派遣保育士の評判は?オススメ派遣会社ランキングもご紹介

記事ID31380のサムネイル画像
保育士の働き方として近年新たに注目されているのが「派遣保育士」という働き方です。「派遣保育士さんの時給や働き方は?」「単発・短期で働くことができるの?」と、保育業界における派遣のイメージがわかない方も多いと思います。そこで今回は、派遣ならではのメリット・デメリットやおすすめの派遣会社をランキング形式でご紹介していきます!

派遣雇用の保育士とは

「保育士として働きたいけど、ライフスタイルに合わない」といった悩みをお持ちの方も多いでしょう。保育士と生活を上手に両立して働きたいという方には「派遣雇用の保育士」がおすすめです。

 

派遣雇用の保育士とは、職場で正社員として働かずに、派遣会社から保育園などに働きに行く働き方です。しかし、派遣雇用で働くメリット・デメリットや正社員との保育士との違いがわからないという方も多いです。

 

そこで、今回は、保育士派遣の働き方について詳しくご紹介します。保育士派遣に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。記事の最後には、派遣会社の選び方についても解説をしているので、ご覧ください。

派遣の働き方とは?

正社員の保育士は、ひとつの園で雇用をしてもらい働きます。派遣は、人材派遣会社に雇用をしてもらい、派遣先である派遣契約を結んでいる保育園に雇用した保育士を派遣します。

 

 

正社員ではないため、業務内容は派遣会社が定めており、急な残業や早出がないのも特徴です。そのため、プライベートを充実させたいという方におすすめの働き方です。また、正社員とは違い、定められた一定期間のみ働きます。給料や福利厚生は、派遣先の保育園ではなく、雇用主になる人材派遣会社が管理をします。

正社員・パート・アルバイトとの違いとは?

上記で紹介したように、正社員は保育園そのものに雇われ、働く期間が決まっていない雇用形態を指します。混同されがちな、パートやアルバイトとの違いは、パートとアルバイトは保育園が雇用するのに対し、派遣は人材派遣会社が雇用します。

 

期限を設けて働く点は、派遣とアルバイト・パートは同じです。しかし、人材派遣会社に登録している場合、2015年の派遣雇用法定により、同じ事業所で3年を超えて派遣保育士として働くことができません

 

雇用形態 特徴
正社員

・フルタイム勤務

・雇用主は、保育園

・給料の支払いは保育園

・無期限雇用

・働き方は保育園が決める

派遣保育士

・雇用主は人材派遣会社

・福利厚生や給料は人材派遣会社が管理

・有限雇用

・同じ保育園に3年を超えて在籍できない

・働き方の指示は人材派遣会社

アルバイト・パート

・雇用主は保育園

・給料の支払いは保育園

・有限雇用

・フルタイムでなくても働ける

・働き方は保育園が決める

派遣保育士の働き方とは?

次に、派遣保育士の働き方についてご紹介をします。業務内容・ライフスタイル・給料の観点から正社員と比べながら、派遣保育士の働き方について紹介をするので、ぜひ参考にしてください。

【仕事内容】他の保育士と同じ!

派遣保育士の仕事内容は、基本的には正社員の保育士と変わりません。しかし、期限を設けて働く派遣では、担当クラスを持たずに働くことが多いです。また、正社員と変わらないものの、パート・アルバイトに近い仕事を振られることが多いのも派遣保育士の特徴です。

 

将来的に、派遣保育士として働いている保育園で、正社員として契約を結ぶ場合などは担当クラスなどを持つこともあり、正社員と変わらない仕事をします。

【働き方】ライフスタイルに合わせて働ける!

派遣保育士は、正社員とは異なりライフスタイルに合わせて働くことができる点がメリットです。「土日の出勤が難しい」「短い時間しか働けない」「近場で働きたい」といった条件に合わせて職場を紹介してくれるのも人材派遣会社に登録している派遣保育士のみです。

 

正社員の場合、時間の調節が難しいのに加え、休日出勤や残業はつきもの。プライベートを重視しながら働くなら、派遣保育士として上手に働くのもひとつの手です。

【待遇】給与は一般的なパートより高い!

アルバイト・パート・派遣保育士の時給は、人材派遣会社や保育園によっても異なります。時給の相場はアルバイト・パートで1000円程度、派遣保育士で1200円程度です。正社員・アルバイト・パートに比べて時給が高い点も派遣保育士の特徴です。

 

雇用形態 時給相場
正規雇用 1100円程度
派遣保育士 1200円程度
アルバイト・パート 1000円程度

派遣保育士として働く条件とは?

派遣保育士として働くためには、条件があります。ここでは保育士として実務経験がある人・経験がない人に分けて条件について詳しく解説をします。派遣保育士として働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

保育士としての勤務経験がある人

保育士として働くためには「保育士資格」や「幼稚園教論資格」などが必要になります。また、保育士として実務経験がある方の場合は、派遣先が決まりやすい傾向にあります。しばらく働いていないが、長い間勤務をしていたといったブランクがある方でも、派遣先が決まりやすいです。

 

人材派遣会社に登録をする際は、持っている資格と経験年数などをしっかりと伝えることが大切です。

保育士としての勤務経験がない人

保育士として経験が全くないという場合でも、派遣保育士として働くことができます。経験者のみの保育園で働くことができませんが、保育補助などの「未経験可と記されている職場なら可能です。

 

保育補助なら、保育士として必要な資格を有していなくても働くことができるので、人材派遣会社に相談をしながら職場を探してください。

派遣保育士として働くメリット・デメリット

ここでは、派遣保育士として働くメリット・デメリットについてご紹介をします。ライフスタイルに合わせやすいといったメリットだけでなく、派遣保育士にはデメリットも存在します。どちらもきちんと把握してから決めることが大切です。ぜひ参考にしてください。

派遣保育士として働くメリット

初めに、派遣保育士として働くメリットについてご紹介をします。働き方・残業・給料・人材派遣会社のサポート・人間関係・スキルアップの点から詳しく紹介をするので、ぜひ参考にしてください。

メリット①:働き方が柔軟性がある

派遣保育士として働く大きなメリットには、働き方に柔軟性がある点です。正社員は週5日勤務に加えて残業や休日出勤などがあります。それに対して、派遣保育士は残業がないだけでなく、休日出勤なしにしたり、勤務時間を短くしたりなどといった条件を提示して働くことが可能です。

 

正社員に比べて、働き方に柔軟性があり、ライフスタイルや事情に合わせて働くことができるのは派遣保育士ならではです。

メリット②:残業が少ない傾向がある

正社員には、残業や持ち帰り仕事などがあります。派遣保育士の場合は、契約が定められているため残業が発生しづらいのもメリットです。人材派遣会社が契約で働く時間を指定しているため、保育園が残業を指定することができません。

 

残業がもし発生してしまった場合でも、時給制の派遣保育士は働いた分だけ給料になります。そのため、サービス残業といった問題が起こりづらいのも特徴です。残業やサービス残業な悩みという方には、派遣保育士として働いて残業をしないという方法もおすすめです。

メリット③:パート・アルバイトより給料が良い

派遣保育士は、パートやアルバイトよりも給料が高い点もメリットです。派遣保育士の時給相場は1000〜1500円程度です。パート・アルバイトの場合最低賃金〜1000円程度が相場になります。

 

保育士の月給の平均が20万円前後なので、給料面が悩みという方にも派遣保育士として働く方法はおすすめです。しかし、正社員とは異なり、ボーナスがないため注意をしてください。

メリット④:人材派遣会社のサポートがある

派遣保育士として、人材派遣会社を使用することで、手厚いサポートが受けられます。理想の働き方を提示することで、職場を紹介してもらえ、保育士としての資格や経験がない場合でも相談がしやすく紹介をしてもらいやすいのが特徴です。

 

また、サポート内容は人材派遣会社ごとに異なりますが、キャリアアップ支援などをおこなっているところもあります。上手に人材派遣会社を選ぶことで、保育士としてのスキルアップもできるのでおすすめです。

メリット⑤:人間関係が良い意味でドライ

保育士を続けていく上で辛いと感じてしまう理由には「人間関係」が含まれます。派遣保育士の場合、定められた期間のみ派遣先で働くため、煩わしい人間関係がドライといった点もメリット。

 

契約期間を終了して仕舞えば職場を変えることができるので、人間関係を意識しすぎなくてよく、精神面でも疲れにくいのは派遣保育士の特徴です。保育士として職場の人間関係が辛いと感じている方は、派遣を検討するのもおすすめです。

メリット⑥:実務経験を積むことができる

保育園といっても企業保育・小規模保育・認定こども園などがあります。1ヶ所の職場に留まる必要のない派遣保育士は、さまざまな職場を回りながら実務経験を積むことが可能です。職場ごとに変わる保育理念やさまざまな保育士と触れながら経験を積めるのは、派遣保育ならではのメリットです。

派遣保育士として働くデメリット

次に、派遣保育士として働くデメリットをご紹介します。ここでは契約期間・人間関係・収入・辞める場合について紹介をするので、ぜひ参考にしてください。

デメリット①:契約期間が定められている

派遣保育士は、雇用期間が定められている有限雇用です。たとえ気に入っていて居心地の良い職場だったとしても、契約期間が満たされた場合、再度契約するのが難しく離れなければならない場合があります。気に入った場所でも働き続けることができない点は派遣保育士のデメリットです。

 

また、同じ職場で再度契約をすることができても、派遣雇用法により3年を超えることができません。同じ職場で働き続けるためには、雇用形態を変更する必要があるので、派遣保育士として働けません。

デメリット②:対等な人間関係を築きにくい

派遣保育士は、あくまでも派遣のため、正社員の保育士と対等な関係を築くことが難しい点もデメリットです。雇用先が異なったり、給料が異なったりするため、対等になることが難しく、正社員の保育士と壁を感じてしまうのも特徴です。

 

また、正社員の保育士は担当クラスを持つことがほとんどですが、派遣保育士は担当クラスを持ちません。業務内容はほとんど同じといっても、違いもあるので対等な関係を築きづらいです。

デメリット③:収入が上がりにくい

収入が上がりづらい点も派遣保育士のデメリットです。正社員の保育士の場合、継続年数などで給料が上がります。しかし、派遣保育士は契約期間を満了したら職場を離れてしまうため、収入を上げることが難しいです。

 

また、派遣保育士はボーナスがないため、時給が高くても正社員の保育士よりも収入が下がってしまいます。時給制のため、長期休暇に入ってしまうと給料が出ないのも、収入が上がらない原因です。

デメリット④:契約期間が終了するまでは辞めることが難しい

派遣保育士は、定められた契約期間をしっかりと働かなければなりません。派遣先の保育園が思っていたのと違ったといった場合でも、突発的に辞めることができない点は派遣保育士のデメリットです。

 

人材派遣会社を使用する際に、条件を提示する場合、認識の齟齬が発生しないためにもしっかりと伝える必要があります。また、思っていた職場と違ったとならないために、入念に相談などを重ねてください。

派遣会社の選び方

ここでは、派遣会社の選び方をご紹介します。失敗をしてしまわないためにも派遣会社の実績やサポートの内容などをきちんとチェックしてから登録をしてください。

実績のある派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶ上で、これまでにどれくらいの人に仕事を紹介してきたのか調べるのはとても大切なポイントです。たくさんの紹介をしてきた派遣会社は実績があり、それだけ保育施設とのつながりも多いのが特徴です。効率よく派遣先を見つけるためにも、実績の多い派遣会社を選んでください。

福利厚生・登録後のフォローもチェック!

派遣保育士の場合、福利厚生の官吏は派遣会社がおこないます。福利厚生の内容は派遣会社ごとに異なるので、登録をしする前にしっかりとチェックをしてください。また、登録後にどのようなサポートをおこなっているかもチェックをしてください。スキルアップを考えている方は、資格取得の支援サービスがある派遣会社がおすすめです。

まとめ

今回は、派遣保育士のメリット・メリットについてや派遣会社の選び方をご紹介しました。派遣保育士は、ライフスタイルに合わせた働き方ができる点が魅力的ですが、収入が上がらなかったり、1ヶ所に止まって働けなかったりとデメリットもあります。どちらも把握をして上手に派遣保育士として働いてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

【2023年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

サービス
東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2023年度最新版】

東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2023年度最新版】

その他
【2023年最新版】短期・単発の派遣バイト人気おすすめサイト9選

【2023年最新版】短期・単発の派遣バイト人気おすすめサイト9選

サービス
おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2023年度最新版】

おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2023年度最新版】

その他
薬剤師が単発派遣で仕事をするには?条件やメリット・デメリットを紹介

薬剤師が単発派遣で仕事をするには?条件やメリット・デメリットを紹介

その他
【30代向け】保育士の転職サイト人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

【30代向け】保育士の転職サイト人気おすすめランキング12選【2023年最新版】

その他