沖縄の遺品整理業者おすすめ人気ランキング6選【2023年最新版】

記事ID25948のサムネイル画像
遺品整理は膨大な生活用品の中から、貴重品を探し出し、遺品と処分品などに分けるのはたいへんな作業です。遺品整理を専門に行なっている業者もいるので、利用を検討してみてください。遺品整理業者の選び方と沖縄県内のおすすめ遺品整理業者を紹介します。

沖縄のおすすめ遺品整理業者はどこ?

大切な方が亡くなり考えなければいけないのが、遺品整理です。故人の生きた証で、思い出の詰まった品々を整理するのは、精神面でも体力面でも負担の大きい作業です。そのたいへんさから「二度とやりたくない」という方も多くいます。

 

そんなときに遺品整理を代行してくれるのが遺品整理業者です。プロのスタッフが遺品の仕分けから、不用品の処分まで行ってくれます。業者によってはリユースや買取も行っているので、大切な故人の品が海外や他の方のもとで再度大事に使われます

 

今回は遺品整理について解説、沖縄県内のおすすめ遺品整理業者をランキング形式にて紹介します。遺品整理を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

遺品整理業者の選び方

遺品整理ははじめてという方がほとんどで、どうやって業者を選んでいいかわかりませんよね。遺品整理の方法から遺品整理業者の選び方まで、わかりやすく解説していきます。

遺品整理とは

まずは遺品整理とはどんな作業を行わなければいけないのか、どうやって仕分けをすればいいのかなどを解説します。そのうえで自分たちでやるのか、業者に依頼するのかを検討してください。

遺品整理を行う時期

遺品整理に正しい時期はありません。気持ちの整理がついたときに始めてください。遺品整理をすることで、思い出や悲しみが蘇りつらくなってしまうこともあるかもしれません。心の準備が整ったら取り掛かりましょう。

 

一般的には、法事や各種手続きが完了したタイミングで始める方が多いようです。また故人が賃貸に住んでいる場合は、部屋を明け渡さなければならず、遺品整理の期限があることもあります親族と話し合いながら遺品整理の時期を決めてください

遺品整理のやり方

遺品整理は大きく分けると、貴重品・形見・再利用できるもの・廃棄するものに分けていきます。

 

分類 内容
貴重品 法的な手続きが必要なもの 身分証明書、契約書類、不動産など
形見 故人愛用の品、思い出の品など 時計など人による
再利用できるもの リサイクルや買取できるもの 家電、家具、衣類など
廃棄するもの 生活用品や不要なもの 使いそうにないもの

 

かさばる写真などはデータ化して残すのもひとつの方法です。生活用品などはひとつひとつ思い出があるかもしれませんが、すべて残していると収集がつかなくなってしまうので、思い切って処分する勇気が必要です。形見や貴重なもの、使える家電などは誰が何を引き取るのか話し合って決めてください。

自分で行う場合のメリット・デメリット

自分たちのみで行うメリットは、ゆっくり思い出に浸りながら自分たちで丁寧に選別できることです。また人を雇わない分、費用が抑えられ、不用品の処分費用のみで済みます。家電などは家電リサイクル法に基づいての処分が必要なものもあるので注意してください。

 

デメリットとしては、やはり時間や手間がかかり、不用品の処理や大型家具・家電の運び出しがたいへんという点があげられます。遠方に住んでいる場合は、交通費もかかってきます。仏壇や神棚は、処分の際に神社やお寺で供養が必要です。

プロに依頼するメリット

やはりプロに依頼すると、仕分けに慣れている分作業スピードが格段に上がります。大型家具・家電の運び出し、物の供養、処分品の回収まですべて行ってもらえます。業者によってはリフォームや解体の作業まで相談・依頼が可能です。

 

リサイクルや買取までしてもらえるところもあるので、わざわざリサイクル店に持ち込んだりする必要はありません。立ち会い不要の業者を選べば、現地まで何度も足を運ばなくて済みます。

プロに依頼した場合のデメリット

プロに依頼する際のデメリットは、費用がかかるという点です。物の量や部屋の大きさによってある程度人員が必要なので、その分の費用がかかってしまいますが、買取品などがあれば割り引いてもらえます。

 

自分で行った場合でも、不用品の処分費用はかかります。ゴミ処理場に持ち込めば安く済む地域もありますが、大きな家具やリサイクルが必要な家電は処分料金がかかるので留意してください。そういった費用と負担を比較して、自分たちでやるのかプロにお願いするのかを選んでください。

遺品整理業者の選び方

遺品整理業者にお願いすると決めたら、次は業者選びです。優良な業者を選ぶ際のポイントを解説します。選ぶ際の参考にしてみてください。

遺品整理士の資格を持っている

遺品整理の需要の高まりに合わせ、遺品整理業者が増えており、業界の健全育成とモラルの低下を防ぐため、遺品整理士認定協会という民間団体が存在します。この協会では遺品整理士養成講座を運営、「遺品整理士」の認定試験の実施をしています。

 

必須の資格ではありませんが、遺品整理に関連する専門の知識や法律(古物営業法、廃棄物処理法、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、運送法)などを学んでいるので安心して任せることができます

費用が明確

ホームページに明確な料金体系が記載されていたり、料金を問い合わせた際にはっきりと回答してくれたりする業者を選んでください。料金プランに、基本的な仕分けだけでなく、他にどんな作業が含まれているのか確認が必要です。

 

写真などで見積もりをとってくれるところもありますが、正確な見積もりを取るためにもできれば訪問見積もりを依頼するのがおすすめです。オプションでクリーニングやリフォーム相談などのサービスを行っている会社もあります。

料金の相場

数件見積もりをとるとその地域の料金相場が分かります。

 

間取り 料金 作業人員 作業時間
1R・1K 3万~8万円 1〜2名 1〜3時間
1LDK 7万〜20万円 2〜4名 2〜6時間
2LDK 12万〜30万円 3〜6名 3〜8時間

 

料金は部屋の大きさだけでなく、物の多さ、必要人員、必要な作業時間などによって算出されます。マンションやアパートでエレベーターの有無で料金が変わってくることもあるので、しっかり見積もりをとって確認してください。

 

見積もり内容も「作業一式」との記載のみでなく、きちんと内訳を書いていくれる業者を選んでください。何にいくらかかっているのかをしっかり把握することが、料金トラブルを避けるポイントです。

スタッフの対応

大切な故人の遺品を扱うので、丁寧に対応してくれる業者を選んでください。言葉遣いが丁寧か、対応は早いか、服装はきちんとしているかなどをチェックしましょう。対応に違和感を感じる業者は避けてください。

 

遺品整理の作業当日は、荷物の搬出やトラックの駐車などで近隣の方に迷惑をかけることとなるので、近隣の方にも配慮を忘れないような業者だと安心してお任せできます。故人が女性で男性に見られたくないものもあるという方には、女性スタッフが在籍している業者もあります。

適切な許可を持っているか

家庭からでる不用品の処理には「一般廃棄物収集運搬許可証」が必要です。廃棄物処理法、家電リサイクル法、運送法にのっとり、適切な方法で処理をしなければいけません。許可なく処分した場合は、不法投棄とみなされます。許可がない場合は、許可を持つ業者との連携をする必要があります。

 

産業廃棄物収集運搬の許可では、家庭ごみの収集や運搬はできませんので注意してください。また買取を行う場合は、古物商許可が必要で、可を受けた業者は「古物商許可番号」を持っています。

遺品整理業者に依頼するときの注意点

業者を選ぶ際に注意して欲しいポイントを解説します。悪徳な業者に騙されたり、遺品整理で残念な思いをしたりしないためにも、以下のポイントに気をつけてください。

不用品回収業と遺品整理業は異なる

不用品回収業は、不用品の回収が目的で作業対象の品は基本的に処分品としてみなされています。処分を前提としているので目的が遺品整理とは全く異なります。大切な思い出の詰まった遺品を雑に扱われると、不愉快ですよね。

 

遺品整理は故人に敬意の念を払い、適切な知識や仕分けの技術が必要です。沖縄では遺品整理専門の業者はあまり多くなく、不用品回収業と兼業していることもありますが、きちんと違いを認識し知識を持ち、故人や家族への配慮のある業者を選んでください。

悪質な業者に注意

残念ながら中には悪質な業者が混じっていることもあります。高額な請求をしてくる、不法投棄をする、遺品の扱いが乱暴、貴重品を盗むなどの悪徳な業者が存在します。怪しいと思った場合は、他の業者を選ぶほうが懸命です。

 

きちんとした免許や資格を持たずに営業していることもあるので、事前にホームページなどをしっかり確認してください。遺品整理士認定協会が認定している業者や、口コミがいい業者を選べば安心です。

依頼内容は明確に

業者に依頼した後の注意点としては、指示の内容を明確にしておくことです。分かる範囲での貴重品や残したいものを仕分けしておければベストですが、難しい場合はきちんと業者に指示を出しましょう。

 

捜索して欲しいものや残すものをあらかじめリストにしておいたり、触らないで欲しい部分を分かりやすく印をつけておくと作業がスムーズに進みます。作業後に簡易清掃をしてくれる業者もあるので、水道や電気は遺品整理が終わったから止めるようにしてください。

沖縄県の遺品整理業者おすすめランキング6選

遺品整理協会認定の会社

遺品整理士認定協会の資格を持った専門スタッフが在籍し、沖縄本島全域、橋が架かっていればどこでも対応してくれます。事件現場特殊清掃センターから優良事業所認定されている会社でもあるので、特殊清掃が必要な場合でも合わせて依頼が可能です。

 

消臭サービスも行っているので、故人の部屋を今後貸し出ししたり、別の親族の方が住んだりする前に一度お部屋をリセットすることができます。高性能脱臭機で、脱臭・殺カビ・除菌に効果があり、生活臭だけでなくペットやたばこなど染み付いたニオイにも威力を発揮してくれます。

対応エリア 沖縄本島全域 遺品整理士資格

特殊清掃も可能

沖縄特殊清掃遺品整理社では、孤独死現場などの特殊清掃・消臭除菌の作業・リサイクル・形見分けなどのサービスを一貫して行っています。現場に入ったら、まずは故人様に敬意を払い、供養から始めています。

 

思い出の写真・手紙、また位牌や仏壇などの品々やお部屋は、宗派を問わず供養やお祓いが可能です。除菌剤による消毒や消臭も行っているので、賃貸などの受け渡しでも安心です。ご希望に応じてリフォームや解体の相談もできます。

対応エリア 沖縄本島全域 遺品整理士資格

追加料金一切なし

整理作業を行うのは全員社員、外部の者を室内に入れることはありません。ご希望に応じて、見積もりから作業まで、女性のみでの対応も可能です。買取やリサイクル、寄付を徹底し資源循環型整理で、少しでもお客様の負担を減らします。

 

 

基本料金の中に、仕分け・梱包・資材・養生作業・回収・清掃作業費がすべて含まれており、見積もり時にしっかり打ち合わせを行うことで、作業完了後に追加費用をいただくことはありません。整理完了後は、各部屋・水回り・窓拭きなどの清掃まで行います。

対応エリア 那覇市、宜野湾市、浦添市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、南風原町、与那原町、西原町、八重瀬町、中城村、北中城村、北谷町、嘉手納町、その他は要相談 遺品整理士資格

お客様満足度96%

「明確で誠実な透明性のあるサービス提供」を理念とし、免許を持った廃棄業者と連携、作業料金の事前通知など、誠実な対応を心掛けています。同じ担当者が最後まで責任を持って対応してくれ、96%のお客様が満足と答えています。

 

全国展開している確かな技術と知識で、手際よく親身になって丁寧に対応してくれる業者です。立ち会いがなくても可能、女性スタッフも在籍しており柔軟に対応、万が一の保険にも加入済みなので安心です。

対応エリア 本島全域(那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、八重瀬町) 遺品整理士資格

遠方からの依頼も可

適正な価格を心がけ、なるべくお客様に心的負担、経済的負担をかけずに、ご遺族の方の気持ちに寄り添ったサービスを真心こめて提供します。年中無休で電話対応を行っているので、急な依頼にも即日対応が可能です。

 

亡くなられた方の遺品を丁寧に整理し、不要なものを買取、大切なものは形見分けをしご遺族の方々に届けます。分別・運び出し・不用品処分・清掃まで一括して依頼ができ、買取も行ってくれるので、少しでも親族の方の負担を減らします。

対応エリア 要問い合わせ 遺品整理士資格

《迷ったらココ》低価格で高品質

拠点数が全国で1000ヶ所以上あるため、すぐにスタッフが対応でき最短即日での対応が可能な「ライフリセット」。高品質の作業を提供するため、各スタッフが研修で厳しい指導を受けています。熟練スタッフも多く在籍しており、作業にかかる時間が短縮、効率アップでコストも削減しています。

 

現地見積もり・出張費用・追加請求はすべて0円で、見積もり後のキャンセルも無料です。遺品の買取だけでなく、故人が生前愛用していた品や仏壇などはお焚き上げ・供養を行います。電話相談無料なので、分からないことや心配なことは気軽に相談できます。

対応エリア 沖縄県内全域 遺品整理士資格

沖縄県の遺品整理業者おすすめ比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対応エリア 遺品整理士資格
アイテムID:7081841の画像

公式サイト

《迷ったらココ》低価格で高品質

沖縄県内全域

アイテムID:7080574の画像

公式サイト

遠方からの依頼も可

要問い合わせ

アイテムID:7080545の画像

公式サイト

お客様満足度96%

本島全域(那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、八重瀬町)

アイテムID:7080556の画像

公式サイト

追加料金一切なし

那覇市、宜野湾市、浦添市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、南風原町、与那原町、西原町、八重瀬町、中城村、北中城村、北谷町、嘉手納町、その他は要相談

アイテムID:7080584の画像

公式サイト

特殊清掃も可能

沖縄本島全域

アイテムID:7080538の画像

公式サイト

遺品整理協会認定の会社

沖縄本島全域

生前整理のすゝめ

遺品整理を経験し、そのたいへんさを感じた方は、一度「生前整理」について考えてみてください。何十年も生活していると物が増えてしまいます。生前の元気な間に物を整理することで人生を見つめ直すきっかけにもなります。

 

遺品整理を行っている会社の中には生前整理のサービスを提供している会社もあります。自分では処分しきれないという方は、プロに相談してみるのもおすすめです。生前整理をしたことで、これからの暮らしに見通しがついたり、不要なものを処理したりすることで、すっきりとした生活を送ることができます

下記の記事ではエンディングノートについて紹介しています。興味がある方は一度ご覧になってみてください。

まとめ

遺品整理は、精神的にも体力的にも骨が折れる作業です。大切な方が亡くなったあとは、法事や手続きなどで心も身体も疲れているので、プロの力を借りて少しでも負担を減らしてください。遺品整理をすることで気持ちに整理がついたという方もいます。故人の方のご自宅をきれいにし、形見分けをし、故人様を安心させてあげてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

仙台の遺品整理業者おすすめ人気ランキング7選【2023年最新版】

仙台の遺品整理業者おすすめ人気ランキング7選【2023年最新版】

その他
広島の遺品整理業者の人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

広島の遺品整理業者の人気おすすめランキング11選【2023年最新版】

その他
鹿児島の遺品整理業者おすすめ人気ランキング8選【2023年最新版】

鹿児島の遺品整理業者おすすめ人気ランキング8選【2023年最新版】

その他
宇都宮の遺品整理業者おすすめ人気ランキング13選【2023年最新版】

宇都宮の遺品整理業者おすすめ人気ランキング13選【2023年最新版】

その他
静岡の遺品整理業者おすすめ人気ランキング11選【2023年最新版】

静岡の遺品整理業者おすすめ人気ランキング11選【2023年最新版】

その他
横浜にある遺品整理の業者人気おすすめランキング5選【選び方】【2023年最新版】

横浜にある遺品整理の業者人気おすすめランキング5選【選び方】【2023年最新版】

その他