魅力です。

 

大手人材紹介会社で活躍していたスタッフを中心にコンサルタントが構成されており、履歴書の添削や面接対策をしてくれます。また、給与や福利厚生をはじめとした待遇面の交渉を代わりに行ってくれるのもポイントです。

求人数 約48,000件 職種 一般薬剤師、管理薬剤師、研究開発など
所在地 東京 雇用形態 正社員、パート

スムーズに転職活動を終わらせたい方におすすめ

登録から最短3日で転職を成功させた実績がある転職サイトです。活動期間があまり取れない方や、スムーズに新しい職場を決めたい方に適しています。また、総求人数は35,000件以上あり、非公開求人も扱っているのも特徴です。

 

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、働きながら転職ができるようにサポートをしてくれます。さらに、面談の日程調整や合否連絡などの煩わしい手続きを助けてくれるのも魅力です。登録はインターネットから好きな時に行えます。

求人数 35,000件以上 職種 調剤薬局、ドラッグストア、病院など
所在地 東京、愛知、大阪、福岡 雇用形態 正社員、パート

40~60代向けの求人もある転職サイト

40~60代でも応募可能な求人を多く扱っている転職サイトです。ブランクのある方や、子育てがひと段落して再度働きたくなった方に適しています。また、未経験可の求人も豊富にあるので、セカンドキャリアとして薬剤師で活躍したい方にもおすすめです。

 

薬剤師専任のアドバイザーが在籍しており、転職をサポートしてくれます。また、面談から面接対策、転職先への待遇交渉まで行ってくれるのもポイントです。加えて、入職後のアフターフォローも万全に行ってくれます。

求人数 約23,000件 職種 病院、企業、調剤薬局、ドラッグストア
所在地 東京、大阪 雇用形態 正社員、パート

キャリアプランにあった転職を

7,000社・60,000件以上の求人情報を取り扱っている転職サイトです。情報は随時更新されており、非公開求人も豊富に用意されています。さまざまな企業の情報を得たい方や、個人の転職活動では見つけにくい求人を確認したい方におすすめです。

 

ベテランの専任コーディネーターがキャリアプランに合わせた求人を紹介してくれます。また、給与や時間などの条件交渉を代わりに行ってくれるのもポイントです。さらに、プライバシーマークを取得しており、周囲に知られることなく転職活動が行えます。

求人数 63,748件(2021年6月30日時点) 職種 調剤薬局、ドラッグストア、病院、クリニックなど
所在地 東京、北海道など 雇用形態 正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣

薬剤師の転職サイトおすすめ比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 求人数 職種 所在地 雇用形態
アイテムID:7977270の画像

公式サイト

全国15拠点でサービスを展開する転職サイト

アイテムID:7895156の画像

公式サイト

医療機関へのパイプが強い転職サイト

約40,000件

調剤薬局、病院、企業

-

正社員、契約社員、派遣、パート

アイテムID:7895539の画像

公式サイト

満足できる職場に巡り合える転職サイト

53,997件

調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア

東京、北海道など12拠点

正社員、パート・アルバイト、派遣

アイテムID:7897063の画像

公式サイト

求人をオーダメイドで作成してくれる転職サイト

約48,000件

一般薬剤師、管理薬剤師、研究開発など

東京

正社員、パート

アイテムID:7897645の画像

公式サイト

スムーズに転職活動を終わらせたい方におすすめ

35,000件以上

調剤薬局、ドラッグストア、病院など

東京、愛知、大阪、福岡

正社員、パート

アイテムID:7897820の画像

公式サイト

40~60代向けの求人もある転職サイト

約23,000件

病院、企業、調剤薬局、ドラッグストア

東京、大阪

正社員、パート

アイテムID:7898143の画像

公式サイト

キャリアプランにあった転職を

63,748件(2021年6月30日時点)

調剤薬局、ドラッグストア、病院、クリニックなど

東京、北海道など

正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣

転職サイト選びの注意点やデメリットは?

ここでは、転職サイト選びの注意点やデメリットを紹介します。気を付けたい点を把握したうえで、効率よく転職活動を行いましょう。

相性のよくないエージェントが担当になってしまうことも

転職サービスのスタッフはその道のプロであるものの、人間であることに変わりはありません。そのため、相性が合わないエージェントが担当になってしまうことがあります。どうしても継続が難しい場合は担当を変えてもらいましょう。

求職者の熱意によっては積極的に動いてくれない場合も

転職サイトは求職者と企業をマッチングすることで利益を得ています。そのため、転職の熱意が不明瞭だと積極的に動いてくれない場合もあるので注意が必要です。事前に準備して面談に行くなど、熱意が伝わるような用意をしておきましょう。

転職サイト利用の流れは?

最後に、転職サイトを利用する流れを紹介します。大まかな流れを掴んでおくことで、転職活動が円滑に行えます。

ステップ①:希望条件をすり合わせる

まずは希望条件をすり合わせることから始めましょう。どれぐらいの年収が欲しいのか、どんな待遇があれば嬉しいのかを洗い出しましょう。キャリア形成に重きを置いている方は、これまでのキャリアを振り返ってみるのもおすすめです。

ステップ②:キャリア面談・求人紹介

希望条件のすり合わせが終わったら、転職エージェントとの面談に臨みましょう。持ち物は特にありませんが、エージェントから依頼があった際には履歴書や職務経歴書、写真や筆記用具を持参します。オンラインの場合は手元に置いておきましょう。

 

また、なぜ環境を変えるのか転職理由をきちんと用意するのも重要です。言いにくいことも全部伝えきるのを意識しましょう。転職理由を包み隠さず伝えることで、本当に自分に合った求人を紹介してもらえやすくなります。

ステップ③:応募・面接日程の調整

紹介された求人のなかでよさそうな企業があったら応募してみましょう。なお、なかには面接日程の調整を行ってくれるところもあります。煩わしい手続きを代行してくれるのも転職サイトの魅力です。

ステップ④:面接同行

面接の日程調節が滞りなく終わったら、指定された日にスタッフと面接に臨みましょう。面接同行のメリットは、一人ではないので安心感があることです。また、三者面談のような形で進むことや、詰まったときフォローしてくれるといった魅力もあります。

 

なお、すべての転職サイトで面接同行を行っている訳ではなく、なかには面接前後の電話などで一時的にサポートするだけのところもあるので注意が必要です。面接が苦手な方は事前に面接同行サポートがあるか確認しましょう。

ステップ⑤:内定・条件交渉

晴れて内定が貰えたら、条件の交渉を行いましょう。収入や休日、福利厚生といった待遇面の希望を明確に伝え、入職後のズレをなくすことが重要です。なかには条件交渉を代わりに行ってくれる転職サイトもあるので、積極的に活用しましょう。

まとめ

履歴書・職務経歴書の添削や面接の動向など、転職サイトにはさまざまなメリットがあります。転職サイトによって強みが特徴が異なるため、希望に応じて選び分けるのがおすすめです。この記事を参考に、ぜひ一歩踏み出してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】仙台の薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング5選

【2023年最新版】仙台の薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング5選

転職サイト