プロミスの評判や口コミを調査!デメリットは?借りるとやばいって本当?審査の難易度やメリット・デメリットも紹介

記事ID28312のサムネイル画像
プロミスは、即日融資受けられる消費者金融サービスです。オンラインで申込みが完結するなど魅力が多いですが、「借りるとやばい」「デメリット」など気になる口コミもちらほら。そこで今回は、プロミスの口コミや評判を調査しました。審査の難易度やメリット・デメリットについても詳しく紹介します。

SMBCコンシューマーファイナンス

プロミス

即日融資が可能で30日間利息0円のサービスを提供

プロミスとは

プロミスは、お金の借り入れができる消費者金融サービスです。WEBで完結する借り入れや即日融資ができるなど、お金をすぐ借りたい方に最適ですが、「デメリットは?」「借りるとやばい」など気になる口コミも見られました。

 

この記事では、プロミスの口コミや評判を始め、特徴やメリット・デメリット、また借り入れ・返済方法まで詳しく解説していきます。プロミスに申し込むかどうか悩んでいる方も、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

プロミスの口コミ・評判を紹介!

最初にプロミスを実際に利用した人の口コミや評判をご紹介します。悪い口コミも含まれていますが、いろいろな口コミを読んで本当に利用する価値があるか判断してみてください。

プロミスの良い口コミ・評判

良い口コミ①:即日で借りれた

即日で借りられたので助かった
3
年齢非公開
性別非公開
非公開
契約期間は約1年ほど。契約時の限度額は50万円、当時の仕事は派遣社員で、クレジットカード会社合計2社から30万円キャッシングがある状態でした。審査終了まで約1時間程度で、即日10万円借り入れできたのでとても助かりました。

出典:https://minhyo.jp

プロミスは申し込みから借り入れまでの時間が短く、Web契約なら即日融資も可能なので、「お金が急に入用になったときに助かった」という声が多く見受けられました。銀行系カードローンは即日融資が難しいので、できる早くお金を借りたいという人におすすめです。

良い口コミ②:他社に比べて金利が低いのでお得

プロミスを利用する上で感じた様々な部分
4
年齢非公開
性別非公開
非公開
審査結果は、50万円まで融資を受けられるようにしてくれたので大変満足しています。金利も17.8%だったので他の消費者金融よりもちょっとお得に融資を受けることができました。また返済は月末に設定してもらうことで、地道にお金を返済することができています。

出典:https://minhyo.jp

プロミスの金利は、多くの消費者金融会社よりも低いのが特徴です。そのため、とくに長期間借りる場合には返済金額に大きな差が生じて、お得に借りることができます。銀行系カードローンを申し込んだものの審査に通らなかった場合などにもおすすめです。

良い口コミ③:Webで手続きが完結した

ステップ③:Webですべての手続きができた
3
年齢非公開
性別非公開
非公開
子供の教育資金に30万融資してもらいました。
申し込みはネットから。フル入力と書かれたボタンをクリックして、項目を埋めて次の日には承認をもらえました。入力内容を電話で確認されることもありませんでした。もちろん在籍確認の電話は職場に来ましたが。

出典:https://minhyo.jp

プロミスは店舗までいかなくても、パソコンやスマホなどWebで申し込みから契約まで行えるのが便利という口コミも多い印象でした。とくにスマホのアプリから申し込む「アプリローン」の場合は郵便物も自宅に送られてこないなど、たくさんのメリットがあります。

プロミスの悪い口コミ・評判

悪い口コミ:審査の時間が長い

審査時間が長い!!
3
年齢非公開
性別非公開
非公開
プロミスは申し込みにかかる時間が短いと聞いていたので利用。とにかく急にお金が必要になったのでその日に振り込んでもらわなければいけませんでした。でも審査がまず長い!全然スピード審査じゃない。しかも何時間もかかったうえに結局は審査アウト。

出典:https://minhyo.jp

良い口コミとは違って、審査の時間が長かったという口コミもいくつか見受けられました。審査が長くなる理由としては、過去の信用情報に問題があったり、提出した書類に不備があったりすると遅くなる場合が考えられます。

プロミスの特徴

プロミスはどのような特徴を持つ消費者金融会社なのでしょうか?ここではプロミスならではの特徴を詳しく解説していきます。

審査から借り入れまでスピード感がある

プロミスの特徴と言えば、審査から借り入れまでのスピード感を挙げることができます。最短15秒で事前審査の結果が分かるほか、申し込みから融資までの時間は最短で30分。即日で最大50万円まで借入することが可能です。

 

また、借入方法が豊富なのもプロミスの特徴で、カードキャッシングやスマホのアプリローン、銀行振り込みだけでなく、三井住友プリペイドへのチャージなど、さまざまな方法で借り入れ可能。インターネットなら24時間365日いつでも申し込むことができます。

SMBCグループで安心感がある

プロミスは誰もが知っているメガバンクの三井住友銀行や、三井住友カードなどをはじめとする大手グループ会社の一員である「SMBCコンシューマーファイナンス」が運営している消費者金融会社です。

 

消費者金融と言うと少し不安に感じる人もいるかもしれませんが、プロミスは大手銀行グループの一員であることを知ると安心できますよね。ほかの金融サービスでSMBCグループを利用したことがある人にとっては、とくに親近感が湧くのではないでしょうか?

女性専用のレディースキャッシングがある

プロミスには、女性専用のカードローンサービスである「レディースキャッシング」があることも大きな特徴と言えるでしょう。女性の場合、カードローンを利用することには不安があるかもしれませんが、女性専用のローンがあるのは安心できるポイントです。

 

プロミスのレディースキャッシングでは対応がすべて女性のオペレーターで、主婦や学生でも収入がある場合は申し込むことができます。分からないことがあっても、気軽に女性オペレーターに相談することができるので安心です。

プロミスの審査基準と審査の手順

プロミスのカードローンを利用するには審査を通過しなければなりません。ここでは、プロミスの審査基準や審査の手順について詳しく解説していきます。

プロミスの審査基準は厳しい?

プロミスの審査基準は明確には公開されていません。しかしながら、申し込み条件が20歳~69歳の人で安定した収入があることや、主婦やパート、アルバイトでも申し込み可能なことからそれほど厳しいわけではないと言えます。

プロミスで審査落ちする原因は?

銀行系ローンに比べると審査は厳しくないと言われる消費者金融のローンですが、だれでも審査に通過できるというわけではありません。ここでは、審査落ちする理由として考えられる代表的なものをまとめてみました。

 

プロミスで審査落ちする原因
・他社からの借り入れ件数が多い
・借入希望額が年収の1/3を超えている
・過去に金融事故を起こしている
・短期間のうちに複数のカードローンを申し込んでいる
・半年以内にプロミスの審査に落ちている
・安定した収入がない
・在籍確認が取れない

 

以上のようなケースに当てはまる場合は、プロミスの審査に落ちる可能性があります。しかしながら、最終的な判断についてはプロミスが行っているので、上記に当てはまる項目があるからといって必ず審査に落ちるとは限りません。

プロミスの審査手順

プロミスの審査は、一次審査(仮審査)と二次審査(本審査)の2回に分けて行われます。それぞれの審査でどのようなことが行われるか見ていきましょう。

ステップ①:一次審査(仮審査)が行われる

一次審査は仮審査とも呼ばれますが、最初にコンピューターで基本情報や信用情報を判定します。申込内容に対してスコアリング評価(点数)が付けられ、クリアした人だけが審査を通過できます。一次審査は最短30分で終了し、メールや電話で結果が通知されます。

ステップ②:二次審査(本審査)が行われる

二次審査では申込内容や必要書類などをプロミスの審査担当者が目で確認します。申込内容と本人確認書類などを照らし合わせて、不備や嘘などがないかを確認していきます。もし、書類と事実確認に違いがある場合には担当者による電話確認などがあります。

申し込みから融資までの流れ

ここでは、プロミスの借り入れ申し込みから融資までの流れについて見ていきます。申し込みの際に必要なものもご紹介しますので、必ず準備してから申し込みましょう。

プロミスの借入申し込みに必要なものは?

プロミスの申し込みには「本人確認書類」の提出が必要です。具体的には、以下の書類を本人確認書類として提出することができます。

 

本人確認書類として提出できる書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

 

運転免許証を持っている場合は、原則として運転免許証を本人確認書類として提出しなければなりません。もし持っていないなら、パスポートか健康保険証+住民票を提出しましょう。

収入証明書が必要なケースもある

プロミスで借り入れを申し込む際には上記の必要なものに加えて、「収入証明書」が必要のなるケースもあります。具体的には、50万円以上借入したい場合と、他社の借入額と合わせると100万円を超える場合です。

 

もし、これら2つの条件に当てはまる場合は収入証明書の提出が求められ、以下の書類のうち一つを提出する必要があります。

 

収入証明書として提出できる書類
・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・最新の税額通知書
・最新の所得(課税)証明書(収入額と所得額の記載があるもの)
・給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

 

収入証明書を入手するためにはある程度時間がかかるので、時間に余裕を見て準備しておきましょう。

申し込みから借り入れまでの流れ

プロミスを申し込む場合、パソコンやスマホのアプリ、自動契約機などさまざまな方法で申し込みことができます。今回は最短1時間で審査契約が終了し、自宅への郵送物もないアプリローンの申し込み方法をご紹介したいと思います。

ステップ①:スマホにアプリをダウンロードして申し込む

最初に自分のスマホにプロミスの公式アプリをダウンロードします。ダウンロードが完了したらアプリを起動し、新規お申し込みをタップして必要事項を記入します。書類提出もアプリで行うことができ、必要書類を撮影した後に送信します。

ステップ②:審査が終了したら契約する

書類を提出すると、プロミスの方で審査が行われます。最短1時間で審査が終了し、結果はメールか電話で通知があります。審査に通過したらプロミスとの契約手続きを行いますが、契約もスマートフォンで行うことができるので便利です。

ステップ③:アプリでATMから即日借り入れ

契約が終わったら、アプリの場合はカード不要で申し込み当日でも、セブン銀行ATMかローソン銀行ATMで借り入れを行うことができます。アプリの場合は契約当日から使えるクーポンなどももらうことができてお得です。

プロミスの返済方法・返済期日・返済額について

プロミスで借入を行ったなら、期日以内に返済する必要があります。ここでは、返済する際の方法や期日、返済額について順番に説明していきます。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は、下記の6つの方法の中から選択することができます。

 

プロミスの返済方法
・インターネット返済
・口座振替
・提携ATM
・プロミスATM
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

 

注意点としては返済する際の手数料で、三井住友銀行ATMとプロミスATM以外の提携ATMで返済する場合には手数料がかかることです。手数料を少しでも安くしたい人は提携ATM以外の方法を選択するようにしましょう。

プロミスの返済期日

返済期日は5日、15日、25日、末日の中から自分の都合の良い日を選択することができます。返済期日が土日祝日、年末年始と重なる場合は翌営業日が返済期日です。給料日に合わせて返済期日を選べば無理なく返済しやすいのでおすすめです。

プロミスの返済額

返済金額はプロミスの場合、最終借り入れ後の借入残高によって変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。具体的には、次のような計算によって返済金額を求めることができます。

 

借入残高 返済金額 返済回数
30万円以下 借り入れ後残高×3.61% ~36回
30万円超~100万円以下 借り入れ後残高×2.53% ~60回
100万円超 借り入れ後残高×1.99% ~80回

プロミスを利用するメリット・デメリットを紹介!

プロミスを利用するメリットやデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?ぜひ、申し込む前にメリットとデメリットを比較検討してみてください。

メリット

初めての利用なら30日間利息0円

プロミスで借り入れを行う大きなメリットは、初めての利用なら30日間利息0円で借り入れを行うことができることです。30日以内に借りたお金を返済すれば、どれだけお金を借りていても利息がかかることはありません。

 

30日間利息0円のサービスを受けるためにはいくつか条件があります。

 

30日間利息0円サービスを受けるための条件
・プロミスを利用するのが初めて
・申し込みの時にメールアドレスを登録する
・Web明細を利用する

 

このようにいずれも難しい条件ではないので、利用しやすいと言えるでしょう。実際には30日以上借りる人が多いと考えられますが、最初の30日分の利息はカットできるので、それだけでも他社より安く借りられることになります。

スマホで申し込みから借り入れまで完結できる

プロミスで借り入れを行う別のメリットは、スマホで申し込みから借り入れまで完結できる点です。アプリローンを使ってスマホから申し込むことができるため、仕事で忙しい方やパソコンを持っていない方でも、24時間いつでも申し込みが可能です。

 

スマホで申し込めば、スマホに表示されるアプリカードをローンカードとして利用できますし、借りたお金も自分の銀行口座に振り込んでもらえます。さらに郵便物も送られてこないので家族に借り入れを行っていることがバレないというメリットもあります。

返済手数料がほとんどの場合0円

プロミスではインターネット返済、口座振替、店頭返済、プロミスATM、コンビニなどさまざまな返済方法があります。基本的にはどの返済方法でも手数料が0円に設定されていて、無駄な手数料を支払う必要がないこともメリットと言えるでしょう。

 

ただ、デメリットでも詳しく述べますが、コンビニのATMで返済するときには手数料がかかってしまいます。とはいえ、ほとんどの返済方法で手数料がかからないのは、お得に借りれることを意味するのでうれしいポイントと言えます。

金利がほかの消費者金融に比べて低い

プロミスのメリットとしては金利がほかの大手消費者金融に比べて低いことも挙げられます。下の表に各社の金利をまとめてみました。

 

  金利
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

 

このように、プロミスの金利は多くの消費者金融会社が18.0%の金利を適用している中で、17.8%とやや低くなっています。わずかな違いのように感じるかもしれませんが、長い目で見ると返済金額に大きな違いが生じるのでメリットと言えるでしょう。

デメリット

最高利用限度額が他社より低い

プロミスのデメリットの一つとしては、最高利用限度額が他社に比べると少し低めに設定されていることです。大手消費者金融の利用限度額を表にまとめてみると以下のようになります。

 

  限度額
プロミス 最大500万円
アイフル 最大800万円
アコム 最大800万円
SMBCモビット 最大800万円
レイクALSA 最大500万円

 

このようにプロミスは上限が500万円までのため、他社に比べると低めの限度額と言えるでしょう。ただし、どの消費者金融で借りる場合も総量規制の影響で、年収の1/3以上は借りることができないので、500万円以上借りるケースは少ないと言えます。

コンビニATMで返済すると手数料がかかる

メリットのところでも少し触れましたが、プロミスはほとんどすべての返済方法で手数料がかかりませんが、コンビニのATMで返済する場合には手数料がかかるケースがあります。ただ、コンビニのマルチメディア端末を利用することで手数料を0円にすることができます。

在籍の電話確認がある

これはプロミスに限った話ではありませんが、申し込み者が本当に申告した職場に在籍しているか確かめるため、職場に電話がかかってきます。どうしても在籍確認で電話してほしくない場合は、プロミスに電話をして相談してみると良いでしょう。

プロミスがおすすめなのはこんな人!

ここまで考えてきたプロミスの特徴やメリット・デメリットからすると、プロミスはどのような人におすすめと言えるのかご紹介したいと思います。

できるだけ早く簡単に借り入れしたい人

プロミスは最短30分でお金を借りることができるほか、スマホで手続きも完結するので、できるだけ早く簡単に借り入れしたい人におすすめです。平日だけでなく、土日祝日も受け付けているので週末などにお金を借りる必要が生じた場合も利用できます。

短期間だけ少額の借り入れをしたい人

プロミスは消費者金融で銀行系カードローンなどに比べると金利が高めなので、短期間だけ少額借りるのに適しています。また、プロミスには初めて借り入れを行う人に、30日間利息0円のサービスをしているので、短期間の借り入れの方がお得です。

周りにばれずに借り入れしたい人

プロミスは勤務先への在籍確認や郵便物にプロミスという名前を出さないように配慮されていているので、周りに知られずに借り入れを行いたい人にもおすすめです。スマホのアプリで手続きを行えば、基本的に郵便物が自宅に届くこともありません。

その他の気になる点をQ&Aで紹介

Q1:収入証明書類は必ず提出する必要がありますか?

編集部の画像

編集部

希望の借入金額が50万円を超える場合か、希望の借入金額と他社での借入残高が100万円を超える場合は収入書類の提出が必要です。それ以外は収入証明書類の提出は不要です。

Q2:自宅や勤務先に書類が送られてくることはありますか?

編集部の画像

編集部

以下の場合に自宅か勤務先に書類が送られてくることがあります。

提携ATMで借り入れや返済を行った場合

支払いに遅れが生じて連絡が取れない場合

振込キャッシングを利用した場合

借り入れを行った人が書類の送付を希望した場合

Q3:カードを解約したい場合はどうすれば良いですか?

編集部の画像

編集部

プロミスに電話をするか、店頭窓口で解約手続きを行うことができます。電話の場合は後日解約申込書が届くので、書類を記入し、ハサミで裁断したローンカードを同封して返送します。

まとめ

この記事では、プロミスの口コミや評判に加え、申し込み方法まで詳しく説明してきました。ノンバンクカードローンとして、2年連続で顧客満足度1位を獲得したのには確かな理由があります。お金を借りたいと考えている人は、ぜひプロミスも検討してみてください。

【総評】SMBCグループの消費者金融で安心!スピードと便利さが特徴

プロミスは、三井住友銀行や三井住友カードなどを抱えるSMBCグループの一員なので安心して借り入れの申し込みをすることができます。即日で借り入れができるスピード感や、アプリで借り入れまで完結する便利さが特徴の消費者金融です。

SMBCコンシューマーファイナンス

プロミス

即日融資で30日間利息0円のサービスを提供

【即日融資が可能】

プロミスではWeb契約なら即日融資が可能な消費者金融です。銀行系カードローンより審査が早いので、できるだけ早くお金を借りたい人におすすめです。

 

【30日間利息0円のサービスを提供】

プロミスでは初めて借り入れをした人限定で、30日間利息0円のサービスを提供しているので、ほかの消費者金融よりお得に借りることができます。

 

【SMBCグループ企業で安心して借りられる】

プロミスは三井住友銀行などを抱えるSMBCグループの一員なので、法外な金利や違法な取り立てなどもなく、安心して借り入れできます。

運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス 金利 4.5%~17.8%
融資限度額 1万円~500万円 審査時間 最短30分
融資までの期間 即日 WEB完結 可能

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

プロミスの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!

プロミスの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!

その他
【即日融資可能】カードローンの人気おすすめランキング【2023年最新】

【即日融資可能】カードローンの人気おすすめランキング【2023年最新】

その他
審査なしで借りる!カードローンや即日借金を調査【無職・学生・審査なし】

審査なしで借りる!カードローンや即日借金を調査【無職・学生・審査なし】

債務整理
SMBCモビットの口コミ・評判を調査!審査落ちるって本当?審査や返済方法も紹介

SMBCモビットの口コミ・評判を調査!審査落ちるって本当?審査や返済方法も紹介

カードリーダー
【2023年度最新】カードローンの人気おすすめランキング10選【決定版】

【2023年度最新】カードローンの人気おすすめランキング10選【決定版】

その他
ジャパンネット銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!

ジャパンネット銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!

その他