ヒートシンクの人気おすすめランキング15選【両面実装のものも】

M.2SSDは速度が速い分、発熱が凄いのでヒートシンクで冷却する必要があります。しかし、数多くあるヒートシンクの中から選ぶのは大変ですよね。そこで今回はM.2SSD用ヒートシンクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

M.2SSDのパフォーマンス維持のためにヒートシンクは必要!

M.2SSDはPCストレージの中でも高性能パーツです。一般的なSSDは6Gbpsの転送速度でHDDよりも速いと人気ですよね。実はその中でも、このM.2SSDは通常のSSDよりも高速転送速度を持っているため、速度重視のPCユーザーを中心に注目されているんです。

 

そんな高速転送速度を持ち人気のM.2SSDですが、実は発熱量が凄いのでPC内の温度上昇に気をつけなければならないデメリットもあります。M.2SSDの温度が上昇すれば、PC内の温度も上昇し、故障するリスクが高くなり、パフォーマンスも低下する原因に。

 

その問題を解決するためにも、M.2SSDを冷却する「ヒートシンク」は欠かせません。今回はM.2SSDを冷却するヒートシンクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは冷却性能・価格・取り付け方などを基準に作成しました。

M.2SSD用ヒートシンクの選び方

M.2SSD用ヒートシンクの選び方をご紹介します。どのヒートシンクを購入したらいいかわからない方は参考にしてみてください。

PC構成に合わせて選ぶ

M.2SSD用ヒートシンクは2種類あるので、PC構成に合わせて選ぶといいでしょう。自作PCをこれから組む方と手持ちのPCに組み込む方で選ぶタイプは違います。

拡張スペースがないなら「小型ヒートシンク」がおすすめ

ノートパソコンなど拡張スペースが限られている方や簡単に取り付けができるものがいい方には、小型ヒートシンクがおすすめです。M.2SSDに取り付けて使うので、省スペースで取り付けできます。また、取り付けが簡単なので、初めてM.2SSDを使う方にも最適です。

冷却効果を重視なら「PCIExpress変換カード」がおすすめ

PCIeスロットに接続するタイプのヒートシンクです、こちらはヒートシンクが大きいので、小型ヒートシンクよりもかなり高い冷却効果を期待できます。PCケースに余裕が余裕がある方やPCIExpressが空いている方は、こちらを選ぶのがおすすめです。

 

大きさがあるので、ケース内のエアフローを阻害する可能性があります。また、他のPCパーツに干渉しないように注意しましょう。

マザーボードなど干渉しないように「高さ」をチェック

小型ヒートシンクの場合は「Type 2280」対応のものが一般的になっています。長さと幅はほとんど同じですが、高さは製品ごとに違うので注意しましょう。低いものだと3mm、高いものだと10mmと高さはバラバラです。

 

高さがあるものの方が、表面積が大きいので冷却性は優秀。しかし、設置スペースによってはGPUなど他のパーツと干渉してしまう可能性があります。なので、他パーツに干渉しない高さのものを選びましょう

取り付け方で選ぶ

小型ヒートシンクには4つの取り付け方法があります。それぞれ取り付けの仕方が違うので、知っておきましょう。

手軽さ重視なら「熱伝導両面テープ」がおすすめ

熱伝導両面テープは、お手軽に取り付けられるタイプです。しかし、かなり強力に張り付くので、M.2SSDを外す予定があるかもしれない方には不向きです。M.2SSDのラベルが損傷します。そのため、外さないこと前提にしている方におすすめです。

何度も取付・取外しをするなら「耐熱絶縁テープ」がおすすめ

耐熱絶縁テープは、何度も取外ししたり取付けたりする方におすすめです。熱伝導両面テープとは違い、外す時にM.2SSDのラベルを損傷することはありません。綺麗な状態で取外しができるので、中古などで売るかもしれない方にも最適です。

 

注意点としては、何度も取外し・取付けを繰り返すと粘着力がなくなるので注意しましょう。

自作PCユーザーには「シリコンゴム」「金属クリップ/ブラケット」がおすすめ

パーツをよく交換する自作PCユーザーにはシリコンゴムリングタイプと金属クリップ/ブラケットタイプがおすすめです。テープと違い粘着力が弱くなる問題がなく、取付け・取外しを何度も繰り返しできます。

 

取り付け時は、CPUクーラーなど干渉しないか気をつけて取り付けましょう。

M.2SSDの基板の厚さで選ぶ

M.2SSDは基盤に搭載したチップの大きさによって厚さが違います。基盤の厚さは「タイプID」と呼ばれ、両面実装や片面実装を見分けるためのポイントです。

ノートPCには「片面実装対応」のものがおすすめ

片面実装は、片面のみチップを乗せているタイプのM.2SSDです。主に大きさが限られているノートPCに搭載されています。チップが片面にしかついていないので、ヒートシンクも片面を冷やすタイプのものがおすすめです。

 

しかし、たまにノートPCでも基盤が厚い両面実装を搭載しているモデルもあります。なので、自分のPCに搭載している/搭載する予定のSSDがどちらなのか確認しておき、基盤の厚さに合ったヒートシンクを選びましょう。

デスクトップPCには「両面実装対応」のものがおすすめ

両面実装は、チップを両面に乗せているM.2SSDです。両面にチップが搭載されているので、性能やコスト的に片面実装よりもよく、主にデスクトップPCに搭載しています。両面にチップが乗っているタイプなので、ヒートシンクも両面に対応できるものを選ぶといいでしょう。

見た目にこだわるなら「カラー」「LED搭載」をチェック

ヒートシンクはシルバーやブラックなどさまざまなカラーのものがあります。何色を選んでも実用性に変わりがないので、見た目にもこだわりたい方は、好きなカラーのものを選ぶといいでしょう。

 

また、LED搭載している製品もおすすめです。パーツ構成が見える透明ケースを使っている方はLED搭載している製品もチェックしてみてください。

より冷却性能を高めたいなら「冷却ファン付き」がおすすめ

ヒートシンク製品の中には、冷却ファンが搭載されているものがあります。冷却ファンが搭載されている製品は、より冷却性能を高めたい方におすすめです。しかし、冷却ファンが搭載されている分、寸法が大きくなるので取り付けスペースに収まるか確認してから選びましょう。

ノートパソコンに搭載するなら「厚み」に注意

ノートパソコンの場合は、ヒートシンクの厚みが大切なポイントになります。ヒートシンクの厚みがありすぎると裏蓋が閉まらない原因に。また、無理矢理閉めるとSSDを圧迫して故障や高熱化につながります。

 

ヒートシンクの厚みは商品仕様に記載されているので、忘れずにチェックしましょう。ヒートシンクとSSDの間にシリコンパッドを挟むので、この厚さも忘れずに確認して選んでください。

ノートPCは銅よりも「アルミ」がおすすめ

ノートPCにM.2SSD用ヒートシンクを取り付けようと考えている方は、銅よりもアルミ素材がおすすめです。銅よりも熱伝導率が若干劣っていますが、放熱性が高く、軽量なのでスペースが限られているノートPCには最適です。

メーカーから選ぶ

ヒートシンクにはさまざまなメーカーから発売されています。ここでは、人気のメーカーをご紹介します。

さまざまな環境で使用するなら「長尾製作所」がおすすめ

長尾製作所が製造、販売しているヒートシンクは放射性が高い2.0mm厚のアルミニウムと熱伝導が極めて高い超抵硬度放熱シリコーンパッドを採用しています。企画から設計、製造すべての工程を日本国内で行っているので、信頼性が高いのも特徴です。

 

またPS5にも対応している製品があるので、使用用途に合わせて適切なヒートシンクをチェックしてみてください。

使いやすさ重視するなら「アイネックス」がおすすめ

アイネックスは自作PCパーツやPC周辺機器の開発・製造を手がけている国内メーカーです。初心者でも使いやすいヒートシンクを発売しており、人気が高いです。また、製品価格もリーズナブルなので、購入しやすいのも人気の理由です。

マザーボードが「M.2SSD用ヒートシンク付き」か確認しよう

最近のマザーボードには、M.2SSD用ヒートシンクが付いているものが多くなってきています。マザーボードに付いているヒートシンクを外すと中にM.2SSDスロットが用意されているので、そこにM.2SSDを取り付けれるようになっています。

 

マザーボードにヒートシンクが付いている場合は、ヒートシンクの中側に熱伝導両面パッドを貼るだけでOK。ヒートシンクシンクを購入しなくていいので、マザーボードにM.2SSD用ヒートシンクが搭載されているかチェックしましょう。

M.2SSD用ヒートシンクの人気おすすめランキング15選

工具要らずで簡単に取り付けられる

こちらのヒートシンクは2個のクリップで留めれるようになっており取り外しが簡単にできます。クリップは3段の溝があり、SSDのサイズに合わせて取り付けれるようになっています。また、LEDライティング対応なので、見た目にもこだわりたい方にもおすすめです。

サイズ 70×23×9mm 素材 アルミニウム合金
タイプ 小型 その他 LEDライティング対応
取り付け方法 クリップ 重量 60g
熱伝導率 - カラー ブラック

口コミを紹介

肝心の冷却性能は、ほかに高速NVMe M.2 を持っていないため比較は難しいですが、それでも私の環境では結構冷えているように思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2230/2242/2260/2280のカードタイプに対応

高速なM.2 NVMe SSDにヒートシンクを搭載したものです。PCIExpressスロット搭載PCに使えます。フルハイト用とロープロファイル用のブランケットが付属しています。ネジ止めなので、しっかり固定できるようになっています。

サイズ ‎12 x 14.2 x 1.9 cm 素材 -
タイプ 変換カード その他 -
取り付け方法 - 重量 120g
熱伝導率 - カラー ブラック

口コミを紹介

このカード自体はよいものです。
実際の動作はマザボの仕様に依存します。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

効果的な冷却効果を得られる

こちらのヒートシンクはデスクトップ・ワークステーション・IPS・サーバーシステム用に設計され、放熱性に優れています。工具不要で簡単に取り付けれるのもポイント。

サイズ 70*24*24.6mm 素材 アルミ合金
タイプ 小型 その他 デスクトップ・ワークステーション・IPC・サーバーシステム用に設計
取り付け方法 - 重量 50g
熱伝導率 - カラー ブラック/銀/赤

口コミを紹介

こちらのヒートシンクは高さがあり表面積の大きい設計ですので、
隣り合うであろうCPUファンの横風などのエアフローで熱を拡散させてくれそうな素敵な形状をしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

SGTKJSJS

M2 SSDラップトップ用ヒートシンク銅

ノートPCに最適なヒートシンク

こちらのヒートシンクは、コンパクトなスペースでも設置が可能なのでノートPCなどに取り付けるのに最適です。10~20℃の冷却効果に期待でき、過熱やスロットルを避けます。

サイズ 高さ1.5mm 素材
タイプ 小型 その他 互換性のあるPCIe NVMe M.2 SSDブランドおよびモデル
取り付け方法 ゴムリング 重量 80g
熱伝導率 - カラー -

口コミを紹介

サーマルパッドが薄いのと厚いのと2種類入ってて、プレート押さえの透明なベルトもぴったりサイズで6個入ってました。銅の板なので放熱性も良さげです。ノートパソコンでもデスクトップでも使用できて親切です。

出典:https://www.amazon.co.jp

熱暴走対策に最適なヒートシンク

こちらは、熱暴走対策や夏の暑さに適した冷却パーツです。5~25℃もの温度上昇を抑えることができます。温度上昇による動作の制限を回避したい方は、ぜひチェックしてみてください。

サイズ - 素材
タイプ 小型 その他 -
取り付け方法 両面テープ 重量 20g
熱伝導率 銅410-440W/m.k 熱伝導両面テープ1.5W/m.k カラー -

口コミを紹介

温度上昇と言っても50℃程度なので、NvMe接続SSDの70℃超に比べれば
騒ぐほどではないですが、それでも本ヒートシンクで7℃程度冷やせたので、
まぁまぁかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

好きなカラーが選べるヒートシンク

こちらのヒートシンクは6色から選べるので、自分の好きなカラーを選べます。また、デスクトップパソコン用に設計されています。6本のネジ止めで固定するので、しっかりと固定したい方にもおすすめです。

サイズ 76x 24 x 11mm 素材 アルミ合金、銀メッキ(静電気除去)
タイプ 小型 その他 -
取り付け方法 クリップ 重量 -
熱伝導率 - カラー 7色

口コミを紹介

発熱の大きいNVMeでも問題なく使えます。
他の方も書かれていますが梱包や説明書が丁寧。
ネジとサーマルテープが1つづつ余分に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

デスクトップパソコン用を探している方におすすめ

デスクトップパソコン用に探している方におすすめなのが、こちらの商品。-10℃以上の冷却効果に期待ができ、PCのパフォーマンスを向上させます。耐久性にも優れているので、気になった方はチェックしてみてください。

サイズ 75mmx22・7mm×11. 7mm 素材 アルミニウム合金
タイプ 小型 その他 ITXマザーボードには適合しません
取り付け方法 - 重量 50g
熱伝導率 - カラー シルバー

口コミを紹介

ファンに対し、SSDの取り付け位置にもよりますが、風が当たる位置で 装着前で 71℃ に対し装着後は56℃ 熱放出よる効果は抜群でした

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Tuloka

導熱接着シート4pcs付き

PC以外にも使えるヒートシンク

いろんな製品で使用することができるヒートシンクを探している方におすすめです。SSD以外にもLEDアンプなど長方形の発熱体に使用可能。また、1000円以下で購入できるのも嬉しいポイントです。

サイズ 68mm×20mm×0.25mm 素材 アルミニウム
タイプ 小型 その他 家庭用ゲームなどにも使える
取り付け方法 粘着シート 重量 20g
熱伝導率 1.32W/m-k カラー ブラック

口コミを紹介

Crucial P2の場合はヒートシンク不要です。最高でも59度でした。
Crucial P5の場合はヒートシンクが必要です。最高89度でした。
本製品を使うことで66度まで改善しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

裏表の両方から冷却するヒートシンク

M.2SSDの裏表に取り付けるタイプなので、しっかりと冷却したい方におすすめです。また、ネジ止なのでしっかりと固定したい方にも最適。LEDが搭載されており、オレンジ色に光ります。

サイズ - 素材 -
タイプ 小型 その他 M.2/M-Key NGFF PCIe SSD 2280, 2260 and 2242. 対応
取り付け方法 - 重量 183g
熱伝導率 - カラー -

口コミを紹介

良い感じで冷えているようで、ヒートシンク部分は人肌程度です。
SSDの裏表にヒートシンクが付きます。(チップ側は分厚いもの/裏側は薄いもの)
作りの精度も高く、しっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ最強のヒートシンク

こちらは1000円以下で購入できる格安ヒートシンクです。高さ30mmと大きめのモデルで、効率的に放熱します。2本のゴムバンドで固定するので、綺麗に取り外しが可能です。

 

設置スペースに余裕があり、放熱性に優れたヒートシンクを探している方はチェックしてみてください。

サイズ 70×22×30mm 素材 アルミニウム
タイプ 小型 その他 -
取り付け方法 ゴム 重量 60g
熱伝導率 - カラー -

ゲーミングPCにぴったりのヒートシンク

こちらのヒートシンクは冷却ファン搭載しており、最大20℃の冷却ができます。内蔵LEDにも対応しており、ライティングを楽しめます。冷却性能とデザイン性にこだわりたい方におすすめです。

サイズ 70×23×11mm 素材 アルミニウム合金
タイプ 小型 その他 冷却ファン搭載
取り付け方法 - 重量 60g
熱伝導率 - カラー -

口コミを紹介

ヒートパイプ付きのSSDヒートシンクとして利用したかったので、この製品を購入して、LEDユニットを外して装着してみたら、Crucial P5 SSDがメチャクチャ冷えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SILVERSTONE

SST-TP02-M2

SSD本体にダメージを与えにくいヒートシンク

こちらのヒートシンクは、シリコンパッドを使用して簡単に貼り付けができ、取り外しも綺麗にできます。そのため、SSDから取り外し予定がある方におすすめです。また、SSD以外にも家庭用ゲーム機やスマホなどの冷却も可能です。

サイズ 70×20×10mm 素材 アルミニウム合金
タイプ 小型 その他 228mm長対応
取り付け方法 ゴム 重量 -
熱伝導率 1.5W/m.k カラー ブラック

口コミを紹介

このヒートシンクを取り付けたら50℃まで下がりました。 よく機能していると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

好きな取り付け方法を選べる

こちらのヒートシンクは、テープとシリコンリングが付属しているので、2通りの取り付け方法を選べます。どの取り付け方法にしようか迷っている方におすすめです。また、ヒートシンクのサイズ違いもラインナップされています。

サイズ 66.5×22.5×5mm 素材 アルミニウム
タイプ 小型 その他 取り付け方法を選べる
取り付け方法 テープ 重量 80g
熱伝導率 - カラー -

口コミを紹介

NVMeのSSDをPCに取り付けると、結構な発熱をしていました。
フルロードすると60度とちょっと看過できないレベルでした。
なので、この製品を購入したんですが、結果としては温度が15度下がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

気軽に試せる価格なのが嬉しい

シンプル設計でお手頃価格のヒートシンク。予算重視の方やヒートシンクを試してみたいと思っている方におすすめです。取り付け方は、熱伝導両面テープを貼るだけでOK。初心者の方でも簡単に取り付けられます。

サイズ W22×D66.5×H5.1mm 素材 アルミニウム
タイプ 小型 その他 M.2以外にも長方形の発熱体に使える
取り付け方法 両面テープ 重量 -
熱伝導率 - カラー シルバー

口コミを紹介

今まではゲームを動かしているとCrystalDiskinfoから頻繁に50℃超えの警告をされていたのですが、
これを取り付けてからは明らかに警告の頻度が減りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

熱暴走を効果的に抑えるヒートシンク

放熱性の高い1.5mm圧のアルミと放熱シリコーンパッドを組み合わせ、熱暴走を効果的に抑えるヒートシンク。シリコーンパッドは柔らかく粘着性があるので、M.2SSDにしっかりと密着し優れた熱伝導効果を得れます。

サイズ 23 x 75 x 6(H) mm 素材 アルミニウム
タイプ 小型 その他 耐熱絶縁テープは再剝離可能
取り付け方法 両面テープ 重量 -
熱伝導率 5.2W/m カラー

口コミを紹介

970EVO PLUS用に購入。OS起動専用で、ゲーム等アプリは別ストレージにしていますのであまりヘビーな環境にはならないですがPC利用中は30度後半~40度前半を維持してくれており、サーマルスロットリングに遭遇することもなさそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

M.2SSD用ヒートシンクのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 素材 タイプ その他 取り付け方法 重量 熱伝導率 カラー
アイテムID:7730142の画像

楽天

Amazon

ヤフー

熱暴走を効果的に抑えるヒートシンク

23 x 75 x 6(H) mm

アルミニウム

小型

耐熱絶縁テープは再剝離可能

両面テープ

-

5.2W/m

アイテムID:7729845の画像

楽天

Amazon

ヤフー

気軽に試せる価格なのが嬉しい

W22×D66.5×H5.1mm

アルミニウム

小型

M.2以外にも長方形の発熱体に使える

両面テープ

-

-

シルバー

アイテムID:7730130の画像

Amazon

好きな取り付け方法を選べる

66.5×22.5×5mm

アルミニウム

小型

取り付け方法を選べる

テープ

80g

-

-

アイテムID:7730154の画像

楽天

Amazon

SSD本体にダメージを与えにくいヒートシンク

70×20×10mm

アルミニウム合金

小型

228mm長対応

ゴム

-

1.5W/m.k

ブラック

アイテムID:7761531の画像

Amazon

ゲーミングPCにぴったりのヒートシンク

70×23×11mm

アルミニウム合金

小型

冷却ファン搭載

-

60g

-

-

アイテムID:7761537の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コスパ最強のヒートシンク

70×22×30mm

アルミニウム

小型

-

ゴム

60g

-

-

アイテムID:7761549の画像

楽天

Amazon

ヤフー

裏表の両方から冷却するヒートシンク

-

-

小型

M.2/M-Key NGFF PCIe SSD 2280, 2260 and 2242. 対応

-

183g

-

-

アイテムID:7761578の画像

楽天

Amazon

PC以外にも使えるヒートシンク

68mm×20mm×0.25mm

アルミニウム

小型

家庭用ゲームなどにも使える

粘着シート

20g

1.32W/m-k

ブラック

アイテムID:7761583の画像

Amazon

デスクトップパソコン用を探している方におすすめ

75mmx22・7mm×11. 7mm

アルミニウム合金

小型

ITXマザーボードには適合しません

-

50g

-

シルバー

アイテムID:7762836の画像

楽天

Amazon

ヤフー

好きなカラーが選べるヒートシンク

76x 24 x 11mm

アルミ合金、銀メッキ(静電気除去)

小型

-

クリップ

-

-

7色

アイテムID:7762861の画像

楽天

Amazon

ヤフー

熱暴走対策に最適なヒートシンク

-

小型

-

両面テープ

20g

銅410-440W/m.k 熱伝導両面テープ1.5W/m.k

-

アイテムID:7762883の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ノートPCに最適なヒートシンク

高さ1.5mm

小型

互換性のあるPCIe NVMe M.2 SSDブランドおよびモデル

ゴムリング

80g

-

-

アイテムID:7762905の画像

楽天

Amazon

ヤフー

効果的な冷却効果を得られる

70*24*24.6mm

アルミ合金

小型

デスクトップ・ワークステーション・IPC・サーバーシステム用に設計

-

50g

-

ブラック/銀/赤

アイテムID:7761569の画像

楽天

Amazon

ヤフー

2230/2242/2260/2280のカードタイプに対応

‎12 x 14.2 x 1.9 cm

-

変換カード

-

-

120g

-

ブラック

アイテムID:7761542の画像

楽天

Amazon

ヤフー

工具要らずで簡単に取り付けられる

70×23×9mm

アルミニウム合金

小型

LEDライティング対応

クリップ

60g

-

ブラック

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天 「ヒートシンク」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

M.2SSD用ヒートシンクは自作できる!

M.2SSD用ヒートシンクは自作可能です。ただし、M.2SSD用ヒートシンクを作るのに部品を買い揃える場合は、安いM.2SSD用ヒートシンクを購入できるため予算に限りがある方などには不向きです。ヒートシンクを自分で作りたい方は、ぜひ挑戦してみてください。

 

自作M.2SSD用ヒートシンクを作るのに必要な部品は、市販の小型ヒートシンクと熱伝導パッドの2点です。M.2SSDの大きさに最適なサイズがパーツショップやAmazonなどの通販で販売されているのでチェックしてみてください。

 

また、ヒートシンクの固定には耐熱Oリングがおすすめです。

M.2SSDの熱が上がりすぎると故障する?

M.2SSDの中でもNVMe接続タイプは発熱しやすくなっています。一定以上の温度になるとM.2SSDの性能を落として冷却させる「サーマルスロットリング」という仕組みがプログラムされています。

 

しかし、室温が高い場合だとサーマルスロットリングが作動していても、さらに温度が上昇する場合があります。冷却性能が不足しているとPC内の温度が高くなり、CPUなど他パーツが故障するリスクが高まるので、注意しましょう。

PCIe3.0のM.2SSDはヒートシンクの必要性が少ない

M.2SSDには「PCIe 3.0」「PCIe 4.0」のインターフェースがあります。主に使われているM.2SSDはPCIe 3.0の方です。PCIe 3.0インターフェースのM.2SSDはPCケース内のエアフローに問題がなければ、ヒートシンクなしでも使えます

 

エアフローが十分に機能しているのであれば、ヒートシンクを取り付けなくても大丈夫でしょう。しかし、ヒートシンクを取り付けた方が冷却効果がアップし、M.2SSDのパフォーマンスを損なうことなく使えるのでセットしておくことをおすすめします。

PS5はM.2SSD用ヒートシンクが必須!

PS5に搭載できるM.2SSDのインターフェースはPCIe 4.0です。これはPCIe 3.0よりもかなり高温になるので、ヒートシンクなしでは故障のリスクが大きいです。なので、片面もしくは両面タイプのヒートシンクをM.2SSDに取り付けましょう。

 

また、PCIe 4.0のM.2SSDは初めからヒートシンクが搭載されている製品が多数あります。どのヒートシンクを選べばいいか迷っている方は、ヒートシンク一体型のM.2SSDをチェックしてみるのもおすすめです。

M.2SSDに貼られている保護シールは剥がさなくてもいい!

M.2SSDのチップ側には保護シールが貼られている場合があります。シールが貼られていたら冷却効率が落ちるのではないかなど疑問に感じますよね。このM.2SSDに貼られている保護シールは剥がさなくてもOKです。

 

保護シールを剥がしても冷却効率はほとんど下がりません。それよりもデメリットの方が大きくあります。保護シールを剥がすことにより、M.2SSDの保証が切れます。M.2SSDが5年間保証されているものでもシールを剥がすことにより、無効になります。

 

また、シールを剥がすことによりチップが基板から剥がれ破損することもあります。なので、M.2SSDに貼られている保護シールは剥がさず、そのまま使いましょう。

ヒートシンクの高さに制限があるなら追加ミニファンをチェック!

マザーボードの構造上、ヒートシンクの高さに制限がある場合があります。ファンを取り付けれるスペースがない場合、ミニファンをチェックしてみましょう。ミニファンは他のパーツに干渉しないスペースに取り付けれたり、360度好きな方向に風を送れるので便利です。

 

ミニファンの中には25mm角、高さ10mmの極小サイズもあります。ヒートシンクと同じメーカーのファンなら、より固定しやすく使いやすいでしょう。パーツ構成に合わせて最適なミニファンを選びましょう。

まとめ

今回はM.2SSD用ヒートシンクの選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。M.2SSDのNVMe接続タイプは発熱しやすいため、PCが故障する前に必ずヒートシンクを取り付けるのが大切です。この記事を参考に選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

スマホ冷却シートの人気おすすめランキング15選【ヒートシンクや放熱シートも】

スマホ冷却シートの人気おすすめランキング15選【ヒートシンクや放熱シートも】

スマートフォン
ハトメパンチのおすすめ人気ランキング5選【片面と両面の違いも紹介】

ハトメパンチのおすすめ人気ランキング5選【片面と両面の違いも紹介】

手芸用品・クラフト
【2023年最新版】M.2接続タイプSSDの人気おすすめランキング10選

【2023年最新版】M.2接続タイプSSDの人気おすすめランキング10選

その他パソコン
SSDの人気おすすめランキング15選【壊れやすいSSDの特徴や内蔵型も】

SSDの人気おすすめランキング15選【壊れやすいSSDの特徴や内蔵型も】

SSD
両面テープのおすすめ人気ランキング13選【絶対剥がれない最強の両面テープも!】

両面テープのおすすめ人気ランキング13選【絶対剥がれない最強の両面テープも!】

文房具・文具
PS4冷却ファン・スタンドの人気おすすめランキング16選【意味ない?】

PS4冷却ファン・スタンドの人気おすすめランキング16選【意味ない?】

ゲーム周辺機器

アクセスランキング

【コスパ最強】初心者向けデスクトップパソコン人気おすすめランキング10選のサムネイル画像

【コスパ最強】初心者向けデスクトップパソコン人気おすすめランキング10選

パソコン
Surfaceの人気おすすめランキング10選【どれがいい?】のサムネイル画像

Surfaceの人気おすすめランキング10選【どれがいい?】

パソコン
音声認識ソフトの人気おすすめランキング10選【Windows10用や無料ソフトも】のサムネイル画像

音声認識ソフトの人気おすすめランキング10選【Windows10用や無料ソフトも】

パソコン
PCワゴンのおすすめ人気ランキング10選【デスクトップパソコンの収納に】のサムネイル画像

PCワゴンのおすすめ人気ランキング10選【デスクトップパソコンの収納に】

パソコン
【2023年】2in1PCのおすすめ人気ランキング20選【安いPCも】のサムネイル画像

【2023年】2in1PCのおすすめ人気ランキング20選【安いPCも】

パソコン
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。