エンジンオイルの人気おすすめランキング22選【快適な走行を助ける】

記事ID2535のサムネイル画像

車で快適に走行するには、エンジンオイルは重要なアイテムです。今回は種類や特性など、さまざまな視点から見た、エンジンオイル選びのポイントを解説します。また人気のおすすめエンジンオイルをランキング形式でご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

長年車を愛用するなら必須のエンジンオイル!車の性能を最大限に活かすことができる商品は?

エンジンオイルは商品によって粘度や規格が異なり、適切なエンジンオイルを選ばないと、車の故障につながってしまいます。また、エンジンオイルに専用の添加剤を混ぜて使用することによって、エンジンオイルの効果をより引き出すことができます。

 

しかし、どのエンジンオイルを選べば良いのか、どのタイミングでエンジンオイルを交換すべきか、悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

 

そこで今回はエンジンオイルを選ぶ上で注意すべきポイントと、厳選したおすすめのエンジンオイルをご紹介します。ご購入の際は是非参考にしてみてくださいね!

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは各部を円滑に動かすことにより、燃費を向上させます。摩擦を軽減する作用があり、部品同士の過度な温度上昇から守り、熱による焼き付きを防止

 

ほかにも気密性を保つ密閉作用や、サビや腐食からエンジンを守る防錆作用などがあり、安全に運転するためには欠かせないアイテムです。エンジンに付着したカーボンを除去する作用では、車から白煙が上がったり、故障したりすることを防ぎます。

エンジンオイルの選び方

エンジンオイルにはさまざまな種類があり、また商品によって特性が違うため、より自分の車にあったものを選びましょう。ここでは、ベースオイル・粘度・車種・規格・メーカー・容量の視点からご紹介します。

ベースオイルで選ぶ

ベースオイルに、性能を引き上げる「添加剤」をプラスすることで、エンジンオイルが作られています。ベースオイルには、化学合成油・部分合成油・鉱物油の3種類があり、それぞれ性能が異なります。

高性能な「化学合成油」は高級車に

化学合成油は原油を高いレベルで精製し、不純物を可能な限り取り除いたベースオイルです。3種類のエンジンオイルの中でもっとも質が高く、オイルのもちが良いため、交換頻度が少なく済みます。劣化しにくく燃費がいいのもポイントです。

 

冬の寒いコンディションでの始動性が良いという特徴もあります。一方で、比較的高価であることが留意点。スポーツカーや高級車などにおすすめです。

経済的で長距離走行におすすめの「部分合成油」

部分合成油は鉱物油に、化学合成油をブレンドして作られたベースオイルのこと。品質としては鉱物油と化学合成油の中間くらいで、ベースオイルとしての基本的な性能は備えています。

 

化学合成油に比べ、安価で手に入るので経済的ではありますが、耐熱性の面では少し劣ってしまうのが特徴の1つ。長距離走行におすすめです。

普段使いなら「鉱物油」

鉱物油は原油から不純物を取り除いて精製されたベースオイルのこと。化学合成油ほど高いレベルで精製されてはいません。ベースオイル3種類の中では、もっとも低価格で手に入るため、一般的によく使用されているオイルです。

 

酸化しやすく耐熱性も弱いので、品質は化学合成油・部分合成油よりも低くなります。普段使いする軽自動車におすすめです。

粘度で選ぶ

エンジンオイルを選ぶ際は、粘度にも注目しましょう。ここでは、低粘度・高粘度の2つをご紹介します。

寒冷地帯でも始動性を保ちたいなら「低粘度」

エンジンオイルのパッケージには、0W-20のような記載が見られます。これはエンジンオイルの粘度を数値化したもので、Wの前の数字は低温時の粘度指数を示したものです。数値の幅は0〜20まであり、数字が小さくなればなるほど低温時の始動性が高いことを示しています。

 

粘度の低いサラサラとしたオイルで、燃費は非常にいいですがエンジンの保護性は弱いです。寒冷地帯でのエンジンスタートに役立ちます。

高温時でもエンジンを保護したいなら「高粘度」

エンジンオイルのパッケージに記載される0W-20という表示の、W後にくる数値は高温時の粘度を示したものです。高温時とはエンジンが温まった状態のこと。幅は20〜60まであり、数値が高ければ高いほど、オイルの粘度が高いことを示しています。

 

静寂性に優れ、高温時でもエンジンをしっかり保護してくれるのが特徴です。一方で、燃費が悪いという留意点があります。

「車種」で選ぶ

エンジンオイルは車種により適したものが異なります。エンジンオイルを選ぶ際は車種から選ぶことも検討しましょう。ここでは使用される頻度の高い、0w-20・5w-40の2つをご紹介します。

「エブリイワゴン」や「ミニバン」などの軽自動車には0w-20

プリウスといったハイブリッド車や、ヴォクシー・ハスラーなど人気の種類が多いミニバンといった軽自動車には、粘度0w-20のエンジンオイルがおすすめ。サラサラとしたオイルで、非常に燃費が良いのが特徴です。長距離移動に重宝します。

「ターボ車」や「スポーツカー」には5w-40

ターボ付きの車種や、インプレッサといったスポーツカーには、燃費よりも耐熱性を重視した粘度5w-40がおすすめ。非常に高粘度のオイルで、高温に耐えられ、また高いパワーの出力が可能です。

規格で選ぶ

エンジンオイルのおもな規格は、API規格・ILSAC(GF-5)規格の2つ。ここでは、それぞれの違いや特徴をご紹介します。

高性能なら「API規格のSL以上」

API規格とはアメリカ石油協会・アメリカ自動車技術者協会・アメリカ材料試験協会、の共同により定められた、エンジンオイルの品質を示す規格のこと。規格の種類は19種類あり、ガソリン車はSから始まり、ディーゼル車はCのアルファベットから始まります。

 

SA・SBといったように、右のアルファベットが進むほど高性能になる特徴がです。SPが最高品質であることを示します。高性能な商品をお求めの際は、API規格のSL以上が目安です。

日米の規格での高性能なら「ILSAC(GF-5)規格のGF-3以上」

ILSAC(GF-5)規格とは日米の自動車工業会により定められた、エンジンオイルの品質を示す規格のこと。GF-1からGF-5まで規格は5種類に分類され、GF-1はAPI規格のSH以上に値します。ほかにもGF-4はAPI規格のSM相当、GF-5はAPI規格のSN相当といった見方が可能です。

 

この品質基準はAPI規格に、省燃費性能を付加したものであり、省燃費に関する条件をクリアしていることを示しています。高性能なものをお求めの際は、ILSAC(GF-5)規格のGF-3以上のものを選びましょう。

メーカーで選ぶ

エンジンオイルを選ぶ際は、人気のメーカーから選ぶのもポイントです。ここでは人気メーカーである、カストロール・モービル・ワコーズの3つをご紹介します。

世界最高の知名度と信頼性のある「カストロール」

カストロールは1899年にイギリスで創業した、エンジンオイルの有名メーカーです。イギリス王室御用達になるほど品質はハイレベル。近年ではスポンサーを務める、モータースポーツにも多く使用されています。世界中で使用され、日本でも知名度が高いメーカーです。

 

船舶用の潤滑油まで幅広く展開しているのも特徴の1つ。オイルのタイプが非常に豊富であるため、自分の車種にぴったりあったオイルを選ぶことができます。

スポーツカーや高級車なら「モービル」

モービルはもともと、航空機用エンジンオイルを開発するために創られましたが、現在は一般的な乗用車用のエンジンオイルを、幅広く扱うメーカーとして有名です。過酷な環境下でもエンジンの保護が可能で、F1などのモータースポーツでも使用されています。

 

高性能・高品質を誇る、グローバルスタンダードなエンジンオイル。近年では55社以上の自動車メーカーで使用され、市販仕様からプロ仕様まで、幅広い商品を取り揃えているのが特徴です。中にはILSAC規格のGF-5を有するハイグレードの商品もあります。高級車おすすめ。

街乗りや一般道を多く走行するなら「ワコーズ」

ワコーズは神奈川県小田原市に拠点を置く、日本屈指のエンジンオイルメーカーです。ワコーズはさまざまな環境の情報を収集し、自社内の研究開発設備で熱心な分析や開発を繰り返しています。そのため幅の広い車種の走行距離や、走行条件に対応が可能。

 

輸入車などあらゆる規格の車種にも対応しているのが特徴です。ワコーズは幅の広いユーザーに適した商品展開をしています。

1度に使い切れる「容量」で選ぼう

車に対するエンジンオイルの容量は適性が決まっており、範囲外の量を使用してしまうと車へ悪影響を及ぼします。またオイルの劣化にもつながりかねません。そのためエンジンオイルは、ご自身の愛車に最適な量を選ぶことがおすすめです。

 

使い切りやすい容量は、通常普通車で4Lほど、軽自動車は3Lほどとされています。劣化を防ぐためには、保存期間や保存場所にも十分注意しましょう。

「発電機や農機具」にも使用可能なものも

発電機や農耕機に使用するエンジンオイルを選ぶ際は、全てのガソリン車に対応しているSM規格以上のものを選ぶことがポイント。

 

使用されるおもなオイルは、4ストロークエンジンオイルと呼べれるもので、耐摩耗性・洗浄作用・冷却作用・防錆・防食作用を備えた汎用性の高いものです。油圧作動油としての性能も兼ね備えています。

「過走行車」は早めのオイル交換を

過走行車とはおもに、走行距離が100,000kmを超えた車のことです。車の走行距離は1年で10,000kmが基準とされていて、それを超えて走り過ぎてしまうと、思わぬ故障や事故の原因になってしまう可能性があります。

 

車を快適に走行させるには、エンジンオイルの定期的な交換が必須です。通常の場合、走行距離5,000Kmごとの交換が推奨されています。

エンジンオイルの人気すすめランキング22選

ズバリ、高温下でもしっかりとエンジンを保護したいならコレ!

こちらは有名メーカーであるカストロールが販売する、化学合成油ベースのエンジンオイルです。高温粘度特性に優れた高性能なエンジンオイルで、高温になったエンジンもしっかりと保護。優れた高温酸化安定性でオイルの酸化もしっかり防いでくれます。

 

ハイパワーなエンジンを搭載した車にピッタリです。パワフルな走行をしながらも、エンジンの保護はしっかりしたい方におすすめ。

容量 4L 粘度 5W-40
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、愛車に長年乗りたいならコレ!

こちらはカストロールが販売する、部分合成油をベースとした、省燃費タイプのエンジンオイル。エンジンに悪影響を及ぼすスラッジの発生を、APISN規格と比べて50%抑制してくれます。カストロール社独自の合成油技術を用いて、添加剤を配合することで、車の長寿命化を実現しました。

 

ディーゼル車と両用の商品もラインナップされていて、とても汎用性が高いのが特徴です。

容量 4L 粘度 0W-20
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 部分合成油

ズバリ、お手軽価格で化学合成油を使いたいならコレ!

こちらはルート産業が販売する、ハイブリッドカー・アイドリングストップなどの機能を搭載した、エコカー専用エンジンオイルです。大容量の20Lなので、長距離走行することが多い方におすすめ特殊モリブデンを配合することにより、エンジン内の摺動部に被膜を生成が可能になりました。

 

その被膜により摩擦抵抗を減らし、エンジンをしっかりと保護します。一般的な化学合成油の半分の値段で購入できるため、コストを抑えながら化学合成油を使いたい方におすすめです。

容量 20L 粘度 0W-20
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、ガソリン車とディーゼル車の2台持ちならコレ!

こちらはトヨタから販売されている、ガソリン車とディーゼル車の両方に対応したエンジンオイル。API規格ではSN/CF、ILSAC規格ではGF-5レベルの品質を有しており、非常に高性能なエンジンオイルです。鉱物油がベースに使わているため、低価格で購入できるのもポイント。

 

20Lの大容量なので長距離移動に重宝します。トヨタ86への使用がおすすめです。

容量 20L 粘度 5W-30
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 鉱物油

ズバリ、高温下でスポーツ車や欧米車に乗るならコレ!

こちらはモービルが販売する、ガソリン車・ディーゼル車両用のエンジンオイルです。化学合成油をベースに使用していて非常に高品質・高性能なオイル。粘度5W-40と高粘度であるため、高温下でもしっかりとエンジンを保護してくれます。

 

一度に使い切りやすい4Lサイズというのもポイント。パワフルな走行をする、大排気量車・スポーツ車・欧米車におすすめの商品です。

容量 4L 粘度 5W-40
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、寒冷地で欧州車に乗るならコレ!

こちらは化学合成油をベースにした、モービルが販売する高品質なエンジンオイル。ガソリン車・ディーゼル車の両方で使用できるので、非常に汎用性が高いです。0W-40の低粘度タイプのオイルであるため、寒冷地でもエンジンの始動性をしっかりと発揮できます。

 

高温時のスラッジやデポジットの発生をしっかりと低減してくれるのもポイントです。ポルシェやフォルクスワーゲンといった、欧州車メーカーの承認を取得しているので、非常に信頼性の高い商品。寒冷地で欧米車に乗りたいという方におすすめです。

容量 4L 粘度 0W-40
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、スムーズな走行を求めるならコレ!

こちらはワコーズが販売する、化学合成油をベースにしたエンジンオイル。1番の特徴は極力まで摩擦の抵抗を抑えた、究極のローフリクションオイルであることです。粘度5w-40と高粘度であるため、高温下でもしっかりとエンジンを保護し、走行をスムーズにしてくれます。

 

非常に高品質で、さまざまな車種に対応しており、汎用性が高いのもポイントです。

容量 1L 粘度 5W-40
規格 - ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、バイクと車の2台持ちならコレ!

ワコーズ独自の次世代ベースオイル技術である3Dテクノロジーを採用したエンジンオイルです。独自技術であるニューリキッドセラミックステクノロジーの効果を強化し、エンジンオイルの性能性を向上。エンジン保護性能と省エネルギー性能をより強化します

 

快適でスムーズな走行を実現。小排気量の2輪車から大排気量の4輪ターボ車まで対応しているのも大きなポイントです。APIの最新最高規格SMを取得しているため、非常に高品質な商品です。

容量 4L 粘度 10W-40
規格 JASO MA ベースオイルの種類 -

ズバリ、スポーツカーやターボカーならコレ!

BPが販売する、化学合成油をベースにした高性能なエンジンオイルです。サーキット走行やスポーツ走行を想定して開発された、高性能レーシングスペックオイルであるため、レースをするドライバーの方におすすめ。

 

日常での使用も可能です。卓越した耐熱性とエンジン保護性能により、エンジンの焼き付きを防ぎます

容量 1L 粘度 10W-50
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油
10位
 

ズバリ、よくドライブや遠出する方ならコレ!

こちらはTAKUMIから販売される、化学合成油をベースにしたエンジンオイル。全体的に高性能でバランスに優れているのが特徴です。清浄分散性能の高さにより、基準とされる10,000km以上のオイル交換サイクルを実現しました。

 

非常にコストパフォーマンスの良い商品です。新世代ベースオイルHIVIを使用しているのも大きなポイント。車で遠出をすることが多い方におすすめです。

容量 4L 粘度 5W-30
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、旧車やビンテージカーならコレ!

こちらはRIZOILから販売されている、鉱物世をベースにしたエンジンオイル。10万kmを超えるエンジンにも使用可能なため、旧車や走行距離がわからないようなビンテージカーなどに適しています粘度が20w-50と硬めで、40〜45℃の暑い地域でも問題なく使用することが可能です。

 

高粘度によりメカノイズを抑制する効果があるのも特徴の1つ。ガソリン車とディーゼル車の両方に対応しています。高排出力車への使用もおすすめです。

容量 4L 粘度 20W-50
規格 API SN ベースオイルの種類 鉱物油

ズバリ、高級外車に使うならコレ!

こちらは出光興産独自の化学合成テクノロジーより誕生した、100%化学合成油を使ったエンジンオイル。独自の添加剤配合技術を採用し、非常にハイスペックな仕上がりになっているため、高級車への使用がおすすめです。

 

高級欧州車メーカーの認証も取得しています。最高級車・ディーゼル車の両方で使用でき、ターボ車にも対応するといった汎用性の高さが特徴です。

容量 4L 粘度 5W-40
規格 API SP ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、省燃費性能を求めるならコレ!

こちらはナナロクの愛称でしられている76の、ハイパフォーマーで省燃費性能にも優れたエンジンオイル。部分合成油をベースに作られ、低温時でもスムーズな始動性を実現しました。エンジンの耐久性に影響を及ぼす腐食やサビをしっかり防いでくれます。

 

エンジンの主要パーツを潤滑・保護してくれるのも大きなポイント。価格と比較してクオリティがいいという口コミも見受けられ、信頼性の高いオイルです。

容量 4L 粘度 5W-30
規格 API SP・ILSAC GF-6 ベースオイルの種類 部分合成油

ズバリ、クリーンディーゼル車のエンジンオイルならコレ!

こちらは最先端の材料を、モービル独自の技術で配合することにより誕生したエンジンオイル。優れた清浄性能、摩耗防止性能を提供するべく設計され、先進的な性能をもちます。環境性能に厳しい欧州車メーカーのOEM承認を、数多く取得しているのが特徴です。

 

その優れた環境性能から、最新の高性能ディーゼル車・SUV・ライトバンに推奨されています。容量が1L/4L/20Lから選ぶことができるのも大きなポイントです。

容量 20L 粘度 5W-30
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、高性能バイクのエンジンオイルならコレ!

こちらはモリグリーンより販売される、化学合成油をベースにしたエンジンオイルです。低燃費性が重視されていて、高性能でありながら低価格なのが特徴。コストパフォーマンスが非常に良いため、出費を抑えたい方におすすめです。

 

一般的に軽自動車で使用されています。暑い季節から寒い季節まで、年中使用が可能というのも大きなポイントです。

容量 3L 粘度 5W-30
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、高性能バイクのエンジンオイルならコレ!

こちらはMOTULが持つ独自の技術によって開発された、バイク用エンジンオイルです。独自技術のエステル コア テクノロジーにより優れた耐摩耗性と保護性能を実現しました。大排気量の高性能なバイクにおすすめです。

容量 1L 粘度 10W-40
規格 JASO MA ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、寒冷地でエコカーやハイブリッド車に乗るならコレ!

こちらはTAKUMIより販売される、化学合成油をベースにした省燃費性の高いエンジンオイル。粘度が柔らかく、低温環境下に強いのが特徴です。始動性が良好で寒い場所でもスムーズに車を始動させます。ハイブリッド車・エコカーにおすすめの商品です。

 

交換サイクルが約10,000kmと長いため、交換頻度を減らすことができるのも大きなポイント。

容量 4L 粘度 0W-20
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、長距離輸送大型トラック・バスのエンジンオイルならコレ!

こちらはエネオスより販売される、鉱物油をベースにしたディーゼル車対応のエンジンオイル。JASO規格DH-2に適合し非常に高性能です。DPFなどの排ガス後処理装置に対応しているため、とくにDPFを装着した長距離輸送の大型トラック・バスに適しています。

 

高性能分散剤を配合したマルチグレード油であるため、低燃費な性能なのも大きな特徴です。

容量 20L 粘度 15W-40
規格 API CF-4 ベースオイルの種類 鉱物油

ズバリ、Hondaの小排気量車ならコレ!

こちらはHondaより販売される、鉱物油をベースとした低粘度のエンジンオイル。始動性が良く寒冷地でもスムーズに車を始動させます低燃費であることも大きなポイントです。Honda車のベストコンディションを引き出すために、開発されたエンジンオイルであるため、Hondaの小排気量車に適しています。

容量 4L 粘度 0W-20
規格 API SN・ILSAC GF-5 ベースオイルの種類 鉱物油
20位
 

マツダ

ディーゼル エクストラ スカイアクティブD用 0W-30

ズバリ、マツダユーザーならコレ!

こちらはMAZDAのSKYACTIV-Dエンジンを搭載した、ディーゼル車用に作られたディーラー性のオイルです。低粘度で省燃費が高いのが特徴。このエンジンオイルは、ディーラーでのオイル交換が半額になるため、マツダ車ユーザーにおすすめです。

容量 20L 粘度 0W-30
規格 API DL-1 ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、始動性と保護力を両立したいならコレ!

こちらはアメリカのメーカーである、ロイヤルパープルが販売するエンジンオイル。実際の粘度は0w-20ですが、5w-20に匹敵するエンジン保護力を誇ります低温時の始動性が抜群で、寒い場所でもスムーズに車を始動させることが可能。

 

低粘度でありながら、エンジン保護力が高いという高性能なオイルです。軽自動車への使用に適しています

容量 946ml 粘度 5W-20
規格 - ベースオイルの種類 化学合成油

ズバリ、FA20エンジン搭載車ならコレ!

こちらはエンジンをより潤滑にするREPSOと、摩擦抵抗を減らすREPSOチタンを配合した、水平対向エンジン専用のエンジンオイルです。非常に高性能なオイルで、サーキット走行にも対応しています。FA20エンジンを搭載したスバルBRZや、その兄弟車であるトヨタ86などにおすすめです。

容量 5,5L 粘度 5W-40
規格 API SN ベースオイルの種類 化学合成油

エンジンオイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6662999の画像

    カストロール(Castrol)

  • 2
    アイテムID:6663025の画像

    カストロール(Castrol)

  • 3
    アイテムID:6663061の画像

    ルート産業(Routsangyou)

  • 4
    アイテムID:6663108の画像

    TOYOTA(トヨタ)

  • 5
    アイテムID:6663135の画像

    モービル(Mobil)

  • 6
    アイテムID:6665787の画像

    モービル(Mobil)

  • 7
    アイテムID:6665848の画像

    ワコーズ(Wako's)

  • 8
    アイテムID:6665890の画像

    ワコーズ(Wako's)

  • 9
    アイテムID:6665938の画像

    BP(ビーピー)

  • 10
    アイテムID:6665975の画像

    TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

  • 11
    アイテムID:6666010の画像

    株式会社NAO2&4

  • 12
    アイテムID:6666052の画像

    昭和シェル石油株式会社

  • 13
    アイテムID:6666084の画像

    76LUBRICANTS

  • 14
    アイテムID:6666221の画像

    Mobil1/モービル1

  • 15
    アイテムID:6669070の画像

    モリグリーン(Moly Green)

  • 16
    アイテムID:6669267の画像

    モチュール(Motul)

  • 17
    アイテムID:6669208の画像

    TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

  • 18
    アイテムID:6669321の画像

    JX日鉱日石エネルギー株式会社

  • 19
    アイテムID:6669956の画像

    Honda(ホンダ)

  • 20
    アイテムID:6670029の画像

    マツダ

  • 21
    アイテムID:6670093の画像

    Royal Purple

  • 22
    アイテムID:6670133の画像

    RESPO

  • 商品名
  • EDGE 5W-40
  • GTX ULTRACLEAN 0W-20
  • MORIDRIVE サイレントプラス 0W-20
  • CASTLE 5W-30
  • モービル1 FS X2 5W-40 
  • モービル1 0W-40
  • 4CR-40 5W-40
  • PRO-S40 プロステージS 10W-40
  • vervis SPORT Racing 10W-50
  • エンジンオイル 5W-30
  • GT-RS 20W-50
  • HELIX Ultra 5W-40
  • エンジンオイル 5W-30
  • モービル1 ESP 5W-30
  • セレクション 5W30
  • 300V FACTORY LINE ROAD RACING 10W40
  • エンジンオイル 0W-20
  • JX ディーゼル 15W-40
  • ウルトラ LEO 0W20
  • ディーゼル エクストラ スカイアクティブD用 0W-30
  • HPS WITH SYNERLEC 5W-20
  • エンジンオイル 86 5W40
  • 特徴
  • ズバリ、高温下でもしっかりとエンジンを保護したいならコレ!
  • ズバリ、愛車に長年乗りたいならコレ!
  • ズバリ、お手軽価格で化学合成油を使いたいならコレ!
  • ズバリ、ガソリン車とディーゼル車の2台持ちならコレ!
  • ズバリ、高温下でスポーツ車や欧米車に乗るならコレ!
  • ズバリ、寒冷地で欧州車に乗るならコレ!
  • ズバリ、スムーズな走行を求めるならコレ!
  • ズバリ、バイクと車の2台持ちならコレ!
  • ズバリ、スポーツカーやターボカーならコレ!
  • ズバリ、よくドライブや遠出する方ならコレ!
  • ズバリ、旧車やビンテージカーならコレ!
  • ズバリ、高級外車に使うならコレ!
  • ズバリ、省燃費性能を求めるならコレ!
  • ズバリ、クリーンディーゼル車のエンジンオイルならコレ!
  • ズバリ、高性能バイクのエンジンオイルならコレ!
  • ズバリ、高性能バイクのエンジンオイルならコレ!
  • ズバリ、寒冷地でエコカーやハイブリッド車に乗るならコレ!
  • ズバリ、長距離輸送大型トラック・バスのエンジンオイルならコレ!
  • ズバリ、Hondaの小排気量車ならコレ!
  • ズバリ、マツダユーザーならコレ!
  • ズバリ、始動性と保護力を両立したいならコレ!
  • ズバリ、FA20エンジン搭載車ならコレ!
  • 価格
  • 2900円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 33350円(税込)
  • 円(税込)
  • 2610円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 11470円(税込)
  • 円(税込)
  • 8860円(税込)
  • 容量
  • 4L
  • 4L
  • 20L
  • 20L
  • 4L
  • 4L
  • 1L
  • 4L
  • 1L
  • 4L
  • 4L
  • 4L
  • 4L
  • 20L
  • 3L
  • 1L
  • 4L
  • 20L
  • 4L
  • 20L
  • 946ml
  • 5,5L
  • 粘度
  • 5W-40
  • 0W-20
  • 0W-20
  • 5W-30
  • 5W-40
  • 0W-40
  • 5W-40
  • 10W-40
  • 10W-50
  • 5W-30
  • 20W-50
  • 5W-40
  • 5W-30
  • 5W-30
  • 5W-30
  • 10W-40
  • 0W-20
  • 15W-40
  • 0W-20
  • 0W-30
  • 5W-20
  • 5W-40
  • 規格
  • API SN
  • API SN・ILSAC GF-5
  • API SN
  • API SN・ILSAC GF-5
  • API SN
  • API SN
  • -
  • JASO MA
  • API SN
  • API SN・ILSAC GF-5
  • API SN
  • API SP
  • API SP・ILSAC GF-6
  • API SN
  • API SN・ILSAC GF-5
  • JASO MA
  • API SN・ILSAC GF-5
  • API CF-4
  • API SN・ILSAC GF-5
  • API DL-1
  • -
  • API SN
  • ベースオイルの種類
  • 化学合成油
  • 部分合成油
  • 化学合成油
  • 鉱物油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • -
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 鉱物油
  • 化学合成油
  • 部分合成油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 鉱物油
  • 鉱物油
  • 化学合成油
  • 化学合成油
  • 化学合成油

愛車にぴったりのエンジンオイルで、快適な走行を体感しよう!

今回はエンジンオイルの人気おすすめランキングと選び方をご紹介しました。エンジンオイルにはさまざまな種類があり、また使用する車種によっても適性が異なります。今回のランキングを参考に、ご自身の愛車にぴったりのエンジンオイルを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ロード系ミニベロの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】ロード系ミニベロの人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
クロスバイク用サドルの人気おすすめランキング10選【防水・バネ付き】

クロスバイク用サドルの人気おすすめランキング10選【防水・バネ付き】

自動車・バイク
【2021年最新版】ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
バイク用防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも】

バイク用防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも】

自動車・バイク
【2021年最新版】アドベンチャーバイクの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】アドベンチャーバイクの人気おすすめランキング10選

自動車・バイク
TOPへ