自宅で楽しく涼しめる!かき氷機のおすすめ人気ランキング7選

記事ID2216のサムネイル画像

暑い夏、冷たいものが食べたくなりますよね。そんな時、自宅でかき氷が作れたら最高です!お子さんがいる家庭では家族で楽しく作ることができますし、本格的なフワフワかき氷も作れるので大人だけでも楽しめます。それでは、皆さんにおすすめ人気かき氷機をご紹介致します!

かき氷を美味しく作るコツ

夏はかき氷が食べたくなりますね。お店や屋台で出されるようにふわふわとした、口溶けのよいかき氷を作るにはどうしたらよいでしょうか?美味しいかき氷の顕著なところは、まるで氷がかつお節をスライスしたかのように薄くて長く帯状に削られているという点です。削った氷が積み重なっていくことで美味しさが惹き立ちます。

氷と氷のあいだに隙間ができて、その氷と空気の層がふんわりとさせてくれます。そのような薄く長い帯状に氷を削るためには、削る氷へ滑らかに刃が入りやすくなる工夫が要ります。ポイントは、冷凍庫から出した氷を0℃に近い状態にしておきます。かちかちに冷えたものではなく、やや時間を置いて溶けるかどうかの頃合いを見計らいます。

他にも使用する水にも配慮するといいでしょう。通常の水道水はカルキといった不純物が多く入っています。もしカかき氷用に冷凍にするのであれば、一度沸騰させてから冷やすようにしましょう。あるいは最初からミネラルウォーターを凍らせて使うという手もあります。

かき氷だけじゃない!

かき氷機はその名称のイメージから、かき氷を作るための機械という印象で終わってしまいます。しかしアイデア次第で、他の氷菓子や飲み物へとアレンジすることが可能です。例えばかき氷に限らず、バーなどを意識してカクテル用の氷を作ってみたり、お好みの果物を凍らせてスムージなども削って作ることができます。

ただし、ジュースなどの糖分多い飲み物を凍らせて使う際は、少しベタつくことがあるので衛生面での配慮をしておきましょう。雑菌の繁殖の原因になりかねませんので、取り扱いにご注意ください。

かき氷機の選び方ポイント3つ

それでは、かき氷機を選ぶ際にどのようなポイントを押さえていけば良いのか?かき氷の選び方についてを3つご紹介します。夏場のひと時をかき氷で楽しみたい方にとっては、必見ですので是非参考にしてみてください!

ポイント①:電動か手動かで選ぶ

まずかき氷には2通りあり、電動か手動かという見方をしておくとよいでしょう。かき氷機の電動式と手動式にはそれぞれ特徴が異なり、双方にメリットもデメリットもあります。

電動式かき氷機

電動式は短時間でほぼ自動でかき氷を作ってくれます。しかし、メンテナンス面での取り組みがやや大変です。コンセントを利用するようなタイプが多いので、使える場所が限られてしまいます。そのことからあえて電池タイプを選ぶ方も多いとされています。

とはいうもののボタン一つで稼働できる機種が多く、手間を掛けて自分で氷を削る作業をしなくて済むというメリットがあります。また、氷の食感にもこだわって、刃の角度調節が可能なタイプも多いのが特徴です。

手動式かき氷機

かき氷機と聞いて連想するのは何と言っても手動式のほうかもしれません。手動式を選ぶ際は、使用中のトラブルに気をつけなくてはなりません。刃と氷が噛みあわず動かなくなることがあります。万が一力任せでハンドルを回した際、ハンドルや刃が欠けたり破損することも想定されます。

しかし、機械と氷があればどこでもかき氷が作れるのが最大のメリットです。レジャーシーズンに屋外での使用も可能なので、夏場は人気の商品となります。しかも価格が安いため手に入れやすいというメリットもあります。

ポイント②:サイズで選ぶ

かき氷機のサイズ感から選ぶという方法もあります。かき氷機は種類が豊富なので、自分の作りたいかき氷の分量や環境も考慮するようにしましょう。大所帯の家族ならば一度でたくさんのかき氷が作れる大型のほうが良いです。また、普段の収納スペースに見合ったサイズを選ぶことも考慮しておきたいものです。

大きなサイズのかき氷機ならたくさん作れますが収納スペースが必要です。コンパクトなサイズのものは分量が少ないけど収納に困らないといった利点があります。利用時の人数や使用頻度がどの程度になるのかが選び方のポイントになります。他にもアウトドアなどで屋外に持っていくことを考えているのなら、持ち運びに負担が少ない大きさや重量を選びましょう。

ポイント③:刃で選ぶ

かき氷機の心臓部とも言えるのが刃の部分です。この性能をチェックするのも選び方の一つです。当然刃の切れ味がどれくらい利くのかを見て、角度調整ができるものがいいでしょう。

ふわふわな食感のかき氷を作るためにも重要な個所です。また刃の材質が何でできているのかもチェックしておきましょう。ステンレス製の刃なら耐久性が高いのでおすすめです。他にも替え刃のできるかき氷機ならば、破損や老朽化した場合に交換だけで済むのでコスパも良いとされています。

ポイント④:使う氷で選ぶ

かき氷をさらに楽しむのなら氷の種類を考えることも必要です。そこでかき氷機がどのようなタイプの氷に適して対応しているのかで選ぶとよいでしょう。氷は大まかにバラ氷とブロック氷の二つに分かれます。双方は同じ氷でも食感が異なるという特徴があります。

バラ氷は一般家庭でも作れて、粗めでシャリシャリな食感です。一方、ブロック氷の場合、かき氷機に付属する専用カップにて製氷します。薄く削れてふわふわした食感になるので人気があります。かき氷機によってバラ氷か、ブロック氷か、どちらの氷に対応するのかをあらかじめ見極めておきましょう。

かき氷機のおすすめ人気ランキングベスト3

では、今最も人気のあるかき氷機のベスト3をご紹介します。夏場にあると便利なかき氷機ですが、他にもいろいろな使い方ができるので、ぜひここで売れ筋をチェックしておいてください。

3位:かき氷機 YukiYuki2

かき氷機 YukiYuki2

価格:3,570円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

台湾かき氷をやってみたい方におすすめ

話題となった本格的な台湾かき氷が作れるかき氷機です。口どけが良くなめらかなかき氷に仕上がり、台湾スイーツを自宅で作れることで人気です。綿雪のような氷は調整ダイヤルにて粗さを切り替えることで実現します。

 

外装はメッキパーツを使用しているので高級感があります。ボディもしっかりしているので氷が削りやすい設計です。他にも、レシピが付属しているので、台湾フルーツ風かき氷、ゼリー氷、プリン氷といったバラエティに富んだメニューが作れます。

重量1.2Kgサイズ27x21.6x21.2cm

2位:ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器

価格:3,974円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロながら電動式なかき氷機

見た目はどことなくレトロで、懐かしい雰囲気を醸し出していますが、実は電動式のかき氷機です。歯の高さも調整が可能なので、ふわふわな氷でもシャリシャリな氷でも、お好みな調整ができます。

 

専用製氷カップが2つ付属しているので、事前に水を張って冷凍庫に入れて凍らせて使うことができます。 サイズはわりと小ぶりなので、一人、もしくは2~3人くらいの規模で使うことをおすすめします。

サイズ幅230×奥行190×高さ380mm重量1.3kg

1位:ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な台湾式かき氷が作れる

台湾風かき氷を作れる専用設計になっている電動式かき氷機です。お手入れする際は部品が外して洗えるので簡単です。氷の削り具合や粗さなどが無段階調整機能で自由に選択できるのが魅力です。

 

また料理研究家が編集した専用レシピが付属しているので、その内容どおりに氷を入れセットしたら、ボタンを押して、あとは待つだけです。がりがりした氷しか作れなかった人でも、慣れてくるとまるでお店で出されるような、本格的なかき氷を手軽に作ることができます。

サイズ幅145×奥行200×高さ355mm重量1.2kg

その他のおすすめかき氷機4選

以下では、人気ベスト3の中ではご紹介しきれなかったおすすめなかき氷機をご紹介します。かき氷機もかなりの種類があるので、どのようなシチュエーションや条件でかき氷を楽しみたいのかを考慮して選んでください。

キューブアイススライサー 業務用かき氷機

キューブアイススライサー 業務用かき氷機

価格:36,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型サイズ業務用かき氷機

業務用の大型なかき氷機です。約50個のブロックアイスを一度に入れることができて、8cm四方くらいの小カップなら5杯分は十分かき氷が作れます。個人で所有するのもいいのですが、できれば大勢の人がいる場所に設置すれば活躍できるサイズ感とボリュームです。 仕上がる氷の質も、シャリシャリなタイプからふわふわなタイプまで、調節しながら作ることが可能なのでおすすめです。

重量15.9Kgサイズ40x32x45cm

ドウシシャ 大人の氷かき器コードレス

ドウシシャ 大人の氷かき器コードレス

価格:3,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽なコードレス式なかき氷機

小型式でハンディな魅力をもつかき氷機です。片手で操作ができるというメリットがあるバラ氷専用な機種です。しかも単三電池を4本使用するというコードレスなタイプなので、いつでもどこでもかき氷が作れます。 強力なバネで抑える構造なので、女性や子供でも簡単にかき氷が作れます。レシピも付属しているので、いろいろなかき氷が楽しめます。

重量798gサイズ35x12.3x12.1cm

ドウシシャ 電動氷かき器ピンクDIN-1852P

ドウシシャ 電動氷かき器ピンクDIN-1852P

価格:3,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽さが魅力なかき氷機

使わない時はコンパクト収納が可能なので、邪魔にならない小型タイプのかき氷機です。バラ氷専用で好きな時に自分のかき氷を作って楽しめる手軽さが人気のようです。ダブルセーフティ構造で安全設定、専用のカップも付いています。いつでも手軽にかき氷を日常で楽しみたいという方、独身の方にはぴったりなサイズ感でおすすめです。

重量798gサイズ24.1x17.6x17.3cm

パール金属 アンパンマンでっかい氷かき

パール金属 アンパンマンでっかい氷かき

価格:2,682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンパンマンが作ってくれるかき氷が食べられる

子供たちにはすっかりお馴染なアンパンマンの手動式かき氷機です。アンパンマンがサラサラのかき氷が作ってくれるので、子どもたちにとっても楽しく作ることができますね。頭を本体にセットすることによって刃が出る安全設計になっていますので、いたずら好きなお子様が使用しても安心です。 プレゼント用にも喜ばれる商品としておすすめします。

重量957gサイズ26x22x22cm

かき氷機の売れ筋ランキングをチェック

参考までにかき氷機の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お店や屋台など、かき氷は特定な場所でしか食べないのが当たり前になっていますが、手軽に作れる夏の定番のおやつです。最近では氷の状態を好みな感覚に合わせることができます。他にもアレンジ次第でバリエーションも豊富なのが魅力です。ここでご紹介したかき氷機の各種を参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ