SIM変換アダプタの人気おすすめランキング12選【使い方もご紹介】

記事ID22045のサムネイル画像

スマホの機種変更をしたら、simのサイズが合わなくて困ったという経験はありませんか?こんな時に便利なのがSIM変換アダプタです。このサイトでは、SIM変換アダプタの選び方やおすすめ商品の人気ランキングを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

小さいサイズを大きくできるSIM変換アダプタ

SIMロックの解除が義務化され、手持ちのスマホをそのまま別の携帯会社で使えるようになりました。格安スマホなどへの機種変更も手軽になり、SIMカードさえあればいつでも新しいスマホに変更できる、と安易に思っていませんか?

 

実は、SIMカードにはいくつかサイズがあります。せっかく購入したスマホのSIMカードスロットが自分の持っているSIMカードに合わない、なんていう失敗も少なくありません。このようなことがないように、SIMカードに関しての基本的な知識を持つことも大切です。

 

そこで今回はSIMカードの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは変換サイズ・落下防止付き・その他のアイテムなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください

そもそもSIMカードってなに?

格安スマホが普及している現在、「SIMカード」の名前は多くの人々に認知されていますが、実際「SIM」とは何なのでしょうか?「SIM」とは、英語で「Subscriber Identity Module card」のことで、日本語では「加入者識別モジュールカード」と訳されます。

 

新規にスマホを契約すると携帯会社は、新しいSIMカードに、契約者の認識番号や電話番号、メールアドレスなどの情報を記録して発行します。このSIMカードがスマホなどの本体に装着されていなければ、Wi-Fiを利用しないかぎり、通信や通話はできません。

 

かつては、「SIMロック」により同じ携帯会社でしか機種変更は不可能でしたが、2015年5月1日以降に発売された端末からはすべてSIMロックの解除が可能に。会社を選ばずに自由に機種変更が可能になり、ロックしていない「SIMフリー」端末も数多く販売されています。

SIMカードの種類を知ろう

SIMカードは国際規格によって、形やサイズが決められています。日本では、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3つがあります。

標準SIM

日本の初期のスマホで使用されていたのが、「標準SIM」カードです。サイズは、縦25mm、横15mm、厚さ0.76mmで、日本で使用されているSIMカードの中では、もっとも大きくなっています。

 

海外では、クレジットカードサイズのより大きな規格のSIMカードがあり、標準カードのことを「miniSIMカード」と呼んでいます。日本では、この「miniSIMカード」が最初に使用されたので、「標準カード」と名付けられたようです。

microSIM

iPhone 4やiPhone 4s、同時代のAndroidスマホから搭載されたSIMカードが、「microSIM」。初代から第4世代iPadにも使われています。縦15mm、横12mm、厚さ0.76mmで、標準SIMよりかなりコンパクトなサイズです。

 

現在でもある程度の需要があり、発売中のスマホの中にはmicroSIMを搭載したタイプもいくつか見られます。

nanoSIM

現在の新しいスマホの主流になっているのが、「nanoSIM」。縦12.3mm、横8.8mm、厚さ0.67mmという極小サイズです。狭い縁でほぼICチップぐらいの大きさなので、これ以上コンパクトにするのは難しいとも言われています。

 

スマホのコンパクト化・軽量化に大きく貢献しているSIMカードです。

SIM変換アダプタの選び方

通信会社を経由しないで端末を新しくする場合、SIMカードのサイズを新しい機種に対応させなければ使用できません。そのために必要なのがSIMカードアダプタです。

まずはSIMカードのサイズをチェック

SIMIカードのサイズがわからなくても、3つのカードに対応できるSIMカードアダプタのセットもありますが、自分のSIMカードのサイズを事前に知っておけば効率的です。

スマホの公式サイトで調べる

SIMカードのサイズを調べるには、端末の公式サイトを見るのがもっとも早い方法です。公式でないサイトでも掲載されていますが、情報が間違っているケースもあるので、公式サイトで確認するのがベストです。

 

自分の端末の機種を確認して、サイトの「対応SIM」もしくは「SIMカードスロット」の項目で調べてください。

実際にサイズを測る

SIMピンがあれば、SIMスロット(SIMトレイ)と呼ばれる細長い部分の穴に差し込めば、スロットが引き出されて、SIMカードを取り出すことができます。定規などで、SIMカードの縦横を測り、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」のサイズと比較してください。

 

実際に測らなくでも、3種類しかないので目測だけでもわかるはずです

SIM変換アダプターは小から大に変えるもの

SIM変換アダプターは、小さなサイズのSIMカードを大きなサイズに変換するものです。大きなSIMカードを小さなカードには変換できません。また、標準SIMカードの人は、基本的には標準SIMカードに対応した端末しか選択できないので注意しましょう。

 

つまり、標準カードの人にはSIM変換アダプタは必要ありません

変換方法で選ぶ

自分が持っているSIMのサイズがわかれば、あと新しい端末のSIMのサイズを確認して、それに対応した変換方法を選ぶだけです。

普及率を考えるなら「microSIM」への変換アダプタがおすすめ

現在普及している機種の多くは、nanoSIMカードですが、格安スマホの多くはmicroSIMカードを使用している機種です。そのため、SIM変換アダプタを利用することが多くなっています。

 

また、海外などでスマホをレンタルする際にも、nanoSIMからmicroSIMの変換アダプタがあれば便利です。

コスパ重視なら「標準SIM」への変換アダプタがおすすめ

nanoSIMから標準SIMやmicroSIMから標準SIMへ変換することも少なくありません。コスパを重視するなら格安スマホよりも中古スマホの方がより価格も安く、特に標準カードの古い機種の方がより安くなります。

 

コスパを重視するなら、標準SIMの中古スマホへの機種変更も選択肢のひとつです。

自作で標準SIMを小さくできる「SIMカッター」も

標準SIMのスマホからnanoSIMやmicroSIMの端末に機種変する場合は、通信会社でサイズ変更の手続きをすれば可能ですが、手数料が2000円~4000円かかります。また、通信会社によっては電話番号が変わる場合もあります。

 

通信会社を経由しないで自作で標準SIMを小さくするのが「SIMカッター」です。1000円以内で購入できますが、自分でカットする方法なのでSIMをダメにするリスクもあるので、あまりおすすめはできません。

機能や付属品で選ぶ

SIM変換アダプタには、落下防止付きの機能があるものや便利なアイテムが付属したものがあります。サイズだけでなく、その他のメリットを考慮することも大切です。

落下しても安心な「落下防止付き」がおすすめ

自分で機種変更する場合、SIM変換アダプタに現在使用しているSIMを入れ、端末のスロットに差し込みますが、この際アダプタからSIMカードが滑って落下する危険性も少なくありません。

 

「落下防止機能付き」のアダプタは、粘着性のフィルムがついているので、SIMカードをしっかり固定して落下を防止します。但し、フィルムの粘着剤がSIMカードの基盤につかないように扱うことが重要です。

交換に慣れていない方は「SIMピン」が付属しているものを

スマホなどの端末を契約した際に付属しているSIMピンですが、使い方を知らずに、どこかに紛失してしまう人も多いはずです。SIMピンは、端末にある穴に差し込みSIMスロットを引き出すために必要なものです。

 

クリップや安全ピンなどでも代用できますが、慣れていないと苦労します。専用のSIMピンがあれば安心ですね

SIMカードを複数持っている方には「SIMケース」がおすすめ

複数の端末を持って、SIMを差し替えることが多い人には、SIMが保管できるSIMケースが付属していると便利です。また、海外旅行などでSIMを差し替えて使用する際には、使用しないSIMをケースに入れておけば、持ち運びの衝撃などもカバーできます。

 

複数のSIMカードを使いこなしている人には、SIMケース付きのアダプタがおすすめです。

安いSIM変換アダプタには注意

SIM変換アダプタは、比較的価格の安いものですから、手軽に買えるのも大きなメリットです。しかし、注意したいのが一般的な価格よりも安い変換アダプタです。100円以下のアダプタも数多く流通しています。

 

 100円ショップなどの商品は、大手サイトでも扱っている商品なので、信頼性は高いですが、あまり知られていない格安の変換アダプタには注意が必要。SIM変換アダプタは精密なもので、粗悪なアダプタだと端末の中でひっかかり取り出せなくなる危険性があります。 

 

SIM変換アダプタ自体、通信会社のサポート外ですので、万が一故障した場合は、修理費用が高くなります。そのようなことがないように、SIM変換アダプタを選ぶ際には信頼できるものをチョイスするのがベストですね。

格安スマホへの機種変更もSIM変換アダプタがあれば、手軽にできます。以下のサイトでは格安スマホのおすすめ商品を紹介しています。機種変更を考えている方は、参考にしてください。

SIM変換アダプタ人気おすすめランキング12選

12位
 

ミヨシ

SIM変換アダプター付きカードホルダー

整理しやすいケース付き

コンパクトな収納ケースに入った、おしゃれなSIM変換アダプタ。3種類の変換アダプタは色分けされているので、初心者でもわかりやすくなっています。信頼できる日本メーカー製なのも安心ですね。

 

さらに、SIMピンが1本付いているので、交換もラクにできます。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

コンパクトで使用しやすい
海外に持っていくので助かります。

出典:https://product.rakuten.co.jp

11位
 

スオミ商会

NanoSIM 変換アダプター 10個セット

みんなで分け合える便利な10個セット

nanoSIMからmicroSIM変換専用のアダプタ。お手頃な価格の10個セットなので、同じ変換を希望する家族や友人、知人で分け合えばお得で、コスパも最高ですね。また、仕事で格安スマホを数台使用する会社にもおすすめ。

 

また、脱落防止用シールが10枚付属しているので、固定も安心です。

変換サイズ nanoSIM→microSIM 落下防止機能 脱落防止用シール10枚
SIMピン付き ケース付き
10位
 

RedCloud

sim変換アダプター SIMカードフォルダ付き 5点セット(2セット)

付属のテープでしっかり固定

さまざまなスマホのSIMカードの変換に対応、SIMピン付なので作業もカンタンです。2セットになっているので、数種類の端末を使用する時に便利。海外旅行などにはおすすめのSIM変換アダプタです。

 

また、アダプタと同じサイズのシールが付属。SIMを入れてシールを貼れば、しっかりと固定できます。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能 付属テープ
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

nano → micro を使用しましたパチリと嵌まり完璧でした おすすめです。
アルミ製で強度もばっちり(^o^)/

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

F.Wave Concept

Lucky ゴールドカラー nano SIM変換アダプター4点セット

半透明シールで取り外しもカンタン

3つの変換タイプに対応。アダプターに半透明シールがついているので、SIMの取り出しもカンタンにできます。さらに、アダプタの角を爪で押し込めば、しっかりと固定。SIMが落下する心配はありません。

 

SIMピンも付属しているので、SIMピンの手持ちがなくても安心です。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能 フィルム
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

VAIO S11 のSIMカードスロット用に購入。正直、細かい作業は不得意なので片面にカバーが付いていたのは助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

GPP

nano SIM micro sim変換アダプタ 3点セット

複数の端末を使う人に便利な3点セット

ドコモ、foma、softbank黒sim、海外SIMに対応したSIM変換アダプタ。3種類の変換が可能なので、端末を複数持っている人や海外でSIMカードをよく使う人にはおすすめです。また、同じセットが2つのあるのも便利ですね。

 

また、固定用のシールが6枚付属。しっかりとSIMがセットできます。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能 固定シール6枚
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

nano→Micro×2、Micro→普通sim の計3セット使用し、いずれも問題なく使えています。
穴のサイズもsimカードに対してぴったりで、よくできていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

リタプロショップ

SIM変換アダプタ 5点セット Nano & Micro SIM 変換

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

サイズがわかりやすい3色のアダプタ

nanoSIMからmicroSIMへの変換がゴールド、nanoSIMから標準SIMがブルー、microSIMから標準SIMが、赤の変換アダプタで、見た目で変換サイズがよりわかりやすくなっています。初心者にやさしい変換アダプタです。

 

また、取り出し用のピンや磨き棒が付属してるのも便利ですね。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

プラスチックの安いアダプターを購入したら、結構厚みが有り、スマホに入らなくなりました。色々と探して見たところ、アルミタイプは厚みに問題が無さそうだったので購入。完璧でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

nossy

Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 4点セット

ガラケーにも使えるコスパに優れた4点セット

低価格ながら、nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIMの変換ができる4点セット。アダプタの背面にフィルムが貼ってあるので、SIMが落ちるのを防ぎます。SIMピンもついて低価格のSIM変換セットは、コスパ重視の人にはとてもおすすめ

 

また、ガラケーにも問題なく使えるとのレビューもあり、格安でスマホと携帯を使いこなす人にも便利ですね。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

安い商品ですが問題なく使えています。Nano → Micro を使用しましたがサイズもぴったりで安定しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

Wave Concept

フィルム付SIMカード変換アダプタ

シンプルなmicro SIMカードへ変換アダプタ

iPhoneのnano SIMカードをmicro SIMカードへ変換。1つのサイズに特化したシンプルなSIM変換アダプタです。iPhone4からiPhoneXに対応しているので、中古iPhoneなどを購入する際には便利です。

 

同じサイズのアダプタが3つ付いているので、他のサイズが必要のない人にはおすすめですね。

変換サイズ nanoSIM→microSIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

シール状のものではなく、置くだけなのだが、非常に使いやすかった。simの差込時にも引っかかりもなく、スムーズ。余計なサイズのアダプターもついていないので、最初からこれにすればよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

コスパ最強の3点セット

単品とほとんど変わらない値段の3点セット。nanoSIMからmicroSIM、nanoSIMから標準SIM、microSIMから標準SIMの変換アダプタが、低価格で使えるのはコスパ重視の人には嬉しいですね。

きちんとしたメーカー品なので品質も良く、コスパ最強のSIM変換アダプタです。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

送ってもらうのも申し訳ない金額で購入できました。
iPhoneで使用していたナノSIMを古い端末に流用できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Ciscle

Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット

折れにくい丈夫なアダプタで安心

変換アダプタは、丈夫で折れにくい仕様に。力を入れ過ぎてアダプタを曲げてしまうようなトラブルも回避できます。また、SIMのサイズが調整できるやすりがついているのも便利ですね。

 

SIM脱落防止フィルムで、しっかりとSIMを固定でき、安心して取り付けができます。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能 フィルム
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

変換アダプターに貼ってあるSIM脱落防止の透明粘着シートが便利。
枠にSIMをカチッとはめ込むと粘着シートの力もあり、ひっくり返してもSIMが外れることが無く安定して機器にセット出来た。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

ノーブランド

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット

定番の低価格SIM変換アダプタ

さまざまなサイトで数多く掲載されている定番のSIM変換アダプタ。送料込みの低価格で人気になっていますが、商品自体の評価も悪くありません。iPhoneだけでなく、さまざまな機種で使用しているケースが多く見られます。

 

価格もお手軽なので、とりあえずSIM変換アダプタを使用してみたい方には、おすすめです。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

値段も安く,郵送も早く,問題なく使用できているので個人的に非常に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

Cismax HD

Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット グリーン

SIM脱落防止フィルムで安心

microSIMおよびnanoSIMから標準SIM、nanoSIMからmicroSIMへの3つの変換アダプタとSIMピンがついた4点セット。SIMの落下を防ぐSIM脱落防止フィルムがついているので、安心して作業ができます

 

また、明るいグリーンの色もおしゃれで楽しい気分になりますね。

変換サイズ nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM 落下防止機能 フィルム
SIMピン付き ケース付き

口コミを紹介

iPhoneから、Androidに変えたので、使ってみました。凄くいいです。
粘着力は、半端がない!使って4ヵ月ですが、素晴らしいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

SIM変換アダプタのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6578043の画像

    Cismax HD

  • 2
    アイテムID:6577882の画像

    ノーブランド

  • 3
    アイテムID:6572770の画像

    Ciscle

  • 4
    アイテムID:6572538の画像

    桜木

  • 5
    アイテムID:6572099の画像

    Wave Concept

  • 6
    アイテムID:6571818の画像

    nossy

  • 7
    アイテムID:6571508の画像

    リタプロショップ

  • 8
    アイテムID:6571039の画像

    GPP

  • 9
    アイテムID:6570876の画像

    F.Wave Concept

  • 10
    アイテムID:6570717の画像

    RedCloud

  • 11
    アイテムID:6570585の画像

    スオミ商会

  • 12
    アイテムID:6570339の画像

    ミヨシ

  • 商品名
  • Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット グリーン
  • mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット
  • Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット
  • Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット
  • フィルム付SIMカード変換アダプタ
  • Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 4点セット
  • SIM変換アダプタ 5点セット Nano & Micro SIM 変換
  • nano SIM micro sim変換アダプタ 3点セット
  • Lucky ゴールドカラー nano SIM変換アダプター4点セット
  • sim変換アダプター SIMカードフォルダ付き 5点セット(2セット)
  • NanoSIM 変換アダプター 10個セット
  • SIM変換アダプター付きカードホルダー
  • 特徴
  • SIM脱落防止フィルムで安心
  • 定番の低価格SIM変換アダプタ
  • 折れにくい丈夫なアダプタで安心
  • コスパ最強の3点セット
  • シンプルなmicro SIMカードへ変換アダプタ
  • ガラケーにも使えるコスパに優れた4点セット
  • サイズがわかりやすい3色のアダプタ
  • 複数の端末を使う人に便利な3点セット
  • 半透明シールで取り外しもカンタン
  • 付属のテープでしっかり固定
  • みんなで分け合える便利な10個セット
  • 整理しやすいケース付き
  • 価格
  • -
  • 250円(税込)
  • 699円(税込)
  • 143円(税込)
  • 545円(税込)
  • 230円(税込)
  • 298円(税込)
  • 498円(税込)
  • 470円(税込)
  • 498円(税込)
  • 698円(税込)
  • 724円(税込)
  • 変換サイズ
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • nanoSIM→microSIM
  • nanoSIM→microSIM、nanoSIM→標準SIM、microSIM→標準SIM
  • 落下防止機能
  • フィルム
  • フィルム
  • 固定シール6枚
  • フィルム
  • 付属テープ
  • 脱落防止用シール10枚
  • SIMピン付き
  • ケース付き

SIM変換アダプタはどこで売ってる?

自分で機種変換をするのに不可欠なSIM変換アダプタですが、いざ購入するとなるとどこで買ったら良いのか迷うかもしれませんね。ここでは、購入場所を紹介します。

ダイソーやドンキホーテなどの大型量販店

「ダイソー」「セリア」の100円ショップや「ドン・キホーテ」でもSIM変換アダプタは販売しています。主に3点~5点セットのものが多く、バラ売り以外は100円で販売しているものはほとんどありません。

 

但し、店舗によっては粗悪なアダプタを扱っている場合もあるので、破格だからといって安易に手を出すのは良くありません。

ヨドバシなどの家電量販店

「ビックカメラ」や「ヨドバシカメラ」などの家電量販店にもSIM変換アダプタは置いてあります。大手の家電量販店であれば品数も豊富で、疑問点があれば詳しい販売員に質問できるので、安心して購入できます。

 

また、サポート体制もしっかりしていますから、SIM変換アダプタを始めて購入する人は、おすすめですね。

通販サイトもおすすめ

今やあらゆるものが通販サイトで入手できる時代です。特にAmazonや楽天などの大手通販サイトでは、世界中で販売している商品が手に入るといっても過言ではありません。当然、SIM変換アダプタに関しても同様です。

 

通販サイトのメリットは、口コミ。良いレビューや悪いレビューを参考にして選ぶことが可能です。また、同じ商品の価格を比較できるのも便利ですね。

コンビニでも手に入る?

24時間営業してるコンビニには、さまざまな生活用品が販売されています。夜中USBメモリが必要になって、コンビニで買った人もいるはずです。では、SIM変換アダプタの場合はどうでしょうか?

 

一般的には、SIM変換アダプタを置いている店舗はあまり多くないようです。コンビニの場合は、品揃えは店長の判断にゆだねられていますので、あればラッキーという感覚でいた方が無難ですね。

SIM変換アダプタの使い方

個人でSIMのサイズの異なる機種に変更をする場合は、SIM変換アダプタを使ってSIMを差し替える必要があります。ここでは、正しいSIM変換アダプタの使い方を紹介します。

現在使用している端末からSIMを取り出す

記事番号:22045/アイテムID:6566724の画像

出典:https://dime.jp

まずは、現在使っている端末からSIMを取り出します。取り出すにはSIMピンが必要になるので、事前に準備しておきましょう。また、取り出す前には端末に支障がおきないように必ず本体の電源を切っておきます。

 

SIMピンを端末のSIMスロット部分の穴に差し込めば、SIMスロットを引き出すことができます。また、SIMカードの向きはしっかり覚えておきましょう。

SIM変換アダプタにSIMカードをセットする

使用している端末から取り出したnanoSIMもしくはmicroSIMをSIM変換アダプタにセットします。この際、SIMカードの向きは間違えないように。向きを間違えると読み込みができなかったり、取り外しができなくなる危険性があります。

 

また、落下防止機能が付いていないアダプタの場合は、付属のシールなどを使ってきちんと固定しましょう

新しい端末に差し込んで完了

最後に、新しい端末の本体からSIMピンを使ってSIMスロットを抜き、SIM変換アダプタを新しい端末の本体に差し込みます。これで、すべての作業は完了です。後は、電源を入れて指示通りに操作すれば、端末が使用できます。

 

このようにSIMのサイズを変換することはそれ程難しくはありません。但し、個人でおこなう場合は、通信会社の保証はないので、なにかあった場合は自己責任であることを理解してください。

以下のサイトでは、SIMフリースマホの選び方や人気おすすめランキングを紹介しています。SIMフリースマホの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがですか?個人で手軽に機種変更ができるSIM変換アダプタ。機能や価格、付属品などのよってさまざまなアダプタがありましたね。今回ご紹介した選び方や人気おすすめランキングを参考に、ご自分の目的に合った商品をお選びください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ドライバーセットの人気おすすめランキング18選

ドライバーセットの人気おすすめランキング18選

工具
GPS発信器の人気おすすめランキング10選【子供の見守りや車の盗難対策に】

GPS発信器の人気おすすめランキング10選【子供の見守りや車の盗難対策に】

防犯グッズ
タブレットケースの人気おすすめランキング20選【iPad・Android】

タブレットケースの人気おすすめランキング20選【iPad・Android】

タブレットケース
iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

タブレットケース
腕時計ケースの人気おすすめランキング【100均から高級品まで】

腕時計ケースの人気おすすめランキング【100均から高級品まで】

腕時計
単語カードの人気おすすめランキング10選【勉強やToDoリストにも】

単語カードの人気おすすめランキング10選【勉強やToDoリストにも】

文房具・文具

アクセスランキング

スマートブレスレットの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】のサムネイル画像

スマートブレスレットの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

スマートフォン・携帯電話
TOPへ