リクルートエージェントの評判や口コミを調査!厳しい・合わないって本当?メリットやデメリットを詳しく紹介

記事ID28508のサムネイル画像
リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職サイトです。サポートが手厚く、求人も豊富にありますが、「ひどい」「厳しい」「エージェントが冷たい」など合わないと感じる口コミもちらほら。そこで今回は、リクルートエージェントの実際の口コミや評判を調査しました。特徴、メリット・デメリットについても詳しく紹介します。

株式会社リクルート

リクルートエージェント

数多くの求人を扱う大手転職エージェント

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは、リクルートが運営している転職エージェントです。大手会社が運営していることもあり、さまざまな職種・業界の求人を扱っており、求人の数も多いのが特徴です。

 

転職を考えている方が不安に感じるポイントの1つとして、無職期間が長くなってしまうことがあり、転職はできるだけ早く決めたいと考えている方は多いでしょう。リクルートエージェントは職種や求人の豊富さが魅力なだけではなく、実は早く転職したい方にも適しています。

 

今回はリクルートエージェントの特徴や口コミ、記事の最後の方で退会方法や利用する前に知っておきたい注意点も紹介していきます。転職を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

リクルートエージェントの口コミ・評判を紹介!

リクルートエージェントについて調べてみると、さまざまな口コミが見受けられます。リクルートエージェントの良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

良い口コミ・評判

リクルートエージェントに関する良い口コミは、さまざまな内容のものがあります。ここでは、求人数の多さ・担当者の面談・対応の早さの3つを紹介します。

良い口コミ①:求人が桁違いに多い

悪い点もあるが、転職活動にはリクルートエージェントの登録はした方が良い
4
年齢非公開
性別非公開
-
リクルートエージェントの良さは、求人数の紹介が多く、優良求人をたくさん紹介してくれるため、選考を進める企業が多く、キャリアコンサルタントが粘着系の人が少ないので、自分の判断を優先してくれます。

出典:https://minhyo.jp

リクルートエージェントは、求人数が桁違いに多いのが特徴の1つです。求人数が多いということで、自分に合った仕事内容や業界の求人を紹介されやすい環境になっています。

良い口コミ②:担当者が丁寧に面談してくれる

どこよりも親身になってくれた転職エージェント
4
年齢非公開
性別非公開
 
求人数が多いときいていたため選びました。実際に登録すると求人数の多さにももちろん驚かされましたが、何よりも驚いたのは面接です。とにかく丁寧に面接してくださり、自分では気が付けなかった長所や可能性を引き出していただきました。

出典:https://minhyo.jp

リクルートエージェントでは、担当のアドバイザーが丁寧に対応してくれます。面談では希望の職種や給料面だけではなく、転職に関するさまざまなアドバイスをもらうことができます。

良い口コミ③:対応が早い

転職はよいエージェントと出会うと成功する
5
年齢非公開
性別非公開
-
大手だからという理由で3社の転職エージェントに登録をしました。その中でもメールのレスポンスが早く、実際にお会いした方の対応からリクルートエージェントに決めて活動を行いました。

出典:https://minhyo.jp

リクルートエージェントの口コミをチェックしてみると、担当アドバイザーの対応が早いという口コミも見受けられます。早いタイミングで転職を決めたいという方が多い中で、対応が早いというのは魅力的なポイントになってきます。

悪い口コミ・評判

リクルートエージェントを検討されている方は、良い口コミ・評判だけではなく、悪い口コミ・評判もチェックするようにしましょう。ここでは、リクルートエージェントの悪い口コミを紹介します。

求人の質が悪い

求人数が多いだけ
1
年齢非公開
性別非公開
-
ただ求人数が多いだけです。
エージェントとの面談では良い印象を受けましたが、その後は特になにもしてくれません。
エージェントから送られてくる求人は、こちらの希望とは全く合わないものばかりか絶対にやりたくないと面談伝えた職種の求人も多数送られてきます。

出典:https://minhyo.jp

リクルートエージェントの口コミの中には、求人の質が悪いといった内容の意見が見られます。求人数は多いですが、その一方で質が落ちていると感じてしまう可能性があります。

リクルートエージェントでは求人の質がわるいって本当?悪い口コミが本当か調査してみた

リクルートエージェントの口コミを見ていると、求人の質が悪いという意見が見受けられます。実際に求人の質が悪いのかということを、悪い口コミを見ながら検証していきます。

求人の質に関する悪い口コミ

ここでは、求人の質に関する悪い口コミを2つ紹介します。リクルートエージェントを検討している方は、悪い口コミにも目を通しておきましょう。

悪い口コミ①:数は多いけど質が低い

まず前職に就いていた際、お局とモラハラ営業のパワハラにより転職を考え始め、登録していました。
結果的に、数は多いけれど質は低いものが多いです。

出典:https://minhyo.jp

求人数は多いけど、質が低いといった口コミが見受けられます。求人が桁違いに多いので、その分質の悪い求人数も増える可能性は高くなってしまいます。自分で求人を吟味して、見極めていくことが重要です。

悪い口コミ②:紹介数は多いけど希望条件に合わない

紹介数は多いが、希望条件に合わないものばかり。
定期的に求人の応募数を知らせてくれるメールが来るが、
事務職だからか良さげな企業には、100名以上の応募があり、
何らかの資格や強みがないと、圧倒的に不利。

出典:https://minhyo.jp

紹介してもらえる求人数が多くても、希望の条件に合わないものばかりといった口コミが見られます。希望の条件に合わない求人が多いと感じた場合は、担当アドバイザーに再度希望の条件を伝えてみましょう。

スタッフの対応が丁寧!?リクルートエージェントはおすすめできるのか?

ここでは、リクルートエージェントのメリットとデメリットをいくつか紹介していきます。リクルートエージェントにはさまざまな特徴があるので、メリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

リクルートエージェントを利用するメリット

リクルートエージェントにはさまざまなメリットがあり、幅広い層の人に対応しています。ここでは、求人数の多さ・職務経歴書エディター・面接力向上セミナーという、3つのメリットを紹介します。

メリット①:求人数NO.1で幅広い層に対応している

世の中にはさまざまな転職エージェントが存在していますが、リクルートエージェントは求人数NO.1なので、幅広い層に対応しています。選択肢が多いことで、自分にあった職を見つけやすい点は大きなメリットです。

 

とにかく多くの求人から選択したいという方は、リクルートエージェントを試してみましょう。求人が出ている職種・業界も幅広く、特にSE・ITエンジニアや、営業・販売といった職種は、多くの選択肢を見つけられる環境です。

メリット②:職務経歴書エディターを利用して簡単に職務経歴書を作成

リクルートエージェントのサービスで、職務経歴書エディターというものがあります。職務経歴書エディターを利用することで、転職する際の職務経歴書の書き方がわからない方でも簡単に作成することが可能です。

 

職務経歴書エディターの手順に沿って入力していくだけなので、特に転職が初めての方にチェックしてほしいサービスとなっています。

メリット③:面接対策に最適な面接力向上セミナー

最大級の転職エージェントということもあり、面接対策についてのデータを数多く持っています。過去の面接質問や、会社それぞれの面接傾向を教えてくれるため、自身を持って面接に臨める状態になりやすいのがメリットです。

 

リクルートエージェントでは面接力向上セミナーというものがあり、セミナーでは転職に必要なノウハウや企業視点で面接力をチェックすることができます。面接に不安がある方は、面接力向上セミナーに参加してみるのも1つの手段です。

リクルートエージェントを利用するデメリット

リクルートエージェントを検討している方は、メリットだけではなくデメリットもチェックしておきましょう。ここでは、サポート期間とキャリアアドバイザーの対応という、2つのデメリットを紹介します。

デメリット①:サポート期間は3ヶ月

リクルートエージェントでは転職に関するサポートを受けられますが、期間は3ヶ月となっています。3ヶ月しかサポートが受けられないことで、不安に感じる方もいるかもしれませんが、3ヶ月程度で多くの方の転職が決まるという背景があります。

 

多くの方にとってそれほどデメリットに感じないポイントとなっていますが、どうしても3ヶ月のサポートが不安に感じる方は、無制限でサポートしてもらえるエージェントをチェックしてみましょう。

デメリット②:キャリアアドバイザーによって対応が違う

リクルートエージェントはサポート力に定評がありますが、キャリアアドバイザーによって対応に差があるため、場合によっては満足できない方もいます。返信が遅かったり、対応が強引すぎるといった意見が見受けられます。

 

担当のキャリアアドバイザーに不満が生まれても担当を変更することは可能なので、その点は問題なく利用可能です。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

リクルートエージェントにはさまざまな特徴がありますが、どのような人におすすめなのかを把握しておくと検討しやすくなります。リクルートエージェントはこんな人におすすめというポイントを3つ紹介します。

多くの求人から選びたい方

リクルートエージェントは国内トップクラスの求人数を扱っているので、数多くの求人から転職を考えたい方におすすめです。数多くの求人があるということは、その分だけ自分に合った職を見つけやすい状況になっているということです。

しっかりとサポートしてくれる転職エージェントを求めている方

リクルートエージェントに登録すると、転職に関する知識が豊富なアドバイザーが担当に付いてくれます。転職の選び方や面接のポイント、職務経歴書の書き方など、あらゆる面からサポートしてくれるので、転職初心者の方でもスムーズに進めることができます。

早めに転職を決めたい方

リクルートエージェントは、できるだけ早く転職を決めたい方にも適しています。アドバイザーから転職に関するさまざまなアドバイスをもらうことが可能で、求人も素早く紹介してもらえます。

 

幅広い職種と求人数の多さを誇っており、選択肢が多いというのも転職を決めやすいポイントの1つです。

リクルートエージェントを最大限活用するためのポイント

リクルートエージェントを最大限に活用するためのポイントを3つ紹介します。リクルートエージェントの利用を考えている方は、ここで紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。

ポイント①:転職時期は最短の日程で伝える

コンサルタントと連絡をとる際に、転職の時期について聞かれます。転職時期については、出来る限り最短の時期を伝えたほうが、優先的に対応してくれる可能性が高まります。コンサルタントには売り上げ目標が存在するので、早く動けそうな人には素早く対応してくれるのがポイントです。

 

リクルートエージェントですぐに転職先を見つけたい方は、転職時期を最短で答えるようにしてみましょう。

ポイント②:1つの案件に対して他の転職サービスを併用しない

1つの案件に対して、リクルートエージェント以外の転職サービスから応募しないようにしましょう。いくつかの転職サービスから応募していることが企業側に気づかれてしますと、企業と担当のアドバイザーに不信感を与えてしまう可能性があります。

 

リクルートエージェントで応募した案件に関しては、他の転職サービスを利用しないように気をつけることが大切です。

ポイント③:便利な機能があるパーソナルデスクトップ

パーソナルデスクトップとは、登録してから利用できるマイページのことを指します。パーソナルデスクトップでは、詳細な求人情報を参照できる検索機能・面接のスケジュール調整・ 職務経歴書が簡単に作成可能なツール・面接対策動画といった機能を活用することができます。

 

うまく利用することによって、スムーズに転職を進めやすくなるので、リクルートエージェントで転職する際はパーソナルデスクトップをチェックしましょう。

リクルートエージェントで転職する手順

リクルートエージェントで転職を考えている場合は、どのような手順で進むのかを把握しておく必要があります。リクルートエージェントで転職する手順を、3つのステップに分けて紹介します。

ステップ①:面談する日程の調整

リクルートエージェントに登録した後は、担当アドバイザーと面談する日程を決めていきましょう。申し込んでから7日以内でリクルートエージェントから連絡があるので、そこで面談の日程を調整していきます。

ステップ②:担当アドバイザーと面談

面談の日程を決定した後は、実際に担当アドバイザーと面談をします。面談では、キャリアやPRできるポイント、職務経歴書の書き方などを話し合います。そもそも転職するべきか悩んでいる方は、担当アドバイザーに相談してみるのも1つの手段です。

 

転職を成功させるためには、面談で担当アドバイザーと関係性をしっかり築くことが重要です。

ステップ③:求人の紹介

担当アドバイザーとの面談を参考にして、その人の希望に合った求人を紹介されます。紹介された求人に関しては、必ず受けなければならないわけではありません。実際に応募するかどうかは自由なので、条件に合わないと感じた場合は次の求人を紹介してもらうようように伝えましょう。

リクルートエージェントの退会方法は?

どのようなサービスであっても、登録するなら退会の方法を把握しておくと気が楽です。ここでは、リクルートエージェントの退会方法・退会のタイミング・退会を考え直すべきタイミングの3つを紹介します。

退会はネット簡単手続き

リクルートエージェントを退会したい場合は、ネットで簡単に手続きを済ませることが可能です。リクルートエージェントの公式サイトを開いて、退会手続きのページから基本的な個人情報を入力します。あとは手順に沿って退会手続きを済ませるだけです。

退会するタイミングはいつ?

退会するタイミングとして考えられるのは、転職が成功する・転職活動をやめる・リクルートエージェント以外の転職エージェントに乗り換えるという、大きく分けて3つの理由が考えられます。その他には、アドバイザーや紹介される求人に不満があるというパターンです。

選考中や面接日が決まっている場合は退会を考え直す

退会のタイミングは基本的に利用者の自由ですが、選考中や面接日が決まっている場合は退会するタイミングを考え直すことをおすすめします。選考中や面接日が決まっている状態で退会してしまうと、リクルートと企業の関係性が悪くなってしまう可能性があります。

 

リクルートエージェントに再度登録する可能性も考えて、リクルート側に悪い印象を持たれないタイミングで退会することが望ましいです。

リクルートエージェントを利用する前に知っておきたいその他の注意点

リクルートエージェントのデメリットをいくつか紹介してきましたが、その他にも利用する前に知っておきたい注意点があります。ここでは、連絡が遅い担当者もいる・質の悪い求人を紹介されるの2点を紹介します。

連絡が遅い担当者もいる

リクルートエージェントのアドバイザーは、基本的にはレスポンスが早いですが、中には連絡が遅い担当者にあたる可能性はゼロではありません。担当者の連絡が遅くて不満に感じる場合は、担当者を変更してもらえるように問い合わせページから連絡をしましょう。

質の悪い求人を紹介される可能性もある

基本的には自分に合った求人を紹介してもらえますが、担当者から紹介された求人の質が悪いという場合も考えられます。年間休日が少なかったり、仕事内容が過酷だったりする求人も存在するので、担当者に紹介された求人の内容をしっかりと聞いておきましょう。

その他の気になる点をQ&Aで紹介

リクルートエージェントのメリット・デメリット、最大限に活用するポイントなどを紹介してきましたが、まだまだ知っておくべきポイントがあります。ここでは、その他のポイントをQ&Aで紹介していきます。

Q1:キャリアアドバイザーを変更してもらうことは可能ですか?

編集部の画像

編集部

キャリアアドバイザーの変更は可能です。変更を希望する場合は、お問い合わせ窓口から連絡しましょう。職種や地域によって、キャリアアドバイザーの変更が難しい場合もあります。

Q2:今すぐ転職する予定がなくても登録することは可能ですか?

編集部の画像

編集部

すぐに転職しない場合でも登録は可能です。転職時期の2~3カ月前を目安にして申し込むことをおすすめします。

Q3:リクルートエージェントとリクナビNEXTは何が違うのですか?

編集部の画像

編集部

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーが転職をサポートしていきます。リクナビNEXTもリクルートが運営する転職サイトで、求人情報の閲覧・直接応募・会社説明会への直接応募・匿名でのスカウトサービスを提供しているのが特徴です。

まとめ

リクルートエージェントでは膨大な求人数を扱っており、キャリアアドバイザーによるサポートも充実しています。できるだけ早く転職を成功させたい方は、リクルートエージェントを活用して新しい仕事を探してみましょう。

【総評】求人数が多くてサポートも充実

リクルートエージェントは、求人数の多さ・職務経歴書エディター・手厚いサポートが魅力的です。サポート期間は3ヶ月となっていますが、リクルートエージェントは早く転職を決めやすいので、3ヶ月でも十分なのサポート期間になっています。

株式会社リクルート

リクルートエージェント

数多くの求人を扱う大手転職エージェント

【求人数が多い】

リクルートエージェントは求人数の多さが魅力で、幅広い職種・業界の求人を扱っています。求人数が多いことで、その人に合った求人を紹介しやすい環境となっています。

 

【簡単に職務経歴書を作成できる】

職務経歴書エディターというサービスがあるので、職務経歴書を書くのが初めての方でも簡単に作成することが可能です。職務経歴書エディターの手順に沿って入力していくだけなので、転職希望者にとって味方になってくれます。

 

【手厚いサポート】

リクルートエージェントでは、登録者に対して担当のアドバイザーがつくので、転職の手順や面接のポイントなど、手厚いサポートを受けることができます。

 

>>>転職支援サービスに無料で申し込む!

利用料 無料 サポート期間 3ヶ月
退会方法 公式サイト 担当の変更 可能
特徴 求人数の多さ・職務経歴書エディター・面接対策など

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

リクルートシャツの人気おすすめランキング15選【どこで買う?就活中のワイシャツやブラウスに】

リクルートシャツの人気おすすめランキング15選【どこで買う?就活中のワイシャツやブラウスに】

メンズスーツ
20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

転職サイト
女性の転職に役立つ転職エージェントの人気おすすめランキング15選

女性の転職に役立つ転職エージェントの人気おすすめランキング15選

その他
転職エージェントの人気おすすめランキング15選【20代や30代・第二新卒にも】

転職エージェントの人気おすすめランキング15選【20代や30代・第二新卒にも】

その他
【2023年最新版】20代のIT転職エージェントの人気おすすめランキング10選

【2023年最新版】20代のIT転職エージェントの人気おすすめランキング10選

転職エージェント
外資系企業に就くなら!転職エージェント人気おすすめランキング15選

外資系企業に就くなら!転職エージェント人気おすすめランキング15選

その他