【2022年最新版】自転車用タイヤチューブの人気おすすめランキング10選【オートバイクにも】

通勤や通学また休日のサイクリングなど、日常生活に欠かせない移動手段の1つが自転車です。自転車は多くのパーツで組み立てられますが、そのなかでも快適に走行するために重要なパーツが自転車用タイヤチューブです。そこで今回はタイヤチューブの選び方や商品ランキングを紹介します。

自転車用タイヤチューブとは

自転車を快適に走行するための重要なパーツに、自転車用タイヤチューブがあります。日常生活での通勤や通学で日々自転車を走行していると、たまにアクシデントでタイヤがパンクしたり、走行中のスピードが以前より遅くなると感じるときがありますよね。

 

実はタイヤチューブを見直すことで、自転車用のタイヤがパンクする頻度が減少したり、自転車の走行スピードが速くなったりサイクリング機能が改善されます。ただ自転車用タイヤチューブには種類も多いですので初心者にはどの商品を選べば良いのか迷います。

 

そこで今回は、タイヤチューブ自転車用の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはチューブ素材・バルブ形式・サイズの3つのポイントを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自転車用タイヤチューブの選び方

自転車用タイヤチューブの選び方には、タイヤチューブの素材・バルブ形式・サイズなどポイントがあります。ここからはポイントを詳しく解説していきます。

サイズを調べるには「径と幅」を確認する

自転車用タイヤチューブを選ぶには、現在使用しているタイヤのサイズを確認する必要があります。理由はサイズが合わないと、タイヤのなかにチューブが入らないときがあるためです。

 

もしタイヤのサイズが不明なときには、タイヤの側面に記載されている表記を確認すると大丈夫です。基本は直径×幅で表記されていますので、ロードバイクなら700×25C、自転車なら26×1 3/5みたいに表記されています。

 

ただ注意点としては、タイヤメーカーごとに表記が違うケースがあることです。そのため初心者の方や表記確認に不安がある場合は、メーカーに直接確認をして正確なタイヤサイズを教えてもらうことをおすすめします。

バルブの「長さと太さ」を確認する

自転車用タイヤチューブを選ぶには、バルブの長さと太さを確認します。バルブの長さはバルブ形式により違いがあり、英式や米式は1種類ですが、仏式はメーカーにより違いはありますが、40mm・60mm・80mmの3種類があります。

 

太さは、現在使用している自転車のタイヤ幅に合う太さが最適です。たとえばタイヤチューブの商品に700×28-32Cと記載されていれば、28~32Cまでの太さに対応しています。ロードバイクは最近だと28Cが標準仕様になっています。

 

仏式のタイヤチューブを選ぶなら、タイヤホイールのリム高を確認して+15mmを目安にチューブを選ぶと間違いは少ないです。

タイヤチューブの素材で選ぶ

自転車用タイヤチューブの素材は大きく分けると、ブチルチューブ・ラテックス・R'AIRの3種類が存在します。ここからは、それぞれ素材の特徴を解説していきます。

パンクのリスクを軽減したい方は「ブチルチューブ」がおすすめ

ブチルチューブの特徴は、様々な種類の自転車のタイヤに適応していることです。通常のママチャリからスポーツタイプなど幅広く使用できます。また価格も安く重量も最近では軽量化の商品も増加しています。

 

タイヤチューブに厚みがあり耐久性も高いので、空気の抜けも少なくパンクしにくいです。そのため日常通勤や通学などで、毎日自転車で走行する方におすすめのチューブ素材になります。

自転車の乗り心地を重視する方には「ラテックス」がおすすめ

タイヤチューブ素材のラテックスの特徴は、弾力性が高く軽量なことです。素材は薄いゴムで作られているため、自転車走行でもスピードが出しやすいのでスポーツタイプの自転車に最適です。

 

デメリットは、価格面でほかの素材より高いことと、ママチャリには対応してないことです。ほかにも空気が抜けやすいので、長距離を走行する方には使用することが難しいです。乗り心地や軽さを求めている方におすすめです。

長距離サイクリングする方には「R'AIR」がおすすめ

タイヤチューブ素材のR'AIRの特徴は、耐久性が高く軽量で自転車用タイヤチューブとしてバランスが良いことです。パナソニックが独自開発したチューブ素材で、快適な乗り心地とパンクしにくいように作られています。

 

デメリットは、価格帯がブチルチューブと比較すると高いことです。R'AIRのチューブ素材で作られたタイヤチューブは、自転車走行をしてパンクしたくない方や長距離サイクリングをする方におすすめです。

バルブ形式の違いで選ぶ

自転車用タイヤチューブにはバルブの規格が3種類あります。仏式・英式・米式の3つのタイプがありますので自身の自転車に最適なバルブを選びましょう。

スポーツタイプの自転車に乗る方には「仏式」タイプがおすすめ

バルブ規格の仏式タイプの特徴は、高圧に対応していることです。細いタイヤは、空気圧を高める必要がありますので仏式を使用していることが多いです。

 

そのためロードバイクを始めとして、スポーツタイプの自転車におすすめです。

シティサイクルに乗る方には「英式」タイプがおすすめ

バルブ規格の英式タイプの特徴は、様々な自転車に対応していることです。日常生活の通勤や通学で使用するママチャリやシティサイクルで採用されています。また英式タイプの空気口には、先端を保護するために黒いキャップを使用しています。

マウンテンバイクに乗る方には「米式」タイプがおすすめ

バルブ規格の米式タイプの特徴は、非常に耐久力が高いことです。また空気口が太く強度もありますので、太いタイヤに採用されています。そのためマウンテンバイクのタイヤチューブに最適です。

メーカーで選ぶ

自転車用タイヤチューブは多くのメーカーから、多種多様な商品が販売されています。ここではお客様に人気のメーカーの特徴を紹介していきます。

豊富な種類から選びたい方には「パナレーサー(Panaracer)」がおすすめ

パナレーサーは、パナソニックグループのナショナルタイヤ株式会社が販売している自動車用品メーカーです。後に独立してパナレーサー株式会社になりました。パナレーサーの特徴は、タイヤチューブの種類が豊富なことです。

 

日本国内に生産拠点がありますので、多くの種類を販売することができます。自転車用タイヤチューブを多くの商品から選びたい方におすすめです。

高性能の自転車用タイヤチューブが好きな方には「コンチネンタル(Continental)」がおすすめ

コンチネンタルは、世界中で自動車部品を製造販売しているドイツが本社のタイヤメーカーです。自動車レースに参加する多くの選手も、コンチネンタルで販売しているタイヤを愛用しています。

 

自転車用タイヤチューブでは、ロードバイク用のチューブを多く販売しています。タイヤチューブも品質が高性能になりますのでロードバイクのレースに参加したり、自転車走行の走りにこだわりたい方におすすめです。

手頃な価格の自転車用タイヤチューブが好きな方には「ミシュラン(Michelin)」がおすすめ

ミシュランは世界中で人気がある車のタイヤメーカーです。本社はフランスにあり、自転車用のタイヤやチューブも様々な種類を販売しています。

 

ミシュランが販売している自転車用タイヤチューブの特徴は、価格帯が安価なことと耐パンクが高性能なことです。そのため高性能で安価な自転車用タイヤチューブを、探している方におすすめです。

仏式の自転車用タイヤチューブ人気おすすめランキング5選

5位

MICHELIN(ミシュラン)

エアストップ チューブ

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

耐久性が強くパンク率が少ない

フランスのタイヤメーカーミシュランが、製造販売している自転車用タイヤチューブです。特徴は耐久性が強いため、日常生活で通勤や通学に多く使用していてもパンクする確立は少ないですので安心して走行することができます。

 

この自転車用タイヤチューブは4個セットで販売していますので、1個当たりの料金は安くなっていてコストパフォーマンスにも優れています。できるだけパンクしたくない方におすすめのタイヤチューブです。

バルブ長 52mm サイズ 700×18-25C
材質 プチルゴム

口コミを紹介

一個あたりが安いのに、長持ちしています。
個体差があるのかもしれませんが、リピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コンチネンタル (Continental)

チューブ Race28 Wide

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コストパフォーマンスが抜群

ドイツのタイヤメーカーコンチネンタルが製造販売している、自転車用タイヤチューブです。この商品は2本セットで価格も安価で、コストパフォーマンスに優れています。また特徴として耐久性も高いのでパンクする確率も少ないです。

 

タイヤチューブとして、曲線デザインもきれいな仕様でつなぎめがないシームレス構造で作られています。また品質も重視されていますので、乗り心地が非常に良いライティングが可能ですので安定してサイクリングを楽しみたい方におすすめです。

バルブ長 42mm サイズ 700×25-32C
材質

口コミを紹介

今まで使用してきたチューブと比較してエア抜けが少なく、少し長い距離でも安心して出掛けられます。
価格も高くはないのでスペアもこちらにしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

シュワルベ(SCHWALBE)

【正規品】チューブ 3SV

超軽量タイヤチューブ

1922年に設立されたドイツのラルフポール社のブランドが、シュワルベです。自転車用タイヤチューブの素材にプチルゴムを使用しているため、非常に耐久性に優れている商品です。日常生活で通勤や通学に使用しても、空気漏れが少なくタイヤの空気圧を一定に保ちます。

 

種類も様々で、伸びが良くワイドレンジのタイヤチューブなので、幅広いタイヤにも対応可能になります。タイヤチューブの空気圧を常にキープできますので、自転車の乗り心地も抜群ですのでおすすめです。

バルブ長 40mm サイズ 16×1.75/2.50
材質 プチルゴム

口コミを紹介

一輪車で高空気圧用に装着しました。初期トラブルもなく満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シュワルベ(SCHWALBE)

【正規品】ミディアムロングバルブ 17SV-ML

ロードバイクにおすすめ

スポーツ用自転車の走行に特化した、自転車用タイヤチューブです。シュワルベのタイヤチューブは、最新技術で作られていて、重量も超軽量を実現しパフォーマンスにも優れています。非常に耐久性も強いので、空気漏れも少なくパンクしにくいタイヤチューブです。

 

またパルプコアは取外し可能になりますので、シーラントやパンク防止剤を簡単にタイヤチューブにいれることができます。この自転車用タイヤチューブは、スポーツタイプの自転車で走行していて空気圧を常にキープしたい方におすすめです。

バルブ長 50mm サイズ 700×28/45C
材質 プチルゴム

口コミを紹介

うまくいくか心配だったのですが、取り付けてみるとバッチリうまくいきました。すぐに自転車に乗って試運転をしたところ、乗り心地も良かったです。1000円位で交換できてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナレーサー(Panaracer)

日本製 スーパーチューブ

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ゴムが厚いのが特徴

パナレーサーが製造販売している、自転車用タイヤチューブです。特徴は、タイヤチューブを厚く加工していてパンクする確率を減少させています。また様々なバルブにも対応でき、種類も豊富にありますので自転車に最適な商品を選ぶことができます。

 

素材もプチルゴムなので、耐久性も高く重量も軽量です。そのため空気圧の調整も簡単に行うことふぁできますので、高圧使用にも最適です。日常生活の通勤や通学で走行していて、パンクしたくない方におすすめです。

バルブ長 34mm サイズ 700×28~32C
材質 ブチルゴム

口コミを紹介

ロングバルブではないため、FORMULAホイールにギリギリ装備可能。
私が持っているGIYOのコンパクト空気入れでしっかりと入れることができます。
普通のサイクルチューブと比べ、ゴムが厚い為なのか空気が抜けにくいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

仏式の自転車用タイヤチューブおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 バルブ長 サイズ 材質
1
アイテムID:6783500の画像
日本製 スーパーチューブ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ゴムが厚いのが特徴

34mm 700×28~32C ブチルゴム
2
アイテムID:6781712の画像
【正規品】ミディアムロングバルブ 17SV-ML

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ロードバイクにおすすめ

50mm 700×28/45C プチルゴム
3
アイテムID:6781724の画像
【正規品】チューブ 3SV

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超軽量タイヤチューブ

40mm 16×1.75/2.50 プチルゴム
4
アイテムID:6782873の画像
チューブ Race28 Wide

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コストパフォーマンスが抜群

42mm 700×25-32C
5
アイテムID:6782131の画像
エアストップ チューブ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

耐久性が強くパンク率が少ない

52mm 700×18-25C プチルゴム

英式の自転車用タイヤチューブ人気おすすめランキング3選

3位

パナレーサー(Panaracer)

日本製 チューブ

安価なタイヤチューブ

国内メーカーのパナレーサーが製造販売している、英式タイプの自転車用タイヤチューブです。特徴は耐久性がありパンクしにくいですが、値段が安価なところです。そのため日常生活で走行する、ママチャリやシティサイクルに多く使用されています。

 

デメリットは高圧タイプの本格的なスポーツタイプ自転車では、空気圧の調整が難しいため対応が難しく適していないことです。

バルブ長 サイズ H/E26×1.50
材質 ブチルゴム

口コミを紹介

品質は安定してるし値段も安い。シュレーダー バルブは仏式より空気の保持性もいいのでその点でもコイツは街乗りにピッタリだ

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

問題ない耐久性

共和ミリオンが販売している、英式バルブの自転車用タイヤチューブです。特徴は耐久性があるためパンクする確率が少ないので安心して自転車で走行できることです。また幅広い車種にも対応しています。

 

自転車用タイヤチューブとしても他の商品と比較すると値段も安価なので、保存用としても買うことができます。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

バルブ長 サイズ 20×1.50/1.75
材質

口コミを紹介

手に取って分かる。付いていた物より厚みがありしっかりしている。
乗り心地は前のよりブヨン ブヨン感が少なく、しっかりしていて乗りやすくなりました。
安いし物も良くて買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SHINKO(シンコー)

自転車 タイヤ 27インチ チューブ セット ペア

5種類のカラーバリエーション

シンコーが販売している品質が優れている、英式タイプの自転車用タイヤチューブです。従来の商品よりも耐摩耗性や耐パンク製が向上していますので、毎日の通勤や通学に自転車で走行しても安心することができます。

 

またカラーバリエーションも5種類から選べるのも、タイヤチューブとしての魅力になります。

バルブ長 サイズ 27×1 3/8
材質

口コミを紹介

前後セットだったので、後ろも溝がないほどで要交換なのですが、内装三段で分解が面倒なので、保留。
商品には何も問題なく満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

英式の自転車用タイヤチューブおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 バルブ長 サイズ 材質
1
アイテムID:7437387の画像
自転車 タイヤ 27インチ チューブ セット ペア

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

5種類のカラーバリエーション

27×1 3/8
2
アイテムID:6783241の画像
チューブ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

問題ない耐久性

20×1.50/1.75
3
アイテムID:6781493の画像
日本製 チューブ

Amazon

詳細を見る

安価なタイヤチューブ

H/E26×1.50 ブチルゴム

米式の自転車用タイヤチューブ人気おすすめランキング2選

2位

コンチネンタル

2本セット チューブ MTB 26 

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

MTBに最適なタイヤチューブ

ドイツのタイヤメーカーが販売している、米式タイプの自転車用タイヤチューブです。価格帯もお手頃で、タイヤチューブも肉厚なのが特徴です。耐久性もありますのでパンクになる確率は少なく安心して走行することができます。

 

またバルブを固定するナットが付属しています。コンパクトで携帯性にも優れています。休日にお出かけしてマウンテンバイクを楽しむ方におすすめです。

バルブ長 40mm サイズ 26×1.75-2.5
材質 ブチルゴム

口コミを紹介

正直メーカー名も知らなかったのですが、伝統的のメーカーのようで結構ゴム厚もあり、今まで使っていたチェンシンタイヤのチューブ(スポーツ量販店でショップがセレクト)よりも信頼できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナレーサー(Panaracer)

日本製 チューブ

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

米式バルブの日本製タイヤチューブ

国内メーカーのパナレーサーが販売している、米式タイプの自転車用タイヤチューブです。値段が安価ですので、コストを重視する方におすすめです。また耐久性にも優れていますので、英式タイプと比較しても空気が漏れることは少ないです。

 

米式タイプのバルブは、モーターバイクに使用されているバルブと同じ構造です。また専用のポンプ口金が必要です。

バルブ長 サイズ 26×1.625-2.10
材質

口コミを紹介

中古MTB購入直後に前輪がパンクしたため、中古チューブを破棄してチューブ交換を決意。
思ったよりも簡単にできて、その後試走もして問題ないことを確認できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

米式の自転車用タイヤチューブおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 バルブ長 サイズ 材質
1
アイテムID:7437429の画像
日本製 チューブ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

米式バルブの日本製タイヤチューブ

26×1.625-2.10
2
アイテムID:7437417の画像
2本セット チューブ MTB 26 

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

MTBに最適なタイヤチューブ

40mm 26×1.75-2.5 ブチルゴム

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天 「タイヤチューブ」ランキング
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

自転車用タイヤチューブの交換方法を解説!

自転車用タイヤチューブの交換をするには、通常自転車の販売店で修理をしてもらうので修理代金が必要です。自分で交換できれば無料ですので交換方法をマスターするとお得です。

チューブの取外し方法

最初にタイヤチューブの取外し方法を解説していきます。

 

始めにすることは、タイヤの空気を抜くことです。パンクの時は必要ないですが全て抜けたか確認します。次に、てこの原理を使うためにタイヤレバーでタイヤをチューブから外していきます。

 

最後にタイヤの片面を全て外して、チューブを取り出した後に空気口を外します。

チューブの取付け方法

ここからは、タイヤチューブの取付け方法を解説していきます。

 

最初にチューブをタイヤに入れやすくするために、交換用チューブに少し空気を入れます。次にタイヤ全体に、タイヤチューブをねじれないように入れます。

 

その後、タイヤを車輪にはめ込みしたら、チューブとタイヤが噛みこんでいないかを確認する。最後に空気口の噛みこみを確認して、空気をいれたら終了です。

定期的なメンテナンスに空気入れは必要です

自転車を日々快適に乗るためには、定期的なメンテナンスが必要です。例えばタイヤチューブの空気が抜けてきていると、パンクするケースも増加してきます。そのため走行中空気が抜けていると気づいたときは、空気入れでチューブに空気を入れることが大事です。

 

タイヤチューブにも種類があるように、実は空気入れにも種類があります。バルブ規格に合わせて仏式・英式・米式の3つのタイプがあります。ほかにも空気の入れ方や空気入れのデザイン、電動式の空気入れなどどの空気入れを選べば良いのか迷います。

 

以下の記事では、自転車空気入れの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで自転車用タイヤチューブおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自転車用タイヤチューブといっても仏式や英式など様々なものがあります。自転車を楽しむためにタイヤチューブにこだわりサイクリングを楽しんでください!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】トレーニングチューブの人気おすすめランキング8選【初心者向けから紹介!】

【2022年最新版】トレーニングチューブの人気おすすめランキング8選【初心者向けから紹介!】

フィットネス・ダイエット
【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

カー用品
仏式空気入れのおすすめ人気ランキング15選【ロードバイクやクロスバイクにも】

仏式空気入れのおすすめ人気ランキング15選【ロードバイクやクロスバイクにも】

自転車
チューブトップの人気おすすめランキング13選【人気のカップ付きも!】

チューブトップの人気おすすめランキング13選【人気のカップ付きも!】

ファッション
サイクリング用バッグの人気おすすめランキング15選【自転車サドルもご紹介!】

サイクリング用バッグの人気おすすめランキング15選【自転車サドルもご紹介!】

趣味
【美味しい】わさびの人気おすすめランキング15選【市販品やチューブ型も紹介!】

【美味しい】わさびの人気おすすめランキング15選【市販品やチューブ型も紹介!】

調味料