プロテインできれいにダイエット!おすすめソイプロテイン7選!

記事ID2185のサムネイル画像

トレーニングの強い味方であるプロテイン!中でもダイエットに向いているのが大豆が原料のソイプロテインです!イソフラボンを含むソイプロテインは、ダイエット以外でも女性の健康や美容にもおすすめです。そんなソイプロテインのおすすめ人気ランキングを紹介します。

ソイプロテインとは

ソイプロテインは大豆たんぱくを主とするサプリメントで、手軽に栄養補給ができるメリットがあります。

原料が大豆であることから女性に嬉しい効果も期待でき、植物性なので高たんぱく低脂肪、吸収が遅く腹持ちがよいため、ダイエットや筋トレなどカロリー管理をされている方に最適です。この記事ではソイプロテインの特徴や適切な飲み方、選び方についてご紹介します。

ホエイプロテインなど動物性プロテインとの違い

プロテインには大きく分けてホエイプロテインなどの動物性、そしてソイプロテインなどの植物性があります。ホエイプロテインは牛乳が原料とし、アミノ酸が含まれている為に「筋肉を成長させたい人」に向いています。筋トレ後素早く、摂取ことで効率良くエネルギー補給をすることが可能です。(下図参照)

ホエイプロテイン動物性吸収速度が早い筋合成が活発に起こるアミノ酸組成が優秀
ソイプロテイン植物性吸収がゆっくり持久系競技に効果を発揮抗酸化作用が優秀

それに比べて、ソイプロテインは摂取してから吸収されるまでに時間がかかり、俗に腹持ちが良いため、ダイエット向きプロテインといえます。ですからソイプロテインは「ダイエットしながらも筋肉は衰えさせたくない方」に向いています。ソイプロテインを摂取しながらトレーニングや適度な運動を行うことで、美しいボディラインを整えることが可能です。

ソイプロテインの効果は?

 

さて、ソイプロテインにどのような効果があるのか、4つのポイントをご説明します。

1.ソイプロテインはダイエットに良い!

植物性たんぱく質は動物性より脂肪になりにくく、吸収がゆっくりで腹持ちがよいため、間食や夜食が減ります。また、たんぱく質含有量が高ければ少量で十分で、余分な脂質やカロリーを摂取しなくて済むのでダイエットに向いています。

2.筋肉づくりにも効果的!

トレーニング直後を狙ってプロテインを摂取すると筋肉づくりに効果があります。適度な運動とソイプロテインの摂取を連動することで理想的なボディラインを作ることができます。

3.女性に嬉しい効果あり!

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きがあり、女性の美容と健康に役立つ成分で、生理不順などのホルモントラブルを解消すると言われています。

4.ソイプロテインは体にも良い!

ソイプロテインには食物繊維が多く含まれているのでお通じに効きめがあり、たんぱく質には肌・髪・爪の状態を良くし、抗酸化作用を持つ成分も含まれているので免疫力を高める働きもあります。

ソイプロテインを選ぶときのポイント4つ!

筋肉をつけたい、肉体を引き締めたい、栄養補給をしたい、どの目的にどのソイプロテインが適しているのか見極めるポイントは4つあります。①たんぱく質の含有率、②+αの成分に着目して選ぶ方法です。また、ソイプロテインは毎日飲み続けることで効果が出るものなので、③味、④値段も重視したいポイントとなります。では、選ぶ4つのポイントをご説明していきます。

ポイント①:たんぱく質の含有率で選ぼう!

ソイプロテインはホエイプロテインよりも筋肥大の効果が低いため、適度な運動と連動して摂ることで、筋肉を維持しながらシェイプアップが可能になります。

また、たんぱく質含有量が高いと、少量で済むために余分なカロリーや脂質を抑えることができます。ボディシェイプを目指すなら、たんぱく質含有率70%以上のものを選んで少量で効率よく摂ることをおすすめします。

ポイント②:たんぱく質以外のプラスαの成分で選ぼう!

大豆たんぱくが原料のソイプロテインには女性ホルモンの一種であるイソフラボンやサポニンが豊富に含まれています。

BCAAやグルタミンは筋肉を付けたい方にはぜひ重視してほしい成分です。たんぱく質の他にもビタミンや鉄分、コラーゲンや食物繊維など女性に嬉しい+αを加えた商品もありますので、自分が摂りたい成分で選ぶとよいでしょう。

ポイント③:味で選ぼう!

 

ソイプロテインには大豆本来の味を生かしたシンプルなものから、大豆独特の青臭さが苦手な方向けにストロベリー・ココア・バナナ・ヨーグルト等の飲みやすい風味が加えられたタイプがあります。

ただし味覚は個人差がありますので、初回購入は口コミやレビューなどを参考にして、少量のお試しサイズを購入して嗜好に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ポイント④:値段で選ぼう!

   

ソイプロテインの効果を得るためには毎日飲み続けることが大切です。そのためにはコスパがよくてお財布に優しいことも重要なポイントになります。自分が必要とする成分とお値段を照らし合わせて最適なソイプロテインを見極めましょう。

ソイプロテインの飲み方は?

 

ソイプロティンは規定量を守って飲むことが原則のサプリメントです。多量に摂ったからといって体質が改善したり、病気が治癒したり、健康が増進するものではありません。

上手く利用すれば健康や美容のためになりますが、過剰摂取は内臓に負担をかけてしまいます。特に、腎臓に疾患がある方は注意が必要です。次に、ソイプロテインの効果的な飲み方をご紹介しますね。

ソイプロテインを飲むタイミング

おすすめの摂取タイミングは朝食時、運動後、就寝前です。植物性たんぱく質はゆっくり消化され満腹感が持続しやすいので、食事や間食として置き換える「置き換えダイエット」というのもあります。

特に、間食として15時頃に摂取すると一度下がっていた血糖値を上げ、夕飯時に一気に血糖値が上がらないため太らず、効果的です。ただし、過剰摂取には気をつけましょう。

ソイプロテインをより美味しく飲む方法

 

水や牛乳などに溶かして飲むのが基本ですが、大豆本来の青臭さが苦手という方はハチミツやフルーツジュースと混ぜると独特のクセがなくなります。

水分量が少ないとドロッとして飲みにくくなり、逆に水分量が多すぎると溶けにくくダマになります。シェイカーを利用するとスムージーのようになり飲みやすくなりますよ。ケーキ生地に加えて焼いても美味しくいただけます。

ソイプロテインのおすすめ人気ランキングベスト3

   

引き締まった健康的な身体作りのために、毎日飲むことを続けたいソイプロテインですが、自分の欲しい成分が決まったら4つのポイントを確認して最適のものを選びましょう。おすすめ人気ランキングベスト3をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

3位:Kentai ウェイトダウンソイプロテイン

Kentai ウェイトダウンソイプロテイン

価格:3,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲みやすい食物繊維入りココア風味

たんぱく質でしっかり筋肉をつけ、食物繊維で余分なものを削ぎ落とすというコンセプトに基づいてウェイトダウンを目的に調整されたファイバー入り大豆プロテインです。

 

トレーニングで失われやすいビタミンやミネラルを配合していますので運動後に素早く失われた栄養を補給できます。甘さ控えめのココア風味で、牛乳や水に溶けやすいのが特長です。満腹感が持続しますので置き換えダイエットにも最適です。

メーカーKentai(健康体力研究所)商品内容サプリメント
大豆ココア風味商品サイズ(幅×奥行×高さ)250×110×335(mm)
商品重量1.04Kgカロリー製品20g当たり77.5kcal
原産国日本

2位:大豆プロテイン 無添加ソイプロテイン

大豆プロテイン 無添加ソイプロテイン

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

糖類無添加でダイエットに最強!

大豆プロテインが苦手という方のために、大豆臭を抑えて飲みやすくしたソイプロテインです。アミノ酸スコア100でBCAA豊富な高品質の大豆を原料に使用しています。保存料、着色料、香料などは不使用で、人工甘味料も含まれていません。

 

糖類は無添加のため低カロリーで、ダイエットや筋肉トレーニングなどカロリー管理中の方におすすめです。

メーカーボディウィング商品重量998g
原材料名脱脂大豆、レシチン(大豆由来)賞味期限製造日より12ヶ月

1位:明治ザバスソイプロテイン100

明治ザバスソイプロテイン100

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

味・効果・手軽さのベストセラー!

たんぱく質原料として大豆プロテインを100%使用し、7種類のビタミンB群、ビタミンCを配合したソイプロテインです。1日2回牛乳または水に約21gを溶かして飲むことで、アスリートが1日に必要とする7種類のビタミンB群、Cの不足分を補えるように設計されています。

 

水で混ぜても飲みやすいのでカロリーが気になる女性や、置き換えダイエット・筋トレダイエットをしている方におすすめです。

メーカー明治商品重量1.08Kg
商品サイズ(幅×奥行×高さ)260mm×105mm×310mmカロリー1食分(21g)当たりエネルギー79kcal
商品内容ビタミンBソイプロテイン100 ココア味原産国日本

その他のおすすめソイプロテイン4選

 

それでは、毎日続けられるソイプロテインとして高品質な大豆を使ったものや味がよくコスパの高いものなど、おすすめしたい商品4選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

540プロジェクト ソイプロテイン

540プロジェクト ソイプロテイン

価格:1,750円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身体によい大豆のみで作った無添加ソイプロテイン

毎日摂るならシンプルで高品質の大豆を原料にした飲みやすいソイプロテインがおすすめです。アミノ酸スコア100およびBCAA豊富で非遺伝子組み換えの体に良い大豆を原料にしました。大豆臭を抑えて、溶けやすくダマになりにくいのが特長です。

 

また、甘味料や糖類は無添加なので低カロリーで、ダイエットやカロリー管理中の方、人工甘味料が気になる方にも最適です。

メーカー540プロジェクト商品重量998g
原材料名脱脂大豆、レシチン(大豆由来)商品特徴非遺伝子組替え大豆使用、保存料・着色料・香料不使用

アルプロン 大豆プロテイン

アルプロン 大豆プロテイン

価格:2,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いちごミルク味で毎日美味しく飲める

大豆プロテインを100%使用し、栄養素の一つとしてホエイプロテインを配合した、いちごミルク風味の飲みやすいソイプロテインです。必須アミノ酸スコア100の品質の良い大豆を使用しているので、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

 

タンパク質含有量約84%なので少量で効率の良い摂取が可能になります。 砂糖、保存料、増粘剤など無添加なので低カロリーで減量に最適です。

メーカーアルプロン商品重量998g
商品の用途スリミングシェイプアップ

ウイダー おいしい大豆プロテイン

ウイダー おいしい大豆プロテイン

価格:2,934円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美味しく飲みやすいコーヒー味

大豆たんぱく質を100%使用した、その名の通り「おいしさ」が人気のソイプロテインです。牛乳に溶かすとまるでコーヒー牛乳のような風味で飲みやすく、ドロッとしすぎない溶けやすさが特長です。

 

タンパク質含有量が約50%とやや低めですが、骨や歯を構成するカルシウムやカルシウムの吸収を促進するビタミンDをバランスよく配合しています。ソイプロテイン初心者の入門用としてもおすすめです。

メーカーウィダー商品内容大豆プロテイン コーヒー味
商品重量839g商品サイズ(幅×奥行×高さ)230mm×114mm×310mm
原産国日本栄養機能食品カルシウム
ビタミンD入り

ニチガ 大豆プロテイン

ニチガ 大豆プロテイン

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物由来の安心成分の高品質製品

アミノ酸スコア100でBCAA豊富の高品質な大豆を原料としたソイプロテインです。砂糖や人工甘味料は無添加ですので、カロリーや人工甘味料を気にする方におすすめです。

 

新規製法を採り入れ、ポジティブリスト適合品に合格した優良商品なので身体によく、安心してお召し上がりいただけます。 人工的な風味や甘すぎるものが多い中、きちんと大豆の風味がする良心的価格のソイプロテインです。

メーカーニチガ商品重量1.03Kg
原材料脱脂大豆99.26%、乳化剤0.75%原料原産国アメリカ等
原産国日本

ソイプロテインの売れ筋ランキングをチェック

参考までにソイプロテインの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?適度なトレーニングやウォーキングなど無理なくできる運動を毎日コツコツ続けながら、自分に合ったソイプロテインをきちんと飲み続けていくことで、必ずいつか理想のボディラインに近づきますよ。おすすめ記事を参考にして、あなたに最適なソイプロテインを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ