スプレー式タイヤチェーンの人気おすすめランキング7選【劣化するって本当?落とし方も紹介!】

記事ID30278のサムネイル画像

出典: www.amazon.co.jp

使い方が簡単で女性でも滑り止め処置ができるスプレー式タイヤチェーン。「効果あるの?」「どこで売ってる?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はスプレー式タイヤチェーンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

スプレー式タイヤチェーンは効果あるの?どこで売ってる?

雪の中で車を運転する場合、タイヤが滑ってしまわないようにチェーンを巻いたりスタッドレスタイヤを使用したりすることが必須です。でも、普段雪があまり降らない地域で大雪が降ったり突然の雪に見舞われたりした場合、困ってしまうことがありますよね。

 

そこで備えておきたいのが、スプレー式のタイヤチェーン。スプレーをするだけで滑り止め効果を得ることができ、緊急用として車の中に置いておくと安心のアイテムです。しかし「効果あるの?」「どこで売ってる?」と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、スプレー式タイヤチェーン(スプレーチェーン)の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは効果・生産国・価格を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

スプレー式タイヤチェーンの選び方

ここではスプレー式タイヤチェーンの選び方をご紹介します。安全のためにチェックしておくべきこともたくさんあるので、確認してくださいね。

制動効果で選ぶ

制動効果(滑り止めの効果)はスプレー式タイヤチェーンを選ぶときに最も重要なポイントです。安全のためにも妥協しないようにするといいでしょう。

「制動力」がいいものを選ばないと危険!

制動力が弱いものを買ってしまうと、滑り止めとしての効き目が弱く危険に見舞われる場合があります。何よりも重視するべきなのが制動力のよさです。とはいえ、商品を見てもその効果はわかりづらいこともあります。その場合、レビューや口コミなどを参考にするといいでしょう。

 

ただし、口コミには使用方法を守らず効果のなさを報告しているのもあります。例えば30km/hで使用するよう記載されているのにそれ以上のスピードを出し「効かなかった」と書いている場合などです。口コミを参考にする場合はすべて鵜呑みにせずさまざまな意見を参考にしましょう

雪道での「実験」を行なっているメーカーだと安心

スプレー式タイヤチェーンはさまざまなメーカーが販売していますが、制動効果をきちんと雪道で実験しているメーカーのものを選ぶのがおすすめです。商品紹介ページやパッケージに書いてあることも多いので、チェックするようにしましょう。

できるだけ効果が長く続くよう「持続可能距離」もチェック

効果がどのくらい続くのかもチェックすべきポイントです。持続可能距離とは、一度スプレーをしたら何kmくらい効果が持続するかを表したもの。その幅は10km〜70kmとさまざまですが、何らかの効果が得られる距離を記載したものが多く、安全を保障する距離ではありません。

 

実際に使用する場合は、安全のため持続可能距離を走り切るよりも前にスプレーをかけ直す必要があります。そのため、もちろん持続可能距離が長い方が使い勝手はいいのですが、緊急脱出用として使用するなら効果が短めのものでも大丈夫ですよ。

 

ちなみに、スプレー式タイヤチェーンは乾いた道路を走ることで急激に効果が落ちてしまいます。そのため、雪道と乾いた道が交互に現れるような道路を走った場合、通常に比べて効果が落ちることもありますので、頭に入れておくようにしましょう。

生産国で選ぶ

重要度は高くありませんが、どの国が作っている商品かという点も効果にかかわることがあります。どう関わってくるのか確認しましょう。

「国産」のものは日本の道路での使用を想定

日本で作られた商品は雪道での実験なども日本の道路で行なっていることが多いのがポイント。購入者が実際に使用するような道で実験がされているので、説明書きの記載に近い効果が得られる安心感があります。

 

また、何かあったときに問い合わせしやすいところや、説明が必ず日本語で書かれているというのもメリット。外国産のものの中には日本語の注意書きがないものもあるので注意が必要です。

雪が多い「北欧・北米」の商品も制動力が期待できる

国産以外で多いのが、ノルウェーをはじめとする北欧産の商品。豪雪地帯で開発されたものは制動力が期待できるというメリットがあります。他にも雪が多い北米産のものや、意外と寒い韓国産のものも多いようです。

 

ただし、寒い地域で作られたもの以外がだめだというわけではありません。あくまで参考程度にするようにしてください。

容量よりも「タイヤ何本分」使えるかを確認して

スプレーを購入するときはつい容量に注目しがちですが、スプレー式タイヤチェーンを買う場合は容量よりもタイヤ何本分使用できるかに注目するのがおすすめです。少ないものだと7本前後、多いものだと最大で20本くらいまで使えるものがあります

 

ただし、それらはみんな普通車で想定されていることが多いです。使用しているタイヤの大きさによっても異なるのでご注意ください。また、一回の使用に4本分使うこともお忘れなく。

成分で選ぶ

スプレーにどんな成分が使用されているのかを知っておくと、使ったあとに驚いたり困ったりすることが減るはず。購入前に確認しておきましょう。

「天然樹脂」は多くの商品に使われているがべたつきやすいのが難点

スプレー式タイヤチェーンの多くに使われているのが、天然樹脂。滑り止め効果を得るためにべたつきがあるのが特徴です。手にべたべたがついてしまったり汚れをくっつけてしまったりすることが多いのが難点ですが、滑り止めというものの性質上仕方ないともいえるでしょう。

商品によっては「特殊な成分」を使いべたつきや汚れを軽減しているものも

メーカーによっては、べたつきを抑えた成分を使用し、汚れを軽減させてくれるタイプのものもあります。天然樹脂のべたべた感が苦手だという方はそういったものを探してみるのも一つの手かもしれません。

 

メーカー独自のものであることも多くここで一概に紹介はできませんが、そういった商品の使用感を知りたい場合もやはり口コミを参考にするのがおすすめ。べたつき以外にも、匂いを軽くしたものもあるようです。

価格も大切だが「安全性」をより重視して選ぼう

購入するときはつい価格に目が行きがちですが、スプレー式タイヤチェーンを購入する場合は価格よりも安全性や効果を重視するようにしましょう。

 

緊急用として購入するのであれば、そのスプレーが命を繋ぐという可能性もあります。そんな状況で「安かったから」という理由で購入した効果の薄いものを使うのは、命取りになってしまうかもしれません。後悔しないよう、値段は二の次にして選ぶのがおすすめです。

余ってしまいそうならバイクや靴など「他の用途」にも使えるものを

普通自動車専用のスプレー式タイヤチャーンもありますが、中には他のものに使えるものも販売されています。バイクや自転車だけでなく、靴の裏に吹き付けることが可能なものも。一本購入しておけば、家族みんなが雪道でも安全に通行することができます。

 

稀にしか雪が降らない地帯だと、1本買っても余ってしまうことも。そんな場合は、他のものにも使えるタイプを選ぶのもいいですね。

オートバックスなどの「販売店で相談・口コミを参考に」しよう

選び方を見てもどれを買えばいいか迷ってしまう場合は、オートバックスやイエローハットなどの販売店に行って店員さんに相談するというのもおすすめです。実際の使用感がわからない以上、プロの意見を聞くというのは有効な手段になるでしょう。

 

また、何度か触れてきたように、口コミに頼るというのもおすすめの方法です。ただしその場合は、ひとつの意見に惑わされない客観的な視点が必要です。さまざまなサイトで使用者の感想をチェックしてみて、最終的には自分で判断しましょう。

スプレー式タイヤチェーンの人気おすすめランキング7選

7位

ホームセンターでも買える!普段使いの車におすすめのスプレー

車だけでなくさまざまなものに使うことができるスプレー式タイヤチェーン。時速30〜40kmの走行をすることで、滑るという事態を回避することができます。効果持続距離は30km程度なので、遠出ではなく普段使いする車に乗せておくのがおすすめです

 

もちろん靴やバイク・自転車に使うことも可能なので、家族みんなが雪道を安全に通行することができます。ノズルの替えも一本ついているので、長く使える商品です。

生産国 日本 使用可能なタイヤ本数 15〜20本
効果持続距離 約30km

口コミを紹介

まさに今、十数年来の寒波に私の住む九州北部が見舞われています。昨日(1/8)、積雪5~10cmの道を往復40km通勤しましたが、一切のスタックや滑りもなく、安心感の中、運転をすることが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤが空転したときの緊急脱出用に便利と口コミで話題

雪道を走行するのではなく、雪にタイヤがとられてしまった場合の緊急脱出用に作られた商品。タイヤが空転してしまい身動きが取れなくなったときなど、雪道では危険な状況が多々起こります。そんな場合にその場から脱出するための1本です。

 

もちろんあくまで緊急用なので、通常走行には向きません。そのため、スタッドレスタイヤを装着した上で緊急用に持っておくなどの使用方法がおすすめです。

生産国 日本 使用可能なタイヤ本数 8〜12本
効果持続距離 -

口コミを紹介

突然の雪に備えて購入。朝方の積雪。9.4km程の道程で無事到着。想像以上にグリップ力が上がり助かりました。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

どこで売ってる?オートバックスなどの販売店で人気商品

ノルウェーで生産されているこの商品は、使用可能なタイヤ本数が多く持続距離も長いため、安心して使うことができるスプレーです。ノーマルタイヤにスプレーすれば、摩擦力は通常時に比べて300%アップします

 

突然の雪はもちろん、凍結しやすい道を通る場合には1本備えておくと安心です。また、車のタイヤ以外に使用することもできます。

生産国 ノルウェー 使用可能なタイヤ本数 最大20本
効果持続距離 約70km

口コミを紹介

マイナス4度で雪が降る中、ツルツルに凍った雪道を、職場まで1時間近く運転しましたが、スプレーにより、グリップがしっかりと効いている時実感しました。特に、ブレーキをかけた時には大きな違いを感じます。安心して運転することができました。

出典:https://product.rakuten.co.jp

4位

田村将軍堂(Tamura Corp)

いざっ というときに スプレーチェーン

値段の安さが魅力!組み合わせて使うのがおすすめ

値段が安いのが魅力の商品。単独で使うのではなく、スタッドレスタイヤに吹きかけたりチェーンと組み合わせて使ったりするのがおすすめです。ダブルで対策することでより高い滑り止め効果が期待できます

 

効果持続距離や使用可能なタイヤの本数が少なめな分、安く購入できるのが本商品のメリット。ほとんど雪が降らない地帯でのお守り代わりにするのもいいですね。

生産国 韓国 使用可能なタイヤ本数 10〜15本
効果持続距離 10km

口コミを紹介

雪の積もった登坂で空転し横滑りしてヤバかった!しかし、この一本のお陰で問題なく登坂走行と下坂走行でき、助かりました。困った時は頼りになります。 お勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

劣化するデメリットに注意!コスパに優れた商品

意外と雪の多い韓国産の商品です。スプレーを使用することで、何もないときに比べると制動距離が3分の1になったとの調査結果があります。1缶で20本のタイヤに使用できるほどの大容量で、多めにスプレーしたい場合でも安心です。

 

また、車だけでなくバイクや自転車・靴にも対応しています。雪の日だけでなく、滑りやすい雨道での使用も可能です。コスパがよく、値段と性能のバランスが取れた商品です。ただし使いすぎるとタイヤが劣化する恐れがあるので注意しましょう。

生産国 韓国 使用可能なタイヤ本数 約20本
効果持続距離 -

口コミを紹介

去年の大雪でボコボコの轍やアイスバーンでかなり怖い思いをしたのでこちらを購入。ノズルがついているのでボディに付きにくくていいと思います。効果はスプレーしない場合との比較ができないので難しいですが、去年のような怖い思いはなかったし、スリップ・スタックすることもなかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

タイヤグリップ(Tyre Grip)

スプレー式タイヤチェーン

「効果あるの?」と心配な方に!摩擦力300%アップの商品

アメリカ産の商品ですが、開発は豪雪地ノルウェーです。スプレーすることにより、路面との摩擦力が通常時に比べて300%もアップするという実験結果が出ているのだそうです。海外産ですが日本語の説明も書かれており、急に使うことになったときでも安心です。

 

またこちらは北米産木材の樹脂を原料としているのが売りで、環境にやさしくタイヤを傷めにくいといいます。少々値段は張りますが、使用感や持続性がよく人気の商品です。

生産国 アメリカ 使用可能なタイヤ本数 約20本
効果持続距離 約70km

口コミを紹介

都心でそこそこ大雪が降った日の直前に購入しました。この手の物ではヨーロッパで実績有るこの商品が一番安心できそうなので選択しました。実際には移動距離15kmほどの道のりでしたが他の車が橋で立ち往生している所でも普通に走れましたので確かに効果が実感できました

出典:https://www.amazon.co.jp

落とし方簡単で車以外にも使える大容量のスプレー

豪雪地帯のノルウェーで作られたスプレー式タイヤチャーン。1缶でタイヤ20本程度使うことができるという大容量なので、1シーズン持たせることが十分可能でしょう。普通タイヤだけでなく、スタッドレスタイヤにスプレーすることもできます。

 

またこの商品は、車だけでなく、自転車やバイク・靴にも使用できます。車への使用頻度が低く余らせてしまいそうだという方にもぴったり。あまり雪が降らない地域であれば、チェーンの代わりにこれ一本用意しておくだけでも雪対策になるでしょう。

生産国 ノルウェー 使用可能なタイヤ本数 約20本
効果持続距離 約70km

口コミを紹介

高年式のハイと軽自動車でノーマルタイヤで、一冬に1度あるかなしかの積雪が、新年早々二度もありこの緊急スプレーチェーンを使ってみましたが、10cm以下の積雪でしたが、不安もなく十分走行できました!

出典:https://www.amazon.co.jp

スプレー式タイヤチェーンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 生産国 使用可能なタイヤ本数 効果持続距離
アイテムID:9595217の画像

ヤフー

落とし方簡単で車以外にも使える大容量のスプレー

ノルウェー

約20本

約70km

アイテムID:9595214の画像

ヤフー

「効果あるの?」と心配な方に!摩擦力300%アップの商品

アメリカ

約20本

約70km

アイテムID:9595211の画像

楽天

Amazon

ヤフー

劣化するデメリットに注意!コスパに優れた商品

韓国

約20本

-

アイテムID:9595208の画像

楽天

Amazon

ヤフー

値段の安さが魅力!組み合わせて使うのがおすすめ

韓国

10〜15本

10km

アイテムID:9595205の画像

ヤフー

どこで売ってる?オートバックスなどの販売店で人気商品

ノルウェー

最大20本

約70km

アイテムID:9595202の画像

楽天

Amazon

ヤフー

タイヤが空転したときの緊急脱出用に便利と口コミで話題

日本

8〜12本

-

アイテムID:9595199の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ホームセンターでも買える!普段使いの車におすすめのスプレー

日本

15〜20本

約30km

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「タイヤチェーン」ランキング スプレー

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

女性一人でも簡単にできる!スプレー式タイヤチェーンの使い方

チェーンを巻いたりスタッドレスタイヤに履き替えたりするのは、慣れた人でなければかなりの時間がかかってしまいます。それに比べてスプレー式タイヤチェーンは簡単に使えるため、女性一人でも使用が可能です。使うときはべたべたが手につかないよう必ず軍手をしましょう。

 

スプレーをする前にタイヤに雪や泥がついていないのを確認したら、あとはタイヤに吹き付けるだけ。ハンドルを大きく切っておくとスプレーがしやすいです。半分終わったら車を少し動かし、もう半分に吹き付けます。スプレーするのは、地面との接地部分だけでOK。

 

スプレーをかけたあとはすぐに走り出さず、10〜20分(商品によって異なる)ほどおいてください。雪などで濡れているタイヤに吹き付けても効果はあるようですが、雪の塊がついていると当然効果は得られないので、スプレーをする前に最低限の汚れは取りましょうね。

劣化に注意!メリット・デメリットもご紹介

スプレーチェーンのメリットは、滑り止め処置の簡単や手軽さのほかにも、安さや携帯性のよさがあげられます。そのメリットから車内に常備しておくことが可能なので、緊急時の備えとしては最適といえるでしょう。

 

しかし、もちろんデメリットもあります。まず、あくまで緊急用として使うことを想定している商品であるため、長時間・長距離の走行には向きません。また、うまくスプレーをしないとボディが汚れてしまうこともあり、吹き付ける際には注意が必要です。

 

加えて、スプレー式タイヤチェーンを吹きつけるとタイヤに白い跡がついてしまうことがあります。落とそうと思えば落ちるのですが、タイヤの劣化につながってしまうことも。そういったデメリットがあることを踏まえて使用するようにしてください。

スプレー式タイヤチェーンの落とし方

スプレー式タイヤチェーンを使用したあとは、特にスプレーを落とす必要はありません。乾いた道を走っているうちに自然に落ちていきます。しかし、タイヤに吹き付けたことでついてしまった白い跡は自然に落ちることはありません。それを落とすのには薬剤が必要です。

 

白い跡を落としたい場合、エタノールなどのアルコール系溶剤を使用する落とし方で粘着系のスプレーチェーンは落ちます。ただし、デメリットでも紹介したとおりタイヤの劣化につながってしまうこともあるため注意が必要です。

注意!夏季は車内で保存しないこと

寒い季節には車に常備しておくと安心のスプレー式タイヤチェーンですが、夏場は扱いに注意が必要です。スプレーチェーンに限らず、制汗剤やヘアスプレーなどのスプレー類は高温(40度以上)になると破裂する危険性があります。

 

夏場に車を日当たりのよいところに置いて置いた場合、車内は70度を超えることもあります。そのためスプレーを置いておくのは危険。スプレー式タイヤチェーンを車内に常備するのは雪が降る季節のみにして、夏場は自宅の涼しい場所で保管するようにしてください。

ホームセンターなどで買えるその他のタイヤチェーンも確認

タイヤチェーンは、スプレー式以外に金属製やゴム製がホームセンターなどで販売されています。以下の記事では、さまざまなタイプのタイヤチェーンの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまでスプレー式タイヤチャーンの人気おすすめランキングと選び方を紹介してきました。突然の大雪でもスリップを防いでくれるスプレー式タイヤチェーンは、命を繋いでくれる大切なものです。何かあったときに後悔しないよう、一本常備しておいてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

タイヤチェーンの人気おすすめランキング15選【安いものから女性でも簡単に取り付けられるものも】

タイヤチェーンの人気おすすめランキング15選【安いものから女性でも簡単に取り付けられるものも】

カー用品
眼鏡チェーンの人気おすすめランキング15選【おしゃれなブランドもご紹介!】

眼鏡チェーンの人気おすすめランキング15選【おしゃれなブランドもご紹介!】

めがね用品
布製タイヤチェーンのおすすめ人気ランキング10選【デメリットも解説】

布製タイヤチェーンのおすすめ人気ランキング10選【デメリットも解説】

カー用品
【2023年】金属製タイヤチェーンのおすすめ人気ランキング15選【コーニックの評判も紹介】

【2023年】金属製タイヤチェーンのおすすめ人気ランキング15選【コーニックの評判も紹介】

カー用品
バイク用チェーンオイルの人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

バイク用チェーンオイルの人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

バイク用品
【2023年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング11選【カインズ・オートバックスで買える?】

【2023年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング11選【カインズ・オートバックスで買える?】

カー用品