派遣介護士のメリットは?給料や気になる仕事内容も紹介

記事ID31427のサムネイル画像
介護士は正社員だけではなく、派遣として働く方法もあります。派遣介護士は、時給や給料が高額・求人が多いなどメリットがたくさんあるため、最強の働き方だという声も。そこで今回は、派遣介護士の仕事内容や給料まで詳しく紹介します。

派遣介護士は最強の働き方って本当?

派遣介護士と聞いて、なんだか不安定そうな印象を持たれる方は多いのではないでしょうか?確かに一生派遣先でお世話になる訳ではないので、正社員よりも責任ある仕事にはつけない訳ですから、実際にその通りの面もあります。

 

派遣介護は勤務時間や休日の日数など融通が効きやすいので、実は子育てしている主婦の方・ダブルワーク(掛け持ち)している方・自分のペースで働きたい方、などにとって「最強の働き方」ととても人気があるのはご存知でしたか?

 

ただ派遣介護士と言っても、具体的にどんな環境で待遇はどうなのか、時給や介護施設の内容が気になる方は多いでしょう。そこで今回は、派遣介護士の立場を中心に詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

派遣介護士と正社員の違いは?

まずは基本的な見識として、大きく分けて2つの違いがある派遣介護士と正社員について説明します。

 

1つ目に正社員と違い派遣介護士には、3ヶ月・6ヶ月など契約期間が存在します(最大で3年)。派遣社員か派遣先が契約を更新しない意思があれば、契約期間が終了して、契約が終わることになっています。例えば派遣先の人員に余裕が出て、調整したいときなどです。

 

2つ目に派遣社員は派遣先が雇用主であり、介護施設ではないということです。給料や雇用条件を決めるのは派遣先ですから、間違わないようにしましょう。なお業務に直接的に指示をしてもらうのは介護施設です。この三者間の関係をよく理解しておいてください。

派遣介護士のメリット・デメリット

派遣介護士として働く場合と正社員で働く場合では、介護職をする上でどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を知っておくことで、選びやすくなってきますので、ここから見ていきましょう。

派遣介護士のメリット:休みが取りやすい

派遣先では主要な任務は正社員が行うため、派遣介護士はシフトに夜勤なしを選べて、残業もなく定時上がりできる上に、休みや有給がとれやすいのがメリットです。派遣介護士は補助的に使われますが、もちろん希望すれば夜勤や残業もできる場合もあります。なお介護施設側は派遣社員の勤務に関しては、契約外のために触れることができません。

 

その代わりに派遣先の介護施設の都合で、いつ契約が終わるかわからない面はあります。介護職はこれからますます需要が伸びる見込みですから、いつ終わるかもしれないとビクビクせずに、どんどん環境を変えられると前向きに捉える方がいいでしょう。

派遣介護士のメリット:仕事に見合った給料がもらえる

派遣介護士はアルバイトやパートのように介護助手として、ただ単にサポートのみする訳ではなく、担当者が適正によって必要な介護施設を選んでくれます。そのため「仕事に妥当な給料がもらえる」という意見や口コミが多くあります。好条件なために、時間に囚われたくない方にとっては「最強の働き方」と言われる所以です。



一方の正社員は施設の都合により、残業や夜勤へのシフトなど働く時間帯が安定せずに、「仕事が過酷で給料も妥当ではない」という意見も多いです。介護施設の状況により、現場の判断で残業を任されることも多々あります。

派遣介護士のデメリット

同じ仕事内容なのに、長期的に働けないため正社員のようにボーナスが出ない、または少ないということがデメリットとして挙げられます。時給は高いのにこの点は納得がいかない、という方が多いようです。この点が派遣介護士を躊躇してしまう大きな理由のようです。

 

また派遣社員には職場のミスマッチがよくあります。その場合に派遣介護士と正社員で、職場間での隔たりがありコミュニケーションが上手くいかずに使えない、と判断されることもあるようです。

派遣介護士が向いている人・向いていない人

ここからは派遣介護の向いている人と向いていない人を、具体的に説明していきます。性格なども関係してくるので、自分がどの項目に当てはまるかチェックして、派遣介護に応募するかの判断材料にしてください。

向いている人

夜勤はどうしても生活リズムが崩れて体調が乱れてしまう、という方なら日勤のみの求人が多い派遣介護士が断然いいでしょう。主婦で子育てしていて労働時間を絞りたい方なら、週に3回前後で調整してもらうことも可能です。家庭の事情でキチッと時間通りに働きたいという方に向いています。

 

またダブルワーク(仕事の掛け持ち)も認められているので、介護職とほかの仕事をしている方も結構います。ある調査によると半数近くがダブルワーク経験をしているようです。すでに仕事はあるけれど、もう少し収入を増やしたいという方にピッタリです。

 

そのほかに、特定の介護施設に囚われたくない方・多彩な介護施設で働いてどれが自分にあっているのか試したい方・徐庶にスキルアップして色々な経験を積みたい方など、さまざまな理由はあるでしょうから、お好みの働き方をチョイスしてみましょう。

向いていない人

派遣介護が向いていない方を挙げると、残業や夜勤でガッツリ働いて稼ぎたい方には、給料の面で物足りなさを感じるでしょう。またずっと同じ環境にいてもいいので、とにかく安定性を第1に考えている方なら、正社員の方が適しています。

 

ほかには希望する介護施設の持ち場を極めたい方、引越しなどして環境の変化が激しいのが嫌な方、などには向いていません。

 

性格的には高齢者の感情や心の変化を気づけるような、思いやりのある性格でなければいけません。また施設利用者の着替えを手伝ったり、お風呂にいれたり、排泄物の処理をする業務もあるので、過剰な潔癖症の方は向いていません。

派遣介護士の給料をチェック!時給はどれくらい?

ここでは派遣介護士の給料を見ていきましょう。スキルに応じて適正にもらえる仕組みなので、面談の際は経験をどんどんアピールしてください。

派遣介護士の給料

派遣会社があなたの雇用主になるので、そこから給料が支払われます。給料の支払い方法は日払い・週払いなど派遣会社によってさまざまで、希望の支払いを伝えましょう。日勤のみでも結構稼げると口コミでは話題になっています。

派遣介護士の時給

直接雇用のアルバイトやパートタイムよりも、派遣介護士の時給は高いのが特徴です。ある調査によるとアルバイトやパートタイムの平均時給が1,200円前後なのに対して、派遣介護士は1,400円前後と、200円ほど高くなっています。また資格があれば更に200円前後は上がるので、資格があれば尚働きやすいでしょう。

派遣介護福祉士の仕事内容は?

施設の形態により利用者の状態もさまざで、派遣介護士の仕事の内容や、勤務時間帯もずいぶんと違ってきます。それぞれの施設の目的や違いを見ていきましょう。

グループホーム

グループホームは施設の入所者全員が認知症なのが特徴です。そのため認知症の知識を学んだ人や理解できる人でなければ向いていません。人数は少人数の構成になっており、食事の準備しや洗濯など身の回りの世話から入浴や排泄の介助もします。

 

身体介護以外にも携われるような仕事はあるので、無資格でも応募はできます。そして認知症のリハビリや進行を遅らせるために、入居者と寄り添うようなアットホームなふれあいを大事にできる方が適しています。

デイサービス

通所介護ともいわれ、介護度の低い高齢者が日帰りで施設のサービスを利用できます。認知症の予防・孤立の解消・身体機能の維持などを目的としています。食事や入浴のほかに、レクリエーションをして介護者の精神的な安定を図るために、コミュニケーション能力が高い方が向いています。

 

自宅から施設まではドライバーに送迎する求人のほか、 日勤のみや日曜休みの求人が多いので、夜勤が苦手な方や不規則な働き方が苦手な方に人気があります。

特別擁護老人ホーム

介護老人福祉施設わともいわれ、要介護3以上の入所している要介護度の高い老人ホーム施設です。食事・入浴・排泄・の3つの介助を主にするため、資格はあった方がいいでしょう。食事や掃除の仕事もあるため、資格は必ずいるという訳ではないですが、できる仕事は限られています。

 

派遣の場合は求人数が少ない一方で、正社員の求人数は多いのが特徴です。しかも一概には言えませんが正社員は賞与が出るので、派遣介護士の中では特別養護老人ホームはあまり人気がないようです。

介護老人保護施設

病院から退院した要介護1以上の高齢者が、リハビリテーションをしながら、自宅復帰を目指す施設です。医師の元で看護・介護のサービスを受けることができます。特に体の回復に念頭をおいている特徴があります。

 

24時間体制で常駐しているところが多いですが、派遣介護士の場合は日勤のみの求人も多数あります。そのほか食事・入浴までサービスを受けることができます。

派遣介護士になるには?

三者間の関係もありますから、派遣介護士になるには、少し手続きがややこしい感じがします。ではどうしたらよいのか、登録から仕事が決まるまでステップ順がありますから、ここから詳しく説明していきます。

派遣期間

派遣介護士には3ヶ月・6ヶ月など契約期間がある(最大3年)、ということは前述しました。契約期間は短いですが、若い世代よりも40~50代の中年以降の世代が、ライフスタイルに合わせやすかったり、人生経験を活かせたりする目的で、派遣介護士に転職して活躍する方が多いようです。

 

また労働者派遣法が改正され、30日以内の労働者派遣は禁止されました(アルバイトはOK)。そのため1日・1週間など単発で介護士の就労したくてもできない(1部例外あり)ので、その点は留意しておきましょう。

派遣介護士の登録までの流れ

まず最初に派遣介護登録会社には、それぞれ会社のサイトがあります。自分の地域や規模に応じて好みの会社を選びましょう。

ステップ①派遣会社に登録

まずは派遣介護登録会社のサイトを検索し登録しましょう。名前・住所・電話・連絡先を入力すればメールか電話で連絡がきます。または全て電話で手続きがすむ派遣会社もあるので、都合のいいほうを選んでください。

 

これで契約が結ばれます。派遣会社によっては派遣先の登録数の多さや・地域別のエリアの多さ・介護施設の形態などそれぞれ特徴がありますから、自分の希望に叶う派遣会社を選びましょう。

ステップ②面談

担当者と電話かメールでの面談をして、仕事の内容について調整を行いましょう。希望する介護施設の形態・希望する勤務開始日・介護士の資格など、少しでも待遇を良くするために事前に準備してまとめておきましょう。また予め聞かれる質問やベストな解答例も考えておきましょう。

ステップ③仕事を案内してもらう

面談のやり取りが終わったら、派遣会社から希望に沿った職場の提案を複数件を受けることができます。その中から自分に適した職場を選びましょう。その後は職場の見学ができるところが多いので、できれば実際に行って肌で感じてみましょう。

 

そのときに、合わせて介護施設側と顔合わせ(面談)する場合もあります。面接と違って難しい質問はないので、固く身構えないでリラックスした気持ちで対応してください。

ステップ④仕事が決まる

介護施設に働きはじめる日時や具体的な要望を伝えておきましょう。業務内容は介護施設の人から教えてもらい勤務してください。派遣先で勤務してからも、わからないことはどんどん派遣介護会社のスタッフに聞いてください。親切に対応してくれます。

 

契約期間は最長で3年という決まりがあります。満了する前に両者の合意があれば契約期間の延長、しない場合は仕事の終了ということになります。こちらが契約の延長を望んでいるとしても、派遣先で人員が間に合っている状態であれば、契約が終了させられます。

理想の派遣先を見つけたいなら介護士派遣会社に相談を!

登録するだけでスタッフがあなたに適した職場の候補を見つけ出してくれますから、お好みの派遣先をチョイスしてみましょう。1回登録すれば以後は派遣先の介護施設で面接することもないので、とても気楽です。

 

また、派遣先の介護施設では何かと正社員とのトラブルが生まれやすいもの。そんなトラブルが発生した対処も、派遣会社の担当者に相談してください。また、契約期間で得たさまざまな経験をしたら、その学んだスキルをキャリアアップに繋げたり、それに伴う昇給の交渉をしたいときにも、キチンとスタッフが対応してくれます。

まとめ

ここまで派遣介護士を紹介してきましたが、より一層理解が深まったことでしょう。働く側にも介護施設側にもメリットがあるのが派遣介護士です。介護職への職場復帰を考えていたり、現状に不満足な介護士さんは、新たな就職先の選択技に、派遣介護士を選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

派遣介護福祉士のメリットは?時給相場や給料をチェック

派遣介護福祉士のメリットは?時給相場や給料をチェック

その他
【2023年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

【2023年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

サービス
東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2023年度最新版】

東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2023年度最新版】

その他
派遣保育士の評判は?オススメ派遣会社ランキングもご紹介

派遣保育士の評判は?オススメ派遣会社ランキングもご紹介

サービス
契約社員・正社員とは違った派遣社員のメリット・デメリットって?

契約社員・正社員とは違った派遣社員のメリット・デメリットって?

その他
おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2023年度最新版】

おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2023年度最新版】

その他