使い方たくさん!健康に良い米酢のおすすめ人気ランキング7選

    記事ID2206のサムネイル画像

    酢は健康に良いのですよね。酢と一言で言っても、穀物酢や米酢などたくさんの種類があります。そこで今回は米酢について紹介していきます。どれを選べば良いかわからないという皆さんのために普通の酢との違いや効果などと一緒におすすめ人気米酢をご紹介致します!

    米酢とは

    米酢とは白米を発酵させて加工したお酢の総称です。元々の主原料である白米には炭水化物を中心に少量のビタミンB群が含まれています。栄養価としてはそれ程高いわけではありません。

    ところが白米を酢へと加工することによって、豊富なアミノ酸と有機酸が発生します。米酢の中には多くのクエン酸が含まれていて、その効果が期待されています。酢は大きく穀物酢と米酢に分かれます。

    穀物酢が小麦・酒粕・コーンなども含んだ穀物から作られるのに対して、米酢は白米のみを発酵させて作ります。米酢のほうがやや酢酸の癖が強いのですが、年々改良されています。一般的にどのような料理にも合うのが穀物酢ですが、和食に最も合うのが米酢の特徴です。

    米酢の効果

    米酢には、様々な健康効果が表れると言われています。以下、その主な効果についてまとめてありますのでご覧ください。ダイエット効果米酢には酢酸やクエン酸、それにアミノ酸が多く含まれています。これらはダイエットを行う上で効果的だとされています。

    酢酸は脂肪が蓄積されるのを抑え、クエン酸によって体内脂肪をエネルギーにする新陳代謝を促し、アミノ酸が脂肪燃焼へと導く効果があります。疲労回復アミノ酸とクエン酸には速やかに疲労を回復させる効果があります。

    運動後や仕事の後などに米酢を程よく摂取する習慣を持つと、疲れにくい体質へと改善されていきます。血糖値改善酢の成分は、食事をしている時に急激に上がっていく血糖値を抑える効果があります。これは研究がされ続けていて、その実証データなどが明らかになっています。糖尿病などの方にはおすすめです。

    抗菌作用酢を使った食品は痛みにくく特に夏場などは持ちがいいことは言うまでもありません。細菌が繁殖するのを抑制させる効果があります。例えば大腸菌、サルモネラ菌といった有害な菌を死滅させる効果があります。

    整腸効果酢酸は腸内で悪玉菌が増殖しないように抑え、腸内環境を正常化させる効果があります。また便通にもよく便秘でお悩みな方にはおすすめできます。

    米酢の活用法・注意点

    米酢を最も分かりやすく味わえる方法は、酢飯として寿司用に活用してみることです。そのままご飯に混ぜるだけで簡単に出来上がります。米酢の酸味は穀物酢程よりもご飯にマッチするので、手巻きずしやちらしずとしておすすめします。

    また、サラダのノンオイルドレッシングとしてや酢の物などもぴったりです。他には、魚の臭みを取る際にも使えます。抗菌作用もあるのでナマモノとの相性が良いのも、米酢ならではな活用方法です。米酢を飲むような場合、なるべく空腹時は避けるようにしましょう。酢は酸性であることから空腹時に飲むと胃を痛めることがあります。

    体に良いからと極端に多く摂取するのも厳禁です。目安としては一日30ml前後が理想です。また、酢の成分が歯のエナメル質を溶かすことがあるため、飲むときは薄めその後は歯を磨くよう心がけましょう。

    米酢の選び方ポイント2つ

    酢そのものは、以前より体に良いということは分かっています。しかしどのように自分に合ったものを選べばいいのでしょうか。米を主原料にする米酢は製造方法によって区分されます。味わいや香り、栄養成分が異なっていきます。米酢を実際に選ぶ最適な方法、そのポイントについてご紹介します。どのような基準で選べばいいのかが分かります。

    ポイント①:酸度で選ぶ

    米酢は主原料としての米を生かした酸味が特徴です。酸っぱさの中にまろやかな味わいが出ている酢として位置されています。和洋中のあらゆる料理に合うのですが、特に寿司との相性が合うことで知られています。酸っぱさを強めにした米酢にするのか、それとも酸味よりもまろやかさのほうを選ぶのかという酸度の違いを見極めて選ぶといいでしょう。

    ポイント②:醸造方法で選ぶ

    米酢を製造するための方法には2通りあります。その製造方法の違いにスポットを当てて、最適な米酢を選ぶという方法もあります。

    静置発酵法

    静置発酵法とは、昔から行われている製法で、タンクの表面にいる酢酸菌を約80日から120日くらい掛けながら、ゆっくりと自然な形でアルコール分を酢に変化させていきます。それ相応の時間と、職人の勘や手間が掛かります。この長い時間によって酢酸と水が調和し始め、まろやかな米酢独特な旨みを引き出します。

    連続発酵法

    連続発酵法とは、酢酸濃度がある酢を短時間製造する方法です。通気法もしくは機械速醸法とも呼ばれます。大量生産ができることで凡庸的で安価な酢の場合、ほとんどがこの製法によるものです。 淡泊な自己主張をしない酢ができあがることで、どちらかと言えば調味料としての酢であれば、この製法の商品のほうが最適です。

    米酢のおすすめ人気ランキングベスト3

    ここでは、現在の人気ランキングベスト3となるおすすめな米酢をご紹介します。まずどのような米酢がいいのか試してみたい方は、以下の3点の中からチョイスしてみるのもいいでしょう。

    3位:美濃 有機純米酢

    美濃 有機純米酢

    価格:525円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    多段仕込みによる和風な米酢

    有機JAS認定の商品とされた米酢です。原料となるのは有機米と良質な水、そして米麹を介しながら伝統的な多段仕込みという手法によって酢もろみ造りの工程を経て完成したものですその味はまろやかで豊かな風味です。特に和食にはぴったりで寿司や酢のもの、酢漬けにその良さが引き立ちおすすめです米酢らしさを味わえる一品です。

    原材料有機米内容量360ml
    産地岐阜県

    2位:マルシマ 有機純米酢

    マルシマ 有機純米酢

    価格:864円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    よどみのない爽やかさが魅力な米酢

    有機栽培によって収穫されているお米だけを使用して醸造したこだわりの米酢として人気です。酸度は4.5%、有機JAS認定食品とされています肝心な味はくどさが全くなくよどみの無いタイプです。

     

    キリッとした味わいとあっさり感が魅力です用途は様々な応用が利き幅広い料理に合うとされています。酢酸の独特なつんとした感覚がなく、やわらかさを嗜める米酢です。

    サイズ85×85×297mm原産国日本
    内容量900ml

    1位:とば屋 壺之酢

    とば屋 壺之酢

    価格:1,173円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    糖質を大幅にカットした米酢

    壺之酢は砂糖、みりんといった糖質を一切使わず、通常の米酢よりも糖質80%カットしています。伝統製法によって壺の中でじっくりと静置醗酵させ本醸造している本格的な米酢だからです。

     

    手間をかけて醸造しただけの手の込んだ風味と旨みが魅力です。酢はどんなものを使っても一緒だと思われている方は、一度この米酢を確かめてみると、イメージが変わることになるかもしれません。

    重量581gサイズ20.5x6.4x6.2cm
    原材料

    その他のおすすめ米酢4選

    米酢は米を原料としていることもあり、日本だけで特有に作られている醸造酢です。ここでは人気ランキングベスト3では紹介しきれなかった商品として、特におすすめしたい米酢をさらに厳選しました。 ご自分にピッタリな米酢選びのぜ参考にしてみてください。

    ミツカン 米酢

    ミツカン 米酢

    価格:406円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    いつもの安心な米酢

    昔からとても馴染のある酢の代名詞的な存在です。米の甘味と旨みをそのまま封じ込めたまろやかな味わいが、長年親しまれている理由です。

     

    寿司酢として最適な米酢で、広く認知されていることでも安心感があります。他にも酢の物、合わせ酢、マリネやドレッシングなどの幅広いメニューにも対応ができるいつもの安心な米酢です。

    内容量900ml原材料米、アルコール
    サイズ258mm×83mm×83mm

    ミツカン 純米酢金封

    ミツカン 純米酢金封

    価格:334円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    リピート率の高い米酢

    国産米だけを使用して醸造されている純米酢です。コクやまろやかな旨みが漂う深い風味のある商品です一度使用してから、すっかりリピートしているという方も多いそうです。

     

    寿司酢としてだけではなく酢の物やサラダ、オリジナルドレッシングなど、さまざまな料理に利用が可能です。穀物酢からそろそろ米酢に変えてみたい方におすすめです。

    内容量500ml原材料
    サイズ203mm×77mm×77mm

    村山造酢 千鳥酢

    村山造酢 千鳥酢

    価格:1,080円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    京都が生んだ上品な米酢

    純和風さが漂うような、そのまろやかな口当たりを活かした手作りの米酢です。京都にて作られていることから京料理に適した酢として名前が通っています。

     

    オールマイティな米酢というよりも、京料理を中心にした和食の素材の持ち味や色を生かしせることが特徴です。 その味は洗練されていて、上品な香りが好みな方には最適な米酢です。

    産地京都府原材料米、酒かす
    内容量900ml

    純米富士酢

    純米富士酢

    価格:756円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    昔ながらな純国産の風味

    京都丹後の山里にて、無農薬栽培されている米から製造されている。日本酒を使用し、一年がかりで発酵と熟成をさせて完成させているちょっと手の込んだ米酢です。

     

    独特な香りが昔ながらの純米酢らしさを表しています。広がりがあって酸味は強くないことが特徴です。えぐみもなくまろやかな旨みと香りのふくらみを感じさせるナチュラルな米酢です。

    内容量500ml原材料
    サイズ228mm×72mm×72mm

    米酢の売れ筋ランキングをチェック

    参考までに米酢の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?お酢は米だけではなく、さまざまな原料から生産されています。その中でも米酢は、独特な風味と深み、そして昔ながらな製法にこだわった製品が人気となっているようです。寿司酢として最適ですが、他にもいろいろな料理に試してみると、新たな発見があるかもしれません。ぜひ一度お試しください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ