毎日のご飯で健康な体づくり!発芽玄米のおすすめ人気ランキング7選

    記事ID2207のサムネイル画像

    玄米は栄養価が高く健康的と注目を集めていますが、そんな玄米を発芽させた「発芽玄米」も健康にとても良いんです!玄米よりも簡単に炊く事ができるお手軽な健康食品です。毎日のご飯で健康的な体を作りたい!そんな皆さんのためにおすすめ人気発芽玄米をご紹介致します!

    発芽玄米とは

        

    玄米とは、白米に比べて栄養価が高いということをご存じの方も多いですよね。白米には含まれないビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいるためです。発芽玄米は、玄米よりさらに栄養豊富なんですよ。では、発芽玄米のメリットを紹介します。

    栄養価が高い

    玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米ですが、発芽させる際に眠っていた酵素が活性化して、出芽のために必要な栄養素を玄米の内部に増やしていきます。そのため、玄米より栄養価が高くなるのです。

    味が良い

    発芽により、酵素が活発化されることで糖質が分解され甘みがアップし、たんぱく質が分解されることで旨み成分のアミノ酸が増えることで、玄米より甘みや旨みが高くなります。白米と同様に炊ける発芽によって、糖がやわらかくなっているので、玄米のように炊飯に気を使わなくても硬くならずに炊くことができるのです。

     

    白米と同じように炊いても、白米と変わらず食べやすい上、栄養価が高く、味もよく、炊飯も簡単なので、どのような方にもおすすめできます。ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、育ち盛りのお子さまでも安心して食べることができますよ。実は、発芽玄米って自宅でも作ることができるんです。

     

    作るといっても、玄米を発芽させるだけですよ。方法は、玄米を水かぬるま湯に浸水させるだけで発芽玄米ができます。約1日半から2日ほどかかりますが、玄米の値段で発芽玄米が食べられるのでコストが抑えられますよ。また、炊飯器を使って短時間で発芽させる方法もあります。炊飯器にそういう機能がついていたら使ってみましょう。

    発芽玄米の効果

      

    発芽玄米は栄養価が高いのですが、どのような栄養素や効果があるのかを紹介していきます。ポリフェノールの一種「フェルラ酸」認知症予防に効果があると言われています。死滅してしまう脳細胞を修復してくれるため、記憶力向上にも効果的です。

    オリザノール白米は精米の時に取り除かれてしまうため、白米には含まれない成分です。コレステロールの吸収を抑える効果の他に、不安や寝つきの悪さなど精神面に作用する効果があります。更年期障害を自覚している方は積極的に摂ってみてもいいですね。

    ギャバ玄米が発芽することで、ギャバの含有量が増えます。これは、白米の10倍で、玄米の3倍ともいわれています。オリザノールと同様に、リラックス効果がありストレス対策に効果があります。また、ギャバに含まれるイノシトールは血液をサラサラにしてくれますので、中性脂肪で悩んでいる方にもおすすめですよ。

    ビタミンE強力な抗酸化作用があるので、体を酸化させる活性酸素を体外に排出してくれるため、アンチエイジングケアに効果がありますよ。食物繊維白米の何倍もの食物繊維を含んでいます。食物繊維は、腸内環境を整えてくれる効果があるため、便通を良くしてくれます。主食を発芽玄米に変えることで、便秘とは無縁になるかもしれませんね。

    発芽玄米の美味しい炊き方

        

    発芽玄米は、玄米と違って柔らかいため、炊飯器で簡単に炊くことができますが、炊き方次第で本当に美味しく炊けるんです。水加減や様々な炊き方を紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

    水加減

    炊飯器で炊く場合だと、水加減は白米を炊く時と同じ量でいいのですが、もちもちの食感を出したい場合は少し多めの水を入れるようにしましょう。市販の発芽玄米の場合は、パッケージに水の量の表示があることが多いので参考にしてみましょう。

     

    圧力鍋を使って炊く場合の水加減は、発芽玄米の1.2倍から1.5倍程度にしましょう。普通の柔らかさが好みの場合は1.2倍、柔らかいのが好みの場合は1.5倍がちょうどいいですよ。土鍋で炊く場合も圧力鍋と同様に1.2倍から1.5倍の水加減がいいでしょう。米1合に対して水は200mlと覚えておくといいですね。

    炊き方

    発芽玄米は、無洗米の場合が多いですので、しっかりと研ぐ必要はありません。水で優しく汚れを落とす程度にしておきましょう。白米と混ぜて炊く方が多いと思います。その場合は、白米と発芽玄米を別々に研いで後から合わせる方がいいでしょう。

     

    漬け置き時間は、白米と同様にそのまま炊いてもいいですよ。炊飯も普通モードで炊くことができます。圧力鍋で炊く場合、火をつけたら沸騰するまでは強めの中火にし、圧力がかかったら弱火で20分から30分炊きましょう。良い具合になったら一度強火にして火を止めることでもちもち食感を出すことができますよ。

     

    蒸気を抜き、15分蒸らして完成です。土鍋では、中火で沸騰するまで炊きます。蒸気が出てきたら弱火にして30分炊きます。良い具合になると鍋底からパチパチと聞こえてきますので、火からおろして15分蒸らします。おこげが好きな方は音がしてからもしばらく加熱してもいいですよ。

    発芽玄米の選び方ポイント2つ

    発芽玄米も様々な種類が販売されており、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、選ぶ際に重要視したい2点のポイントをご紹介していきます。

    ポイント①:栽培・製造方法で選ぶ

       

    玄米や発芽玄米は精米されていないため、残留農薬や化学肥料が気になりませんか。無農薬栽培や減農薬栽培のものだと安心して食べられるので、継続できますよね。有機肥料で栽培されたものや自然に存在している微生物を利用した栽培をしている玄米を選ぶのがいいでしょう。

    さらに、残留農薬検査をしているかどうかも調べてから選ぶようにすると、さらに安心して食べることができます。次に確認が必要なポイントは乾燥工程です。発芽玄米は玄米を発芽させて作りますが、乾燥工程で人工的にバーナーやヒーターなどで乾燥させてしまうと、お米が死んでしまいます。

    そのため、自然乾燥されている玄米を選びましょう。自然乾燥している玄米は生きている玄米ですので、玄米の良い成分を残しています。生きている玄米は、浸水した際に発芽するので自宅で発芽玄米を作ることができます。

    ポイント②:銘柄で選ぶ

    発芽玄米も、普通のお米と同じように、銘柄や産地によって味や風味が変わります。発芽玄米を初めて食べる方や食べたことがあるけど口に合わなかった方などは普段から食べている好みの銘柄からできている発芽玄米から試してみるのがおすすめです。

    発芽玄米のおすすめ人気ランキングベスト3

    ここでは、数ある発芽玄米の中から、口コミとともに人気がある発芽玄米ランキングのベスト3を紹介していきます。どれを買えばいいのか迷っている方は、こちらの中から選ぶのもいいですね。

    3位:国内産 有機活性発芽玄米

    国内産 有機活性発芽玄米

    価格:2,639円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    JAS認定で安心して食べられる発芽玄米

    化学肥料などを使用せず、無農薬で栽培された有機玄米を発芽させた発芽玄米です。炊くときは、炊飯器で白米と同じように手軽に炊けますが、圧力鍋を使用すると一層おいしくお召し上がりいただけます。

     

    発芽玄米を食べることでお通じが良くなりますので、単品でもいいですし、白米と混ぜるなどして毎日の食事に取り入れてみましょう。

    原材料有機玄米(秋田山形産)
    内容量2kg認定日本有機栽培認定食品(有機JAS)

    2位:こだわり 発芽玄米鉄分

    こだわり 発芽玄米鉄分

    価格:975円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    鉄分を添付した栄養機能食品

    発芽玄米に鉄分を加えることで、より機能性をあげた「栄養機能食品(鉄分)」の発芽玄米です吸水性が良いため、通常の発芽玄米のように水に浸さなくても炊飯できます。

     

    さらに、無洗米ですので忙しい方でも研がずに炊けますよ。 白米と混ぜることで、プチプチとした食感を楽しむことができ白米だけの時より栄養価も旨みもアップしますのでおすすめです。

    原材料玄米(国産)、米糠発酵エキス、コラーゲン、ビタミンB1内容量1Kg
    カロリー100gあたり352Kcal産地秋田県
    メーカー大潟村あきたこまち生産者協会

    1位:大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分

    大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分

    価格:1,080円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    大潟村あきたこまち100%の発芽玄米!

    秋田県特別栽培農産物の大潟村あきたこまち100%を使用しています。完全に無農薬では無いのですが、米ぬか発酵肥料による土壌での栽培、収穫後は、残留農薬や金属の分析測定をおこなっていて、秋田県認証制度に合格した特別栽培米ですので、安全性があります。

     

    無洗米ですので、研がずにそのまま炊飯でき便利ですよ。健康維持のために、発芽玄米はおすすめです。

    原材料玄米(大潟村産)、米糠発酵エキス、コラーゲン、ビタミンB1内容量1Kg
    カロリー100gあたり353Kcal産地秋田県
    メーカー大潟村あきたこまち生産者協会

    その他のおすすめ発芽玄米4選

    ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。 こちらも口コミと共に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    はくばく 発芽玄米

    はくばく 発芽玄米

    価格:648円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    従来品よりギャバが1.7倍になりました!

    癖がなく、食感もプチプチと歯ごたえがありますので楽しんで食事ができます。さらに、「潤いスチーム製法」で発芽玄米を加工することで、従来品よりギャバが1.7倍増えました。

     

    今までの半分の量でこれまでと同量のギャバを摂取することができますよ。通常の発芽玄米より少し長めに浸水させて炊くことでもちもちした食感が味わえます。

    原材料玄米(国産)内容量500g
    産地山梨県

    古代米 ブレンド 熊本産 発芽玄米

    古代米 ブレンド 熊本産 発芽玄米

    価格:1,782円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    29種類の栄養が健康とキレイをサポート

    目にも鮮やかな色合いの古代米は、古来から薬膳料理に使われていた貴重なお米です。29種類以上のビタミンやミネラルの栄養素がバランスよく含まれていて、そのうえ、たっぷりの食物繊維とポリフェノールが体の内側からキレイにしてくれます。

     

    お米の甘く香ばしい香りが口の中に広がり、もちもちとした食感も楽しめます。美味しく食べて、不足しがちな栄養素を補いましょう。

    原材料古代米(黒米、赤米、緑米、発芽玄米)内容量500g(目安お茶碗100杯分)
    産地熊本県菊池産(100%)

    発芽玄米 コシヒカリ「特選」

    発芽玄米 コシヒカリ「特選」

    価格:2,660円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    環境に優しい田んぼで育った発芽玄米

    コウノトリがやってくる環境に優しい田んぼで育てた玄米は、完全に無農薬・無化学肥料です。田んぼは土づくりからこだわり、土壌分析をして足りない栄養分があれば、しっかりと補給させています。

     

    田んぼでは自然な生物が住めるような工夫をしているので、安心安全なお米ができます。福井県特別栽培認証に合格した特別なコシヒカリの発芽玄米を毎日の健康づくりに取り入れてみませんか。

    内容量2kgお米の銘柄コシヒカリ
    栽培方法無化学肥料、減農薬栽培産地福井県

    茨城県産 発芽玄米ミルキークイーン

    茨城県産 発芽玄米ミルキークイーン

    価格:1,180円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    癖がなく、甘みと旨みのバランスが◎

    ミルキークイーンとは、低アミロース米の代表品種のことです。低アミロース米はもちもちした食感が特徴で、発芽玄米は旨みと甘味が優れております。

     

    無洗米なので、研ぐ必要がなく、炊飯器でもっちり食感が味わえます。発芽玄米は、白米と混ぜて炊く方も多いと思いますが、癖がなく、甘みもしっかりありますの単品だけでも召し上がれます。

    内容量1㎏カロリー356kcal
    原材料玄米産地茨城県

    発芽玄米の売れ筋ランキングをチェック

    参考までに発芽玄米の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?発芽玄米は、白米と同様に炊けて食感もよく、栄養素も白米の何倍もあります。また、玄米よりも普段の食事に取り入れやすいのもポイントです。消化もいいので、どなたでもおいしく食べれて健康づくりのサポートになりますので、ぜひ今日から発芽玄米で健康ライフを送ってみませんか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ