耕運機の人気おすすめランキング15選【2021年最新】

記事ID23721のサムネイル画像

ガーデニングや家庭菜園など小規模の土地でも使える耕運機が多数販売されています。耕運機は農家の大きな土地を耕すためだけのものではありません。今回は、初心者にも使いやすいパワフルな耕運機を15台厳選しました。ぜひお気に入りを見つけて作業を楽にしてください。

最適な耕運機を選んで作業を楽にしよう

耕運機は農家の方が使用するものだというイメージが強いです。しかし、最近は農家の方だけでなく家庭菜園やガーデニングにも適した小型サイズの耕運機も多数販売されています。小型のサイズのものは女性にも扱いやすく、コンパクトに収納できるため、住宅街でも使いやすいのが特徴です。

 

また以前は数十万円することが多かった耕運機ですが、小型化に伴い数万円で購入できるものも増えています。土地を耕すことは想像以上に大変な作業で、頑張りすぎると体を傷めることもあります。そのようなことを防ぐために、以前より使いやすくお求め安くなっている耕運機を導入してみませんか?

 

しかし、耕運機は普段あまりなじみのない機会のため、選び方が分からないということはありませんか?そこで今回は使いやすい耕運機をランキング形式で15台ご紹介します。ランキングは、耕運機のサイズ、大きさ、動力を基準に作成しています。

 

またランキングに加えて、おすすめの耕運機の選び方もご紹介しています。どうぞご覧ください。

 

耕運機の人気おすすめランキング15選

硬い土もパワフルに耕す

1分間に380回転もするロータリーが無駄なくどんどん土を耕します。ハンドルを握って土に押し込むだけの簡単操作で楽に作業が開始できます。扱いやすさや価格面からも、入門機としておすすめの耕運機です。

 

連続使用可能時間は30分ですが、この時間で16坪程度の土地なら耕せます。コード式で電力を補給しながら稼働するので、最後までパワーが落ちないのが魅力です。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W37×D37×H130cm
重量 12kg ロータリー位置 車軸ロータリー、4枚刃
耕幅 360mm

口コミを紹介

電気だからと侮っていましたが、結構力強く耕します。一度で耕せる深さは15cmくらいですが、同じ部分を通すとさらに深い部分も耕せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

周囲に気兼ねがない静音設計

家庭菜園に向いている小型サイズの耕運機です。小型と言えども、パワーは十分にあり、土をふかふかにしてくれます。このため、一層ガーデニングや家庭菜園がはかどるでしょう。重さもあまりないので、女性にでも楽に操作できます。

 

コード式で電力供給するため、使用場所は制限されます。しかし、電力で動くため排気ガスが出ず、音もあまりうるさくありません。このため住宅近くであっても、あまり気兼ねなく使える耕運機です。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W27×D32.5×H127
重量 7.3kg ロータリー位置 車軸ロータリー、4枚刃
耕幅 300mm

口コミを紹介

20畳程の家庭菜園を耕すには鍬より圧倒的に早く楽です。この値段なら私は良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリー駆動で使用場所を選ばない

充電式の耕運機のため、自宅から離れ電力のない畑やハウスでも手軽に使用できる耕運機です。使い方は電動スイッチを入れ、クラッチレバーを握るだけのシンプル操作です。またハンドルを折りたたむことで、より小型となるので車での移動も簡単です。

 

静音設計となっているため、住宅街でも気軽に使用することができます。1回の充電で40分の連続使用が可能です。また別売りのアタッチメントを付けることで除草作業などもできます。小さいながらも、頼もしい耕運機です。

動力 充電式(充電時間は8時間) 大きさ W50×D117.5×H89cm
重量 22kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ニューフレンチ刃かナタ爪刃を選べる
耕幅 400mm

口コミを紹介

耕運機は、初めての使用ですが実は電動式でパワーが無いのでは?と思ってましたが、いざ使用パワーもあバリバリ働くと言うイメージで申し分ない使用感でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

モーター改良でスムーズな耕運作業

新開発のモーターを搭載したことにより、従来製品よりパワフルに耕運作業ができるようになりました。トリガーの操作だけで、簡単に動く・止まるが切り替えできます。電力で動くため排気ガスの心配がなく、静音設計にもなっているため、ハウスや住宅街でも使用できます。

 

電源コードで動くため、使用場所は限られますが、その分最後までパワーが落ちることはありません。採用されているナタ爪刃は、ねじりや曲げ加工のためかなりの強度を誇ります。こちらの耕運機で楽にふかふかの土を手に入れましょう。

 

動力 電力(コンセント式) 大きさ W48×D105×H96.5
重量 18.5kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 360mm

エンジンに定評のあるホンダのミニ耕運機

ホンダが長年かけて研究・開発したエンジンを搭載しているパワフルな耕運機です。硬くなった土もしっかりとほぐし、野菜や花の成長をサポートします。別売りのアタッチメントもあり、そちらを装着すれば畝立てや中耕・培土も可能になる頼もしい耕運機です。

 

ミニ耕運機の中では比較的高額ですが、性能面やアタッチメントの利便性を思えば納得の価格です。操作がしやすいので入門機にもできますが、そろそろ本格的に家庭菜園や中規模の畑にトライしてみたい人にもおすすめです。

動力 ガソリン 大きさ W58.5×D97.5×H111.5
重量 27kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 545/310mm

口コミを紹介

素晴らしい技術力です。静かで軽く、小回りがききます。使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

家庭菜園に最適なコンパクトさ

プロユースにも耐えられるパワフルさと、初心者でも使いやすいハイレベルな操作性を兼ね備えた耕運機です。土の掘り返しに強いナタ爪刃を採用しているので、作業も楽に終わります。

 

またタイヤが自走式なので結構な重量がありますが、重さの割に移動が楽であることも魅力です。本体は折り畳みができるため、収納や森運びに便利です。普通車や軽自動車の後部座席に置くこともできます。家庭菜園や小さめの畑には十分な性能の耕運機です。

動力 混合ガソリン 大きさ W44×D83×H95cm
重量 16kg ロータリー位置 フロントロータリー、ナタ爪刃
耕幅 300mm

口コミを紹介

小さくて軽いのに、刃も交換可能でパワーもあり、基本的な部分がしっかり出来ています。小さくて車輪が付いてるので車での移動も楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1台2役の耕運機

コンパクト設計で軽量のため、女性にも扱いやすい耕運機です。広い範囲を耕すことはできませんが、花壇や小規模の家庭菜園を耕すには最適です。スリムなデザインのため収納にも困らず、出すのも億劫になりません。

 

ギザギザとした刃が、土を耕しながら雑草も除去してくれます。1回の手間で、土の耕しと草取りができる便利な耕運機です。

動力 充電式 大きさ W23×D34×H137
重量 3.64kg ロータリー位置 -
耕幅 -

口コミを紹介

一般的なポータブル耕運機と比べて効率的なのか比べてないので分からないが、ぶっ刺した所はほじほじしてくれます。そのおかげで根深い雑草も掘り起こしてくれます。

出典:https://item.rakuten.co.jp

二重安全ロックで子供のいる家庭でも安心

コンパクトな設計で、軽量なため女性でも扱いやすい耕運機です。価格的にも入門機としても良いのではないでしょうか。本体は小さいですが、ハンドル部分が99.5cmと背が高い人にも持ちやすい工夫が凝らされています。

 

長時間の使用でも腰などを傷めにくいでしょう。また小さな子供の安全策として二重安全ロックが付いています。もちろん耕運機を子供の目が届かない場所に収納するのが一番ですが、万が一に備えこの機能は安心です。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W31×D22.5×H125cm
重量 8kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 300mm

口コミを紹介

この商品を使ったらパワーも深度も十分で作業効率が大幅に改善されました。もっと早く使用していればよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型のエンジン式の耕運機

小型の耕運機は電力で動くタイプが多いですが、HAIGEの耕運機はコンパクトながらもエンジン式で、かなりパワフルです。電力の耕運機では物足りなかった方も、こちらなら満足されるのではないでしょうか。

 

女性や年配の方でも簡単に使えます。またフロントロータリーを採用しているため、刃が足付近に来る心配もなく、機能面・安全面ともに信頼できる耕運機です。広めの家庭菜園や花壇にもおすすめです。

動力 混合ガソリン 大きさ W48×D74×H96cm
重量 16kg ロータリー位置 フロントロータリー、4枚刃
耕幅 250mm

口コミを紹介

パワーが有り耕す能力には満足です。簡単にホカホカの土が出いました。値段が安いのでここまでは、期待していなかったのですが、いい買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

家庭用だけど本格派の耕運機

電力で動くため、排気ガスを気にすることもなく住宅街などでも使えます。家庭用ではありますが、1分間につき300回転するため、効率よく土を耕せます。電気代は約30分で13円とリーズナブルです。

 

ロータリーが前方についており、重さも適度にある耕運機なので畑の隅から隅までしっかりと深く耕せます。価格もあまり高くなく、どなたにでも扱いやすく、非常に使い勝手の良い耕運機です。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W93×D39×H110cm
重量 12.5kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 300mm

口コミを紹介

家庭菜園では十分なパワーだと思います。深く耕したい場合には面倒でも鍬又はスコップで耕した土を掘り起こし更に耕すと根深にできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

リョービオリジナルのKスタートがポイント

Kスタートのエンジン式でパワフルな耕運機です。この耕運機があれば、家庭菜園や畑づくりがもっと楽しくなるでしょう。Kスタートはリョービ独自開発のスタート方式で、抜群にエンジンがかかりやすく、停止しやすくなっています。

 

作業位置から楽にエンジンのスタートとストップができます。このような高性能ながらサイズは小さく車のトランクに入ります。離れた場所に畑や大きめの家庭菜園をお持ちの方にも使いやすい耕運機です。

 

 

動力 混合ガソリン 大きさ W48×D104×H96.5cm
重量 19kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 360mm

口コミを紹介

小回りの効く機種が欲しくなって購入しました。深さに対応出来るので合格です。

出典:https://www.amazon.co.jp

カセットボンベで動く耕運機

耕運機の中では珍しく、カセットボンベで動きます。カセットボンベ1本(250g)で約1時間とじ十分な時間、稼働します。操作も簡単で持ち手にあるスロットレバーを押したり話したりするだけで、大丈夫です。

 

単体での販売もありますが、イエロー培土器のセットがあれば、畝立てと培土作業もできます。色々な作業を1台で済ませたい方にはおすすめの耕運機です。

動力 カセットボンベ 大きさ W48.5×D105.5×H99cm
重量 23kg ロータリー位置 車軸ロータリー、-
耕幅 -

口コミを紹介

簡単操作で面白い。軽乗用車にも余裕で積める。50坪の畑には十分ですね

出典:https://www.amazon.co.jp

趣味の菜園の耕運機としておすすめ

小型で軽量、耕運幅も小さめとすべてがコンパクトな耕運機です。このため家庭菜園用や花壇用の耕運機として、非常に使いやすいです。電力で動くため、音が静かで住宅街でもほとんど気になりません。

 

気になる電気代は30分10円と耕運機の中ではトップクラスのランニングコストの低さです。あまり維持費を考えずに、気になったときに土を耕せるのは、この耕運機の大きな利点といえるでしょう。解体すると3編が50cm以内のサイズに収まり、収納にも困りません。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W31×D25×H129cm
重量 7.3kg ロータリー位置 車軸ロータリー、4枚刃
耕幅 280mm

口コミを紹介

都市型家庭菜園には最適。配線の取り回しだけやむを得ないがそれを価格と性能がカバーしていると思います。土壌の仕上がりはフカフカになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

充電式で使用場所を選ばない

充電式の中でもかなりのパワフルさが好評のマキタの耕運機です。バッテリー1本で約15分稼働します。このため、ある程度まとまった作業時間を確保したいのであればバッテリーは2本程度あったほうが良いでしょう。

 

またこちらは、耕運だけでなく中耕除草作業も行えます。組み立てた状態でもコンパクトですが、ハンドルを折りたたむこともでき、さらに小さく収納できます。電力のため燃料のメンテナンスも必要なく、本機の水洗いも可能なため、手入れも簡単です。チャイルドロックもついているなど価格相応の性能の良さがあります。

動力 充電式 大きさ W48.8×D92.5×H111.9cm
重量 23.2kg ロータリー位置 車軸ロータリー、ナタ爪刃
耕幅 225/350mm

口コミを紹介

初めて耕うん機を使いましたが、思った以上に頑丈で土もしっかり掘り返してくれました。力の無い私でも振り回されずに使えたので高評価とさせていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型耕運機の中ではトップクラスのパワー

1050Wモーターを採用しており、この大きさの耕運機の中ではトップクラスのハイパワーを誇ります。耕運機の仕事量に不足を感じることはほぼありません。コンセント式の電力タイプのため、燃料確保や充電の手間がありません。

 

気になる電気代ですが、30分で約14円とパワーの割に全くコストはかかりません。コストを気にせずしっかりと、思い立ったらすぐに畑や花壇を耕せる点が魅力です。ハンドルのグリップ部分も握りやすく作業中の安定感も抜群です。

動力 電力(コンセント式) 大きさ W38.5×D39.5×H132cm
重量 10.8kg ロータリー位置 車軸ロータリー、4枚刃
耕幅 300mm

口コミを紹介

エンジンの物は高価で狭い家庭菜園ではとてもコスパが見合いません。音も静かだし、思ったより耕せるし、コツはいりますがすぐ慣れます。コツは、引いた時に耕す!です。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

耕運機の選び方

ご紹介してきた耕運機以外にも、多数耕運機は販売されています。そのなかから目的に合った耕運機を選ぶには、ロータリーの位置、動力源、サイズや重さを考慮するのがポイントです。こちらでそれぞれのポイントの見方についてご紹介します。

ロータリーの位置で選ぶ

以前は耕運機には耕うん方式は、スクリュー式やクランク式がありましたが、いまはほとんどがロータリー式になっています。ロータリー式とは耕運機について刃を回転させて土を耕すものです。このロータリーがどこについているかで、耕運機の特徴が異なってきますので、夫々の特徴を見ていきましょう。

リア・ロータリー式を選ぶ

リア・ロータリー式とは、耕運機の後部にロータリーが付いているものです。耕運機ができ始めた頃から使われているタイプです。ロータリーとは別の車輪が前方に付き、それがロータリーを引っ張っていく形となるため、真っすぐに長い距離を進む土地に適しています。

 

つまり、リア・ロータリー式はどちらかといえば広い土地向きの耕運方式です。またリア・ロータリー式はロータリーがしっかりと土に押し付けられるため、深くしっかりと土地を耕すことができます。

 

ただし、ロータリーが操縦者の足元に近い後方にあるため、操作には十分な注意とある程度の熟練が必要となります。

フロント・ロータリー式を選ぶ

フロント・ロータリー式とは、本体の前側にロータリーが付いているタイプです。前側にロータリーがあるため、足を巻き込む事故の心配がありません

 

リア式に比べると、モーターなどが内蔵されている本体部分とロータリーの位置が離れています。このため本体の重さがロータリーにかかりにくく、土への食い込みはリア式より浅いです。

 

その分、ロータリーを持ち上げる力をあまり必要とせず、方向転換は楽にできます。またロータリーが前側にあるため、畑の隅から隅までしっかりと耕しやすいです。

車軸ロータリー式を選ぶ

車輪とロータリーが一体化したタイプです。リア式などでは車輪とロータリーが別々に場所をとっていたのですが、それが1つになっているためコンパクト設計のものがほとんどです。

 

このため、家庭菜園や花壇の手入れに向いている家庭用の耕運機は車軸ロータリー式であることが多いです。しかし、家庭用といっても、オプションで畝立てなどができるものもあり、かなり本格的な作業もできます。

動力源で選ぶ

耕運機の動力源には、電力で動くタイプとガソリンで動くタイプに大別されます。イレギュラーとして、ガスボンベで動くものものあります。

 

どの動力タイプがご自身にとって使いやすいかを選ぶ必要があります。こちらでそれぞれの動力タイプの特徴を見ていきましょう。

安定して電力を供給できるコンセント式

コンセントにさして使うタイプの耕運機があります。コードに慣れる必要がありますが、バッテリー切れの心配がなく、充電量が少なくなって途中でパワーダウンということもありません。

 

ガソリン式に比べたら、ややパワーでは劣ります。しかし排気ガスが出ず、音も静かなため 住宅街でも使いやすい点が魅力です。またガソリンタンクを搭載しない分、軽量・コンパクト設計が多いです。

 

女性や力の弱い方にも使いやすいタイプがコンセント式には数多く揃っています。

煩わしさがない充電式とは

充電式の耕運機も電力を利用するため、ガソリンタイプに比べたら燃料準備の手間がかかりません。またコンセント式と違い、コードの煩わしさから解放されます。

 

充電式は充電残量が少なくなるとどうしてもパワーが落ちます。このため、予備のバッテリーを持っておくのがおすすめです。しかし、そうはいっても1回の充電で30~40分程度持つバッテリーがほとんどです。

 

よほど大きい土地でない限り、十分に耕すことが可能です。

最もパワフルなガソリン

電力に比べてパワフルなのがガソリンで動くタイプの耕運機です。耕運機で使うガソリンは軽油や通常のガソリン、ガソリンとオイルを混ぜた混合ガソリンを使用するものに分かれます。よく説明書を読み、指定のガソリンを入れるようにしなければなりません。

 

耕運機をしばらく使わない場合、ガソリンを機械に入れたままだと故障の原因となります。ガソリンの使用期限もありますので必ず抜くようにしましょう。また音も電力に比べたら大きいので、住宅街などで使う場合は注意しましょう。

 

メンテナンスやガソリンの入手にはやや手間がかかりますが、パワフルなため大きい土地を耕すならガソリンがおすすめです。効率よく畑を耕せます。

サイズや重さで選ぶ

耕運機にはコンパクトなサイズから大きめのものまでサイズ展開が豊富です。またそれに応じて大きさもさまざまです。自分が持ちやすいものを選びましょう。

 

また車で耕運機を運んで作業されるなら、車にのせやすいサイズかどうかも見ておくと良いでしょう。

サイズで選ぶ

多くの耕運機は本体部分にハンドルが付き、ハンドルを持って操作します。このハンドルの高さと自分の体があっていると、楽に操作できます。

 

あまりにもハンドルの位置が低すぎると腰をかがめての作業になり体に負担がかかります。身長にもよりますが最低でもハンドルの位置が90cm以上あるものが扱いやすいです。

重さで選ぶ

耕運機の重さは10kg前後のものや15kg以上のものなどさまざまです。10kg前後のものは軽量で持ちやすいですが、土への押し付けが弱く表面の土を巻き散らかすというデメリットがあります。

 

このため軽量の耕運機を使う場合は後退から耕しはじめて次に前進するといった工夫が必要です。15kg以上あるタイプは重く、女性や力の弱い方にはあまり向いていません。

 

しかし、土への押し付けが強く1度でしっかりと深く土地を耕せます。それぞれの長所、短所を知り適正な重さの耕運機を選ぶようにしましょう。

車で持ち運ぶならトランクサイズも確認する

遠くの家庭菜園場へ行ったり、自宅から離れた場所に畑があったりする場合は、車で耕運機を運ぶこともあるかと思います。その際に耕運機を購入する場合は、車のトランクサイズもよく確認しましょう。

 

家庭用の耕運機は、小さく折り畳めたりハンドル部分を取り外したりするタイプも多くあります。コンパクトにした状態の耕運機のサイズとトランクのサイズがあっていると、移動か簡単になります。小さくなる耕運機なら、収納場所にもあまり困ることはありません。

耕運機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5084782の画像

    髙儀

  • 2
    アイテムID:5084781の画像

    マキタ

  • 3
    アイテムID:5084775の画像

    髙儀

  • 4
    アイテムID:5084731の画像

    HONDA

  • 5
    アイテムID:5084727の画像

    リョービ

  • 6
    アイテムID:5084724の画像

    アルミス

  • 7
    アイテムID:5084720の画像

    HAIGE

  • 8
    アイテムID:5084718の画像

    アルミス

  • 9
    アイテムID:5084716の画像

    浅香工業(株)

  • 10
    アイテムID:5084711の画像

    ナカトミ

  • 11
    アイテムID:5084708の画像

    ホンダ

  • 12
    アイテムID:5084702の画像

    リョービ

  • 13
    アイテムID:5084694の画像

    オカネツ工業株式会社

  • 14
    アイテムID:5084690の画像

    ナカトミ

  • 15
    アイテムID:5084687の画像

    アルミス(Alumis)

  • 商品名
  • 電動 GCV-1050A
  • MUK360DWBX
  • 800W GCV-110
  • FV200 ニューイエロー培土器セット
  • RCVK-4300
  • AKT-1050WR
  • HG-TKW520A
  • AKT-500WR
  • ブラック&デッカー LGC−120N
  • ドリームパワーERC-43D
  • こまめ F220 JT
  • ACV-1500
  • Curvo ET40N
  • ドリームパワー ESR-50E
  • 耕す造 ATP-700WR
  • 特徴
  • 小型耕運機の中ではトップクラスのパワー
  • 充電式で使用場所を選ばない
  • 趣味の菜園の耕運機としておすすめ
  • カセットボンベで動く耕運機
  • リョービオリジナルのKスタートがポイント
  • 家庭用だけど本格派の耕運機
  • 小型のエンジン式の耕運機
  • 二重安全ロックで子供のいる家庭でも安心
  • 1台2役の耕運機
  • 家庭菜園に最適なコンパクトさ
  • エンジンに定評のあるホンダのミニ耕運機
  • モーター改良でスムーズな耕運作業
  • バッテリー駆動で使用場所を選ばない
  • 周囲に気兼ねがない静音設計
  • 硬い土もパワフルに耕す
  • 価格
  • 19800円(税込)
  • 100468円(税込)
  • 15082円(税込)
  • 116974円(税込)
  • 54480円(税込)
  • 18500円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 32290円(税込)
  • 89000円(税込)
  • 36145円(税込)
  • 85800円(税込)
  • 14017円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 動力
  • 電力(コンセント式)
  • 充電式
  • 電力(コンセント式)
  • カセットボンベ
  • 混合ガソリン
  • 電力(コンセント式)
  • 混合ガソリン
  • 電力(コンセント式)
  • 充電式
  • 混合ガソリン
  • ガソリン
  • 電力(コンセント式)
  • 充電式(充電時間は8時間)
  • 電力(コンセント式)
  • 電力(コンセント式)
  • 大きさ
  • W38.5×D39.5×H132cm
  • W48.8×D92.5×H111.9cm
  • W31×D25×H129cm
  • W48.5×D105.5×H99cm
  • W48×D104×H96.5cm
  • W93×D39×H110cm
  • W48×D74×H96cm
  • W31×D22.5×H125cm
  • W23×D34×H137
  • W44×D83×H95cm
  • W58.5×D97.5×H111.5
  • W48×D105×H96.5
  • W50×D117.5×H89cm
  • W27×D32.5×H127
  • W37×D37×H130cm
  • 重量
  • 10.8kg
  • 23.2kg
  • 7.3kg
  • 23kg
  • 19kg
  • 12.5kg
  • 16kg
  • 8kg
  • 3.64kg
  • 16kg
  • 27kg
  • 18.5kg
  • 22kg
  • 7.3kg
  • 12kg
  • ロータリー位置
  • 車軸ロータリー、4枚刃
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • 車軸ロータリー、4枚刃
  • 車軸ロータリー、-
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • フロントロータリー、4枚刃
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • -
  • フロントロータリー、ナタ爪刃
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • 車軸ロータリー、ナタ爪刃
  • 車軸ロータリー、ニューフレンチ刃かナタ爪刃を選べる
  • 車軸ロータリー、4枚刃
  • 車軸ロータリー、4枚刃
  • 耕幅
  • 300mm
  • 225/350mm
  • 280mm
  • -
  • 360mm
  • 300mm
  • 250mm
  • 300mm
  • -
  • 300mm
  • 545/310mm
  • 360mm
  • 400mm
  • 300mm
  • 360mm

まとめ

耕運機のサイズ、重さ、動力源タイプなどにはかなりの選択肢があります。ぜひご自身の目的に応じた耕運機を見つけて、家庭菜園や花壇作りを楽しみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事