【しんどい・最悪】薬剤師の職場の人間関係が辛い時の対処法

記事ID31468のサムネイル画像
薬剤師の職場では人間関係の悩みがつきもの。しんどい・最悪と感じた時、どのように対処すれば良いでしょうか?今回は、薬剤師の職場での人間関係の対処法について紹介します。悩みを相談できない・女性職員からのいじめで悩んでる方は、ぜひ参考にしてみてください。

薬剤師が抱える職場での人間関係の悩みとは?

薬剤師はミスをしてしまうと患者の命にかかわることもあるため、常に緊張感が漂っていて、ピリピリした職場も多いです。さらに薬局内は少人数で回している場合も多いので、苦手だと感じる相手を避けながら仕事をするのは難しいでしょう。

 

閉鎖的な空間の共有を長時間することはかなりのストレスになります。また人事異動や転勤も少ない職種のため、一度人間関係がこじれてしまうと改善するのもなかなか難しく、ストレスを抱えながら仕事をすることになります。

 

この様に薬剤師は人間関係の悩みが置きやすい環境で働いていることが多く、残念ながらストレスで辞めてしまう方もいます。そこで今回は薬剤師の職場の人間関係の悩みと解決方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

薬剤師の人間関係の悩み

薬剤師に限らず、職場の人間関係で悩む方は多いです。しかし薬剤師には薬剤師の職場ならではというものもあります。また薬剤師は女性が多いです。女性が多い職場では人間関係のトラブルが比較的起こりやすいです。ここでは勤務先別に、よくある人間関係の悩みを紹介します。

調剤薬局での悩み

調剤薬局では大人数で働くことはあまりなく、基本的には少人数で薬局を回していることが多いです。人数が少ない職場では密度の濃い空間が形成されやすく、合わないと感じる相手でも避けて仕事をするのは難しくなってくるでしょう。

 

さらに一度人間関係がこじれてしまうと、改善するのが難しく、良好な関係に戻るまでに時間がかかることも多いです。さらに調剤薬局では職務スペースも狭い場合が多いので、長時間同じ空間を共有することになります。

 

これはストレスが溜まりやすい環境と言えるでしょう。特に外来処方箋の枚数が多い調剤薬局では、張り詰めた空気感が長く続くことで、殺伐とした空気感に堪えられないという方もいます。

ドラッグストア勤務での悩み

ドラッグストア勤務の場合、買い物のついでによるお客さんや、待ち時間の短縮など、時間を有効活用するために来ているお客さんも多く、丁寧な接客とスピードが求められる職場です。接客業の要素の強い職場になるので、スタッフ間の悩み以外に、お客さんとの関係性に悩むスタッフも多いです。

 

さらにドラッグストアでは、薬剤師以外に、ドラッグストアで働いている社員やパートスタッフなどとも関わりが出てきます。この様に様々な相手との協調性が求められる職場のため、コミュニケーション能力が求められます。

 

またパートや派遣など非正規社員の多い職場では、毎日違うスタッフと業務を行うこともあります。そのためコミュニケーション不足が原因のトラブルが起こってしまう可能性もあるので注意が必要です。

病院勤務での悩み

病院での勤務の場合、薬剤師以外に医師や看護師などとも深く関わることもあります。チーム医療になるため人間関係も複雑になりがちです。しかし院内の調剤薬局内だけでは、それほど人数が多くないことがほとんどです。

 

そのため、限られた人数で空間の共有を行う点は調剤薬局での勤務に似ています。そこに医師や看護師との関わりで、気を使う場面も多くなるでしょう。また院内での立場関係にも細かい気遣いが必要になることもあります。

 

この様なことが原因となり、気苦労が絶えず、精神的に疲れてしまう方もいます。さらに病院勤務では転勤や異動はないことが多いです。そのためドラッグストアなどのように環境の変化が起こることはほとんどありません。

 

苦手な相手がいる場合や、職場の空気が合わないなど、ストレスを感じることもあるでしょう。しかし環境の変化が期待できないので、転職を考えたり、うまくストレス発散をするなどして勤務する必要があります。

 

さらに入院患者などに服薬指導を行うこともあります。患者の部屋に行き、服薬指導をする場合には医師や看護師との業務との兼ね合いも出てきます。配慮しているつもりでも、タイミングが合わない、なかなか理解されないなどの悩みも持ちやすいです。

製薬勤務での悩み

製薬会社で働く薬剤師は、研究職や開発職など様々な職種があります。そのためおなじ薬剤師同士でも考え方などの違いでトラブルが発生しやすいです。なかでもMRは社内だけでなく、取引先の病院や調剤薬局などとも関わりが出てきます。

 

そのため特にストレスを感じやすい環境と言えるでしょう。病院や調剤薬局との関係性が営業成績にも反映しやすいため、成績を良くするためには人間関係を良好にすることが得策です。それゆえ人間関係に気疲れしてしまうでしょう。

職場の人間関係に悩んだ時の対処法

職場の人間関係に悩んだ時に、自分だけで解決できることもありますが、なかなか難しいこともあるでしょう。そういったときには他者に介入してもらうことで解決することもあります。人間関係に悩んだ時には、なにかしらアクションを起こしてみるのもおすすめです。

上司に相談する

同僚や先輩など、特定の相手との関係性に悩んでいる場合は上司に相談してみるのもいいでしょう。シフト制の場合などでは勤務時間をずらすなど、関わりを少なくすることが可能かもしれません。

 

またあまり人に知られたくない場合も、上司であれば噂が広まってしまう心配も少なく安心です。それでも心配な方は社内の相談窓口を活用するといいでしょう。ドラッグストアや調剤薬局などでは相談窓口やコンプライアンス担当がいることも多いです。

 

上司や相談窓口に人間関係の悩みを相談しておくことで、人間関係の改善が見込めずに、転勤願いや異動願いを出す場合にもスムーズに事を運ぶことができるようになります。そのため信頼できる上司には相談しておくといいでしょう。

社外の人に相談する

上司や同僚など社内の人間には相談しにくい時には、社外の友人などに相談するのもおすすめです。社外の人ならば、客観的に見た状況からのアドバイスをもらうことができるでしょう。また社外の人に相談するときには、相手にわかりやすいように細かく説明する必要があります。

 

そのため話ながら自分でも情報整理することができます。情報整理することで、人間関係が悪化してしまった原因が分かってくることもあるでしょう。それにより自ら解決策を見出すことができる可能性もあります。

職場の同僚に相談する

相手との関係性が自分だけではよくできない場合、信頼できる同僚に相談してみるのもいいでしょう。職場に相談することのできる、信頼できる同僚がいるだけでもストレスが緩和されます。また場合によっては同僚が間に入ってくれ、話しやすい環境にすることもできる可能性もあります。

 

直接トラブルがあり、関係が悪化したのではなく、なんとなく苦手意識のある相手であれば、同僚に間に入ってもらい話をしてみることで、相手の良いところを見つけることができるかもしれません。

 

休憩中などにプライベートの話をすることで、共通の趣味など同じ話題で盛り上がれる可能性もあります。同じ話題で盛り上がることができれば、相手への苦手意識もなくなり、良好な関係を築きやすくなるでしょう。

 

他にも、上司からのパワハラやセクハラで悩んでいる場合には、同僚に相談することで味方を増やすこともできます。見方を作ることで職場内で孤立してしまうことを防ぐこともできます。また見方がいると思うと心の支えにもなります。

転職を検討する

様々な人に相談してみたり、関わりを減らすなど工夫をしても改善されずに、ストレスが溜まってしまう場合や、仕事が苦痛になるなどの場合には、転職を考えるのも一つの手です。ストレスよりもメリットのほうが大きければ働き続けることもいいでしょう。

 

しかしそうでなければ、自分のメンタルケアのためにも転職するのがおすすめです。まったく違う職場に転職するのもいいですが、異動や転勤ができるようであれば希望を出してみるといいでしょう。環境が変わることで働きやすくなる可能性があります。

 

転職する際は、どうして人間関係が悪化してしまったのかをきちんと考えておくことも大切です。人間関係の問題はどこの職場にもある可能性があります。そのため同じことを繰り返さないためにも、原因と対策をしっかり考えることがおすすめです。

ストレスを発散する方法

職場での人間関係などで悩み、ストレスを溜めている場合には、うまく発散するようにしましょう。ストレスを抱えたまま仕事をすることは大きな負担になるので、ここで紹介するストレス発散法を参考にしてください。

趣味でプライベートを充実させる

仕事の日は職場と自宅の往復だけで過ごしている方は多いのではないでしょうか。特に仕事が激務だと、帰宅時には疲れ切っていて帰ったらそのまますぐ寝てしまう方もいるでしょう。また休日も仕事の疲れを癒すために、家で寝て過ごす方も多いです。

 

この繰り返しは体を休めることはできますが、心はなかなかリフレッシュすることができません。そのため趣味を見つけるのがおすすめです。仕事のことを忘れて、趣味に没頭する時間を作ることで心もリフレッシュすることができます。

モヤモヤを聞いてもらう

休日に昔からの友人と会って話をするのもおすすめのストレス発散方法です。気心が知れた相手との会話はそれだけでもストレス発散になるでしょう。また職場の人間関係でモヤモヤしていることを聞いてもらうことができれば、気持ちもスッキリします。

 

さらに自分とは違う商業や立場の友人と話をすることで、違う価値観に触れることもでき、新しい考えに出会うこともできるでしょう。また様々な立場や業種の話を聞くことにより、自分の仕事に生かせる情報を得ることのできる可能性もあります。

仕事だと割り切る

職場のスタッフとは仕事だけの関わりにして、プライベートでまで関わる必要はありません。そのため、関係の悪いスタッフや苦手意識のあるスタッフなどがいたとしても、仕事だからと割り切ることも必要になってきます。

 

人間関係の悩みは多かれ少なかれ、どこの職場にも存在します。あまりにも人間関係が悪く、改善が見込めない、思い悩んでしまうなどの場合は、異動や転職もおすすめですが、多少のことは割り切って仕事をしましょう。

 

少し嫌なことがあったからと転職してしまっては、次の職場でも同じことを繰り返してしまい、なかなか同じ職場で働き続けることができないでしょう。多少のことは仕事だと割り切り、休日にストレスを発散してうまく働きましょう。

【気をつけて】人間関係が原因で転職する場合の注意点

職場での人間関係に悩み、転職先を探しているときには、精神的に疲れている可能性が高いです。今の職場からは離れたいあまり、他の職場ならどこでもいいと冷静な判断ができなくなる可能性もあります。きちんと求人条件を見て応募するか判断しましょう。

 

また人間関係については求人情報だけでは把握することは困難です。求人情報にアットホームな職場、仲のいい職場と記載されていても、実際のことは働いてみなければわかりません。ドラッグストアなどは事前にお店に行って雰囲気を確認してみるのもおすすめです。

 

さらに応募後に面接まで進むと、転職理由を問われることはよくあります。この時に人間関係に悩んで退職したことを伝えるとよくないイメージを持たれてしまうこともあります。そのため他の転職理由を考えておくのが無難です。

ストレスフリーで働きたいなら転職もおすすめ

人間関係のストレスで悩んでいるのであれば、思い切って転職することで、環境が変わり、ストレスフリーで働くことのできる環境になるかもしれません。人間関係の改善のために様々な努力をしても改善しないこともあります。

 

また休日にいくらストレス発散しても心の負担が大きいと感じている場合は、病んでしまう前に転職するほうがいいでしょう。新しい職場で人間関係に悩まないためにも、事前に見学できるような場合では、見学することがおすすめです。

 

あらかじめ職場の雰囲気を把握することができます。また紹介派遣などで職場を決めるのもおすすめです。派遣会社のスタッフは職場の雰囲気や人間関係が悪くないかなどを把握していることもあります。

まとめ

薬剤師として働くことのできる職場はたくさんあり、人間関係の悩みもそれぞれ違います。今働いている職場の雰囲気が自分に合わないと感じる方や、人間関係が悪化してしまい、改善することが難しいと感じている方は思い切って転職を考えましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

保育士のいじめ・嫌がらせの対処法を紹介!

保育士のいじめ・嫌がらせの対処法を紹介!

その他
【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

【40代向け】薬剤師転職サイトの人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】岡山の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング9選

転職サイト
【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

【2023年最新版】宇都宮の薬剤師転職サイト人気おすすめ7選

その他
沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

沖縄の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト
新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

新潟の薬剤師転職サイト人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

転職サイト