葬儀や法事に使う鯨幕のおすすめ7選【由来や使い方も】

記事ID22184のサムネイル画像
鯨幕は、お通夜や告別式で式場の中や建物の周りに張る黒と白の縦じまの布をことを言います。弔事で使われる印象の強い鯨幕ですが、慶事や弔事以外でも使えます。今回は、鯨幕の由来や歴史、おすすめ商品をはじめ、使い方やお手入れの方法までご紹介します。

鯨幕とは?

鯨幕とは、お通夜や告別式で目にする黒と白の縦じまの布のことを言います。一般的に葬儀などで使われる鯨幕ですが、鯨の体が黒と白の2色であることが由来です。古来より、日本では白装束など弔事に白を用いていましたが、江戸時代ころから「弔事=黒」の西欧の文化が普及され黒と白が使われるようになったと言われています。

 

また、鯨幕の種類には透けにくい綿やお手入れのしやすいポリエステル、テトロンなどの素材があります。そして、幕巾サイズも1間(約180cm)から5間(約540cm)などさまざまなものがあるので、屋内や屋外など使用場所によって最適なものを選べます。

 

しかし、鯨幕だけでもさまざまな素材やサイズがあり、どれが使う場所にぴったりなのか迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は鯨幕の選び方やおすすめ、使い方、素材別のお手入れ方法などをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

鯨幕の選び方

鯨幕を選ぶ際、素材やサイズから探せます。それぞれの特徴を知って、自宅などにぴったりな鯨幕を見つけてみてください。

素材で選ぶ

鯨幕の素材には透けにくい「綿」や水をはじき汚れがつきにくい「ポリエステル・テトロン」などの化学繊維があります。室内や屋外、使い方などを考えながら、最適な素材の鯨幕を探してみてください。

色が濃く透けない「綿」

綿製の鯨幕はポリエステルやテトロンと比べると、丈夫で分厚いのが特徴です。化学繊維よりも重厚感があるため、改まった会場で使うのにおすすめです。また、綿製の鯨幕は透けにくいので、会場の仕切りや囲いに使うのに向いています。

 

しかし、化学繊維と比べるとしわがよりやすく素材が固いので、大きいサイズの片付けや保管には人手が必要なのがデメリットです。また、綿製の鯨幕は折りたたんでも化学繊維よりもかさばるのも難点です。

手入れのしやすい「ポリエスエル」

ポリエステル製の鯨幕は綿製と比べると薄手でしわになりにくく、表面に光沢があるのが特徴です。軽量で水をはじきやすいので、お手入れや保管もしやすいのがメリットです。しかし、綿製よりも薄手な分、色が薄く透けやすいのがデメリット。そのため、仕切りや囲いに使おうとすると透けるので、役割を果たさないこともあります。

 

また、テトロン製の鯨幕もありますが、ポリエステルの一種で、東レとテイジンが開発した製品です。このテトロン製の鯨幕はポリエステルと同様、軽量で丈夫な上、しわがとれやすく、水や汚れに強いのが特徴です。

屋外使用に最適な「テトロン」

鯨幕には、テトロン製のアイテムもあります。ポリエステルの一種のテトロンは、東レとテイジンが開発した製品です。このテトロン製の鯨幕はポリエステルと同様、軽量で丈夫な上、しわがとれやすく、水や汚れに強いのが特徴です。

 

水や汚れに強いテトロン製の鯨幕は、屋外の塀や目隠し、仕切り用に最適です。また、屋外用の大きなサイズでも、軽量なテトロンは後片付けも少人数でできます。

サイズで選ぶ

鯨幕を探す際、会場の大きさや使う場所に合ったサイズから選べます。

約畳2畳分サイズの「1間」

鯨幕の大きさは、1間、3間など「間」と言う単位で販売されています。1間は約180cmの幕巾で、180cm~10m以上のものまでさまざまです。鯨幕のサイズは1間からが多く、畳の縦幅に対応します。

 

1間サイズの鯨幕は、一般的な家屋の屋内で使用するのに十分なサイズです。

6畳サイズの和室全面を囲うには10m以上必要

縦横が3.6m×2.7mの部屋の長さは、6畳の広さに匹敵します。和室には江戸間と京間がありますが、おおむね同じです。そのため、一般的な家屋の6畳の和室を全面囲いたい際は、10m以上の長さが必要です。

 

また、6畳の和室全面で使用しない場合は、全面の長さ12.6mから縦横それぞれの長さを引いた長さの鯨幕を選ぶと良いでしょう。長いサイズの鯨幕を選ぶ際は、和室1周の長さや使いたい壁の長さを計測して最適な商品を探してみてください。

 

そして、鯨幕が急に必要になり計測ができない時は、葬儀社などに相談をして最適なサイズを確認しましょう。

屋外の壁などに使用するなら長めのサイズ

先ほども説明したとおり、一部屋をぐるっと囲ったり、屋外の塀に張り巡らしたりするのには長めのサイズが必要です。幕幅の長いサイズを選ぶ際は、具体的な長さを計測して決めましょう。

 

また、屋外で鯨幕を使う場合は、素材の説明でも触れた水をはじきやすいポリエステルやテトロン製がおすすめです。鯨幕を用意するのに時間がある方は、使う場所や部屋や壁の長さを測定しておくと最適なサイズをすぐに探せるでしょう。

類似したものから選ぶ

鯨幕以外にも、慶事や催事でも使える紅白幕や地鎮祭で使われる浅黄(青白)幕、仏教寺院などを装飾する五色幕などがあります。そこで、これらについて少しご説明します。

紅白幕

紅白幕は慶事をはじめ、催事やセール会場、展示会などで目にされたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。鯨幕の黒色の部分が赤色の紅白幕は、縦じまの紅白が特徴です。

 

また、結婚式や入学式、卒業式、成人式、竣工式などの慶事にも、紅白幕は使われます。そして、鯨幕では黒白の紐を使いますが、紅白幕では紅白紐を用います。

浅黄(青白)幕

家を建てる際に、多くの方が行う地鎮祭で使われるが「浅黄幕(あさぎまく)」または「青白幕(あおじろまく)」です。鯨幕の黒白の縦じまに対して、青と白の縦じまが特徴です。

 

浅黄幕は神様がいらっしゃる神聖な場所を示す意味があり、勝手に立ち入ってはいけません。また、浅黄幕は、紅白幕よりも歴史が古いです。

 

地鎮祭では浅黄幕で土地全体を覆う場合や、祭壇の周りだけ浅黄幕を使い、工事関係者や施工主などの参列者の部分は紅白幕を使って神聖な場所を区切りをつける場合もあります。

五色幕

五色幕は、仏教寺院やそれにまつわる建物を装飾するために使われます。仏教五色(緑黄赤白紫=五智如来の色とも言われる)の色が一般的で、ご本山仕様の三色幕や新仏旗(六色仏旗)の5色を配した幕が作られることもあります。

 

また、本堂の出入り口にあたる部分に間口に合うサイズの五色幕をカーテンのように垂らして使ったり、好みや慣例によって使ったりされます。そして、社寺以外でも、寺院ゆかりの保育園や幼稚園、各種学校の入学式や卒業式などの催事でも使われていると言われています。

鯨幕のおすすめランキング10選

10位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [三間×6尺]綿製

丈夫で色が濃い3間サイズ

3間(約540cm)の定型黒白幕(鯨幕)は丈夫で色が濃く、化学繊維よりも透けにくい綿製です。屋外の塀に張り巡らしたり、スペースを区切ったりするのに使えます。

素材 綿 サイズ 3間(約540cm)
×
9位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [五間×6尺]綿製

大きめの5間サイズ

受注生産の鯨幕は5間の大きめサイズで、硬くしわが寄りにくい綿生地を使っています。染幕なので色落ちがしやすいため、お手入れは洗濯機ではなく専門のクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

素材 綿 サイズ 5間(約900cm)
×

本染めの鯨幕

本染めで本縫い合わせをした鯨幕はポリエステル製で、水をはじきやすい上に汚れが付きにくいのが特徴です。綿と比べて軽い素材の鯨幕は、お手入れや保管などの際にも人手がかからずおすすめです。

素材 ポリエスエル サイズ 5間(丈180cm×長さ9m)
7位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [二間×6尺]テトロン製

少しのしわはスチームアイロンで取れる

化学繊維のテトロン製鯨幕は薄手でしわが伸びやすく軽量ですが、綿製と比べるとやや色が浅く透けやすいのが特徴です。しわが気になる際は、スチームアイロンで当て布をしながらかけるのがおすすめ。

素材 テトロン サイズ 2間(約360cm)
×
6位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [一間角]綿製

一般的な家屋の屋内に最適

綿製の1間サイズの鯨幕は、化学繊維よりも厚く透けにくい上に色の濃い綿製です。お手入れや保管については色落ちやカビの原因になる湿気をしっかり乾かしてから、暗所で直射日光の当たらない場所に置きましょう。

素材 綿 サイズ 1間(約180cm)
×
5位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [二間×6尺]綿製

化学繊維よりも濃い色合いが特徴

綿製の鯨幕は化学繊維と比べると生地が厚くて丈夫なので、仕切りなどに最適です。2間サイズの鯨幕は一般的な家屋の一部屋をぐるっと囲えるサイズなので、1枚あると急な弔事でも対応できます。

素材 綿 サイズ 2間(約360cm)
×
4位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [四間×6尺]綿製

厚手の4間サイズ

4間サイズ(約720cm)と少し大きめの鯨幕は化学繊維と比べて厚くて丈夫な綿製なので、仕切りや囲いに最適な素材です。綿は汚れがつくと簡単に落ちにくい場合もありますので、そんな時は専門のクリーニング業者に相談しましょう。

素材 綿 サイズ 4間(約720cm)
×

便利な黒白の紐付き

軽くて汚れがつきにくいポリエステル製の鯨幕は紐付きなので、チチに通してピンと張ったり、ピンなどで壁に張ったりもできます。綿よりもしわになりにくく、さらっとした生地の鯨幕は、汚れもさっと拭き取れておすすめです。

素材 ポリエステル サイズ 3間(丈180cm×長さ5.4m)
2位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [一間角]テトロン製

一般家屋の屋内使用に最適

テトロン製の鯨幕は薄手でしわになりにくく、軽量なのが特徴です。綿と比べるとやや浅い色合いですが、水に強く汚れもつきにくいのでおすすめ。また、お手入れも綿製の鯨幕と同様、汚れを落とした後はしっかり乾かして、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管しましょう。

素材 テトロン サイズ 1間(180cm)
×
1位

京都の仏具屋さん 香華堂

【受注生産】定型黒白幕/鯨幕 [三間×6尺]テトロン製

お手入れしやすいテトロン製

テトロン製の鯨幕は軽量な上、しわになりにくく薄手なのでお手入れがしやすいのが特徴です。綿製の鯨幕より色合いが浅いのですが、ちょっとした汚れも落としやすく保管の際も人手がかからなくておすすめ。

素材 テトロン サイズ 4間(約720cm)
×

口コミ

比較するものもないのでわかりませんが、透けるようなこともなく、特に問題はなかったです。綿より軽く、しわになりにくいのがよかったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

鯨幕のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 サイズ
アイテムID:6563290の画像

楽天

ヤフー

お手入れしやすいテトロン製

テトロン

4間(約720cm)

×

アイテムID:6563307の画像

楽天

ヤフー

一般家屋の屋内使用に最適

テトロン

1間(180cm)

×

アイテムID:6563422の画像

Amazon

楽天

ヤフー

便利な黒白の紐付き

ポリエステル

3間(丈180cm×長さ5.4m)

アイテムID:6563319の画像

楽天

ヤフー

厚手の4間サイズ

綿

4間(約720cm)

×

アイテムID:6563327の画像

楽天

ヤフー

化学繊維よりも濃い色合いが特徴

綿

2間(約360cm)

×

アイテムID:6563344の画像

楽天

ヤフー

一般的な家屋の屋内に最適

綿

1間(約180cm)

×

アイテムID:6563358の画像

楽天

ヤフー

少しのしわはスチームアイロンで取れる

テトロン

2間(約360cm)

×

アイテムID:6563393の画像

Amazon

楽天

ヤフー

本染めの鯨幕

ポリエスエル

5間(丈180cm×長さ9m)

アイテムID:6563441の画像

楽天

ヤフー

大きめの5間サイズ

綿

5間(約900cm)

×

アイテムID:6563445の画像

楽天

ヤフー

丈夫で色が濃い3間サイズ

綿

3間(約540cm)

×

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

鯨幕の使い方

最後に、鯨膜の使い方と素材ごとのお手入れ方法をご紹介しておきます。鯨幕は頻繁に使うものではないので、きれいにお手入れしておいて、いざという時にすぐに使えるようにしておきましょう。

鯨幕の張り方

鯨幕を張る際、はじめに表裏の確認をします。一見、鯨幕の表はどちらなのかわかりずらいですが、色の濃い方が表になります。室内で鯨幕を張る場合は、表側を室内に向くように張りましょう。また、屋外に張る場合は、表側が外を向くように張ります。

 

製品の種類によっても違いはありますが、鯨幕の上部にひもを通して吊り下げるのが一般的です。そして、チチと呼ばれるロープを通す部分ひとつ、ひとつにろーぷを通していきます。この際、ロープをチチに通し忘れるとその部分だけたるんでしまうので、注意してください。

 

次に、全部のチチにロープを通したら、鯨幕を広げてロープの両端を固定します。この時、ロープの端をピンと張ると、鯨幕がたるまずきれいに張れます。それから、屋外で鯨幕を張る際は、地面から約10cm離して張ると、砂や泥などの汚れから守れておすすめです。

鯨幕のお手入れ方法

鯨幕を使い終わったら、次に使うためにきれいにお手入れをして保管しましょう。鯨幕は大きい布なので、専門業者やクリーニングに出すのが一般的です。しかし、自宅でも簡単にできるメンテナンス方法もありますのでご紹介します。

綿

綿の鯨幕は染の部分もあるため、水洗いするといろ落ちすることもあります。ですから、多少の汚れは、固く絞った布巾などで拭き取ると良いでしょう。また、自宅で落とせない汚れは、専門業者やクリーニングに出すのがおすすめです。

 

そして、綿はしわのできやすい素材ですので、気になるしわはアイロンで伸ばしてください。アイロンの際は、色落ちや布の傷みを防ぐため、当て布をしましょう。

 

それから、湿気を含んだまま鯨幕を片付けると、カビや色落ちの原因になるので、しっかり乾かしてから保管します。保管場所については、色落ちやカビを防ぐために、暗所で風通しの良いところがおすすめです。

ポリエステル・テトロン

化学繊維のポリエステルやテトロンは水をはじき、綿と比べると汚れがつきにくいのが特徴です。ポリエステルやテトロン製の鯨幕は、乾いた布や固く絞った布巾などでさっと拭くだけできれいになるものが多いです。汚れが拭き取れなかった場合は、専門業者やクリーニングに出しましょう。

 

また、ポリエステルやテトロンは水洗いすると色落ちすることもあるため、ドライクリーニングがおすすめです。そして、化学繊維製の鯨幕はしわができにくく、しわがよってもすぐに取れます。

 

ポリエステルやテトロンの鯨幕は少しのしわならば、吊るしておけば取れますが、取れない時は当てぬのをしてアイロンをかけましょう。保管する際は、綿製の鯨幕と同様、暗所で風通しの良いところに置いてください。

 

不明な点は専門家に相談

古来、日本では弔事に白を用いていましたが、鯨の皮や身の色の黒白や西洋の弔事に用いられる黒から鯨幕と呼ばれるようになったことがわかりました。また、弔事で使われる印象が強い鯨幕ですが、意外にも格式高い神社の行事や皇室での慶事でも使われています。宗教や地域の習慣によっても違いはありますが、鯨幕が必要な際は、今回ご紹介した情報を佐南港に、また菩提寺や地域の方、親族、葬儀社などにも相談しながら用途に合ったアイテムを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

その他
数珠のおすすめランキング10選【数珠を選ぶ際には宗派がポイント】

数珠のおすすめランキング10選【数珠を選ぶ際には宗派がポイント】

その他
喪服おすすめランキング10選【喪服を選びには素材やデザインがポイント!】

喪服おすすめランキング10選【喪服を選びには素材やデザインがポイント!】

その他
北海道の葬儀社ランキング10選

北海道の葬儀社ランキング10選

その他
鹿児島の葬儀社ランキング10選

鹿児島の葬儀社ランキング10選

その他
葬儀用風呂敷の人気おすすめランキング8選【骨壷の包み方も!】

葬儀用風呂敷の人気おすすめランキング8選【骨壷の包み方も!】

その他