ネオモバの評判や口コミを調査!損した・手数料が高いって本当?仕組みを詳しく紹介

記事ID28353のサムネイル画像
Tポイントも使用でき少額で投資可能だと話題の「ネオモバ 」。気になる方が多い一方、「借金ができるかも」「損した」「手数料が高い」など不安な声も多く見られました。そこで、今回は「ネオモバ 」の口コミ評判・体験談を徹底調査しました。手数料など詳しいシステムについても記載しています。

ステップ④:本人確認書類のアップロード

Tポイントの有効活用や、少額で投資の勉強をするにはネオモバ

ネオモバのTポイント投資とは

ネオモバは50万口座開設を突破した、SBIネオモバイル証券が運営するサービスです。SBI証券とCCCマーケティングの協同出資により誕生しました。CCCマーケティングはTポイントの運営で有名です。ネオモバの一番の特徴は、Tポイントを使って株式の購入ができること。

 

その他にも、スマートフォンで取引しやすいように設計されていることや、約定ごとに手数料が必要ないこと、1株から購入できるので少額投資しやすいなどネオモバならではの特徴がたくさんあります。ネオモバは初心者や投資未経験者に優しいサービスなのも魅力です。

 

そんなネオモバの魅力についてわかりやすく解説していきます。ネオモバのたくさんのメリットやチェックしておきたいポイント、基本情報などをお伝えします。くわえて、ネオモバで気をつけておきたいデメリットや注意点についても調査したので、投資初心者の人はチェックしてください。

ネオモバの口コミ・評判を紹介!

良い口コミ・評判

良い口コミ①:初心者でも始めやすい

初心者にもオススメ!
5
年齢非公開
性別非公開
スマホで気軽に投資ができる、というところに惹かれてこのサービスを始めました。最大の魅力は、持っているTポイントを使って株が購入できるという点。現金を使わずに取引ができるので、投資が初めての方でも手軽に利用できると思います。

出典:https://minhyo.jp

ネオモバの口コミでもっとも多かったのが「初心者でも始めやすい」「気軽に投資ができる」などです。一般的な株式投資はまとまった金額が必要ですが、ネオモバでは少額をTポイントから投資できます。現金を使わずに投資ができるので精神的にも気軽に始められます。「Tポイントを普段からためる癖がつく」との口コミもありました。

良い口コミ②:少額でも始めやすく、Tポイントを利用できる

Tポイントで買える
4
年齢非公開
性別非公開
わずかのTポイントでも、1株から買えるのがいいですね。
損しても、元々がTポイントなので惜しくないですし、売れば現金になります。
手数料も期間固定ポイントで戻って来ます。
「お金を使わずに株の練習が出来る」と思ってやってますから、利益が出ればラッキー!

出典:https://minhyo.jp

少額のTポイントでも1株単位から購入できるのがネオモバです。「もともとがTポイントなので損しても惜しくない」「売れば現金になるのでTポイントを現金化する目的で始めた」「少額で利用できるので手軽」などの口コミが多くあります。「株の練習をするためにネオモバをしている」という人も散見されました。

良い口コミ③:1株からでも投資できる

初心者にもおすすめ
5
年齢非公開
性別非公開
1株単位で購入できるので少額の投資も可能ですし、株の買い方もとても簡単です。口座開設費と売買手数料は無料ですが、売買をしなかったとしても毎月利用料が発生するので、そこは少しデメリットかなと思います。

出典:https://minhyo.jp

「1株単位から購入できるので投資金額が少額ですむ」との口コミが多かったです。ネオモバの一番の特徴である1株単位からの少額投資は高い評価を受けていました。1株単位で少額投資できるので、子供の練習に使っているとの口コミも見られました。株の売買もスマートフォンで完結するため簡単です。

悪い口コミ・評判

悪い口コミ:まとまった利益が出るのに時間がかかる

少額投資している場合、まとまった利益が出るのにも非常に時間がかかります。まとまった利益を出そうとするならある程度の金額を投資することが必要です。くわえて、サービス利用料が毎月かかるのもデメリットとの口コミが多く見られました。株式投資をする予定のない月はサービスを停止しておくことをおすすめします。

ネオモバの基本情報をチェック

基本情報

名称 SBIネオモバイル証券(ネオモバ)
取扱銘柄 3600銘柄以上
最低取引額 100円
取引手数料 0円
※別途サービス利用料がかかります
取引時間(S株約定時間) 0時~7時の発注 → 当日前場始値(9時頃)に約定
7時~10時30分の発注 → 当日後場始値(12時30分頃)に約定
10時30分~13時30分の発注 → 当日前場終値(15時頃)に約定
13時30分~24時の発注 → 翌日前場始値(翌9時頃)に約定
取引時間(PTS取引) 9時から15時

サービス概要

SBIネオモバイル証券は通称「ネオモバ」と呼ばれます。SBI証券とCCCマーケティングの協同出資により誕生したサービスです。SIB証券はネット証券最大手で、CCCマーケティングはTポイントサービスを運営していることで有名です。ネオモバではSBI証券のシステムとセキュリティが使われているため、高い信頼性と安全性があります。

 

ネオモバでは保有しているTポイントを投資にあてることができます。資金の少ない人でも投資を始めやすいサービスがネオモバです。Tポイントで株を購入したり、ETFや積立投資、IPOなどを利用したりすることもできます。ネオモバは初心者に優しいサービスが多いのが大きな特徴です。

取引手数料

ネオモバでは一般的な株式投資のように、取引ごとに手数料がかかるわけではありません。月額サービス利用料を支払うことでサービスを受けられる定額サービスです。月間の国内株式約定代金の合計に応じてサービス利用料金が変動します。取引がない月もサービス利用料金220円が発生します。

 

月間の株式約定代金の合計 サービス利用料(税込み)
0円~50万円以下 220円
50万円超~300万円以下 1100円
300万円超~500万円以下 3300円
500万円超~1000万円以下 5500円

ネオモバのメリットとデメリット

メリット

①:Tポイントで株が購入できる

ネオモバでもっとも注目するべきメリットは、Tポイントを使って株が購入できる点です。現金で投資するのに気後れする人でも、ネオモバは始めやすいサービスです。スマホだけで簡単に口座が開設できるので手続きも楽々。購入した株は通常の株式と同様に、配当金や優待特典も受け取れます。

 

くわえて、間接的にTポイントを現金化できることも魅力です。Tポイントで株式を購入し、株式を売ることで現金化できます。

②:1株から購入できて少額投資向き

ネオモバはS株サービスでミニ株の購入が可能です。ミニ株とは単元株未満の単位で株を購入することです。100株単位、1000株単位では高額な株も、ネオモバなら1株から購入できるので少額から投資できます。3000円以下で購入できる銘柄が中心で、中には100円台で購入できる株もあります。

③:手数料が定額制でリーズナブル

ネオモバの手数料は、通常の株の取引で約定時に発生する手数料とは異なります。約定時には発生せず、代わりに月額でサービス利用料として料金が発生する定額制です。月の取引額の合計が50万円以下であれば月額220円の手数料で何度でも取引できます。逆に取引がなくても口座を持っているだけで手数料がかかります。

 

取引予定がない場合は口座を一時停止しておくのがおすすめです。月額のサービス利用料は取引約定代金の合計で変動します。

④:スマートフォンから簡単に注文できる

ネオモバの株式注文は「銘柄選択」「注文」「注文完了」と、非常にシンプルにこなせます。銘柄選択も銘柄名やコードからだけでなく、株主優待の種類から検索もできます。「誰でも使いやすく」をテーマに設計されており、株初心者でも簡単に注文できます。くわえて、ネオモバアプリでは株式の定期買付・資産推移グラフの表示が可能です。

⑤:全自動の資産運用ロボアドバイザーが利用可能

ネオモバに口座を開設すれば、1万円から始められる「WealthNavi (ウェルスナビ) for ネオモバ」が利用できます。WealthNaviは株や資産運用の知識がなくても全自動で投資運用してくれるサービスです。月々5000円からの自動積立も可能ですので、貯蓄が苦手な人もコツコツ積立投資ができます。

⑥:毎月ポイントがもらえる

ネオモバで取引をする場合、月間の株式約定代金が50万円以下で220円のサービス利用料が毎月かかります。しかし、期間固定Tポイントとして毎月200ポイントをもらえます。期間固定Tポイントの他にも、月間売買代金より算出されるサービス利用料の1%が翌月末にTポイントでもらえる特典もあります。

⑦:本格的な株式投資前に練習ができる

まとまった現金を株式投資するのは不安という人も多いでしょう。ネオモバではTポイントを元手に投資できます。少額のポイントで投資できますのでうまく行かなかった場合でも損失はTポイントのみです。本格的な投資の前に、練習として少額を運用するのにおすすめです

⑧:1株からIPOに投資できる

ネオモバではIPOに1株から99株まで、1株単位で申し込み可能な「ひとかぶIPO」を提供しています。IPOとは日本語で新規公開株のことです。Tポイントで利用することはできませんが、少額からIPOにチャレンジできます。IPOへの申し込み方法もシンプルですので、初心者の人でも気軽に始められます。

⑨:株の定期買い付けを100円から設定

ネオモバでは毎月指定日に買い付けができる、自動の注文発注サービスがあります。事前に買い付けしたい銘柄を設定しておくだけで、積立感覚で株式を買い付けられます。金額は1回あたり100円以上で、100円単位で設定可能です。対象銘柄は現物取引、国内ETF、REITです。

⑩:ネオWで日経平均を予測して購入額最大2倍

ネオモバでは1週間後の日経平均を予測する「ネオW」が提供されています。1口200円からでTポイントも利用できます。サービスの仕組みは極めて単純です。翌週末の日経平均が一定の価格から「上がる」「変わらない」「下がる」を予測します。「上がる」「下がるが」あたれば2倍、「変わらない」があたれば1.25倍になります。

⑪:TポイントでFXに投資できる

2020年4月から開始された「ネオモバFX」では、Tポイントを使ってFX取引を始めることができます。ネオモバFXには初心者向けの「ネオモード」と、経験者向けの「プロモード」が用意されています。Tポイントを使って注文できるのはネオモードです。他にも、米ドル/円のスプレッドは1000通貨まで0銭になっているなど、初めての方が手軽に始められます。

⑫:特定口座/源泉徴収ありで確定申告が不要

ネオモバなら税金関係も安心できます。口座開設のときに特定口座の源泉徴収ありを選択すると、確定申告は原則不要になります。ネオモバですべて行ってくれますので安心です。利益が出た場合などに確定申告で悩むことがないのは嬉しいポイントです。

⑬:口座開設がオンラインのみで完結

ネオモバは2020年3月から口座開設手続きを簡略化しました。オンラインのみで手続きが完了し、最短で翌営業日から取引ができます。スマホで本人確認すれば郵送での手続きは一切不要です。スマホだけで口座開設手続きできるので気軽に始められます。

デメリット

①:取扱商品が少ない

ネオモバでは投資対象商品が少ないことが大きなデメリットです。たとえば、投資信託や海外株、債権、先物などはネオモバでは取り扱っていません。ネオモバは初心者向けのスマホだけで利用できる証券サービスという性質上、総合力に関しては他の証券サービスに劣ります。

②:取引がなくてもサービス利用料が発生する

ネオモバでは取引後との手数料がいらない代わりに、サービス利用料として月額が発生します。この月額料金は取引がない期間も支払わなければなりません。口座保有だけでサービス利用料が発生するのデメリットの1つです。事前にその月はサービスを利用しないとわかっていれば、サービスの一時停止をおすすめします。

③:NISAには対応していない

ネオモバではNISAを扱っていません。NISAとは「少額投資非課税制度」の略称で、毎年120万円の非課税投資枠が最長5年間与えられます。その範囲での投資なら譲渡益や配当金が非課税扱いにある制度です。なお、iDeCoには対応しています。

④:即時入金ができるのが住信SBIネット銀行だけ

証券会社に入金するときは大抵、即時入金が可能です。リアルタイムで入金ができるのですぐに金融商品が取引できます。しかし、ネオモバで即時入金ができるのは住信SBIネット銀行だけです。他の銀行からは即時入金できませんので注意してください。

ネオモバは利益が出るのに時間がかかるって本当?悪い口コミが本当か調査してみた

初心者にもおすすめ
5
年齢非公開
性別非公開
口座開設費と売買手数料は無料ですが、売買をしなかったとしても毎月利用料が発生するので、そこは少しデメリットかなと思います。

出典:https://minhyo.jp

ネオモバは少額から取引できるサービスですが、少額だからこそまとまった利益になりにくいというデメリットがあります。くわえて、取引をしていなくても毎月220円のサービス利用料がかかります。そのため少額投資では利益が出にくいでしょう。その代わり、ローリスクローリターンで株取引の学習には向いています。

ネオモバのおすすめの活用法

学習もかねてとりあえず1株買ってみる

ネオモバに口座開設した後はまず、実際に株を購入してみましょう。購入する株数は自分が保有するTポイントの範囲内がおすすめです。1株からでもまったく問題ありません。購入してみることで購入銘柄の値動きを観察したり、様子を把握したりする体験ができます。初めて株を購入する人にとって、手軽に始められるのは大きなメリットです。

 

銘柄は有名企業の株でも、応援したいと思っている企業の株でもかまいません。投資が初めての人でも株価に影響を与えるニュースに関心が向き、株と社会の相関について学ぶきっかけにもなります

「ひとかぶIPO」に参加してみる

ネオモバでは新規上場株式を取り扱う「ひとかぶIPO」を提供しています。将来性の期待できるIPOに1株から申し込みでき、少ない資金でも抽選に参加できます。抽選には優遇枠があり、20代から30代が当選しやすくなる「若年優遇」や、ネオモバの取引状況によって当選確率の高くなる「取引継続優遇」などユニークな優遇があります。

 

IPO投資の魅力は上場後の初値が公募価格を大幅に上回るケースが多いことです。IPO銘柄ならではの値動きが見込めますので、投資の視野や見識を広めるためにもおすすめです

「WealthNavi for ネオモバ」で積立投資を行う

「WealthNavi for ネオモバ」は1万円から始められる全自動の資産運用サービスです。「資産運用の勉強は苦手」「手軽に始められないのでちょっと」と思っている人でも安心です。世界水準の資産運用が全自動で始められます。1万円から開始して自動積立できるので、コツコツと資産を増やせます。

 

10年後や20年後に大きな資産形成を目指すなら「WealthNavi for ネオモバ」はぴったりのサービスです。

ネオモバはこんな人におすすめ!

少額投資で株を始めてみたい人

ネオモバは少額で投資を始めたい人や、株の初心者に向いています。まとまった資金がない人でも500円以下で購入できる株もあります。Tポイントを使えるので現金を投資しなくても始められます。元本保証のない投資で損失を被るのが怖い人にも、少額から始められるネオモバはおすすめできます。

スマホで気軽に投資したい人

ネオモバはスマートフォンで簡単に始められます。スマートフォン1台ですべてが完結するように設計されていますので、いつでもどこでも簡単に取引できます。株を購入するときも口座を開設するときもスマートフォンだけでOKです。個別銘柄の現在価格やチャートの確認、購入時の操作も簡単に行えます。

 

スキマ時間にスマートフォンで投資したい人や、パソコンを持っていないけど株を購入したい人にネオモバは向いています。通勤時間や休憩時間など空き時間の活用で、普段は仕事で忙しい人でも無理なく投資を続けられます

Tポイントを有効活用したい人

Tポイントを有効活用したい人にもネオモバは向いています。Tポイントがたまっていても使い道がない人やほしい商品がない人は、ネオモバでTポイントを投資してみてはどうでしょうか。Tポイントを活用して株に投資することで、投資体験の獲得と資産形成を同時に行えます。金融リテラシーの向上にもつながるでしょう。

ネオモバの口座開設の流れ

ステップ①:メールアドレスの登録

ネオモバの登録画面で有効なメールアドレスを登録します。メールアドレスの記入の他に、チェックボックスがありますのでチェックしましょう。メールアドレスを記入したら「確認画面へ」を選択します。入力内容に誤りがなければ「上記の内容で登録する」を選択します。

ステップ②:口座開設申し込みを登録

次に口座開設に関する基本情報を入力して次へを選択します。源泉徴収区分を選択する箇所がありますので選択してください。源泉徴収区分がわからない場合は「ネオモバに任せる」がおすすめです。選択すると確認画面に行きますので、表示されている項目に誤りがなければ「この内容で登録する」を選択してください。

ステップ③:初期設定をする

「口座開設のお手続き状況」の画面で「本人確認書類をアップロード」を選択します。本人確認書類を選択し、取引パスワードの受け取り方法を4つの選択肢から選びます。手続きごとにこの後に手続きは異なります。ここでは「オンラインで完結(メールで設定)を選択して顔写真を撮影」を解説します。

 

「オンラインで完結(メールで設定)」を選択すると、撮影画面に切り替わります。顔写真と本人確認書類を撮影しましょう。「本人確認書類のアップロードを完了しました」と表示されればアップロード完了です。

ステップ④:取引パスワードの設定

本人確認書類と登録内容の審査が終わると、その旨を記載したメールが届きます。メールの内容にしたがって「口座開設のお手続き状況」の画面から「取引パスワードの設定」を行います。生年月日やメールアドレス、電話番号を入力して「認証番号をメールに送る」を選択してください。

 

切り替わった画面を開いたまま、送られてきたメールに記載されている認証番号を入力しましょう。その後、任意の取引パスワードを設定してください。

ステップ⑤:サービス利用料の支払い方法の設定

サービス利用料のお支払い方法を選択します。お支払い方法はアプリからもウェブサイトからも設定可能ですが、今回はウェブサイトからの手続きを解説します。まず、支払いに使用するクレジットカードを用意してください。「口座開設のお手続き状況」の画面から「サービス利用料のお支払い設定方法」を選択しましょう。

 

確認項目が表示されるので確認し、「上記内容に同意して申し込みます」にチェックを入れてください。取引パスワードを入力して「お支払い方法の設定へ」を選択します。

ステッ⑥:ログインパスワードの変更

マイページの初期ログインパスワードを、任意のパスワードに変更します。「サービス利用料のお支払い設定方法」の後にログアウトし、再度ログインしてください。すると「初期ログインパスワード変更」の画面が表示されます。初期ログインパスワードと新しいパスワードを入力し、変更を選択してください。

SBI証券とSBIネオモバイル証券の違い

ネオモバを運営しているのはSBIネオモバイル証券です。大手ネット証券であるSBI証券と名前が似ていますが異なるサービスです。SBIネオモバイル証券はSBI証券とCCCマーケティングの合弁会社として設立されました。

 

ネオモバは未経験者から初心者向けで、主にスマートフォンで取引したい人に向いています。金融商品は国内株やFXなど限られています。一方、SBI証券は中級者から上級者向けで金融商品が多いです。しかし、スマートフォンで取引するのは困難です。投資環境に合わせてネオモバかSBI証券か決めるといいでしょう。

その他注意点・デメリットを確認

金融商品の運用益に課税される

ネオモバでは株式やFXなどの金融商品を運用して利益を上げると課税対象になります。たとえば、購入した株の売却益が発生すると20.315%の所得税・住民税がかかります。くわえて、配当金などもにも課税されますので注意しましょう。

 

確定申告の心配をする人もいますが、ネオモバで口座開設するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば、運用益から自動的に課税が天引きされます。ネオモバ側で納税してくれるため、原則として確定申告は不要です。

ご利用にはクレジットカード登録が必要

ネオモバでは毎月、サービス利用料がかかります。そのサービス利用料はクレジットカードで決済することになるため、クレジットカードの登録が必要です。登録できるカードの種類は「VISA」「JCB」「MasterCard」「アメックス」「ダイナースクラブカード」です。デビットカードやチャージ式プリペイドカードは対象外となりますので注意しましょう。

毎月もらえるポイントの使途が限定

毎月もらえる「期間固定ポイント」はSBIネオモバイル証券でのみ使用できるポイントです。他のTポイントサービスでは使用できませんので注意が必要です。くわえて、期間固定ポイントは毎月のサービス利用料の支払いにあてることもできません。期間固定ポイントは付与された月の翌月最終日が有効期限となっています。

その他の気になる点をQ&Aで紹介

Q1:口座開設は誰でもできる?

編集部の画像

編集部

「20歳未満の人」「証券会社に勤務している人」「海外住居や日本国籍以外の人」は口座開設ができません

Q2:どんな取引ツールやアプリがある?

編集部の画像

編集部

アプリではスマートフォン用に「ネオモバ株アプリ」があります。スマホサイトがメインになりますが、アプリから銘柄の検索や株式の定期買い付けなどの操作が行えます。

Q3:株主優待は受けられる?

編集部の画像

編集部

ネオモバでは配当も株主優待も受けられます。株主優待は保有数100株からが一般的です。受けたい株主優待があるならコツコツ買い増していきましょう。

まとめ

SBIネオモバイル証券が運営するサービスがネオモバです。ネオモバはTポイントで株が購入できたり、1株から購入できるので少額の投資ができたりします。手数料は月額制でリーズナブルに設定されており、誰でも手軽に投資を楽しめます。株の売買はスマートフォンから簡単に行えるのも特徴の1つです。

【総評】Tポイントの有効活用や少額投資におすすめ

少額で株式投資を始めたい人や、株式投資を勉強してみたい人にとってネオモバはおすすめです。1株から売買することができるからです。くわえて、Tポイントを有効活用したい人にとってもネオモバは向いています。値下がりなく売買できればTポイントの現金化も可能です。

Tポイントの有効活用や、少額で投資の勉強をするにはネオモバ

【Tポイントが有効に使える】

ネオモバの最大の特徴はTポイントで株が購入できる点です。Tポイントがたまっているけど使い道のない人や、Tポイントで現金を投資せずに株式投資を勉強したい人に向いています。口コミではTポイントの現金化に使っている人もいました。

 

【1株から購入できて少額投資が可能】

通常は単元株で100株、1000株単位で売買する必要がありますが、ネオモバでは1株から売買できるため少額の投資が可能です。銘柄によっては500円から投資することもできますので、株の売買や投資の勉強に最適です。

 

【手数料が定額制でリーズナブル】

株の売買は通常、約定ごとに手数料がかかります。しかし、ネオモバではサービス利用料が月に220円からです。定額制でリーズナブルなので負担なく誰でも気軽に投資を始められます。くわえて、スマートフォンから簡単に株が売買できるのもネオモバの特徴の1つです。

運営会社 SBIネオモバイル証券 取扱銘柄 3600銘柄以上
最低取引額 100円 サービス利用料 220円~
可能な取引 国内株 IPO ETF FX

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2023年版】

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2023年版】

本・雑誌
不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

その他
【2023年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

【2023年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

本・雑誌
【初心者にも】株本のおすすめ人気ランキング20選【株式投資の勉強をしよう】

【初心者にも】株本のおすすめ人気ランキング20選【株式投資の勉強をしよう】

本・雑誌
松井証券の評判や口コミを調査!危ない・手数料が高いって本当?使い方や仕組みを解説

松井証券の評判や口コミを調査!危ない・手数料が高いって本当?使い方や仕組みを解説

サービス
初心者におすすめのFX会社人気ランキング10選【まずは少額取引から】

初心者におすすめのFX会社人気ランキング10選【まずは少額取引から】

その他