介護士はつらい・きついって本当?向いていない人は?解決方法を紹介

記事ID31255のサムネイル画像
介護士は労働環境が過酷である一方、給料が低いため辛い・きついと思う方がたくさんいます。せっかく介護士になっても「やってられない」と精神を病んでしまうことも。そこで今回は、介護士のつらいこと・悩みの解決策を紹介します。向いていない、仕事をやめたいと考えている方はチェックして見てください。

介護士がつらい・やめたいと思ったら

夢を目指して介護士になったものの「介護士は給料が低い」や「夜勤や業務内容がハード」という理由でつらい・辞めたいと感じてしまう方も多いです。辛いと感じてしまうと、介護士の仕事自体が自分には不向きなのではないかと自信も失って精神的にも辛くなってしまいます。

 

人間関係や業務内容など、どうにか問題を解決したいと思うでしょう。しかし、行動を起こそうにもどのような行動をするか難しいのも特徴です。介護士を辞めなくても辛いと感じる問題を上手に解決する方法はたくさんあります。

 

そこで、今回は介護士の辛い悩みや解決方法をご紹介します。仕事を辞めたい・変えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。記事の最後には、介護士の転職に関しても紹介をしています。ぜひご覧ください。

介護士のつらいことや悩み

初めに、介護士の仕事は一体どんな点が辛いのか、悩みになってしまっているのか知ることが大切です。ここでは、介護士によくある辛いと感じるポイントや悩みについてご紹介をしています。ぜひこちらを参考にして、何に悩んでいるのか見つめ直すきっかけにしてください。

人間関係が辛い

介護士が辛く感じてしまったり、辞めたいと感じてしまったりしてしまう原因の一つに挙げられる「人間関係が辛い」。介護という仕事は、介護士が仕事をするだけでなく、施設ともなれば栄養士など他の職種の方も一緒に働いています。仕事内容の違いから人間関係が上手くいかずに辛く感じてしまいます

 

また、介護士の年齢層も幅が広いです。知識や経験の差からスムーズに仕事が進まずに人間関係が悪化してしまうというのも原因です。介護士は業務内容がハードであり、体力仕事でもあります。疲れているとつい他人に当たってしまったりと余裕がなくなってしまうのも人間関係が辛く感じてしまう理由の一つです。

 

上手な人間関係が築けない以外にも、介護士同士のいじめや嫌がらせが含まれるのも現実です。精神を病む前に、問題の解決や対策をしなければならない悩みです。

給料が安い・上がらない

次に、介護士が辛いと感じてしまう原因に「給料」が挙げられます。介護士は資格なしでも就職が可能な職種です。資格を持っている場合は、資格手当がつきますが、無資格の場合はつかないので給料が安くなってしまいます

 

また、介護士の職種そのものが給料の低い傾向にある仕事です。介護士になったばかりの頃は、仕事を覚えなければならならず、夜勤にも就けないので、これも給料が安くなってしまう原因。給料面は自分自身の努力で大きく変わるものではないので、理由の中でも頭を抱えてしまう悩みです。

忙しすぎる

次に「忙しすぎる」という点です。体力面で辛いだけでなく、やらなければならない仕事が多く休憩時間すら取るのが難しく、辛いと感じてしまいます。レクリエーションをおこなうなら、準備から介護士は働かなければなりません。

 

介護をおこなうだけではない職種である点から、仕事が忙しいと感じて辛くなってしまう方が多いのも特徴です。また、介護の仕事は、繁忙期や閑散期がある仕事ではありません。波がなく、常に仕事が忙しいのも特徴です。

 

介護士は、人手不足で常に需要がある職業。人手不足のためか、1人に割り振られる仕事が多くなり、その分忙しくもなります。

労働環境が悪い

介護士が辛く感じてしまう理由には「労働環境が悪い」も挙げられます。休憩時間が取れない・サービス残業が多い・ハラスメントを受けている・おこなえる業務以外を強いられるなどがあり、俗に「ブラック」と呼ばれる職場です。

 

また、人員が足りていない施設などでは、許容量以上の仕事が振られてしまい、休憩が取れなかったり、サービス残業を強いられてしまいます。労働環境は、自分自身の行動や対策で大きく変わることのない問題です。その分、辞めたいと感じてしまう原因にも繋がります。

解決方法をチェック!

上記でご紹介した、辛いや辞めたいと感じてしまう理由に対する解決方法をご紹介します。今の職場が辛いと感じてしまったら、思い切って職場を変えることもひとつの手です。悩み続けても問題が解決されることはありません。悩んでいる方は、ぜひこちらを参考にしてください。

上司や同僚に相談する

悩み事があったら「上司や同僚に相談する」のもおすすめです。1人で悩んでいても辛くなる一方で解決することはありません。信頼できる上司や同僚に相談をして行動をしてもらうのもおすすめです。

 

特に「人間関係」が辛いと感じている方は、信頼できる人に相談をしてください。業務内容が被らないように配慮してもらうだけでなく、人に相談をすることで、心がスッキリするのでおすすめです。

 

また、介護士同士のいじめも大きな問題。嫌がらせやいじめで精神を病んでしまったという方も少なからず居るのが現状です。職場で相談する人がいなくても、精神面が辛い場合は、介護職専門のカウンセラーなどを頼るのもひとつの手です。

資格取得で給料をあげてもらう

介護士の給料が低いことが悩みという方は、資格の取得がおすすめです。介護士には、必ず必要な資格はありません。しかし、資格を持っていることで「資格手当」が出され、給料が上がります。

 

介護士といってもさまざまな資格があります。介護の仕事以外にも、色々な場面で活用できる資格もあるので、ぜひチェックしてください。現代では、資格取得通信講座などを利用して働きながら資格を取ることも可能です。

 

また、資格を持っていることで、もし転職をするとなっても採用に有利になります。辞める場合でも辞めない場合でも日頃から働きながら資格取得を目指すのをおすすめします。

職場を変える

相談しても悩みが解決されないという方は、思い切って職場を変えてしまうのもひとつの手です。仕事場が変われば労働環境も変わります。特にハラスメントやサービス残業を強いられる「ブラック」と呼ばれる職場で働いている方におすすめです。

 

職場を変えるといっても簡単にできることではありません。上手に転職をするために、日頃から資格取得や実績を作っていくことが大切です。転職サイトの中には、介護士専門の転職サイトもあるので、活用してください。

 

本記事では、仕事を辞める前にすべきことや転職についても紹介をしています。ぜひ参考にしてください。

介護士が向いている人・向いていない人

ここでは、介護士が向いている人・向かない人についてご紹介をします。介護士の特徴に触れつつ、介護士に向いている人・向いていない人をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

介護士が向いている人

初めに、介護士に向いている人についてです。介護の仕事は人対人の仕事です。また、仕事が忙しく、動き回る仕事でもあります。さまざまな職種の人が集まるのも介護の仕事の特徴です。介護士が向いている人の特徴は以下の通りです。

 

  • 人に接するのが好きな人
  • 笑顔を絶やさない人
  • チームで仕事をするのが好きな人
  • 体力面で自信がある人
  • 気配りができる人
  • 夜勤などの働き方に抵抗がない人
  • 責任感のある人

 

介護士は、利用者の命を預かる仕事でもあります。楽しく働くことも大切ですが、責任感を持って働かなければならない職業です。また、体を動かしたり、夜勤があったりと普通の仕事ではなかなかない働き方をします。介護士を目指している方は、普段から体力作りや健康管理にも気をつけてください。

介護士が向いていない人

次に、介護士が向かない人についてです。上記でも挙げた通り、介護士は人と接する・忙しい・夜勤などがある・チームでおこなう仕事・利用者の命を預かる仕事です。介護士が不向きな人は以下の通りです。ぜひ参考にしてください。

 

  • 体力面で自信がない人
  • 責任感を持てない人
  • チームワークが苦手な人
  • 体を動かすのが苦手な人
  • 夜勤などの働き方に抵抗がある人
  • 他人への気配りができない人
  • 排泄物や食事に抵抗がある人
  • 嫌な顔をしてしまう人

 

介護士は、基本的に利用者の食事や排泄の手伝いをします。潔癖症で排泄物や食事に抵抗があるという方には不向きといえるでしょう。また、嫌な顔をしてしまうと人間関係が悪化するだけでなく、利用者にも嫌な思いをさせてしまいます。笑顔で対応をしなければならず、辛く感じてしまう仕事であることも介護士の特徴です。

【要チェック】仕事をやめる前にすべきこと

介護士の仕事が辛く、仕事を辞めたいと思ってしまうことも少なくはありません。しかし、何も考えずに仕事を辞めてしまうと、給料が入らないだけでなく、再就職も難しくなってしまいます。ここでは、仕事を辞める前にすべきことについてご紹介をします。ぜひ参考にしてください。

実績をつくる

仕事を辞める前に「実績をつくる」ことは大切です。次の職場に就職する際に、実績がある方がスムーズに採用をされることが多いです。特に、在職期間が少ない場合、次の職場でも「すぐに辞めてしまうのでは?」というポイントで採用されない可能性もあります。

 

しかし、実績があれば能力やスキルとして評価をされ、採用されやすくなります。仕事を辞めてしまう前に、次の就職活動でアピールできる実績をつくってください。例えばチームリーダーなど、周りをまとめる仕事をこなすなどがアピールポイントになります。

次の職場が決まってから仕事をやめる

介護士は、人手不足の職業で需要が高く、年中いつでも転職がしやすいのも特徴です。転職の時期を選ぶよりも、辞めたいと感じたタイミングで転職活動を始めてしまっても問題はありません。

 

しかし、現在働いている場所よりも好条件で働きやすい職場をじっくりと探すためにも、辞めるのは転職先が決まってからがおすすめです。特に、辞めてしまってからの転職活動は、金銭面を含めて、焦って職場を探してしまう原因です。

 

介護士の転職は、早ければ1ヶ月程度で決まります。次の職場が決まるタイミングで現在の職場を退職してください。また、現在働いている職場を辞める際にも気配りは必要です。

資格を取得しておく

転職の際に、能力やスキルの判断材料になるのが資格。何も資格を持っていない人よりも、資格を持っていて経験が豊富な方の方が採用はされやすいです。スムーズに転職活動を進めるためにも、在職中に資格を取得しておくのがおすすめです。

 

転職の際の能力やスキルとしてだけではなく、より自分自身が介護士として働きやすくなるのが資格です。転職をしなくても、資格手当で給料アップにも繋がるので、給料面が悩みという方もぜひ資格の取得を検討してください。現代では、資格の取得は仕事をこなしながらでも通信講座を利用して可能です。

仕事とプライベートを分ける

仕事を辞める前にすべきことの中には「仕事とプライベート」を分けることも大切なポイントです。職場の人と良好な人間関係を作ることも大切ですが、仲良くなりすぎてしまうと仕事が辞めづらくなってしまうのも特徴です。

 

辞めたいと感じたら、仕事とプライベートをきっちりと分けて線引きをすることも大切です。全く仲良くしないという必要はありません。また、プライベートの時間に職場の人と過ごしては、オンとオフがはっきりせずに疲れてしまう原因です。普段から仕事とプライベートをきっちりと分けることでメリハリをつけることもできます。

職場環境が悪いなら思い切って転職を!

職場の環境が悪い場合は、思い切った転職がおすすめです。我慢をしていても精神面でも体調面でも体を壊してしまう原因にもなります。また、介護士の仕事そのものが嫌いになってしまう前に、今の職場よりも好条件な職場を見つけて働きやすい環境で働くことが大切です。

 

転職を検討する方は、上記で紹介している「仕事を辞める前にすべきこと」を参考にしてください。上手に転職活動を進めて、自分に合った働きやすい職場を見つけてください。

 

下記の記事では、介護士向けのおすすめ転職サイトを紹介しています。おすすめの転職サイト以外にも、転職活動のコツを解説しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか?今回は、介護士の辛い悩みや解決方法をご紹介しました。忙しい仕事だからこそ、体力面や人間関係が難しい仕事です。こちらで紹介した内容が、問題解決に繋がれば幸いです。また、職場環境が悪い場合は、働き続けずに転職も視野に入れるのをおすすめします。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

介護士の転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

介護士の転職サイトおすすめ7選【2023年最新版】

その他
介護用杖の人気おすすめランキング20選【種類や選び方をご紹介】

介護用杖の人気おすすめランキング20選【種類や選び方をご紹介】

介護用品
介護用パンツのおすすめ人気ランキング12選【安く買う方法はある?】

介護用パンツのおすすめ人気ランキング12選【安く買う方法はある?】

介護用品
派遣介護士のメリットは?給料や気になる仕事内容も紹介

派遣介護士のメリットは?給料や気になる仕事内容も紹介

その他
介護福祉士の仕事はつらい?辞めてよかった?悩みと解決方法を紹介

介護福祉士の仕事はつらい?辞めてよかった?悩みと解決方法を紹介

その他
安心して食べられる!介護食の宅配人気おすすめ14選

安心して食べられる!介護食の宅配人気おすすめ14選

その他のサービス